ヘッドライン

【アイマス】響「涙そうそう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:23:57.42 ID:m5SIQPtDO
自分がまだ小さかったとき、父親が死んだ
残ってるのは何枚かの写真だけ
残念ながら、声は残ってない

ずいぶんと照れ屋だったみたいで、ビデオとかに映るのを嫌がったって、母さんが言ってた
だから自分は、父親の声を覚えてない

東京に出てきてから、夢を見るようになった
自分を心配してる、父親の夢

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:26:33.32 ID:m5SIQPtDO
―響、元気でやってるか?
―響、寂しくないか?

父親はいつも、そんなことを聞いてくる
声は社長のだったり、プロデューサーのだったり

自分はその夢が嫌いだった
だって目が覚めたとき、涙で顔がグシャグシャになってるから
いまだってそうだ……

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:31:24.87 ID:m5SIQPtDO
「大丈夫だよ、イヌ美」

最初に気付くのは、いつもイヌ美だ
ひょっとして、涙の匂いとか分かるのかな?
いまも、天井を見上げたまま起き上がれない自分の顔を、長い舌で舐めてる

「優しいね、お前」

そう言って頭を撫でてやると、大きな身体をすり寄せて甘えてくる

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:35:35.77 ID:m5SIQPtDO
この子たちがいるから、自分は寂しくなんてない
765プロにも家族同然の仲間がいるし、沖縄には本物の家族だっている

「元気でやってるよ、ターリー」

天井に向かってそう呟くと、また涙が溢れてきた
自分、寂しくなんてないけど……
それでもやっぱり、涙は出る

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:40:09.82 ID:m5SIQPtDO
「はいさーい!」

いつもの挨拶に、みんなの元気な声が返ってくる

「響は今日も元気だなぁ」

って言ったのはプロデューサー
自分が涙で枕を濡らすなんて、思ってもいないんだろうなぁ
まぁ、知られたら知られたで恥ずかしいけどさ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:46:26.57 ID:m5SIQPtDO
「あれ?千早は?」

そういえば、千早の姿が無いぞ
千早が遅刻するなんて珍しいね

「えっと、千早ちゃんは……」

何だか言いにくそうな顔の春香
みんなも同じような顔してる

「千早は墓参りに行ってるよ。だから少し遅刻してくる」

春香のあとを引き取ったプロデューサーが教えてくれた

そっか
弟くんのお墓参りか……

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:51:19.24 ID:m5SIQPtDO
自分はもうどれくらい、父親のお墓に手を合わせてないんだろ?
こっちに来てから一回も帰ってないから……
1年以上にはなるのかな?

父親が夢に出てくるのは

「たまには帰ってこい」

ってメッセージだったりするのかなぁ?

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 02:55:57.10 ID:m5SIQPtDO
なんてことを考えてたら、貴音に

「どうしたのです響?あなたには似合わない、真面目な顔をして」

って言われた

うーん……
いろいろ言いたいことはあるけど、今日のところはガマンしといてあげるよ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:00:34.92 ID:m5SIQPtDO
10時から始まったダンスレッスンの途中で、千早がスタジオに入ってきた

「遅れてしまってすみません」

顔を伏せたままトレーナーに謝った千早
トレーナーも事情を知ってるのか、怒ったりはしなかった
千早が振り付けを間違えたり、自分たちとタイミングが合わなかったりしても、声を荒げることは無かった

なんだかみんなして、千早に気を使ってるように思えた

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:08:17.46 ID:m5SIQPtDO
「調子悪かったけど、どうしたの千早?」

レッスンを終えたあとの更衣室で、千早に聞いてみた
同じ更衣室にいた春香と雪歩が、居心地の悪そうな顔で自分を見てる

なんとなくだけど

「空気読んで……」

って言われてるみたいな、そんな感じ

だけど、みんなに困ってることや辛いことがあるなら、自分は何か力になりたい
だって仲間だもん、自分たち

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:16:05.98 ID:m5SIQPtDO
「……我那覇さんには関係ないわ」

