ヘッドライン

P「アイドル達に何も言わずに仕事を休んで今日で一週間か……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 21:35:40.98 ID:NvU2Ap/pO
P「親父が倒れたって聞いたから、一週間の休暇を貰って実家に戻ってた訳だけど……
アイドル達に何も言わなかったから、皆怒ってるだろうなぁ」


P「……まあ、その辺りは社長と小鳥さんが説明してくれてると信じよう。うん」




社長「ふふふ……」
小鳥「ぴよぴよ」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 21:55:49.48 ID:ZvkBlsLFP
事務所

ガチャ

P「ただいま戻りました~」

美希「あ、おはようございます。ハ、プロデューサー!」

P「ああ、おはよ……え?」

亜美「プロデューサー、おはようございます!」

真美「おはようございます」

P「」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 21:59:08.42 ID:ZvkBlsLFP
P「っていうか、え? え?」

美希「毎朝、お疲れ様な、です! カバン持ちます!」

亜美「亜m、私は上着!」

真美「マミ、じゃなくて私は私は!」

P「ちょ、ちょっと待ってなにこれ?」

小鳥「フフ、おはようございます」

P「あ、おはようございます」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:04:24.02 ID:ZvkBlsLFP
会議室

小鳥「フフフ、面白いですねー」

P「面白いですねーじゃないですよ。いったいなんなんですか? アイツらの変わり様というか」

小鳥「それがですね。何も言わずにプロデューサーさんが出て行かれて、どうやら事務所を辞めたと勘違いしたらしくて」

P「辞める!? まさか!」

小鳥「ええ、まあそうなんですけど。そこで社長と私がちょーっとその話に尾ひれをつけまして」

P「あー……なんとなく分かったような」

小鳥「プロデューサーさんが戻ってくるように、良い子になるんですって」ピヨッ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:07:41.12 ID:ZvkBlsLFP
P「良い子って、アイツらは十分、良い子達じゃないですか」

小鳥「んー、まあそこは乙女心と言いますかーピヨピヨ」

P「ん? まあ美希や亜美真見がマジメになるんでしたら越したことはないですが」

小鳥「他の子達もそれぞれ、良い子になってますからね」ピヨッ

P(すごく嫌な予感しかしない)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:11:48.01 ID:ZvkBlsLFP
事務所


P(やれやれ。社長も小鳥さんも妙なところで子供っぽいというか)

P(っていうかまずこの背中にひっついてるのどうにかして)

美希「肩はこってませんか? マッサージしてあげますなの!」

P「いいよいいよ、それよりも今日は美希はオフだろ? しっかり休んでろって」

美希「いいえ! 今までサボってた分、イッショウケンメイになりますの!」ビッ!

P「良いことなんだろうけどどうも方向性が……分かった。後でレッスン見てやるから」

美希「ありがとうございますなの!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:15:22.87 ID:ZvkBlsLFP
P(さてと、今日は午前中は貴音のロケだったな。朝からラーメン店の取材なんて貴音くらいしか出来ないな)

ガチャ

貴音「あなた様……」

P「おお、貴音来た、か……えっと……」

貴音「さあ、早く参りましょう……」

P(なんか全体的に白くてしぼんだ貴音らしき物体が来た)

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:19:07.81 ID:ZvkBlsLFP
P「おいっ、一体全体どうした!?」

貴音「わたくしは何も変わりありませんが……?」

P「いや、今にも倒れそうな、っていうか全体的に存在自体薄くなってるぞ?」

貴音「そうですね……日頃食べるらあめんを節制したせいでしょうか……」

P「なっ……男の俺でも引くぐらいの量を食べてたお前がそんな……!」

貴音「良いのです……それもこれもあなた様に戻って頂くため……」


パタン


P「貴音ぇぇぇぇ!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:25:05.35 ID:ZvkBlsLFP
P「貴音!」

貴音「あなた様……わたくしは良い子になれましたでしょうか……?」

P「貴音……! ああ! お前は良い子だ!」ギュッ

貴音「あなた様……」

P「だが貴音! 俺は元気にラーメンを食べるお前の方が好きだ! 周囲が距離を取るくらい食べるお前は輝いてる!」

貴音「らあめん……」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:27:14.04 ID:ZvkBlsLFP
貴音「私は……食べていいのですか……?」

