ヘッドライン

P「響がどこまで完璧なのか検証してみる」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 00:56:10.235 ID:7HuIwxkP0.net
響「自分、完璧だからなー」

響「なんでも余裕でこなせるぞ!」

P「>>3

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 00:57:11.529 ID:sYT5Nkyk0.net
単独で大気圏突入

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 00:57:42.094 ID:MDQmuJEma.net
RXかよ

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 00:59:01.967 ID:7HuIwxkP0.net
P「まずは単独で大気圏突入だ」

真美「うあうあ→!真美、宇宙って初めて来たよ!兄c!」

亜美「地球って本当に蒼いんだね!」

P「準備はいいか?響」

響「バッチリだぞ!」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:00:42.560 ID:7HuIwxkP0.net
真美「ひびきん!頑張って!」

亜美「亜美達ここで見守ってるかんね!」

小鳥「システムオールブルー」

小鳥「いつでも響ちゃんを出せます」

P「それじゃ、行くぞ」

P「射出!」

真美「いっけー!ひびきん!」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:01:13.587 ID:0/i99xft0.net
オールグリーンじゃないのか

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:02:43.548 ID:7HuIwxkP0.net
ドシュウッ

響「す、凄い勢いさー」ゴゴゴゴ

響「でもこのくらいなら・・・」ゴゴゴゴ

響「ん・・・?なんか熱く・・・」

響「うぎゃー!衣装が燃えてるぞ!!」

響「ど・・・どうしよう!」

ピピピピ

響「プロデューサーからの通信だ!」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:06:28.989 ID:7HuIwxkP0.net
P「響!落ち着くんだ!」

響「プロデューサー!」

P「響と地球の衝突現場は、一般人の立ち入りはもちろん、報道関係者の立ち入りも禁止している」

P「そして、換えの衣装を持たせたやよいを待機させてある」

P「安心しろ!」

響「じゃあ安心だな!わかったぞ!」


響「我が魂は・・・765と共にありだぞ―――――――――!!!」

ドォォォン

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:07:19.263 ID:sYT5Nkyk0.net
衝突って

11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:08:18.103 ID:7HuIwxkP0.net
P「検証の結果」

P「せっかくの衣装が燃えてしまい、律子に怒られるハメになることがわかった」



P「次は>>13だ」

響「余裕だぞ」

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:11:27.796 ID:C0VTdAj50.net
対MSとの白兵戦

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:14:20.509 ID:7HuIwxkP0.net
P「MSを相手にした白兵戦だ」

P「響、どの程度のMSまでなら、大丈夫そうだ?」

響「自分、完璧だからな!ガンダムでもなんでも、なんくるないさー!」

P「そうか・・・しかし765プロの予算にも限りがあるからな」

P「少し社長と相談してくるよ」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:16:19.342 ID:7HuIwxkP0.net
真美「ドキドキするね」

響「そうか?自分、何が来ても余裕で勝つからなー」

亜美「亜美、ジオングとか見てみたいっしょ→」

響「あんな不完全なMS、自分の敵じゃないぞ!」

P「響!用意できるMSが決まったぞ!」

P「>>16だ」

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:16:38.775 ID:sYT5Nkyk0.net
アインラッド(ゲドラフ搭乗)

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:20:52.077 ID:7HuIwxkP0.net
P「アインラッドとゲドラフだ」

真美「・・・なんか弱っちそうだね」

亜美「完全にゲテモノ枠っしょ→」

P「すまない・・・俺がもっとこの企画への予算を取れていれば・・・」

響「プロデューサーが気にすることじゃないぞ!」

響「自分、どんなMSが相手でも、格好良く勝ってみせるぞ!」

P「響・・・!!」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:23:51.443 ID:7HuIwxkP0.net
P「準備はいいか?響」

P「・・・それに、春香も」

響「自分はもうバッチリさー!」

春香「こちら、天海春香です!視界良好!操作もバッチリ!いつでも大丈夫でーす!」

響「・・・なぁ、プロデューサー」

響「なんで自分は水着なんだ?」

響「なんか縁起悪い気がするぞ!」

P「MSを用意するのに予算がかさんだからな・・・視聴率を稼ぐためだ」

響「なら仕方ないね!」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:26:03.445 ID:7HuIwxkP0.net
春香「・・・それじゃ、行くよ!響ちゃん!」

響「来い春香!自分が相手になるぞ!」

春香「ふふふ・・・崇め奉りなさい!」

響「春香の雰囲気が変わった・・・!これは流石の自分も本気でいかないと」

春香「あっ操作間違っちゃった」

春香「ひゃあぁ!」ドンガラガッシャーン

真美「うあうあ→!はるるん思いっきり横に倒れちゃったよ→!」

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:28:43.500 ID:7HuIwxkP0.net
春香「いたたたた・・・あ、あれ?これどうやって起き上がったら・・・」

