ヘッドライン

千早「なんでも、なんでもいいわけありません」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 03:57:18.35 ID:mlVkAA9h0
P「ちーちゃん!ちーちゃんはいるかいっ!?」

千早「はいはい、ここにいますよ。どうかしたんですか?」

P「あっ、ちーちゃん!見て見てっ!ちーちゃんにそっくりなものを見つけたよっ!!」

千早「私にそっくりなものですか?なんなんですか、ものって……」

P「百聞は一見にしかずだよ!とりあえず見てみよーっ!!」

千早「随分、自信ありげですね。いいですよ、見せてみなさいよ」

P「ふっふっふ~……ジャジャーン!これだよっ、これ!!」

千早「ま、まな板……」

P「どう!?ちーちゃんの体にそっくりじゃない!?」

千早「………………」

P「あまりにそっくりすぎて、なにも言えないんだねっ!うぷぷぷぷ~♪」

千早「……チッ」

P「えっ」

千早「とりあえず……歯ぁ食いしばらんかい、ゴルァアァアアァァアァアアアァアアァアアアアァァア!!!!!!!!」

P「えっ!?いやちょっ……ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 04:01:17.45 ID:pk9GaitH0
千早というかミンゴス

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 04:17:08.97 ID:mlVkAA9h0
千早「ケッ……ちっとも気が晴れやしねぇ……」

P「あぶぶぶぶぶぶ……」

千早「……この程度で気絶するだなんて、鍛え方が足りないわね」

春香「おはようございm……な、なにこの状況!?」

千早「あら、春香じゃない。おはよう」

春香「お、おはよう……って!それどころじゃないよっ!!なにしてたの!?」

千早「なにってそんなの、お仕置きに決まってるじゃない。春香ったらやだわ」

春香「お、お仕置き!?お仕置きで人は気絶しないよ!!気絶しちゃったら、それはもう拷問だよっ!!」

千早「拷問なんて酷いわね……私はただ、一発殴っただけよ」

春香「どんだけ重いパンチを持ってるの!?」

千早「パンチを威力で語るものじゃないわ。重要なのは、当てる場所よ」

春香「知らないよ、そんなの!と、とにかくプロデューサーさんを、なんとかしかないと……」

千早「大丈夫よ。放っておけば、その内起きるわ」

春香「そうはいかないよ!もし、変なところに当たってた危ないでしょ!?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 04:31:31.36 ID:mlVkAA9h0
千早「私が変なところになんて当てると思ってるの?ちゃんとこめかみに当てたわよ」

春香「急所じゃん!モロ急所じゃん!十分変なところだよっ!!」

P「う、う~ん……」

春香「ぷ、プロデューサーさん!?大丈夫ですかっ!?」

千早「息してるんだし、そんな心配しなくとも大丈夫よ」

春香「千早ちゃんはちょっと黙ってて!プロデューサーさん!聞こえますかー!?」

P「えへへ……もう食べられないよぉ……ムニャムニャ」

春香「えっ!?ね、寝言……?」

千早「またベタな寝言ね……少しも面白くないわ」

春香「た、確かにそうだけど……大丈夫なのかなぁ?」

千早「大丈夫なんじゃないかしら?寝てるみたいだし」

春香「千早ちゃん……原因は千早ちゃんなのに、さっきからドライすぎるよ……」

千早「だって……私はまだ、プロデューサーを許していないもの」

春香「そういえば、さっきもお仕置きって言ってたけど、一体なにがあったの?」

千早「春香、聞いてくれるの?プロデューサーったら酷いのよ」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 04:50:09.94 ID:mlVkAA9h0
春香「あー……それはプロデューサーさんが悪いね。全面的に」

