ヘッドライン

やよい「プロデューサー…私じゃだめですか……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:38:16.98 ID:WnF6PUz70
-とある日曜-

♪フレーフレーガンバレー

P「ん?やよいから電話?なんだろ」ピッ

やよい『あ、プロデューサー。おはようございます!』

P「おはよう、どうしたんだこんな日に」

やよい『あの、今どこにいますか?』

P「事務所にいるけど」

やよい『えっ、プロデューサー、今日もお仕事ですか?』

P「ああ、やよいのためだからな」

やよい『あっ、えへへ…』

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:39:35.41 ID:WnF6PUz70
P「ところで、何の用だ?」

やよい『えっと、忙しいならめいわくかもしれないんで…』

P「大丈夫だよ、いってみろよ」

やよい『本当ですか?ちょっと相談したいことがあって…』

P「相談?」

やよい『あの、そっちに行ってもいいですか?』

P「え?別にいいけど…」

やよい『ここじゃちょっとはなしづらいんで、直接話したいんです。すぐにいきますから!』ガチャ

P「あっ…なんなんだ?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:40:12.44 ID:WnF6PUz70
-そして-

トントン

やよい「おはようございます!」

P「おう、やよい」

やよい「あ…プロデューサー一人だったんですか?」

P「まあそうだけど」

やよい「よかった~、その…恥ずかしくてあまり人に聞かれたくないんです」

P「んー、で、相談ってなんなんだ?」

やよい「えっと…笑わないでくださいね…」

P「ああ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:40:54.97 ID:WnF6PUz70
やよい「実は…私って、友達によく子供っぽいーとか言われるんですよ」

P「だって子供だろ?」

やよい「うぅー、プロデューサー…」

P「わかったわかった」

やよい「それで、私が大人っぽく見えるようになるには、どうすればいいのかなーって…」

P「なんだ、そんなことかー」

やよい「そっ、そんなことってなんですか~」

P「いや、な、やよいはそのままでいいと思うけどなあ」

やよい「え?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:41:34.56 ID:WnF6PUz70
P「やよいにはやよいの良さがある、やよいはその子供らしいところが魅力だろ」

やよい「でも私は!」

P「気持ちは分かる、でもそうやって大人になって行くんだぞ」ナデナデ

やよい「……」

P「あれ?やよい……」

やよい「私だって、いつまでも子供じゃないです…」

P「え…?」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:42:15.04 ID:WnF6PUz70
やよい「私も知ってます、大人のこと…」

P「え、それって…」

やよい「大人の女性は、恋して、好きな人とるんるーんとかするんですよね」

P「あ、ああ、まあな…」

やよい「私も、恋愛のこととか興味あります!なのに見た目で子供扱いされたくないです!」

P「やよい、落ち着こう、な?」

やよい「そうやって子供扱いしないでください!」

P「いや、そういうつもりじゃ…」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:42:55.41 ID:WnF6PUz70
やよい「私も、好きな人ぐらいいます!だから私…」

P「おいやよい…」

やよい「言います、私プロデューサーが好きなんです」

P「おい…え……?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:45:27.38 ID:WnF6PUz70
P「いまなんて……?」

やよい「私は、プロデューサーの頼りになるとことか、優しいとことか…」

P「え?え?」

やよい「応援してくれるとことか、慰めてくれるとことか…」

P「やよい……」

やよい「全部好きなんです!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:46:42.15 ID:WnF6PUz70
P「やよいがそんなに俺のこと…」

やよい「プロデューサーは…」

P「え?」

やよい「プロデューサーは私のこと、どう思いますか?」

P「どうって…」

やよい「私は子供だからどうも思ってないとか…」

P「いや、やよいはアイドルだしなぁ…」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:48:34.54 ID:WnF6PUz70
やよい「アイドルだから、何も思わないんですか?」

P「やよいは、俺の担当アイドルとして…」

やよい「私はプロデューサーを、男性として好きなんです」

P「あぁ…」

やよい「私のこと、嫌いですか?」

P「いや、そうじゃ…」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:51:02.13 ID:WnF6PUz70
やよい「プロデューサー…私じゃだめですか?」グイ

P「や、やよいはまだそんな歳じゃないし…」

やよい「私知ってます…男の人はこういうのが好きなんですよね…」ムニュ

P「む、胸があたって…」

やよい「プロデューサー……」トローン

P「おい」ドキッ

やよい「私、もう我慢できません…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:53:04.56 ID:WnF6PUz70
P「おい、やよい、顔近いっ…」

