ヘッドライン

真美「まさかゆきぴょんが……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 01:59:18.47 ID:15O9qgjn0.net
真美「ゆきぴょんが>>5だったなんて……」

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:00:31.80 ID:wMYnwenb0.net
二児の母

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:01:07.49 ID:9tfYfP75i.net
誰の子よッ!!

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:03:54.96 ID:15O9qgjn0.net
真美「ゆきぴょんが二児の母だったなんて……」

雪歩「このことは内緒にしておいてね、世間にバレたら大問題だから」

真美「もはやバレるとかバレないとかの問題じゃないって思うけど……」

雪歩「ちなみにこれが二人の写真なの、えへへ……カワイイでしょ?」

真美「う、うん……可愛いけどさ……」

真美「ん? ちょっと待ってよ……ゆきぴょんがお母さんってことは、お父さんもいるわけで……」

雪歩「うん、>>12だよ」

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:09:34.84 ID:8PhuRTkp0.net
花山薫

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:12:37.34 ID:15O9qgjn0.net
雪歩「花山薫だよ」

真美「え、だれ?」

雪歩「そっか、真美ちゃんはしらないよね……写真見せてあげるからちょっと待っててね」

真美「うん……でもなんか女の子っぽい名前だよね~、結構カワイイ感じの人だったりして」

雪歩「はい、これ」

真美「……え、これ?」

雪歩「うん、これが花山薫」

真美「ワーオ」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:17:00.27 ID:15O9qgjn0.net
雪歩「彼はね、花山組の組長で……家のツテで知り合ったんだけど」

真美「う、うん……もうそれ以上はいいよ、馴れ初めは」

雪歩「そう?」

真美「っていうかさ、ゆきぴょんって男の人苦手だったはずだよね」

雪歩「うん、まあ、そうだよ」

真美「それなら、なんでよりによってこんなゴリゴリのを選んだの?」

雪歩「それは>>18だから……」

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:20:42.29 ID:jLt0F2ks0.net
清掃日直などの仕事を積極的に取り組んでいたから

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:28:02.76 ID:15O9qgjn0.net
雪歩「清掃日直などの仕事を積極的に取り組んでいたから……」

真美「い、意外とマジメなんだね……」

雪歩「うん、ああ見えて理数系が苦手だったりしてカワイイところもあるんだよ」

真美「うーん……ギャップ萌えってやつなのかな」

雪歩「そうそう、それだよ真美ちゃん!」

真美「それだけで治っちゃう男嫌いってなんなの……キャラ付けとして中途半端すぎだよ……」

雪歩「私、あの人と出会ってからなんだか強くなったような気がするんだ」

真美「そりゃ、アレと毎日顔を突き合わせてたらそんな気もするよね……」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:31:29.77 ID:vJD7i61Y0.net
キス上手い(自己申告)もんな薫ちゃん

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:34:32.76 ID:15O9qgjn0.net
雪歩「私そろそろご飯を作らなきゃだから帰るね」

真美「アレの元に帰るんだね……気をつけてね」

雪歩「うん、真美ちゃんもね」

真美「なんていうか今日は色々驚いたけど、一応おめでとうって言っとくね……」

雪歩「えへへ……ありがとう真美ちゃん! それじゃ、また明日!」

真美「じゃーねー……」

真美「はあ……世の中わかんないなぁ……」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:36:13.76 ID:15O9qgjn0.net
[>はじめから

真美「まさかゆきぴょんが>>27だったなんて……」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:37:59.97 ID:Eb9OobYi0.net

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:40:01.60 ID:15O9qgjn0.net
真美「ゆきぴょんが肉だったなんて……」

真美「……え? 肉?」

真美「真美なに言ってんだろ、頭おかしくなっちゃったのかな」

肉「………」

真美「……え?」

肉「………」

真美「どういうことなの……」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:42:51.91 ID:15O9qgjn0.net
真美「え、これがゆきぴょん? そんなわけないよね?」

肉「………」

真美「まあそうだよね……肉がしゃべるわけないよね……」

真美「うあうあー、なんなのこれ! 無茶ぶりにも程があるっしょー!!」

真美「ゆきぴょんが肉ってどういう意味なのさー!!」

肉「>>34

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:45:17.19 ID:9tfYfP75i.net
真美ちゃんがこうしたんだよ

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:45:50.45 ID:wMYnwenb0.net
まさかのスプラッタ展開・・・

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:48:31.32 ID:8iso1GIc0.net
ひぇぇ

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:49:57.39 ID:15O9qgjn0.net
肉「真美ちゃんがこうしたんだよ」

