ヘッドライン

ハニエル「ねぇガヴお姉ちゃん、どうして人を殺しちゃいけないの?」


1 :ゆるーくたのんます 2017/04/17(月) 22:44:22.410 ID:ZeiUrzJv0.net
ガヴ「えぇ…………」

ガヴ(なにこれ?なんの罰ゲーム?こんな無垢な子が重い質問する?
普通しないでしょ?私だってしたことないよ?わかんないよそんなの)

ハニ「ガヴお姉ちゃん?」

ガヴ「えっと……ハニエル?なんか辛いことでもあった?」

ハニ「ううん?ないよ?今日はゼルお姉ちゃんもガヴお姉ちゃんもおうちにいてとっても幸せ!」

ガヴ「そ、そう?え?じゃあ何でそんなこと思ったの?」

ハニ「…………えへっ」

ガヴ「ハニエル?目が笑ってないよ?」

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:45:53.350 ID:ZeiUrzJv0.net
ゼル「あ!しまった!大学に忘れ物をしたみたいだ!……行ってくる」スタスタ

ガヴ「嘘つけ!ちょっと姉さん!?」

ゼル「なんだとガヴリール!この私が嘘をつくと思うのか!?」

ガヴ「うん!」

ゼル「ぐぬぬ……!」

ガヴ「ちょ……今日はマジで勘弁してよ!可愛い妹を救ってよ……」

ゼル「ガヴリール、これも神の与え給う試練なのだ。神はお前ならば乗り切れると――」

ガヴ「そういうのいいから。与え給わなくっていいから!」

ゼル「お前は神の寵愛をなんだと思っているのだ!」

ガヴ「好きだからいじめるとか小学生か!」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:48:27.450 ID:ZeiUrzJv0.net
ハニ「ゼルお姉ちゃん?ガヴお姉ちゃん?喧嘩やだ~……」ウルウル

ゼル・ガヴ「――はっ!?」

ゼル「いやいや、喧嘩なんかしていないぞ?なぁガヴリール?」

ガヴ「そうそう!あっ、そうだ!折角だし3人でドーナツでも買いに行こうか!」

ハニ「え?でも……」

ゼル「いいアイデアだな!よ~し姉さんエンゼルフレンチおごっちゃうぞ~」

ハニ「わぁい♪」

ゼル(やったか!?)

ハニ「でもその前にゼルお姉ちゃん?なんで人を殺しちゃいけないの?」

ガヴ(やってない)

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:51:22.255 ID:ZeiUrzJv0.net
ゼル「うむむ……やはりはぐらかすのもあまり良くないだろう……
ハニエルよくお聞き?」キリッ

ハニ「ふぇ?はい!」ビシッ

ゼル「神の所有物を勝手に殺めることは誰にも許されんからだ。……わかるか?」

ガヴ(だからそういうのダメだって学ぼうよ姉さん)

ハニ「豚どもはいいの?牛さんや鳥さんは?」

ガヴ(豚ども……?)

ゼル「彼らは食べられるために作られた、そういう使命なのだ」

ハニ「じゃあ食べられる使命を持った人は殺してもいいの?」

ゼル「そこに行き着く思考回路がお姉ちゃんもうわかんないよぅ……うぇぇん」グスグス

ガヴ「姉さんしっかりして!?
ハニエル?本当に大丈夫?お姉ちゃんすごく心配」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:53:11.062 ID:ZeiUrzJv0.net
ハニ「わたしはいつも元気だよ?心配してくれてありがと!ガヴお姉ちゃん♪」

ガヴ「あ……そうすか?」

ハニ「……でも……実はお姉ちゃんたち、わたしのことあんまり好きじゃない?」

ゼル「大好きだぞ!!!!!!!!!!」

ガヴ「うるさっ!?あ、私もハニエルのことは好きだよ。なんで?」

ハニ「だってお姉ちゃんたちいつもわたしの言うこと適当にごまかすから……」グスッ

ガヴ(ハニエルになにかあったの?いじめられて……いや、いじめてたりしない?)