やよい「プロデューサー…好きです…」チュッ

P「んっ…!」

やよい「んちゅ…むっ……ふっ…」

この時俺は初めて気付いた
俺はやよいが、彼女が好きになっていたことに…

やよい「んっ……んっ…」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:55:14.02 ID:WnF6PUz70
やよい「ぷはっ」

P「やよい、俺…」

やよい「プロデューサーのここ、かたくなっちゃってます…」

P「あっ、こ、これは…」

やよい「大丈夫です、じっとしててください……」ジーッ

P「おい、やよい、そんなのどこで…」

やよい「…私、もうお姉さんですから……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:56:10.07 ID:WnF6PUz70
やよい「いっぱい気持ちよくなってください…」シュッシュッ

P「んおっ!やよいっ…!?」

やよい「あーん……」パクッ

P「うっ…!」

やよい「きもひい…んっ……れふか…?」ペロペロ

P「やよい、凄い……気持ち良すぎて…」

やよい「んっ……ちゅっ……」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 22:58:45.95 ID:WnF6PUz70
P「やよい…もう、出そう…」

やよい「いっふぁい……らひてくらはいっ…」レロレロ

P「でるっ………!!!」ビュルビュルルル

やよい「んっ……んくっ…」ビューッビューッ

P「はあっ……はあっ……」

やよい「んーっ」ゴクン

P「や、やよい!すまん、大丈夫か!?」

やよい「はぁ…えへへ…気持ち良かったですか…?」

P「あっ、ああ……」ドキッ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 23:01:31.31 ID:WnF6PUz70
やよい「プロデューサー…もっと気持ちいいこと、しませんか…?」

P「(いつものやよいと違って、目が大人の女性に…)」

やよい「プロデューサー…」パサッ

やよい「私のここ…こんなになっちゃいました……」

P「(こんなこといけないのに、あってはならないのに…)」

やよい「私を、もっと大人にしてください…」

俺はやよいの魅力に負けてしまった

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 23:02:37.77 ID:WnF6PUz70
やよい「じゃあ…入れますよ…?」

P「ああ、ゆっくりな」

やよい「わかってます…んっ…」ズズズ

ズチッ

やよい「いっ!」

P「大丈夫か?」

やよい「へ、平気です、大人ですから…」

P「無理するなよ…」

やよい「じゃあ…動きますね…」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 23:03:11.57 ID:WnF6PUz70
やよい「んっ…ふっ…気持ちいい…ですか…?」ズッズッ

P「ああ…凄くいいよ…」

やよい「えへへ…もっときもひよく…なってくらさいね…」ズッズッ

P「はぁっ…はぁっ…」

やよい「んっ…ぷろでゅーさーのっ…おっきくて、すごっ…い…れすっ…」ズッズッ

P「凄い締め付けだっ…」

やよい「はあっ…はあっ…」ズッズッ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 23:03:55.81 ID:WnF6PUz70
やよい「ぷろりゅー…さーっ…」ズブズブ

P「やよい……そろそろ…やばいっ」

やよい「いいれふっ……いっぱい、らひてくらさいっ……!」ズブズブ

P「お、おいっ……抜け、抜くんだ…!」

やよい「ぷろりゅー…さーっ…すきっ…!!」ギュウウッ

P「はなせっ……っあっ!!」ドビュビュルルルッ

やよい「ふぁんっ~~~~~~~っ!!!」ビューッビュクビュク

P「あぁっ…はぁっ……」ビュッビュッ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 23:04:39.99 ID:WnF6PUz70
P「おい…やよい……」

やよい「えへへ……妊娠、しちゃいますね……」

P「やめろ…やめてくれ……」

やよい「冗談ですよ~、大丈夫な日ですから」

P「そういう問題じゃないだろ…」

やよい「それより…」

P「ん?」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/28(金) 23:05:07.97 ID:WnF6PUz70
やよい「私に、大人の魅力って、ありましたか?」

P「うーん……今日のやよいは十分大人だったかもな」

やよい「本当ですか!?じゃあ…今度また……」

end



元スレ: やよい「プロデューサー…私じゃだめですか……?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1319809096/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30760-eed3cdcd