ヘッドライン

ガヴリール「癒しが欲しい……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:46:25.258 ID:DYPCSBh80.net



グラサン「……おい天真、聞いてるのか?」

ガヴリール「ふぇ……?」

グラサン「まったく、授業中に居眠りとはいい度胸だな」

ガヴリール「え、えっと……」

グラサン「まぁいい、この問題を解いてみろ」

ガヴリール「…………」

ガヴリール(やっべー、授業中ずっと寝てたからまったくわからん……)



グラサン「授業に参加する気がないなら廊下に立ってろ」

ガヴリール「……はい」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:50:27.803 ID:DYPCSBh80.net
……

委員長「天真さん!危ない!」

ガヴリール「……」ポケー


バスンッ!!


ガヴリール「へぶっ!?」

サターニャ「んなーっはっはっは!ガヴリール!討ち取ったりー!!」

ヴィーネ「ちょっとサターニャ!そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!」


ガヴリール「……」チーン

委員長「ああ、顔面にボール受けちゃってる……」

委員長「保険委員の人!天真さんを保健室まで運んでください!」

ヴィーネ「心配だから私もいくわ」

サターニャ「あわわわわ、ご、ごめんなさいガヴリール!大丈夫!?」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:54:32.750 ID:DYPCSBh80.net
……放課後


ガヴリール「うぅ……」ヨロッ

ヴィーネ「今日は散々だったわねガヴ、大丈夫?」

ガヴリール「最近いつもこうなんだよ、体が重たくてさ」

ガヴリール「座ってる時は眠いし、体育の時は体が動かないし……」

ヴィーネ「そ、それは寝不足なだけなんじゃ……」

ガヴリール「……はぁ」


ヴィーネ(珍しく本気でへこんでるわね、ここは少しでも元気を付けてあげたほうがいいのかしら……?)


ヴィーネ「ねぇガヴ、今日は皆でご飯食べに行かない?ラフィとサターニャも誘って!」


ガヴリール「すまんヴィーネ、今日は一人にしてくれ」

ヴィーネ「……」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:01:41.541 ID:DYPCSBh80.net
……

トボトボ……


ガヴリール「……はぁ」


ガヴリール(私って何やっても駄目だな、運動音痴だし、勉強もできないし)

ガヴリール(ラフィエルやヴィーネみたいに皆と明るく会話ができるわけでもないし、料理も下手だし、片付けもできないし……)

ガヴリール(天界にいたころの私はこんなんじゃなかったのにな、今ではこの様だよ……)

ガヴリール(……なんか、自分が情けないな)


ガヴリール「……」ハァ

ガヴリール「癒しが欲しいなぁ…」

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:06:12.656 ID:DYPCSBh80.net
……

トン、トン、トン……


ガヴリール「……っ」

ガヴリール(うぅ、アパートの階段上るだけでもキツい……)


ガチャッ、カチカチッ



ガヴリール「ただいまー」

ガヴリール「……」


ガヴリール「相変わらず汚ったねぇ部屋だなぁ、一体誰が住んでるんだよ……」


ガヴリール「……まぁ、私だよな」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:10:59.235 ID:DYPCSBh80.net
……

ガヴリール「……」ヌギヌギ

ガヴリール「……」ガサッ

ガヴリール「よいしょっ……と」ゴロンッ




ガヴリール「………」

ガヴリール(今日はネトゲをする気力すらないな、このまま夜まで寝るか……)

ガヴリール(起きたらカップ麺でも食ってネトゲでもするか)


ガヴリール「………」ウトウト


………
……

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:16:56.123 ID:DYPCSBh80.net
……



「ふんふんふーん……」グツグツ


ガヴリール「ん、んぅ………」ゴロッ


「お味噌汁もよし………っと」


ガヴリール「………んっ」スンスン

ガヴリール(なんか良い匂いがする……)


ガヴリール「……ヴィーネ?晩御飯作りに来てくれたの?」

「あ、起こしちゃいましたか?」

ガヴリール「あぁ、なんか良い匂いがしてたから目が覚めた」

「ふふふ、今日のご飯はハンバーグですよ!」

ガヴリール「おっ、いいじゃん、丁度お腹も減ってきたし私もそろそろ………」ムクッ



ガヴリール「……ん?」

天使ガヴリール「もう、よだれ垂れてますよ?」クスッ

ガヴリール「は?」

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:24:52.141 ID:DYPCSBh80.net
ガヴリール「……」ジーッ

