ヘッドライン

シャミ子「桃と一緒に良子の課題を手伝うことになりました。」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 00:56:16 ID:xlWqEIvI
良子「私の自慢のお姉と、その眷属である桃さんの活動記録が私の課題のテーマだよ。」

良子「取材のために、カメラも途中で使うからよろしくね。」

シャミ子「やっぱり取材されるのは恥ずかしいですね。」

シャミ子「ところで桃は恥ずかしくないのですか?」

桃「割り切ってしまえば問題ないよ。」

シャミ子「うぅ...」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:00:39 ID:xlWqEIvI
シャミ子「どんな内容にするのですか?」

良子「お姉と桃さんの馴れ初めの話にしようと思ってるよ」

シャミ子「なれそめ?良は難しい言葉を知ってますね」

桃「恋愛関係の人同士が親しくなったきっかけって意味だよ」

シャミ子「なにそれ!?」

良子「だってこの話は二人の活動記録だよ?」

シャミ子「何故そうなる!?」

良子「だって二人はもう主人と従者の関係なんだよね?」

良子「お母さんが結婚みたいなものだって言ってたよ?」

シャミ子(だいぶ違うと思うのですが・・・)

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:07:10 ID:xlWqEIvI
良子「そういえば、どうしてお姉は桃さんを眷属にしたの?」

シャミ子「それは///」

桃(シャミ子かわいい)

桃「シャミ子、もうここは話すしかないんじゃないかな?」

シャミ子「それは・・・///」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:09:43 ID:xlWqEIvI
桃「むしろこの程度も話せないないクセに、私に眷属になれっていったのかな?」

シャミ子「それとこれとは話が違います!」

桃「マイシャドウミストレスのかっこいいとこ見てみたいな」チラッ

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:10:31 ID:xlWqEIvI
シャミ子「・・・分かりました。良と桃のため避けては通れない吊り橋、見事に渡りきってみせましょう!」

桃(チョロまぞくなのかな?)

良子「安心して!私がいい感じに脚色していくから大丈夫だよ!」

シャミ子(やっぱり吊り橋から落ちそうな気がしてきました)

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:14:57 ID:xlWqEIvI
シャミ子「・・・それじゃあ良の作った話の流れを聞いても良いですか?」

良子「まず、光の一族の者が、闇の一族の者を助けます」

良子「そして、光の者に一目ぼれした闇の者が、あらゆる手を使い、光の者を手に入れようと奮闘するも、いつも失敗するの」

良子「それでもあきらめない闇の者に、心を動かされた光の者が歩み寄り、二人はついに結ばれて、色々ありながらも幸せに過ごしました。」

良子「こんな流れだよ。」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:17:37 ID:xlWqEIvI

シャミ子「何か記憶にあるような、ないような話ですが、分かりました」

シャミ子「具体的にどのようにお話になるか決まってるの?」

良子「最初、ダンプに惹かれそうになったお姉を桃さんが助k・・・」

シャミ子「ちょっと待って」

良子「どうしたの?これからってとこなのに...」

シャミ子「どこで知ったかは聞きませんが、そこまで具体的に知ってるのなら取材する必要はないのでは?」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:19:34 ID:xlWqEIvI
良子・桃「そんなことないよ!」

シャミ子「何故、桃まで!?」

桃「取材っていうのは、する側とされる側の確認作業の場なんだよ?お互いに歩み寄らないと良い取材にならなんじゃないかな?」

桃「取材を断るとその結果、良子ちゃんは良い課題を作ることができなくなるんだよ?それでも良いのかな?」

シャミ子「良くないです・・・」

桃「それじゃあ続けるしかないんじゃないかな?」

シャミ子「不本意ながら同意です・・・」

桃「良子ちゃん続きをお願いしてもいいかな?」ワクワク

良子「うん!それじゃあ続けるね。」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:22:08 ID:xlWqEIvI
~取材から1時間経過~

良子「・・・という話で良いですか?」

桃「良い感じに脚色された話だね。大きな間違いはなかったよ」

良子「桃さん!お姉ありがとう!おかげさまでほとんど完成だよ!」

シャミ子(ほとんど良の話で終わった...)シッポグッタリ

桃「とても良いお話だったよ。」キラキラ

シャミ子(眠い...)

10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 01:22:56 ID:xlWqEIvI
桃「でもまだ完成じゃないのかな?」

良子「うん!あと少しだよ!」

良子「そういえばお姉、桃さんの髪はピーチの香りがするんだよね?」

シャミ子「ふぁ...そうなんですか?」桃の髪の毛を嗅ぐ

桃「ちょっシャミ子、恥ずかしいのだけど///」

カメラ(パシャシャシャシャ)

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 02:33:08 ID:u4d9tkLA
また宿敵同士でイチャイチャしてる…

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2020/03/30(月) 04:34:31 ID:xlWqEIvI
こうして、良子の「課題」は完成した。
良い感じに脚色された文章と、加工された写真を使用したそれは、
瞬時に二人の関係を他人へ理解させることに、十分な出来であった。

負けるなシャミ子!(と桃)
百聞は一見にしかず!電子媒体として残る情報は、流出すると大変だ!
悪用する方法の100や200、簡単に思いつかれてしまうぞ!
親友や肉親であろうと、常に警戒し相手の真意を見抜き、
簡単に個人情報を流出させない魔族となるのだ!



元スレ: シャミ子「桃と一緒に良子の課題を手伝うことになりました。」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1585497376/

きゃらタグ まちカドまぞく シャドウミストレス優子
アイオウプラス
売り上げランキング: 495,178

[ 2020/04/03 13:25 ] まちカドまぞく | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31139-4092091b