ヘッドライン

リリス「桃を眷属にする手っ取り早い方法を教えてやろう」 シャミ子「ぜひお願いします!!」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:06:31.514 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「簡単だ、おぬしと桃との間に子を成せばよい」

シャミ子「子供……ですか?女の子どうしでも子供ができるのでしょうか?」

リリス「前例は聞かないがな」

リリス「時にシャミ子よ、子供を作るためにはどのような行為をすればよいか知ってるか?」

シャミ子「いえ、全く」

リリス「簡単に言えば合体と発射だな」

シャミ子「まるで意味が分かりません」

3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:07:21.085 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「それで私は何をすればいいのでしょうか?」

リリス「かわいい子孫よ、まずは無修正アダルトビデオを見て想像力を鍛えるのです」

リリス「そしてなんとかの杖を発射装置に変形させ、装着するのです」

リリス「あとは言わずもがなです」

シャミ子「???全然ついていけません」

リリス「余が最初に言ったことを思い出すのです」

シャミ子「……ようするにまずはその無修正なんちゃらを見ればよいのですね」

リリス「その通りです。では早速、良子のパソコンからインターネットを起動しましょう」

シャミ子「はい!!………インターネット?」

4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:07:39.473 ID:kiuWbpIy0.net
シャミ子はいやらしまぞくなんだね…

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:07:52.156 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「……どうした?シャミ子、そんなところにうずくまって」

シャミ子「」ガクガクブルブル

リリス「おーい、シャミ子ー?」

シャミ子「な……ナナナなんであの二人は………あの……その///……はハハ///…裸なんですか!?」

リリス「別に普通のことだと思うぞ」

シャミ子「それはご先祖がメソポタ特有の感性をお持ちだからではないのですか!?」

リリス「むしろ裸になる方がワールドワイドだと思うぞ」

6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:08:17.535 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「てゆうかまだ始まってすらいないではないか」

シャミ子「始まるってなんですか!?これから何が始まるんですか!?」

リリス「だから合体だよ」

シャミ子「意味が解りません!!」

リリス「そういえば大事なことを言い忘れてたな」

シャミ子「?」

リリス「子供を作るのはすごくエッチなことなのだ!!」

シャミ子「!?!?!?」プシュー

リリス「……まぁとりあえず最後まで見ておけ」

7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:09:16.027 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「………つまり、私と桃が先ほどの動画のような行為をすれば桃を眷属にできるということでしょうか?」

リリス「そうだ」

リリス「ついでに桃を妊娠させることができれば、責任を取って桃を眷属として迎えざるを得なくなるというわけだ」


桃『シャミ子……その………』

桃『できちゃった///』

桃『……シャミ子が悪いんだよ///』

桃『……だから…責任を取って……』

桃『………私を…シャミ子の眷属に…して…ほしい……かな♡♡♡』


リリス「とまぁ、こんな感じで迫ってくると思うぞ」

シャミ子「なるほど!」フンス

8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:10:04.213 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「……あの……ですが……」

リリス「判っておる」

リリス「なんとかの杖の力を借りるのだ、シャミ子よ」

シャミ子「杖?…まさか…///」

シャミ子「普通の女の子には存在し得ない件の発射装置に変形させるのですか?」

リリス「珍しく物分かりがいいな、今日のおぬしは」

シャミ子「」

リリス「さぁ、思い出すんだ!」

リリス「男優がぶら下げていた発射装置の立派な姿を!」

シャミ子「こ……///」

シャミ子「これで勝ったと思うなよー!!!!」

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:11:04.165 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「……」

シャミ子「……」

リリス「……今のは掛け声か?」

シャミ子「……はい……」

リリス「……そしてこれは何だ?」

シャミ子「……モザイクがかかっちゃってますね……」

リリス「これはこれで卑猥だなぁ」ニヤァ

シャミ子「うぅ……///」

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:11:52.790 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「だが今のままではだめだな」

リリス「何べんも見返して男優の立派な発射装置をその目に焼き付け、想像力を鍛えるんだ」

シャミ子「無理です、あの衝撃映像を何べんも見るのは///」

シャミ子「一回見るだけで頭の周りでひよこさんが盆踊りをしそうです///」

リリス「そうか、なら今日のところはこれくらいにしておこう」

リリス「だが立派なものができるまで何度もしごいてやるぞ」

シャミ子「うぅ……///」

13 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:12:45.103 ID:jqsqNZrd0.net
数日後