P「ああ……! 食べて良い! お前は食べて良いんだ!」

貴音「……」

スッ

P「貴音……!」

貴音「参りましょうあなた様……いざ、戦地(ロケ地)へ……!」

P「ああ!(スタッフさん、先に謝っておきます!)」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:30:19.19 ID:JhfPy0cU0
一人で一店舗を食い尽くす気か

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:30:31.14 ID:ZvkBlsLFP
数時間後、お昼のぬるい情報番組で伝説が打ち立てられるのだが、それはまた別のお話


事務所

P(あの店大丈夫かなー)

ガチャ

雪歩「……」

P「お、雪歩おはよう」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:33:11.97 ID:ZvkBlsLFP
雪歩「ぷ、ぷろりゅぅ……!?」

P「あー、今まで連絡しなくてごめんな。別に辞めたわけじゃn

雪歩「お、おはようごじあます、だぜ!」

P「え」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:34:09.26 ID:Bl/Q3t/S0
(アカン)

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:35:00.56 ID:ZvkBlsLFP
雪歩「きょ、今日も元気にヤル気ばりばりー、だぜぇーっ」

P(おー、どんどん赤くなってる)

雪歩「わ、私についてこい、なんだじぇぇぇ……」

P(あー、どんどん小さくなってく)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:35:55.81 ID:JRMJOsYYi
やばい
可愛い

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:37:27.65 ID:ZvkBlsLFP
雪歩「だぜ……だぜ……」

P「まあその、うん、気持ちは伝わったよ」

雪歩「その、私がダメでグズだからプロデューサーが辞めちゃったと思って、思ってぇぇぇ……」グスン

P「うんうん、頑張った。良い子だ。うん」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:40:46.93 ID:lAHEaPE30
これが…天使か…

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:41:16.53 ID:ZvkBlsLFP
雪歩「どうやったらこんな私でも、うぅ、強くなれるかなって」グスン

P「うんうん」

雪歩「それでその、真ちゃんと相談して」

P「うんうん……ん?」

ガチャ


真「プロデューサー! キュルルン☆ 真ちゃん、ただいまプリティーに推参なりYOー!」

P「……」

雪歩「……」

真「……あっ」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:42:13.10 ID:JRMJOsYYi
(うわぁ…)

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:43:25.28 ID:fJk4m53u0
これならまだまっこまっこりーんとかきゃっぴぴぴぴーんの方がマシだよ…

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:43:37.29 ID:ZvkBlsLFP
P「まあ、その……」

真「……」

雪歩「真ちゃん、その、私は可愛いと思って」

P「雪歩、それはいけない」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:45:44.47 ID:ZvkBlsLFP
数時間後 真は(以下略


事務所 夜

P(何もなかった、なかったんだ)

P(さて、今日は残すは……あ)



美希「ハニー……」


初日終了

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:51:24.65 ID:ZvkBlsLFP
翌朝

美希「プロデューサーは気にしないでください! それじゃあお仕事行ってきます!」

P(なんかすっごい罪悪感。いや、俺が悪いんだけど)

ガチャ

やよい「……」

P「お、やよい早いな。おはよう」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:53:47.46 ID:ZvkBlsLFP
やよい「……」

スタスタ

P「ん? やよいどうしt

ペチン!

P(ファ!?)

やよい「もうっ! ろくに電話もよこさないでなにやってたの!」

P「え? え?」

やよい「ちゃんと話聞いてるの!? お姉ちゃん怒ってるんだよ!?」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:54:38.54 ID:fJk4m53u0
ほほう…これは…

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:57:22.18 ID:ZvkBlsLFP
P(まさかのお姉ちゃんキャラ……!)

小鳥(キタコレ……!)

やよい「お姉ちゃんどれだけ心配したかわかってるの!?」

P「す、すいません……」

やよい「……」ギュッ

P(えええ!?)