自分に背中を向けたままで、千早が言った
もう何も入ってないロッカーの中を見つめたままで

「関係ないって……仲間だぞ!」

「……仲間だとしても、触れてほしくないものはあるの」

なんだか、嫌な雰囲気になってきたぞ……
春香と雪歩はオロオロしてるし

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:20:52.37 ID:m5SIQPtDO
「……弟くんのことだよね?」

口に出しちゃいけないと分かってたつもりなのに、やっぱり口に出しちゃった
自分の悪いクセだね……

「止めてよ!」

案の定っていうべきか、声を荒げた千早

「も、もう止めよ2人とも。ね?」

見かねた春香が間に入ってきた
雪歩はうつむいたまま身体を固くしてる

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:28:08.43 ID:m5SIQPtDO
「ねぇ千早?辛いのは分かるけど、千早がそんな顔してたら、弟くんが安心できない」

「止めってったら!」

振り向いて自分を見据える千早の眼は、赤く充血してた
涙と、たぶん怒りで

「あなたに…あなたに何が分かるのよ!」

「自分は……」

「私の気持ちなんて、あなたには分かりっこない!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:34:45.56 ID:m5SIQPtDO
……自分、まだまだ子供だね
余計なこと言わずに、みんなと同じように気を使ってれば良かったのに

「弟くんのことで辛い思いしてるんだろうな」

って分かっていながら、気付いないフリをしてれば良かったのに

だけど自分には、それができなかった
一番千早の気持ちが分かるのは、自分だと思ったから
それなのに気付いてないフリをするなんて、自分にはできなかった

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:40:55.32 ID:m5SIQPtDO
「……お先に」

そう呟いて更衣室から出て行こうとした千早を呼び止めた

「千早?」

「まだ、何か?」

もう眼を合わせようとはしない千早
だけど自分は、伏せられた千早の眼を見ながら言った

「自分、余計なこと言ったね。それは謝るよ。ごめんなさい」

涙声になるのが自分でも分かった
だけど、ちゃんと全部言わなきゃ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:46:23.04 ID:m5SIQPtDO
「自分、不幸自慢するつもりなんて無い。だけど聞いてほしい」

拳を握りしめて、感情が溢れそうになるのをなんとかこらえた

「自分は……小さいころに父親を無くした。顔は写真を見れば思い出せるけど、声はもう思い出せない」

千早が顔を上げたけど、どんな表情なのかは分からない
涙が邪魔して見えなかったから

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 03:53:27.37 ID:m5SIQPtDO
「千早の辛さは分かる…と思う…自分も…自分も辛いから…今でも……」

もう会えないのが辛い
もう声を聞けないのが辛い
そして何より…忘れてしまうのが辛い……

「だから…だからお願い……自分だけが不幸だなんて思わないで…お願いだから……」

そこから先は、もう声にならなかった
更衣室の中に響く自分の泣き声を、まるで他人ごとみたいに聞いてた

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 04:02:48.86 ID:m5SIQPtDO
30分くらい経つとようやく涙も止まって、周りが見えるようになった

「……千早?」

更衣室にいるのは自分と千早だけ

「春香と萩原さんには帰ってもらったわ。我那覇さんと2人になりたかったから」

……そっか
自分、2人が帰ったことにも気付かないくらい、大泣きしてたんだね

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 04:11:53.01 ID:m5SIQPtDO
「座らない?」

「うん」

千早に促されるまま、更衣室のベンチに腰を降ろした
泣きすぎたせいか、眼も喉も痛かった


「我那覇さんのお父さんのこと、知らなかった」

「うん。みんなには初めて喋った」

自分から言うもんじゃないもんね、そういうの

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 04:23:43.44 ID:m5SIQPtDO
「『何が分かるのよ』って言ったこと、謝るわ。ごめんなさい」

「いいよ。先に言い出したのは自分だもん」

そのあとに訪れた何分かの沈黙のあと、千早が口を開いた

「……お父さんのこと、聞いてもいい?」
予想外の質問にちょっとだけ驚いちゃったよ
だけどできるだけ平静を装って、返事をした

「うん。あんまり覚えてないけど」

って

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 04:35:14.98 ID:m5SIQPtDO
そのあとは、千早からの質問攻めに合っちゃった
あんなによく喋る千早は初めて見たぞ!

―何歳のときに亡くなったの?
―背は高かった?
―どんなことして遊んだ?

