ヘッドライン

美希「金輪際口を利きたくないの!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 20:24:02.99 ID:rBVkNii20
美希「もうハニーとは喋らないの!」

P「なんでだよ!」

美希「言わせないでよ!」

美希「ハニーとは話さなくたって言葉が通じるからなの!」

P「美希……」

美希「ハニー……」

ーーーーーー
----
--

P「…………」

美希「…………」

小鳥「な、何があったの……!?」

小鳥「あの二人が口を利かないなんて……!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 20:29:46.14 ID:rBVkNii20
P「……」ジーッ

小鳥「最初は犬猿の仲だったあの二人が……」

美希「……」ジーッ

小鳥「何時の間にか他の皆よりプロデューサーさんに親しくなっていた美希ちゃんが」

P「……」イライラ

小鳥「というか余りに親しくしすぎて社長さんから何回も怒られてたあの二人が……」

美希「……」イライラ

小鳥「お互い見つめあったまま……何も言わないなんて……」

小鳥「こ、これは天変地異の前触れ!?」ガタッ

P「音無さん、静かにしてください……仕事中です」

小鳥「す、すみません!」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 20:37:50.60 ID:rBVkNii20
小鳥(私とは普通に話すのね……)

P「……」ニコニコ

美希「……」ニコニコ

小鳥(喧嘩でもしたのかしら……)

小鳥(きっと心の奥では皮肉でも言ってそうね……)

小鳥(まあ、明日にはなんとかなるでしょう……)

美希「……」ニコニコ

P「……」ニコニコ

小鳥(……やっぱり怖いわよ!)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 20:39:32.90 ID:rBVkNii20
小鳥(しばらく様子を見てましょう……)

美希「♪」ギューッ

P「……!」コツン

美希「……」ジトー

P「……」ナデナデ

美希「……///」

P「ふぅ……」ナデナデ

美希「♪」ギューッ

小鳥(あれ?……いつもの二人……?)

小鳥(もしかして私の耳が聞こえなくなったの!?)

小鳥(ねぇ!私の耳大丈夫よね!?)ガタガタ

美希「小鳥、うるさいの!」ギロッ

小鳥「は、はいっ!」ピタッ

小鳥(だ、大丈夫だった……)

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 20:48:09.31 ID:rBVkNii20
P「……」ツンツン

美希「?」

P「……あれ」ピンッ

美希「!」バシッ

小鳥(ええ!?予定表指差しただけで叩かれた!?普段はそんな事ないのに!)

P「…………!」ヒリヒリ

美希「…………」ナデナデ

P「…………」ペコッ

美希「♪」ニコニコ

P「……」クイッ

美希「……」コクン

P「……音無さん、仕事いきますね」

ガチャッ

小鳥「な、なんだったの……一体……!?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 20:54:30.86 ID:rBVkNii20
小鳥「なんか……どっと疲れたわ……」プシュウウウ……

小鳥「いつも煩いと思ってたあの会話のありがたみを感じてしまったわ……」

ガチャッ

春香「おはようございます!音無さ……ん!?」

小鳥「は、春香ちゃん……!」

春香「な、何があったんですか!?まだ朝なのになんか燃え尽きた後みたいになってますよ!?」

小鳥「信じられないものを……見てしまったの……」ガクッ

小鳥「プロデューサーさんと……美希ちゃんが……ううっ」ガクッ

春香「お、音無さああああんっ!!!」

小鳥「」チーン

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:00:08.78 ID:rBVkNii20
小鳥「……」ゲソー

春香「あ、あの二人に中があったの!?」

小鳥「お互い……口を利かないの……」

春香「う、う、ううう、嘘ですよ!」

春香「好きあらばキスをしようとする美希に……」

春香「スケジュールを美希の為だけに調整するプロデューサーさんが……」

春香「お互い……喋らないなんて……」

小鳥「それだけじゃないわ……プロデューサーさんが話そうとした瞬間……」

小鳥「美希ちゃんが……叩いた……」

春香「ひ、ひぃぃぃっ!」ドンガラガッシャーン

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:05:49.16 ID:rBVkNii20
春香「嫌だなぁ……嘘ですよね?」

春香「暴力のぼの字も知らなそうな二人が……」

小鳥「嘘じゃないわ……その目で見て確かめなさい……」

春香「音無さん……?」

小鳥「私は……早退するわ……」

バンッ

春香「い、行っちゃった……」

春香「な、なんかのドッキリ……?」

ガチャッ

春香「!」

P「……あれ?春香、音無さんは?」

春香「ええと、早退しました」

P「そうか……やけにうるさいと思ったら体調が悪かったのか、悪い事したな……」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:14:32.02 ID:rBVkNii20
春香(い、いつものプロデューサーさんじゃない……何も驚くことは無かったね……)

春香(美希が居たら確かに何かしら話してるだろうけど……)

春香(いまは美希もいな……)


美希「……♪」ギューッ


春香(い……し……)サーッ

P「ん、どうした?顔が青いぞ?」

春香「い、いえ……なんでもないんです……」

春香(み、美希……!?)