千早「そうでしょ?思わず私が手を出してしまっても、それはしょうがないことでしょ?」

春香「まぁ……ビンタくらいならまだしも、パンチはダメだよ。パンチは」

千早「でも、思わず出てしまったんだもの……しょうがないわよ、やっぱり」

春香「しょうがなくない!そんなことを思ってたら、成長なんて出来ないよ!!」

千早「せ、成長……私にはもう、成長するような所なんてないわ……」

春香「あるよっ!千早ちゃんは、まだまだ成長出来るって!!」

千早「春香は、私のことを信じてくれているのね……」

春香「当たり前だよ、そんなこと。私と千早ちゃんは親友なんだし!」

千早「親友……友情ってこんなにも温かいものだったのね……」

春香「うん!誰かはそれを、絆とも言うんだよ!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 05:11:22.64 ID:mlVkAA9h0
春香「まぁとにかく、プロデューサーさんが起きたら、ちゃんと謝らなきゃダメだよ?」

千早「えぇ、分かってるわ……くっ」

春香「なんでそんな悔しそうなの……にしてもプロデューサーさん、いつ起きるのかな?」

千早「ここは一発、殴ってでも起こした方がいいんじゃないかしら?」

春香「さっきから、やり口がバイオレンスに偏りすぎてるよ!とにかく、殴るっていう考えを、一回忘れて!」

千早「私から暴力を取ったら、もうなにも残らないじゃない……」

春香「歌があるでしょ、歌が!いつからそんな武闘派になったの……」

千早「歌、ね……そういえば、歌に縋っていた時もあったわね……」

春香「えっ?なにそれ……どういうこと?」

千早「私はもう、歌に全てを捧げるのは辞めたの」

春香「あの千早ちゃんがそんな……一体、どういう心境の変化があったの?」

千早「心境の変化というか……気付いてしまったのよ。あずささんのほうが、私より歌が上手いって」

春香「あっ、今まで気付いてなかったんだ」

千早「えっ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 05:16:12.69 ID:Cr9mIzcU0
おいやめろww

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 05:26:03.10 ID:mlVkAA9h0
春香「ん?なに?どうかしたの?」

千早「いやその……さっき、気付いてなかったんだって言ったわよね?」

春香「言ったけど、それがどうかしたの?」

千早「じゃあその……は、春香は気付いていたの……?」

春香「私はっていうか、みんながかな?」

千早「み、みんながっ!?みんな、私よりあずささんのほうが、歌が上手いって気付いてたと言うの!?」

春香「う、うん……そうだけど?」

千早「そんな……い、いつから?2週間くらい前から?」

春香「う~ん……2年前くらいからかな?」

千早「に、2年も前にみんな気付いてたの!?ま、まさかそんな……」

春香「ち、千早ちゃん?どうしたの、そんな落ち込んで……」

千早「落ち込むに決まってるじゃない……そんな前から、みんなに気付かれてたなんて……」

千早「そんなことも知らずに、歌が全てだとかなんとか、言っていたのね、私は……とんだピエロじゃない……」

春香「ピエロだなんて、そんなこと誰も思ってないよ!!」

千早「……口ではどうとでも言えるわ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 05:34:40.80 ID:Cr9mIzcU0
努力すればだれでも1番になれるとは限らないからねえ・・・

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 05:39:15.95 ID:mlVkAA9h0
春香「ホントだって!信じてよ、千早ちゃん!!」

千早「信じられないわよ、今の私にはなにもかも……」

春香「どうして!?親友の言葉も信じられないの!?」

千早「……脆い友情だったわね、春香」

春香「そんな……そんなのってないよっ!!」

千早「もう私はここにはいられないわ。こんな……みんなして、心の中で私を笑ってるような所になんて……」

春香「だから、ほんとに誰もそんなことしてないって!被害妄想がすぎるよ!!」

千早「う、うるさいっ!この……り、リボンが本体っ!!」

春香「なっ!……千早ちゃん、それはいけない。いけないよそれは」

千早「ふんっ……あなたは精々、リボンに存在感で勝ることね」

春香「千早ちゃんも、歌の癖がすごいのをなんとかすることだね」

千早「……最後に元親友から、1つだけ忠告しておいてあげるわ」

春香「なにかなぁ?聞いといてあげるよ」

千早「親友の言葉がどうこうって、自分から言うものじゃないわよ。途端に胡散臭くなるから」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 06:04:15.31 ID:mlVkAA9h0
千早「啖呵を切って、出て行ったのはいいものの……」

