ヘッドライン

P「修羅場を安価で切り抜ける」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:16:47.33 ID:+waOYYmqP
P「……」

P(私プロデューサーは、今この765の事務所で大変まずい、重たい空気を吸っております)

P(……原因は確かに俺のせいだけど)

P(まさかこんなことになるとは……)

P(俺はどうもこうも介入のしようがなく、ただ様子を見ることしかできないのだが)

P(お互いににらみを利かせているのは>>5,8,10の三人だ)

※被ったら下

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:18:37.79 ID:PtWiH6930
一体何の修羅場なんですかねぇ…

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:18:51.77 ID:V/OyzRfb0
ミキ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:23:02.06 ID:uc4tP6um0
いおりん

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:23:20.50 ID:4NwxNdaF0
貴音

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:26:45.30 ID:+waOYYmqP
美希「……デコちゃんがそんな人だったとは思わなかったの」

伊織「黙りなさいよ、しらじらしい」

貴音「元はといえばあなたたちが悪いのでしょう?」

伊織「なんですって? 貴音だって原因の一つでしょ!?」

貴音「私は思うまま行動したまでですから」

美希「……」

P(……さっきからずっとこんな感じだ)

P(この三人が今までこんな喧嘩をしたことがあっただろうか……)

P(どうやらもめている原因は>>15らしい)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:30:00.29 ID:UVo8pXmr0
プリン

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:30:36.43 ID:4NwxNdaF0
可愛らしい修羅場になりそうだ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:36:16.58 ID:+waOYYmqP
P「……あの」

伊織「何よ」

P「一応確認しておきたいんですけど……その、原因はプリンなんですよね?」

美希「そうなの」

P「……はぁ」

貴音「まさか貴方様、この期に及んでプリンごとき、などとほざくために会話を止めたわけではありませんよね?」

P「あ、えっと……すみません」

P(貴音のガチトーン超怖い)

美希「でも、ハニーの気持ちも少しだけわかるの。だって二人とも自分のことばっかりで話が進まないの」

伊織「アンタには言われたくないんだけど、そうね。状況を整理しましょうか」

貴音「私が先日買ってきたおいたごーじゃすせれぶぷりん。冷蔵庫に入れておいたものが、なかった」

美希「美希はちょうど、プリンを食べてたの。でも、そのプリンはちょっと前にやよいからもらったものなの」

伊織「そのプリンは私がやよいに買ってあげたものだったってこと」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:42:21.37 ID:+waOYYmqP
美希「違うの! そういうこともあるかも、って思ってやよいに聞いたんだよ? 本当にいいの、って」

伊織「だから言ってるでしょ! その聞き方じゃ単にやよいがその時は食べたくなかっただけかも知れないじゃない」

美希「ゼッタイデコちゃんの勘違いなの! 詰めたくて超おいしかったから、あれはやよいがどこかでもらってきたものだったの!」

貴音「しかし、それが私のものでない、という証拠はありません」

美希「それはデコちゃんが貴音のプリンをやよいにあげた、って言って嘘ついて、実は自分で食べちゃったに決まってるの」

伊織「アンタいい加減にしなさいよ? 私はね、あんまり言いたくはないけどプリンなんていくらでも食べられるの!」

貴音「しかし、伊織のその実際的に関係のない話でつじつまを合わせようとする点、ひっかかります」

伊織「あぁもう! なんなのよ! 私はみんなで食べるように買おうとおもったプリンが一つしかなくて、ちょうどやよいがいたからあげただけ!」

美希「ミキだって! やよいからもらったのをありがたく食べただけなの!」

貴音「それならば私のごーじゃすせれぶぷりんはどこに消えたのですか? 答えてください」

P(……こんなのラチが空くはずないだろ)

P(……なら、こうしよう)