天使ガヴリール「どうしました?私の顔に何かついてます?」

ガヴリール「……あー」


ガヴリール「夢だな、二度寝しよ」ゴロッ

天使ガヴリール「駄目ですよ?こんな時間に寝たら変な時間に目が覚めちゃうんですから!」グイッ

ガヴリール「離せよ!夢の中なんだから私がどうしようと勝手だろ!」

ガヴリール「ていうか、お前一体誰なんだよ!!」

天使ガヴリール「私はあなたですよ、見ればわかるでしょう?」

ガヴリール「いや、意味わかんねーよ!何で私が二人もいるんだよ!」

天使ガヴリール「何を言ってるんですか、あなたが私を呼んだのに!」

天使ガヴリール「あと、これは夢ではありません!とりあえず起きて話を聞いてください!」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:30:08.372 ID:DYPCSBh80.net
………

ガヴリール「……つまりこういうことか」

ガヴリール「日々の出来事に疲れ果て、精神が不安定になってしまっていた私が」

ガヴリール「無意識に心の奥底で助けを求めていたと……」

天使ガヴリール「はい、あなたの強力な天使力が、私という存在を作り出したのです」

ガヴリール「私にそんな力があるとは思えないが……」

天使ガヴリール「あなたはゼルエル姉様の妹なんですよ?もっと自信を持ってください!」

ガヴリール「……」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:39:17.895 ID:DYPCSBh80.net


ガヴリール「じゃあお前は私を助けるために生まれたって事だよな?」

天使ガヴリール「はい♪」

ガヴリール「それで、具体的に何をしてくれるわけ?」

天使ガヴリール「それはもう、お掃除や洗濯、片付けからご飯の支度、何でもしてあげますよ!」

ガヴリール「ほう……」

天使ガヴリール「それだけではありません、元々私は家事をするために生まれた訳ではないので」

ガヴリール「何?まだなんかしてくれんの?」

天使ガヴリール「はい、そもそもですね、私は癒しが欲しい、という願望から生まれた存在なんです、あなたを癒すために心のケアをしてあげようと思っています!」

天使ガヴリール「あなたの悩みを沢山聞いてあげたり膝の上に乗せて耳掻きしてあげたりぎゅーっと抱き締めてよしよししてあげたり一緒にお風呂に入って洗いっこしたり夜は一緒のお布団で抱き合ったまま眠ったり……」


ガヴリール「は、はぁっ!?何言ってんだよお前!!」アセアセ

ガヴリール「自分と同じ姿の奴にそんなことされて癒されるわけないだろ!むしろ気持ち悪いだけだっての!!」

天使ガヴリール「じゃあ、試してみます……?」ニコッ

ガヴリール「……」

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:48:00.514 ID:DYPCSBh80.net
……


ガヴリール「これでも私は頑張ってるんだよぉ!最近は宿題だってするし!ネトゲだってちょっとだけやる時間減らしたし……っ!!」グスッ

天使ガヴリール「うんうん、あなたは頑張ってますよ、とても立派です」ナデナデ

ガヴリール「それなのにグラサンってば酷いんだよ!私の宿題だけ再提出しろとか言ってくるし!放課後に居残り指導とかしてくるし!完全に嫌がらせだよこれ!!」

天使ガヴリール「ふふ、そうですね……」ナデナデ

天使ガヴリール「でもそれは、あなたの事を思っての行為だと思いますよ?」

ガヴリール「……そんなわけないじゃん」

天使ガヴリール「あなたはやればできる子なんですから、先生もきっとそれをわかってるんです」

ガヴリール「……」

天使ガヴリール「その居残り指導にはサターニャさんははいないでしょう?つまりそういうことなんです」

ガヴリール「……なるほど」

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:56:23.222 ID:wFHhx67u0.net
なるほどw

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 23:59:08.285 ID:ui+rm572d.net
極めて自然に罵倒されるサターニャに涙を禁じ得ない

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:05:37.293 ID:/Agunf1r0.net
天使ガヴリール「だからガヴちゃんは何も気にしなくていいんです、毎日少しずつ少しずつ頑張ってるんですから、私と一緒に成長していきましょう?」ナデナデ

