ヘッドライン

P「幸子はかわいいなぁ……」幸子「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 21:21:40.31 ID:AF19v8vZ0
幸子「プロデューサーさん」

P「あ、幸子」

幸子「僕がかわいいのは当たり前ですが、プロデューサーさんに言われるのは気持ち悪いです」

P「そんなっ!?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 21:33:50.61 ID:AF19v8vZ0
P「待ってくれ幸子!ひどいじゃないかっ!!」

幸子「気安く名前で呼ばないでください、いくら天使の僕でも耐えられません」

P「からかってるだけだよな幸子……」

幸子「」スタスタ

P「待ってくれ!どこへいくんだ幸子!!」

P「……」

P「みてくれ幸子!幸子のほとばしるかわいさで俺の息子が石化してしまったんだ!!」ぼろん

幸子「いますぐ死んでください!!」 

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 21:43:30.81 ID:AF19v8vZ0
P「という感じで、最近幸子から嫌われているみたいなんですよ…」

ちひろ「……」

P「僕の仕事上、常に幸子のことを考えてしまうじゃないですか」

P「そしてかわいい幸子のことを思い浮かべると、自然下半身が石化してしまうじゃないですか」

ちひろ「あ、いや……あの」

P「どうもそれがイヤみたいなんですよね……」

ちひろ「ちょっとそういう話は…」

P「どうしたらいいでしょうちひろさん」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 21:55:14.19 ID:AF19v8vZ0
P「一度幸子と真剣にはなしてみたんですよ」

P「幸子、これは生理現象なんだ。仕方のないことなんだ。幸子が余りにかわいいから態度にでてしまうんだ。押さえられないんだ。抑制なんてできない。わかってくれ幸子。仕方のないことなんだ」

ちひろ「」

P「そしたら幸子、なんていったと思います?」

『それ以上口を開いたらいくら、僕の心が天使のように広いといっても、社長とお話せざるをえません』

P「僕はしぶしぶ黙らざるを得ませんでした……」

ちひろ「すみません、プロデューサーさん。私今から社長のところにいってきます」

P「ちひろさん、そんなんだからあんたは鬼だの悪魔だのいわれるんだ」

ちひろ「あ、もしもし社長、至急お話したいことが…」

P「ちょ!ジョークですよ!ちひろさんっ!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 22:12:47.50 ID:AF19v8vZ0
ちひろ「プロデューサーさん、働けるって幸せなことですね♪」

P(月給の半分もっていかれた……)

ちひろ「しかし、プロデューサーさん。口止め料をもらったとはいえこれは私としてもただ無視するわけにはいきませんよ」

P「なにをいってるんですか、僕はちひろさんに相談してるんですよ。無視されたら困ります」

ちひろ「相談といわれても、私には社長に話して幸子ちゃんを守ることしか……」

P「……ちひろさん」

ちひろ「はい?」

P「とぼけるのはお互いやめましょうか」

P「ほんとは気づいているんでしょう?僕がこんなことをちひろさんに相談している意図に」

ちひろ「……?」

P「ようは僕の下半身が石化しなくなればいいんですよ」

ちひろ「……」

P「SEXしてくださいちひろさん」

ちひろ「」prrrr

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 22:24:04.70 ID:AF19v8vZ0
P「」

早苗「ふぅ……」

ちひろ「おつかれさまです早苗さん、スタドリどうぞ」

P「ぼ……僕の精力をちひろさんが搾り取ってくれればすべてかいけっ…」バゴッ

ちひろ「早苗さんがいてくれると心強いです」

早苗「いやいやちひろさん、私も一人じゃこの人の相手はできませんから、ちひろさんがいてくれるのは私も心強いですよ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 22:28:09.85 ID:h2QH8LMp0
とんだ変態じゃねーか

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 22:38:03.81 ID:AF19v8vZ0
ちひろ「という訳なんですがどうしましょうか早苗さん?」

早苗「逮捕…しますか」

ちひろ「でも、幸子ちゃんも本当に嫌ならとっくにPさんは逮捕されてると思うんですよね」

早苗「なるほど……被害者である幸子ちゃんがPくんをかばっている可能性があると…」

ちひろ「はい……」


P「あの、できれば早苗さんはかえってもらえますか?」

早苗「はい?」

ちひろ(いやな予感がする……)

