ヘッドライン

やよい「ぷぷぷプロデューサー!大変ですー!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 01:21:20.16 ID:ekmrtpEz0
やよい「朝起きたら、胸があずささんくらい大きくなっちゃいました!!」

P「」

やよい「凄く重いです~…」







みたいなのお願いします!

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 01:22:58.84 ID:PJ6kEu+90
それやよいじゃねーから!

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 01:46:59.51 ID:m1FbyLO90

伊織「朝っぱらから騒がしいわねー、一体何やって…や、や、やよい!?」

やよい「うっうー…朝起きたらこうなってたんです~」

P「何か心当たりは無いのか!何か変わったモノを食べたとか!?」

やよい「え~っとぉ…あっ!そういえば昨日、とおっても安い牛肉が売ってたんですよぉ!」

P&伊織『それだ!』



春香「あれ?、千早ちゃんどこ行くの?」

千早「人生を変えに」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 01:55:18.69 ID:m1FbyLO90

亜美「やよいっちボインボイ→ン」

真美「あ、真美も触る→」

やよい「二人ともやめてくださ~い…あっ//」

P「うっ…ふう、でもこのままで仕事が続けられるのか?」

律子「とりあえず急病ってことで近いスケジュールはキャンセルしておきましょう」

美希「やよいの胸、ミキよりおっきいのー」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 01:56:06.95 ID:tRYChMms0
なんだと

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:02:10.59 ID:m1FbyLO90

伊織「こんな人体に影響を及ぼす物を売ってるなんて…営業できなくしてやるわ!」

やよい「うっうー!?そしたらもやしが買えなくなっちゃいます~!」

春香「そういえば今朝急にこうなったんだよね…!」

亜美「んっふっふ~、やよいっちもしかして今→」

真美「アレを付けて無いんじゃないですかな→?」

P「アレ?やよい、アレって何だ?」

やよい「///]

伊織「ちょっと!察しなさいよバカ!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:10:52.46 ID:m1FbyLO90

P「…!やよい、お前まさかノーブ」

律子「ストップ!それ以上は口に出さないで!」

やよい「お、おかあさんのもサイズが合わなくてぇ…」

伊織「そしたら早く買いに行かないと…誰が一番サイズが近いかしら?」

響「! 自分、サイズなら 伊織「あずさ!一緒に行ってあげて!」

あずさ「私と同じくらいなら私がいつも行ってる場所がいいわね~♪」



響「な…なんくる…グスッ」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:13:17.25 ID:iYEm559+0
おい、響をハブるのはやめろ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:15:15.63 ID:m1FbyLO90

スーパーにて

千早「ここにあるお肉、全部ください」

店員「え、全部?焼肉パーティでもするのかい?」

店員「さしずめお嬢ちゃんがホットプレート…ってこりゃいけねえや!HAHAHAHAHA」

千早「…クッ!(今に見てなさい!次に来た時の反応が楽しみだわ!」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:22:46.89 ID:m1FbyLO90

路上

ミロヨアノムネ… キョニュウロリッテホントニイタノカ…
マルデモモノヨウダア… イッペンダイブシテミタイナア…

やよい「うっうー…すっごく見られてますぅ」

春香「げ、元気出してやよい!ほら、舞台の上に上がった時の練習だと思って!」

あずさ「こうして皆と出かけるなんて久しぶりね~」

伊織「こら!あんた達そんな目でやよいを見てるんじゃないわよ!あっち行って!」


俺女じゃないからブラ選びシーンとかわかんねえよ、カット

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:30:36.66 ID:m1FbyLO90

765プロ

P「なんで俺を行かせてくれないんだよ!俺はやよいのプロデューサーなんだぞ!?」

律子「プロデューサーが行ったって意味ないでしょう?ああいうのは女の子だけでいいんです」

律子「ていうかプロデューサー、目つきがいやらしいです」

亜美「兄ちゃんむっつり→」

真美「兄ちゃんのスケベ→」

P「俺はそんな変態じゃない!ただ純粋にやよいの心配を…」



響「プロデューサー、自分と話すとき胸ばっかり見てるさー…」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:33:37.80 ID:m1FbyLO90

千早の家

ジュージュー ジュージュー

千早「…」 パクパク

ジュージュー ジュージュー

千早「…うっ、肉ばっかりで胸焼けが」

千早「はっ!これはもしや変化の前兆!?」

千早「もっと…もっと…」

この肉よ、胸に届け!

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:35:29.15 ID:aZ5e5xqJ0
千早・・・

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:36:42.94 ID:obMeuiHe0
ちはーはそのまんまで天使だよ!