>>30
1.新しいプリンを買ってこよう
2.他の話題で話をそらそう
3.一人ずつ話を聞いてひも解いていこう
4.誰か証人を呼ぼう

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:46:54.61 ID:PtWiH6930
4・・・かなぁ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:50:03.43 ID:+waOYYmqP
P「おいおい、その様子じゃ流石にラチが空かないだろう。やよいなり、誰か証人を呼べばいいんじゃないか?」

伊織「……確かにね」

美希「それはいい案なの」

P「確か……うん、やよいならもう帰ってくるぞ」



やよい「おはようございまーす! えっと、お話ってなんですか?」

伊織「えぇ、実はね……」

貴音「やよい、プリンについてです」

やよい「え? ……あぁ!」

美希「ミキ、嘘ついてないよね? やよい」

P「話してくれるか?」

やよい「はい! 確か>>35です!」
1.伊織からもらった
2.お仕事先でもらった
3.貴音からもらった
4.その他

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:53:24.21 ID:O2cl2znG0
お仕事先から貰ったのと伊織から貰ったのがかぶったので
お仕事先で貰ったやつを美希にあげた

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 00:58:32.36 ID:+waOYYmqP
やよい「えっと、最初伊織ちゃんからもらったんですけど、その後お仕事先でもらっちゃって」

やよい「ちょうど美希さんがいたので、よかったら! っと思ってあげたんですけど、ダメでしたか……?」

伊織「……そういうこと」

美希「ほら言った通りなの!」

伊織「……まあ、疑ったことは謝るわよ。でも、まだいくつか疑問があるわよ」

美希「え? あ、貴音……」

貴音「……」

伊織「やよいの言ったとおりだと、冷蔵庫には触れてない……ということは、やよい。私があげた方は?」

やよい「え? 確か冷蔵庫に入れておいたはずですけど、誰かよかったら食べてください! って書いておきました」

貴音「……コホン」

美希「……貴音?」

貴音「えぇ、これはですね。ぷりんというものにおける……」

伊織「たーかーねー?」

貴音「な、なんと! い、伊織……嬢……?」

39 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/11/15(木) 01:01:22.21 ID:ngkUxqUa0
犯人はお姫ちん

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:02:14.30 ID:+waOYYmqP
貴音「……申し訳ありませんでした。つい欲にとらわれ食べてしまったのはいいのですが……」

貴音「どうにも罪悪感が残り、誰かに相談しようというところで二人が喧嘩をしているところに遭遇し」

貴音「その場の流れで、つい……ご迷惑をおかけいたしました」

伊織「全くよ……ホント、さんざんだったわ」

美希「ミキも疲れたの……あふぅ」

貴音「……それにしても、やよい。ありがとうございました。この件も、ぷりんについても」

やよい「あ、いえ! 私皆さんからいろいろもらうので、あれくらいは全然気にしないでください!」

伊織「……天使ね」

美希「そうかも……ってデコちゃん?」

伊織「はっ! って、で、デコちゃん言うな!」

美希「あ、今誤魔化したの!」

伊織「うるさいうるさい!」

P「……これで一件落着、かな。流石はやよいだな」

やよい「もー! 喧嘩はダメですよー!」

ミッションコンプリート!

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:05:37.46 ID:+waOYYmqP
安価の配分がわからない
というかプリンて

次の3人>>45,46,47

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:06:38.64 ID:aG4AMV350
再び貴音

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:06:48.71 ID:YUVaRxk70
真美

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:06:49.80 ID:UVo8pXmr0

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:09:31.50 ID:N9IRF03a0
貴音が絡むと大体食べ物関係な感じが

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:11:25.21 ID:+waOYYmqP
P「さて別の日……また事務所から変な声が聞こえる」

貴音「ですから……」

真美「もういいよお姫ちん……ぐすっ……」

真「そうやって泣いてもさ、何も変わらないんだよ真美」

真美「まこちんがそれを言うの……?」

真「……貴音が悪いんだ」

貴音「私ですか」

P(……なんでも今日は>>60についてらしい)