やよい「うん……ちゃんと謝るならお姉ちゃん許してあげる……プロデューサーは良い子だもんね」ヨシヨシ

P「……お姉ちゃん!」

小鳥「おさわりまんこっちです!」ピヨ!

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 22:59:59.55 ID:ZvkBlsLFP
やよい「まったくプロデューサーは……ほら、い、伊織も心配してたんだから」

P「え?」

やよい「ほら、伊織。出てきなさい」

カチャ…

伊織「あ……」モジモジ

P(誰!?)

伊織「お、お兄ちゃん……」

P(妹!)

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:01:55.40 ID:fJk4m53u0
イヤッッホォォォオオォオウ!

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:03:34.87 ID:ZvkBlsLFP
やよい「まったくもぅ。ほら、伊織。ちゃんとこっち来て。言いたいことあるんでしょ?」

伊織「うん……」オズオズ

P()

やよい「ほら」

伊織「あの……お、おかえりなさい。お兄ちゃん」

小鳥「っしゃぁぁぁぁぁぁ!!」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:04:31.05 ID:HfuyN5Ev0
ありがとう
本当にありがとう

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:04:57.27 ID:LW+jtV4X0
ああ・・・ここは天国か・・・

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:05:47.20 ID:ZvkBlsLFP
P「あ、う……」

やよい「ほらプロデューサーも。伊織に言うことあるでしょ?」

P「あ、うん……ただいま」

伊織「あ……お兄ちゃん!」ギュッ

P(そっか! 僕にはお姉ちゃんと妹がいたんだ! 僕は生きて良いんだ!)

やよい「よしよし……プロデューサーも伊織も、どっちもお姉ちゃん大好きだからね」ヨシヨシ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:09:07.30 ID:ZvkBlsLFP
午後

車内

P(ふぅっ……まったく俺も良い年こいてなにやってたんだか……)

P(それにしても響のやつ、午後から仕事だってのに電話も出ないで)

P(確か、響の住んでるマンションはあそこの角を曲がって……)


響宅

ピンポーン

P「響ー? いるかー?」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:12:35.18 ID:ZvkBlsLFP
シーン

P(出ないか……寝てんのか? って、あれ? 鍵開いてる……?)

P(……よし)

ガチャ

P「響ー? 入るぞー?」

ザー

P「響ー? いるのかー?」

ザー

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:14:13.92 ID:ZvkBlsLFP
ザー

P(さっきからこの音……シャワー?)

ザー

P「おーいっ、響ー?」

ザー

響「……ぞぉ……ないぞぉ……」

P「え?」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:16:26.76 ID:ZvkBlsLFP
ザー

P「響……?」

響「うぅ……臭いが落ちない……落ちないぞぉ……」

P(……oh)


P「それで、朝からずっと体を洗ってたわけか」

響「う……仕方ないじゃないですか。自分は動物をたくさん飼ってるんですから」プイッ

P「ん?」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:18:01.97 ID:ZvkBlsLFP
P「どうした響~、いつものウチナーグチは~?」ニヤニヤ

響「なっ……!? べ、別に私はほ、方言なんてしゃ、喋らないですぞ」

P「へ~」ニヤニヤ

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:20:01.89 ID:ZvkBlsLFP
響「せ、セクハラだ、ですよ!? まったくうちのプロデューサーはー!」

P「はいはい」ナデナデ

響「うー!」

P(めっちゃ仕事遅刻だけどまあ、なんくるないさー)

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:20:24.61 ID:MCF1uWIu0
仕方ないな

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:23:39.61 ID:ZvkBlsLFP
スタジオ

P「それじゃ、頑張ってこいよ」

響「なんくるないさー!」ダッ

P(やっぱり響は今のままが一番だな)

律子「お疲れ様です。プロデューサー殿」

P「おう。そっちもおつかれ。じゃあ、響のこと頼むわ」

律子「はい。わかりました」

P「……そういえば律子はどこか良い子になるの?」

律子「はぁ?」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:26:28.33 ID:ZvkBlsLFP
律子「まったく何を言い出すと思ったら、本当に貴方って人は……」

