このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

渋谷凛「私が変態という風潮」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 16:54:44 ID:usH2j8WA
凛「失礼だと思わない?プロデューサー」


P「あー…そうか?まぁ、別にただの噂だし、そんなに気にせんでも」

凛「そうはいかないよ。変態だなんてイメージが定着したら私、恥ずかしくてアイドル続けられない」

P「うーん…それは困るなぁ」

凛「うん、困るでしょ?」

P「あぁ、それなら凛、俺から一つ言いたいことが」

凛「なに?何でも言っていいよ。私、プロデューサーのいう事なら大抵の事は聞く用意があるよ」

P「そりゃ嬉しいね。じゃあ、俺の足を舐めるのを止るといいと思うぞ」

凛「えっ?」ペロペロ

P「えっ?」

凛「なにそれこわい」ペロペロ

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 16:56:21 ID:usH2j8WA
凛「ちょっ、ちょっと待って…どうしてこの話からそうなるの?」ペロペロ

P「むしろどうしてそうならない」

凛「えっ?じゃあなに?プロデューサーは、私がプロデューサーの足を舐めてる事が、変態のすることだって思ってるの?」ペロペロ

P「いや、まぁ…俺はともかくとして、一般的にはそう思われるんじゃないか?」

凛「…」ハムハム

P「…」

凛「私、アイドル向いてないかも…」

P「芸能界だけでの話じゃなくて、世間一般での話だよ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 16:58:13 ID:usH2j8WA
凛「そんな…どうしよう私」

P「だから、変態って思われたくないなら、舐めるのを止めればいいだろ」

凛「それは嫌。満足するまで舐めないと、一日調子が出ないし…あっ!」

P「どうした?」

凛「そっか…そういう事だね、プロデューサー。ちょっと待ってて」パタパタ

P「?」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 17:00:14 ID:usH2j8WA
凛「~♪」ゴソゴソ

P「…」

凛「んしょ…これでいいんでしょ?」ピコピコ

P「いや、イヌミミつけりゃ大丈夫とかじゃないから」

凛「えっ?」ピコピコ

P「えっ?」

凛「似合ってなかった?」

P「いや、凄く可愛いけども」

凛「///」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 22:37:58 ID:usH2j8WA
P「そういう問題じゃないんだよ」

凛「えっ?イヌミミでダメなら…こっち?」ニャーン

P「猫はもう間に合ってます」

凛「じゃあ、こっち?」ウサー

P「ウサミンも間に合ってます。そしてケモミミから離れようか」

凛「えぇ…?あっ、尻尾が足りないってこと?」ウィンウィン

P「あー…あぁ!?んなもんどこで手に入れたっ!?」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 22:38:35 ID:usH2j8WA
凛「どこでって…プロデューサーの家の押入れの、床下収納の中の一番奥にあった段ボールの中からだよ?」ウィンウィン

P「んなぁっ!?り、凛、お前どうしてそこを知って…?って、取りあえずそれをしまえ!それは女の子が笑顔で持つモノじゃありません!」

凛「はいはい。それでね、プロデューサー。プロデューサーの事で、私が知らないことなんてないよ?」

P「は?」

凛「だっていつでも私は視てるから…ね?」

P「えっ…えっ?い、いつも視てるってお前…まさか…」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 22:39:27 ID:usH2j8WA
凛「…ふふっ」

P「」ゾクッ

凛「…ってまぁ、それは冗談で、この前の大掃除の時に偶然見つけたんだよ」

P「あ…あぁ、なんだ…驚かせないでくれよ…凛までそっち系になったのかと…」

凛「それでプロデューサー、こういう趣味があるの?」

P「いや、それは一時の気の迷いで勝ったちゃったんだよ…形が形で捨てにくいから、押入れの奥に封印してたってのに…」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 22:41:21 ID:usH2j8WA
凛「なんだ、そうだったんだ…せっかく受け入れる覚悟はしてたのに…」シュン

P「…」

凛「ん…なに?そんなに見つめられると照れるよ?」

P「やっぱ凛は変態だな」

凛「えぇっ!?」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 01:58:07 ID:BATdot6o
凛「えっ?な、なんで?今までのやり取りで一体、私の何処に変態の要素があったの?」

P「いや、なんかもう、全体的って言うか…後、もう舐めないなら、寒いから靴下はいていいか?」

凛「ダメ。まだ舐めるもん」ペロペロ

P「…」

凛「で、全体的ってどういう事?」ハムハム

P「うん…もういいよ。凛の好きにすれば」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 01:58:31 ID:BATdot6o
凛「だからそれじゃあ何も解決してないんだってば。このままじゃ私、本当に変態キャラになっちゃうよ…」

