ヘッドライン

ウシジマ「今日返済日なのに払えねえのか?で?どうすンの?」シャミ子「あわわわわ…どうしましょう…」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:09:59.885 ID:z+MZKy1a0.net
シャミ子「まさかウチに借金があったなんて……」

ウシジマ「アテがねえなら仕事紹介してやるよ」

シャミ子「本当ですか!?田嶋さんはやさしいです!」

ウシジマ「実はお前を指名してるやつがいるンだわ」

シャミ子「し…指名ですか……?」

ウシジマ「ああ。一日で10万稼げる仕事だ。借金の3万も返せて7万も余る。いい話だろ?」

シャミ子「は…はい!やってみます!」

柄崎「社長も鬼っすね。あのド変態にあんな子を売るなんて……」

ウシジマ「金返せないのが悪いんだろ?あのガキがどうなろうと知らねーよ」

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:12:21.085 ID:pMs4i2LT0.net
3万て

9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:13:23.774 ID:2U8btRGfa.net
あのド変態ってもしかして魔法少女なのでは?

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:14:37.088 ID:z+MZKy1a0.net
ウシジマ「明日。夜10時にこの場所に来い。制服のままでいい」

シャミ子「こ…このままでいいんですか?」

ウシジマ「そういう話になった。一晩で10万稼げる仕事なんてそうそうないぞ?良かったな」

シャミ子(な…何をする仕事なんでしょう……)

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:23:49.576 ID:z+MZKy1a0.net
シャミ子「はぁ……」

桃「シャミ子なんだか元気ないね」

シャミ子「あ、桃!それが…私はお金を稼がなくちゃならなくなったんです」

桃「へえ……それじゃあいいものあげる」

シャミ子「いいもの…ですか?」

桃「このサプリを飲むと元気になるから飲んでいくといい」

シャミ子「ありがとうございます桃!」

桃「さらにこのニンニクと山芋、新鮮な生牡蠣も一緒に食べておくといいよ」

シャミ子「わあ!こんなにたくさん食べものを!」

桃「お仕事頑張ってね」

シャミ子「精一杯がんばります!」

14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:28:53.955 ID:z+MZKy1a0.net
ウシジマ「来たか」

シャミ子「は…はい……本当に制服のままですけど……」

ウシジマ「大丈夫だ。ここのホテルの2003号室で客が待ってる。あとは客の言う通りにしろ」

シャミ子「あの…どういうお仕事をするんですか……?」

ウシジマ「さあな。もう引き返せねーんだ。入ればわかる」

シャミ子「は…はい……」

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:35:04.065 ID:z+MZKy1a0.net
シャミ子「ここですね……ノックすればいいんでしょうか……」
コンコン
???「どうぞ」

シャミ子「し…失礼します!私は優子っていいます!よろしくお願いします!」

???「緊張しないでリラックスして」

シャミ子「所でなんでそんなマスクしてるんですか?」

???「気にしないで。そんなことより話は聞いてる?」

シャミ子「は…はい!お客さんの言う通りにしろって……」

???「それじゃ早速だけどハグしようか」

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:38:10.506 ID:z+MZKy1a0.net
シャミ子「は…はぐ?」

???「私に抱きつくんだよ。ほらほら」

シャミ子「えいっ!……これでいいですか?」

???「うん。お金払った甲斐があるね」

シャミ子「お客さんからはおたくさん金をもらってるんです!なんでも言ってください!」

???「なんでも…?」

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:41:50.622 ID:z+MZKy1a0.net
???「そ…それじゃあさ、優子の胸の顔をうずめるからいい子いい子しながら頭撫でてよしよししてくれる?」

シャミ子「? そんなことでいいんですか?いいですよ!」

ばふっ

???(ふっかふかで柔らかい……)

シャミ子「よしよし♪いい子ですね~)

???(これは…払った以上の価値がある……)

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:45:48.602 ID:tDnWU4uJH.net
シャミ子にお金も渡す理由も出来てホクホクだな

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:47:12.079 ID:z+MZKy1a0.net
???「……こ…今度は一緒に寝てもらっていいかな?」

シャミ子「一緒に寝ればいいんですか?まかせてください!」

???「こう…私を抱き枕みたいにぎゅっとしながら密着して」

シャミ子「こ…こうですか?」

???「うん、もっと身体を密着してもらっていいかな?」

シャミ子「ちょっと恥ずかしいですね……」

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:51:04.901 ID:z+MZKy1a0.net
???「……いいね」

シャミ子「喜んでくれてるみたいで嬉しいです!」

???「そ…その……シャミッ……優子はキスとかしたことあるのかな?」

シャミ子「キ……キスですか!?ないない!そんなことしたら赤ちゃんできちゃいます!」

???「……え?」

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:51:46.773 ID:tjM9CNCT0.net
当たり前だな

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:53:31.984 ID:soEUefxS0.net
かわいい

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 18:58:49.314 ID:z+MZKy1a0.net
???「優子……赤ちゃんってどうやってできるか知ってるの?」