P「ん~? どうしたの~?」ニヤニヤ

律子「オホン! まあその、私も少しは素直な後輩を演じてみようかなとは思いましたが」

P「別にそんなことしなくて良いよ。いつもの律子が一番だ」

律子「……はぁ」

P「え!? ため息!?」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:29:04.13 ID:ZvkBlsLFP
律子「そりゃあの子達もヤキモキしますよ……」

P「あの子たち?」

律子「なんでもありませんっ。ほら、あずささんをお迎え行ってください」

P「あ、ああ」

律子「あー、でも」

P「ん?」

律子「いつかは貴方を超えて見せます。それが私の良い子です」ニッコリ

P「……期待してるよ」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:32:16.89 ID:ZvkBlsLFP
事務所

P(近くの喫茶店で拾う予定だから、まあ距離的にはここだろう)

ガチャ

あずさ「……」

P「(いたいた)あずささん、お待たせしm

あずさ「おっそいてのプロデューサー!」

P「え?」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:32:58.90 ID:Bl/Q3t/S0
(この子もアカン)

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:34:13.64 ID:ZvkBlsLFP
あずさ「マジアタイを待たせるなんてマジありえないからー」

P(えー……っつうか酒くさっ)

あずさ「もうアタイの時間はこれからだっていうのに? このボディ持て余しちゃう感じ?」

P「あ、はい」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:34:27.19 ID:iD5+2wJO0
(これキングじゃ)

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:36:16.81 ID:ZvkBlsLFP
あずさ「Pちゃんマジノリ悪いー。もっと激しくいっちゃおうぜ! ぜ!」

P「ああ、まあ……あ、お水すいません」

あずさ「これからアタイのマジイケてるダンスナンバーで? ゴーゴー?」

P「ワケわかんないです」

バシャ!

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:36:27.04 ID:lNkJ2QWd0
なんだただのキングか

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:38:32.82 ID:ZvkBlsLFP
一時間後

あずさ「うぅ……すいません」

P「いやまあ、はい」

あずさ「最初はぁ、プロデューサーさんのママになって甘やかしちゃおうって思ったんですけど~」

P(そっちじゃなくて良かった、たぶん。おそらく。きっと)

あずさ「伊織ちゃんとやよいちゃんの見て、かぶっちゃったなぁ~って」

P「そういうの気にする人なんすね」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:41:02.66 ID:ZvkBlsLFP
あずさ「でも、プロデューサーさんが辞めないって分かって安心しましたぁ」

P「僕も安心しました」

あずさ「……ママ、する?」

P「続きはwebで!」


2日目終了


美希「まだ……まだ……」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:42:02.76 ID:7DBmhgIu0
アドレスはよ

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:43:36.24 ID:ZvkBlsLFP
翌朝

美希「あの、はい。気にしてません! 頑張りますなの!」ダッ

P(アイツ、あんなキャラだったっけ?)

ガチャ

千早「……」

P「おう、久しぶり。千早」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:46:11.57 ID:ZvkBlsLFP
千早「……」

P(さあ千早、お前はどうくる? もうあらかたネタは出尽くしたぞ!?)

千早「……ぷろでゅーさぁ……」ホロリ

P(あ)

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:48:05.40 ID:ZvkBlsLFP
千早「良かった……ヒック……戻ってき……」

フエーン

P「あーあー、よしよしごめんな。連絡もしないでなー。悪かったなー」

千早「うぅぅ……」

フエーン


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:48:09.88 ID:khnLYrZs0
ただの天使だった

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:48:54.18 ID:4EWgFIr00
かわいい

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:49:49.91 ID:ZvkBlsLFP
P「よしよし……」

千早「……だっこ」

P「よーしよーし」

千早「……なでて」

P「よーしよーしっ」

千早「……ぎゅぅ」

P「よーしよーし!」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:57:18.02 ID:ZvkBlsLFP
事務所

千早「zzz」

P「ようやく泣き止んだと思ったら……小さい子供みたいだ」

小鳥「それだけプロデューサーさんを信頼してるってことですよ」

P「そうなんですかねえ」

小鳥「ええ」

P「で、良い話で終わらせようとしてますけど、ちゃんとこの騒動のオトシマエはつけさせて頂きますからね」ニッコリ

小鳥「やよいお姉ちゃんビデオですね」ニッコリ

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 23:58:57.74 ID:ZvkBlsLFP
事務所

