ヘッドライン

野々原茜「……ありがと」

1 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:01:05 ID:W54
・茜ちゃん一人称です。
・各アイドルにそれぞれのプロデューサーがいる設定です。

2 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:05:38 ID:W54
「ごめんな……」

「もー、プロちゃん、なんで謝るのさ」

「茜が今回に賭けてたのは知ってるのに……俺の力不足で……」

「終わったことにウジウジしてるとモテないよ? ほらほら、次のお仕事のこと、考えてよね」

3 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:12:20 ID:W54
そうは言ったけど、正直ショックだった。

これならプリンを食べられる方が、何倍もマシだ。

このドラマで目指した役は、今までやってきたキャラが活きる。

これを逃したら次の機会はいつ来るかわからない……

そう意気込んだのに、全然届かなかった……

4 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:19:39 ID:W54
出来上がった作品は、雰囲気のいい、素晴らしい作品だった。

楽しんで見られたけど、同時に何とも言えない気持ちになった。


茜ちゃんでは、代わりは務まらなかっただろうな……


次から次へとやってくる別のお仕事を、明るくこなしながら。

茜ちゃんはちょっと落ち込んでいた。

5 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:26:58 ID:W54
…………

「茜、お疲れ様」

「いやー、つかれたよー。がんばった茜ちゃんをなでてなでてー」

「はいはい」

6 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:30:23 ID:W54
あれから数ヶ月。

すっかり切り替えた茜ちゃんとプロちゃんは、いつもの時間を過ごしていた。

子どもっぽい?猫っぽい? そうかもしれないけど、これはゆずれない。

なでられてると、プロちゃんが真剣なトーンで話してきた。

7 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:34:53 ID:W54
「なぁ、今度の新作ドラマなんだけど」

「んー」

「俺は、茜に、主役に挑戦して欲しいと思ってる」

「へー……ってマジ?」

「ああ、本気と書いてマジだ」

「そっか、茜ちゃんがんばるよ!」

8 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:40:20 ID:W54
今度こそ、となでてた手に力を込めたプロちゃん。

茜ちゃんは元気に返事はしたけど、半分あきらめてた。

前回でもダメだったのに、それより大きな役なんて……

ま、ダメで元々か。

今回は楽しめればいいや。

9 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:43:22 ID:W54
……
「茜! 今回は行けるぞ!」

「もー、プロちゃん、まだ始まったばっかだよ」

「いや、この流れなら行ける!」

「そんなに焦るとモテないよ? もっとオトナの余裕を見せないと」

10 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:45:15 ID:W54
そう言いつつも、内心ソワソワしていた。

ライバルは強敵だけど、今回は行けそう。

祈るような気持ちで結果を待って……

ドラマの制作発表を迎えた。

11 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:51:27 ID:W54
「今回、主役に抜擢されました、野々原茜です」

丁寧語が使える茜ちゃん、なんてデキる子。

「まさか、こんな大きな役に選ばれるなんて……思ってました」

……やば。軽くスベった。

「ウソウソ。今も信じられない気持ちで、ドッキリじゃないかって、思ってるくらいです」

軌道修正できたかな。

「結果を知るのは怖くて……この日が来なければいいなって思ったりもしました」

12 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:54:00 ID:W54
本心を言ったら、込み上げて……やばい。

「この場にいられるのも……茜ちゃんを応援してくれてる……皆様の……お陰です。本当に……ありがとうございますぅぅ」

やっちまった。

いつも元気な茜ちゃんが泣いちゃった。

13 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:58:07 ID:W54
周りのみんなになぐさめられた。

本当、ステキな仲間に恵まれて、茜ちゃんは幸せだよ。

その後のライブでも、撮影がんばろうと声をかけられて、また感動して……

みんな、本当にありがとう。

14 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)18:59:50 ID:W54
そんな時……

茜ちゃんにピンチがやってきた。

15 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:04:24 ID:W54
PVの撮影直後。

「よし!これで売れるの間違いなしっ!」

「もちろん!ロコとアカネのパーフェクトなハーモニーなら~~」

いつものように、独特な言葉で話してくるロコちゃん。

いつもフィーリングで理解していたけど、この時は違った。

16 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:06:37 ID:W54
「~~」

あれ?おかしいな?