P「早苗さんは巨乳じゃないですか、僕は幸子みたいに小さな胸が好みなので早苗さんじゃ僕の性欲は処理できませんよ」

早苗「んー(^_^)」

ちひろ「……まってください」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 22:40:51.57 ID:0iWmA1Lg0
遠まわしにちひろさんは貧乳だと

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 22:42:47.09 ID:zm+AgfvR0
水着着て乳が揺れたのに賓乳なのか。。。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 22:50:21.74 ID:AF19v8vZ0
ちひろ「それって私の体が中学生並だってことですか……?」

P「まさか、ちひろさん着痩せするんですかっ!?」

早苗(ロリ好きで変態とは……ますます目がはなせない)

P「そんな!ちひろさんが着痩せするタイプだなんて嘘だ!?教えてくださいちひろさんあなたのバストはAですか!?Bですか!?」

P「Cならぎりぎり許します!!」

ちひろ「」ブチッ

ENANXAM

早苗「ち、ちひろさんの顔がほのかにピンク……いや赤くっ!!」

     ・
     ・
     ・

ちひろ「はぁ…はぁ……」

P「」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 23:12:01.91 ID:AF19v8vZ0
早苗「…P君気失っちゃったよ」

ちひろ「……」(あれ、これ私が逮捕される?)

ガチャ

幸子「おはようございま……なんだか今日はやけに事務所が散らかってますね」

早苗「あ、幸子ちゃんおはよう」

ちひろ「お、おはようございます」

P「幸子っ!!」

幸子「そのうれしそうな顔は何ですかプロデューサーさん、いくら僕がかわいいからってその顔は引きますよ」

早苗(あ、目さました)

ちひろ(ほっ)

幸子(プロデューサーさんがぼろぼろだ……)

幸子「……何かあったんですか?」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 23:23:21.77 ID:AF19v8vZ0
ちひろ「えっ、えと……」

P「なにもないよ幸子!」

P「幸子がくるまで一人で寂しかったから二人に話し相手になってもらってたんだ。そういえば早苗さんはもうすぐレッスンの時間じゃないか?」

ちひろ(プロデューサーさん!)

早苗「え? あぁと、そ、そうだったね?」

幸子「……お気をつけて」

早苗「あ、うん。じゃあ、いってくるねー」

P「いってらしゃーい!」(去れ巨乳!!)

ちひろ「お、おきをつけて!」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/19(火) 23:54:39.29 ID:AF19v8vZ0
ちひろ(プロデューサーさん私たちのことかばって……)

P「ヒャッホイ幸子は今日もかわいいね!!ゴルゴンもびっくりの幸子の魅力に下半身が石……」
ちひろ「いわせませんっ!!」

ちひろ(そ、相談を受けたんですし、少しぐらい仲立ちしてあげましょう)

幸子「いいですよ千川さん、いつものことですから、それに僕がかわいいのは事実ですしね」

幸子「天使である僕がゴルゴンごときに劣っているはずがありませんし」

P「ついにわかってくれたか幸子!!」

幸子「気持ち悪いですよプロデューサーさん」

ちひろ(おろおろ)

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:00:04.01 ID:oBDsItC60
幸子「……」

ちひろ「……」

P「くっ!!」

幸子「」ジトー

ちひろ「」おろおろ

P「うっ!!うぅ!!!!」

幸子「……。」

ちひろ「プ、プロデューサーさん!!」

P「ふぅ……」

幸子「」

ちひろ「」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:06:59.09 ID:oBDsItC60
ちひろ「わ、わわわ私かえりますっ!!」///

幸子「…お疲れさまです」

ちひろ「幸子ちゃんもいきましょう!大人としてこの人と二人きりなんてできません!!」

幸子「……」

P「だめだったよ幸子、石化ののろいがとけそうにないや」

ちひろ「はやく事務所をでましょう幸子ちゃん!!」

幸子「……」

幸子「あの、プロデューサーさん、少し話を聞いてくれますか?」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:08:26.92 ID:EYa+dyRx0
とんだ駄目な大人であった

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:15:10.92 ID:oBDsItC60
幸子「僕たちが初めてあったときのこと覚えてますか?」

P「……」

・・・・・

「あ、そこの君」

幸子「……」

「あ、あの……君」

幸子「……僕のことですか?」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:21:11.17 ID:oBDsItC60
「あ、あの、アイドルとかって興味ない?」

