ヘッドライン

姫川友紀「やった!菅野単独指名!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 22:56:32.63 ID:dGv/snSJ0
モバマスSS
実はあんまり野球関係ないです

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:03:03.34 ID:VHmdxdbg0
姫川友紀(20)

野球大好き
大正義キャッツ軍大好き


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:06:51.71 ID:VHmdxdbg0
ブロロロロ…

友紀「うーっ、うーっ」ウズウズ

P「落ち着かないな」

友紀「だって菅野だよ菅野!」

友紀「去年どっかのバカが邪魔したから今年一年おあずけされた菅野!!」

友紀「来年からドームで応援できるなんて……」

友紀「もう、最高ーっ!」

P「ははは、本当に野球好きだな」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:10:33.68 ID:VHmdxdbg0
P「ま、それが売りだからな。アイドル業の方もしっかり頼むぞ」

友紀「まっかせなさい!今日のLIVEもバッチリだったでしょ?」

P「そうだな。でも明日からはサバイバルの方も頑張って貰うぞ」

友紀「うん!プロデューサーも、あたしの応援よろしくね!」

P「おう、任せとけ。とりあえず、明日は午後からだから今夜はしっかり休んでくれよ」

友紀「はーい!」

友紀「えへへ、帰ったらどーしよっかなーっ♪とりあえず残りの指名をチェックして…」

友紀「あとは、えっと、えっと…」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:15:01.84 ID:VHmdxdbg0
友紀「へへへ、菅野菅野~♪」ウズウズ

友紀「あー、なんかわーっ!って感じ!大声出したい!」

P「こら、落ち着け落ち着け。今日十分大声出しただろ」

友紀「でもなんかこう、ぶわーって、ぶわーって」

P「おう、ぶわーっな。帰ってから存分に騒いでくれ」

友紀「うーっ、プロデューサーつれないなーっ」

P「野球詳しくないからな。ルールくらいしかわからん」

友紀「むー…人生の半分くらい損してるよ!」

P「いや、そんなにか…?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:20:26.31 ID:VHmdxdbg0
友紀「そう!そんなに!」

友紀「野球っていうのはね、文化なんだよっ!」

P「お、おう」

友紀「個人技!チームワーク!全部備えてるんだから!」

友紀「それにあの球場の熱気!手に汗握る勝負の連続!」

友紀「野球は人生って言えるくらいだよっ!」

P「そうなのかー」

友紀「……ぶー、なんか適当…」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:24:16.12 ID:VHmdxdbg0
友紀「あ!ね、プロデューサーの明日の予定は?」

P「ん、まあお前が出勤してくるちょっと前に事務所にいればいいかな」

P「キャッツとの提携が軌道に乗ってるからな、ちょっと楽させて貰ってる」

友紀「じゃあさじゃあさ、お酒!お酒飲も!」

友紀「姫川友紀が野球の魅力、どーんと語っちゃうんだから!」

P「え、ええ?」

友紀「たまにはいいでしょー?」

友紀「LIVEの成功祝いとサバイバルの景気付けと、あと菅野の指名祝い!」

P「…まぁ、少しくらいなら」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:26:26.56 ID:VHmdxdbg0
友紀「やった♪えっとね、それじゃどこか居酒屋に」

P「いや待てお前、アイドルが居酒屋とかホントやめろよ!?」

友紀「えーっ、一度行ってみたかったのにー…」

P「ダーメ。行くならちょっとひっそりとしたところ」

友紀「でもそういうところって高いし肩こっちゃうよー…」

P「そもそも俺も車があるからな。あんまり飲めないぞ」

友紀「むー…あ、それじゃプロデューサーの家!宅飲み!」

友紀「それなら車も大丈夫だし、プロデューサーも飲めるでしょ?」

P「おい、それはそれで問題が…」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:31:20.18 ID:VHmdxdbg0
友紀「いいじゃんいいじゃん♪」

