ヘッドライン

小鳥「プロデューサーさんと結婚しました!…けど」P「酒だ、酒!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:05:54.14 ID:1jHtHhd90
P「さっさと酒を持ってこぉい!」

小鳥「ひっ…こ、こんな酒乱だっただなんて……ううっ」

小鳥「き、今日はもうやめたほうが…」

P「ああん!?」

小鳥「ピヨッ…」ビクッ

P「やめるかどうかは俺が決めるんだ。酒をもってこいってんだよぉ!」ドンドンッ!

小鳥「…………」グスッ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:09:59.38 ID:1jHtHhd90
小鳥「結婚した次の日から酒乱が発覚」

小鳥「以来、毎日酒浸りの生活…」

小鳥「生活費もギリギリ、このままでは家庭の破滅…」

小鳥「あの人に何度お酒をやめるよう言っても聞きもしない…」

小鳥「ううっ……こんなのないですよぉ」シクシク

P「グーッ、グーッ」zzz

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:15:22.56 ID:1jHtHhd90
~翌日~

小鳥「さあ、起きてください。今日は律子さんと約束があるんでしょう? もう9時ですよ」

P「うるせぇな……って、9時!? そういうことは早く言え!」バタバタ

小鳥「お酒を飲むようになってから、口も悪くなりました」

小鳥「はぁ…どうしたらいいんでしょう……ひっく」グスグス


P「……小鳥の奴、もう9時だーって、まだ8時じゃねえか」

P「公園のベンチで暇でも潰すか…」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:21:36.77 ID:1jHtHhd90
P「んーっとなになに、『765プロ、波に乗りまくり! でも調子には乗るな』ね…」ガシャ

P「芸能欄も大したこと書いてないな…ん?宝くじ当選番号発表?」

P「ふーん、1等なんと3億円…金さえありゃあ酒飲み放題、働かずに済むのに…」

P「なるほど、通りでハズレの山が捨ててあるわけだ、ってこの番号…ん!?」

P「えーと7の6の5のー…3の1の50……んで一等の番号が……765、3150…」

P「アタリ?…いやまさかな……えーっとこっちが7の6の……」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:24:20.22 ID:1jHtHhd90
P「アタリ…だよな?これ」

P「3億円…だよな?一等」

P「一等……」

P「金だああああああああああっっ!!!!」


P「おい小鳥!」バターン

小鳥「ひっ!すみません、1時間勘違いしてました!叩かないで…!」

P「1時間だろうがなんだろうが関係ねえ!3億円だよ、3億円!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:26:50.97 ID:1jHtHhd90
小鳥「へ?」

P「だからあ、1等で3億円がアタリクジ!!」

小鳥「お、落ち着いてくださいぃ!」


小鳥「ほ、ホントに3億円…ゴクリ」

P「そうだ! おい、酒だ!祝い酒やるぞ!」

小鳥「えっ…」

P「そうだ、765プロのアイドルたちも呼んでパーッと盛大に酒盛りだ!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:29:35.01 ID:1jHtHhd90
小鳥「あなた、もうお酒は…」

P「うるっせえな! 金ならいくらでもあるんだぞ! さっさと酒出せ!」

小鳥「で、でも」

P「そうだ、こないだ買った高い酒があるだろ!ソイツを出せ」

小鳥「ええっ! あれはお正月用の…」

P「出せ!」

小鳥「ひっ…!!」ビクッ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:32:20.54 ID:1jHtHhd90
P「あーうまい…やっぱり正月用は最高だぜ!」ガブガブ

小鳥「うう……ひっく…」シクシク

P「何泣いてるんだ、3億円もあるんだぞ…」グビグビ

小鳥「ぐすっ……」

P「俺は…金持ちになったんだぁ……」

P「グーッ、グーッ……」

――――
―――
――

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:35:08.76 ID:1jHtHhd90
――

小鳥「あなた、起きてください!あなた!」

P「……ん、寝ちまったのか?」

小鳥「さあ、急がないとお仕事に間に合いませんよ!」

P「はあ? 何言ってるんだ小鳥。3億円もあるんだから俺はもう働かないぞ?」

小鳥「え? 3億円ってなんのことですか?」

P「えっ」

小鳥「寝ぼけてませんか?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:37:22.24 ID:8JH1HTQ90
よかった・・・
正月用の酒を取られたピヨちゃんはいないんだね・・・

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:37:36.73 ID:1jHtHhd90
P「ちょ、ちょっと待てよ。ここにあったろ、3億円のアタリクジが」

小鳥「なんのことですか?アタリクジって…?」

P「なんのことって……ははーん」

P「お前、俺を騙して独り占めする気だろ?」

小鳥「知りませんってば!」

P「とぼけるないっ!」バシッ

小鳥「きゃっ…!」ドサッ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:42:04.56 ID:1jHtHhd90
P「出せ! 出さねえと…」

