ヘッドライン

【モバマス】小梅「いあいあm@ster」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364567369/

1 : ◆3feiQFueVc 2013/03/29(金) 23:29:29.66 ID:RDwiv29AO
小梅ちゃん誕生日おめでとうございました。

コズミック×シンデレラガールズSS


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/29(金) 23:44:23.75 ID:RDwiv29AO
 765プロの……し、四条さんとお話、しました。あの、えっと、宇宙、について……。

「宇宙進出と息巻いて、惑星圏に貼り付き、児戯のように飛び回る人の姿も、かわいいものではありませんか、白坂小梅」
「え、えっと、その、外、外宇宙の存在、冷えきった、温度のない、時間も空間もわからないような……そんなところから、寝息ひとつで地球を吹き飛ばすような……冒涜的、存在、暴力的、冒涜、いいなーって、うふふ」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 00:02:37.68 ID:Ir41JyUAO


「なんだか暑くありませんか? 脱いでもいいですか?」
「ダメだよ。社長が捕まっちゃうからね」

 十時愛梨さん。脱ぎたがりなのか……暑がりなのか、わからないですけど。愛梨さんたちがお仕事を終わらせたあと、まだ息の上がっているところに、のあさんがふらっと歩いていきます。

「あなた……空は飛べる?」
「え……のあさん?」
「空の上は、どんなところなのかしら。雲を見下ろして翔けるのは……随分、凍えそうね」
「うーん、多分、そうなんじゃないでしょうか」
「ねえ、空は飛べる? 空でも、あなたはそうして縛めを嫌うのかしら」
「え、えー? 飛べないと……思うんですけど」
「そう……覚えていないのね……」

 のあさんは、……えっと、そのまま行ってしまいました。思わせ振りなことをいうと、死にやすくなるので、ち、注意……。た、多分、のあさんなら、平気……だけど。

6 : ◆3feiQFueVc 2013/03/30(土) 10:56:57.06 ID:Ir41JyUAO
「空……空……」
「愛梨ちゃん、どうかした?」
「トレーナーさん……。……ごめんなさい、ちょっと、頭が痛くて」

 愛梨さん、は、……頭痛をこらえるようなそぶりを、見せていて。え、えっと、時空のたびびとと、戦ってるって、紗南さんが。
 負けると、ダークアイリに、なるとか、なんとか。

「刻のマロウド……ティンダロスがその身を蝕むか(愛梨さん、大丈夫でしょうか?)」
「……どうかしたか、小梅? 難しい顔して」
「りょ、涼さん、あの、えっと……その……何でも……あ、わ、私、ちょっと、用事……」
「あ、おい」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 11:03:18.79 ID:Ir41JyUAO
 のあさんは、近くのねこ、猫カフェでお仕事のはず……。そう思って探しにいくと、[ミステリアスメイド]高峯のあ+さんが、猫と戯れていました。
 猫カフェって……ネコミミメイドと猫がいるところ、だっけ。

「あら……何か、用かしら」
「な、なんで、愛梨さんにあんなこと……言ったんですか」
「何故かなんて、私が決めることではないわ」
「のあさんが、何を考えているのか、わ、わかりません……」
「……観察よ」
「え?」
「休憩がもう終わるわ。私もあなたも、少し互いを見誤っている……そのうちゆっくり話をしましょう」

 うーん、マズい、マズい。なにが、かは、その、よくわからない、ですけど。……よくない、です。
 映画だと、まだこのあたりでは不安をあおるばかりで、中盤まで誰かが退場することはないはず……。伏線を撒いている間に、なんとかしないと。

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 11:25:28.05 ID:Ir41JyUAO
「凛さん」
「あれ、どうしたの」
「愛梨さんと、お、お仕事、ありましたよね」
「うん。ミニライブと、ちょっとしたインタビュー。記事一段くらいの、ほんとうに小さなものだけど」
「愛梨さん……えっと、体調は……どうでしたか?」
「元気そうだったよ……風邪ひいても脱ぎたがるから、あれは指標にはならないみたいだね」
「……のあさんの言っていたこと、凛さんは」
「ああ、空は飛べるか、だっけ? ……ううん、ごめん、わかんないかな」
「そうですか……」
「そういえば、あの後だね、愛梨が頭が痛いって言い出したの」

「困ったなあ……」
 帰り道に、レンタルビデオショップに寄って、ホラーの棚を物色。エコールと、遊星からの物体X、あとB級のスプラッターを借りて、向かいのコンビニで、プリンゼリーとチョコレートケーキを買います。
 え、えっと、ケーキには眼球グミと、ブラッディストロベリーソース。作り置き、えへへ。
 愛梨さんのことは気になるけれど、本人をあまり、刺激したく、ないし。そうなると夜は、できること、ない、です。
 そのまま、映画を見ながら、ケーキだけ食べて、お風呂に入って、歯を磨いて、寝ました。

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 12:05:00.68 ID:Ir41JyUAO
 翌日は、えっと、心霊スポット、が近くにある峠の、桜公園で、お花見ロケ……。あとで、一緒に、行ってくれるって……楽しみ。

「小梅ちゃん小梅ちゃん、桜の下には……って、あれほんとかにゃ?」
「あ、その、多分夜桜の色香に、し、死人のそれを、見たんじゃないかと……。で、でも、迷信は、長く膾炙すると、力を持つから……例え物理的に、埋まっていなくても、そこに人を惹き付けて、捕らえて、命を咲かせてしまう、桜は、えっと」
「あ、桜餅食べるかにゃ?」
「い、いただきます」
「今日の糧を、主と農家の方と、この素晴らしい桜並木に感謝いたしましょう」
「随分と直観的な信仰にゃ」
「気に入りませんか?」
「好みにゃよー♪」

 頭痛を覚えるということは、のあさんの言葉に、無意識下に何かが喚起されたということ。のあさんは、それを『観察』するつもり?

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 12:48:04.90 ID:Ir41JyUAO
「御馳走様でした」
「みく的にはかまぼこからはありにゃ。具体的にはすり身の加工品から。うろこの見えないやつ」
「じゃ、じゃあ、幽霊ホテル、行きましょう……!」
「そうですね」
「にゃーにゃー☆」

 幽霊はいませんでしたけれど、アクセスの悪さからか、落書きもタバコの吸い殻もBB弾もないホテルはとてもきれいで、適度に崩れかけた内装も、意味ありげに並ぶインテリアも、絨毯を侵食する蔦草も、とてもロマンチック。はしゃいでいるところを、プ、プロデューサーが、撮影していたって、あとで聞かされた。プロダクションのwebサイトに載せていいかと訊かれたので、何枚か、選んで、「これだけなら、い、いいよ」と、許してあげた。幽霊は、い、いないけど、えっと、その。載せると、危なそうなのは、あったから。

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 13:06:07.66 ID:Ir41JyUAO
「ちひろ、さん……」
「はい、どうかしましたか?」
「あ、あの、愛梨さん、体はよくなりましたか」
「うーん、しばらく前から頭痛がするって言っていたのが、続いているらしいわ。近く、お医者さんに掛かってもらうつもりよ。仕事には支障がないっていうから、学業を優先した上で、激しい運動があるようなもの以外を、コンスタントに受けてもらっている状況ね」

 そこまであっさりと教えてくれてから、「どうして?」と。

「さ、さすが、要求の先読み、必要な情報の的確な選別と提供、から、有無を言わさぬ一転攻勢……」
「え、いや、そんな高度なことをやっているわけじゃ……」
「その……少し、気になって……。その頭痛……」
「気になる」
「えっと……空は飛べるか? っていう、質問に、答えてからなんです、それ」
「……関係、あるの?」
「わかりません……でも」
「うーん……わかりました。確かに急な症状で、気にかかっていたし、私も少し、調べてみますね」
「あ、ありがとう……」

 それから、少しパソコンの画面を眺めていたちひろさんは、ここ、と淡い桜色のネイルで指差して、

「来週、一緒の移動にできそうですね。少し調整しておきましょうか」
「お、お願い、します」
「はーい」

14 : ◆3feiQFueVc 2013/03/30(土) 21:59:06.66 ID:Ir41JyUAO
 あれから、三日目。

「煩わしい太陽ね。隻眼に星辰を見るものよ、共に麗しきゲヘナを築こうぞ!(おはようございます。小梅ちゃん、今日はよろしくね)」
「お、おはようございます、蘭子さん。よろしく、お願いします」

 ゴスロリショップの、モデルのお仕事です。さ、さすが、蘭子さんは、真っ白。血管が透けそう……いっつも日傘持ってる、から……?

「アスモダ……んっん、アッシェンプッツェルはいずこぞ(愛梨さん、最近見かけないから……心配です)」
「は、はい、あの、ちひろさんは、す、少し仕事を減らしてるって……多分、だから」
「我が炎を以て、彼の者に巣食う蟲を祓えぬものか(早く、よくなるといいね)」
「……そう、ですね」

15 : ◆3feiQFueVc 2013/03/30(土) 22:06:32.51 ID:Ir41JyUAO
 騒がしい夜でした。夜は、別に、静かな時間じゃなくて。どこに、何が、隠れているかもしれない、闇に動く、ものたちの時間で。
 ひとの時間では、ないの。

 女子寮の前に通りがかったときでした。

「あれ、愛梨……さん」
「小梅、ちゃん……?」

 妙に着崩れた愛梨さんが、くるり、と振り返ります。

「……えっと、さ、さんぽ……?」
「あれ? 私なんで外……わ、あれ、靴はいてない? やぁーん」
「あ、お、送っていきます」
「ごめんね、どうしちゃったんだろ……」

 手をつないで、女子寮ロビーまで徒歩四十秒。ちょうど眠そうに目をこすりながら、仁菜ちゃんがぽひぽひとやってきたので、寮長を呼んでもらいます。

「もぉー、仁菜はモウレツに眠いのでごぜーますよ。牛が……牛の……あー……志乃おねーさんで、やがりますね……。どうせ早苗おねーさんは酔って寝てやがるですよ」
「あ、愛梨さん、えっと、一回シャワーとか、浴びたほうが、いい、かも。少し、夜の空気を流してから、眠ったほうが」
「うーん……?」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:13:21.45 ID:Ir41JyUAO
「そう……それで、ふらふらしているところに、貴女が偶然出くわしたのね」
「は、はい、うん、そう」

 志乃さんはとろんとした流し目で、私に、「今日は、寮に泊まりなさい」といいました。「家に連絡しましょう。もう夜も深いわ」

「はぁ、はい」
「愛梨ちゃんは……頭痛は?」
「はい、少しだけ」
「何も、覚えていないの?」
「はい……」
「明日は休んで、病院に行きなさい。ちひろちゃんには今夜のうちにメールを入れておくから。いい? よし。じゃあ、解散ね」

 それから、より一層ぐてっとして、グラスを掲げます。

「楓、かえでー。かえろうー。おなかすいたわ」
「おそばに、おそば……ふふ」
「ねえ、私も少し、着崩してみようかしら」
「……やらしーの?」

 うわあ。

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:35:43.42 ID:Ir41JyUAO


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:39:07.41 ID:Ir41JyUAO
 彼女が帰り道で見つけたそれは、全体にぬめりを帯びたような紫色の光沢を持つ、キチン質のように見えた。

「キノコーノコノコー」

 土から生え、生気を失い日陰で萎びるそれから声を感じた彼女は、それを菌類であると断定。大事に抱える植木鉢に、軽く周囲の土ごと掘り返して乗せ、急ぎ家路につく。

「キノコはトモダチ……フ、フヒヒ……」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 22:46:43.36 ID:Ir41JyUAO


 夢遊病とか、睡眠障害は、見つかりませんでした。慢性的な頭痛についても、脳波、CTスキャン、共に異常はなく、頓服として弱い睡眠導入剤が処方され、精神的な要因についても考慮するようにやんわりと伝えられたそうです。

「昨日ー、愛梨さんを見かけたんですよぉ。愛梨さんも、サンタクロース……じゃないですよねー、知ってますぅ。ふらふら飛んでて、声、かけたんですけどねぇ」

 あの、その、なんていうか、不穏なことを、イヴさんが。

『飛んでて』?