春香「ち、ちょっとタンマ響ちゃ」

響「問答無用だぞ!!!」

P「で・・・でた!響のTRIAL DNCEだああああ!!」

春香「き、きゃああああああ!!」

ドーーーーン

美希「ミンチよりひどいの」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:29:57.276 ID:7HuIwxkP0.net
P「検証の結果」

P「春香はやっぱりインベルに乗るべきだと思った」

P「次は>>24だ!」

響「なんくるないさー!」

24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:32:09.364 ID:8mfZ4rHi0.net
好きな人に告白

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:34:23.142 ID:7HuIwxkP0.net
P「好きな人に告白だ!」

響「なんくるな・・・え?」

P「どうした?」

P「響は完璧だからなんでもできるよな?」

響「ち、ちょっと待ってよ!」

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:35:35.259 ID:7HuIwxkP0.net
響「自分、好きな人なんていないぞ?」

P「・・・え?」

P「俺は?」

響「え?何言ってるんだプロデューサー・・・?」

P「・・・」

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:36:32.515 ID:mk+XFwi20.net
は?

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:38:11.796 ID:7HuIwxkP0.net
P「その後、響は事務所の皆に告白・・・もとい、これからも仲良くして欲しいという事を伝えて回っていた」

P「・・・」ズーン

真美「兄c、なんか元気ないね」

P「いや・・・そんなことは」

真美「元気出しなよ兄c」

真美「ま、真美は・・・兄cのこと、好きだよ?」

P「・・・え?真美、今なんて」

真美「あ・・・いや、その」カアァ

真美「なんでもない!」ダダダッ

P「・・・?」

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:39:22.790 ID:7HuIwxkP0.net
響「やっぱり、自分が出来ないことなんてなかったんだなー」

P「次で最後にしよう」

P「>>30だ!」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:40:23.681 ID:ZLjqWk880.net
100m×4リレー

32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:43:28.970 ID:7HuIwxkP0.net
P「100メートル×4リレーだ」

響「なるくるないさー!」

響「・・・けど」

響「そんな簡単なのでいいのか?自分、一瞬で終わらせちゃうぞ!」

P「響のポテンシャルなら、これくらいは余裕なのは想定済みだ」

P「もちろん、普通に走るわけじゃない」

P「最初の100メートルは>>33を着て走ってもらう」

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:43:42.594 ID:yyvmzDT60.net
響鬼のスーツ