小鳥「ホントに知りませんってば!」グスッ

P「なにぃ…?」

小鳥「もういい加減にしてください! お酒ばっかり飲んで、寝ぼけて、叩いて…!」

P「なんだと!?お前…」

小鳥「あなたと結婚してから、何もかもメチャクチャじゃないですか!」

小鳥「私に乱暴するなんて、こんなの私の知ってるプロデューサーさんじゃありません!」

小鳥「あなたからプロポーズの言葉を受けたとき、どれほど嬉しかったのか、分かりますか?」

小鳥「私に暴力を振ったとき、どれほど悲しかったのか分かりますか!?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:46:32.49 ID:1jHtHhd90
P「…………」

小鳥「お酒のせいであなたは変わりました…!」

小鳥「今の生活も、明日どうなるのかわからないんですよ!?」

小鳥「今だってこうしてお酒が買えるのも、私の御飯代から出してるんです!」

小鳥「それなのに…それなのに……あなたは…ひっく……!」

P「…………めん」

P「ごめん…ごめん!ごめん!ごめん!!」

P「俺、お前のことなんか何にも考えないで…自分のことばっかりで…俺……!」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:50:08.27 ID:1jHtHhd90
P「悪かった!言葉だけじゃ全然ダメだけど…ほんとにごめん!!」

P「俺、今日から…たった今から酒やめる! そして、お前をもう泣かせない!」

P「ごめん!本当にごめん…こんな口だけじゃ許してもらえないに決まってるけど…」

P「それでも、俺! 仕事頑張るから……酒やめるし、稼ぐから……」

P「ごめん!……ごめん!」グシグシ

小鳥「うっ…うわああああぁぁぁぁんん!!!!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:52:50.39 ID:1jHtHhd90
小鳥「あれから3年が経ちました」

小鳥「あのあと、プロデューサーさんは身を粉にして働きました」

小鳥「もちろん、お酒は一口も飲まず、友人の誘いも断りました」

小鳥「そして、お正月」


P「今年は何とか正月を迎えられそうだね」

小鳥「ええ、あなたのお陰ですよ」

P「小鳥が泣いてくれなかったらずっとあのままだったよ」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:54:11.99 ID:qOGKTQUA0
その場限りの反省じゃない・・・だと

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:56:28.31 ID:1jHtHhd90
P「あのときの顔といったら、鼻水と涙とヨダレでぐちゃぐちゃだったもんな」

小鳥「もう、その話はよしてください! あなただって抱き寄せてくれたじゃないですか」

P「あ、あれは……その、なあ…?」

小鳥「…………」

P「…………」

小鳥「あのときのアタリクジ、もしも夢じゃなかったらどうするつもりでした?」

P「もちろん酒に……あっ!当時の話だぞ!? 当時はな!?」

小鳥「これを見てください」スッ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:57:37.15 ID:hpSYB0zW0
夢じゃなかった…だと?

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:58:19.29 ID:FQM44FYC0
芝浜かよ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 01:59:23.12 ID:1jHtHhd90
P「! これは…あのアタリクジ!!」

小鳥「既に換金してありますけどね」

P「ってことは…」

小鳥「ええ、3億円、実はあるんです」

P「……マジ?」

小鳥「騙すようなマネをしてすみません。でも……あのときは、こうでもしないと怖かったんです」

P「…………」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:01:12.09 ID:1jHtHhd90
小鳥「お正月用のお酒、実は買ってあるんです」

P「えっ」

小鳥「ほら、どうぞ」コトッ

P「で、でも」

小鳥「私がいいっていったらいいんです。飲んでください。ね?」

P「で、では……」

小鳥「…………」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:03:08.93 ID:1jHtHhd90
P「…………」

小鳥「…………」

P「いや、やっぱりやめよう」

小鳥「?」

P「また、夢になるといけない」




                どうも有り難う御座いました

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:06:10.44 ID:1jHtHhd90
付き合ってくれてありがとうございました
やっぱり教養ある人には元ネタが分かるみたいだな

>>39でも出てる通り、落語の噺の一つの「芝浜」をオマージュしてみました
いい噺だと個人的には思うんで聴いてみてくれ
「じょしらく」推しの奴らは分かって当然だろ?

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:36:27.54 ID:7Hxh0gRD0
綺麗にまとまったようでよかった



元スレ: 小鳥「プロデューサーさんと結婚しました!…けど」P「酒だ、酒!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344269154/


[ 2020/03/09 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)
コメント
13355: 2020/03/10(火) 11:59
笑点見てたらわかる
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30902-01d14f12