ヘッドライン

サターニャ「あら、捨て猫かしら?」ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:07:59.134 ID:ui84tWbcd.net
帰り道

サターニャ「ふんふふーん……あら、何かしらあの箱」

サターニャ「ひろってください……?何を拾えってのよ?」

ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

サターニャ「猫かしら?」

ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

サターニャ「猫じゃないわね!」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:09:01.678 ID:ui84tWbcd.net
ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

サターニャ「この角……魔獣?うん、魔獣に違いないわ!」

ゼットン「ゼットォン?」ピポポポ

サターニャ「どうしたのあんた?ひとり?」

ゼットン「ゼットン!」ボゥッ

サターニャ「熱っ!?ちょ、やめなさいよ!」

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:09:55.916 ID:ui84tWbcd.net
ゼットン「ゼットォン…」グゥー

サターニャ「お腹空いてるの?えーと……ほら」

ゼットン「ゼットォン?」ピポポポ

サターニャ「メロンパン、食べれるでしょ?」

ゼットン「ゼットォン!」モグモグ

サターニャ「ほらほら、慌てないの!ふふっ、そんなに光って!おいしい?」

ゼットン「ゼットォン!」ピポポポ

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:10:46.904 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「……あんた、行くとこないの?」

ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

サターニャ「もし良かったらなんだけど」

ゼットン「ゼットォン?」ピポポポ

サターニャ「うち来る?」

ゼットン「ゼットォン!」ピポポポ

サターニャ「それじゃ決まりね!」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:11:24.474 ID:ui84tWbcd.net
サターニャの部屋

サターニャ「ただいまー」

犬「わふ!」

ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

犬「わふ!?」

ゼットン「ゼットォン!?」ピポポポ

サターニャ「こらこら、ケンカしないの!」

犬「ぐるるる」

ゼットン「ゼットォン…!」ピポポポ

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:11:43.265 ID:yDSf5Hhpd.net
一兆度の火球を食らって熱いで済ますサターニャぱねぇ

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:11:55.274 ID:ui84tWbcd.net
参考画像
http://i.imgur.com/cm0wFxU.jpg

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:12:59.688 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「ほら犬!ご飯よ!」

犬「わふ!」

サターニャ「ゼットンは魔獣のエサで大丈夫かしら?」

ゼットン「ゼットン?」ピポポポ

サターニャ「ゼットン、あんたの名前よ!ゼットンって鳴くからゼットンね!」

ゼットン「ゼットォン!」ピポポポ

犬「わふ!」モグモグ

ゼットン「ゼットォン!」モグモグ

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:13:03.087 ID:moPdjo+x0.net
どっからメロンパン食うんだよ

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:13:49.176 ID:ui84tWbcd.net
犬「貴様は何者だ?地球の生き物ではないな」

ゼットン「私はゼットン星の生物兵器、その幼体である」

犬「生物兵器だと?目的は侵略か」

ゼットン「私の飼い主の目的は地球侵略である……しかし、私自身に目的は無い」

犬「信じられんな……俺の主人をどうする気だ?」

ゼットン「繰り返す、私に目的は無い……あの地球人に手を出す気はない、とだけ言っておく」

犬「ふん……変なそぶりを見せたら噛み殺す、とだけ言っておくぜ」

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:14:40.758 ID:ui84tWbcd.net
ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

犬「わふ!」

サターニャ「すっかり仲良しね!」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:16:08.270 ID:ui84tWbcd.net
学校

ラフィエル「そういえばこの前、帰り道で捨て猫を見かけたんですよ」

ヴィーネ「かわいそう……捨てるなんて酷い人間もいるわね」

ラフィエル「まぁ私、スルーしたんですけどね」

ヴィーネ「酷い天使もいるわね!」

ラフィエル「でもヴィーネさん?半端にエサをあげて期待させたり、飼えないくせに可愛いーとか言って撫でるだけ撫でて帰る方が酷いとは思いませんか?」

ヴィーネ「そ、そうだけど!」

ラフィエル「ちなみに親切な人が拾ってくれたみたいで、箱だけ残ってました」

ヴィーネ「そ、それは良かったけど……うーん」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:17:12.395 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「捨て猫と言えば私、捨て魔獣拾ったのよね!」

ラフィエル「捨て魔獣ですか?魔界には酷い悪魔もいるんですね~」

ヴィーネ「悪魔的には酷い方がいいんだけど……」

サターニャ「違う違う、拾ったのは人間界よ」

ガヴリール「は?人間界に魔獣がいたのかよ」

サターニャ「私もビックリしたわ」

ヴィーネ「私達以外にも悪魔がいるのかしら?」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:17:42.904 ID:ui84tWbcd.net
サターニャの部屋