P「さてと、そろそろ自分はあがります」

小鳥「お疲れ様です」



小鳥「……さっきの編集編集っと」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:00:36.25 ID:hkyyyJPgP
夜 P自宅

P「やれやれ……一週間いないだけでこれか」

P「でもまあ、アイドルたちの違う一面を見れて新鮮だったかな」

P「それに、良い子ってのにも色々あるんだな」

P「なあ、春香」

春香「そうかもしれませんね。あ、お洗濯もの、出しちゃってくださいね」

P「ああ」



おわれ

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:01:27.49 ID:npBbh0ZJ0
ん?

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:01:42.27 ID:0HFpohvw0
何当然のように同棲してるんですか

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:02:37.73 ID:6SIGWy6I0
なに春香さん大勝利してるんですか


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:02:49.92 ID:hkyyyJPgP
べ、別にわた春香さんが良い子すぎて今更変わる必要ないって話ですよ! 話!

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:03:39.72 ID:p8FHlGnD0
おもしろかった!

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:04:50.07 ID:84DVdo4S0
やはりメインヒロインは格が違った

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:05:28.51 ID:6PsD1LGk0
これは春香さんの巧妙なステマ 乙

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:06:26.49 ID:hkyyyJPgP
おまけっすか

一週間のアイドル ゆきまこ編

雪歩「きっと私がダメダメで(ry

真「だったら強くなれば良いんだよ! 雪歩! 僕も女の子っぽくなるからさ!」

雪歩「真ちゃん……うんっ」

真「それでこれなんてどうかな雪歩!? キュルルン☆」

雪歩「え、あ」

真「よーし、これでプロデューサーを全力ノックアウトだー!」オー

雪歩(ま、真ちゃんが幸せなら!)

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:09:54.82 ID:hkyyyJPgP
おまけっすか

一週間のアイドル やよいおり編

伊織「あのバカはこんな可愛い伊織ちゃんを放って辞めるなんて! 大罪だわ! 追放よ!」

やよい「伊織ちゃん、それってやっぱりいなくなる……」

伊織「と、とにかく! あのわからず屋を連れ戻す作戦を考えるわよ!」

やよい「うん!」

伊織「……それでやよい、ちょっと私に良い考えがあるの」

やよい「え?」


その時の伊織ちゃんの顔は、私に変なことをしようとする怖いおじさんの顔に似てました

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:11:41.78 ID:hkyyyJPgP
おまけっすか

一週間のアイドル ひびたか編

貴音「らぁめん……らぁめん……」

響「自分は臭い……自分は臭い……」

小鳥(やっべ)

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:13:43.71 ID:hkyyyJPgP
おまけっすか

一週間のアイドル あずりつ編

あずさ「お忙しそうですねぇ~」

律子「そりゃもうっ、連絡もなしに突然ですからね。もうてんてこ舞いですよ」

あずさ「そうね~、ひどい人よね~。律子ちゃんもそう思うでしょ~」

律子「……私は待ってます」

あずさ「ふふっ」

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:14:50.21 ID:hkyyyJPgP
おまけっすか

一週間のアイドル 千早編

千早「……」グスン

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:18:03.52 ID:hkyyyJPgP
おまけっすか

一週間”後”のアイドル 美希と亜美真美


美希「ミキ達は頑張ったの」

亜美「度重なる兄→チャンとの接触の末、ついに我々は手に入れたのだ」

真美「もうはるるん大勝利とは言わせない」


P宅の合鍵


三人「フフフフフフ」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:18:48.94 ID:hkyyyJPgP
おまけもありがとうございました。やっぱりわた春香さんが一番ですよね! 一番!

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/04(火) 00:19:42.67 ID:pBz1ucjI0
ド修羅場の予感しかしねえ!!!



元スレ: P「アイドル達に何も言わずに仕事を休んで今日で一週間か……」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346675740/


[ 2020/03/22 21:00 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] アイマス 765プロ
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/31029-43d0eee6