P「だからそれが嫌なら、取りあえず足を舐めるなよ」

凛「だから嫌だってば…ねぇ、プロデューサー。プロデューサーの言う変態の基準ってさ、どこまでが変態じゃないの?」

P「ん?うーん…いきなりそう言われてもなぁ…」

凛「じゃあ、足が駄目なら…上半身を舐めまわすのは?」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 01:59:18 ID:BATdot6o
P「上半身はアウトじゃないか?」

凛「えっ…じゃ、じゃあ、顔を舐め回すのは?」

P「…」フルフル

凛「み、耳なら…」

P「あー、悪いが凛…多分どこであっても、舐め回してる時点でアウトだと思うぞ」

凛「」ガーン

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 02:01:06 ID:BATdot6o
凛「な、舐めるのは、全部アウトなの…?」プルプル

P「だろうなぁ…世間一般では」

凛「わ、私のライフワークが…はっ!な、なら、プロデューサーのパンツを被るのは!?」

P「まごうことなき変態だよ」

凛「はみはみするのは!?」

P「普通に変態だな」

凛「くんかくんかするのは!?」

P「変態の業界では常識です」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 19:15:25 ID:BATdot6o
凛「」orz

P「おーい、凛?大丈夫かー?」

凛「うぅ…パンツを被るのはおろか、くんかくんかまでダメなんて…何時からそんな世知辛い世の中に……」

P「最初からじゃないか?」

凛「あっ、そろそろ足から上半身に移りたいんだけど」スクッ

P「えっ?あ、あぁ、了解」ゴソゴソ

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 19:16:45 ID:BATdot6o
凛「脱いだワイシャツちょうだいね。舐める前に私の匂い付けるから」

P「はいはい…っと、ほれ」

凛「んー」スリスリ

P「…」

凛「…」スリスリ

P「…さむ」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 19:19:03 ID:BATdot6o
凛「…」スリスリ

P「…」

凛「?」スリスリスリスリ

P「…」

凛「…ねぇ、ちょっと待って、その視線…もしかして匂いをつけるのもアウトなの?違うよね?これはセーフだよね?」スリスリスリスリスリスリ

P「いやぁ、これもギリアウトなんじゃないかなぁ」

凛「」ガガーン

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 23:56:50 ID:BATdot6o
凛「…ちょっと私、人生リセットしてくる。プロデューサーも一緒に行こ」

P「まぁ待て。行くときは一緒に逝ってやるが、まだ早まるな。着実に変態度は下がってるから」

凛「ホント…?」

P「俺が凛に嘘ついたことあるか?」

凛「…分かった。プロデューサーがそう言うなら」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 23:57:24 ID:BATdot6o
凛「後は着て、舐めてる間に匂いを付けて…舐めていいよね?」ゴソゴソ

P「ん?あぁ、早くしてくれ。さっきから寒くて敵わん」

凛「あっ、ごめんね。すぐ暖めるから」ペロペロ

P「ふむ…そろそろ事務所に暖房つけるかなぁ…」

凛「どっちでもいいよ。私は、プロデューサーと一緒にいれればそれでいいし」ペロペロ

P「それは、プロデューサー冥利につきるなぁ」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 23:58:06 ID:BATdot6o
凛「で、話の続きだけど」

P「どこまでが変態のラインかって?」

凛「そう。じゃあ、仕事中にプロデューサーの事を妄想したりして、体を火照らすのは?」

P「そんな娘は変態です。仕事に集中しなさい」

凛「うっ、ごめんなさい…えぇと、プロデューサーの家で、プロデューサーの帰りを待ちながら、プロデューサーの靴を舐めてるのは?」

P「うん、変態だよ。だけど、おかげでいつも靴がピカピカだ」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 23:59:50 ID:BATdot6o
凛「うぅ、靴でもダメなんだ…なら、晩御飯の中に、つい唾液とか血とか[ピー]とか[ピー]をいれちゃうのは?」

P「若干ヤンデレの入った変態だな」

凛「えっ…私、まゆみたいになってる…?」

P「いや、凛の場合はそれを俺の隣で、俺の見える範囲でやってるからいいんだけどな。美味しいし」

凛「そ、そっか、良かった。じゃあ次は…あー、プロデューサーの使った箸とか食器を舐めるのも…アウトなんだよね…」

P「王道の変態だな。The変態的な」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 00:01:26 ID:W74OEA0I
凛「お、王道…プロデューサーのお風呂に勝手に乱入するのは?」