ゼル(お前たち二人の外での行動はほぼずっと千里眼で見てるがそんなことはない!)キリッ

ガヴ(真顔で監視宣言するあたりドン引きですわ?お姉様)

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:55:05.446 ID:ZeiUrzJv0.net
ガヴ「いけない理由はそりゃ法とか色々あるよ?でもハニエル?
その前にちゃんと教えて?なんでそんなこと思ったの?」

ハニ「えっと……その……」チラッ

ゼル「ん?……どうした?」

ハニ「ゼルお姉ちゃん怒る……」

ゼル「可愛い妹に怒るわけがないだろう?さあ話してごらん?」ナデナデ

ガヴ(あれ?私めっちゃ怒られた記憶があるんだけど?)

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:56:07.281 ID:ZeiUrzJv0.net
ハニ「えっとね……ガヴお姉ちゃんが密輸した漫画で……豚どもは殺していいって……人を……」

ゼル「……あぁ!そうかそうかぁ……わかったわかった」ニコッ

ガヴ「えっ!?……ちょ……あれはベッドの下に……!?」

ゼル「ガヴ?小便はすませたか?神様にお祈りは?部屋のスミでガタガタふるえて命乞いする心の準備はOK?」

ガヴ「ちょっと!実は姉さんも読んでるでしょ!?」

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:57:40.006 ID:ZeiUrzJv0.net
扉「ノックノック」

ゼル「む!?客か?はいはいどちら様?」ガチャ

ガヴ(あぁ神様……感謝します……)

ゼル(都合のいい時だけ神に感謝しおって……)

ラフィ「こんにちわぁ~ガヴちゃんいますか?」

ガヴ(神様なんでぇ……?これ禁断の果実じゃないですかぁ……)

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:59:24.857 ID:ZeiUrzJv0.net
ゼル「おぉ!ラフィエルじゃないか!ちょうど良いところに」

ガヴ(ちょっと!姉さん!?こいつに任せたら悪化しかねないよ!?)

ゼル(何を言うか!お前と違って今も成績優秀な天使だぞ!)

ガヴ(猫かぶってるんだって!その千里眼は欠陥品!?)

ゼル(お前すこしは――)

ラフィ「あらあら?お邪魔でしたか~?」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:00:53.471 ID:ZeiUrzJv0.net
ハニ「ラフィお姉ちゃん!」

ラフィ「あらハニちゃん♪今日も元気ですね~」

ハニ「うん!ねぇねぇラフィお姉ちゃんに聞きたいことがあるの!」

ラフィ「あらあら?私に?なんでしょう?」

ハニ「どうして人を殺しちゃいけないの?」

ゼル(頼むぞラフィエル!お前を信じる私を信じろ!)

ガヴ(姉さんどこまでハマってんのさ……)

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:03:07.230 ID:ZeiUrzJv0.net
ラフィ「人を殺していけない理由はないんですよ」

ガヴ(はーーーーー?人の子に何いっちゃってんのこの人、
サドも行き過ぎでしょ?さっさと堕天しろよ、もう)

ゼル(殺人は法への反逆!社会への犯罪!全生命への敵対だ!
忌むべき悪徳だろう!気でも狂ったかラフィエル!?)

ハニ「じゃあ殺していいの?」

ラフィ「殺していい理由もないんですよ~」

ハニ「ふぇ……?」

ゼル・ガヴ (ふえぇ……なんだこれー?)

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:05:17.684 ID:ZeiUrzJv0.net
ラフィ「ただ、あえて言うなら人を殺しちゃいけない理由は……
誰かが悲しむからですよ」

ハニ「じゃあ悲しまれない人は?」

ラフィ「私が悲しいですよ」

ハニ「あっ……そうかぁ……」

ラフィ「天使として、やはりどんな死も悲しいものなのですよ……
だからダメなんです。そうですよね?ゼルエルさん、ガヴちゃん」

ゼル「無論だ!」キリッ

ガヴ「あっはい……」

ガヴ(あれ?なんだこいつ?天使か?)

ゼル(さすがはラフィエルだな!)ウンウン

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:05:58.360 ID:ZeiUrzJv0.net
ハニ「わかった!ありがと~ラフィお姉ちゃん!」

ラフィ「いえいえ~♪あ、でもハニちゃん」

ハニ「うん?」

ラフィ「異教徒と化物は別に殺しちゃっていいんですよ」ニッコリ

ハニ「そうなんだね!」ニッコリ

ゼル・ガヴ「待て待て待てぇ!」

end

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:07:56.985 ID:Q5FNtAB/0.net
これ好き



元スレ: ハニエル「ねぇガヴお姉ちゃん、どうして人を殺しちゃいけないの?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492436662/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31090-3e55e2d1