 プロデューサーのフィアットの後部座席で、隣に座る愛梨さんを見上げます。まだ頭が痛むのか、時折眉を顰めながらも、顔色はいいようでした。

「愛梨、さん。えと」
「あたし最近、空を飛ぶ夢を見るんだよね」
「……はい」
「空の上って、とっても寒くて、体じゅうに、きらきらって、氷の粒がつくの」
「…………」

 止められない、な、と、思いました。もうほとんど、気づいています。それが、ただの夢じゃないこと。

「……凛ちゃんに会いたいなあ」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:00:12.09 ID:Ir41JyUAO
 その日から、愛梨さんは姿を消しました。

 ちひろさんたちがメールと手紙と電話をあちこちに飛ばしていて、本人不在のまま活動休止の旨が会見で告げられ、警察に秘密裏に捜索願が出され。

 私は、貴音さんと、お茶をしています。
 回転寿司で。

「最近の回転寿司は、深海魚を使っていないそうですね。少し残念でもあります。あの面妖な姿から紡ぎだされる味わいを、私は知らないのですから」
「はあ」
「して、白坂小梅。今日は如何なさいましたか」
 と、ねぎとろをぱくり。
「よくない、えっと、人間にとって、ですけど……、よくないものが……刺激されています」
「……ほう」
 最近端末を使った注文の仕方を覚えたのだと、ほこらしげに味噌汁を追加。
「空に歩むものは、人を攫います……けれど、交通事故にあ、あうよりはずっと少ない、です。危ないのは、えっと、その、そういうもの、が近くにあると、えっと、空気が、そういうもの、に、親和して」
「ええ、それは始まりに過ぎないのでしょうね。『あいであろーる』は、進行度とともに、成功率を上げますから。……して、貴女はそれを、どうしたいのですか?」
 炙りサーモンとえびアボカドと鰯と茶碗蒸しだったものたちを、わきによせます。
 私は、何のかわからない、えんがわを、飲み込んで。
「そういうの、好き、です」
「…………」
「でも、……でも、事務所のみんな、も、好き、だから」
「思うように為しなさい。話し相手くらいには、なれましょう」
「はい」

「えー、スシ食べたの? ナターリアもスシ、食べたい!」
「え、えっと、うん」
「行こうヨ」
「え、えぇーっ」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:28:31.20 ID:Ir41JyUAO
 凛さんに、メールをしました。
 愛梨さんが、会いたがっていたこと。

「のあさん」
「……随分と力の強い瞳ね。人ならざる……想像のほかを見るようだわ」
「……会いたいひとが、います」
「それは、あなたが会いたいのではないわね。筋が通っていないのじゃないかしら」
「え、えっと、その。挑発、してもいいですか」
 のあさんは少し眉をあげました。
「随分と今日は、わかりやすい話し方を、してますね。ってあの子が」
「…………」

 いきなり、ケータイが震えました。「どうぞ」とのあさんが言うので、見てみると、少し離れた高台にある、公園の地図が添付したメールが、のあさんから。

「……え、すごい」
「目に見えるものなんて、物事のわずか一面に過ぎないわ。例えそれがどんなに恐ろしくてもね」

 お辞儀をしてから、事務所を飛び出します。

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/30(土) 23:39:23.87 ID:Ir41JyUAO
「小梅ちゃん」
「はい」
「愛梨に会えるって、どういうことなの」
「……姑獲鳥って妖怪、し、知ってますか、あの、他にも、キキーモラとか、えと、取り替え子……チェンジリングス、とか」
「姑獲鳥に攫われた子供は、姑獲鳥になる」
「は、はい。そう、世界中に、そういう繁殖を選んだ怪異の伝承が、残ってます。……愛梨さんから、何か、聞きませんでしたか。夢を見る、とか」
「……随分前に、空を飛ぶ夢を見るって。のあさんが言っていたのって……まさかとは思ったけど」
「そ、それ、それです。それが、愛梨さんの、深いところにある……根幹……種の記憶。えと、直接それを揺さぶったのは、あの、のあさんですけど、えっと、きっと……あの」
「……何。お願い、言って」
「はい。え、えっと、愛梨さんは……人間じゃありません」
「で、でも、言ったんです。きっと最後に、きっと最初から、凛さんに会いたいって」
「……連れていって」

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:00:32.16 ID:pVGF6t5AO
 タクシーで、公園まで、高く、何か翼を持つものがいくつも、うすぼんやりと青い光を放つ夕暮れ過ぎの夜空に、環を描いて飛んでいるのが見えました。

「ここは……」
「……?」
「ここはね、愛梨さんとユニットを組むことになって、最初の仕事……写真集の、表紙を撮影したところ」

 凛さんは足を速めて、すたすたと、やがて小走りに、小さな鐘楼の建つ丘の上へ。

「愛梨」

 背を向けて立つその姿に、凛さんは呼び掛けます。けれど、それは人影というには、あまりに異様で。
 肌は青みがかったレジンに覆われたように光の加減によって色合いを変え、羚羊を思わせるすらりと伸びた脚には関節が逆向きについていて異常に長く、身長が20センチほど伸びたように見えました。
 屋根の上、鐘楼に手を触れて立つ背中から、蜉蝣を思わせる透き通った美しい羽根が二対、葉脈のように走る筋の中を、月明かりを散らして蛍光する薄青い液体が流れるのまで見えます。

 愛梨さんは振り向いて、一度大きく身をかがめ、羽根を左右に広げると、重さなどないように、ふわりと舞い上がり、凛さんの前に降り立ちました。
 左右の瞳のその外側に、ルビー色の単眼が現れていて、もともとの目は白目が黒く透き通り、縦に割れた虹彩は銀色でした。
 口を開くと、その奥に、鋭い牙が並んだ顎がもう一つあるのが妙にはっきり見えて、がちがち、と、勝手にかみ合わせているようです。少し話しづらそうにしていました。

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:04:11.88 ID:pVGF6t5AO
「凛……なんで」
「……こっちの台詞」
「そうだね、そうだよね……ごめんね」
「どうしちゃったの」
「どうかしてたんだよ」
「意味、わかんない」
「あたし、人間じゃなかったの、人間じゃなくなったの、それを思い出したの」
「意味わかんないよ……愛梨」

 膝をついて、凛さんは俯いてしまう。愛梨さんは、その前にしゃがみ込んで、手を、伸ばしかねて。

「ごめん、ごめんね、凛」

「きれいだよ、愛梨」

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/31(日) 00:05:02.96 ID:pVGF6t5AO
第一話 了

32 : ◆3feiQFueVc 2013/04/03(水) 21:28:18.75 ID:JjS9baYAO

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 21:40:46.15 ID:JjS9baYAO
 彼女は紫色の暫定キノコを家に連れ帰ると、その声に従い親身になって世話をした。湿度を整え、土を酸性に保ち、甲虫の殻を砕いて混ぜた。ビニールの仕切りをくぐり、キノコの栽培室に用意された予備のスペースに腐葉土を敷き詰め、好気性細菌の株を植えて環境を整え、植え替えて日夜語りかけた。
 その甲斐あってか、暫定キノコはほどなく瑞々しく膨らみ、キチンにハリが戻り、いくつも瘤が生まれ、さながら蝉の蛹が直立したような姿に成長していった。

「な、なんか、あたしのファンが『エイボンの末裔』自称してるんですけど……なんですか……いぢめですか……ま、魔術とか、むー↑りぃー↓……なんですケド……」
「いいじゃん、それならだらっとしたパフォーマンスできて……杏、なんでニートアイドルって売りなのにあんな踊らなきゃなんないのかとか思うよね。思うよね」
「え、エイボンとか、知らないですけど、魔術師も、平穏なら、いい感じですけど……」
「むー、乃々ちゃんも杏ちゃんもお疲れ? はぴはぴ☆すぅ?」
「む、むぅ→りぃ↑」
「はいはい、はぴはぴはぴはぴ……」
「うきゃー……」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 21:54:10.46 ID:JjS9baYAO
 十時愛梨失踪の真相は、凛と小梅しか知らない。のあや貴音たちも、何も言わなかった。凛はソロで活動を再開し、成績も好調だった。しかし、実家から事務所に、数日に一度、夜遊びに出掛けているようだと相談があったらしい。

「り、凛さん」
「ねえ、あの時、私はもう、愛梨から夢のこと、聞いてたんだよ」
「え、えっと、その……」

 視線をあちこちさまよわせた小梅は、凛の自責の念を掃うため、あるいはより残酷な事実を告げることにした。

「あのとき、頭痛がしていたということは、……も、もう、心の奥底が、揺れているから。一度、浮かび始めた、あらざるモノを、止めるのは、難しい、と……思う……」
「……そっか。ありがと、私は大丈夫だから」
「あの……ときどき、帰りが遅いって」
「ふふ、心配してくれるの? 優しいね……」

 そう言って、でもへいき、と頭を撫でてくるのに、びくっと首を竦めた小梅は、「飛んでるだけだよ」という、凛の言葉を聞き逃した。

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:13:09.65 ID:JjS9baYAO
「あらぁ、輝子ちゃん、今日はもう、帰るの?」
「あ、ま、まゆ……フヒヒ、空気の私の動向に気付くとは……あ、はい、えっと、キノコの世話……デス。ハイ」
「そう……。ううん、いいの。お疲れ様、気をつけて帰ってね」
「あ、はい、お疲れ様です……フフ」

 その夜、星輝子は夢を見る。彼女が夢だと思っているそれは、現実と変わりない重みを持って、彼女の目の前に鎮座していた。
 巨大な蝿のような頭。その頭部の大部分を占める、大きな二つの複眼は何かの卵を思わせ、粒のひとつひとつが黒くてらてらと輝き、その下、口吻を覆い隠すように伸びる触手とも髭ともつかない茂みの向こうに、金属の筒のようなものがちらりとのぞいている。
 三メートルはあろうかという巨躯を、昆虫じみて不気味に細い外骨格の脚を折り曲げてしゃがみ、ギチギチと音を立て胴を曲げ、見上げる輝子に視線を合わせ、それは口元の機械を緑色に光らせた。

『謝。私の子を、助けた』
「え……あ、フ、フヒ、あの、キノコ……」
『是。我々はその生命に近しい構造をとる』
「お、お母様? フヒヒ……初めまして……ゴートゥヘール……」
『是。否。その言語に含まれる、生殖法はとらない』
「キノコ、キノコはトモダチ……フヒヒ、礼には及ばない、ぜ」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:22:49.44 ID:JjS9baYAO
「……ナナはー、どうにもいやな予感がしますねー」
「ピンチか!? ピンチはチャンス! 正義の少女がピンチのとき……空より白き騎手が舞い降りる!」
「そう……弩級の……ラスボスみたいな」
「そうか……それは大変だな。アタシももっと頑張らないと!」
「ナナも、少しウサミン星で調べものがしたいです」

「お姉ちゃーん、これ見てこれー」
「……莉嘉、なんか顔赤くない?」
「え、そう?」
「ちょっとこっち来な。……やっぱり、熱っぽいよ。大丈夫?」
「うん、元気ー☆」
「今日は先に帰って、早く寝たほうがいいよ」
「えーやだ、お姉ちゃんと帰るー」
「莉嘉」
「うー……わかった……」
「よし、いい子」

 輝子が身を屈めて事務所に入ってきたのを、ナターリアがめざとく見つけて駆け寄る。

「オハヨ、ショーコ」
「ハッ!? あ、は、はい、おはようございます……」
「くまだネ。寝不足?」

 と、がおー、両手をかかげて襲い掛かる熊のポーズ。

「い、いえ、ちゃんと寝た……フヒヒ、キノコとお話する、夢……フヒヒフハハハハ……キ、キノコ、フアハハハハァーッ!」
「そうナンダ」
「あ、はい」
「フーン……」
「……?」

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:36:57.56 ID:JjS9baYAO
 のあに誘われて、小梅はカフェにやってきていた。自然光を多く取り込むデザインのシックな装いの店は不慣れで、借りてきた猫のようにきょろきょろと見回す、そのたびに両手を添えたアイスモカの氷がからころと涼しげな音を立てる。

「そんな怖い目を、しないでほしいわ……と言っても、無理な相談なのでしょうけれど」
「え、そ、そんな……睨んでたつもりは」
「ゆっくり話をしよう、と、言ったわね」
「あ、はい。よろしくお願いします」
「『恐ろしいもの』が浮かび上がろうとしているわ。人の及びもつかない、筆舌に尽くしがたい世界から。私たちはそれを見ている」
「わ、わざと、愛梨さんを揺り動かしたのは……」
「それをどうとらえるかは、貴女次第よ、白坂小梅。十時愛梨を人でなくしたこと、恨むというなら好きになさい」
「……え、と」
「……」

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:50:29.41 ID:JjS9baYAO
「保留、です。愛梨さんはばけものになりはてたわ、わけじゃないから、無条件に、そうはできないし……でも、凛さんは、泣いていたから」
「そう」
「で、でも、近くに『ある』というのは、えっと、危ない、気が」
「そうね……見続けるというのは、触れ続けるというのは、そのものについて知り続けることにつながるわ。その知識を足かけに、その恐怖を通り道に、精神を蝕み、脳髄を通り抜け、眼球を食い破り、やがてもっと大きなものが表出することになる」
「あんまり、えっと、リアルでスプラッターは、大変そうだし……見たくない、です、うん」
「かつて、人が栄える前、この星には実に多様な生命が横溢していたわ」
「え、えっと」
「今では見る影もないけれど……それでも、人など、造作もなく打ち払われる埃に過ぎない……足掻くにせよ、諦めて吹き散らされ、果てるにせよ……そうであるということは、知っておきなさい」