サターニャ「ただいまー!犬ー!ゼットーン!」

犬「わふ!」

ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ

サターニャ「いい子にしてたかしら!ほら、散歩に行くわよ!」

犬「わふ!」

ゼットン「ゼットォン!」ピポポポ

サターニャ「あ、もう!そんなに光らないの!あはは!」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:19:16.887 ID:ui84tWbcd.net
エンジェル珈琲

スーツの男「……」

ガヴリール「へいらっしゃい、好きな席にどうぞ」

スーツの男「……」

ガヴリール「ご注文は?」

スーツの男「……この、ブレンドコーヒー?を頼む」

ガヴリール「へい、だそうですマスター」

マスター「いや、聞こえてたけどね!?こっちまで来てね!?」

ガヴリール「ブレンドコーヒーのイントネーション変でしたね、この客」

マスター「聞こえるから!やめて天真くん!」

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:20:04.714 ID:ui84tWbcd.net
スーツの男「おいお前、質問がある」

ガヴリール「分かんねッス」

スーツの男「この近くで、おかしな生物を見なかったか?」

ガヴリール「見てないッスね」

スーツの男「黒くて角の生えた、黄色く光る生物だ」

ガヴリール「マスター、この客ヤバいやつじゃないッスか?」

マスター「天真くん!聞こえる!聞こえるから!」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:21:34.798 ID:ui84tWbcd.net
サターニャの部屋

サターニャ「ただいまー」

犬「わふ!わふ!」

サターニャ「おー犬、どうしたの?ゼットンは?」

犬「くぅーん」

サターニャ「ちょっとあんた、尻尾焦げてるじゃない!?ゼットンとケンカしたの!?大丈夫!?」

犬「わふ!わふ!わふ!」

サターニャ「え……?」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…」ピポポポ

サターニャ「大きくなってる……!?」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:22:23.260 ID:ui84tWbcd.net
ゼットン「ゼェッ…トォォン…」ピポポポ

サターニャ「2m……いえ、3mはある……?」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…」ピポポポ

サターニャ「……成長期?」

犬「ぐるるる」

サターニャ「そうだ!たしかヴィネットがでっかい魔獣飼ってたわね!電話してみよ!」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:23:08.485 ID:ui84tWbcd.net
ガヴの部屋

ヴィーネ「あら、サターニャから電話?もしもし?」

サターニャ『あ、ヴィネット?ちょっと聞きたいんだけど』

ヴィーネ「なに?」

サターニャ『ヴィネットの実家で魔獣飼ってたわよね?魔獣って急にでっかくなるの?』

ヴィーネ「急に大きくはならないと思うわよ?」

サターニャ『なるほど……え、ちょ、ゼットン!?こら!やめ、あ\ボンッ!/』ブツッ

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:24:36.634 ID:ui84tWbcd.net
ヴィーネ「え?サターニャ?ねぇ、サターニャ!?」

ガヴリール「サターニャどうかしたのか?」

ヴィーネ「分かんない、急に切れて」

ラフィエル「ガヴちゃん!」バシュン

ガヴリール「うお、どうしたラフィ」ビクッ

ヴィーネ「って、服が焦げてるじゃない!どうしたのよ!」

ラフィエル「サターニャさんが、サターニャさんがぁ……!」

ガヴリール「落ち着けラフィ、なにがあった?」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:25:24.894 ID:ui84tWbcd.net
テレビ「緊急速報です、えー、え?」

ガヴリール「今度はなんだよ!」

テレビ「えー、只今入りました情報です……怪獣?怪獣です、怪獣が現れました……場所はー」

ヴィーネ「これ、サターニャの家の方よね……?」

テレビ「あ、映像があるそうです!こちら、怪獣出現時の映像です!」

ラフィエル「これ、こいつです!こいつがサターニャさんの家から!」

テレビ「ゼットン『ゼェッ…トォォン…!』ピポポポ」

ガヴリール「黒くて角の生えた、黄色く光る……!」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:26:44.480 ID:ui84tWbcd.net
ヴィーネ「ガヴ!?知ってるの!?」

ガヴリール「いや、私は知らないが、こいつを知ってる男に会った」

ラフィエル「それは誰ですか!?サターニャさんの仇です!」

ヴィーネ「落ち着いてラフィ!まだサターニャが、その……大丈夫よ!」

ガヴリール「そうだヴィーネ、サターニャと電話してただろ!なんて言ってた!?」

ヴィーネ「たぶん、拾った魔獣が急に大きくなったんだと思う……その魔獣が、あれ……?」

テレビ「ゼットン『ゼェッ…トォォン…!』ピポポポ」

ガヴリール「とりあえずサターニャの家に行こう!」

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:27:53.599 ID:ui84tWbcd.net
サターニャの家の近く

