ヘッドライン

雪歩「私が一番だよ!」美希「美希こそ一番なの!」真「」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 01:54:14.52 ID:0RBpuSfOO
雪歩「美希ちゃんは黙ってて!」

美希「むー! 雪歩は穴掘って埋まっててよ!」

雪歩「そ、それは私の台詞だよ!」

美希「うるさいの! いつもうじうじしてすぐ泣くくせに!」

雪歩「な……もう怒ったから!」

美希「べーっだ!」

真「ちょっと! ちょっと待ってよ二人とも! どうしたのさ!!? なんで喧嘩なんかしてるの!?」

雪歩「こうなったら本人に直接」
美希「聞いたらすべて丸っとさくっと収まるの」



真「うん? で、どうしたのさ」

雪歩「真ちゃんはどっちがいいの!?」
美希「真くんはどっちが好きなの!?」

真「え? えぇえ!? なんのこと!? いきなりどっちって言われてもボクわかんないよ! ちゃんと説明してよ!?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 01:56:12.97 ID:VeShg9520
雪歩「もう、鈍いなぁ真ちゃんは」

真「いやいやいや」

美希「つまり、ミキと雪歩。どっちが好きなの? ってことだよ」

真「あ、え、えぇっと……そ、それって友達として、だよね?」

雪歩「真ちゃん?」

美希「あんまり茶化してばっかりだと、ミキも怒るよ?」

真「ちょ、怖いよ二人とも……。えぇと、あの、ボクは至ってノーマルだし。
 恋人にするなら男の人の方がいいし、だから――ね? 落ち着こうよ」

雪歩「……」

美希「……」

真「……あ、あはは……ゴクリ」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 01:58:09.47 ID:VeShg9520
美希「はぁ……もういいよ。ミキはお仕事の時間だから」

雪歩「美希ちゃん、逃げるんだ……?」

美希「違うよ? 聞くまでもなく絶対ミキの勝ちだもん」

雪歩「なんで? どうして?」

美希「ミキの方がキラキラしてるからに決まってるよ。そうだよね? 真くんっ」ダキッ

真「……」

雪歩「……そっか」

美希「真くんはなにも言ってくれないの」

美希「仕方ないか……あはっ、じゃあね真くん! いってきまーす!」

真「……」

雪歩「……」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 02:06:29.62 ID:VeShg9520
真「あ、えぇと……」

雪歩「行っちゃった。ふふふっ。でもこれで二人っきり」

真「雪歩?」

雪歩「真ちゃん。二人っきりだよ?」

真「そう、だね……」ソロリ

雪歩「どこに行くの?」

真「う、うん。ちょっと喉が乾いたからさ……」

雪歩「そっか……じゃあお茶入れてくるね」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 02:22:54.53 ID:VeShg9520
真「大丈夫だよ自分で買ってくるから」

雪歩「そっか……私のいれたお茶じゃ、ダメなんだ」

雪歩「そうだよね……私なんかひんそーでひんにゅーでちんちくりんでダメダメだもん……」

真「……ごめん」ダッ

雪歩「……」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 02:28:51.45 ID:VeShg9520
真「……どうしよう」

真「美希も雪歩もどうしちゃったんだ」

真「二人とも昨日までは普通に接してたのに」

真「今日ボクが来るまでに何かあったんだよね、きっと」

真「とりあえずプロデューサーに連絡――」

真「……あれ」ガサゴソ

真「ない」ガサゴソ

真「ない! 携帯がない」

真「そんなはず……出るときにポケットに入ってるのはしっかり確認したはずなのに」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 02:40:37.57 ID:VeShg9520
雪歩「あんなに慌てて出て行かなくてもいいのに」

雪歩「携帯落としたことにも気付いてないんだもん……でも好都合かな? ふふふ」パカッ


雪歩「美希ちゃんのアドレスは――あった」

雪歩「これで……」ピッピッピピッ

雪歩「送信。」

タッタッタッタッ――ガチャッ

雪歩「遅かったね真ちゃん」パタンッ

真「雪歩……それ、ボクの」

雪歩「うん、そうだよ。さっき落としていったのに気付いてなかったんだ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 02:51:46.67 ID:VeShg9520
真「……」

雪歩「どうしたの? そんな怖い顔して」

真「……今、なにしてたの」

雪歩「? なにもしてないよ」

雪歩「一応、確認のために中はちょっと見ちゃったけど」

真「……」

雪歩「もう、本当だよ? ほら」

真「……」パカッ

真「……」ピッピッピッピッ

雪歩「じゃあ私、ちょっと用事が出来たからもう行くね」

真「……」ピピピッ

雪歩「くすっ」ガチャッ―バタン

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 02:58:08.39 ID:pabnJgSI0
怖い怖い