ガヴリール「ガヴちゃんってお前……」

天使ガヴリール「嫌でしたか?」

ガヴリール「いや、別に、好きに呼んでくれ」

ガヴリール「私もさ、そ、その……」

天使ガヴリール「?」

ガヴリール「お、お姉ちゃんって呼んでもいい……?」カァァァ

天使ガヴリール「ふふ、いいですよ」ニコッ


ギュッ


ガヴリール「あっ……」ドキッ


天使ガヴリール「もーーーっと、沢山甘えてもいいんですよ?」

ガヴリール「うん……」ドキドキ

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:10:15.615 ID:/Agunf1r0.net
……数日後


ガヴリール「お姉ちゃん!ただいまー!!」ギュッ

天使ガヴリール「おかえりなさい、ガヴちゃん」ニコッ

ガヴリール「今日はさ、先生に褒められたんだよ!最近の私は遅刻が少ないって!」

天使ガヴリール「あら、それはよかったですね!ご褒美になでなでしちゃいます!」ナデナデ

ガヴリール「えへへ、これも全部お姉ちゃんのおかげだよ!」ニコニコ

天使ガヴリール「いえいえ、全部ガヴちゃんの日頃の頑張りですよ!もっと自信を持ってください!」

ガヴリール「そ、そうかな……」

天使ガヴリール「はい、ガヴちゃんは偉い子です、私の自慢の妹ですよ!」ナデナデ

ガヴリール「えへへへ……」トロン

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:14:35.823 ID:/Agunf1r0.net
……

ガヴリール「おはようヴィーネ、サターニャ」

ガヴリール「うんうん、今日もいい天気だな!」

ヴィーネ「おはようガヴ、最近は朝早いわね」

サターニャ「なんか最近のあんた少し気持ち悪いわね……」

ガヴリール「ふん、気持ち悪いとは失礼な」

ガヴリール「少し規則正しい生活を始めただけだよ、そしたら何か一気に気分が良くなってさ」

ヴィーネ「夜更かしをやめたのね、偉いわガヴリール!」

ガヴリール「えへへ……」

サターニャ「違う、私が気持ち悪いって言ったのはそういう意味じゃなくて……」

ガヴリール「おいおい、これ以上はやめてくれよ、流石に私も傷つくぞ?」ニコッ

サターニャ「……」


サターニャ「なんか違うのよねぇ……」

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:22:32.010 ID:/Agunf1r0.net
ヴィーネ「ねぇ、今日ガヴの家に遊びにいってもいい?」

ガヴリール「うん、いいよ」

ガヴリール「最近は少し小綺麗にしてるからな、汚くはないと思うし」

ヴィーネ「……にわかに信じ難いわね」

ガヴリール「失礼な、私だって掃除くらいするっての」

ヴィーネ「本当かしら……」

ガヴリール「でも丁度よかった、ヴィーネには紹介したい人がいるんだよ」

ヴィーネ「紹介したい人……?」

ガヴリール「ああ、ヴィーネに似て真面目でさ、私のお姉ちゃんみたいな存在なんだ」

ガヴリール「きっと仲良くなれると思うぞ」ニコッ

ヴィーネ「……」


ヴィーネ(天界の友達かしら?少し気になるわね……)

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:27:01.633 ID:/Agunf1r0.net
……


ガヴリール「ただいま、お姉ちゃん!」

ガヴリール「今日は友達を連れてきたんだよ!ほら、ヴィーネ!」

ガヴリール「……何言ってんだよお姉ちゃん、知ってるだろ?」

ガヴリール「はははっ!もう、恥ずかしいからその話はやめてってば!」

ガヴリール「……えっ!?今日はステーキ!?やったー!!」

ガヴリール「うん、うん、そうだな!そうしよう!」


ガヴリール「というわけだからヴィーネ、今日はお前もウチでご飯食べていけよ」ニコッ


ヴィーネ「……ねぇ、ガヴ」

ガヴリール「ん?」


ヴィーネ「さっきから一体誰と話してるの?」

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:29:09.357 ID:k1+hyv0R0.net
ホラーだった

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:29:34.526 ID:W05sZBLD0.net
えっ

44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:30:25.301 ID:Zppbbbdm0.net
ひぇっ

50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:39:11.640 ID:/Agunf1r0.net
ガヴリール「何、私を驚かせようとしてるの?まったく、そんなしょーもない嘘で仕送りが増えるかっての」ハァ