P「変態って言うか痴女?」

凛「ちっ…!?ぷ、プロデューサーの身体を、私の身体でにゅるにゅる洗うのは…?」

P「風呂では痴女にクラスチェンジだなぁ」

凛「その後、湯船にプロデューサーと対面座位の形で温まるのは…」

P「女の子が対面座位とか言わない!まぁ、それはセーフかな!」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 00:27:00 ID:V0gcfX6I
いやアウトです

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 21:28:48 ID:aSUtofEo
凛「! や、やっと…!」パァ

P「凛は可愛いなぁ」

凛「良かった。対面座位はノーマルなんだね」

P「だから女の子が対面座位言わない!」

凛「…」

P「…」

凛「あっ、だいしゅきほーr」

P「言わせねーよ!?」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 21:31:31 ID:aSUtofEo
凛「でもそっかそっか、じゃあそれがセーフなら、お風呂上がりにお風呂の残り湯を飲み干すのもセーフだよね」

P「どうしてそうなった」

凛「えっ…違うの?」

P「それは一般的に変態のする事だろ」

凛「な、なんで?だってお風呂の残り湯は、プロデューサーにとってのお風呂上がりのビールと同じ感じで…」

P「風呂の残り湯とビールを一緒にするな」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 21:33:23 ID:aSUtofEo
凛「…」

P「…」

凛「でも、飲んだ後は酔っぱらったみたいになるよ?頭がぽわーって」

P「そうかー、だから風呂上りの凛は大胆なのか」

凛「そ、そうかな…///」

P「でもそれとこれとは別なんだよ」

凛「」ガーン

38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 01:31:32 ID:8VbYHNi.
凛「ビールと残り湯の何が違うの…」

P「そもそもが残り湯は普通、飲むものじゃないんだよ」

凛「あんなに美味しいのに?」

P「そう感じるのが変態なんだよ」

凛「プロデューサーのダシが出てて美味しいのに…」

P「ダシって…」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 01:34:39 ID:8VbYHNi.
凛「はぁ…さて、上半身は大体舐め終えたかな。顔に移るよ」ヨジヨジ

P「あぁ、指先まで凛の唾液でべっとべと。じゃあ、顔なら一旦仕事は中断だな」

凛「んしょ…」キュッ

P「…」

凛「…」

P「なんだ?」

凛「…いや、これも良く考えたら、だいしゅ」

P「だから言わせねーよ!?それなら良いとかじゃないからなっ!?」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 01:35:19 ID:8VbYHNi.
凛「…プロデューサー、唾」

P「えっ?あっ、と、飛んでたか?す、すまん…」

凛「いいよ。ちょっとティッシュとって」

P「お、おぅ、ほれ」

凛「ありがと」フキフキ

P「悪かったな。こんな至近距離で叫べば唾も飛んじゃうよな…」

凛「だから良いってば。むしろありがとう」フキフキ

P「……ん?ありがとう?」

凛「…はむっ」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 01:36:42 ID:8VbYHNi.
P「…」

凛「…」モキュモキュ

P「あー…凛?何してるんだ?」

凛「何って、プロデューサーの唾を拭いたティッシュをもきゅもきゅしてる」モキュモキュ

P「…」

凛「これがたなぼたって奴だね。幸せ」モキュモキュ

P「凛は変態の上級者だなぁ」

凛「!?」モキュモキュ

43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 14:08:22 ID:0yASKcbo
凛「…」モキュモキュ

P「…」

凛「…」モキュモキュ

P「…」

凛「…」モキュ…ゴクン

凛「それで上級者って」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 14:08:50 ID:0yASKcbo
P「おい凛、今飲み込んだだろ」

凛「えっ?だって捨てるの勿体ないし」

P「お腹壊しても知らんぞ…流石にそっち方面はいくら凛でも受けとめられるか分からんぞ」

凛「大丈夫。プロデューサーのエキスが付いたもので、私が調子を崩す訳ないよ。それに、まだそっちには目覚めてないし」

P「…まだ?」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 14:11:01 ID:0yASKcbo
凛「で、上級…プロデューサー、眼鏡邪魔」

P「あぁ、忘れてた…ほれ」スッ

凛「うん…やっぱり、プロデューサーは眼鏡かけてない方がいいと思うよ?まぁ、どっちでも好きなんだけどね」

P「うーん…でも俺、コンタクトは苦手でな…」

凛「もしコンタクトにする気になったら、使い捨てにしてね」

P「ん?何でだ?」

凛「毎日味わいたいからに決まってるでしょ?」

P「もはや発想が変態を飛び越え始めた気がするぞ」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 19:00:49 ID:XI1V4Ex6
凛「飛び越える…一周回ってノーマル?」ペロペロ