 そこまで言うと、ティーカップを摘み上げ、ふう、と軽く吹いた。

「あ、のあさん、い、今」
「……何かしら」
「笑った……?」
「何か、食べたら」
「う、うん、じゃあ、スコーン……」

 小梅がカウンターに向かって、焼き上がったばかりのスコーンを持ってとてとてと戻ったときには、のあの双眸は平生の通り、怜悧で鋭い眼光を湛えていた。

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 22:57:08.08 ID:JjS9baYAO
「かーなしーみーのうーらがーわにはなにがあーるーのー……なみださえーこーりつく」
「菜々さん」
「あっ、はーい」
「休暇申請、特に問題ありません。このくらいの期間なら、先録りで対応できますし、仕事に穴があくこともないでしょう」
「ありがとうございます♪」
「里帰り、でしたよね。ウサミン星まで?」
「はい、ちょっと調べたいことがあって」
「ナナおねーさんは、宇宙旅行しやがるのですね」
「はいー。ウサミン鉄道は、特別なハチミツキャンディを食べて、笛を吹くと迎えに来てくれるんですよ」
「おお、さすが銀河鉄道は登場までファンタジーでごぜーます」
「登場も、搭乗もファンタジィ……ファンタジィ……だめね、思い付かない」
「ちなみにメロディは→A↓→A↓です」
「菜々さん、それは……」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/03(水) 23:00:14.23 ID:JjS9baYAO
 輝子の世話と、夜毎に夢の中で(と輝子は認識している)受ける親からの助言もあって、暫定キノコはますます伸び盛り、未就学児童の平均身長ほどに成長した。親曰く、もうすぐ自律歩行できるだろうとのこと。暫定キノコはそれを楽しみに待っているようであり、輝子もわくわくしていた。

「わっけわかんねー、なんだこのキノコ……フヒヒ」

50 : ◆3feiQFueVc 2013/04/08(月) 16:50:19.78 ID:tKedjRa8o

 莉嘉が風邪をひいたと休み始めて数日が過ぎた。
 小梅は落ち着かない様子で、何か空中につぶやいている。

「輝子ちゃん」
「……は、はい、ホシショーコ……フフ」
「ねぇ、やっぱり顔色悪いですよぉ……。少しやつれて見えますし、キノコのお世話も大切ですけど、それでもし倒れたりしたら……」
「だ、大丈夫……今日明日で、キノコが、羽化するから……キ、キノコも、私の体調、気にしてくれる……フヒヒ、まゆも……いいね、いいよ」
「羽化? ……そう、よくなるなら、いいんだけど」
「あ、ま、まゆ、まゆも、トモダチ……えっと、キノコ、見る……?」
「え……いいの?」
「うん、ないしょだって、キノコは……で、でも、まゆは、フフ、トモダチ、だから……いいよ、え? あ、うん、いいって、キノコも」
「そう……それじゃあ、お邪魔しますね。あ、でも、夜更かししちゃ、ダメですからね……?」
「うん、うん、すぐ、終わる……から」

51 : ◆3feiQFueVc 2013/04/08(月) 16:53:10.26 ID:tKedjRa8o


52 : ◆3feiQFueVc 2013/04/08(月) 16:53:57.81 ID:tKedjRa8o

「お、おはようございます……」
「はい、わかりました。それじゃあ、失礼します。美嘉ちゃんも体には気を付けてね……」
「……え、えっと、莉嘉ちゃんが、……?」
「うん、風邪みたいって。幸い急ぎの仕事はないけど、代役を頼むこともあるかもしれないから、そのつもりでいてね」
「は、はい」

 風邪。そういえば、この前早退したって。…………。大丈夫? ……風邪じゃない? そう……。

「まったく、この私をかわりに使おうだなんて。いいえ、気に入りませんわ。勿論、全力です。次は初めから、この櫻井桃華を指名させて

みせましょう」

 風邪じゃないって。……え、えっと、じゃあ……なに?

 あ、わ、私も、代役……。でも、莉嘉ちゃんとは、えっと、ニーズが違うっていうか。そんな気がします。後で聞いたところによると、

代役は桃華ちゃんで、私と、巴さんは、売り込みだったんだとか。ああ……どうりで。

「ウチはこがーなきらきらしたもんは……よう好かん……。じゃかし、可愛いとか抜かしなや」

 どうりで、浮いてました。うふふ……。

53 : ◆3feiQFueVc 2013/04/08(月) 18:06:34.47 ID:tKedjRa8o

 翌日のことでした。

「小梅ちゃん、ちょっと……」

 難しい表情の、凛さんに手招きをされます。会議室の鍵をかけ、顔を寄せて曰く、

「愛梨が、不吉な夢を感じたって」
「えっ……え、それって」
「うん……、愛梨と、私と、似たような……」
「ど、どこに……ですか?」
「美嘉の家」
「莉嘉さん……」
「うん、多分。もしかしたら、美嘉も」
「そんな」
「そうじゃなかったとしても、どっちにしても同じだよ。ねえ小梅ちゃん。私はもう、少しなら一人で飛べるようになっちゃってるんだ」

 ほら、と顎を開いて見せると、口の奥、鮮やかに赤く、つややかな粘膜が喉へと落ち込むその前に、ぐるりと一周、取り巻くような小さな盛り上がりがありました。

「牙が生えてくるんだ。もうすぐ眼も、肌も、どんどん人間じゃなくなっていく」
「……っ」

54 : ◆3feiQFueVc 2013/04/08(月) 18:07:48.98 ID:tKedjRa8o

 凛さんは、いーっと口の端を引っ張るのをやめて、微笑みます。薄く、儚く、どこを見ているともつかない眼で。

「私は、これでよかったんだよ。あのまま放っておいたら、愛梨は、どこかに飛んで行ってしまっただろうから」
「で、でも……」
「だから、小梅ちゃんが気に病むことは、何もない」
「……」
「助けよう。莉嘉ちゃんも、美嘉も」
「でも、でも……私がそうしたせいで、もっとおそろしいものが這い出るようなことに、な、なったら」
「……でも、そんな理由で、小梅ちゃんは仲間を見捨てられるの?」
「…………」
「……明日も病欠したら、その夜に、美嘉に会いに行くよ。空から」

55 : ◆3feiQFueVc 2013/04/08(月) 18:57:37.25 ID:tKedjRa8o

 それは、自分の姿を晒して、美嘉さんに対処を迫ると、言っているのでした。
 翌日、美嘉さんから、莉嘉ちゃんの病欠と、その看病をすると連絡が入って、凛さんは、わ、私をじっと見つめてから、仕事に行ってしまいます。

「……だって、だって、こ、怖い……です。私が何かすれば、莉嘉さんはた、助かっても……凛さんみたいに……ううん、も、もっと……」

 助けて……誰か……助けてよ。

「恐らくは城ヶ崎莉嘉も、そう思っていることでしょうね」

 電話の向こうで、ぞっとするほど、平坦に、四条さんは、そう言いました。

「だ、だって、だけど」

 歯、歯が、がちがちと音を立てます。

「選びなさい、白坂小梅。貴女にはその力があり、貴女はそれを自覚してしまった。それ以上の逃げは、決して良い結果を招かないでしょう」

57 : ◆3feiQFueVc 2013/04/13(土) 15:27:45.42 ID:bhkO2/2Po

「……はいはーい、美嘉だよー★」
「あ、あの、白坂……こ、小梅、です」
「うーん、うん、まあ、そっか、ケータイだしわかるよね」
「はい、あ、そうですね……」
「ごめんね、莉嘉まだ熱が下がらなくって」
「は、はい、あの、そのことで」
「うん? なに?」
「え、えっと……あ、そう、その、お見舞いに」
「ダメ」
「え」
「あ、違うのごめんね、ほら伝染ったりしたらまずいから、ね★」
「……あの、美嘉さん」
「大丈夫大丈夫、すぐに良くなるよ、待っててあげて」
「美嘉さん、もしかして何か」
「ごめん、えーと、タオル替えなきゃ。またね」
「あっ、待って……ああ」

 切れ……ちゃった。
 夜、凛さんが会いに行くかもしれません、と、メールをしておきます。
 きっと夜の姿は……もっと……だ、だろう、から。

58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 15:28:38.03 ID:bhkO2/2Po



「これは……なんですかぁ?」
「フヒヒ……キ、キノコ、おっきいでしょ……」
「いや、そう言う問題じゃ……う、動いてますよぉ……」
「そう、そう、さ、さすがまゆ……もうすぐ、羽化、する……フヒ」

 濃淡合わせた各種の紫。直立して生える蝉の蛹に寄生した菌糸が、いくつも瘤を吹き出したようなおぞましい姿。それが内臓を思わせるぬめりを帯びて、白熱灯のぼんやりとした光に照り返される。
 まゆはその『茸』に嫌悪を覚え、近づくことができない。
 そんなまゆをよそに、輝子は愛しげに屹立する茸に手を伸ばす。濡れたような輝きを放つその表面は、見た目に反してざらりと擦れる音を立てた。

「か、乾いてる……フフ、もうすぐだよ、」

 その声に応えるようにみちみちと、裂けて、咲けて。

「あ、あぁ……」
「見て、まゆ、こんなに……フ、フフフ……」

 輝子の前に、吐瀉物のように横たわる、羽化した茸。がちゃがちゃ、と、音がすれば、木造の薄暗い栽培室のそこかしこから、巨大な蠅が直立したような不気味な生き物が、天井に頭を擦れさせ、猫背でぞろぞろと現れては、外骨格のぶつかり合う音を立てながら輝子を取り囲む。

「輝子、ちゃん……!」
「ダイジョウブ、フヒ、みんな、トモダチ……だから。こ、これから、お祝い、デス。ダゼ。ま、まゆさんも……いっしょに、行こう?」
「い、いや……やめて、ぇ」

59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 15:29:06.29 ID:bhkO2/2Po

 今やひときわ大きな生き物の脚の生え際に寄りかかり、抱きかかえられるようになった輝子の前に、その生物から銀色の筒が差し出される。

「こ、怖く、ないよ。キノコに悪いやつは、いない……。お礼に、う、宇宙に、連れて行ってくれるって……」

 周囲からキチン質の尖った手が無数に伸ばされ、冒涜的なほどに絡み合い、輝子の姿を覆い隠していく。
 生々しい音(まるで耳孔から脳髄を引き出すような、あるいは頭蓋を切り開くような)がわずかに其処に混じるに至り、まゆは絹を裂く悲鳴を上げて足をもつれさせながら駆け出した。

「ダメ、やめて、やめてっ!」

 手近な蠅頭に取り付いて引きはがそうとするが、非力な少女の腕ではその巨躯はびくともしない。
 ぐるりと半回転近く首を回してそれが振り返り、口元を緑色に光らせながら近づいてきて――

62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 20:18:15.59 ID:bhkO2/2Po



「お、風邪ね。おっかねーぜ」
「三点ね」
「はい……今のは、微妙でした。びみょーん」
「え?」
「何でもありません」

 さ、早苗さんと、楓さん……楽しそう。
 …………。来る? そう……、き、来てくれた……よかった。

「おはよー……★」
「み、美嘉、さん」
「小梅ちゃん……ちょっと、いいかな」
「あ、は、はい」

 ちひろさんに声をかけてから、会議室を借ります。鍵は、……かけないままで。

63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 20:19:08.68 ID:bhkO2/2Po

「……昨日、凛がきたよ」
「はい」
「愛梨さんと……うん、愛梨さんのことも聞いた」
「……はい」
「……私のところに、何かが来てるって」
「はい。そ、え、えっと……心あたり、とか」
「莉嘉がさ」
「あ……」
「莉嘉がね……最初はただの風邪だと思ったの……熱もそんなに高くないし。でも全然下がらなくて……」

 そこまで言って、莉嘉さんは口ごもります。

「……夢を、見るの」

 ――嗚呼。

64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 20:19:35.82 ID:bhkO2/2Po


「莉嘉が、……黒い、タールの海に、溶けて……沈んで……」

 美嘉さんは、嗚咽を漏らして口元を抑える。

「……」
「ねえ、凛が愛梨さんを捕まえたんでしょ。……愛梨さんは小梅ちゃんが助けたんだよね? 莉嘉は……。……一体、何が、どうなって……」
「え、あ……助け、られ……て、なんて」

 誰も、助けられてなんて。

「莉嘉は……どうなっちゃうのかな」
「わ、わかりません……。え、えっと、でも……夢を見るのが、美嘉さんなら……えっと、……慌てて飛び起きたり、しないほうが、いいです。えっと……夢から、連れてこないように……道を広げないように」
「……」

 眼を、瞳孔が、開いて。

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/13(土) 20:20:02.37 ID:bhkO2/2Po

「あ、あの……美嘉さん?」
「……え、なに?」
「なにか、……思い当たることとか」
「……ううん」
「そう……ですか……」

 聞いたら、助けられる?
 美嘉さんはきっと話したくない。
 話したくないのは……怖いから? 恐怖を感じれば、それだけ……こちら側に浸み出してくる。
 それを、私が聞いて……。

 ……でも……。

67 : ◆3feiQFueVc 2013/04/14(日) 14:12:32.29 ID:OkLEWl8oo
第2話 了

68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 15:01:13.49 ID:OkLEWl8oo

『選びなさい、白坂小梅』
『そんな理由で、仲間を見捨てられるの?』

69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 15:01:39.60 ID:OkLEWl8oo



70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 15:02:08.86 ID:OkLEWl8oo

 小高い立地の、廃ホテルに少女は居た。端正な顔立ちに、艶やかな褐色の肌。不自然に傷みの少ない建屋の中を進む。
 赤い、毛足の長い絨毯の敷き詰められたロビィには、脚の細い華奢な椅子がまばらに点在している。
 彼女はある一点まで歩を進め、周囲を見回す。無秩序に見えた什器は、そこから見ると五回対称の幾何学図形を描くようにも見えた。