幸子「はい?」

「あ、これ名刺なんだけど……」スッ


◎×プロダクション
 プロデューサー

幸子「?」

「あの、よ、よかったら事務所にきてみないか?」

幸子「僕がですか?何で僕が……」

「一目みて、感じたんだ、かわいいなって」

「きみなら世界一のアイドルになれるって」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:27:28.57 ID:oBDsItC60
幸子「かわいい? 僕がですか?」

「う、うん」

・・・・・・・・

幸子「僕、身内以外にかわいいっていわれたの初めてだったんです」

幸子「学校では、この口調の、性格のせいで、周りになじめずずっと一人でしたからね」

幸子「人に話しかけられること自体ほとんどありませんでした」

幸子「だから、最初は怪しい人だと思いましたけど、舞い上がっちゃなったんですよ」

幸子「プロデューサーさんにかわいいっていわれて」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:39:17.98 ID:oBDsItC60
・・・・・・

幸子「おはようございますプロデューサー!!今日もかわいい僕にあえてプロデューサーさんは幸せものですね!!」

「そうだな!おはよう幸子!」

「そして喜べ幸子!初の全国ネット出演が決まったぞ!!」

幸子「!?」

幸子「ふふん♪ついに僕のかわいさが全国放映されるときがきたんですねっ!TVにでてしまったら僕のあまりのかわいさに人気爆発!!あちこちから引っ張りだこまちがいなしですよ!!」

幸子「プロデューサーさんは死ぬほど仕事がきますよ!!僕のおかげで!!かわいい僕にかんしゃですね!!!」

「おう!俺のためにもがんばってくれよ幸子!!」

幸子「ぷ、プロデューサーさんのために……///
   ま、まぁそうですね!プロデューサーさんのためにがんばってあげますよっ!プロデューサーさんのために!!僕はやさしいですからね!!!」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:48:10.69 ID:oBDsItC60
prrrrrr
prrrrr prrr prrr
prrrr prrrr prrrrr

「はい、はいもうしわけありません……」

幸子「……」

「はい、はい、ですから本人には悪気はあったわけでは……」

幸子「……」

「はい……」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:50:09.60 ID:655qdE1E0
なにやらかしたww

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 00:58:22.97 ID:oBDsItC60
幸子「やっぱり僕には無理だったんですよ……」

「幸子いきなりなにいって…」

幸子「ボクみたいな子がアイドルやっても嫌われるだけなんですよ!!」

「そんなことな…」
幸子「やめてくださいっ!」

幸子「そんな励ましはほしくありません!!ボクなんて所詮【自称可愛い】なんですよっ!!」

「幸子」

幸子「ローカル番組で物好きな人たちからの指示は得られても、全国にでたら自称可愛い程度のボクが可愛い可愛い叫んでたらバカみたいじゃないですか!!」

幸子「ボクにはトップアイドルなんて無理なんですよっ!」

「幸子!!」

幸子「……」

「                      」

幸子「」ぐすっ

「             」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:07:19.61 ID:oBDsItC60
2ちゃんねる

【ボクより可愛いアイドルなんていませんからね!←テラワロスwwww】

1 あー腹パンしたい

2 なんなのこの幸子とかいうの、頭のおかしい子なの?

3 最近幸子スレ立ちすぎww

4 うんこ

5 やめろ、幸子かわいいから

6 >>5さっちゃんちっすwww



幸子「……」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:15:30.26 ID:oBDsItC60
幸子「プロデューサーさん……」

「……どうした?」ぐったり

幸子「このあいだは、ああいってくれましたけど、ボクってホントに可愛いですか?」

「ああ、俺が嘘つく分けないだろ」

幸子「でもあれ以来、仕事きませんよね……」

「……」

幸子「プロデューサーさん、ボクの為にそうとう無理してくれてるんですよね」

「……」

幸子「ボクのみたいな嫌われものの為にそんなにがんばらなくていいんですよ?」

「幸子は……かわいいよ」

「今は少し向かい風だけど、少ししたら、風向きが変わるから…俺がかえるから……」

幸子「……」

「幸子は……かわいいよ…」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:25:29.92 ID:oBDsItC60
・・・・・・

幸子「あれからずいぶん立ちました」

幸子「ボクもプロデューサーさんに負担を減らせるよう芸能界でのたち振る舞い方を必死で勉強しました」

P「……」

幸子「そうしてプロデューサーさんがやっとの思いでお仕事を見つけてきてくれて、ボクも同じ失敗はしないようにがんばりました」

P「……」

幸子「プロデューサーさんは、かっこよかったですよ」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:31:10.08 ID:oBDsItC60
ちひろ(私、空気?)