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:13:31.33 ID:V/OyzRfb0
ゼリー

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:14:30.96 ID:PtWiH6930
ホントに食いもんだった

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:15:07.72 ID:N0pyb1hKO
また食べ物かw

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:18:33.48 ID:+waOYYmqP
P(……話が見えん。趣味が悪いが、少し盗み聞きさせてもらう)

真美「……楽しみにしてたんだよ」

真「……」

貴音「真美、あれはですね……」

真美「絶対お姫ちんだ」

貴音「……根拠は」

真美「……だって」

貴音「真美、いいですか。人を疑うという事は、等しくその人を裏切るということ。根拠がないなら猶更、関係が悪くなるでしょう」

真美「だったら!」

真「真美、もういいから……」

真美「まこちんもだよ……もういいよ」

真「……ちゃんと話をしよう」

貴音「そうですね」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:21:59.98 ID:+waOYYmqP
P(あぁもうわからん。もやもやしてたまらんからプロデューサー権限で聞きだす)

ガチャッ

真美「……兄ちゃん?」

P「どうした真美? それに貴音と真まで。随分と難しい顔をして」

真美「……」

貴音「……それがですね」



>>73
1.こんにゃくゼリーで事故があった
2.ゼリー状の何かで嫌がらせされてた
3.ゴージャスセレブゼリーがなくなっていた
4.その他のゼリー

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:26:20.54 ID:PtWiH6930
3

76 :もはやお姫ちんの呪い 2012/11/15(木) 01:30:33.64 ID:+waOYYmqP
真美「真美の、真美のゴージャスセレブゼリーが……」

P「……ん?」

真美「なくなってたの……」

P「……えっと」

真「プロデューサー、何も言わないんですか?」

P「あ、いや、それはその……お気の毒というか」

真美「う、うわああああああん!!」

P「え、ちょ、な、なんで!?」

貴音「貴方様のことです、きっとご存知ないのでしょう。ごーじゃすせれぶぜりーは一日数個限定。ぷりんをもしのぐ人気なのですよ」

P「だ、だからってさ……」

真美「……亜美がくれたんだ」

P「亜美が?」

真美「うん。亜美は一回食べたことある、って。すごくうれしかったし、食べたかったっていうのもあるけど……」

真美「感想も言えないっていうのが、亜美に悪いし……すごく、悲しくって……ぐすっ」

P「……それで、そっちの二人は?」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:34:46.44 ID:+waOYYmqP
真「ゼリーらしきものを持ち出す影をみたんです」

P「うちの事務所の人か?」

真「わからないです。帰ってきたとき、とっさだったので」

P「貴音は?」

貴音「私は……その、ちょうど手に入れたぜりーを冷蔵庫に入れておいたのですが」

P「……」

貴音「あ、貴方様信じてくださいまし! 前回はあのようなことがありましたが、それ以降心に決めております」

貴音「今回に関しては尚のこと! あれほどに高級なものを勝手に食べるはずが!」

P「あぁ、いいよ貴音。別に俺は名探偵でもなんでもないし」

貴音「……はい」

真美「お姫ちん、やっぱり前にも何かやってたんだ……じゃ、食べたんでしょ?」

貴音「だ、だから真美……わたくしは」

真美「ねぇ、食べたなら食べたって言って? 別に、いいの。でも、勝手に食べられちゃったのが……う、うぅ……」

真「……貴音」

貴音「……ですが、真。その目撃情報、とやら真しか見てないそうで」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:38:01.66 ID:+waOYYmqP
真「ま、いまのところは」