シャミ子「えっと…そ…その……好きな人同士がキスしたら……ですよね?」

???「……じゃあキスしてみようか」

シャミ子「あのっ……!そ…それだけは……!まだ私に赤ちゃんは早いです!」

???「ふふふ……キスしただけじゃ赤ちゃんなんてできないよ」

シャミ子「ふぇ?そ……そうなんですか?」

85 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:11:45.981 ID:a/ydeP6M0.net
???「うん、キスだけで赤ちゃんできたらドラマとかでも赤ちゃんできちゃうでしょ?」

シャミ子「……はっ!?そういえばそうです!お母さんに騙されました!」

???「だからキスしても大丈夫」

シャミ子「で…でもなんだか恥ずかしいです……」

???「お金欲しいんだよね?借りたお金は返さないといけないよね?」

シャミ子「あぅ……それを言われると……」

88 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:15:12.921 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子「えーい!やってやます!」

???「じゃあ…するよ?」

シャミ子「ど…どうぞ……」

???「ちゅっ……」

シャミ子「んっ……」

???「……」

シャミ子「……」

89 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:18:17.259 ID:a/ydeP6M0.net
???「……れろっ」

シャミ子(!? 舌を入れてきました!これはどうすれば……?)

シャミ子「…………れろれろ」

???(!? 舌を絡めてきた!これは…どうすれば……?)

???「……んちゅっ……ちゅぱっ……」

シャミ子「はむっ……ちゅっ…ぷはっ!」

90 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:19:00.868 ID:e3QhLQqO0.net
時来てるぞ

91 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:19:59.350 ID:xuenhFMH0.net
ああ~^

93 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:21:03.910 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子「はぁ……はぁ……な…なんだか変な感じです……)

???「…………」

シャミ子「ど…どうしたんですかお客さん?うわっ!」

ドサッ

???「……シャミ子が悪いんだよ…」

シャミ子「え?……どうして私の真名を知って……」

???「ふふふ……」

バサッ

シャミ子「そ……そんな!あなたは桃だったんですね!?」

98 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:26:26.215 ID:a/ydeP6M0.net
桃「そんなエッチな表情で私を誘惑して……とんでもないまぞくだね……」

シャミ子「はわわ……も…桃とキスしちゃいました……桃は宿敵なのに……」

桃「ふふふ……でも今の私はお客さんだからね。お客さんの言うことは絶対」

シャミ子「そ…そうでした……今のわたしは借金まぞくでした……どうすれば……!」

桃「まずは…そうだね」

100 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:30:23.022 ID:a/ydeP6M0.net
桃「も……もういっかい……」

シャミ子「え?何ですか桃?」

桃「もう一回キス……したい」

シャミ子「も…もう一回ですか!?そのっ……キスすると頭がぽーっとして…わぁっ!」

桃「お客さんの言うことは…ぜったい…んっ」

シャミ子「~~っ!!」

105 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:38:56.946 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子(このままではまた桃にいいようにやられてしまいます……何か……そうです!)

桃「んっ……ちゅっ……ひゃっ!?」

シャミ子(しっぽで桃をどかすんです!がんばれ私のしっぽ!」

桃「ひゃみ子っ……そこはっ……んくっ……」

シャミ子(なんだかよくわからないけど効いてるみたいです!このまま攻撃しつづけます!)

桃「ひゃぅっ……んぅっ……!!らっ…らめ…らって……あぅっ……」

シャミ子「ぷはっ!ついに桃に勝つ時がきました!桃の弱点をしっかりとおぼ……えて?」

106 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:40:53.129 ID:sknQv5mn0.net
これは淫魔

108 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:43:12.464 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子(大変です……しっぽは桃のぱんつの中につっこんでました……)

桃「シャミ子……私のここをこんなにして……責任とってもらうからね」

シャミ子「あわわ……わざとじゃないんです!桃がキスするから見えなくてその……」

桃「舐めて」

シャミ子「……え?」

桃「シャミ子がこんな風にしたんだよ……?舐めて綺麗にして」

109 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:44:47.386 ID:M41/mbtV0.net
これはシャミ子が悪い

112 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:49:38.248 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子「そ…そんな……はぷっ!」

桃「大丈夫……魔法少女から分泌される液体は美味しいから」

シャミ子「もごっ……ぷはっ……ほんとに…も…桃の味がします」

桃「んっ……いっぱい舐めていいからね……っふぅ……」

シャミ子(たまに舐めると桃の体がぴくんって跳ねる場所があります……そこを見つければ桃に勝てるかもしれません……!)

116 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 20:56:19.808 ID:a/ydeP6M0.net
桃「はぁっ……んっ……ひぅっ……」

シャミ子「れろれろ……ちゅっ……れろっ」

桃「あっ!……んぅ……ひんっ!」

シャミ子(見つけました!どうやらこのお豆さんが弱点みたいです!)

桃「シャミ子っ……!ひゃっ!そ…そこばっかり……ああっ!」

シャミ子(なんだか桃の体を支配しているようで楽しいです!もっと攻撃してやりますよ!)