「……やれやれだヨ」
「あら……ナターリアさん? どうして、ここに?」
「ウン、クラリスにあいにきたノ」

 クラリスはほどいていた金色の髪をなびかせて、椅子に眼を遣る。手描きのように歪んだ五芒星のマークは、素知らぬ風に澄ましていた。

「……」

71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 15:57:05.21 ID:OkLEWl8oo



「美嘉さん」
「……うん」
「その海について、教えてください」
「言った……通りだよ。黒くて、何も映らない、真っ暗な……コールタールの海」
「目は?」
「ないよ」
「手は」
「細い何か、触手みたいなのは伸びていたけれど」
「……」
「それから……匂いが……して、莉嘉は……そこに、溶けて、黒く、影に混ざるみたいに……」
「……」
「手が伸びて……抱きしめるように……スナック菓子でもつまむように無造作に」
「……あ」

 美嘉さんの足元の影が、渦を巻いて。

72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 15:57:31.07 ID:OkLEWl8oo

「溶けるんだよ、食べられて……消えて、溶けて、飲み込まれて……手が、海が……」
「美嘉さん。す、姿を、教えて……」
「……姿?」
「はい。莉嘉ちゃんを……連れて行く、海の」
「姿……そう、そうだね……あれは……」

 影がにじみ始めて。

73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/14(日) 15:58:00.02 ID:OkLEWl8oo

「あれは……あたしの顔だ」

 ぞぶん、と。

 落ちた。

74 : ◆3feiQFueVc 2013/04/15(月) 21:49:49.06 ID:z3S/dL19o

「美嘉、さん! い、行っちゃだめ……!」

 やっぱり……聞くべきじゃなかった。手を掴んで――
 ずる、
 掴んだ手はそのまま、手首から先がどろりと異臭を放つ黒い粘性の液体に変わって切れて。

「助けっ……助けて、莉」
「あっ、あ……!」

 ……消え、ちゃった。影も、海も。

75 : ◆3feiQFueVc 2013/04/15(月) 21:50:54.63 ID:z3S/dL19o

「ちょっと……何事? っ……硫黄臭!? 楓ちゃん窓開けて!」

 手が、持っていた、はっきりと形を残していた手が、どろりと感覚を失い、

「あっ、つ……?」

 じゅぅ、と……。見ると、どろりとへばりついた黒い液体が、袖に焼け焦げを残して……煙を上げていました。

「バカ! 早く……ああもう、切るよっ!」

 事務鋏で服の袖が切り取られて。そこで我に返ります。

「美嘉さんが……」
「ねえ、何があったの? 美嘉ちゃんは?」
「あ……だめ、美嘉さん、美嘉さんが」
「……美嘉ちゃんが?」
「っ、溶けちゃう……!」
「……ただ事じゃなさそうね。ちひろちゃん、警察を……あっ、ちょっと!」

 最後まで聞かず、駆け出します。

76 : ◆3feiQFueVc 2013/04/15(月) 21:52:09.48 ID:z3S/dL19o

「……」

 楓さんが、一緒にドアを出て来ていました。

「あの」
「タクシー、来たし……帰宅し?」
「あの!」
「右目が……痛むんです」
「あ……」
「美嘉ちゃんが来てから……ね?」
「……ごめんなさい」

 玄関の前に、言うとおりタクシーが止まっていて。

「あたしも行くよ」
「で、でも」
「行く。出して」
「……」

 ドアが閉まり、いぶかしげにしていた運転手さんは無言のまま、車は走りだしました。

77 : ◆3feiQFueVc 2013/04/15(月) 21:54:06.04 ID:z3S/dL19o

 気ばかりが急いて。夢の中のようにタクシーは遅くて。美嘉さんの家は、真昼だというのにどこか陰気で、人気もなく。

「……開いてるわね」

 早苗さんが先に立って、私は、楓さんと手をつないで。
 明かりはついていません。カーテンも……鎧戸も締め切られて、とても暗い。

 土足で家に踏み込みます。締め切られていたせいか、空気がどこか淀んで、かすかに、硫黄の匂い。
 ねばりつくような影が全面に降りて、どこからが光でどこからが影か……わからなくなります。
 玄関からまっすぐ伸びる廊下に、階段が面したごく普通の一戸建て。二階を見上げると、闇が蟠り、冷たい風が吹き下ろしてきました。

「……?」

 早苗さんが一段登り、不思議そうに足元を検めます。にち、と湿った音がして、黒い液体が糸を引きました。目を凝らすと、まるで、滲み出るように、湧き出すように、とどまることなく、それが流れているのが……わかります。
 いくつか扉が並んでいる二階はますます暗く、耳を凝らすとじくじくと傷口を擦り合わせるようなかすかな音にまぎれて、声が……音になる寸前の、抑揚のない声が、聞こえる気がしました。
 一段登るごとに、気配が、なにかの気配が濃く、重く、立ち込めて。

78 : ◆3feiQFueVc 2013/04/15(月) 21:56:25.25 ID:z3S/dL19o

 ひときわ暗く。目を凝らして、ようやく前に立つ人影がおぼろげに見える。扉には、ネームプレートがかかっているのがその身振りからわかりました。

「莉嘉ちゃん? いるの?」
「あっ、だめ……」

 扉に、ぐちゅ、生臭い音が、隙間の開いたそれは、癌細胞の増殖を、ファージの放出を思わせる速度で自ら内側へと勢いよく開き。どば、と流れ出す黒いヘドロの奔流は、肉の焼ける臭いと混ざり、喉の裂けるような早苗さんの悲鳴と同時に、私の体はぐるりと空に舞い、楓さんに抱きかかえられていることがわかるころには、床にわずかにへばりついて残るばかり。

「っぐ……!」
「あ、あっ、美……早なっ……」

 誰に声をかければいいのか。途中で考えるのをやめて、部屋に恐る恐る、踏み込みました。
 シールでかざられたチェスト。小さな椅子と、部屋の中央にまるいカーペット。背の低いベッドに、凭れる人影と……横たわる、人影のようなもの。
 黒く生々しく溶け合った二つの影は、ところどころ、残酷なまでにはっきりと健康的な肌の色を、形を残していて。吐き気を催すほどに艶めかしく。

83 : ◆3feiQFueVc 2013/04/18(木) 19:50:21.38 ID:5VuytywNo

「莉嘉……帰ろう……行かないで、行かないで、行かないで…………莉嘉……」

 膝をついた早苗さんは、そのまま手を出すこともせず床に倒れこみました。楓さんが……珍しく眉を顰め、右目を押えています。

 ……私が、どうこうできる、ことなの……?

「み、美嘉……さん」

 咢を開けば舌が墜ち、瞬けば眼球が毀れ、振り仰げば顔は鼻梁から上下にずれた。
 そして黒い粘液を滴らせ、そのどれも、何事もない風に元通りになる。

「……よかった」

 まだ……声は届く。

「……莉嘉……」

 地の底から、響くような。そんな声。目の前の美嘉さんが口を動かして出るのは、ごぽごぽという硫黄の匂いをまき散らす音だけ。その声は、部屋から響いているようでした。

 ベッドの上に眼を遣れば……髪の生えたヘドロに、指や、めだまや、内臓が、人という形を悪意を持って模倣したできそこないのオブジェのように配置された……『もの』が、闇に慣れた視界には、安らかに、呼吸を稚拙に真似るような、そんな動きをするのさえ、見えていました。

84 : ◆3feiQFueVc 2013/04/23(火) 09:53:28.12 ID:xZ3SM6wWo
関係ないけどPは女性です

85 : ◆3feiQFueVc 2013/04/24(水) 22:29:33.47 ID:eRaIIYIXo

 ずぶ、と、沈みます。
 ベッドの上のそれと比べれば、まだ人の形を残した美嘉さんの体に黒ずみが広がり、やがてそれはてらりとぬめり、溶けて、飛沫を飛ばし、周囲に焼け焦げを残しては、わずかに合一を進めるのでした。
 目を背けたくなる醜悪。心が吸い込まれるような耽美。背徳と禁忌とが、焦げたカラメルソースのようにからみつく。

「美嘉さん、聞いて……それは、莉嘉ちゃん、じゃ、なくて……その向こうの……」
「…………」

 ず、

「触れたら、だ、だめです……混ざっちゃう……は、離れて……ください」

 ず、

 引き上げようと差し出した袖が腐って落ち、すぐに楓さんに抑えられます。
 楓さんのきれいな碧色をした右目は暗い部屋に光るほど爛々と、充血しきった白目が痛々しく、顔色は蒼白で。
 凍るように血の気の引いた手はじっとりと、汗ばんでいました。

「……」
「楓、さん」

 ごぼごぼっ!!
 その瞳からありえない音がして、私を抑えていた手がびくんと痙攣して離れます。

「っぁあ゛ぁぁ!」

 ……破傷風患者のようにはじけ、痙攣して倒れ伏し。

「来る……だめ、来ないで!」

 がたっ、と、窓が震えると。それは一拍おいて激しく叩くけたたましい音になり。
 そこから、銀と紅の、瞳が覗いた。

86 : ◆3feiQFueVc 2013/04/24(水) 22:42:40.93 ID:eRaIIYIXo

「小梅ちゃん、……生きてる?」

 がちがちと、歯の根が合わない牙の音を立てて、月の光を思わせる仄青い肌。
 しなやかな手足は、人に似て、人の形を破壊するような方向にばかりよく動いた。

「り、凛、さん……みんな……が」
「ちょっと……なにそれ」
「美、美嘉さんの」
「そっちじゃないよ! 楓さん!」
「……え」

 振り返ると。どこかで見たような。既視感。
 緑色の。藻色の透き通るイソギンチャクじみた触手がところてんをまき散らしたようにあふれかえっていて、渦を巻き、のたうち。
 やがて動きが少し静かになると、睨みつけるように一斉に美嘉さんのほうへ向いて。

「やば……小梅ちゃんこっち」
「あ、早苗さん……」

 凛さんは舌打ちをして、「愛梨!」と。

 体の奥底の熱を。
 生きている、ものの。大切な熱を、根こそぎに凍りつかせるような一陣の風が吹いて。
 早苗さんの姿は掻き消えていました。

「早く!」

 私が手を伸ばすと、同時にびゅるびゅると奇怪な音が耳孔から頭蓋にまで満ち。嗄れた声で背を反らせ絶叫する楓さんの眼に、ベッドの上の黒いかたまりが逆再生のように入り込んでいくのが、ぐるりと重力の裏返る一瞬、確かに見えていました。

87 : ◆3feiQFueVc 2013/04/24(水) 22:47:53.64 ID:eRaIIYIXo

 それから、私の家の前まで凛さんは飛んで行って。

「早苗さんは事務所に送るよ。楓さんたちも……今夜は私たちが見てる」
「……わ、わたし……何にも、できなく、て」
「……あたりまえだよ」
「……ぁ」
「あんなもの、一人でどうにかできるわけ、ない。……大丈夫。小梅ちゃんは、誰も死なせてない……私も、愛梨も、美嘉も、助けたよ」
「…………」
「今日はもう、寝な」
「はい……」

88 : ◆3feiQFueVc 2013/04/24(水) 22:48:27.66 ID:eRaIIYIXo
第三話 了

90 : ◆3feiQFueVc 2013/04/25(木) 22:37:27.89 ID:W5N++MX+o

 4

91 : ◆3feiQFueVc 2013/04/25(木) 22:40:26.47 ID:W5N++MX+o

 な、なんか、警察が来てて。
 ……早苗さんとちひろさんが、お話、してるみたいです、……けど。
 美、美嘉さんと、楓さんは……病院に、いるらしくて。
 漏れ聞いたところによれば、そ、そんなところ……ですけど。

「平穏……欲しいんですけど」
「ほんとにねえ」
「うう……帰りたいんですけど……」
「そうだよねえ」

 ……杏さんも、警察が来て足止めです。ずっとゲームしてるけど、一応、てきとーに返事してくれて……その、ちょっと安心、します。

「はいはい寄って切ります……」

92 : ◆3feiQFueVc 2013/04/30(火) 10:33:40.07 ID:09PWitTuo

「……どこにも行けないすべての場所の隣、そこを通って、もと居たところに仔は帰った」
「……わかんないですって、いうか……」
「一度形質を変化させたものが、再び戻ることはない。よく考えることね」
「あの……」
「本来、あれはひとを見てなどいないわ……釣り針に引っかかった海藻のように、ふいと浮かび上がっただけ……それだけ」

 会議室……警察と引きこもってる部屋のほうを見ながら、でも、のあさんは私に話しかけていて……全然わかんないんですけど。なんか不穏って、いうか。

「そ、そういう不安をあおるようなこと、……い、いぢめですか」
「ある意味ではそうともいえるかもしれないわね」
「え、ええー」

93 : ◆3feiQFueVc 2013/04/30(火) 10:34:51.82 ID:09PWitTuo

 け、結局、今日の仕事は延期になって。途中で帰されてしまったので。い、いちお、学校に行って。すぐ……終わりましたけど。
 郵便受けに、小包が入っていて、宛名は、あ、あたしに。森久保乃々様。……ひっくりかえしても、差出人の名前はなくて。
 開いてみると、それは……
「本?」
 革張りの、古めかしい本……。蘭子ちゃんとか、好きそうな。読めない文字で、箔押しされていて。
 もとの動物の形を残しているのか、少し歪んだ装丁は、ブキミ、です。