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 02:58:27.64 ID:VeShg9520
真「……」ピッ

真「……」ピッピピッ

真「……」ピッピッ

真「……!」

真「これって……ボクはこんなの送った覚えはない! 送り先は!?」

――to美希

真「美希!?」

真「あれ、雪歩は!?」

真「くそっ!」ダッ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 03:08:12.84 ID:VeShg9520
美希「メール? 真くんから!」

美希「……ふむふむ」

美希「これは真くんからのお誘いメール……」

美希「わかった行くの今すぐ行くの!」ダッ

P「おい美希! 撮影もうすぐ始まるぞどこ行くんだ!?」

美希「今この瞬間は愛こそすべてだよ? プロデューサー」

P「なにわけのわからんこと言ってんだ!」

オイオイ ッタクヤッテランネーヨ コレダカラ765プロハ

P「すいません今すぐ捕まえますんで」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 03:25:41.01 ID:VeShg9520
何処かにあるビルの屋上

美希「……あれ?」

美希「真くーん、どこにいるのー?」

美希「おかしいなぁ。ここであってるよね?」パカッ

美希「うんあってる」

??「ふふふっ。美希ちゃんは迂闊だよね」

美希「? 誰かいる?」クルッ

??「ちょっと考えればわかると思うんだけどなぁ」

美希「その声は雪歩? どこにいるの? 真くんは!?」

雪歩?「だって美希ちゃん。お誘いでこんな場所を待ち合わせにすると思う?」

美希「真くんならあり得なくはないの」

雪歩?「ふーん。そっか」

美希「それより雪歩! 真くんはどこにいるの!?」

雪歩?「真ちゃんならいないよ。だって――」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 03:33:04.51 ID:VeShg9520
雪歩「ここに呼び出したのは私だから」

ドカキンッ

美希「!?」

雪歩「外しちゃった」

美希「雪歩!? もしかして今の」

雪歩「そう。このスコップを振り下ろしたんだよ?」

美希「な、なんで、そんなことしたらミキ死んじゃうの!」

雪歩「そうだよ……だって美希ちゃんは私の敵だから」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 03:43:21.59 ID:VeShg9520
美希「ひっ……(やばい。雪歩の目に光がないの)」

カキンッ

美希「わぁっ(怖いの……)」

雪歩「あんまりちょろちょろ動かないで欲しいなぁ」ブンッ

美希「そ、そんなの無理なのぉお!」

ガンッ

雪歩「……ふふふ」ブンッ

ドゴッ

美希「いっあっ……!?」

美希「あ……いああああああ!!?」

雪歩「あーぁ脚に当たっちゃったね……」

美希「うっうあぁっ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 03:45:40.86 ID:eEhU4r3/0
修羅場トリオがマジで修羅場

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 03:49:24.32 ID:VeShg9520
雪歩「これで逃げられない。バイバイ美希ちゃん」スッ

雪歩「はぁっ!」

美希「うわあああっ(嫌っ死にたくないの! 助けて真くん!!)」

バンッ

?「そこまでだよ雪歩!!」

雪歩「……」ピタッ

美希「あああぁぁ……?」

雪歩「やっと来た。遅かったね真ちゃん」

真「雪歩……美希から離れて」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 03:58:06.92 ID:VeShg9520
雪歩「ふふふっ。嫌だって言ったらどうする?」

真「……」

雪歩「嫌だよ。美希ちゃんは私の敵だから」

真「雪歩!!」グッ

雪歩「真ちゃん。動いたら美希ちゃんが死ぬよ?」

真「!」

雪歩「……あ、でもいっか。今日の仕事サボってるし」

雪歩「アイドルとしていい加減すぎるよね美希ちゃんは」

美希「……」

雪歩「アイドル失格だよね」

真「……雪歩。それ以上言ったらボクは」

雪歩「いいよ真ちゃんなら。すべて受け止めてあげる」

真「くっ」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 04:15:03.75 ID:VeShg9520
雪歩「……」

真「くそっ(どうすれば……)」

雪歩「真ちゃん」

美希「(雪歩が真くんのほうばっかり向いてるの……やるなら今なの。動いてミキの脚!)」

美希「うぅ……うううりゃっ!!」ズキズキ

バキィッ――カキーン…カラン

雪歩「あぁっ、スコップが!」

美希「うあああああっ!!?」

真「美希! はぁっ!」ダッ

バッキィッ

雪歩「ぐっ……!?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 04:23:43.25 ID:VeShg9520
雪歩「えへへ、真ちゃんに殴られちゃった」

