ヘッドライン

タプリス「違います!私は天真先輩をそんな目で見たり…」マルティエル「自分の気持ちに素直になってください」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:14:40.442 ID:K8VmD1pgd.net
天界 タプリスの部屋

タプリス「あぁ、胡桃沢先輩にもらった天真先輩の写真、何度見ても良いですね……」

タプリス「このウェイトレス姿の普段とのギャップとか、着替え中の無防備な感じとか……うへへ」

???「やはり、貴女は私と同類のようですね」

タプリス「!?」ビクッ

タプリス「だっ、誰ですか!私の家には今、私しかいないはずです!」

マルティエル「はじめまして、タプリス様」

タプリス「なっ、なんで私の名前を知ってるんですか!」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:15:14.488 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「貴女は天真=ガヴリール=ホワイトをどう思っていますか?」

タプリス「私の質問に答えてください!警察を呼びますよ!」

マルティエル「呼べるものならご自由にどうぞ」シュン

タプリス「えっ!?消え……ひゃん!?」

マルティエル「私はここですよ?」

タプリス(いつの間に背後に……!?)

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:15:56.927 ID:K8VmD1pgd.net
タプリス(肩に手を置かれているだけなのに全く動けません……!)

マルティエル「ふふっ、小さくて可愛いですね」ナデナデ

タプリス「あ、あぁ……」ゾゾゾ

マルティエル「いい匂いがしますね」クンクン

タプリス(背後から耳元で囁かれて、おかしくなりそうです……!)

マルティエル「おや、怯えているのですか?大丈夫ですよ……私と貴女は同類、仲間なのですから」

タプリス「同類?仲間?意味が分かりません……!」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:16:32.725 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「答えて頂けますか?ガヴリール様をどう思っているのか」

タプリス「……て、天真先輩は、私の先輩で、大好きな先輩、です」

マルティエル「それだけですか?」

タプリス「え、と……駄天してしまって、ちょっと残念で、元に戻って欲しい、です」

マルティエル「なるほどなるほど……さ、続けて?」

タプリス「え?あとは、あとは……」

マルティエル「ガヴリール様をどうしたいのですか?」

タプリス「天真先輩を……?」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:18:34.058 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「ガヴリール様をどうしたい?ガヴリール様にどうされたい?」

タプリス「天真先輩を、私は……」

マルティエル「さぁ、自分の心に正直になって」

タプリス「天真先輩を私は、私は……」

マルティエル「怖がらないで……ほら、もう答えは出ているのでしょう?」

タプリス「私は、天真先輩が……欲しい」

マルティエル「ふふっ、良く言えました」ナデナデ

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:19:40.148 ID:K8VmD1pgd.net
タプリス「……え?あ、いや、違います!私、そんなんじゃありません!」

マルティエル「おや?なにが違うのですか?」

タプリス「天真先輩は私の大好きな先輩です!それだけです!」

マルティエル「……貴女は」

タプリス「もう惑わされませんよ!あなたはきっと悪魔ですね!優しい言葉で私を堕天させる気なんです!」

マルティエル「タプリス様、ここは天界ですよ?悪魔なんていません」

タプリス「……!」

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:20:22.216 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「そしてもし悪魔がいたとすれば、天界に侵入できるほどの大悪魔……貴女では抗えません」

タプリス「……あぁ、あぁ」ガクガク

マルティエル「ふふっ、安心してください?私は貴女の仲間だと言ったではないですか」

タプリス「あ、あぁ、あなたは何なんですか!いきなり私の部屋に来て!」

マルティエル「……私は貴女を導く天使ですよ?」

タプリス「……天使?導く?う、嘘だ……変なこと言って、私を」

マルティエル「『天真先輩が欲しい』」

タプリス「!」ドキッ

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:20:55.661 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「確かに貴女が言いました」

タプリス「そ、それは、あなたに脅されて……!」

マルティエル「私が?いつ脅しました?」

タプリス「……ぐぬぬ」

マルティエル「紅茶でも淹れましょう」

タプリス「……」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:21:39.267 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「さぁ、どうぞ」

タプリス「……変な薬とか」

マルティエル「ゴクリ……美味しいですよ」

タプリス「……ゴクッ……あっ、美味しい」

マルティエル「ふふっ」

タプリス「あっ、えと、悪くないですね!」

マルティエル「ありがとうございます」

タプリス「……」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:22:20.658 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「申し遅れました、私はマルティエル」

