ヘッドライン

千早「(もしかしてこの人私のことを好きなのでは?) P「ん?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/17(木) 23:45:44.14 ID:Fg/PCXQ10.net
千早(プロデューサーになった日からずっと私のそばにいるけど……もしかして……)

P「千早、おっはよ!」

千早「おはようございます……珍しい挨拶……熱でもあるんですか?」スッ

P「千早の手ってひんやりしてて気持ちいいな」

千早「くっ」

千早(こ、これは私に触れられようという巧妙な罠……!!)

P「大丈夫だろ? 今日も張り切っていこう」

千早「……はい」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/17(木) 23:49:56.23 ID:Fg/PCXQ10.net
P「今日はダンスのステップを練習しよう」

千早「はい」

P「はい、いっちにっさんにーにっさん」パンパンパンパン

千早「えと、こうで」ヨロッ

P「千早!!」ギュッ

千早「っっ!?」

P「危ない危ない、大切な千早にけがをさせちゃいけないからな」

千早(えっ、ままさかね…)

P「どこも捻ってないか? 立てるか?」

千早「は、はい」

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/17(木) 23:54:36.55 ID:Fg/PCXQ10.net
千早(大切……って)

P「……」ジッ

千早「あ、あの」カァァ

P「すまん、千早。 ひょっとして風邪か? ぼーっとして」ゴッツンコ

千早「!!?!!」カァァァァァァ

P「すまん、気づいてやれなかったな。 病院に連れて行こう」グイッ

千早「あ」

P「しっかり捕まってろ」ギュッ

千早「あ、あの、プロデューサー//////」

P「はぁはぁ、はぁはぁ」

千早(お姫様抱っこで街中を走らないでええええ//////)

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/17(木) 23:57:58.41 ID:Fg/PCXQ10.net
P「千早、調子はどう?」

千早「はい、もうすっかり良くなりました」

P「ああ、良かった」ホッ

千早(風邪なんか、ひいてないし)ドキドキ

千早「あ、あの」

P「なんだ?」

千早「あ、その節はありがとうございました」カアァァァァ

P「いや、俺こそすまない。 次はベストを尽くしてトップを目指そう」

千早「、はい、プロデューサー」

14 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2014/04/18(金) 00:13:11.38 ID:gEAC4J2K0.net
千早(本当、プロデューサーと居ると調子が狂う……まるでボヘミアン・ラプソディみたいね)

千早(好かれてるなら、メールでも出してあげないと)ポチポチ

千早「送信っと」ポチッ

千早「さーて、寝よっかな」


千早(……)ソワソワ

千早「うーん」ゴソゴソ

ピロリンッピロリンッ

千早「き、キター!!!」

千早(大声だして……恥ずかしい)カァァァ

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/18(金) 00:20:32.45 ID:gEAC4J2K0.net
千早「営業ですか?」

P「ああ、今日はタワレコでCD販売のついでに歌って貰う」

千早「販売もするのですね」

P「ああ、千早を知って貰おうと思ってな」

千早「!」ピーン

P「?」

千早(今日は少しどっきりをしちゃおう……)

P「さ、行くぞ」

千早「はい」ニコニコ

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/18(金) 00:39:35.62 ID:gEAC4J2K0.net
P「千早、どうして予定にない曲を歌った」イライラ

千早「名曲でしょう?」

P「何がグレゴリオだ」

千早「!?」

千早(確かに、お客さんの反応は……感動、ではなく……びっくりしていて)

P「あやまる必要は無いよ」

千早「!?」

千早(私に出来ること……取り返すなら方法は一つ……)

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/18(金) 00:45:22.85 ID:gEAC4J2K0.net
千早「はぁ……」

千早(あのときは、私の過ちだった)

千早「でも、プロデューサーは、それでもやって良いって言ってくれた」

千早(いけない私を、しかってくれた……)キュッ

千早(そのあとは、褒めもしないけど私の方をしっかり抱きしめてくれた……)ドキドキドキドキ

千早「あーだめだめだめ」

千早「私……そんなに好き……でいてくれなくても良いのに……」ボソッ

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/18(金) 00:59:27.97 ID:gEAC4J2K0.net
千早「その後アイドルランクも順当に上がり、私たちはアメリカに行くこととなった」

千早(旅立ちの前、二人とも渡米する……つまり一緒に暮らすと言うことを聞いた)

千早(両親の同意書を偽造し、役所に婚姻届を出したところ、見事受理された)

千早(そして、いつか二人で夢を、二人の未来を掴む……)

P「アメリカに、『如月千早』の名を刻み込んでやろう!!」

千早「? 名字違いますよ」

千早「……千早です」

P「えっ、俺と一緒の名字!? けけけ結婚したとか誰とだ!???」

千早「はい、そこにいます」スッ

P「えっ、後ろには誰もいな えっ」

終わり

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/18(金) 01:00:35.51 ID:ltCkcLQZ0.net
千早さんこわいよ



元スレ: 千早「(もしかしてこの人私のことを好きなのでは?) P「ん?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1397745944/


[ 2020/02/06 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30600-30700fec