ヘッドライン

P「まず千早を事務所に呼び出す」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:07:10.06 ID:L7jjVzlXi
ガチャ


千早「おはようございます」

P「おはよう」

P「すまんな折角の休みなのに」

千早「いえ、今日はどのような用事で…」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:12:07.40 ID:L7jjVzlXi
~呼び出した口実を説明する~


P「レコーディングの打ち合わせを昨日したろう?」

千早「はい」

P「ちょっと確認したい事があってな」

千早「そうでしたか」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:20:23.46 ID:L7jjVzlXi
~隣に座るよう促す~


P「まあ、簡単な確認だけだから大丈夫」

P「こっちに座って」ポンポン

千早(なんで隣に?)

千早「…はい」ストン

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:26:53.41 ID:L7jjVzlXi
~肩を寄せて書類を見せる~


P「ここなんだけど……」

千早「ちょっと、プロデューサー?」

P「ん?」

千早「あの…その」

P「どうした?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:27:58.91 ID:W1pyw7ln0
これはいいものだ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:35:49.78 ID:L7jjVzlXi
~体調を気遣う~


P「体調でも悪いのか?」

千早「いえ、少し書類が見辛いと……」

P「ああ、そういう事か」

千早「はい」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:40:47.90 ID:L7jjVzlXi
~膝の上に座るよう促す~


P「だったら…」

P「俺の膝の上に座って」ポンポン

千早「え?」

P「それで少しは見やすくなるだろう」

千早「それはちょっと……」

千早「普通に書類を渡していただければ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:45:55.89 ID:L7jjVzlXi
~他に選択肢がない事を告げる~


P「そうすると、俺が見れない」

千早「…確かに、そうですね」

P「かと言って、隣同士だと互いに見辛い」

P「だから、これは仕方ない事なんだ」

千早「仕方ない事なんですか」

P「ああ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 11:54:42.01 ID:L7jjVzlXi
~再度座るよう促す~


P「という訳で」

千早「はい、仕方ない事ですからね」

P「そう、仕方ない事なんだ」

千早「失礼します」ポス

P「はいはい」

千早「重くないですか?」

P「いや、まったく」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:03:21.56 ID:L7jjVzlXi
~耳元で囁くように喋る~


P「ここなんだけど……」

千早「ひぅ!」

P「どうした?」

千早「ちょっと…っ…」

P「なんか落ち着きがないな」

千早「す、すいません…」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:10:52.57 ID:L7jjVzlXi
~書類を千早に渡してお腹に手を回す~


P「よし、これ持ってて」

千早「?…はい」


ギュ


千早「ひゃぅ!」

P「これで良し、と」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:15:40.31 ID:L7jjVzlXi
~あくまで打ち合わせだと強調する~


千早「せ、セクハラですよ!!」

P「何が?」

千早「何が、って…」

P「俺たちは仕事の話をしてるだけだ」

千早「そ、そうですか?」

P「そうだとも」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:16:46.26 ID:ZGGRviUl0
そうだな

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:17:04.71 ID:za1T2tL60
仕事の話なら仕方ないな

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:19:47.01 ID:L7jjVzlXi
~真面目に仕事の話をする~


P「ここの部分の…」

千早「こ、ここは……」


P「ここはこうした方が……」

千早「私としては……」

P「でも…」

千早「……なるほど」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:24:30.64 ID:L7jjVzlXi
~油断したところに不意打ち~


P「こうしてると」

千早「はい?」

P「俺たち、恋人同士みたいだ」

千早「はひ?」

P「ラブラブに見えるだろうな」

千早「い、あ……その」

千早「…うぅ……」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:28:12.09 ID:L7jjVzlXi
~そろそろ千早を離す~


P「こんなところか」


パッ


千早「あ……」

P「お疲れ様、もう帰っていいぞ」

千早「……」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:28:12.68 ID:OFw0+ktk0
かわいい

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:32:19.50 ID:L7jjVzlXi
~早く退くよう促す~


P「あの、千早?」

P「俺もまだ仕事があるんだけど」

千早「っ……すいません」スッ

千早「では、失礼します」

P「ああ、お疲れ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 12:39:10.45 ID:L7jjVzlXi
~最後にトドメの一言~


P「千早!」

千早「……はい?」

P「近々また打ち合わせしよう」

千早「……!」

千早「はいっ」


パタン


P「我ながらいい仕事をした」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 13:14:58.96 ID:coanLGX40
すんばらしい



元スレ: P「まず千早を事務所に呼び出す」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341799630/


[ 2020/02/20 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30737-5c7f7cad