「なにこれ……」

94 : ◆3feiQFueVc 2013/04/30(火) 10:42:08.74 ID:09PWitTuo



「……不定の狂気に対抗しろだと?」
「そうよ。凛ちゃんたちの話だと、これからもっと大きなものが現れるかもしれないってことだしね」
「まったく……科学を何だと思っているんだ。神話生物に抗しようなんて……」
「できないの?」
「安い挑発には乗らないよ。……ふん、まあ、凛に愛梨、美嘉、莉嘉……。そんな姿を見せられたんだ、気には留めておこう。
 ……私も、あいにく破滅願望は持ち合わせてないんだ」
「さんきゅー晶葉ちゃん。よろしくねー」
「官僚に限らず……お上はいつもそうだ。現場のエンジニアに丸投げしてよこす……」

 ぶつぶつ言いながら、晶葉は以前片手間に作り上げたごてごてしいデバイスを取り出し、マイクを引き出すと耳にあてがった。

「……ああ、気が向いたらでいいんだが、近いうち、ラボに顔を出したまえ。君に見せたいものがあるんだ……ヒーロー」

95 : ◆3feiQFueVc 2013/04/30(火) 11:05:10.08 ID:09PWitTuo



「……あんまり、そういうのには触らないでほしかったかなあ」
「ご、ごめんなさぃ」
「ううん、ちゃんと言っておかなかった私の責任だわ。今その本は、家に?」
「は、はい、私の部屋です……」
「乃々ちゃん、結構人気あるのよ。……行き過ぎたファンの……えっと、そう、エイボンの末裔、だったわね。魔術師の名前……乃々ちゃん、知ってる?」
「し、知りません……はい」
「多分、その人に関係するものか、そのイミテーションでしょうね……。わかりました、ちょっと調べてみましょう。それ、預かりたいから、今日は私が送っていきますね」
「あ、はい、お願い……しマス」

 仕事先から、直接、ちひろさんの運転するフェアレディで、家まで届けられて。
 ジュンク堂の袋に入れて、本を渡しました。

「はい、確かに」

97 : ◆3feiQFueVc 2013/05/01(水) 22:05:36.74 ID:1M2v0482o

 その夜。
 明かりを完全に消すと、寝られないんです。真っ暗だと、妙に……眠気が醒めてしまって。
 でも今日は、星が明るくて、明かりを全部消して、カーテンを開いてみました。

「……」

 がさっ、と音がして、振り向きます。
 紺碧の空から降る深海のような光に、部屋はまるで知らないところのようで。
 隅にまで届かないそれは、影を、なにかの潜む影を、じわりとひろげるようで。

 気のせい……?

99 : ◆3feiQFueVc 2013/05/07(火) 21:40:00.82 ID:xR1zxCfDo



「ヒーローの定義?」
「ああ。聞かせてくれ」
「えっと……強くて、いや、弱くてもいいんだけど……正義で。悪でもいいんだけど」
「めちゃくちゃな境界条件だな。全集合じゃないか」
「ああ、いや、うーん、夢を……そう、ヒーローは夢を守るんだ。強くても弱くても、正義でも悪でもさ」
「そうか」
「なんで、そんなこと訊くんだ?」
「いや」

100 : ◆3feiQFueVc 2013/05/07(火) 21:40:27.82 ID:xR1zxCfDo



「乃々ちゃん……あの、変なこと聞くけど……昨日、私ちゃんと本貰ったわよね?」
「え……あの、多分、はい……渡しました、けど」
「そうよね……ありがとう、何でもないの……」
「はあ」

 ……え、なんなんですか、いぢめですか。そういうの、よくないと思うんですけど。

101 : ◆3feiQFueVc 2013/05/09(木) 16:57:53.64 ID:EKXmQuhno

 ……
 ――……。
 ぴちゃん。ぴちゃん。と。
 水の滴る音がする。

 雨……?

 体が……重い。視線を動かすのさえ、億劫なほど。

 ぴちゃん。ぴちゃん。

 どうにか瞼を開いて、ベッドの上から部屋に眼を遣る。真横に傾いた世界。
 ……音は、部屋の向こう端……本棚の方から聞こえているようだった。
 本棚。その言葉に、何か、心がざわつく。

 錆びついたように痛む腕をついて身を起こし、ようよう眼を開けて――

 床一面に、星を映した水がひたひたと満ちていた。

「っひ、ぁ……!」

102 : ◆3feiQFueVc 2013/05/09(木) 16:59:10.62 ID:EKXmQuhno

 天井に飾られた、星のモビール。それが揺れる水面に幾重にも反射して、ゆらゆらと。
 幻想的でさえある光景。カーテンの合わせ目の向こうは暗く、何色もしていない。部屋の外には、何もない風に。

 ぴちゃん、ぴちゃん、音は続く。

 ごく、と、嚥下の音がむやみに大きく聞こえた。

 足を下ろす。水につま先が触れる。びく、と体が震えるけれど、変わったようすはない、ただの水……。
 凍るほど冷たいわけでも、人肌のように暖かなわけでもなく。せせらぎを思わせる、どちらかと言えば清涼な。

 さぱさぱ、と掻き分けて進む。パジャマの裾が水を吸って重い。足の裏に触れる、ラグマットの感触がどこか嘘っぽく感じる。

 ぴちゃん、ぴちゃん。

 こんなに、私の部屋は、広かっただろうか……。本棚の前に立つ。

 ぴちゃ、……しぃ、ん。

 不意に、音が、已む。

 少女漫画、レッスンのDVD、詩集……砂金、ヘッセ、コクトー……に並んで、不釣合いな、本革の装丁。
 赤黒く濁った……艶めくぬめりを帯びた色合い。読めない題名。

「なん、で……」

 手を伸ばして、そこで躊躇う。
 こんなところに、この本を、並べてなどいないのに。

 いや、違う。
 そうではない。
 それよりも、何か、あってはならないような何か……。


103 : ◆3feiQFueVc 2013/05/09(木) 17:00:15.22 ID:EKXmQuhno

 床一面に、水が満ちていた?

 ……ああ、ダメ。頭がぼうっとする。思考が鈍磨する。熱に浮かされたような。
 ふらふらと私の手は伸びて、ずしり、あるいは、ぐちゃり、そんな湿った音と手応えとともに、本は私の手に。

 歪んだ、皺のある装丁。……まるで、顔のようにも見えた。苦悶の、慙愧の、怨嗟の声を上げる、知恵のあるいきものの顔に……。

 息が、荒くなる。早く、浅く、はっ、はっ、はっ、

 震える指が、留めなければ、なぜこんなものが、やめて、開きたくない、瞳が縫い付けられたように離れない、ああ。

 ぴたりと止まった指。震える。じっとりと全身が汗ばんでいる。

 はら、と、頁が捲れて。

 一拍。

 途端にどうと溢れ出す水に、ぞゎと身が竦み私は何か叫びながら目を覚ました。

「ぁぁあ……?」

 パジャマに汗が浸みて気持ちが悪い。
 心臓の音が耳元で響く。横になったまま、部屋の床を見る。いつもの通り……何も変わったようすはなかった。

「……夢……」

 目を閉じて、深く息を吐く。ふぅ……。

104 : ◆3feiQFueVc 2013/05/09(木) 17:00:48.39 ID:EKXmQuhno


 と、耳元で、
 ぴちゃん。


106 : ◆3feiQFueVc 2013/05/13(月) 10:59:38.55 ID:xEfsyz7ko

「……あ、あの」
「はい」
「あの、これ……あの、えっと、なんていうか、ブキミ、って、いうか……怖い、みたいな……ですけど……その」
「あ……本。乃々ちゃんの家に? そう……忘れて行っちゃったんでしょうか。……差出人がわからないと、やっぱりそうですよね」
「あ、えっと、その、違……」
「うーん」

 ちひろさんは小声で、ストーカーとか、これ以上のことになるようなら、警察に提出するかもしれないから、捨てられない、って。

「……えっと」
「……どうか、した?」
「あ、その……なんでも、ないです」

「きっと……勘違い、です」

107 : ◆3feiQFueVc 2013/05/13(月) 11:05:23.63 ID:xEfsyz7ko

 ――ピッ
『ウサミン星活動報告書 安部菜々のblog』

 最後通牒。
 無貌の者よ。我は見返す深淵にして此を討つものである。

 肺腑を侵す金属の霧 遠く翳る恒星の火より
 偉大なる司書の名に於いて告ぐ。

 我が師 我が身 我が名を見よ。畏れよ
 喪われた瞳は未だその焔を絶やす事無く
 闇に融けながら
 人の頂より

 見ている

108 : ◆3feiQFueVc 2013/05/13(月) 11:06:35.00 ID:xEfsyz7ko

 ――ピッ
『765プロ 公式サイト』

 当プロダクション所属アイドル、四条貴音より最新メッセージが届きました。

 宣言。
 私は 一人 二人 と 数えれない
 一箇所 二箇所 とのみ 数えれる。

(そう、思いたい)

 人よ。
 繋がりたければ――私を見るな

109 : ◆3feiQFueVc 2013/05/13(月) 11:15:18.49 ID:xEfsyz7ko

 ……帰りたい、と、思ってたんですけど。
 帰りたいって、つまり、平穏が欲しい、って、そういう意味で。
 平和が欲しいって、そういう意味だと、帰りたくない、って、今は、そう言わなきゃ、ダメっていうか。
 その。
 む、むぅ↓りぃ→……。

 部屋の扉の前に立ち、ノブに手をかける。
 ずっ、と。無音の咆哮が、肌を押す。
 扉の向こうに、大きな質量が、静かに佇んで、ゆるやかな対流をしているような。
 そう、部屋の中に、水が、机もラグも本棚も、小さなラップトップPCも全部、蒼く沈めているような。
 そんな、重みを持った圧力が。

「…………」

 息を、飲んで、身構えて、一気に扉を開くと。
 さぁ、と、水があっけなく、全部流れ出すような。そんな幻覚。

 そして、机の上に、当然のような顔をして。
 革張りの。古びた本が。

110 : ◆3feiQFueVc 2013/05/13(月) 21:08:37.87 ID:xEfsyz7ko

 …………ありえない事象に対して。まず考えるべきは、人智を越えたものどものことではなくて。

「また、警察……勘弁してもらいたいんですけど」
「部屋にまで、となると、そういうわけにもね」
「……」

 人……? ストーカー……。そんな、そんな気は、しなかった。
 そんな、ねばりつくような。人間の気配では、なかったから。
 もっと無関心で。清冽で……。

 人見知りは、人に敏感なんです。

 でも、それじゃあ何? って言われると……わからないのですけれど。

 本は……証拠物品として、提出されてしまいました。
 しばらく、寮に住まわせてもらうことになって。当座の荷物を運びこんだり、被害届やらの手続きをしたり、で……疲れていたのか、気が付いたら、眠っていて――

 ――幽かに聞こえる啜り泣きに、目を覚ました。

112 : ◆3feiQFueVc 2013/05/16(木) 00:04:02.28 ID:r1zA57npo
「……っく、ひ、うええ...ん」

 とぎれとぎれの、小さな声。
 聞き覚えのある声。

 玄関ホール、ちょっとした談話スペースになっているところ、ソファにちょんと腰か

けて、膝を曲げ、丸めた背中も痛ましく、小さく、小さく、ぐしぐしと溢れる涙を懸命

に拭う、まゆさんがいました。
 悪目立ちするまゆさんを、遠巻きに、空のグラスを手持無沙汰に取り回して志乃さん

が。その後ろに控えるように、楓さんが。
 両の脇に、蘭子ちゃんと、輝子ちゃんが、おろおろと、手を、差し出したり、ひっこ

めたり、して。

「ひぅ、っ、ぁっあ、えぇぇ……」

 子供のように。
 蓋しく、誰ぞ想う人でもあるものか。
 しゃくりあげる中に、繰り返し、呼ぶ声。

 請うて曰く、「輝子、ちゃん……」と。

「……あ、あの、ハイ、ホシショーコ……」
「甘き鎖持て、唄綴る姫よ……(あ、あの、えっと、その)」

 頬を、ソファを、しとどに濡らして。瞼を赤くして。薄く開くぷるんとした唇は、艶

めかしく、震える都度にきらめき、嗚咽に混ぜて、輝子ちゃんを何度も呼んだ。

113 : ◆3feiQFueVc 2013/05/16(木) 00:04:36.90 ID:r1zA57npo
 ……ソファを?