ロコちゃんの声が入ってこない。

「~~!」

意味がわからないのでは、なく。

だんだん音が遠くなって……

「~~?」

全身の力が抜けた。

17 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:07:23 ID:W54


茜ちゃん、倒れちゃったみたい。

18 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:16:38 ID:W54
……
気づいたら病院のベッドの上だった。

隣に座ってくれてたのは、プロちゃんだった。

茜ちゃんが起きたのを喜んでくれた。

それからちょっと落ち着いて、茜ちゃんは聞いた。

19 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:18:53 ID:W54
「ねぇ、プロちゃん。茜ちゃんはどうなっちゃうの?」

「……治るが、全快までは少し時間がかかる。それまで休養しよう」

「そっか……迷惑かけちゃうね」

「そんなことない。今はゆっくり休んでくれ」

20 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:24:04 ID:W54
「……ドラマはどうなるの?」

「今相談中だ。どちらにせよ、時期はずれ込むのは確実だな」

「……どちらにせよって?」

「復帰を待ってくれるか……最悪、代役を立てるかだ」

「やだ! 茜ちゃん大丈夫だから、今から行く!」

「今は安静にしてくれ。俺が待ってくれるよう頼むから!」

21 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:34:51 ID:W54
プロちゃんは必死に茜ちゃんを止めてくれた。

落ち着いた後も、悔しくて、不安で……

寝られたのはいつかは覚えていない。

次の日もプロちゃんは来てくれて、いろいろな話をしてくれた。

ドラマの話は出なかったけど……

22 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)19:37:35 ID:W54
なんとなく察したけど、聞くと本当に終わっちゃうかもしれない。

だから、聞かずに明るく務めた。

プロちゃんのなでなでは、優しかった。

23 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:01:51 ID:W54
……
次の日。

プロちゃんはなでなでしながら切り出してきた。

「茜、ドラマのことだけどな」

「うん、プロちゃん。茜ちゃん、プロちゃんに任せるよ」

「え?」

「最初はなにがなんでも出たい!って、思ってたけど……迷惑かけるし、待てないなら、代わってもいいよ」

24 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:06:09 ID:W54
悔しいけど、仕方ない。

休養があけたら、また思いっきり暴れたらいい……

そう、自分が出した結論、だったんだけど。

「あれ?おかしいな……なんか、泣けてきちゃった」

「茜……」

「へへ、プロちゃん、どうしよう……茜ちゃん、よくわかんなくなっちゃった」

25 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:14:05 ID:W54
「茜、ごめんな。心配かけて」

「ううん。プロちゃん、がんばってくれてるから……茜ちゃんはどっちでも大丈夫」

「たしかに、代役の話も出した。スタッフにも、共演するみんなにも、代役候補の子にも」

「うん……」

「でもな」

26 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:14:48 ID:W54

「みんな、待ってくれるって言ってくれたんだ」

27 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:22:54 ID:W54
「本当!?」

「ああ……年を跨いでもいい、だから安心して欲しい、だってさ」

「本当に? 茜ちゃん、迷惑じゃない?」

「そう思うなら、みんなの望み通りしっかり休んで、万全の体調で戻ろうな」

「まっかしといて!絶好調の茜ちゃんになって……帰る……からぁぁ」

嬉しくて安心して、また泣いた。

プロちゃんもずっとなでなでしながら、一緒に泣いてくれた。

28 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:26:05 ID:W54
……
そして……

「茜、体調は大丈夫か?」

「ばっちり!もう、プロちゃんは心配性だなぁ」

今、ドラマの撮影現場に向かっている。

退院してからライブにも復帰して、もう大丈夫。

あとは大暴れするだけだよっ。

29 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:30:56 ID:W54
「撮影は体力勝負だからな……無理はするなよ」

「はいはーい」

「わかってる?」

「わかってるわかってる。しつこいオトコはモテないよ?」

「……そうだな」

プロちゃんが安心したような顔をする。

茜ちゃんが、いつもの茜ちゃん、ってことかな?

30 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:37:34 ID:W54
「茜」

「なになに?体調は大丈夫だよ?」

「いや、それはいいから……改めて、言いたいことがあるんだ」

「んー……いいよ、聞いてあげるねっ」

31 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:44:30 ID:W54
「島流しおめでとう」

「……ありがと」

おわり

32 :名無しさん@おーぷん 19/12/02(月)22:47:18 ID:W54
日付変わる前に終ってしまいました……フライングおめでとう。
#茜ちゃん絶対に島流しにするからね の威力と、継続した活動の賜物でしたね。孤島サスペンスホラー、楽しみにしています。



おーぷん2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 野々原茜「……ありがと」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1575277265/


[ 2019/12/03 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29943-4af84d31