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:32:45.17 ID:qg5O8D+W0
か、回想だったし(震え声)

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:40:26.46 ID:oBDsItC60
ちひろ(いや待て私、ここは空気の方がいいのでは? どう考えても入り込める空気じゃないし、いや私は今空気なんですけどっ!
あれ?私なにをいってるんでしょう?そもそもどうして私はここにいるんでしょう?
私の存在理由は何でしたっけ?
あらら?
あ、スタドリを売ることでした。いや、エナドリの方が売れ行きがいいのでエナドリを売るのがメイン……。
じゃあ、私の存在理由は……)

幸子「ちひろさん…行きましょう」

ちひろ「あ、えっ?」

P「……ちひろさんはどう思います?」

幸子&ちひろ「!?」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:42:54.31 ID:oBDsItC60
P「ちひろさんはどう思いますか?」

ちひろ「は、はい?」

幸子「プロデューサーさん?」

P「聞いてるんですよ、」

ちひろ「あっと、、、なにをですか?」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:48:25.39 ID:oBDsItC60
P「ほら、まず幸子は絶対条件として可愛いじゃないですか」

ちひろ「あ、はい…」

幸子「……」

P「そうなると、二人三脚で、トップアイドルを目指すことになる幸子のプロデューサーって、あのかわいい幸子の相棒な分けですから」

P「かっこよくなきゃいけないじゃないですか」

P「幸子がいいましたよね、俺はかっこよかった。『よかった』って」

P「ちひろさん」

P「俺はかっこいいですか?」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:51:13.83 ID:0eqvzbSs0
下半身が石化とかセクハラするPがカッコいいのか甚だ疑問である

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:51:21.77 ID:ihjh3uCu0
やはりちっひーに壊されていたのか…

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:53:47.09 ID:oBDsItC60
ちひろ「あっとプロデューサーさんは……」

幸子「……」

P「……」

ちひろ「かっこいいですよ」

ちひろ「壊れるほど仕事をがんばって、幸子ちゃんをここまで育て上げて、プロデューサーさんは……」
幸子「かっこわるいですよ!!」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:54:25.74 ID:HQ/6I1sT0
やっぱ壊れてるのか

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 01:55:36.25 ID:zjqQZ0p/0
百数十名のアイドルのプロデュースをしてたらそら壊れますわ

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 02:12:32.78 ID:oBDsItC60
幸子「プロデューサーさんはぜんぜんかっこよくないですっ!最近のプロデューサーは気持ち悪くて反吐がでますよっ!」

ちひろ「幸子ちゃん……」

幸子「きっっっっっもち悪いです!!全く可愛いボクにふさわしくないです!そんなんで可愛いボクのそばにいられると思ってるんですかっ!」

幸子「ボクはトップアイドルになるんですよ!?この程度の仕事で壊れちゃうような人にボクのプロデューサーがつとまりますかっ!」

幸子「今のプロデューサーはかっこわるいです!!ボクのプロデュースなんてつとまりません!!」

『今の幸子は可愛くなんかないな、トップアイドルになんてなれるわけがない』

幸子「昔の、昔のプロデューサーさんに戻ってください!!」

幸子「そうしたら必ず、ボクが、ボクがトップアイドルになって!!」

『でもな、元気で、自信満々な幸子は、本当に可愛いんだ。そんな幸子を俺が必ずトップアイドルにしてやる』

幸子「最高のプロデューサーにしてあげますから!!」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 02:25:25.75 ID:oBDsItC60
あれからどれだけの時間がたっただろうか。

「ほら、じぃじの膝の上にほれ、おいで!!」

「おじいさん、ボクはもう中学生ですよ。いい加減にしてくださいよまったく。でもまぁ、可愛いボクとスキンシップをとりたいおじいさんの気持ちはわかりますよ。なんたってボクはかわいいですからっ!!」

「ほれ、聞いたかばあさん!こいつばあさんの若い頃にそっくりじゃ!!」


エンドゥーエンドゥー

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 02:26:33.26 ID:oBDsItC60
これぞ散文!
はい楽しかった。

おやすみみんな

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 02:26:34.26 ID:0eqvzbSs0
も、もとにもどれた?乙

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 02:27:28.35 ID:keWlrS2t0
おつ



元スレ: P「幸子はかわいいなぁ……」幸子「!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363695700/


[ 2020/02/28 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30808-fe8965b0