友紀「ちょっとビール飲んでお話して、すぐ帰るから!」

友紀「ほら、今からなら何缶か空けたらタクシー呼べば日付変わる前に帰れるし!」

P「………」

友紀「バッテリーの片割れからのお願い!」

友紀「これもあたしの応援だと思って!ねっ」

P「あー、もう…」

P「ホントにちょっとだけだぞ?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:35:31.60 ID:VHmdxdbg0
友紀「よっしゃーっ♪」

友紀「あ、それじゃそこのコンビニ寄って!お酒とおつまみ買ってくる!」

P「いやそれは流石に俺が」

友紀「いいの!あの20歳のボタンにタッチするの好きだし!」

P「……ちゃんと顔隠して行けよ」

友紀「オッケーっ!その辺適当に止めてっ!」

P「あ、俺500ml缶な」

友紀「あれ、ちょっとじゃないの?」

P「俺はいいの。ほら、金持ってけ」

友紀「やりぃ♪それじゃ行ってきまーす!」タタタ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:41:09.18 ID:VHmdxdbg0
・・・
・・


友紀「でさー、この村田っていうデブが全然ダメだからさー!」グビグビ

友紀「っぷはっ、あたし喝入れてやろうと思って、ファンレター書いたの!ファンレター!」

友紀「それで球団の人にお願いして、アイツのロッカーに入れてもらったわけ!」ポリポリ

友紀「ほいでは……んぐっ、そいでさ、そしたらその日の試合、打つの打つの!」

友紀「もうすごい!ホームラン打っちゃってたし!!」

友紀「あ、プロデューサーホームランわかる?本塁打!!」グビグビ

友紀「ぷは、あれはね、あたしの喝が効いたね!あはははは!!」パシパシ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:42:20.92 ID:yf8w1t6vO
もうただのおっさんじゃねえか

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:42:34.84 ID:ZCRLvIrU0
村田ディスんなww

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:49:29.14 ID:VHmdxdbg0
P(アイドルが俺の部屋でビール飲みながら柿の種を貪り膝を叩きながら野球談義をしている)

P(なんだこれ…………)

友紀「おいP君聞いてるかね?飲んでるかね?」

P「なあ友紀、お前飲み過ぎ…」

友紀「P君もしかして君飲んでないんじゃないのかね!?」

友紀「もしかしてまだ一本も空けてないんじゃないのかね!?」

P「お、おい、お前ちょっと本当に…」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:52:11.41 ID:VHmdxdbg0
友紀「あたしのプロデューサーならここで飲んでくれる!あたし信じてる!!」

友紀「あたしたちはバッテリー!あたしが飲んだらプロデューサーも飲む!」

友紀「ほら、とりあえずその缶空けて!空けて!」

P(さ、最悪だこいつ……)

P(適当に飲んで誤魔化そう)ゴクゴク

友紀「あ、飲めるじゃーん!!じゃあもっと飲むじゃーん!!!」

友紀「ほらいっぱい買ってきたじゃーん!!全部空けるじゃーん!!!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 23:54:43.31 ID:VHmdxdbg0
・・・
・・


P「それでなぁ、ちひろさんがなぁ、『おいテメェ茶菓子だよ高いの買ってくるんだよ』とか言ってなぁ」

友紀「出た!鬼!悪魔!」

P「それで俺は『もう許してやってください』って言ったんだけどなぁ」

友紀「許さないんだね!鬼!悪魔!」

P「しかも残った分はエナドリの不良品と交換とか言い出すしな?」

友紀「プロデューサーあたしのビールどれー!?」

P「もうわかんねぇよ!どれでもいいよ!!」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:00:03.70 ID:gkFK6z5d0
友紀「あはは!それじゃこれ!」