質問の内容は他愛の無いものだったけど、いつの間にか忘れてたこともたくさんあったんだなって、ちょっと反省しちゃったよ


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 04:42:44.21 ID:m5SIQPtDO
「優はね…あの子は……」

千早が自分からその名前を口にしたことに、ちょっと驚いた
それが誰の名前なのかはもちろん知ってる

眼を伏せて優くんのことを語る千早
笑ったり泣きそうになったりしながら、優くんに関する一つ一つを確認するように語ってる

それに対して相づちを打ってるうちに、1人の男の子の姿が頭の中に浮かんできた
そして、その男の子のそばで優しく笑っている、可愛らしい女の子の姿も……

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 04:56:53.38 ID:m5SIQPtDO
喋り終わったとき、千早は両手で顔を覆って泣いてた
さっきあれだけ泣いたのに、自分も千早にもらい泣き
今日1日でどんだけ泣いてんだ、自分……

泣き止んだ千早が横目で自分の顔を見ながら呟いた

「お節介焼きね、我那覇さんは」

「……仕方ないじゃん。そういう性格なんだから」

「ふふ…そうね。性格なんて、そう簡単には変わらないものね」

「へへ…そうだね」

泣いたり笑ったり忙しいね、自分ら
そういうお年頃なのかな?

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 05:09:40.99 ID:m5SIQPtDO
「私はまだ、あの子を過去の存在にすることはできない」

「うん……」

「けれど……我那覇さんに言われたこと、忘れないようにするわ」

「言われたことって?」

「自分だけが不幸だと思うな、って」

……自分、そんなキツい言い方したっけ?
「ふふ。ひっぱたかれるより痛かったわよ?」

ごめんよ……
だけどまぁ、少しは役に立てたみたいで嬉しいよ!

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 05:15:48.96 ID:m5SIQPtDO
「今度お墓参りしたときは、あの子にいろいろなこと話すわ」

「今まではなんて言ってたの?」

「『ごめんね』って。その言葉だけを繰り返してた」

「心配するよ、それじゃあ」

「ええ。ダメなお姉ちゃんね、私……」

またそうやってネガティブになる!
そういうの、『千早スパイラル』って言うらしいぞ!
律子が言ってた!

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 05:25:57.39 ID:m5SIQPtDO
「帰りましょう。みんな心配しているだろうから」

「うん。そだね」

自分も千早も、大事な人を亡くした
もう会えないし、声も聞けない
少しずつ少しずつ、その人のことを忘れていってしまう

だけど、帰る場所はある
心配してくれる人たちもいる
ホントの家族みたいに、一緒に泣いたり笑ったりできるみんながいる

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 05:35:49.89 ID:m5SIQPtDO
スタジオの外に出ると、強い日差し眼が眩んだ
暑いのが苦手な自分に、千早が日傘を差し出してくれた

「相合い傘?」

「ひっぱたいてくれたお礼よ」

う……
千早って、けっこう根に持つタイプ?

って、ひっぱたいてないし!

「ふふ…ノリツッコミ……」

何がそんなに面白いのか、肩を震わせて笑ってる千早
ひょっとして笑い上戸なの?

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 05:51:04.75 ID:m5SIQPtDO
事務所まで帰る間も、いろんなことを話した
自分のことや家族のこと
そして仲間のこと

夏休みには、沖縄に帰ろう
そしてお墓の前で、いろんなことを話そう
もう、夢の中で心配されなくてもすむように


梅雨明け前の東京の空は、薄い青色
その空に向かって、小さく呟いた

「元気でやってるからね、ターリー」

みんなといるこの街で
沖縄まで続いてる、この空の下で


お し ま い

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 05:52:47.70 ID:m5SIQPtDO
終わり
お付き合いいただき感謝
最後時間かかってごめんね
そして寝ます、おやすみなさい……

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 06:14:28.84 ID:lb2Bpss90
乙 響ならやってくれるとわかっていた

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 07:20:03.08 ID:B2+0YeTF0
終わったのか、乙
やはり響は元気にしてるのが一番だが、たまにはいいな。たまには



元スレ: 響「涙そうそう」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342027437/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30826-de5a5bd7