シャミ子「はぁ…はぁ…これで……どうでしょう……///」

リリス「でかしたぞ、シャミ子!!」

リリス「たった数日でこれほどまでに立派なものが作れるようになるとは!!」

リリス「さぁ次のステップだ!!」

シャミ子「きょ…今日のところはこれくらいに」

リリス「四の五の言わずに服を脱げ!!全裸になれ!!そしてそいつを装着するんだ!!」

シャミ子「ご先祖!!何を言ってるんですか!!」

リリス「服着たままがいいのか?アブノーマルだな」

シャミ子「あぶのうでも何でもいいです!!全裸は恥ずかしすぎます!!」

リリス「だがせめて下は脱がないと装着できないぞ」

シャミ子「うぅ……///」

シャミ子「危機管理ーー!!!!」

14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:13:46.384 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「……」

シャミ子「……」

リリス「……それが答えか?」

シャミ子「……はい……」

リリス「だがこれはこれでありかもしれんな」

リリス「シャミ子よ、股間に発射装置を近づけるのだ」

シャミ子「……これでいいですか?」

リリス「次は股間に魔力を集中させるのだ」

シャミ子「はい!……集中……」

リリス「……どうだ?できたか?」

シャミ子「……はい!!装着できました!!」

良子「お姉ただいまー」ガラッ

15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:14:51.220 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「……」

シャミ子「……」

良子「……サスガダァ」

ピシャッ

良子「お姉!!なんで閉めるの!?」

シャミ子「だめです良!!今のお姉ちゃんを見てはいけません!!教育によろしくありません!!」

良子「良知ってるよ!!そういうのふたなりっていうんでしょ!!薄い本でたくさん見た!!」

シャミ子・リリス「!?!?!?!?」

16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:16:31.750 ID:jqsqNZrd0.net
良子「良分かるよ!!お姉が何をしようとしているのか!!」

良子「雄々しさ際立つ御立派な一物で桃さんを骨抜きにするんでしょ!!良知ってるよ!!」

良子「そうでしょ!!お姉!!」

シャミ子「うぅ……た…たしかに良の言う通りですが…///」

良子「お姉!!お願い!!見せて!!」

シャミ子「だめです!!」

良子「ならせめて写真にその姿を収めるだけでも!!」

シャミ子「なおさらだめです!!」

リリス「……なぁ、良よ」

リリス「おぬしは先ほど薄い本とか言っておったが」

良子「見たいの?分かった!厳選するからちょっと待ってて!!」トテトテトテ

17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:17:47.048 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「……お姉ちゃんのこんな姿が見たいなんて……愛妹の将来が心配です…」

リリス「……ふたなりとか薄い本とか言ってたからな……余は今の時点でも心配だぞ…」

シャミ子「なんですか?そのふたなんとかだとか、薄いなんとかって」ポロッ

リリス「あぁ…いやそんなことよりも落ちたぞ」

シャミ子「落ちたって…あ……」

シャミ子「私は女の子に戻りました!」

リリス「そんなことはどうでもよろしい」

リリス「どうやら今のおぬしでは桃に発射するまで魔力と集中力が持たないみたいだな」

シャミ子「そんな感じがしますね、ひき続きご指導をお願いします」

良子「お姉ー!持ってきたよー!」トテトテトテ

リリス「おぉ、ようやく来たか」

良子「あれ…?お姉……TNTNのほうは…」シュン

シャミ子「今日はもうおしまいです!!あとせめて発射装置って言ってください!!」

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:20:35.975 ID:jqsqNZrd0.net
翌日


リリス「今日は頼もしい助っ人を呼んでおいたぞ」

シャミ子「…だいたい予想はつきますけど」

良子「お姉!!今日こそ見せてくれるよね!!」

シャミ子「…やはりそうでしたか……」

リリス「…良、例のブツを」

良子「は!こちらになります!」

シャミ子「良、これはいったい?」

良子「は!件の薄い本であります!」

シャミ子「え…エッチな本じゃないですか…///」

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:21:28.378 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「シャミ子よ、全部読む必要はないぞ」

リリス「6ページにあるそびえたつ雄大な発射装置を脳裏にこびりつかせればよいのだから」

シャミ子「えぇと6ペー…ジ…///」ペラッ

バタンッ

良子「お姉!!閉じちゃだめだよ!!」

シャミ子「で…でもぉ……///」

リリス「頑張れシャミ子!!己の恥じらいに打ち勝って想像力を鍛えるんだ!!」

シャミ子「うぅ……///」

シャミ子「き…危機管理ーー!!!!」

良子「おぉ…お姉が第一進化を」

シャミ子「第一進化ってなんですか!?これ以上何が進化するっていうんですか!?」

良子「次にお姉がTNTNを装着して」

シャミ子「だから発射装置って言ってください!!」

20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:22:50.394 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「発射装置はイメージできるか?」