桃「ダメらってシャミ……イっ……!んぅっ……!!イッちゃ……!~~~っ!!」

119 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:00:32.080 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子「ひゃっ……急に桃の体がびくびくって……ど…どうしたんですか!?」

桃「イっちゃった……ふぅ…ふぅ……シャミ子にイかされるとは思ってなかったから……不覚」

シャミ子「?イっちゃったってどこにですか?」

桃「……シャミ子は何にも知らないんだね……教えてあげる」

シャミ子「も……桃っ……何を……ひゃぁあっ!?」

122 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:04:38.452 ID:a/ydeP6M0.net
桃「自分の部屋もないんじゃ……オナニーもしたことないでしょ……」

シャミ子「お…おなにーってなんですか?」

桃「シャミ子が私にしたことをそのまましてあげるから……すぐにわかるよ」

シャミ子「桃っ!私は魔法少女じゃないからそんなとこ舐めちゃ……ひゃうっ!?」

桃「ここ……んっ…気持ちいいでしょ」

シャミ子「こ…こんなの私知りません…ひゃっ……駄目ですよぉ……桃ぉ…あぁっ!」

123 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:08:48.234 ID:a/ydeP6M0.net
桃「シャミ子のここ…こんなに固くなってる……気持ちいいんだね」

シャミ子「きゃぅっ!らめれしゅって……ももっ……ひんっ!そこはらめっ……」

桃「でもlシャミ子のここからはエッチなまぞく汁があふれ出てきてるよ」

シャミ子「しょっ……しょれは桃がそんなとこ舐めるからっ……あぅっ……」

桃「そろそろ一回イっておこうか」

シャミ子「ふぇ……?桃……?っあぁ!しょんなぁっ……きゅうにはげしくしたらっ…らめれしゅよぉっ!」

124 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:14:27.726 ID:a/ydeP6M0.net
桃「さっきのおかえしだよシャミ子……れろれろっ……」

シャミ子「ひっ……!な……なんかきちゃいまゅっ!ひゅっ……!あたままっしろにっ……なっ……~~~っっ!!!」

桃「ほら、シャミ子もこんなに体がびくびくしてる……気持ちいでしょ」

シャミ子「あぁ……ひぁ……っ!!桃っ……もう止めてっ……」

桃「今日はシャミ子が一人でもイけるようにいっぱいイって感覚掴んでおこうね」

シャミ子「そんにゃのっ……ひぎゅっ……いらないれしゅからっ……あひっ…!」

128 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:23:11.132 ID:a/ydeP6M0.net
桃「シャミ子のおつゆ……美味しいよ…れろれろ……」

シャミ子「はぁっ!またイっっちゃいましゅっ!ももっ!本当にもうらめっ…イッ……~~~っ!!!」

桃「またイっちゃたねシャミ子……残念だけどそろそろ時間切れだよ」

シャミ子「はひ……ふにゅ……や……やっと終わりでしゅか……?」

桃「うん、よく頑張ったねシャミ子」

シャミ子「あふ……なんだかとってもつかれましたぁ……」

129 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:24:49.031 ID:a/ydeP6M0.net
桃「また借金したら遠慮なく相談してねシャミ子」

シャミ子「もう!借金なんてしませんよ!これで勝ったと思うなよ~っ!」

桃「それはどうかな……」

130 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:29:34.905 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子「も…戻りましたぁっ~……」

ウシジマ「おう!ご苦労さん。そこの封筒に借金を差し引いた7万入ってる。持っていけ」

シャミ子「は…はい……ありがとうございました……」

柄崎「依頼人から貰ったのって20万じゃなかったんすか社長?」

ウシジマ「あ?手数料だよ手数料。そうじゃなきゃこんだ面倒くせー仕事受けるかよ。それに……」

ウシジマ「きっとアイツはまた来る。金になりそうな客は大事にしねーとな」

132 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:33:42.654 ID:a/ydeP6M0.net
シャミ子「はぁ…はぁ……」

シャミ子(なんだかあれから体がおかしいです……)

シャミ子(いくら自分でいじっても……桃がしてくれたようにはなりません……)

シャミ子(でも……宿敵として自分からお願いするわけには……)

シャミ子(……)

134 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:42:57.802 ID:a/ydeP6M0.net
ガチャッ

ウシジマ「おう!また優子か。今回もお前を”指名”の客がいるぞ」

シャミ子「は…はい……いつもの人で……おねがいします……」

シャミ子(これは借金を返すため……だから私がエッチになったんじゃないはずです……)

ウシジマ「毎度。」

柄崎「社長の言う通りまた金を借りにきましたね」

ウシジマ「ああ。この前の変態にたっぷり調教されたみたいだからな。」

柄崎「今じゃ借金するために借りにきてるようなモンですしね。理解できないっすよ」

ウシジマ「何。ウチとしてはいい客だ。変態もアイツも金払いはいいからしっかり面倒見てやらねーとな!」

136 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:53:19.075 ID:e3QhLQqO0.net
これもう仲介いらなくね?

137 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/12/04(水) 21:59:52.413 ID:ljfta5fea.net
意外と話がそれっぽくなってて笑う



元スレ: ウシジマ「今日返済日なのに払えねえのか?で?どうすンの?」シャミ子「あわわわわ…どうしましょう…」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1575450599/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29968-651fe0bc