P「それは俺のだよ!!」

友紀「えー、でもあたしが飲んでたのと同じだよ!」

P「同じビールなんだから当たり前だろ!俺のビール返せ!」

友紀「へー、これプロデューサーのビール?プロデューサーのビール?」

友紀「でも飲んじゃうー!はい間接キスー!!」グビグビ

P「あー!!アイドルがそんなことしたらいけないんだー!!!」

友紀「あはははは!知らなーい!!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:04:15.12 ID:gkFK6z5d0
・・・
・・


友紀「あ~ダメだよぉ~~」

P「うわはははははは!なんだそれ!」

友紀「ホントにこんなんなんだよ!あははははは!」

友紀「あ、はいはい!」

P「はい姫川さん」

友紀「姫川友紀、モノマネやります!前川みくちゃん!」

友紀「にゃ、たこ焼きにゃ!いただきますにゃん♪ってなんやこれコレネギ入っとる!!!」バシーン

P「はい次ー」

友紀「えーっ…うーん、じゃあね、じゃあね…」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:07:37.78 ID:gkFK6z5d0
友紀「あ、そうだ!じゃあ十時愛梨ちゃん!」

友紀「あ、なんか暑いですね!脱ぎます!!」ヌギヌギ

P「ヒューッ!いいぞー!」

友紀「あー涼しい…あ、じゃあプロデューサーのモノマネの時間!」

友紀「バッテリーだもんね!じゃあはい次P君!」

P「はい!P、モノマネやります!ヒョウくん!」

パチクリ 

パチクリ

パチクリ

友紀「あはははははは!ヒョウくんだ!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:10:30.93 ID:osSLSk2HO
何なのだこれは
お酒ってコワイなぁ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:12:46.58 ID:gkFK6z5d0
友紀「あれ?あれ?ヒョウくんって服着てたっけ!?」

P「着てないです!」ヌギヌギ

友紀「ひゃーっ!プロデューサーかっこいいーっ!」

友紀「あ、じゃああたし小春ちゃん!」

友紀「ヒョウくんぺろぺろ~」ペロペロ

P「お、やりやがったなー」

P「ならヒョウくんはすりすりしちゃうぞ!」スリスリ

友紀「あはははは、くすぐったいくすぐったい!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:15:50.89 ID:gkFK6z5d0
・・・
・・


友紀「あれ、もうビールないのー…」

P「あーホントだ……でも動く気しないぞ……」

友紀「あたしもー……あ、ちょっと寒いかも……」

友紀「服……あれ?服どこ?なんであたし下着だけなのー?」

友紀「あー寒い!服!ない!寒い!」

友紀「あ、プロデューサーだ」ヒシッ

友紀「あ゙ープロデューサーあったかーい」スリスリ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:19:22.03 ID:gkFK6z5d0
P「やめろー暑いー」

友紀「暑いなら最後の一枚脱げばいいじゃーん」スリスリ

P「そしたらお前も脱げよー」

友紀「バッテリーだからね!あたしとプロデューサーはバッテリー!」

P「はいはいもう脱ぐわ」ヌギヌギ

友紀「あははすっぽんぽん!バッテリーだしあたしも!」ヌギヌギ

友紀「寒い!ちょっと寒いよ!店員さんこれあっためてー」

P「おっしゃこーい」

友紀「わーい」ヒシッ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:22:39.09 ID:gkFK6z5d0
P「………………」

友紀「………………」

P「………………」

友紀「………………」

P「………………」

友紀「………………」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:25:55.01 ID:gkFK6z5d0
P「………………」

友紀「………………」

P「友紀ってさ」

友紀「んー?」

P「いい匂いすんな」

友紀「そうー?」

友紀「実はアイドルとかやってましてねー」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:28:55.57 ID:gkFK6z5d0
P「……………」

くちっ

友紀「ひんっ!?」

P「お、いい声」

友紀「え、プ、プロデューサー?」

友紀「ちょ、ちょっとどこ触って」

P「今のもっと聞かせろ」


友紀「…………へっ?」


ドサッ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:33:31.88 ID:gkFK6z5d0
ツツー…
友紀「ん、んんっ」