シャミ子「はい!!できます!!」

リリス「なんとかの杖は持ったか?」

シャミ子「はい!!持ちました!!」

リリス「うむ!!あとはそなたの想像力を働かせるんだ!!」

シャミ子「そ…想像力を…///…働かせて…///」

良子「おぉ!!ご立派な一物が…」

リリス「昨日よりでかいぞ!!」

シャミ子「あとは…股間…に///…装着……できました!!」

良子「お姉!!かっこいいよ!!」

シャミ子「褒められてもなにもでませんよ!!」

リリス「いや、今日は何か出すまで帰さないぞ!!」

リリス「良、シャミ子のアレをしごくんだ!!」

良子「うん!!」

シャミ子「ええええええええ!?!?!?!?」

21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:24:36.948 ID:jqsqNZrd0.net
良子「……どう?お姉///……気持ち良い?」シコシコ

シャミ子「?…気持ち良い?……私は何も感じませんが…」

良子「え?」

シャミ子「え?」

リリス「……どうやら今の状態は魔力を接着剤代わりにして発射装置を繋ぎ止めているだけに過ぎないみたいだな」

リリス「原因はおそらくシャミ子の魔力が不十分だからだろう」

シャミ子「今度は魔力を鍛える修行をするのでしょうか?」

リリス「クックック…今日呼んだ助っ人が一人だけとは言ってないぞ?」

シャミ子「?…助っ人?」

リリス「出でよ!!本日の助っ人NO.2!!」

小倉「お困りのようね!!シャミ子ちゃん!!」ヌタァ

シャミ子「ぎゃぁぁぁああああ小倉さぁぁああん!?!?!?!?!?!?」

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:26:39.618 ID:jqsqNZrd0.net
小倉「シャミ子ちゃんの部屋に…ハァ…仕掛けた盗聴器を通じて…ハァ…話は聞いていたけど…ハァ…これが…シャミ子ちゃんの///…ハァ…///」

シャミ子「毎度毎度天井から現れるのはやめてください!!そして息を荒げながら近づくのもやめてください!!身の危険を感じます!!」

リリス「他にも突っ込むべきところがあると思うぞ」

小倉「そんなことより、ここに飲んだ人の性欲を少しの間だけ爆発的に高める怪しいお薬がありま~す♡」

シャミ子「そんなものはいりません!!」

小倉「副作用で一時的に魔力が凄まじい勢いで跳ね上がるんだけど」

シャミ子「それを先に言ってください!!むしろそっちが主作用です!!」

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:27:58.898 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「そもそもそれは普通の女の子が飲んでも大丈夫なのでしょうか?」

小倉「大丈夫だよ~♡体に害を与えるような成分は入れた覚えがないし」

小倉「ただ物凄~~く苦いけど」

シャミ子「苦いものは苦手です、ですので」

小倉「甘いものと一緒に服用すれば苦みやえぐみが抑えられると思うよ」

シャミ子「…なるほど」

良子「それじゃあ良、ココア淹れてくるねー」

リリス「ついでにティッシュも持って来いよー」

シャミ子「…まぞくの退路は断たれました」

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:29:24.008 ID:jqsqNZrd0.net
小倉「それじゃあ飲んでねぇ~♡」

シャミ子「……」ゴクッゴクッ

良子「どう?お姉」

シャミ子「……!?!?!?!?!?!?!?!?」

シャミ子「か…身体が///……特に下半身が…ッ///」

リリス「今だ!!良よ!!しごいてやれ!!」

良子「合点!!」

良子「……どう?お姉///……気持ち良い?」シコシコシコシコシコ

シャミ子「//////」

小倉「効果てきめんだね~」

良子「……どう?お姉///……何か出そう?」シコシコシコシコシコ

シャミ子「…あっ///…うっ///…あっ///」

リリス「来るか!?」

シャミ子「ッ―――――――――///」ドピュドピュドピュドピュ

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:30:45.810 ID:jqsqNZrd0.net
リリス「でかしたぞ、シャミ子!!」