34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:46:42.966 ID:7HuIwxkP0.net
P「響鬼のスーツで走ってもらう」

~~~~~~~~

P「よし、それじゃあ響、この衣装を・・・」

響「・・・」キィィィィィン

P「!?」

響「はぁ!」バッ

P「響・・・お前・・・」

亜美「本当に変身しちゃった!」

響「自分、鍛えてるからなー」

35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:50:27.156 ID:7HuIwxkP0.net
響鬼「それじゃ、いくぞ!」

P「あぁ、用意・・・スタート!」

響鬼「てやっ!」ダダダッ

P「は、速い!」

真美「兄c、これが噂のなんくるステップってやつ?」

P「多分違うと思う」

響鬼「やっぱり余裕だぞ!」

P「3秒で走りきってしまった」

P「しかし・・・次の100メートルは>>36が仕掛けられているんだ」

P「流石の響といえども・・・」

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:52:02.493 ID:e9EC7Tra0.net
斬鬼さん

37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:56:45.206 ID:7HuIwxkP0.net
P「次の100メートルにはザンキが仕掛けられている」

P「・・・これは響といえども・・・!」

響「100メートル走ったから、変身は解除してもいいんだよね?」

P「ああ、いいぞ」

響「ふぅ・・・自分、変身するとさらに完璧になるけど・・・」

響「やっぱりアイドルだし、この格好が一番良いよね!」

響「よし!次の100メートルも余裕で走っちゃうさー!」

38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 01:58:21.269 ID:7HuIwxkP0.net
響「なんだ、この100メートルは特に何も仕掛けられてないんだな」ダダダッ

響「もうすぐ次の100メートル地点に・・・ん?」ダダダッ

響「ひ、人が!人が倒れてるぞ!」キキィッ

響「し・・・しかも・・・うぎゃー!なんで裸なの!?」

39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:00:24.138 ID:7HuIwxkP0.net
響「ね、ねぇ!大丈夫!?ねえってば!」

ザンキ「・・・」

響「だ、駄目だ・・・反応がないぞ・・・」

響「心臓の鼓動があるか確かめないと・・・で、でも・・・」

響「今はうつ伏せでに倒れてるからお尻しか見えないけど・・・」

響「ひ、ひっくり返したら・・・うぅ」カアァ

40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:04:06.944 ID:7HuIwxkP0.net
響「で、でも・・・人命がかかってるんだ!恥ずかしがってなんかいられないぞ!」

響「よ、よいしょっと・・・」

響「ど、どうだ・・・?」

響「駄目だ、死んでる・・・」

響「うぅ・・・ごめん!」ダダダッ

P「この後スタッフが回収して返魂の術で蘇生しました」

P「次の100メートルは>>41が立ちふさがるぞ!」

41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:05:40.684 ID:e9EC7Tra0.net
次狼

43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:08:51.725 ID:7HuIwxkP0.net
P「次狼が立ちふさがるぞ」

P「765プロのファンらしく、快く協力してくれるようだ!」

響「あと200メートルだぞ!」

響「やっぱり自分は完璧だな!」

45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:12:44.395 ID:7HuIwxkP0.net
響「ん・・・?あれは・・・」ダダダッ

響「ガル男!ガル男じゃないか!」キキィッ

響「こんな所で何してるんだ・・・?」

響「えっ?プロデューサーに頼まれて自分の邪魔を・・・?」

響「だめだぞガル男!自分、完璧でなんでもできるってことをプロデューサーに証明しなきゃなんないんだ!」

響「ほら!雪歩が美味しいお茶を入れてくれるから、あっちへ行くんだ!」

響「コーヒーがいいなんてわがままで雪歩を困らせちゃダメだからね!」

46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:15:57.081 ID:7HuIwxkP0.net
P「なんなく突破されてしまった・・・」

真美「兄c、なんか適当になってない?」

亜美「兄cはオーズとフォーゼしかまともに見たことないもんね→」

P「最後の100メートルは>>47と対決してもらう」

P「頼む、響を食い止めてくれ・・・!」

47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:16:39.862 ID:rzGgzwGX0.net

49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:19:32.947 ID:7HuIwxkP0.net
響「もうすぐ!もうすぐさー!」ダダダッ

?「そこまでだよ!」

響「・・・!!」

響「その声・・・真だな!」

真「皆のアイドル!キューティまこりんなりよ!」

真「ここから先は行かせないよ!」

響「丁度いい機会だぞ!IAでの雪辱、ここで晴らさせてもらうさー!」

真「>>51で勝負だよ!」

52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:20:25.242 ID:rzGgzwGX0.net
ストリートファイター

55 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:22:04.309 ID:7HuIwxkP0.net
P「ストリートファイトで勝負だな!」

亜美「兄cなんか見なかったことにしてない?」

真美「安価は絶対っしょ→?」

P「律子に怒られるようなことは勘弁だからな」

亜美「ちかたないね」

57 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:25:02.214 ID:7HuIwxkP0.net
真「ストリートファイトだよ!」

響「・・・!」

響「MSにも勝った自分に白兵戦で勝負を挑んで来るなんて、真も意外と迂闊だぞ!」

真「ふふ・・・それはどうかな!」

真「波動拳!」ボシュウッ

響「!?」

響「くっ・・・波動拳!」ボシュウッ

バンッ

真「相殺・・・だね」

59 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:27:01.960 ID:7HuIwxkP0.net
響「・・・どういうこと?真も波動拳を使えるなんて・・・」

響「まさか!」

真「そう、響がリュウなら、ボクはケンなのさ」

響「コンパチだぞ!」

63 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:31:36.360 ID:7HuIwxkP0.net
響「自分は一年前、IAで真に負けてから、血の滲むような特訓をしてきたんだ」

響「自分を、あの頃の・・・961プロにいた頃の自分と同じだと思わない方がいいぞ!」

真「っ!」

P「響が!捕まえて!」

P「響が!画面端ィ!」

P「バーストアピール読んで!」

P「思い出入るゥ!」

P「響が!近づいて・・・!」

P「響が決めたああああああああああ!!!」


響 win!

64 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:33:48.078 ID:7HuIwxkP0.net
真「くっ・・・完敗だよ」

響「じむしょへ かえるんだな おまえにも 雪歩がいるだろう」

響「・・・」

響「ゴールだぞ!」

P「おめでとう」

真美「おめでとう」

亜美「おめでとう」

真「おめでとう」

響「・・・ありがとう!」

69 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:35:53.406 ID:7HuIwxkP0.net
P「検証の結果」

P「響は完璧だった」

P「我々765プロ響ちゃん研究会は完璧な響に惨敗した」

P「そして、最後に一つだけ確信を持って言えることは」

P「響は完璧でかわいい」

P「それだけだ」

おわり



元スレ: P「響がどこまで完璧なのか検証してみる」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1448639770/


[ 2020/01/06 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30233-ee04fee1