ヘッドライン

P「美希に愛想が尽きた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 17:58:35.20 ID:G04O0lF6i
P「もうたくさんだ!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:03:52.10 ID:G04O0lF6i
P「もう我慢の限界だ!」


小鳥「おお、ご立腹ですね」

P「あ、音無さん…」

小鳥「美希ちゃんが何か?」

P「ええ! 酷いですよ、本当に」

小鳥「へえ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:09:58.36 ID:G04O0lF6i
美希「もうアタマきたの!」

雪歩「どうしたの?」

美希「ねえ聞いて!ハニーってばヒドいんだよ!」

雪歩「え、プロデューサーが?」


美希「うん」

美希「それがね……」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:14:59.22 ID:G04O0lF6i
P「昨日…美希に20回しか『好き』って言われてないんですよ!」

小鳥「……」





美希「昨日…ハニーがお疲れ様のチューをしてくれなかったの!」

雪歩「……」





小鳥(はぁ…)

雪歩(はぁ…)

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:20:34.21 ID:G04O0lF6i
小鳥「……で?」

P「もう頭にきて、お疲れ様のキスもしてやりませんでした」

P「そしたら」


美希『ハニーなんかキライ!』


P「……なんて」

小鳥「へー」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:26:12.13 ID:G04O0lF6i
雪歩「…で?」

美希「チューしてくれないから、ハニーなんてキライ!って言ったの」

美希「そしたら」


P『もう美希なんか知らん!』


美希「…って!」

雪歩「へー」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:35:25.44 ID:G04O0lF6i
ガチャ


雪歩「おはようございますぅ」

美希「……おはよ、小鳥」

小鳥「あ、おはよう」

P「……おはよう、雪歩」


ちゅ


美希「…ふん!」

P「…ふん!」

雪歩(ナチュラルにキスした…)

小鳥(なんなの…これ)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:40:53.72 ID:G04O0lF6i
ぎゅー


P「…なんだよ」

美希「ふんっ…」



雪歩「小鳥さん…」

小鳥「なぁに?」

雪歩「なんだかイライラしますぅ」

小鳥「ふふ、そういう時は壁を殴るのよ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 18:48:41.02 ID:G04O0lF6i
P「……なっ!」

P「いい加減にしろよ!!」

美希「……ハニーだって!」




雪歩「なんだか穏やかじゃないですね」

小鳥「抱き合ってる時点で穏やかでしょうから、放っておきましょう」

雪歩「そうですね…お茶飲みますか?」

小鳥「ええ」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 19:05:30.48 ID:G04O0lF6i
P「俺の方が好きに決まってるだろ!」

美希「ゼッタイにミキの方が好き!!」

P「いいや、俺の愛の方が上だ!」

美希「ミキの気持ちの方が強いもん!」





雪歩「お茶が甘いです」

小鳥「なぜかしらね」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 19:59:44.90 ID:G04O0lF6i
P「美希が可愛すぎるのがいけないんだ!」

美希「ハニーがカッコよすぎるのがいけないの!」

P「なんだよ~」

美希「なんなの~」




P「……見ての通りだ」

美希「そうなの」

小鳥「なにが?」

雪歩「ラブラブですね~」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:05:22.28 ID:G04O0lF6i
P「なっ……ラブラブなぞしておらん!」

美希「まったく、勘違いも甚だしいの!」



雪歩「……壁を殴る…壁を殴る…」


がっ

がっ


小鳥「……雪歩ちゃん、それ以上は手を痛めるわ」

雪歩「手より胃の方が痛いですぅ……」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:11:14.08 ID:G04O0lF6i
小鳥「今は喧嘩中ですか」

P「ああ」

美希「そうだよ」



小鳥「覚えておいて、雪歩ちゃん」

雪歩「はい」

小鳥「抱き合って頬をスリスリしてるのを、喧嘩だと言い張る人がいるってことを」

雪歩「……反吐が出るって、この時のための言葉なんですね」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:20:06.07 ID:G04O0lF6i
雪歩「私、レッスンに行ってきますぅ」

小鳥「それがいいわ……この空間にいると糖尿病になるから」

雪歩「小鳥さんも、気をつけて下さい」

小鳥「ええ」



P「ん……だいたい美希は」

美希「そういうハニーだって……んっ」

小鳥(キスしながらじゃないと会話も出来ないのかしら)

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:26:20.93 ID:G04O0lF6i
小鳥「二人とも、事務所でキスは良くないですよ」


P「……は?」

美希「……そんな…」

P「死んでしまうぞ!?」

美希「そうなの!」


小鳥「ちっ…(そんな大げさですね~)」

P「えっ」

美希「えっ」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:32:21.40 ID:G04O0lF6i
P「なんか音無さんこわい」

美希「うん……」

P「俺の家にいくか」

美希「ハニーとハニーしないといけないしね」

P「そうだな……では失礼します」


バタン


小鳥「ふぅ~、なんか辛い」

小鳥「独り身ざまぁ、とか思われるわよね」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 20:40:54.53 ID:G04O0lF6i
小鳥「はぁ~あ」

小鳥「彼氏とピヨピヨできる日はいつになるのかなぁ…」





小鳥「あ、お茶」


ずずっ


小鳥「……時間たって渋くなっちゃった」

小鳥「今更だわぁ…」



END



元スレ: P「美希に愛想が尽きた」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348736315/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31115-b8ef83ed