 見れば、ソファはぬれねずみでも眠るように濡れていて。その下には、水を吸い、ぐ

しゃぐしゃになった、BPNのショルダーバッグ。
 ……雨なんて、降ってないのに。
 私が見ていることに気付いたかのように、じわり、水たまりを広げる。

「…………」

 苛、としました。
 それは、嘲笑うような。
 明確な、悪意に満ちた。
 そして悪夢じみた。
 挑発だったから。

 泣き濡つ足元に転がる、鞄に触れて。ぐちり、と、恭しくも、傷口を広げる手つきで。

「ミミズクの花嫁……其は……」

 咎める声は、中に溜まっていたと言い切るには些か不自然な量の水が毀れ出すに至り

、怯えて息とともに飲まれて消える。

 ひたひた。みずぶくれの肉のように張りつめた、ふくらみを帯びた水面へ、手を突っ

込んで……それは、すぐに指に触れた。取り出す、最早、見慣れた、革の装丁。

 胸糞悪い。奥歯が鳴った。
 睨みつける視野の奥、鞄の中に未だ湛えられた水の表面に、ゆらゆらと、蛍光灯の灯

りを受ける、私の顔が――にやりと笑み、手の上でばたんと暴れた本があぎとを開く。
 號とした。あるいは寂とした。耳鳴りにも似たそれは、水の音。水の音。耳孔を満た

す。目眩に包まれ、視界がくるりとまわり。

 目の前に私がいた。

115 : ◆3feiQFueVc 2013/05/18(土) 17:48:40.19 ID:A7LB1uhXo

「……え」

 その私は、きょどきょど、としてみせると、底意地悪く笑う。

「……むーりぃー」
「……あの」
「あ、どうも、えっと、神です」
「は、はい、あの、アイドル……ですけど」

 そして神は、ミミズクを思わせる角を振り立てて。

「私、結構お買い得だと、思うんです、けど……そんなに嫌わなくても、いいと思うん

ですけど」
「あの、……えっと、間に合ってますから」

 かたかたかた、と、乾いた音を立てて、神様は笑う。洞窟の中……そんな風に音が響

く。
 目が慣れてくると、あたりの岩陰からこちらを窺う、黒い影がそこかしこに見える気

がした。
 ぴちゃぁ、ぁ……ん……と、水滴の音が長く。


116 : ◆3feiQFueVc 2013/05/18(土) 17:50:34.01 ID:A7LB1uhXo

「お気に召さない? 随分多くの人が、私に会うのに命さえ賭すのに」
「まゆさんに、何か、しましたか」
「お引越しされたんですね。そうすると、どこかに道を通さないといけないので。道路工事の途中で、彼女の記憶が整理されちゃったのではないかと」
「……なんで私……困るんですけど……」
「うーん? 本にそういうのは尋ねていただかないと。私はここにいただけですので」
「本に?」
「そう、本に。今やっているのと同じように」
「むーりぃー」
「あはは、そう。ではあなたに本を渡した人間は、私の贄になりますね」
「はい?」
「えーと、そう、『呪い返し』。そういうものです。どちらかと言えば本の餌、通行料、そんなものですが。私は別に、おなかも減っていませんし。いまは」
「贄って」
「ですから、エサです」
「……」
「あなたが私の知識を得て、それを人界に施すのなら、魔は地に満ち、わざわざ人ひとり食らうような非効率も必要なくなるのですけど」
「……間に合ってますから」
「あ、いいね、そういうの。いいよ、気に入った。ばいばい、むーりぃー」
「あのそれ、あいさつとかじゃ」

「ないんですけど……あれ」

 本から目を上げると、小梅ちゃんが、むずがゆいような、表情で、こっちを見ていて。
「え、なに、なんですか……」
「……あ、うん、えっと……乃々さんが、その、本を見ながらぶつぶつ言ってて」
「あー」
「ホラーみたいでいいなって……」
「あー」
「……何か、えと、ありましたか」
「……何も?」
「そ、そう……なら、よかった。でも多分、その本、本物だから……何もなかったなら、うーん……」
「要りますか?」
「え……いいの……?」
「わ、私が欲しいのは、平穏なので……そういうの、あんまり、平穏ぽくないって、いうか、なので」
「えと、その、うんと、あり、がとう……?」
「べつに、いいですけど」

117 : ◆3feiQFueVc 2013/05/18(土) 17:53:43.88 ID:A7LB1uhXo
第四話 了

119 : ◆3feiQFueVc 2013/05/28(火) 17:53:58.97 ID:sWVz0iouo




「いいか、これを行使するというのは、武力による示威行動に他ならない。適切に運用すれば、一個旅団くらいなら無力化できるからな。それが人に仇成すものを討つためであっても、過ぎた力は忌避の対象でしかない。……今なら、一アイドルのままでもいいんだぞ」
「……アタシはさ、守れるなら、守りたいよ。大好きなみんなのために、自分のできることをやる、それって、アイドルでも、ヒーローでも、同じことじゃないか」


120 : ◆3feiQFueVc 2013/05/28(火) 17:56:59.17 ID:sWVz0iouo

「どうもー! アベナナ、イラクの地下から戻って参りましたー」
「菜々さん、お帰りなさい。あの、止めるなっていうから公開のままですけど、ブログひどいことになってますよ……位置情報もバグってますし」
「あー、まあ、大丈夫じゃないでしょうか。位置情報? ……ああ、ナナはウサミン星人なので、それですね」
「ほどほどにしてくださいね……」
「あまり顔色がよろしくないですね。ナナの留守中、何か、変わったことでもありましたか?」
「……」
「ちひろさん?」
「愛梨さんに続いて、凛ちゃんが行方不明になりました。それから……しばらく前から、クラリスさんにも連絡が取れません。乃々ちゃんのストーカー騒ぎは、家にまで侵入してきていたのに、ぱったりと止んでしまったのが逆に不気味で……」
「……いろいろありましたねえ」
「……私なりに、調べてみたんですけれど、……どれも荒唐無稽なオカルト話に行きついてしまって」
「……行きついちゃいましたか」
「はい。空を飛ぶ、湿り気を帯びた本、腐敗した黒い泉、星のマークを掲げた教会……もう、頭がおかしくなりそう……!」
「……ちひろさん。よくできましたをあげます」
「え……?」

 菜々は、ちひろの頭に手を置き、ふわ、と微笑んだ。事務椅子に掛けるちひろと、その脇に立つ菜々の視線の高さはほぼ同じ。
 矮躯に、相貌に、自信を湛えて、まるで母が子にそうするように、菜々は笑んでちひろを諭す。

「よくできました。奇怪に、怪異に、異形に、形容叶わぬ狂気に、アイドルみんなのために力を尽くしてくれて……ありがとう」

 そうして頬に指を当て、

「ウサミンが帰ってきたからには、もう大丈夫ですよ」

 続けて言うには、

「無敵に回るライヴをお目にかけましょう」

121 : ◆3feiQFueVc 2013/05/28(火) 17:58:32.31 ID:sWVz0iouo
「あ、あの……こ、これ」
「本……ですか」
「そ、そう、本……危ない本」
「どちらのぶっくおふで?」
「え?」
「このような書物の所有権というのは、案外人の世の趨勢に従うものです。そこにまぎれぬことには、魔を行使しようにも成り立ちませんからね……。嫌なら売り飛ばすのが最善……そのようにしたのでしょう?」
「え、え……?」
「おや、違うのですか。では……譲渡された」
「あの、四条さん……な、何を」
「おかしいですね……そのいずれでなければ、貴女の元には無いはずのものですが」
「……あ、も、貰った、これ……」
「ああ、やはり」

 四条貴音は艶然と笑み、得心の声を上げて釦を押下した。ぴんぽーん、と間の抜けた音。すぐさま現れたウェイトレスに、「この頁のすいーつを、全部一つずつ」と告げる。

「…………あ、あなたが……?」
「違います」

 即座に否定。
 ほっ、と唇を緩めた小梅を見据えて、更に続けて撃ち込むことには、

「私はただ、彼女のふぁんくらぶの者に、彼の教えを、求道の志を示しただけのこと」
「……っ」

 知っている、その言い回しを、その役どころを、白坂小梅は知っている。

「あなたは、か、貌のないあなたは、人の、て、敵……っ」

 にやぁ、と、笑う。

「それは過大評価ですよ……」

 一顧傾城の美貌を歪めて、四条貴音は高らかに。

「何しろ私は、誰一人として手にかけていない……皆転がり落ちてしまう。それは、とてもとても悲しいことです」

122 : ◆3feiQFueVc 2013/05/28(火) 18:10:25.84 ID:sWVz0iouo


「我が故郷を思わせる、深き漆黒……(きれいな色……)」

 手にした黒い宝石を覗き込む、蘭子の瞳に、石が映りこんで揺れる。

「蘭子さ……それ、どうしたの」
「ベルフェゴールか……フ、太陽の舞姫よりの貢物よ(あ、杏さん。ナターリアちゃんがくれたんです)」
「……ふーん。なんかさ……いや……いいけどね」

 歪な多面体。稜に沿い、コランダムのような赤い光輝が走る。傷に滲む血にも似たそれは、不思議そうな蘭子の手の内に、ひとつきらめいた。

「海が……呼んでいるわ。さあ、出かけましょう」
「うむ。Siren*セイレーン*よ、いざ覇道を拓こうぞ(はい、瀬名さん、頑張りましょう!)」

 大事そうに石を仕舞い込んで出かけるのを、だらりと見送った杏が、呟く。

「……なーんか、やな感じ」

123 : ◆3feiQFueVc 2013/05/28(火) 18:28:41.83 ID:sWVz0iouo

ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん
ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん

いあ! いあ! いあ! いあ!

124 : ◆3feiQFueVc 2013/05/29(水) 23:11:15.71 ID:JyOxJ3zFo

「抑止力」

 一人掛けのソファにすっぽりと身をおさめて、早苗が言う。

「警察機関、財閥、マフィア。そのいずれもが、集団に対する抑止力として機能する」

 櫻井桃華はその肘掛に腰を下ろし、反対の脇には、憮然と腕を組む村上巴。

「それは、九割九分九厘までが人の集団。カルト然り、革○然り、デイトレーダ然り、

チンピラ然り。
 その九分九厘が如何に愚かな群衆であっても、その実行理由に不足はなく。
 例えその一厘が如何な化け物であろうと、その執行事由に補足は無いわ」

「その三権力が同一の対象に対して行使されるのは、些かオーバーキルのきらいがある

のでは?」
「そりゃ人間相手ならね。でも今回は違うわ。人間相手でないなら、それは単に、それ

ぞれの自由において発動される抑止力の対象が、ただ重複しただけのことよ」
「カクマルの相手は公安じゃろが」
「ああ、そうかもね」
「……ウチはマフィアやない」
「失礼したわ。自由業ね」

 早苗が「よっ」と腕を突っ張って身を起こすのを、二人が補助して車椅子へと移す。
 屈辱に唇を噛みしめた。

「駆逐してやるわ、異形め」

125 : ◆3feiQFueVc 2013/06/03(月) 16:34:39.41 ID:8JF6oLRMo

「っ、か……!」

 ごぶり、と体の中から音がした。

 眼窩から、鼻道を通って何かが降りてくる。袖に隠した小さな手で口を押え、背中を丸めて激しく咽た。
 右の眼窩を、何かが這いずる気色の悪い感覚が口腔にまで至り、舌根を刺激してえずき返る。貴音は白玉餡蜜を口に運びながら、薄く笑い、何も言わない。

 びちゃ、と飛び出して来たものに、嫌悪から口を押えた。

 羊膜にも似た粘液にまみれてテーブルに広がるのは、蛸の脚が生えた眼球だった。

「……え、あ……?」

 震える指で、目元を探る。

 っず、

 触れてはいけないはずのところに指が触れて、慌てて手をひっこめる。
 心臓が、ばくばくと。

「な……なに、これ」
「眼です」

 眼は目の場所にあるのが、いちばんよく見えるのですよ、と抹茶パフェの器を端へ。

「ず、ずっと、見ていたんですね……」
「ええ」

 領収書を取って、貴音は席を立つ。立ち去り際に、髪をなびかせて曰く、

「貴女とのひとときは、とても愉しいものでしたよ、白坂小梅」

 小梅は髪に隠れた右目(のあったところ)を押さえたまま、黙り込んで、ラストオーダーの時間になって、ウェイタに遠慮がちに声を掛けられるまでそうしていた。

128 : ◆3feiQFueVc 2013/06/08(土) 22:40:21.42 ID:t7ENivNRo

 瀬名詩織は妙にはしゃいでいた。
 楽しげというのとは何かが決定的にずれた、そんなふうに。
 撮影も終盤、急に翳りだした空に天気待ちの休憩が入り、詩織に連れられて蘭子は波止場にやってきていた。

「サイレン*Siren*、時を止めるか……(不穏な……)」
「いい天気ね、蘭子ちゃん?」
「ふん……光球に畏れを為す緞帳など、我が前には無用(でも、晴れないと撮影できないですし)」
「本当にいい天気……海の底のよう」
「……?」

 水着に簡単な羽織りものをして日傘を差した扇情的な姿で、蘭子は目をしばたたかせる。
 詩織の周囲が、歪んで見えた。

「非ユークリッド幾何……?(なに……?)」

「まさに、原初の海。太古の海。シアノバクテリア以前に回帰するのにおあつらえむきな」
「祈りと科学の狭間……? ハルピュイアよ、貴様何を……(回帰って……詩織さん、一体なんのことを)」