小倉「シャミ子ちゃん精通おめでとー♡」

良子「……お姉///……凄い///……匂い///」

シャミ子「……はぁっ……はぁっ……」

小倉「もっとサンプルが欲しいからこれからもシャミ子ちゃんには頑張ってもらうからね~♡」

シャミ子「そ……そんな……」

リリス「これからはシャセイミルク優子をそなたの活動名にするといいぞ!!」

シャミ子「しま……せん……」

良子「……お姉///……大好き♡」

シャミ子「………」ドサッ

良子「あれ?…お姉…」

小倉「力尽きちゃったみたいだねー」

リリス「……今までよく頑張ったなシャミ子よ、ゴールはもうすぐだぞ」

リリス「だから今はゆっくり休んで英気を養うんだ」

27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:32:03.325 ID:jqsqNZrd0.net
数日後


シャミ子・リリス「クックック…時はきた!」

良子「桃さんと眷属の契りを交わすんだよね!!」

シャミ子「クックック…いかにも」

リリス「シャミ子よ、いい機会だからついでにあの生意気な若造に灸でも据えてやれ」

シャミ子「クックック…気が向いたら」

小倉「これから千代田さんとエッチするんだよねー」

シャミ子「クックック…え…エッチって///…言わないで///…ください///」

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:33:06.585 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「それでは皆さん、今まで色々とお世話になりました」

シャミ子「私はこれから宿敵待ち構える決戦の地へ赴きます!!」

リリス「うむ、そなたの武運を祈るぞ!!」

小倉「あとでいろいろとデータ取らせてねー」

良子「お姉…それ死亡フラグ……」

30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:35:03.137 ID:jqsqNZrd0.net
同日 ばんだ荘 桃の住処前


シャミ子「桃ぉー、あなたのために早起きしてお弁当を作ってきましたー。中に入れてくださーい」ドンドンドン

ガチャッ

桃「…シャミ子?」

シャミ子「はいこれ……まぁ昨日の残り物が大半ですけど」

桃「…ありがと……」

シャミ子「桃…今まで寝てたのですか?もうお昼前ですけど?」

桃「うん……上がってく?」

シャミ子「はい」

シャミ子(チャーンス!!)

31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:36:07.191 ID:jqsqNZrd0.net
桃「……それじゃ、私はもうしばらく寝てるからシャミ子はそこで寛いでていいよ」

シャミ子「はい……って貴様ァ――!!人がせっかくご飯を持ってきたやったというのに一口もいただかないまま二度寝する気か――!!」

桃「うん」

シャミ子「うん…じゃねぇ――い!!」

シャミ子「人からの施しを身勝手な都合で拒むワガママ魔法少女にはどうやらきついお仕置きが必要みたいですねぇ…」

桃「……あ…いつのまにか危機管理フォームになってる…」

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:38:11.219 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「クックック…覚悟しておけ魔法少女よ…」

桃「うん」

シャミ子「今から貴様を……」

シャミ子(しまった!!薬を飲んでなかった!!)

シャミ子「……」

桃「…うん?」

シャミ子「し…しばらくそこで待っていろ///」タッタッタッ

桃「?…うん…おやすみ」

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:40:45.158 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「……」ゴクッ

シャミ子(んっ…おぇ~~…やっぱり水だと苦い……)

シャミ子(あとは発射装置を装着して…)

シャミ子(よし!!準備万端です!!)

シャミ子「桃!!」

桃「……スー……スー……」

シャミ子(あんにゃろ~~!!気持ちよさそうに寝てやがります!!)

シャミ子(でも…桃の寝顔……ちょっとかわいいかも///)ポー

シャミ子(いやいやいや!!そうではなくて!!)ブンブンブン

シャミ子(こうなったら寝込みを襲ってやります!!桃が悪いんです!!宿敵の前で無防備な姿をさらすんだから!!)

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:42:21.663 ID:jqsqNZrd0.net
メタ子「時はきた」

シャミ子「クックック…わが宿敵千代田桃よ…これより貴様を私の眷属にする闇の儀式を執り行う…覚悟しておけ!!」

桃「……スー……スー……」

シャミ子「おのれ――!!問答無用じゃ――!!服を脱がしちゃるぞ――!!」ヌガセヌガセ

桃「……あれ……シャミ子?」

シャミ子「今更目覚めたか!だがもう遅い!貴様はこれから闇に堕ちるのだ!」

桃「……前の方にもしっぽ生やしてる」

シャミ子「これはしっぽではない!!貴様を眷属にするために用いる重要な神器だ!!」

桃「……うん知ってる…なんとかの杖だよね」

シャミ子「そう!!これはなんとかの杖を変形させたもので…って貴様!なぜそれを知っている!?」

桃「……壁が薄いから…シャミ子とリリスさんの漫才がまる聞こえ」

シャミ子「しまった!!…盲点でした…」

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:44:37.652 ID:jqsqNZrd0.net
シャミ子「…って漫才ではないわ――!!あれは立派な修行じゃ――!!」