ヴィーネ「……」

天使ガヴリール「ヴィーネさん、きっと驚いてるんですよ」

天使ガヴリール「ほら、私が二人もいるんですよ?それはもう、ビックリしてもおかしくないですって」

ガヴリール「はは、それもそうだな、この反応は正常だ」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「改めて紹介するよヴィーネ、こっちはもう一人の私だ」

ガヴリール「最近は毎日私の面倒を見てくれてる、まぁあれだ」

ガヴリール「お姉ちゃん……みたいなもんかな」

天使ガヴリール「あらあら、ガヴちゃんったら……」クスッ

ガヴリール「なんだよ!笑うことないだろ!」

54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:46:43.045 ID:/Agunf1r0.net
ガヴリール「まぁヴィーネも突っ立ってないで座れって、ほらお茶も淹れたからさ」ガサガサ

ヴィーネ「……ねぇ」

ガヴリール「あぁ、座布団がなかったな、今から持ってくるから……っ」

ドサッ


ガヴリール「いてて、何もないところでコケるなんて、私もドジだなぁ」

ヴィーネ「……あんた、家の掃除をしたって言ってたわよね?」

ガヴリール「ん、まぁ、全部お姉ちゃんにまかせっきりだけどな」

ガヴリール「ははは、何か自分の手柄みたいに言ってごめんな?」


ヴィーネ「……」

ヴィーネ(全然掃除なんてされていない、むしろ以前のガヴの部屋のがまだ清潔だったわ……)

55 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:51:36.915 ID:2+aT8wU40.net
えぇ…

56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:52:10.096 ID:b+HgMUk6d.net
ヤバい匂いがプンプンする

57 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 00:53:12.016 ID:/Agunf1r0.net
……

ヴィーネ「ねぇガヴ」

ガヴリール「それでさー、今日学校でサターニャがさー」

ヴィーネ「ガヴ」

ガヴリール「そうそう、いい加減学習しろって話だよな」クスッ

ヴィーネ「ねぇ、ガヴ!」

ガヴリール「そうだ、今度良かったらお姉ちゃんも一緒に遊ぼうよ、きっとみんな……」


ヴィーネ「ガヴリールっ!!!」

ガヴリール「……っ」ビクッ

ヴィーネ「ねぇ、何で私には何も相談してくれなかったの……?」

ガヴリール「何だよヴィーネ、いきなり怒鳴る事ないだろ?」

ヴィーネ「どうしてあんた、こんなになるまで……っ」グスッ

ガヴリール「……ヴィーネ?」

ヴィーネ「……」


ギュッ


ガヴリール「……?」

ヴィーネ「辛いことがあるんだったら、少しは私に相談しなさいよ、ばか!!」ギュゥゥゥ

ガヴリール「ちょ、ヴィーネ、苦しい……っ」

59 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 01:08:58.386 ID:/Agunf1r0.net
ヴィーネ「ガヴ、私はずっとあんたの事が心配だったのよ」

ヴィーネ「いつもいつも寝坊するし、放っておいたらご飯も食べないし、お風呂にも入らないし掃除だってしないし、あんたを一人にすると絶対生きていけないって思ってた」

ヴィーネ「勿論それは今でもそう、いいえ、今日の事でさらにあんたが心配になったわ」

ガヴリール「何言ってんだよヴィーネ、今の私にはお姉ちゃんがいるから大丈夫だって」

ガヴリール「ほら、最近なんて遅刻しないだろ?それも全部お姉ちゃんが……」

ヴィーネ「全然大丈夫じゃないわよ!!」

ガヴリール「……っ」ビクッ

ヴィーネ「いい!?あんたのお姉さんはゼルエルさんよ!!今あんたが見ているそれとは違うの!!」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「あんたの横にいる存在はただのまやかしよ!実在しないの!ここにいるのは私とガヴリール、二人だけ!!」

ヴィーネ「何であんたがそうなっちゃったのは知らないけど、ラフィエルやサターニャだってガヴの事を心配してるのよ!?」

ガヴリール「……っ」

ヴィーネ「もう少し友達を頼りなさいよ!!私達だって、あんたの悩みを聞くくらいの事はできるんだから!!」

63 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 01:22:58.787 ID:/Agunf1r0.net