貴音「ですと、逆に言えば犯人と思われる人物は真を見ているわけです」

真「……」

貴音「その場に居合わせたのなら、真に濡れ衣を着せる、くらいのことをやってのけそうですが、それがない」

真「……何がいいたいのさ」

貴音「私は、巧みにありばいを作って自らの犯行を隠している、そう思っているのです」

真「貴音……」

貴音「本当はこのようなこと言いたくはありません。ですがいくつかそう思う点はあるのです」

貴音「まず真の言う相手の特徴が少なすぎる事。これはとっさにでた噂である可能性が高い」

貴音「そして相手が名乗り出ない、ということは犯人を誰かわからないまま迷宮入りさせたいという考えから」

真「……ふふっ」

貴音「いかがでしょうか」

真「……正解だよ、貴音。僕が犯人だ……」

貴音「……」

真「……なんてさ、ドラマじゃないんだから。それにこれは遊びじゃない」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:40:50.47 ID:+waOYYmqP
真「貴音がそこまで僕を疑ってるのもわからなくはないけどさ、それなら僕だって」

真「まさにそのドラマでいうと、ベラベラしゃべる人って最後は犯人だったりするし」

真「一度やらかしてる人ってなかなかやめられなかったりね」

貴音「……」

真「もっと言ってしまえば……そう、真美」

真美「……え?」

真「これは全部真美のイタズラで、そう仕組まれてたとか」

真美「ちょ、ちょっとまこちんどうしてそんなこと言うの……?」

真「日頃の行い、っていうのもあると思うけど。もちろん完全に疑ってるわけじゃないし、こういう状況だから」

真美「う、うぅ……」

P「相変わらずラチが空かないな……よし、ならば>>85すれば犯人が見えてくるはずだ!」

※自由安価で

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:42:19.92 ID:DU9xsku/0
聞き込み

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:46:07.40 ID:+waOYYmqP
小鳥「……それで私ですか」

P「その時いなかったんですか、事務所に」

小鳥「えっと……あぁ、時間的にはいました、多分」

P「デスクワーク中だと気が付かないもんですしね」

小鳥「そ、そうなんですよ!」

小鳥(サボッてたわけじゃないのよ断じて!)

P「それで、思い出せそうですか? 例えばゼリーを食べるうんぬんとか」

小鳥「うーん……あ、そういえば!」

P「何か思い出しました!?」

小鳥「>>90

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:47:13.79 ID:YUVaRxk70
社長の後姿を見た

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:51:19.56 ID:+waOYYmqP
小鳥「社長の後ろ姿を見た記憶はあるんですけど……」

P「……なるほど。ありがとうございます」




社長「それで私かね」

P「はい。お忙しいところ申し訳」

社長「あぁ、それはいいんだ。ちょうど時間が空いたところでね。それで、なんだったかなその……」

P「ゴージャスセレブゼリーですね」

社長「あぁ、それだね」

社長「>>95

1.私が食べた
2.他のアイドルが食べてるのを見た
3.腐っていると思って捨てた
4.お土産と勘違いして持って帰った

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:51:57.86 ID:C4AD+YSQ0

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:55:11.21 ID:gG1ZiD/w0
2以外全部社長が犯人じゃねーかwww

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 01:58:43.06 ID:+waOYYmqP
P「お疲れ様でした!!」

真美「かんぱーい!」

貴音「うみゅうみゅ、おいしゅうごじゃいましゅ……」

真「ホント、これおいしいよ! 今まで食べたことない!」

P「確かにうまいな! いやーしかしよかったよかった!」

真美「ホント、しゃちょーが犯人だったとはね!」

真「ま、こうして食べられたんだしよかったよね!」

貴音「まこと、よかったと……んっ!?」

真美「あ、も、もうお姫ちん欲張り過ぎ!」

真「あはは……」

P「……」

P(真実を告げた後、鬼の形相をした3人に詰め寄られ肉体的にも精神的にも削られた社長は人数分のゼリーを買うことで示談は成立)

P(果たしてあの会議室で何が起こったのか……俺には知るよしもない……)

ミッションクリア?



元スレ: P「修羅場を安価で切り抜ける」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352906207/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31583-6dd88835