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:40:34.26 ID:m1FbyLO90

店員「あら、大きいですね…寸法を測らせていただきますのでこちらへ」

やよい「うっうー!よろしくお願いしまぁす!」


伊織「まずはこれで一安心ね」

春香「うわぁ、すっごいエッチな下着…」

あずさ「でもあのままじゃあアイドルの仕事ができないわ、元に戻す方法はないのかしらぁ」

伊織「水瀬の力で何とかなるかもしれないけど…時間はかかるかもしれないわね」


春香「わっ!この下着ってパージできるんだぁ」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:45:57.18 ID:m1FbyLO90
 参考AA


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 02:57:21.41 ID:m1FbyLO90

やよい「うっうー、終わりましたぁ!」

伊織「ちょ、ちょっとやよい!下着のままで出てきちゃダメよ!」

あずさ「あらあら~」


あずさ「かわいい下着ね~♪」

やよい「伊織ちゃんがこれが似合うって選んでくれました~」

やよい「お金も伊織ちゃんが出してくれたんですよ~!」

春香「伊織はやよいにやさしいんだねぇ」

伊織「お、同じ事務所の仲間としてふさわしい物を身に付けて欲しかっただけなんだから、勘違いしないで!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:02:35.04 ID:m1FbyLO90

千早の家

千早「うっぷ…もう食べれない…」

千早「でも、これだけ食べれば相当な大きさに育つはず」

千早「ふふふ、今まで持っていた劣等感が優越感に変わる…」

千早「高槻さんには悪いけど、765プロ一のバストは私の物!」

千早「ふふふふふ…あはははははははあhオエエエエエ…」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:04:35.72 ID:4QSxsbJR0
不憫…

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:04:55.61 ID:RfS7wQkM0
吐いちゃダメだろ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:07:10.15 ID:m1FbyLO90

やよい「ただいまかえりましたぁ~」

P「やよい!どうだった!?ちゃんと買えたか!?」

やよい「ひっ!か、買えましたよぉ…」

P「いや、プロデューサーである俺が実際に確かめてみないことには…」

伊織「やめなさいよこのバカ!」

律子「セクハラで訴えますよ?」

美希「ハニー…」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:13:23.85 ID:m1FbyLO90

P「いや、ジョークだから!そんなに怒るなって」

響「目が本気だったぞ…」

P「俺の目を見てみろ、嘘を付いてる目に見えるか?」

亜美「確かに目は純真で輝いてるね→」

真美「でもさ→」

亜美真美『さっきからやよいっちの胸に釘付けだね→」

やよい「うっうー…//」



律子「もしもし、警察ですか?」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:20:20.05 ID:m1FbyLO90

春香「まあまあ、今日のところはここらへんでお開きにしませんか?」

伊織「私、グループの傘下の製薬会社に問い合わせてみるわ」

やよい「早くお仕事に戻りたいですぅ」

美希「困ったことがあったらミキに聞いてね?アドバイスしてあげるの」

あずさ「肩こりに気をつけてね~」

P「縮まないように気をつけるんだぞ!」




小鳥「ナチュラルに話しかけられなかった…」

響「あれ、ピヨコいたのか?」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:26:32.39 ID:m1FbyLO90

次の日

真「うわぁ…聞いてはいたけど本当におっきくなっちゃったんだ…」

雪歩「ちょっとだけ…触ってみてもいい?」

P「結局今日もあのままか…フヒッ」

律子「嬉しそうですね」

小鳥「でも、早く直す方法が見つからないと大変ですよ…」

P(! いっそ巨乳学生アイドルとして売り出すのはどうだろう!?)




P「社長に怒鳴られた」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:31:28.68 ID:m1FbyLO90

春香「ねえ、今日はまだ千早ちゃんは来てない?」

真「千早?まだ来てないと思うけど…」

雪歩「私も見てないですぅ」

春香「いつもは来てる時間なのになあ…昨日早退したのと何か関係あるのかな?」



P「社長、お願いします!これだけは譲れないんです、どうか!チャンスをください!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:34:37.45 ID:m1FbyLO90

千早の家

千早「…」

ドタプーン

千早「確かに肉は付いたわ…」

スッ

バキッ(体重計が割れる音)


千早「なんでウエストに付くのよ!」 ドタプーン

千早「こんな姿が…皆に見られたら!」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:40:12.78 ID:m1FbyLO90

765プロ

貴音「なんと面妖な…」 モミモミ

やよい「貴音さぁん、そろそろやめてください…んっ//」

貴音「もう少し…」 モミモミ

P「離せ、離してくれ!俺も…俺もぉっ!」

真「プロデューサー落ち着いて!プロデューサーがやったら犯罪ですよ!?」

雪歩「…」 スッ

真「雪歩!スコップはダメだよ!?」



春香「やっぱり心配だなあ、後でお家に行ってみよう」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:47:11.46 ID:m1FbyLO90

夕方 千早の家

春香「千早ちゃ~ん、居る~~?」

千早(春香!?家まで来たのね!)