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

スーツの男「見つけた……成長しないよう食事を制限していたが、どこかでエサを食べたようだ」

ガヴリール「いた!おいお前!あの時の客だろ!」

スーツの男「誰だったか……地球人の顔などいちいち覚えていない」

ヴィーネ「地球人……?あなた悪魔なの!?それとも天使!?」

スーツの男「ふん、もはや正体を隠す必要もない……このまま侵略を始めてやる!」

ラフィエル「侵略……!?」

ゼットン星人「私はゼットン星人……ウルトラマンの存在しない地球の侵略など容易いわ!」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:28:47.322 ID:ui84tWbcd.net
参考画像
http://i.imgur.com/MxMcF1J.jpg

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:30:09.183 ID:ui84tWbcd.net
ラフィエル「お前が誰でも構わない!サターニャさんの仇、殺してやる!」バシュッ

ゼットン星人「なんだ貴様、地球人ではないのか!?」

ラフィエル「外した……!」

ゼットン星人「弓矢なんて原始的な武器、効くと思うのか?」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

ゼットン星人「この位置では私まで巻き添えになってしまうから火球は使えない……少々手間だが直接やろう」

ラフィエル「ガヴちゃん!ヴィーネさん!2人の力、おかりします!」

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:31:05.339 ID:ui84tWbcd.net
ガヴリール「おう、あいつが元凶みたいだしな」

ヴィーネ「さっさと捕まえてサターニャを探すわよ!」

ゼットン星人「そうだ、今の内に街を破壊しておくか……ゼットォン!」

ガヴリール「え、おいまさか、あの化け物を操れるのか!?」

ヴィーネ「そんなことしたら、街が大変なことに……!」

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:32:33.356 ID:ui84tWbcd.net
舞天上空 ヘリ内

レポーター「見えますでしょうか!突如出現した巨大不明生物が、不気味な鳴き声を発しながら直立しております!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

レポーター「顔でしょうか、頭部の中心と胸部を黄色く発光させながら、時折身体を震わせています!出現してから数十分が経過しておりますが……あ!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

レポーター「あぁっと!動きだしました!歩き始めました!いけない、この方向は都市部です!このままでは甚大な被害がぁ!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:34:21.091 ID:ui84tWbcd.net
サターニャの家の近く

ガヴリール「おいやめろ!やめさせろ!」

ゼットン星人「私は地球を侵略しに来たのだ、やめるはずがない……そして」シュン

ガヴリール「あっ、早……!」ガクッ

ゼットン星人「邪魔者とお喋りするつもりもない」

ヴィーネ「ガヴ!?よくもガヴを!」

ゼットン星人「ふん」シュン

ヴィーネ「うっ」ガクッ

ラフィエル「ガヴちゃん!ヴィーネさん!」

ゼットン星人「貴様もだ」シュン

ラフィエル「あぅ」ガクッ

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:35:25.070 ID:ui84tWbcd.net
舞天上空

自衛隊員1「住民の避難はまだ終わらないのか!」

自衛隊員2「このままでは街が……!」

自衛隊員3「おい、あれはなんだ?鳥か?」

レポーター「あ!あれはなんでしょうか!?怪獣の顔の前に、鳥……コウモリ?いや、人、人です!人間に見えます!」

???「人間?違うわね!よーく聞きなさい!」

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:36:24.469 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「私は大悪魔、胡桃沢=サタニキア=マクドウェルよ!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

サターニャ「ちょっとゼットン!あんたなんのつもりよ!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

サターニャ「聞きなさいよ!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…?」ピポポポ

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:37:40.466 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「なんで急に大きくなったか知らないけど、あんた自分が何してるか分かってんの!?」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

サターニャ「まずはほら!犬に謝りなさい!尻尾焦げてんだから!」

犬「わふ!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

サターニャ「そんで次!私の家、なくなっちゃったじゃないの!ほら、ごめんなさいは?」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

サターニャ「……うん、それでいいのよ!わざとじゃないんでしょ?知ってるわ!」

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:38:37.137 ID:ui84tWbcd.net
ゼットン星人「ん?なんだあの人間、飛んでいるのか?まさかゼットンと会話を……いや、あり得ん!」

ゼットン星人「ゼットォン!そんな下等生物、さっさと焼き……!?」ドスッ

ラフィエル「せ、背中の目は、飾りですか……?」

ゼットン星人「な、き、貴様、意識が……!?」ドスッドスッ

ガヴリール「天使を、舐めんな!」

ヴィーネ「悪魔もね!」

ゼットン星人「く、くそぉ……!ゼットォン……!」ガクッ

42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:39:24.145 ID:ui84tWbcd.net
ゼットン星人「」ドロォ

ガヴリール「うわっ、溶けた!?」

ラフィエル「おえっ、気持ち悪いです」

ヴィーネ「でもこれで、あの怪獣も止まるはず……!」

レポーター「あぁっと!動きを止めていた怪獣が再び動き始めました!」

サターニャ「なっ、どうしたのゼットン!ちょ、止まりなさい!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:40:26.939 ID:ui84tWbcd.net
犬「おい貴様、どうした!?ご主人の声が聞こえないのか!?」