タプリス「マルティエルさん……?」

マルティエル「私は貴女を導くために来ました」

タプリス「またそれですか……意味が分かりません!」

マルティエル「具体的には、タプリス様がガヴリール様を手に入れる手助けをしに来た……といった所でしょうか」

タプリス「!?」

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:23:15.943 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「知っていますよ?タプリス様が、ガヴリール様の写真を毎日毎日愛おしそうに眺めているのは」

タプリス「だ、だって!会えないから!せめて写真だけでも!」

マルティエル「少し素直になりましたね?」

タプリス「あっ、だから違います!あくまで先輩として尊敬とか、そういうやつです!」

マルティエル「少しづつで構いません……それで」

タプリス「……それで?」

マルティエル「貴女は満足していますか?」

タプリス「……」

マルティエル「欲求不満ではないですか?」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:24:21.182 ID:K8VmD1pgd.net
タプリス「欲求……!?あ、あなた、マルティエルさん何を言って……!」

マルティエル「身体がうずきはしませんか?」ガバッ

タプリス「!?」

タプリス(ベッドに押し倒されて、動けない……!)

マルティエル「華奢な体躯……しかし、女性的な膨らみもちゃんとある」サワサワ

タプリス「ひゃっ!?や、やめっ……」ゾクゾク

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:25:18.333 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「幼いようで、大事な部分はもう大人の女性なのですね」サワサワ

タプリス「あ、あん、嫌っ……私、分かりません……!」ピクン

マルティエル「ガヴリール様を思って、したことはありませんか?」サワサワ

タプリス「したこと……?」ハァハァ

マルティエル「切なくて、苦しくて……我慢できなくなったこと、ありませんか?」サワサワ

タプリス「……わかんない、わかんないよぉ……」ビクン

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:25:55.490 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「ふふっ、失礼しました」

タプリス「……ふぇ?」ハァハァ

マルティエル「貴女の思い人はガヴリール様、私の思い人は……」

タプリス「……?」

マルティエル「私はもう帰りますね」

タプリス「え、そんな……急に来て、急に帰るなんて」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:26:33.071 ID:K8VmD1pgd.net
マルティエル「私はただ貴女に、自分の気持ちに気づいて欲しかっただけなのです」

タプリス「自分の、気持ち……?」

マルティエル「……あとはタプリス様、貴女次第です」

タプリス「あの、マルティエルさん!」

マルティエル「神足通!」バシュン

タプリス「あっ!……行っちゃった」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:27:05.431 ID:K8VmD1pgd.net
タプリス「……」

タプリス「……天真先輩の写真」

タプリス「……!」ドキッ

タプリス(私は、天真先輩を……)

タプリス(天真先輩が、欲しい?)

タプリス「……」

タプリス「……今度の休み、人間界に行ってみようかな」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:27:56.635 ID:K8VmD1pgd.net
数日後

人間界 ガヴの部屋

ガヴリール「なぁヴィーネ」

ヴィーネ「どうしたの?」

ガヴリール「心当たりがお前しかないんだけどさ」

ヴィーネ「なにかしら?」

ガヴリール「私のパンツ知らない?」

ヴィーネ「……え?」

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:28:20.814 ID:K8VmD1pgd.net
ガヴリール「いや、最近パンツの枚数が減ってる気がしてさ、ヴィーネに洗濯してもらってるし何か知ってるかと」

ヴィーネ「えー、知らないわよー」

ガヴリール「だよなー、ごめんな変なこと聞いて」

ヴィーネ「いいのよ!あはは!」

ヴィーネ「……」

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:28:50.470 ID:K8VmD1pgd.net
ヴィーネの部屋

ヴィーネ「……おかしいわ」

ヴィーネ「ガヴに気づかれないよう細心の注意を払っていたはずよね……?」

ヴィーネ「私以外に、ガヴを狙うやつがいる……?」

???「失礼します」バシュン

ヴィーネ「誰!?」ビクッ

???「貴女も私と同類のようですね……」

おわり

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/27(木) 00:46:43.760 ID:clg25IYld.net
オチ間違えたわ

ガヴにパンツのこと聞かれてヴィーネ「なんで私ドキドキしてるんだろう…?」
からのマルティエル登場で終わり

これなら綺麗だった



元スレ: タプリス「違います!私は天真先輩をそんな目で見たり…」マルティエル「自分の気持ちに素直になってください」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1493219680/

ガヴリールドロップアウト Blu-ray BOX
富田美憂(出演), 大西沙織(出演), 大空直美(出演), 花澤香菜(出演), 太田雅彦(監督)

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31424-709dbe37