春香「居たら返事して~、千早ちゃ~ん」

千早(早く帰って早く帰って早く帰って…)

春香「う~ん…出かけてるみたいだね」

千早(そうよ、早く帰って!」

春香「え?」

千早「あ」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:50:47.44 ID:m1FbyLO90

春香「千早ちゃん、居たんだね!」

千早「春香…騙してごめんなさい」

千早「でもね、今の私の体はあなたには見せられない!」

春香「千早ちゃん…?」

千早「こんな醜い私を見たらあなた…きっと幻滅するわ」

千早「記憶の中の私を、美しいままで居させて!」

春香「…」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 03:53:31.72 ID:m1FbyLO90

春香「大丈夫だよ、千早ちゃん」

春香「たとえどんな姿でも千早ちゃんは千早ちゃんだって、私には分かるよ」

千早「春香…」

春香「だから私を信じて、このドアを開けて?」

千早「春香…春香ぁ!」

ガチャ

春香「…」



春香「プッ」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 04:01:18.61 ID:m1FbyLO90

春香「アハハハハハ!千早ちゃん、なにそのお腹ぁwww」

千早「春香…?」

春香「胸はペッタンコのままなのにwwwwwお腹だけCHANGEしちゃってるwwwww」

千早「…」 プルプル

春香「歌が上手くて肥満体形ってwwwwwスーザン・ボイルwwwwwwww」

千早「…ハジマル」

春香「でも元気そうでよかった~じゃあ私はこれで…」

ガシッ

春香「え?」

千早「この姿を見られて、タダで帰れると思ったの?」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 04:05:08.50 ID:m1FbyLO90

春香「ちょ、やめてよ千早ちゃん…」

ズルズル

春香「だ、誰かたすけムグッ」

千早「春香、あなた運が良いわ」

千早「昨日いっぱい買ったお肉、全部食べ切れなかったの」

千早「だからあなたにも分けてあげる」

千早「大丈夫、たった一晩ですぐに私と同じようになれるわ」

春香(い、いやあ、いやあああぁ!)

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 04:11:21.17 ID:m1FbyLO90

765プロ

やよい「ええ!?このままアイドルとして仕事するんですかぁ!」

P「社長の許可は取った、後はお前の意志次第だ」

伊織「ごめんなさい…直す方法を見つけられなくて」

律子「嫌だったらやめていいのよ?」

小鳥「でも、人気は出るかもしれませんねぇ…」

やよい「うっうー…」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 04:16:25.41 ID:m1FbyLO90

P「チャンスだと思って試してみないか、な?」

真「プロデューサー!」

雪歩「まだ…おしおきが足りなかったのかな…」 スッ


やよい「…わたしぃ」

やよい「やってみようと思いますぅ!」

亜美「無理してない、やよいっち→?」

真美「兄ちゃんの言うことなんて無視してもいいんだよ→?」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 04:23:28.80 ID:m1FbyLO90

やよい「私はアイドルを続けたいですぅ」

やよい「弟や妹たちの為だけじゃなくて、自分の為にも」

やよい「この身体のせいで苦労するかもしれません…」

やよい「でも、私は舞台の上で歌ったり踊ったりしてみたいですぅ!」


P「よし!よく言ったやよい!」

P「今日からお前は『巨乳jcアイドルやよい』だ!」

やよい「うっうー!がんばりま~す!」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/30(日) 04:30:12.47 ID:m1FbyLO90

こうして、高槻やよいは『巨乳jcアイドルやよい』として再デビューすることとなった

その肩書き、容姿のせいで数々の困難が立ち塞がり、行く手を阻んだ

が、敏腕Pの熱意、やよいの血の滲むような努力の末

彼女は、アイドルマスターとして後世の歴史に名を残すのであった




千早「お腹の肉が減らない…」

春香「身体全体にお肉が付いちゃった…」

おしまい







元スレ: やよい「ぷぷぷプロデューサー!大変ですー!」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1319905280/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER MILLION THE@TER WAVE 06 (デカジャケット付)
花咲夜
ランティス (2020-02-26)
売り上げランキング: 36

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30755-2b74d05d