ヘッドライン

【まちカドまぞく】初めてシャミ子の安価SS書くからお前らみてくれ

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 19:29:29.568 ID:S7agMpzR0.net
桃、またはシャミ子「>>4

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 19:30:02.515 ID:PMumWRjl0.net
スパゲッティユデテイイ?

8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 19:34:35.858 ID:S7agMpzR0.net
桃「スパゲティ茹でていい?」

シャミ子「えっ」

桃「何その反応」

シャミ子「いや、ごめんなさい、スパゲティ茹でるんですか?やり方とか分かりますか?大丈夫ですか?」

桃「シャミ子は私のこと侮りすぎじゃない?」

シャミ子「でも、袋ラーメンだって失敗してたじゃないですか」

桃「あれは、たまたま動揺して手に加える魔法力が高まって発光しちゃっただけ、今回はコンディション最高だし何の問題もない」

シャミ子「でも…やっぱり心配です。私も監視します、何かあったらすぐストップするので」

桃「そこまでやるか」

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 19:45:28.319 ID:S7agMpzR0.net
桃「鍋を用意したよ」

シャミ子「すごい!えらいです!」

桃「ちょっと」

シャミ子「ごめんなさい」

桃「はい、じゃあ水入れるよ」

シャミ子「あ、誤って水道水をプロテインに変換しないでくださいね」

桃「私をなんだと思ってるのかなシャミ子は、料理が苦手なだけで変なことはしないから」

シャミ子「はいはい、コンロの火はつけられますか~?」

桃「ばかにしやがって」

桃「ほら、これでいいでしょ」

シャミ子「中々やるじゃないですか」

桃「くそがよ」

シャミ子「この間にすぱげちいを用意しましょう、一番下の冷蔵庫に入ってます!」

桃「冷蔵庫に入れる派なんだ、まあさっき見たけどね」

桃「よし、これを…沸騰した熱湯の中に…」

シャミ子(あ、嫌な予感)

シャミネ「わー!ストップ!ストップです桃ーっ!ストップー!!」

桃「なに!今いいところなのに!」

シャミ子「やっぱり不安です、私が入れますから!桃は塩をお願いします!」

桃「侮らないで!私が入れる!」

シャミ子「ああっダメ~~!!!桃~!!」

桃「エイヤァァ──!!!」ジュワジュワリ

13 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 19:50:17.808 ID:S7agMpzR0.net
ドッス-ン……(鍋の水が黒ずむ音)

桃「えっ…」

シャミ子「あー…」

​───────​───────​─────

桃「シャミ子…ごめん…シャミ子の言うこと聞いておけばよかった…ね」

シャミ子「もういいですよ、私が茹で直したので気を取り直してスパゲティを食べ直しましょう」

桃「ちなみに、味はミートソース?」

シャミ子「はい!我が家ではミートソースが定番なので!」

桃「さすがしゃみこだ」

シャミ子「さあ、食べましょう!」

桃、シャミ子「「いただきます」!」

ハッピーエンダ

14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 19:52:29.215 ID:S7agMpzR0.net
桃、シャミ子「>>18

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 20:04:47.501 ID:xtYZasoXx.net
ところでどうして失敗したの?

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 20:09:35.420 ID:S7agMpzR0.net
桃「ところでどうして失敗したの?」

シャミ子「あ、それ私に聞くんですか」

桃「自分では盛り上がっててあまり覚えてなかった」

シャミ子「その盛り上がりも一因ですけどね、今回は桃の…」

シャミ子「あ、いや」

シャミ子「あーあの料理の腕というか」

シャミ子「いや違います、その場慣れーじゃなくてえーとですね」

桃「わかったよ、絶望的に料理のセンスが無いんでしょ、運命レベルで」

シャミ子「そんなことはないと思いまさ」

桃「動揺しすぎて噛んじゃってるもんシャミ子」

20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 20:11:32.149 ID:S7agMpzR0.net
桃、またはシャミ子「>>23

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 20:36:48.752 ID:UVyxtC5ha.net
生え際が後退してきた

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:06:56.231 ID:S7agMpzR0.net
桃「生え際が後退してきた」

シャミ子「あはははは」

桃「…」

シャミ子「あ、シャンプー買ってきますけど、どんなのが良いですか?」

桃「いやちょっと待ってシャミ子、私の話も聞いて」

シャミ子「でも、私そういうのは何もわからない!見た目変わったようにも見えないですし!」

桃「え?本当?よーくみてよく見ておでこ見て」

シャミ子「なーんにも変わりませんよ、毎日見てきた桃です。むしろなんで後退したと思ったんですか」

桃「最近、食生活が不安定になってるから…」

シャミ子「それだけで後退してきてると?」

桃「ん…」

シャミ子「桃、食が不規則だからといってその全てが髪に影響することはありません、もちろん髪が薄くなる一因として食生活は含まれますが、些細な影響でしかありません、食生活が身体に及ぼすものは色々とあります、むしろそっちの可能性を考えてみた方がいいと思いますよ、それに食生活アドバイザーとして私が見ていますから、今の桃にはなんの心配も要りません、自信もってください!」

桃「シャミりん…♥」

シャミ子(甲斐性なしな論理でしたが、何とか桃を勇気づけることが出来ました!)