P「いつから凛はアホの子にまで…変態で痴女でアホの子…凛は一体どこに向かってるんだ?」

凛「プロデューサーと一緒にトップアイドルだよ」ペロペロ

P「だよなぁ…なのにどうしてこうなった」

凛「だからそれを議論してるんだってば」ペロペロ

P「うーむ…」

47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 19:02:13 ID:XI1V4Ex6
凛「それで、上級者とか飛び越えてるとか、どういうこと?」

P「いや、なんか凛はもう、変態の熟練度がMAXで、更にその上の高みを極め始めてるんじゃないかなぁって思ってな」

凛「えっ…そ、そこまで酷いの、私…?」

P「多分、俺じゃなかったら、皆が皆ドン引きするレベルだと」

凛「」ガガガーン

48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 00:18:09 ID:wVggGHGw
凛「…」ペロペロ

P「…」

凛「私がそこまでの変態だったなんて…ショック」ペロペロ

P「それでも舐めるのを止めない凛に、俺は感心するよ」

凛「それはそれ、これはこれ。中途半端なのは嫌いだからね」ペロペロ

P「うん、そんな何事にも妥協を許さない凛が、俺は大好きだぞ」

凛「なっ…!?///」ペロペロッ!

P「あっはっはっ、赤面した凛はいつ見ても可愛んむっ、ぷはっ、ちょっ、まっ、り、凛っ!恥ずかしいの分かるが、そんなに鼻と口を激しく舐められると息がっ!むぐぅ!」

凛「///」ペロペロッ!

49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 00:19:39 ID:wVggGHGw
P「…死ぬかと思った」

凛「…ごめん」

P「いや、そもそもの原因が俺だから良いんだけど…」

凛「も、もう、今日は顔はいいよ…一通り舐めたし」

P「うしっ、じゃあ仕事に」

凛「待って。まだ最後のが残ってる」

P「…今日もやるのか?」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 00:21:03 ID:wVggGHGw
凛「毎日やってるんだから当たり前だよ。むしろ今からメインだし」

P「はぁ…好きにしろ」

凛「じゃあ、最後にプロデューサーの口の中を舐めるね」

P「そこはもう素直にキスって言えbむぐっ」

凛「ちゅぅぅ…キスじゃない!舐めてるの!///」

P「何で今さら照れるのか…今しがたまで、もっと照れるべきことを散々やってただろ?まぁ、そんな凛が可愛いから良いんけどなっ!もががっ!」

凛「///」チュウウゥゥ

52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:01:28 ID:17exjczo
凛「満足♪」

P「30分以上もキ…口の中を延々と舐められた。朝なのになんだこの疲労感」

凛「これで今日も一日頑張れるよ」ホクホク

P「そりゃ良かったよ。しかしまぁ…今日の俺も、足を除いた下半身以外、見事に凛の唾液まみれだなぁ」

凛「ズボンの中は、家に帰ってから、じっくりゆっくりねっとり舐めるから安心して」

P「いや、別に心配してるわけじゃないぞ?」

凛「でも、これで誰が見ても、プロデューサーは私のだって分かるよね。拭いたりしちゃダメだよ?」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:02:25 ID:17exjczo
P「拭かないけど…それってマーキング?」

凛「マーキングって、犬みたいに言わな…あれ?変態って思われるより、犬って思われた方がマシかな…?」

P「はい!じゃあ、いってみようか!さんはい!」

凛「えっ?えっ?あっ、り、凛ちゃんだ、わん?」

P「そうそう、その調子。じゃあお座り」

凛「わ、わん♪」スッ

P「続いてお手」

凛「わん♪」ヒョイ

54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:03:59 ID:17exjczo
P「も一つおまけにおかわり」

凛「わんわん♪」ヒョイ

P「うんうん。即座に反応出来るとは、流石凛」ナデナデ

凛「わふ~♪」

P「…」ナデナデ

凛「……はっ!ぷ、プロデューサー!なにやらせるの!?///」

P「いやぁ、イヌミミ付けてるし丁度いいかと思ってな。ってか、凛もノリノリだったじゃん」

凛「そ、それは…うぅ///」

55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:10:37 ID:17exjczo
P「しかし凛みたいに可愛い犬なら、俺も飼ってみたいもんだな」