桃「ふーん…」ガシッ

シャミ子「き…貴様!?…な///…ナニを掴んで…///」

桃「えい」ブチッ

シャミ子「ぎゃぁぁぁああああ取れたぁぁぁぁああああ!?!?!?!?!?!?」

桃「装着」

シャミ子「貴様!?なぜ装着する!?」

桃「うーん……シャミ子に突かれるのが癪だから?」

シャミ子「そういう問題ではないわ――!!」

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:46:28.010 ID:jqsqNZrd0.net
桃「そもそも、シャミ子は私を眷属にしたいんだよね?」

シャミ子「え?…は…はい……」

桃「だから私と子供を作るためにこんなものを生やしてきたんだよね?」

シャミ子「そ…その通り…です…けど…」

桃「ならシャミ子が子供を産む方でもいいんじゃないの?」

シャミ子「え?…で…でも///…それは…///」

桃「そしてなにより…」

シャミ子「……」

桃「シャミ子には筋肉が足りない」

シャミ子「結局は貴様の趣味か!!」

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:50:03.995 ID:jqsqNZrd0.net
桃「いやでも筋肉は大事だよ?パワーを調節しないと相手は気持ちよくならないと思うし」

シャミ子「でも……貴様のような筋肉バカは」

桃「自分の筋肉の使い方は誰よりも知っているからね」

桃「それにシャミ子の筋肉量も把握しているからね」

桃「私ならシャミ子を気持ちよくさせてあげられると思う」

桃「だからシャミ子は安心して私に身を委ねていいんだよ?」

シャミ子「う…うぅ……///」

桃「それに」

シャミ子「それに?」

39 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:51:40.587 ID:jqsqNZrd0.net
桃「人の寝込みを襲おうとしたいやらし魔族にはきついお仕置きが必要だと思うんだ」

シャミ子「……きゅ…急用を思い出したので私はこれで」

桃「でもシャミ子は今すぐエッチしたいんでしょ?」

シャミ子「そ…そんなことは///」

桃「薬のせいで下半身がうずいて仕方ないんでしょ?」

シャミ子「そ…そんな…こと…は……///」

桃「シャミ子が悪いんだよ?シャミ子の自業自得なんだよ?」

シャミ子「ううううぅ……///」

桃「さぁ……始めようか……」

シャミ子「こ……」

シャミ子「これで勝ったと思うなよ――――!!!!」


頑張れシャミ子!!いろいろな痛みに耐えて元気な子供を産むんだ!!

41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/16(月) 23:55:42.075 ID:kiuWbpIy0.net
やっぱり桃攻めなんだよね

43 :>>1 2019/12/17(火) 00:23:52.832 ID:NK55DhUP0.net
後日


シャミ子「桃……///」

桃「どうしたの?シャミ子」

シャミ子「……できちゃいました///」

桃「…そっか…おめでとう」

シャミ子「なんでそんな他人事なんだ貴様ァ――!!」

桃「それじゃあみんなに報告しに行こうか」

シャミ子「なんでそんな淡々としてるんだ貴様ァ――!!」

44 :>>1 2019/12/17(火) 00:26:20.091 ID:NK55DhUP0.net
リリス「…そうか…おめでとう」

良子「お姉…おめでとう」

清子「優子…そういうことは真っ先におかーさん相談してほしかったです」

杏里「まじかよ!?すげーな!!……ミカンもママ友が増えてうれしいってさ」

ミカン「だ…///だれがママよ!?……おめでとうシャミ子…桃…」

小倉「…そっかーおめでとー♡」


おめでとうシャミ子…桃さんと一緒に健やかな家庭を築いていくんだ!!

45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/17(火) 00:27:22.210 ID:qetCxB8K0.net
お父さんも嬉しそうでなにより

46 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/17(火) 00:43:46.208 ID:/uVE5G8E0.net
この町の住人は百合妊娠への理解が半端ない



元スレ: リリス「桃を眷属にする手っ取り早い方法を教えてやろう」 シャミ子「ぜひお願いします!!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1576505191/


[ 2019/12/18 13:25 ] まちカドまぞく | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/30098-31f45d05