129 : ◆3feiQFueVc 2013/06/08(土) 22:41:47.01 ID:t7ENivNRo

 びち、と肉質的な音が彼女の思考を妨げる。

「来た……来てしまったわ」

 まるで釣り人に打ち捨てられたように、銀鱗を散らしてのたうつそれは、

「泡と消えし……姫の民(魚?)」

 びちびちびち、と妨げる。またも落ちては妨げる。

 びち、びちびち、びちびちびちびちびちびち、びちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびちびち。

「ひ……!」

 どこから、など最早問うまでもなく、それは水平線を遠く敬虔な信者染みて見つめる瀬名詩織から。
 その現象が何を示すのかも理解できず、蘭子はただおぞましい気配に身を震わせる。

 波が、凪いだ。
 地鳴りが。

 ペンダントトップの黒い宝石が熱い。

130 : ◆3feiQFueVc 2013/06/08(土) 22:43:45.57 ID:t7ENivNRo

「瀬、瀬名さん、……なんだかおかしいですよ、何か……」

 ぶつぶつと何かを呟き続ける彼女を案じて、近寄り肩に手を置く、ぐじゅ。

「…………っ―――!!」

 声にならない悲鳴を上げて、飛び退くように後ろへこけた。
 皮一枚隔てた彼女の中に、鱗と背骨のある生き物が、みっしりと詰まっている感触が、ぬる、と、彼女の感覚を侵食していく。

「何っ、何、もう……わかんない……!」

 宝石は、その熱を弥増す。

131 : ◆3feiQFueVc 2013/06/08(土) 22:45:15.35 ID:t7ENivNRo

「……………………………………………………………………………………来た」




 ――っぞ




 それは、海面を割って浮上したそれは、
 巨大な蛸の頭。蝙蝠染みた粘膜の翼。
 無数の吸盤を備えた触腕。そのひとつひとつにぎょろつく単眼。
 あらゆる海棲生物の造形を奇怪に悪趣味に冒涜的に寄せ集めたそれは、

 一生物と片づけるには余りに偉大で、強大で、悪夢的。

132 : ◆3feiQFueVc 2013/06/08(土) 22:45:57.85 ID:t7ENivNRo

 ぱんっ

 軽い音を立てて詩織の肩口が弾け、滂沱のごとくに深海魚が無数、流れ出す。

「ああ、嗚呼ああああああああ……」

 歓喜の声を上げ、陶然と、詩織は立ち上がって目の前の異形に歩み寄る。

 歩み出る、先は荒れる波頭、組み合わされた消波ブロック。

「きゃ……!」

 おぞましい姿に眼を塞ぎ、かつて人であった仲間が肉塊へと砕けて果てる音に耳を塞ぐ蘭子へ、水面に屹立する存在から腕が伸ばされる――

 ――宝石は、尚も熱い。

133 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 22:25:39.89 ID:h2Ab+m4Io


「……事務所の周囲にトロンを走らせた。付近一帯のポテンシャルエネルギーを粒子加速装置によって増大させ、重力場を歪曲する。
 光が僅かに反れるレベルまでだ。要は彼奴らを目にしなければいい……紗南。筐体はこれでいいんだな。SDVX、ビーマニ、リフレク、変わり種ではアイカツまで、他にも用意出来るぞ。
 不覚だが、連中の放つ不定の波長には現状私のAIでは対応しきれない……君がしくじれば一気に形勢が……」

「大丈夫。大丈夫……ポップンでいいよ、晶葉ちゃん」

「そうか。……ええい、助手はまだ帰らないのか! この非常時に出歩くなんて!」


134 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 22:26:47.47 ID:h2Ab+m4Io

「あっ」

 ごぼっ、魚がこぼれる。
 まゆの顔から。

「……え?」

 ぴきぴき、周囲を水晶に変えて魚は消える。ドライアイスが氷を残して昇華するように。

 撮影のため区画を封鎖したスクランブル交差点で茫然と立ち尽くすまゆの表情に、恐怖と狂気とが滲み出る。

「ちょ……あっ……見ないでっ、見ないでくださいっ!!」

 見ないで、見ないで、と涙ながらに繰り返し、掻き毟るように顔を手で隠す。膝を抱えてその場にへたり込む少女を、その担当プロデューサーが抱き止めた。

「見ないで……」

 ぼとぼとぼと。横断歩道に魚が落ちる。水晶は侵食していく。平面を曲面に、三角形の内角の和を二分の三πに押し広げながら。

 轟音。

 港の方から聞こえた。

 霧が深く、彼女たちからは見通せない。

135 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 22:57:47.48 ID:h2Ab+m4Io

 巡洋艦一隻。
 空母一隻。
 護衛艦十隻。
 強襲揚陸艇七隻。
 F-32八機。
 発電車両十二基。
 普通科一個連隊。
 第三世代戦車八台。

 つくば、木更津-横須賀間、狭山、成田、相模原。
 五芒星に展開する。
 主な搭載物資――巨大スピーカー。
 畳のようなエフェクターボード。
 超高純度無酸素銅シールド。
 耐磁装置。音響設備。

「四方に無敵の歌を聴き……ウルトラなヴォイスで謎を消す
 アストロの夜明けにアウトローな意味でも……監禁の部屋なら、キミには無いっ!」

「ウサ耳において命ずる……滅せよ!」

136 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 23:02:14.21 ID:h2Ab+m4Io


 ドン、と衝撃。ハウリングだけで向かいのビルの窓が砕け散った。

「ウサミンか! くそ、まだ早すぎる……致し方ない、紗南、クレジット投入するぞ!」

「いつでも、いいよ」

「光も。比目魚、起動する」

「ああ……ショウ・タイムだ」

「打って出るぞ」

137 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 23:25:27.39 ID:h2Ab+m4Io

 まさしく。正に。爆音。
 イントロの汽笛が大気を揺らす。
 ほぼ同時、まゆの足元に転がってきた球体が、炸裂した。
 周囲に球形の光の壁が展開し、風景と音とを遮断する。そこへランドクルーザーが横滑りしながら走りこむ。

「外指向性炸裂閃光手榴弾……だったかしら?」
「主に、そう呼ばれています。主流……」
「早く乗って、あまり長くは持たないわ」

 霧が深くなってからずっと聞こえていた、鳴き声に似た音が止んでいるのに、プロデューサーは気が付いた。
 まゆの体を崩す魚が、勢いを弱めるのにも。
 彼女はすぐさままゆの小さな体を抱え上げ、志乃の四駆に放り込む。

 楓の右目からは、ぽたぽたと光を放つ触手が溢れ出していた。それを、鷹揚に助手席から車外へと放り出していく。

「おさかなさんは、これが苦手みたい……どんな味がするんでしょう?」

138 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 23:41:30.32 ID:h2Ab+m4Io


『それ』は、そこに居た。いるだけだった。
 それだけで、電波通信はほぼ断絶し、電子機器の内部機構は崩壊し、目にするまでもなくひとは奇形と成り果てた。
 都市は狂い壊れ、『それ』が何を為すまでもなく、物理的にさえ瓦解した。

139 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 23:46:48.42 ID:h2Ab+m4Io

 白黒二値のカラーリングが施されたセドリックセダンを先頭に、黒塗りのベンツとこれも艶消し黒のジャガーが跳ねる。
 後から、後から、ミニバス、バン、ボックス、スポーツカー、大衆車、雑多な車が法を遵守して駆ける。
 その様は、脆くも崩れ去る都市の中に、知性の残滓を誇示するようだった。

 静かに、埠頭に全ての自動車が停止する。

 先陣の三台から、それぞれの主が降り立った――一人は杖を突き、後ろの二人は、その運転手を伴って。

「ここに来るまで……むくろ山んごと踏みつけてきた。全部が全部、二目と見れんもんじゃったのぅ。ああなりとうないもんは、早う、去ね」


 ぞろぞろと顔を出す、一様に黒い服に身を包んだ、強面の集団はにやにやと。
 一拍、二拍、と、戸惑いの声すらもなく。

「……本当、バカばっか。ですわ」

「ほうじゃ、アホの群れじゃ……群れたアホは、強いきの。
 お前んら全員……此処で死ねや」
「ええ……あなたたち全員、生き残りなさい」
「村上の面ァ汚しなや。あのデカブツに鉄錆の味教えちゃれ」
「櫻井の名に恥じぬよう……あの化け物が吐きもどすまで鉛玉を食わせて差し上げなさい」

 静かに、静かに、闘志が、歓喜にも似た暴力的な意思が渦を巻き、形を持って、意志となる。

「この村上巴の御ン前で」
「櫻井桃華の目の前で」

 戦い、醜く、歯を爪を骨を剥き出して、鬨を上げ。

「「人として!!」」

 死ね。
  生き残れ。

 おうと主に応える声が、今もコンクリートを砕く彼の者よりも強く、地を揺らす。

「おら野郎共!!」

 早苗ががなる。

「ブチ検挙ろッ」

 ゴムを、アスファルトを焦がす摩擦音。
 赤色回転灯の警告音。
 クルマは今や法を捨て、鉄塊の凶器と化す。

140 : ◆3feiQFueVc 2013/06/09(日) 23:49:54.28 ID:h2Ab+m4Io

 離れた小高い教会。対称的な色味の少女が二人、並んで眼下の街を見下ろしている。 

「何やってるノあれ」

「抵抗ですよ。美しいではありませんか」

「ばかナノ?」

「無知なのです」

 しかし銀髪の姫は、鳴り響く『Haldyn Hotel』の前奏の中、厳しい表情で空を見上げた。

143 : ◆3feiQFueVc 2013/06/13(木) 18:01:23.37 ID:VfADoWQ/o

「ウサミンは何を考えているんだ……召喚とか言ってたが……この爆音……空間のエントロピーを増大させて……まさか……ウサミン星から?」

――TrujilloのHaldyn, TrujilloのHaldyn,TrujilloのHaldyn……まで

――「一緒に いきませんか」

 晶葉はデバイスに向かって叫びたてた。

「来るぞ光! あいつめやりやがった……銀河鉄道だ!」
「わかってる! 晶葉、あれ言え、あれ!」

 埠頭の上空に雲が渦を巻き――ふっと消える。地鳴りのような。地響きのような。共鳴き。

「これも次元連結装置のちょっとした応用だ……なんじゃないのか、多分っ!」

 [お月見ウサミン]安部菜々+はにやりと笑む。

144 : ◆3feiQFueVc 2013/06/13(木) 18:02:18.22 ID:VfADoWQ/o

  Town-0
 セラエノから――吶喊します。

「菜々流ーっ!!」

   Phase-7    Ex-2
菜々流七式銀河鉄道衝角檄閃特攻!!


 空中に忽と現出した金属の塊。汽笛の音も気高く響く、銀河鉄道の垂直爆撃。

 見るものが見れば、その先頭車両に仁王立ち、地面と平行に真下をきっと睨み付け、不敵に腕を組んで笑う――ガイナ立ちをキメる南条光の姿も見ることができただろう。

「光! おい、ヒーロー! 生きてるのか?」

「……勇者な特急999、定刻通りに只今到着」

 ゴゥ。

 軟体動物にぶつけるには暴力的すぎるほどの質量が、慣性が、そこに立つ『それ』に一直線に叩き込まれる。

145 : ◆3feiQFueVc 2013/06/13(木) 18:03:47.67 ID:VfADoWQ/o

 貴音はぐに、と相好を崩す。

「ほう……古きしるしかと思いましたが……そちらが本命ですか? けれど……」

「せ、説明は、負け……フラグ」

 不意に後ろから聞こえた声に、這い寄るものは、二人そろって振り向いた。

「……でも……ま、負けとか、勝ちとか、よく……ないと思う」

「……だったらどうだというのです? 我々と手に手をとって仲よくお歌など、到底かないませんよ」

 少女は、白坂小梅は、両の眼でしかと相対した。

「そ、そう。だから……帰ってもらう……ひとのとどかない、深い、深い、宇宙のそこ……底」

「ここまで楽しいのは久しぶりなのです、白坂小梅……ただでは帰れません」

「楽しいうちに……帰ろ?」

「へえ」

 ナターリアの瞳に、凶暴な色が浮かぶのを、片手で制して貴音が問う。

「何が言いたいのです?」

「こ、これ、あげる……」

 彼女の差し出す小さな手には、片目しかない魚を模した、小さなコンソール。
 小梅の脈に合わせるように、小さなLEDが点滅している。

「比目魚……」

「そう……光さんのパワードアーマーの、コンソール、ビーコン、マーカ、ポータル」

「これを私に渡すというのがどういうことか……わかっているのですか?」

 小梅は答えず、魅力的に微笑んだ。


146 : ◆3feiQFueVc 2013/06/13(木) 18:04:53.64 ID:VfADoWQ/o

 そこに、空気をぶちこわしにする『着信アリ』の着信メロディ。

「あ……晶葉、さん……もしもし」

「お前何考えてる! 運用上の拠点を譲渡するつもりか! そいつは敵だぞ!」

「ふふ……だ、だい、じょうぶ。……ね?」

「……」

 ね? それは電話の向こうに向けた言葉ではなかった。

「それに……も、もう、終わる」

「ほう? ……いや、成程……これは」

 ぴくん、とナターリアが震えて空を見た。
 銀河鉄道にも顔色ひとつ変えなかったというのに。


147 : ◆3feiQFueVc 2013/06/13(木) 18:05:33.32 ID:VfADoWQ/o

「ヤバい、ヤバいヨ、あの火だよ、あの日のあの火だ……ふぉまるはうとの火がクるよタカネ」
「大丈夫ですよ……十時愛梨、渋谷凛。安部菜々。そしてあの、火持てしユゴス。皆歌劇の王直属です。彼は、私たちよりも、『あれ』が気になるでしょうからね」
「でも火が」
「そのために、宝石、心臓も持たせたのでしょう?」
「うン、クラリス喜んで溶けてタ」
「私たちは……ふふ、例によって、と言うべきですか。何もしていないのですから。如何なふぉーまるはうとの君と言えど、見えはしません」
「そっか」
「安心しましたか?」
「うん。アンシンしタ」
「それは重畳」