シャミ子「さて、今日はわたしお手製の卵焼きです、どうぞ!」

桃「うめぇうめぇ…!」

シャミ子「ふふっ」

桃「シャンプーはボタニストっていうの試してみたいからお願い」

シャミ子「あ、はい!」

食生活アドバイザー:シャミ子

ふたりはなかよし


27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:07:21.158 ID:S7agMpzR0.net
シャミ子、または桃「>>29

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:20:31.461 ID:Osh97zFaM.net
桃にちゅーしたらどんな反応をするんでしょうか

31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:38:25.475 ID:S7agMpzR0.net
シャミ子(桃にちゅーしたらどんな反応するんでしょうか)

シャミ子「ももー!ちょっと来てくださいー!」

桃「なに?シャミ子」

シャミ子「頭低くして」

桃「こう?」

シャミ子「そうそうそうです、そんな感じで」

桃「?」

シャミ子「」ちゅー

桃「!!?!?!?!?!?////////」ちゅー

シャミ子(ふふ…めちゃ驚きまほうしょうじょです!)

シャミ子「ぷはっ」

桃「ぷはっ…し、シャミ子……」

シャミ子「桃、どうでしたか」

桃「シャミ子…もっかい…もっかい…♥」

シャミ子「はい、今度はこたつに入ってしましょう」

桃「…♥」

ちゅうちゅう…ちゅぷりんこちゅっちゅちゅー

CHU END

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:40:24.445 ID:S7agMpzR0.net
シャミ子(桃にちゅーしたらどんな反応するんでしょうか)

シャミ子(私と桃がそんな関係でないのはわかっています…でも…もし距離が近づいてそんな関係になったら桃は…)

シャミ子(一度試してみます)

シャミ子「ももー」

桃「シャミ子?何?」

シャミ子「ちょっとこっち来てください」

桃「うん」スタスタ

シャミ子「そんな感じです、もうちょっと前!もっともっと!はいすとっぷ!」

桃「シャミ子、すごく近いよ」

シャミ子「これでいいんです」

桃「何が?」

シャミ子(桃の顔が目の前に…)

桃(シャミ子の顔が目の前に…)

シャミ子(でもここで勇気を出さなければ!)

シャミ子「桃、ちょっと頭を低くしてください」

桃「っ…なんで…?」

シャミ子「いいから、はやく」

桃「…」ドキドキ

シャミ子「目つぶってください」

桃「!!?!?なに!?」

シャミ子「はやく!」

桃「…」スッ

シャミ子(これで…桃とちゅー…)

シャミ子「…」

CHU?END

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:40:37.230 ID:S7agMpzR0.net
桃、またはシャミ子「>>35

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:42:32.857 ID:CRhdWLNu0.net
シャミ子にキスしたらどんな反応するんだろ…

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:45:06.898 ID:Osh97zFaM.net

37 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 21:55:53.454 ID:S7agMpzR0.net
桃(シャミ子にキスしたらどんな反応するんだろ…)

桃(気になる…)ゴクリン

桃「シャミ子、シャミ子」

シャミ子「はい、何でしょう?」

桃「おいでおいで」

シャミ子「?」

桃「」ちゅー

シャミ子「!!?!?!?!?!?」ちゅー

桃(ふふ、すごい戸惑ってる)

桃「ぷはっ」

シャミネ「ぷはっ…も、もんも…」

桃「シャミ子、どうだった?」

シャミ子「桃のちゅー、すごく甘くて…桃の味で…♥桃っももっもう一回したいです…♥♥」

桃「キスまちまぞくだね、いいよ」ちゅうちゅう

シャミ子「…💜❤💙💚」ちゅう♥

CHU END

39 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 22:00:43.456 ID:S7agMpzR0.net
シャミ子、または桃「>>41

41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 22:05:18.488 ID:Osh97zFaM.net
桃!せっくすってなんですか?

43 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 22:22:54.439 ID:S7agMpzR0.net
シャミ子「桃!せっくすって何ですか?」

桃「え!!!!!!!!!!!!????」

シャミ子「うるさ」

桃「え、だ、、しゃやまそシャミ子、だらから聞いたの?それ、は誰か来い聞いたの?」

シャミ子「いんたーねっとで桃…の旬の時期などを調べていたら、そんな単語が飛び交っていて…」

桃「くそ…やっぱりインターネットは闇地帯だった、シャミ子にはまだ早かったんだよ、今度からはインターネットは一緒に使おうね」

シャミ子「それはダメです!私にもプライベートがあるとおもいます!!!!」

シャミ子「それで、せっくすって何ですか?」

桃「だめ!シャミ子、そんな言葉何度も言っちゃダメ!」

シャミ子「え、禁じられたワードでしたか!…何かやばいやつなんですか?」

桃「いや、、、そんなことは無いよ、でもシャミ子には関係ないよ、大丈夫、安心して、何の問題もないから」

シャミ子「ここまで来たら引き下がれません!桃!せっくすの意味を教えてください」

桃「ちょ、シャミ子…声が大きい…///」

シャミ子「なぜ照れる?」

44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/02(土) 22:26:05.981 ID:S7agMpzR0.net
桃「せっくすとは、こういうことさ!」

シャミ子「あんあん!キモティ…」

桃「今夜はオールバックで共に過ごそう」

シャミ子「もんも…」キュンキュン

ENDING



元スレ: 初めてシャミ子の安価SS書くからお前らみてくれ
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1572690569/

まちカドまぞく 千代田桃 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
壽屋(KOTOBUKIYA) (2020-02-29)
売り上げランキング: 6,778

[ 2019/12/01 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(1)
コメント
13097: 2019/12/02(月) 17:25
桃の料理は明らかに上手い下手のレベルじゃなくて呪いなんだけど、本人含め誰も認識出来てないね。認識阻害まで含めての呪いならかなり厄介だな。昔世界を救った際に戦っただろう魔王(?)とかが掛けた呪いなら細やか過ぎて笑えるけど。
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29926-01ec53c6