ヴィーネ「……ここまで言われればわかるでしょ?あんた、おかしいわよ」

ガヴリール「……あぁ」

ヴィーネ「……」



ガヴリール「……お前には、お前らには一生わからないだろうな」

ヴィーネ「……?」

ガヴリール「私はさ、お前らみたいに器用じゃないんだよ」

ガヴリール「この世界での生き方を知らない、だからこうなったんだ」

ガヴリール「見ろよ、この私を」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「もう私は天使なんかじゃない、人間界の娯楽に溺れた欲望の化身だ」

ガヴリール「一人で生きていく力も全て失った、私はもうおしまいだ」

ヴィーネ「……そんなことないわよ」

ヴィーネ「あんたに悩みがあれば私達が聞いてあげるし、あんたが困っていれば、助けてあげることだって……」


ガヴリール「もうウンザリだって言ってんだよ!!」

ヴィーネ「……っ」ビクッ

66 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 01:32:15.106 ID:/Agunf1r0.net
ガヴリール「友達だの友情だの、薄っぺらなんだよ!!」

ガヴリール「私の気持ちなんてわからない癖に!!相談に乗るだなんて馬鹿げた事言ってんじゃねぇ!!」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「お前に私の気持ちがわかるのかよ?天界ではなんでもできてチヤホヤされていたこの私が!!誰よりも努力して首席で卒業したこの私が!!」

ガヴリール「何もできなくなったんだよ!!洗濯機を回すことも、洗い場の食器を片付けることも、シャンプーを詰め替えることも足の爪を切ることも歯磨き粉の蓋を閉めることも……」

ガヴリール「何もかもしたくないんだ、面倒で面倒で仕方ないんだよ!!」

ガヴリール「それをお前らは自業自得だって言うのか!?全部私のぐーたらな私の性格が悪いって言うのかよ!?」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「そんなのわかってんだよ!始めから全部、私が悪いってわかってんだよ!!」

ガヴリール「わかってるのに……っ!!……どうにもならないんだよぉ……」グスッ

ヴィーネ「ガヴリール……」

69 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 01:41:05.288 ID:M4eSytevd.net
やだ、一生養いたい…

71 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 02:00:10.649 ID:/Agunf1r0.net



ガヴリール「……ヴィーネは悪くない……悪いのは全部、私なんだ……」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「おかしくなったフリをしてたのかもしれない、皆に心配してほしくて、同情されたくてさ」

ガヴリール「……笑っちゃうだろ?こんなのが首席なんだよ?」

ヴィーネ「……あんたがどんな事を言っても、私はガヴを嫌いになったりはしないわ」

ガヴリール「嘘つき、そんな奴いるわけないじゃん」

ヴィーネ「嘘なんかじゃない、神に誓ってもいいわ」

ガヴリール「……」


ヴィーネ「ねぇ、ガヴリール」

ヴィーネ「あなたは今、少し息苦しくなってるだけなの」

ヴィーネ「部屋を綺麗にして、美味しい物を食べて、楽しい事をしたらきっと……」

ヴィーネ「きっとまた、笑顔になれるわ」

ガヴリール「……」

74 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 02:10:26.383 ID:/Agunf1r0.net
ガヴリール「……人と話してるとさ」

ガヴリール「なんでこいつらこんな低レベルな会話で盛り上がってんだろ、何が楽しいんだろ……って、思うことある?」

ガヴリール「皆で遊ぼうってなった時にさ、周りの奴等だけ盛り上がってるのに自分はまったく楽しめなくて、凄く疎外感を感じたことある?」

ガヴリール「見下していた奴が自分より凄い結果を残してさ、そんくらいの事なら私だって本気出せばできるしって、思ったことある?」

ガヴリール「まだまだあるぞ、私の卑屈で嫌なところ」

ガヴリール「全部下界で手に入れた感情なんだけどさ、人間って凄いよな、こんな真っ暗な世界で生きてるんだから」


ガヴリール「……まぁつまりなんだ、お前にはもっと相応しい友人ってのがいるんだよ」

ガヴリール「私みたいな奴と仲良くするのはもうやめろって、百害あって一理なしだぞ」


ヴィーネ「……さっきも言った思うけど」

ヴィーネ「ガヴがどんなことを言っても私はあんたを嫌いにならない、この言葉に嘘はないわ」

ガヴリール「なんでそこまで……」

ヴィーネ「そんなの決まってるわ」


ヴィーネ「ガヴと一緒にいるのが楽しいからよ」

75 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 02:18:02.845 ID:/Agunf1r0.net
ガヴリール「……」