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:17:27.14 ID:rBVkNii20
美希「……♪」スリスリ

P「…………」ナデナデ

美希「……///」

P「……」ナデナデ

美希「……」ギューッ

P「……」ジーッ

美希「……」ジーッ


チュッ


P「!」

美希「♪」ベーッ

P「……!」コツン

美希「……!」プンプン

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:18:52.51 ID:Zq1U9LcO0
アカンはるるんが泡吹いて倒れてまう

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:22:43.31 ID:rBVkNii20
P「……」イライラ

美希「……♪」

P「………………」ジーッ

美希「……?」キョトン


チュッ


美希「!?」ビクッ

P「ふっ……」ニヤニヤ

美希「……!」ポカポカ

P「~♪」

美希「……!!」ポカポカ



春香「……」バタッ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:32:03.04 ID:rBVkNii20
------
----
--
「る……かっ……春香!」

春香「はっ!?」

P「春香、一体何があったんだ!?いきなり卒倒したりしてびっくりしたぞ!」

春香「あ……私……」

美希「ミキ達心配したの!」

春香「……よかった……いつもの二人だ……」

P「は?別に俺たちはなんもおかしくはないぞ?」

美希「ミキ達はいつも通りにハニーとお話してるだけだよ?」

春香「そうだよね……うん……変な夢だったんだ……」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:36:10.95 ID:rBVkNii20
P「春香、辛いならレッスン無理しないで休んでいいからな?……さて……」コクン

美希「……!」コクン

美希「……」トテトテ

春香「あれ?急に美希が走って行って……なんだろう……」

P「ん?美希にレトルトのお粥温める様に頼んだんだよ、直ぐにできるから待っててくれ」

春香(え?……夢じゃないの!?)

P「どうした春香、また顔が青いぞ……やっぱり疲れてるんじゃないのか?」

春香「いえ、なんでもないんです……」

美希「春香、お粥作ってきたの!食べて休んで欲しいの!」

P「……」ナデナデ

美希「♪」

春香「」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:45:17.33 ID:rBVkNii20
春香(もう何も考えないでおこう……)モグモグ

P「……」ジーッ

美希「!」ハッ

P「……」ニコニコ

美希「……♪」ボフッ

P「よし……」スタスタ

春香(あれ?美希ちゃんがソファーに座った?)

春香(一体何が始まるの?)

------
----
--

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:52:00.69 ID:rBVkNii20
美希「……春香?」

春香「な、なんでしょうか!」ビクッ

美希「さっきからミキの顔見て、どうしたの?」

春香「い、いや……プロデューサーさんになんでついていかないのかなって……」

美希「ハニーがおにぎり作ってくれてるから待ってるの」

春香「そ、そうなんだ……」

春香(え?あれでわかったの!?)

P「……」スタスタ

春香(プロデューサーさんが戻って来た……あれ?なんかお皿持ってる……あっ!?)

春香(あ、あれは……)



春香(間違いない……おにぎり……!)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 21:59:32.62 ID:rBVkNii20
P「……」コトン

美希「……♪」

P「……」スタッ

美希「……」スタッ

「「……いただきます(なの!)」」

春香(席につくタイミングから……いただきますのタイミングまで一緒……)

春香(……邪魔したくない……もう帰ろう……)

ガチャッ

P「……」ムシャムシャ

美希「……」モグモグ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 22:07:42.33 ID:rBVkNii20
美希「ご馳走様なの……ねえ、ハニー」

P「ん?」

美希「喋らなくても、言葉は通じたでしょ?」

P「まあな……そりゃ四六時中一緒に居たらわかる様になるよ……」

美希「なら大成功なの!ミキとハニーは以心伝心だよ!」

P「そうだな、そりゃあよかったな」

美希「むー……その言い方なんなの!ハニーは嬉しくないの?」

P「……いちいち言わなきゃいけないのか?」

美希「……そうだったの♪」

美希(こういう事は口に出して言えないんだから……)

P(悪かったな……)ナデナデ

美希(やっぱり喋らない方がずっとずっと伝わるの♪)
------
----
--

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 22:13:58.70 ID:rBVkNii20
数日後

春香「おはようございます……って……」

美希「……♪」ギューッ

P「……♪」ナデナデ

美希「……♪」スリスリ

春香「まだ続いてたの?!」

小鳥「それどころか一向に二人とも一言もしゃべらないのよ……」

春香「それどころか……心なしか更にスキンシップが激しくなってるような……」

小鳥「ここ事務所よね……なんだか辺りが桃色に見えるのは私だけかしら……」

春香「音無さん、私もですよ……」

P「……」ナデナデ

美希「……♪」スリスリ


終わりなの、お粗末さまでした

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 22:21:20.85 ID:7/sHPino0
良かった乙

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 22:21:37.47 ID:rBVkNii20
おまけ

P「……」ナデナデ

美希「……あふぅ……♪」

P「……」ナデナデ

美希「……♪……」

P「……」ナデナデ

美希「……zzz……」

P「……」ナデ……

P「……」ニコニコ

美希「……♪……zzz……」




春香「たったこれだけで膝枕が浮かんだ人は桃色空間に飲み込まれてますよ!」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 22:22:45.28 ID:cp2XCODc0
やっべぇ一瞬で膝枕を想像してた

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 22:23:10.93 ID:yrlF2AnfP
膝枕余裕でした

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 22:43:37.62 ID:rBVkNii20
おまけ2:模範回答

P(なあ美希、名残惜しいけど離れてくれないか)ツンツン

美希(あれ?どうしたのハニー?)

P「……あれ」ピンッ

美希(……!喋らないっていったでしょ!)バシッ

小鳥(ええ!?予定表指差しただけで叩かれた!?普段はそんな事ないのに!)

P(あ……いや……美希が忘れてないか心配で)ヒリヒリ

美希(忘れてないの、ちゃんと言わなくてもハニーの言いたい事はわかるよ)ナデナデ

P(もしかして分かってたか?……すまん)ペコッ

美希(いいって事なの、許してあげるの♪)ニコニコ

P(それじゃ、そろそろ行くぞ)クイッ

美希(うん!)コクン

P「……音無さん、仕事いきますね」

※個人差があります



元スレ: 美希「金輪際口を利きたくないの!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355484089/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31515-fb09d6b5