千早「どうしてプロデューサーがついて来るんですか!?」

P「えっ?ダメだったの?」

千早「ダメです!普通ここは、私は出て行って春香に視点が移る場面ですし」

P「おすしっ!」

千早「……そういうのイライラするんで辞めてもらえませんか?」

P「えっ?そうなの?」

千早「そうです!ただでさえ、イライラしてるんですから、本当に辞めてください!」

P「そう言われても……あっ!辞められない止まらない!!」

千早「………………」

P「ほら、ちーちゃん!辞められない止まらない!!」

千早「………………」

P「ちーちゃん、ちゃんと聞こえてる?辞められない止まらないだよ?」

千早「………………」

P「ほ~らっ!辞められない止まらないと言えば!?と言えばぁ~!?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 06:25:53.37 ID:mlVkAA9h0
千早「本気で私が言うと思ってるんですか?いい加減、辞めてください」

P「言わないの?言おうよ!言っちゃおうよっ!!」

千早「言いません。私はプロデューサーほどバカではありませんから」

P「ば、バカなんかじゃないもんっ!バカって言った人のほうがバカなんだもんっ!!ちーちゃんのバカ!!」

千早「はいはい……というか、起きたなら事務所で仕事をしててください」

P「事務所でする仕事なんかより、ちーちゃんを事務所に戻すほうがよっぽど大事な仕事だよ!」

千早「……案外、真面目に考えてたんですね」

P「そりゃあそうだよ!なんてったって、プロデューサーだからねっ!!」

千早「ですけど、私に戻る気はありませんから」

P「今はそうかも知れないけど、きっと戻りたくなるよ!絶対にねっ!」

千早「よく言いますね……どこからそんな自信が沸くのやら……」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 06:41:09.62 ID:mlVkAA9h0
千早「それで、私を事務所に戻すために、まずなにをする気ですか?」

P「えっ?えっとねぇー……ちーちゃん、事務所に忘れ物してるよ?」

千早「……事務所に戻すって、そういう物理的に戻すことじゃないと思いますよ」

P「えっ!?そうなの!?」

千早「そうです。というか、ちょっと考えれば、分かりそうなものですけれど……」

P「全く分からなかった……流石ちーちゃん!頭いいねっ!」

千早「私の頭がどうこうより、プロデューサーの頭がどうこうの問題だと思うんですが」

P「まぁとにかくさ!一回、事務所に戻ろうよっ!!」

千早「嫌です。それじゃあ出て行った意味がありません」

P「なにか買いに出て行ったってことにすれば?」

千早「ものを買いに行くだけで、去り際にあんなことを言うなんて、意味が分かりませんよ」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 06:57:35.67 ID:mlVkAA9h0
P「とにかく!もうちょっと、はるちゃんの話も聞いてみたらどうかな!?」

千早「もう嫌ってほど聞きましたよ……今更、なにも聞くことなんてありません」

P「ホントにちゃんと聞いたの?」

千早「……どういう意味ですか?」

P「なんか2人の話を聞いてたらね、ちーちゃんははるちゃんの話を、ちゃんと聞いてると思えなかったんだ」

千早「ですから、ちゃんと聞いてましたって。本当に」

P「ホントにちゃんと聞いてたら、あんなにはるちゃんの話を否定してないと思うけどなぁ……」

千早「仕方ないじゃないですか……私がそう思ったんですから」

P「じゃあ本気で、みんながちーちゃんのことを、陰で笑ってるなんて思ってたの?」

千早「えぇ、思ってましたよ。それが?」

P「ちーちゃん……心が貧しすぎるよ!貧しいのはおっぱいだけにしてよっ!!」

千早「ちょっ!!お前、大声でマジ大声でなに言ってんの!?バカなの!?氏ぬの!?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 07:21:55.38 ID:mlVkAA9h0
P「死なないっ!むしろ死ぬべきなのは、ちーちゃんのその貧しい心だよっ!!」