くちゅっ

友紀「んーっ!!」

友紀「っ、プ、プロデューサー、ちょっと」

P「声出せ」

友紀「え?」ゾクッ

P「お前、声出すの好きだろ?」

P「声出すの、気持ちいいんだろ?」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:35:47.62 ID:gkFK6z5d0
くちゅ

友紀「あ、やだ、やだ、ひゃっ…」

友紀「あぁっ……や、ちょ…………ひゃんっ!!」

P「いいぞ」

友紀「やっ……んっ、あっ………!」

くちゅっ 

くちゅっ くちゅっ

友紀「あっ!やっ、ダメぇ…っ、指、ダメ……っ」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:39:47.14 ID:gkFK6z5d0
友紀「あっ、んぅっ……」

P「友紀」

友紀「っ、んぁっ……な、何…」

P「舌出せ」

友紀「………はぇ…」

ちゅっ 

ぢゅるっ れろっ

友紀「っ、はっ、はっ、はっ……」

友紀「んっ、んんっ」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:43:03.76 ID:gkFK6z5d0
P「声」

ぐちゅっ

友紀「ん……あ、あっ、いい、いぃっ!」

P「どういいんだ?」

友紀「プロデューサーの……あっ、やっ、ゆ、指ぃ………っ」

友紀「あ、ああっ……あたしの、あっ、な、中ぁっ………ん、んんっ」

友紀「すごい、かき混ぜて………っ、あんっ」

P「もっとして欲しいか?」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:47:24.69 ID:gkFK6z5d0
友紀「んっ、はっ、はっ、はっ、」

スッ

P「いらないのか?」

友紀「あ、やっ」

友紀「もっとしてっ……、して、くださいっ」

P「………ははっ」

P「お前、イイな」

ぐちゅっ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:50:01.68 ID:gkFK6z5d0
友紀「あっ、いい、いいっ………んっ、いいっ」

P「もっとだ」

友紀「あっ、あっ、あ、きちゃう、あ、あ、あっ」

ぐちゅっ

友紀「んっ、ダメ、くる、くる……ん、んんっ」

ぐちゅっ

ぐちゅっ ぐちゅっ

友紀「あっ……あっ、あ……あああ、イキそ、あ、ああっ」

友紀「あ………んんっっっ!!」ビクッ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:52:19.84 ID:gkFK6z5d0
友紀「はーっ、ん、んんっ……」

友紀「はっ、はっ、はーっ………」

P「良かったか?」

友紀「っ、はっ、はい……はーっ、はぁっ、はっ」

P「そうか」

P「それじゃ、俺も良くしてもらおうか」

くちゅっ

友紀「え、あ、あっ……」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:56:54.17 ID:gkFK6z5d0
P「バッテリーだろ?」

友紀「そう、バッテリー…」

P「じゃあお前を良くしたから、俺も良くしてくれるよな?」

P「入れるぞ」

友紀「へ?」

ずぷっ

友紀「っ、ああっ………大き……っ」

P「お、具合いいな」

友紀「そ、そう?」

P「よく運動してるからかな。いい締り具合だ」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:58:21.44 ID:gkFK6z5d0
P「それに」

ぐっ ぐちゅっ 

友紀「あっ、ああっ」

P「お前から声が漏れると」

ぐちゅっ じゅぷっ じゅぷっ

友紀「ん、あっ、あん、あぁっ、はっ、んんっ」

P「俺も気分がいい」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:00:08.47 ID:gkFK6z5d0
ぐちゅっ ぬぷっ ぐちゅっ

