ヘッドライン

美希「一段と冷えるの」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:09:01.96 ID:Btkw2nUg0
雪歩「そうだねー…カイロが手放せなかったよ」

美希「早く春になってほしいの」

雪歩「ねえ、美希ちゃん」

美希「なに?」

雪歩「みの虫みたいに布団にくるまってるけど…」

美希「なるべく手足を出したくないの」

雪歩「顔半分しか出てなくてシュールだね…」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:15:48.53 ID:Btkw2nUg0
雪歩「ほら、お茶を用意したよ」

美希「手がないから飲めないの」

雪歩「ええ…」

美希「あ、これ使うの」

雪歩「…ストロー」

美希「入れて、入れて」

雪歩「うん」ストン

美希「…」チューチュー

雪歩「湯呑みをストローで飲むの初めて見るよ…」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:19:24.65 ID:fzQmhpla0
熱いだろwww

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:19:31.68 ID:Btkw2nUg0
美希「あ、お腹がすいたの」

雪歩「今、お菓子持ってないよ」

美希「春香のお菓子もないの…」

雪歩「ごめんね」

美希「雪歩なら手のひらからケーキでも湧き出てくるかと期待したの」

雪歩「わたし一体何者なの…」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:23:22.20 ID:Btkw2nUg0
美希「あー暇なのー」ゴロゴロ

雪歩「雪の所為でロケがつぶれちゃったもんね」

美希「こういうイライラが一番いy…うぐ!!」ゴン

雪歩「だ、大丈夫!?おもいきりテーブルの脚にぶつけたけど」

美希「雪歩に撫でてほしいの」

雪歩「そんなに手を出すのイヤなんだ…」サスサス

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:26:50.75 ID:Btkw2nUg0
美希「たんこぶ出来てない?」ナミダメ

雪歩「少し赤いけど多分大丈夫だよ」

美希「んー……………っほ!!」スタン

雪歩「え、今仰向けの状態から立ち上がった!?」

美希「すごく体力使うの」グラ

美希「あ、受け身とれな」ガン

美希「~~~~~!?」ゴロゴロゴロ

雪歩「い、痛そう……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:31:26.58 ID:Btkw2nUg0
美希「もう尺取り虫の要領で動くの」ウンショウンショ

雪歩(見てるだけでも面白いなぁ)

美希「えい」ポチ

雪歩「ちょっと待って!舌でテレビのスイッチ押した!?」

美希「みんなには黙っておいて欲しいの」

雪歩「あとでちゃんと拭いておくよ…」

美希「あ、ペンギンさんだ」

雪歩「可愛いね」

美希「………うう、余計寒く感じるの!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:35:45.35 ID:Btkw2nUg0
美希「よりによって北極の動物特集なんて空気読んでほしいの!」

雪歩「文句言ってもしょうがないよ」

美希「雪歩はどんな番組見る?」

雪歩「わたしは……ディスカバリーチャンネルかな」

美希「へえ」

雪歩「特に歴代の銃器を紹介する番組が好きだね。M1ガーランドとか」

美希「そ、そうなんだ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:40:49.42 ID:Btkw2nUg0
美希「やっぱり冬は鍋がおいしいの」

雪歩「口から涎が出てるよ」

美希「なんで冬って食べ物の話したくなるんだろうね」

雪歩「動物って冬眠する前に食べ物を蓄えるって聞くけど」

美希「もしかしたら原始人は冬眠しててその名残かもしれないの」

雪歩「どうなんだろう」

美希「というわけで美希は冬眠するの」スウ

雪歩「だ、駄目だよ!お仕事しなくちゃ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:45:05.17 ID:Btkw2nUg0
美希「千早さんってさ」

雪歩「うん」

美希「見てて寒そうじゃない?」

雪歩「ど、どういうこと?」

美希「スレンダーなのはいいけど…肉づきが悪くて貧相で」

雪歩「そうかな…」

美希「もっと食欲旺盛になった方がいいの」

雪歩「…」

美希「あ、でも胸は変わらなさそうなの」

雪歩「言っちゃだめだよぉ」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:48:53.10 ID:Btkw2nUg0
美希「うー、そうこうしてるうちに顔も寒くなってきたの」ブル

雪歩「暖房付けてるのに…」

美希「あ、あったかそうな所見つけたの」

雪歩「え、どこ?」

美希「ここ」ボフ

雪歩「はう!そこ胸だよ!」

美希「ぬくぬくしてくるの。雪歩はちんちくりんじゃないの」

雪歩「は、恥ずかしいなあ」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:54:00.50 ID:Btkw2nUg0
雪歩「と、トランプでもする?」

美希「手が使えないの」

雪歩「あ、真美ちゃんが持ってきたテレビゲームで」

美希「さすがにボタンは押せないの」

雪歩「お、オセロは」

美希「…いじめるのはひどいの」

雪歩「ち、ちがうよ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 22:58:15.41 ID:Btkw2nUg0
美希「やっぱりこうする」ボク

雪歩「あうう」

美希「むぐ……ふがふが」スリスリ

雪歩「か、顔うずめながら喋らないで///」

美希「…ぶはあ」バサ

雪歩「あれ?布団脱いじゃうの?」

美希「せっかくだから雪歩も一緒に入るの」

雪歩「え?」

美希「寝てればあっという間だよ?」

雪歩「そそ、それじゃ失礼して」スス

美希「こんなに密着するなんて多分初めてかな」

雪歩(わ、顔近い///)ドキ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 23:01:18.99 ID:Btkw2nUg0
美希「全身で雪たんぽするの」ムギュ

雪歩「わわ」

美希「これは落ち着……すぅ」

雪歩「もう寝ちゃった」

美希「んん…」

雪歩「何だかわたしもウトウトしてきて…」

雪歩「ふわあ…」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 23:05:32.01 ID:Btkw2nUg0
――――――――
――――――
――――

雪歩「うーん……なんだか顔いっぱいにお饅頭が」

雪歩「こんなに柔らかいの美希ちゃんとの間にあったかな」

雪歩「…」パチ

貴音「すう…」

雪歩「はえ!!??」ガバ

貴音「おや雪歩……お目覚めですか?」

雪歩「な、なんで四条さんが…」

貴音「わたくし…思わず布団の魔力に吸い寄せられて…」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 23:10:28.46 ID:Btkw2nUg0
美希「あれ………貴音?」ムニャ

貴音「勝手ながら入らせていただきました」

美希「美希は誰でもウェルカムなの」

美希「抱きごこちが良かったと思ったら貴音だったんだ」

貴音「褒めて頂けるとは光栄ですね」

雪歩「…」ムス

貴音「おや、雪歩?」

雪歩「わたしは美希ちゃん専用の抱き枕です!」

貴音「……ほう、面妖な」

美希「雪歩…その言い方はなんだかいやらしいの」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 23:16:40.07 ID:Btkw2nUg0
貴音「どうやらわたくしはお邪魔のようですね」

美希「そんなことないと思うの」

美希「…あ!そうだ、アイドルにも癒しの時間が必要なの」

雪歩「え?」

美希「今日からお昼寝ブームを巻き起こすの!」

美希「ええと、パジャマに枕に目覚ましに」

雪歩「本格的だね…」

美希「おやすみなさーいなの」

雪歩「二度寝は体に毒だよぉ」ユサユサ

美希「むにゃ」

END

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/15(土) 23:19:06.43 ID:OWzpiemhP
おつ
とても良かった



元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392469741/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/3097-01fb3c44