千早「……どういう意味ですか?」

P「同じ事務所の仲間を信じられない、そんな貧しい心なんて、死んでしまえってことだよっ!!」

千早「私は信じてましたよ!でも、裏切ったのはみんなのほうじゃないですか……」

P「みんなは裏切ってなんてないよ!むしろ、裏切ったのはちーちゃんのほうだよ!」

千早「私が、裏切った……?」

P「そうだよっ!みんなが陰で笑ってるなんて、被害妄想を押しつけてるのはちーちゃんのほうでしょ!?」

千早「だってそれは……」

P「じゃあ見たの!?みんながあずささんのほうがちーちゃんより歌が上手いってことで、笑ってる所を見たの!?」

千早「み、見たことはありませんけど……」

P「ていうか、ちーちゃんのことを笑うなら、みんな歌のことじゃなくておっぱいのことで笑うよっ!!」

千早「なんでさっきから、ちょくちょく失礼なことを混ぜてくるんですか!?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 07:42:38.05 ID:mlVkAA9h0
P「そもそもね、そんなことで笑うような子はプロデュースなんてしないからねっ!」

P「だから、765プロの中にそんな子はいないの!分かった!?」

千早「まぁ……言いたいことは分かりましたけど、まだ納得は出来ません」

P「ぐぬぬ……ちーちゃんったら強情なんだから……」

千早「意固地になってるのは、自分でも分かってます。ですけど……」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 07:43:23.32 ID:mlVkAA9h0
P「出来ればこの手だけは使いたくなかったけど……どうやら、出さないとダメみたいだね!」

千早「……まだなにかあるんですか?」

P「もし……もしだよ、ちーちゃん?もしもその……」

千早「勿体ぶりますね。スッとは話したらどうですか?」

P「そうだね……じゃあ、もしもちーちゃんよりおっぱいの小さい子が事務所いたらどうする?その子のことを笑う?」

千早「わ、笑うなんてそんなっ!そんなことするわけないじゃないですかっ!!」

P「じゃあその子が毎日、おっぱいを大きくしようと努力してたら……どうする?」

千早「なんて……なんて健気な子なの……!そんなの、私の知ってるバストアップ法を全部教えてあげますっ!!」

P「つまり、そういうことなんだよ!ちーちゃん!」

千早「えっ!?そういうことって……はっ!?」

P「どうやら分かってくれたみたいだねっ!良かった良かった!!」

千早「は、はい。すごくよく分かりました……私、春香に謝ってきます!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:01:31.10 ID:mlVkAA9h0
千早「春香っ!春香はいるかしら!?」

春香「……春香なんて子はいません。いるのはただのリボン掛け機だけです」

千早「な、なにを言っtは、春香!?あなた、リボンは!?」

春香「だから、私は春香なんかじゃないよ。ただのリボン掛け機なんだから」

千早「そ、そんなことより大丈夫なの!?動悸とか息切れとかしてない!?」

春香「えっ!?リボンって私の生命維持装置だったの!?どれだけリボンが重要なの!?」

千早「フッ……春香、ついにボロを出したわね」

春香「あっ!くそっ……!」

千早「いくらリボン掛け機と言ったって、私の策にまでかかるようじゃまだまだね」

春香「……それで、私に一体なんの用なの?」

千早「実は……あなたに謝りにきたのよ」

春香「あ、謝りに?なんでまた急に……」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:13:58.55 ID:mlVkAA9h0
千早「私は気付いたの……そう、気付いてしまったのよ……」