友紀「はっ、はっ、はぁっ、んっ、あっ、あっ」

P「はっ、はっ、はっ」

ずちゅっ ずちゅっ ずちゅっ

友紀「あ、だめ、また、イキそう、あっ、あっ」

P「いいぞ」

ずっ じゅぷっ じゅっ じゅっ じゅっ

友紀「あっ、あっ、ダメ、ダメ、あ、あ、あっ」

友紀「~~~っ!!!!」ビクン

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:01:47.99 ID:gkFK6z5d0
友紀「はっ、はっ、はっ、はっ、」ビクッビクッ

P「……さて、俺はまだだからな」

P「動くぞ」

友紀「あ、ちょっと、待って、待って、お願い、」

P「知らん」

じゅぽっ じゅぷ じゅぷっ

友紀「あっ、やっ、やっ、おねっ、あ、んぁっ、ダメっ」

ぐちゅっ ぐちゅっ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:03:11.50 ID:gkFK6z5d0
友紀「くる、しっ、あっ、あっ、あっ、あっ」

P「…………そろそろ出るぞ」

ぐぢゅっぢゅっぢゅっぢゅっぢゅっ

友紀「あ、あっ、あ、あ、や、」

P「…このままだと中に出るから」

P「逃げるなりなんなりしてくれよ?」

友紀「え、あ、だめ、む、むりっ、あ、あっ、あっ、あっ」

P「っ、出るっ」

どくっ どくんっ

友紀「え、あ、あ、ああっ」

友紀「んんんっ!!!」ビクッ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:05:14.67 ID:gkFK6z5d0
友紀「はっ……はぁっ………」ガクガク

P「………じゃ、次な」

友紀「……えっ」

P「ほら、腰上げろ」

友紀「ちょっ、待って、本当に、待って」

P「じゃあそのままでいい」

ずぷっ

友紀「あ、や、やぁっ…」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:07:24.04 ID:gkFK6z5d0
・・・
・・


チュンチュン

友紀「……………………」

P「……………………」

友紀「ベッドヤクザ………」

P「すいませんでした……」

友紀「その、お酒も入ってたし、飲み過ぎだったし」

友紀「あたしもなんか、脱いだりして、悪かったけどさっ」

友紀「あれは、なんというか、流石に…」

P「はい……」

友紀「……………………」

P「……………………」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:09:24.70 ID:gkFK6z5d0
友紀「えっと、なかったことに!」

P「へ?」

友紀「なかったことにしよっ!あたし、これからもプロデューサーとお仕事頑張りたいし!」

友紀「だからお酒と一緒に昨日のことはポイっ!ね?」

P「わ、わかった」

友紀「うん。あ、でも、その」

P「ん?」

友紀「万が一のときは、その……よろしく、ね?」

P「……はい」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:11:25.34 ID:gkFK6z5d0
友紀「よしっ!それじゃ、あたし一旦家帰るね!」

P「ああ、タクシー呼ぶわ」

友紀「お願い!午後からはまたいつも通り、頑張りましょーっ!」

P「おう。バッテリーだもんな」

友紀「っ、…………」ブルッ

P「……友紀?」

友紀「バ、バッテリーは今後禁止!」

P「え、え?お前がいつも言ってたことじゃ…」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:12:35.52 ID:gkFK6z5d0
友紀「ダメー!!とにかくこれからは禁止!!!」

友紀「えっとこれからは、先発と守護神…ううん、監督とコーチ、じゃなくて、うーん」

友紀「えっと、うーんと、あ、恋女ぼ…」


友紀「~~~っ!!!と、とにかく!」

友紀「バッテリーは禁止ね!あ、そ、そろそろタクシー来るかなー?」

友紀「えっと、とりあえず意識せずに頑張ろっ!」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:15:26.67 ID:gkFK6z5d0


友紀「えい、えい、おー!」



P「…………おー」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:16:16.04 ID:gkFK6z5d0
おわり

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 01:20:00.86 ID:EhbThf0B0
あ^~ユッキ可愛いんじゃ~



元スレ: 姫川友紀「やった!菅野単独指名!!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351173392/


[ 2020/06/02 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31696-d2b60f0f