ゼットン「……私の元飼い主が死んだようだ」

犬「だからどうした?俺は貴様と話しているのだ!」

ゼットン「私にはこの星を破壊する意思はない……しかし飼い主であるゼットン星人の命令は、私の意思を無視して作用する」

犬「クソッタレ!どうすりゃいい!?どうすれば、てめぇを救える!?」

ゼットン「……私にも、こんな感情があったのだな

犬「なんだ、どうした……!?」

ゼットン「最後の力で、どうにか……!」

犬「……おい、なにする気だ!?」

ゼットン「ありがとう……刹那の時であったが、楽しかった」

44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:42:20.328 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「止まっ……止まって!お願いだから、止まってゼットン!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

自衛隊員1「住民の避難が完了した!攻撃用意!」

自衛隊員2「巨大不明生物の頭部近くに人影が見えますが!」

自衛隊員3「空中だぞ!人間がいるはずない!」

自衛隊員4「撃てぇー!!!!」

サターニャ「ゼットォン!!!!」

45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:43:27.888 ID:ui84tWbcd.net
バシュン!

自衛隊員1「!?」

自衛隊員2「待て!攻撃中止!」

自衛隊員3「消えた、だと……!?」

サターニャ「……ゼットン?」

犬「……くっ」

ラフィエル「あ、あれはサターニャさん!?ねぇガヴちゃんヴィーネさん、あれサターニャさんですよね!?」

ガヴリール「あぁそうだ!サターニャだよ!良かった!生きてた!」

ヴィーネ「もう、心配させて……!良かった、良かった……!」

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:44:58.906 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「……ふぅ」

ラフィエル「サターニャさん!」ギュッ

サターニャ「ちょ、ラフィエル!?なによ急に!」

ガヴリール「馬鹿サターニャ!死んだと思ったぞ!」

ヴィーネ「でも、元気そうで良かったわ!おかえりサターニャ!」

サターニャ「私と犬は帰ってこれたけど、ゼットンが……」

ラフィエル「ゼットン、あの怪獣ですね……?」

47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:46:33.080 ID:ui84tWbcd.net
ガヴリール「聞けサターニャ……あの怪獣は、宇宙人の侵略兵器だったんだ」

ヴィーネ「消えたけど、どこか他の街へ行ったのかも……」

ラフィエル「きっと自衛隊か、他の国の軍隊が……」

サターニャ「……」

ガヴリール「……暗くなってきたな」

ヴィーネ「……サターニャ、家なくなっちゃったわね」

ラフィエル「……でしたら私の部屋に」

犬「わふ!」

49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:47:59.218 ID:ui84tWbcd.net
宇宙

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」バシュン

ウルトラマンゼロ「うおっ!?」ビクッ

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

ウルトラマンゼロ「へっ!ゼットン星人を追ってこの宇宙まで来たが……早速お出ましだな!」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…」ピポポポ

ウルトラマンゼロ「あ?なんだこのゼットン、戦意が感じられねぇ」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…」ピポポポ

ウルトラマンゼロ「……いいんだな」

ゼットン「ゼェッ…トォォン…!」ピポポポ

ゼットン(ありがとう、サターニャ……!)

50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:49:45.034 ID:ui84tWbcd.net
地球

サターニャ「犬?」

犬「わふ!わふ!」

ガヴリール「おい、空!」

ヴィーネ「綺麗……花火かしら?」

ラフィエル「こんな時に、花火……?」

サターニャ「……!」

犬「……くぅーん」

サターニャ「……ゼットン」

51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:52:11.558 ID:ui84tWbcd.net
サターニャ「……」

犬「……」

サターニャ「……私も、楽しかったわ」

犬「……ご主人」

サターニャ「……さ、帰るわよ!」

犬「わふ!」

ガヴリール「だからお前の家はもうないだろ?」

ラフィエル「帰るのは私の家ですよ!サターニャさん!」

ヴィーネ「あ、それじゃ晩御飯は私が作るわね!」

サターニャ「それは楽しみだわ!」

犬「わふ!」

おわり

52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 21:55:32.553 ID:O/lw5uQm0.net
おまえのゼットン愛を感じた乙

62 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 22:14:57.911 ID:T7RYP1hA0.net
このコラボは予想外だった

63 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/30(日) 22:20:48.861 ID:kZ3v39Dw0.net
予想外に熱い展開



元スレ: サターニャ「あら、捨て猫かしら?」ゼットン「ゼットォン…」ピポポポ
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1493554079/

ガヴリールドロップアウト Blu-ray BOX
KADOKAWA アニメーション (2020-02-26)
売り上げランキング: 464

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30733-f09b5be1