春香「い、一体なにに?」

千早「みんなが私のことを笑うような人たちじゃないって!」

春香「えっ?……今更?」

千早「それを春香に伝えたくて……そして謝りたくて」

春香「まぁうん……とにかく気付けてよかったね」

千早「春香……疑ったりなんかして本当にごめんなさい!」

春香「ほんとだよ……これからはもっと私たちを信じてね?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:15:14.78 ID:mlVkAA9h0
千早「えぇ、もちろんよ!それと……春香は、ギリギリリボンより存在感が上よ」

春香「あー……それ言うのは余計だねー」

千早「それでその……お詫びの品と言ってはなんだけど、これを受け取って欲しいの」

春香「なにこれ?……開けていいかな?」

千早「えぇ、春香の好きにして頂戴」

春香「それじゃあ早速……うわぁ!素敵な色のリボン!」

千早「ドクペ色よ。きっと春香に似合うと思って」

春香「ど、ドクペ……そこは紫色じゃダメなの?」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:30:37.20 ID:e2nFpiN40
ドクペ色wwww

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:40:56.48 ID:mlVkAA9h0
P「どうやら、2人とも仲直りが出来たみたいだねっ!!」

春香「えっ?プロデューサーさん!?起きてたんですか!?」

P「あれだけ騒いでたら、いくら美希だって起きるよ!」

千早「プロデューサー!おかげで春香と仲直りが出来ました!」

P「うんっ!これで2人の絆がさらに強くなったってことだよ!間違いないねっ!!」

千早「はいっ!でも、トップアイドルになるためだったら、全力で蹴落とします!!」

春香「えっ!?なにそれひどい!!仲直りしたばっかで、言うことっ!?」

千早「仲直りした今だからこそじゃない。お互いを再び信じ合えた今だからこそ、本音をぶつけるべきよ」

春香「本音ったって本音すぎない?」

千早「じゃあ春香は、私を蹴落とさないでトップアイドルになるの?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:44:34.49 ID:mlVkAA9h0
春香「いやまぁ……それはなんというか……」

千早「トップはいつだって1人よ。だから確実に、誰かを蹴落とさなければいけないわ」

春香「そりゃあそうだけどさぁ……」

千早「私はあなたを一番のライバルだと思ったから、必ず蹴落とすと宣言したのよ。あなたは私をライバルとは思ってないの?」

春香「……思ってるよ、そりゃあ。千早ちゃんだけじゃなく、みんなライバルだって」

千早「なら、もう答えは出てるじゃない」

春香「そう……だね。うんっ!私も千早ちゃんを全力で蹴落とすよ!!」

千早「ふふっ……やってみなさいよ、このリボン掛け機!」

春香「そっちこそ、やれるもんならやってみなよ!このエセ歌姫!!」

P「なんかいい感じになってるけど、2人ともまずはCランクを目指そうね!トップアイドルなんてまだまだなんだからっ!!」

千早「……確かに、このプロデューサーの元じゃ、トップアイドルなんて夢のまた夢ね……」

春香「千早ちゃんを蹴落とす前に、なんとかプロデューサーさんを蹴り出さないと……」

P「えっ!?なんで!?なんで2人ともそんなこと言うのっ!?ひどいよっ!!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:45:39.38 ID:mlVkAA9h0
おわり

ドクペの色って何色なんだろう

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 08:48:25.22 ID:UYqXZYZQ0
乙かれー
このPのちょっとイラッとするとこがたまらんww

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 09:58:20.89 ID:JhLolw8k0

わかってないでドクペの色って言ってんのかよww



元スレ: 千早「なんでも、なんでもいいわけありません」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346785038/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER MILLION LIVE! ニューシングル (メガジャケット付)
THE IDOLM@STER MILLION LIVE!
ランティス (2020-05-27)
売り上げランキング: 279

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31035-5e66a0a9