凛「えっ!?わ、私がプロデューサーのペットに!?いや、でも、そ、そんなの…///」モンモン

P「…」

凛「い、犬なら、飼い主を舐めてもくんくんしても匂いを付けても、なんの問題もないし…そ、それに、おいたをしたらプロデューサーに、躾としてあんなことやこんなことをされちゃったり…」

P「…」

凛「ふ、普通にアリかも…むしろお願いしたいような…///」

P「しまったなぁ…これは俺はまた一つ、凛の新たな性癖を開拓してしまったかもしれん…」

凛「///」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:11:02 ID:17exjczo
凛「ごほんっ…ま、まぁ、それはまた後日の要検討として…本題に戻って、私の変態という風潮についてなんだけど」

P「あー、凛」

凛「なに?もしかして何かまた、無意識に変態的なことしてた私?」

P「いや、今はしてないんだけど。良く考えてみろ凛?」

凛「?」

P「まぁ、確かに凛は世間一般的に見れば変態な行動をとっているかもしれん。が、この凛の行為を、はたしてファンや一般人が見れると思うか?」

凛「えっ…あっ、そう言われれば…」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:11:25 ID:17exjczo
P「凛はそういう所の切り替えがキチっとしてるからな。外じゃ一切俺にべたべたしてこないじゃないか」

凛「だ、だって、恥ずかしいし…///」

P「まぁ、そういう事だ。実際に凛が変態だとしても、それを見られてるわけがないんだからな。そんな風潮は根も葉もない噂に過ぎないだろうから、そのうち消えてなくなるさ」

凛「そ、そうかな…?」

P「大丈夫だ、俺を信じろ」

58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:11:43 ID:17exjczo
凛「…分かった。信じるからね、私」

P「おう、大船に乗った気持ちでいるといい。まっ、どうにもならなかったらならなかったで、その時は俺が何とかするから大丈夫だ」

凛「うん…!」ペロペロ

P「お、おいおい、嬉しくて顔を舐めるとか、いよいよ本当に犬みたいだな」

凛「くぅ~ん」ペロペロ

59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:12:08 ID:17exjczo
P「よっし、じゃあそろそろ本当に仕事に…ワイシャツ返してくれ凛」

凛「うん。私の匂いも、もうバッチリ付いてるハズだよ」ヌギヌギ

P「今日も今日とて、内も外も凛で一杯だなぁ」ゴソゴソ

凛「あっ、ネクタイは私がやってあげる」キュッ

P「そうか?ありがとな」

凛「気にしないで良いよ。プロデューサーのネクタイ締めるの好きだし」

P「えぇと、上着を…あれ?椅子に掛けておいたはずだが…」

凛「背広なら私が持ってるよ。はい、袖通して」

60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:12:27 ID:17exjczo
P「ん?おぉ、何から何まですまんな」スッ

凛「だから気にしなくていいってば。ってか、脱がせたのが私だし」

P「そういやそうだな」

凛「…うん。今日もカッコよく決まったね。プロデューサー」

P「あはは、お世辞でも嬉しいよ」

凛「…別にお世辞じゃないけどね」

P「さて、服も着たことだし…」ガタッ

61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:12:58 ID:17exjczo

P「よし皆!待たせて悪かったな。じゃあ今日の朝礼始めるぞ!」

アイドル一同「」

P「…」

凛「…」

P「あれ…おい皆?どうした?」

凛「みんな目が死んでるね」

P「ま、待たせすぎたかな…あの、ちひろさん」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:13:48 ID:17exjczo
ちひろ「」


P「ダメだ。ちひろさんまで目が死んでる…どうしよう」

凛「…」

P「…凛?」

凛「とりあえず」

P「なんだ?」

凛「皆が起きる?まで…また足舐めてていい?」

P「えっ?まだ舐めるのか?」

64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:15:20 ID:17exjczo
凛「ダメなの?」

P「いや…ま、まぁ、足ならいいか。よっと、ほらよ」スッ

凛「んー、ありがと」ペロペロ

P「さて、朝礼なんだが…」

アイドル一同「」

P「どうしたものか…」

凛「…幸せ♪」ペロペロ

65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 20:15:49 ID:17exjczo
おわり



元スレ: http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358236484/


[ 2014/02/27 22:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(3)
コメント
757: 2014/02/28(金) 00:45
これは古い奴だけど、なんでこんな崩壊キャラ付けばっかになったんだろうな・・・
人のネタに安易に頼りすぎでしょうよ
759: 2014/02/28(金) 06:50
だってそうでもしないとキャラ薄いし…
762: 2014/02/28(金) 13:55
公式でロ○○ン属性追加された某カリスマさんに比べたら可愛いものだろ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/3181-ce5cf237