ヘッドライン

千早「プロデューサー、私の背中を触ってください」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 09:34:59.69 ID:qK75XPWw0
P「え?別にいいけど……どうした?」

千早「いえ、少し」

P「ふーん……」

千早「お願いします」

P「うん、そうだな……こうか?」プニ

千早「あっ……///」

P「え?」

千早「プ、プロデューサー、そっちはその、……胸、です」

P「え!?あ、いや、す、すまん千早!」

千早「いえ……ふふっ///」



春香「…………」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 09:42:04.92 ID:qK75XPWw0
千早「プロデューサー、私の胸を触ってください」

P「は!?な、何言ってんだ千早……どうかしたのか?」

千早「プロデューサー!」グイッ

P「う……」

P(歌以外のことでこんなに真剣な千早も珍しい……だがいくらなんでも)

P(そうだ!前みたいに間違ったフリして背中を触れば)

P「じゃ、じゃあ……触るぞ」ゴクリ

千早「は、はい……」

P(よし、背中だ……何の問題もない)プニプニッ

千早「あっ……///」

P「え!?」

千早「ふふっ、プロデューサー、意外と大胆なんですね?」

P「あ、え、ま、また胸!?す、すまん千早!」



春香「…………」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 09:53:17.78 ID:qK75XPWw0
千早「プロデューサー、私のお腹を触ってください」

P「え?なんで?」

千早「少し、腹式呼吸のリズムを調整したいので」

P「ああ、そういうことか。それならお安いご用だよ」

千早「すみません」

P「はは、気にするなって」スッ

P(さすが千早だな……スラッとしていながら女性的な柔らかさも含み持つ、素晴らしいお腹だ)フニフニッ

千早「あっ……///」

P「ん!?」

千早「プ、プロデューサー、そこは、その……胸、なんですけど」

P「ええっ!?あ、いや、ごめん!わざとじゃないんだ!」

千早「……知りませんっ///」



春香「…………」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 10:05:19.04 ID:qK75XPWw0
千早「ふう……」

P「お、どうした千早。疲れてるのか?」

千早「あ、いえ……少し、肩が……」

P「凝ってるのか?じゃあ、よかったらなんだが……俺がマッサージでもしてやろうか?」

千早「そ、そういうことなら……少し、恥ずかしいですけど、お願いします」

P「よーし、任せとけって」

P「ん、これは……だいぶ凝ってるみたいだな。千早はいつも頑張ってるからな」モミモミッ

千早「きゃっ……///」

P「お!?」

千早「プ、プ、プロデューサー!いきなりその……む、胸を、うぅ」

P「えええっ!?ご、ごめん千早!な、何やってんだ俺は……」

千早「も、もう……///」



春香「…………」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 10:06:43.93 ID:jnlfhjRg0
精神攻撃でも受けてるんじゃないかこのP

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 10:14:50.53 ID:qK75XPWw0
千早「ん……ぅ」

P(千早がソファで寝ている。きっと、毎日の芸能活動で疲れているんだろう)

P(いつもは努めて表情を乏しくしているようだが、眠っていると、やはり普通の女の子だ)

P「……可愛いな」

千早「……ん……」ドキドキ

P(……頭でも撫でてやろうかな)

P「……よしよし」ナデナデ

千早「んにゅっ……///」ガバッ

P「あ!?」

千早「プ、プロデューサー!ね、眠っているときに、さ、触るなんて……!」

P「ええっ!?ご、ご、ごめん千早!そういうつもりじゃなくて……!て言うか、起きてたんだな」

千早「あっ……し、知りませんっ!」



春香「…………」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 10:26:39.64 ID:qK75XPWw0
千早「プロデューサー、ここの壁剥がれかけてませんか?」

P「え?そうか?」

千早「ほら、ここ……」

P「うーん……?見た感じ、別に普通みたいだけど……」

千早「でも、触ってみたらわかると思うんです。感触が少し妙なので」

P「そうか?それじゃあ……」ピトッ

P「やっぱり……少しザラザラしてはいるけど、目立った凹凸もないし、綺麗な壁だよ」サワサワ

千早「は……ぁっ///」

P「うっ!?」

千早「プ、プロデューサーは……そんなに私の胸が……触りたいんですか……?」

P「わ、わざとじゃないんだ千早!た、頼む、信じてくれ!」

千早「……///」



春香「…………」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 10:34:56.97 ID:qK75XPWw0
千早「すみません、プロデューサー」

P「え!?あ、いや、違うんだ千早!」

千早「何がですか?……少し、このまな板を持っていて欲しいんですが」

P「え、まな板……?」

千早「はい」

P「なんだか分からんけど……それくらいなら、うん、大丈夫だろう」

P(あれ?柔らかい……これ、ホントにまな板か?)モミュモミュッ

千早「んあっ……///」

P「はぁ!?」

千早「あぅっ……プ、プロデュ、サ……あ……そんな、激しく……」

P「えええええっ!?す、すまん千早!どう詫びればいいのか……」

千早「っ……///」



春香「…………」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 10:39:50.52 ID:qK75XPWw0
春香「ねえ、千早ちゃん」

千早「あら。何かしら、春香」

春香「千早ちゃん……もう、やめよう?」

千早「え……?」

春香「……もう、自分を傷つけるのは」

千早「……春香……」

春香「千早ちゃん」ギュッ

千早「…………」

春香「……辛かったね」

千早「……」

千早「…………」ポロポロ

春香「……よしよし」






元スレ: 千早「プロデューサー、私の背中を触ってください」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383438899/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30853-cc14d751