「…………いい? き、きるよ」

「あーもう、アクティブもパッシブも可視光もX-RAYもソナーもカメラもでたらめだ……天才の出番はこれまでか。くそわけわからん化け物どもめ、好きにしろ……小梅」

「は、はい」

「……いや、いい。もう知らん……全部、任せるよ」

「だ、だいじょうぶ。まかせて」

「帰ったら新しい義眼を作ってやろう。それこそ完璧に完全なやつをな」

「ふふ……死亡、フラグ」

 電話は切れ、そして小梅も空を見上げる。

「来た、来た……」

148 : ◆3feiQFueVc 2013/06/13(木) 18:06:12.66 ID:VfADoWQ/o





「ごぅ……トゥ・・・

 HeeEEEEEEElllllLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLッLLLLLLあああァァァアァアアアアァァァァ!!!!!!!!」



 一条。空を裂く、紅蓮の柱。



「フヒヒフハハハフヒヘハハハァ! [絶叫★ヴァンパイア]星っ輝子ォ!! +ッ ですっ!」






160 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 21:51:57.77 ID:itcbOkWqo


「ふふ……聞いた、と、ところによれば……しょ、ショーコさんの脳髄は……キノコ助けのお礼に抜き取られたもの……返してもらえない、道理は、ない……」

 四条貴音は何も言わない。
 頭を垂れて何も言わない。

「勝ちロール……始めます」

「星……輝子、さん。キノコと……宇宙に飛んで行ってしまいましたけれど……。じょ、上司が、ね、助けを……求めて。助けというか……宣戦……布告?
 キノコの仲間はショーコの仲間、ですけどー、って。ふふ……。そこで、銀河の向こう、恒星系へ……松明を借りに。ね? 帰ってきた……ね?
 佐久間、まゆ……さん。貴音さん……私の眼以外から……見ていましたか?」

「ナターリアが」

「う、うん。でも……ナターリア、さんも仕事があるし……個人的な交友範囲は……みんな、割と、広めだけれど……限界がある。
 まゆさんは……輝子ちゃんと仲が良くて……乃々さんと一時期相部屋で……それまでなら……まだ、よかったんだけど。
 ……でも、あれが来てしまった。
 キノコに拓かれて、ヒキガエルに均された道が、拡げられてしまった。[神話]が、まゆさんだけ突出していた。
 だから、自分の見せ方を知っている……自分の見え方を知っているアイドルが、容易に形を喪いかける……でも、間に合ったみたい……よかった」

 ふぅ、と長台詞に息をつく。

「そ、そして……もうひとつ」

161 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:00:45.39 ID:itcbOkWqo

 一体どんな熱源なのか。
 輝子の振り回す熱鎖は大気を焼き、プラズマが舞っていた。
 千々に乱れ飛ぶ火の粉の中に、叫笑を上げる。

 切り裂き、焼切り、その傷へパラべラム弾が、石ころが、拳が、刀が、自動車が、誇り高く撃ちこまれる。

 容赦なく振りかざされるワインダー弾の中を、光が翔ぶ。
 地上最高の技術を見事に使いこなし、棒立ちの『それ』へ、主に輝子の攻撃を華麗に避けながら。

 その場所を何と呼称すればよいのか。
 ある脚の付け根を光が切り裂いた。
 その傷から、漆黒が。闇が吹き上がる。
 粘性の闇。

「うっわ……!」

 慌てて飛び退る。

 しかし、コーヒーに落とされた一滴のミルクのように。
 零れ落ちる白。

「あれはっ!」

 慣性を無視した挙動。
 トップスピードまで瞬時に到達、異常な相対速度から完璧な制動。

 くたりと、昏い眠りに堕ちた[渚の天使]神崎蘭子+をしかと抱き止めた。

162 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:02:06.04 ID:itcbOkWqo

「もうひとつ……不定の波長に、今抗しているのは……晶葉さんじゃ……ない」

「……ええ」

「何故だと……思う?」

「……」

「ふふ、そう……そのものに対抗するチカラは、確かにニンゲンにはない……けれど、たかがその脈動、如何な超次元のものであろうと……こ、ここにいる以上は……その派生は、三次元に帰結する。晶葉さんが……池袋晶葉が、それに抗いきれない……その理由」

 色素の薄い、不健康な肌。
 プラチナブロンドの髪。

 柔らかな金色の輝きを帯びる。

 義眼は、仄緑に光っていた。

「まゆさんの道を通り、楓さんの右目を介し、晶葉さんの義骸を形代に……窮極の門が開く。も、もう一度……言います」

 そして右手に持った信号銃を掲げ、ぽん、と放つ。

「楽しいうちに、帰ろ?」

[ホワイトナイトメア]白坂小梅+は、慈愛すら感じる笑みでそう言った。

163 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:05:59.47 ID:itcbOkWqo

「たまやぁ」

 尾を引くマグネシウムの閃光に、可愛く唇を歪めて見せた。

「さあ、さあ、さあさあさあさあ! 『偽』大-ロタティオン! 今サイっコーにサイケな波動を放ち、廻れ大いなるルベドの羽根よ! 括目せよっ!」

 菜々が吼え、タービンが唸り、ライヴは絶頂に達する。

164 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:10:57.10 ID:itcbOkWqo

「素晴らしい……ここまで混沌を御しますか、白坂小梅」

「……アイドルの空は、蒼く澄んでないと。ね?」

 氷を含んだ風が吹く。木々を揺らし、霜を降ろし、ふわりと――異形の人影が降り立つ。

 蘭子を抱いた、凛と、愛梨。

「…………」

 険しく、貴音を睨めつける。

 ぞ、ぞる、ぞぞぞ、
 場により多くの異界が満ちる。小梅の瞳からあふれるそれは勢いを増し、門は科学のくびきを受けてわずかずつ、その顎を開く。
 どこにも行けない、すべての場所の隣から。
 あらざるものどもを、あるべきところへ。

 それは、何れの意志か。

165 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:13:49.48 ID:itcbOkWqo

 そして白銀の女王は気高くも超然と。
 羅紗舞う王女は凛々しくも毅然と。

「結構。実に結構。ならば手ずから喰らいなさい白坂小梅! 貴女が私を送還しなさい、己の為に、己が信じる道の為に!」

「我が名、ナイアーラトテップ、最果てより訪う尽きせぬ混沌――」

 門が開き、空が落ちてきて……天と地が咬合し、這い寄るものどもを飲み込んだ。
 義眼が異音を発し、小梅の放っていた仄かな光が消え、倒れこむのを、冷たい風が抱き止めた。
 眠りを妨げるものがいなくなると、何事もなかったように埠頭のそれも巨躯を海に沈める。
 ……さんざに焼切られ、切り裂かれた傷など、なんでもなく。

 あとには、壊滅した街と、累々たるひとだったものと、あとは、数えられるほどの、ひと。

166 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:14:42.87 ID:itcbOkWqo

 ――暗転。

167 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:16:10.27 ID:itcbOkWqo

「……蘭子さんといっしょに、湧き出した、や、闇……多分、た、貴音さんの……やつ」
「……」
「守ってくれてたんだと……思う。なんでかは……ううん……ふふ、わかる、けど」

「最初から、そう言ってた……楽しい、って」

168 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:18:02.53 ID:itcbOkWqo



「そう……彼女たちが、あれを、退けた?」

「ええ」

「うん……でも、決まったこと? 興味は惹かれるけれど……ありがとう、お疲れさま。帰って……来る?」

「いいえ……私は、もうしばらく……彼女たちと星を見上げることにするわ。見上げるなんて……初めてのことだもの」

「はい、許可します。ほんの数百公転周期……些細な、こと? 私たちには、意味を、為さない」

「ええ」

「でも……意外? そんなにあの子が気に入った?」

「さあ……どうかしら」

169 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:19:22.29 ID:itcbOkWqo

「まったく。あいつにコンソールを渡すなんて。不定の波長にかき消されない、生体パラメータに依存したポータルだって言っただろう。光が墜ちていたかもしれないんだぞ」

「まあまあ、アタシはほら、この通りピンピンしてるわけだし」

「それは結果論じゃないか」

「ち、違う」

「何?」

「違う……よ。ふふ……わ、わかってた。あのひとは多分、最初から……」

「……ああ、そうだな。だから、ちゃんと帰還装置もビーコンも発動してくれた」

「……くそ、非科学的だ、もう」

「ははは! 照れるな照れるな!」

170 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:20:38.00 ID:itcbOkWqo

 ――それから。
 偉大なものどもの消失とともに、やがて機能を回復した都市は、大きな爪痕を残しながらも死には至らなかった。
 愛梨の暑がりは凛にも伝染ってしまい、楓の右目は時々妙なものを映す。
 詩織はまだ入院している。血液から魚を除去しきるには、もっと大規模な手術が必要だという。
 まゆの顔には大きな傷が残った。
 乃々の夢には時々神様が誘いに来るというし、莉嘉と美嘉は油断すると溶けてしまう。

 災害の規模からすれば奇跡的とも言える復興の陰に、そんな少し人から外れてしまったかもしれない彼女たちがいたことは……

 けっこうみんな知っていた。

171 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:21:46.05 ID:itcbOkWqo

「ちひろちゃんには驚かされるわ……一体どんな手品を使ったのかしら」

「いいええ、皆さんの魅力があればこそ、ですよ。私はそれを、ちょっとプレゼンしただけのこと……それなら、得意分野ですもの。ね?」

「あぶほーすの気持ちになるですよー。ぐあおー」

「ぐあおー」

「さすがにもうキグルミだかなんなんだかわっかんないのにゃあ……」

「莉嘉のは自前でやがります。かっけーのですよー」

「えっへへー、莉嘉のどろどろ、かっこいい? かっこいい?」

「そうね、それはもう……不穏当(ほんとう)に」

「微妙に毒のあるダジャレをやめるにゃ」

172 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:23:57.45 ID:itcbOkWqo

「小梅、お前その目……」

「あ、うん、はい、……義眼」

「……なんてこと」

「だいじょうぶ……ちゃんと、見えるし……あ、涼さん、苦しい、ちょっと……えへへ」

 そして。
 艶麗な声が、ゆるりと問いかける。

「もし……しんでれらがーるず・ぷろだくしょんはこちらでよろしかったでしょうか」
「ただいマもどりまシター」
「……もどりましたー?」

173 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:29:13.67 ID:itcbOkWqo



「[400]……おめでとう。君たちは見事、異界のものの奸計を暴き、到達不能極より浮上した狂気を退け、ごく限られた数ではあるが、人は地上に生き延びた。
 君たちはこれからも、アイドルとして、燦然と人を導く光であるだろう。」

「あー、終わった終わった。この人数動かすとか無理ゲだっての……。ほら、飴くれ、飴」



174 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:29:41.52 ID:itcbOkWqo

――小梅「いあいあm@ster」

175 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:30:10.17 ID:itcbOkWqo

白坂小梅 PC1

安部菜々 PC2

176 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:30:47.63 ID:itcbOkWqo

PC
渋谷凛

星輝子
佐久間まゆ

城ヶ崎美嘉
城ヶ崎莉嘉

森久保乃々

片桐早苗
高垣楓

池袋晶葉
三好紗南
南条光

177 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:32:12.70 ID:itcbOkWqo

NPC
高峯のあ
水谷絵里

十時愛梨

四条貴音
ナターリア
クラリス

前川みく
イヴ・サンタクロース

村上巴
櫻井桃華

千川ちひろ

市原仁菜
瀬名詩織
神崎蘭子
柊志乃
松永涼
諸星きらり

178 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:32:42.17 ID:itcbOkWqo

GM
双葉杏

179 : ◆3feiQFueVc 2013/06/27(木) 22:33:53.94 ID:itcbOkWqo

 了

180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/27(木) 22:47:00.94 ID:/rG2vPa9o
乙乙
GMは杏だったのか、出ないなぁとは思ってた



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 小梅「いあいあm@ster」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364567369/

歌:結城晴(CV:小市眞琴)、的場梨沙(CV:集貝はな)
日本コロムビア (2020-04-29)
売り上げランキング: 27

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31329-496378f0