雪歩「殴るにしても顔はひどいよ真ちゃん……ふふふっ」

真「……」

雪歩「……」

真「ふん」

雪歩「真ちゃん……」



真「美希、大丈夫?」

美希「うん……なんとか。真くんのおかげでね?」グスッ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 04:34:43.71 ID:VeShg9520
真「雪歩。もう雪歩とは友達でも仲間でもなんでもない」

雪歩「そっか……でも仕方ないよね」

雪歩「えへへ……真ちゃんに嫌われちゃった」



真「美希、大丈夫? 動ける?」

美希「うん……ありがと。肩を貸してくれると嬉しいかな」

真「うん。お安いご用だよ」

美希「ありがとね、真くん……でもこういうのは女の子に言わせない方がいいって思うな」

真「ごめんね。ってボクだって女の子だよ……」

美希「あはっ☆」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 04:41:59.28 ID:VeShg9520
雪歩「やっぱり美希ちゃんには勝てなかったなぁ」

雪歩「真ちゃんには嫌われちゃったし」

雪歩「美希ちゃんにひどいことしちゃったし……」

雪歩「いまさら謝ったって……誰も……」

雪歩「許してなんて……くれないよね……」

雪歩「……」

コツ……コツ……コツ……

雪歩「あんまりちゃんと見たことなかったけど結構高いなぁこのビル……」

雪歩「……」

雪歩「えへへ……」

雪歩「ごめんね……美希ちゃん、真ちゃん」

雪歩「えへへ……」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 05:02:13.43 ID:VeShg9520
次の日。

P「結局、美希の奴昨日帰ってこなかったし、怒られるのは俺なんだからな!!」

prrrrrr

P「はい765プロダクションPでございます」

P「って美希! お前よくもそうのこのこと――は?」

P「え? 入院ってどういうことだよ。骨折!?」

P「……」

P「わかった。お大事に」ガチャン

P「ということは今日の仕事はキャンセルと……」ピッ

TV「ビィーン――時頃、東京都内の○○ビル付近の路地裏で765プロのアイドルグループ『修羅場トリオ』の萩原雪歩さんが頭を強く――」

P「……」

P「……」

P「……」

P「……え?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 05:18:52.25 ID:VeShg9520
小鳥「という夢を見ちゃったんですよね……それも昨日」

P「うぇえ。なんですかそれ。縁起でもない話しないでくださいよ」

P「それにあいつらの仲は良好も良好大良好ですよ」

小鳥「えぇ、それはわかってますけど……杞憂だといいんだけど」



P「よおし仕事だ仕事だ行くぞ三人ともー」

ガチャッ

真「ちょっと! ちょっと待ってよ二人とも! 喧嘩はやめてストップ!」

雪歩「こうなったら本人に直接」

美希「聞いたらすべて丸く収まるの」

真「うん? で、どうしたのさ」

雪歩「真ちゃんはどっちがいいの!?」
美希「真くんはどっちが好きなの!?」

真「え……えええええ!?」

P「Oh...」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 05:31:02.93 ID:VeShg9520
P「おうどうしたどうした。なんで喧嘩してんだ」

雪歩「真ちゃんがはっきりしないからいけないんです」

美希「ほら、早く白状するのー。ミキのクッキーと」

雪歩「私のクッキー」

雪歩美希「どっちがおいしかった!?」

真「そんなこと言われたってぇ! プロデューサー助けてくださぁい!」

P「なんだ素直に感想を言えば済む話じゃないか」

真「それ二人のクッキーを食べた後でも言えますか、プロデューサー」

P「?」

真「まあなんでもいいんでこれとこれ食べ比べてみてくださいよ」

P「おう……」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 05:43:40.11 ID:VeShg9520
P「ふむ。まあ見た目は普通のクッキーだな」パク

P「味も普通だな」モグモグ

P「……正直違いがわからん」

真「でしょう」

P「まあでも俺はどっちも好きだぞってことで一件落着。ほら早く行かないと遅れるぞー」

真「あ! もうそんな時間だったんだ!」

美希「ああ! ミキなにも準備できてないの!」

雪歩「わ、私も!」

P「ったく! なるべく急げー?」

ウワアアミキノカバンガー モウナニヤッテルンダヨミキー ワアアアアンッゴキブリデスゥ
ワーキャードタバタドンガラガッシャーン



P「もう俺は疲れたあああああ!」




元スレ: 雪歩「私が一番だよ!」美希「美希こそ一番なの!」真「」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355849654/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31535-3cc346ec