真美「うあ!? しゃ、しゃべった!?」

肉「私はこんな姿になりたくなかったのに……真美ちゃんのせいで……」

真美「え、ホントにゆきぴょんなの?」

肉「うん、そうだよ」

真美「真美のせいでこうなったって言ってたけど……真美なんかしたっけ?」

肉「とぼけないで、真美ちゃんが>>43したから……!!」

43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:52:20.66 ID:s6Zdrk2I0.net
解体

45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:53:36.42 ID:wMYnwenb0.net
やりやがった・・・

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:53:50.37 ID:jJ9PHIJm0.net
うわぁ

47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 02:54:42.55 ID:15O9qgjn0.net
肉「真美ちゃんが解体したから……!!」

真美「えええええええええ!? 真美そんなグロいことしてないよ!!」

肉「じゃあこの状態をどうやって説明するの」

真美「そんなの真美だってわかんないもん……」

肉「真美ちゃん……しらを切るなんて許せない……」ヌチャッ

真美「うああああ!! ち、近づかないで……」

肉「許せない……」ヌチャッ

真美「あああっ、あああああ……!!」

49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:02:20.01 ID:15O9qgjn0.net
雪歩「……なーんちゃって」

真美「………へ?」

雪歩「えへへ、ドッキリ大成功ですぅ!」

真美「えっ、えっ……ゆきぴょん、なんで……お肉になったんじゃ……?」

雪歩「ただ、お肉を置いといて裏で声を当ててただけだよ」

真美「でっでも、なんか動いたし……」

雪歩「糸で吊って動かしてただけだよ」

真美「………ふ、ふふーん! 真美はそんな単純なトリックすぐに見破ってたもんね、ダマされたフリしてあげただけだし!」

雪歩「ふふ、そういうことにしておいてあげる」

真美「だ、ダマされたフリしてたら疲れたから、ちょっとだけおトイレ行ってくるね!」

雪歩「いってらっしゃーい」

50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:04:34.74 ID:15O9qgjn0.net
[>はじめから

真美「まさかゆきぴょんが>>54だったなんて……」

54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:06:47.99 ID:8PhuRTkp0.net
悪魔超人

56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:15:42.99 ID:15O9qgjn0.net
真美「ゆきぴょんが悪魔超人だったなんて……」

雪歩「えへへ」

真美「……いやいや無いっしょ、マンガじゃあるまいし」

雪歩「ひ、ひどいよ真美ちゃん! 私は本当に悪魔超人なのに!」

真美「っていうか、なに? 悪魔超人って……なんか特殊能力とかあんの?」

雪歩「私たち悪魔超人はね……命ある限り戦い続けるんだよ」

真美「いや、そういうのいいからさ……」

雪歩「私は>>60が得意だよ」

60 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:17:28.51 ID:cwcLJs2X0.net
男の人

61 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:24:12.08 ID:15O9qgjn0.net
雪歩「私は男の人が得意だよ」

真美「えっ」

雪歩「どうしたの真美ちゃん?」

真美「だってさ、ゆきぴょん……男の人が苦手って言ってなかったっけ……」

雪歩「だからぁ、悪魔超人になって男の人が得意になったの!」

真美「そ、そうなんだ……よかったね」

62 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:26:59.43 ID:5KWspnnW0.net
これは反応に困る

63 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:31:16.01 ID:15O9qgjn0.net
真美「男の人が得意って、どう得意なのか気になるんだけど……」

雪歩「たとえば、男の人と普通に会話できたり!」

真美「うん」

雪歩「男の人と近くにいても怖くなかったり!」

雪歩「男の人ともスキンシップが取れたりするの!」

真美「それってゆきぴょんからすればスゴいのかもしんないけど、真美でも普通にできることばっかだよ……」

雪歩「!?」

64 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:38:20.39 ID:15O9qgjn0.net
雪歩「そんなぁ……私、勇気を振り絞って悪魔超人になったのに……」

真美「そんな謎の勇気はあるのになんで普通に男の人とコミュニケーションできないの」

雪歩「やっぱり私なんてダメダメだよね……」

真美「いや、ある意味スゴいって思うけどさ……」

雪歩「ううぅ、こんな私なんか……穴掘って埋まってますぅぅ!!」ズドドドド

真美「……それが一番悪魔超人っぽい!!」

65 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/12(土) 03:40:14.96 ID:15O9qgjn0.net
寝ますわ
安価って大変ね・・・



元スレ: 真美「まさかゆきぴょんが……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1397235558/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30611-c1b89e28