ヴィーネ「だからあんたもいい加減諦めなさい、悪魔ってのはしつこいのよ」

ガヴリール「……こんな時だけ悪魔ヅラしやがって」

ヴィーネ「あんたにだけは言われたくないわよ、このおバカ天使」

ガヴリール「むっ、なんかムカつくな」

ガヴリール「言っとくけど、私は天界では首席だったんだからな?お前みたいな落ちこぼれ悪魔とは格が違うっての」

ヴィーネ「ほら、そうやって都合のいい時だけ過去の栄光を盾にするの、あんたの悪い癖よ?」

ヴィーネ「なーにが偽りの自分だったよ、未練たらたらじゃない」

ガヴリール「ふん、言ってくれるじゃないか」

ヴィーネ「何よ、やる気?」



ガヴリール「ふんっ」

ヴィーネ「……」


ガヴリール「……ありがとな、ヴィーネ、何か元気出た」

ヴィーネ「感謝は行動で表しなさい、まずは部屋の掃除よ」

ガヴリール「えー、めんどくさい」

ヴィーネ「やるのよ」

ガヴリール「はい」

78 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 02:27:35.565 ID:/Agunf1r0.net
……

ガヴリール「と、いうわけだ、ごめんな」

天使ガヴリール「……私はもう少しガヴちゃんと一緒にいたかったのですが……」

ガヴリール「もう十分癒してもらったって、それに、これ以上お姉ちゃんや皆に迷惑かけたくないしな」

天使ガヴリール「……なんだか私、お邪魔虫ですね」

ガヴリール「そんなことないさ、もし、お姉ちゃんがいなかったら」

ガヴリール「私は今頃……」

天使ガヴリール「……」

ガヴリール「……悩み、聞いてくれてありがとな」

天使ガヴリール「はい」

ガヴリール「勝手に呼び出しといて言うのもなんだけどさ、ごめんな」

ガヴリール「私って案外浮気性なのかも……」

天使ガヴリール「ふふ、面白いことを言いますね、ガヴちゃん」

天使ガヴリール「本来私はあなたの一部、役目を終えたら主の元に帰るのは当然の事でしょう?」

ガヴリール「それもそうだな、何を言っているんだ私は……」

天使ガヴリール「短い間でしたが、楽しい日々でしたよ」

天使ガヴリール「ヴィーネさんや皆さんに心配をかけないよう、天使らしく真っ当に生きてくださいね?」

ガヴリール「ん、自信はないけど少しは努力してみるよ」

……

79 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 02:38:06.392 ID:/Agunf1r0.net
その後、ヴィーネとは一緒に暮らす事になった、私から目を離すと何をしでかすかわからないから不安で夜も眠れないらしい、ヴィーネは心配性だ。

朝は起こしてくれるしご飯だって作ってくれる、何不自由ない生活をさせてもらっている私だが一つだけ不満があった。

それは、私との共同生活において必ず守らなくてはいけないルールの一つ、深夜のネトゲ禁止ルールだ、とてつもなく悪魔的で恐ろしいことを考えやがる。

以前の私であれば絶対に守れないルールだったが、ヴィーネとの生活を始めた今、意外なことにそのルールを苦痛とは感じなかった。

それは、たんに私がネトゲに飽きてしまっただけなのか、早寝癖がついてしまったせいですぐに眠くなるだけなのか、それとも、ヴィーネとの共同生活が予想以上に楽し………



ガヴリール「……………」

ガヴリール「やっぱやめだ、日記とか私のキャラじゃないし」クシャクシャ

ヴィーネ「あーちょっと!せっかくお揃いの日記帳買ったのにー!」





81 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 02:41:05.881 ID:/Agunf1r0.net
以上でおわり
ガヴはあそこまで駄目駄目になったんだから劣等感だらけの卑屈な奴であってほしい、そんな妄想

83 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 02:52:29.284 ID:pUjTT/530.net

いい話だった



元スレ: ガヴリール「癒しが欲しい……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492436785/

ガヴリールドロップアウト Blu-ray BOX
KADOKAWA アニメーション (2020-02-26)
売り上げランキング: 2,347

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31077-dc3da3f8