ヘッドライン

P「気付いたらアイドルのスキンシップが危機的な状況になってた」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:00:23.03 ID:yk2e/NGA0
小鳥「酷いじゃないですかプロデューサーさん!カメラ壊しちゃうなんて!」

P「酷いのはあなたです!いったいいつからつけてたんですか!」

小鳥「監視カメラって結構高いんですよ…しかも盗聴器まで見つけちゃうなんて…」

小鳥「やよいちゃんとどこまでいったんですか!やよいちゃんを家に連れ込んだのはわかってるんです!」

P「そんなの…俺の口から言えるわけないじゃないですか!」



やよい「こんばんわー!」ガチャ

P「おお。おかえり、やよい」

やよい「ぷ、プロデューサー…///」プシュウ








小鳥「やよいちゃん、どこまでいったのかしら(ゲス顔)」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:09:40.54 ID:yk2e/NGA0
やよい「昨日はその…、ありがとうございました///」

P「お、おう、どういたいまして?」

やよい「その…また今度お願いします!」ガルーン

P「は、ははは…」





伊織「フンッ!」ドゴォ!!

小鳥「」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:16:13.89 ID:yk2e/NGA0
響「プロデューサーちょっといーい?」

P「響か、どうした?」

響「その、自分も、その…話が…」

P「…『ご褒美』か…」

響「う、うん…」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:21:22.23 ID:yk2e/NGA0
響「その、ちょっと話しづらくて…」

伊織「…じゃあ私たちは向こうに行ってるわ。行きましょやよい」

やよい「うん!」

響「あ、ありがとう」

P「音無さんは…死んでるから大丈夫だな」




P「それでどうした?言っとくがまだポイント表は作ってないから変なことは…」

響「へ、変なことじゃないぞ!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:31:13.51 ID:yk2e/NGA0
響「自分、ファンの人たちの間で臭いって言われてるみたいで…」



響「貴音はそんなことない、って言ってくれるんだけどそれでも心配で…」

響「だ、だから!プロデューサーに洗って欲しいぞ!」

P「」



P(響の生意気ボディを生で見るのはきついものが…)

響「その、えっちなことして欲しいんじゃないんだぞ!洗ってもらえるだけで」

P(きついものが…)

響「ダメ…か…?」

P「」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:37:00.13 ID:S9k/vAUW0
脚と脚の間とかよく洗わなきゃね!

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:41:48.09 ID:iWqes0Sp0
さらにその奥も洗わないとね

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:44:32.90 ID:yk2e/NGA0
P「ああ…なんかこの光景、つい最近もあった気がする…」

P「事態がどんどんおかしな方向に向いている気がする…」

P「というか洗うだけなのに俺は脱ぐ必要があったのだろうか…タオルは巻いてるけど」




響「は、入るぞ…」

P「」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:45:46.15 ID:TmUvtEUh0
やる気まんまんじゃないっすか

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:48:45.74 ID:yk2e/NGA0
P(思わず言葉を失ってしまった…)

P(響大事なところを腕で隠しながら入ってきた)

P(背はちっこいのにこの胸、この尻、やはりかなりグッとくるものがある…)

P「これで縮んだ83だというのか…」

響「うっぎゃー!なんで数字まで覚えてるんだよー!このヘンタイプロデューサー!」

P「お、俺はお前たちのプロデューサーだからな」




P「で、スポンジとかはないのか?」

響「いつもは使ってるんだけど…オウ助が『手でやった方がいい』って言ってどっかに持ってっちゃったぞ」

P「」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:50:01.46 ID:wxfSMcGD0
(アカン)

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:50:03.49 ID:sgyiZA9v0
さすがオウ助仕事ができる

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:01:57.65 ID:yk2e/NGA0
P「ま、まあとりあえず頭からやるか」



P「…どうやるんだこの量」

響「普通にたくさんシャンプーつければいいぞ!」






P「さて、頭はなんとか終わったが」

P「響…今からスポンジを買いに行くんじゃダメか?」

響「今から!?自分、裸でずっと待つの嫌だぞ!?」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:08:35.08 ID:yk2e/NGA0
P「ぐぬぬ」




P「…じゃあ背中から、いくぞ」

響「お、お願いします」


ぬりゅっ


P(うわぁ…肌がスベスベだ…)

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:13:16.81 ID:yk2e/NGA0
P(背中小さい…)

響「うひっ、ちょっとくすぐったい、ね」

P「じゃあ終わりにするか!?」

響「何言ってんだプロデューサー、始まったばかりだぞ!」




P「よし、腕も終わったぞ」

響「じゃ、じゃあ前を、お願いします、だぞ」

P(ここからが本当の地獄だ…)

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:22:34.49 ID:yk2e/NGA0
もにゅっ


響「んっ……」ピクッ

P(超柔らかい…)ヌリュ…

響「んぁっ……」

P「」ムニィ…

響「ぷ、プロデューサー、そんなに揉まないで欲しいぞ…」

P「うわあっ!?すまん、つい!」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:36:22.88 ID:yk2e/NGA0
P「よし、じゃあ脚に行くぞ」

響「んはぁ……はい…」

P(アカン)



P(しゃがんで歩くのが難しい…)ビンビン



P「いくぞー」ヌリュ

響「んんっ!?」

P「」ニュルン

響「んぁ……」

P「」ニュルル

響「んふぅ……」





P(やけに反応がいい…響はダンスやってるからか?)

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:41:43.87 ID:XY8mz4bS0
指の間まで綺麗にしなくちゃな

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:44:54.34 ID:yk2e/NGA0
P「よし、これで終わりだ!」

響「ぁっ、はぁっ……はぁっ……」

P「…大丈夫か?響?」

響「だい、じょうぶ、だぞ…だから…」




響「最後までお願いします///」

P「」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:49:13.60 ID:yk2e/NGA0
P(考えるな…何も考えるな…)

響「んんんっ!!」ビクン

P(考えるな…考えるな…)

響「んふぅんんっ!!」ビクンビクン




響「はぁー…はぁー……」ビクッビクッ

P「これで本当に終わりだ!先に出てるぞ!」

響「はぁ……はぁ……はぁい…」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 02:54:03.07 ID:yk2e/NGA0
P(さっさと着替えてトイレを借りないと…!)





P(あれ?)

P「響ー、俺の服はどこだ?」

響「……えっ?そこにない?」

P「確かにここに脱いで畳んだはずだが…」

響「じ、自分も探すぞ」スッ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:00:18.88 ID:yk2e/NGA0
P「おかしいな…なんでn」


バウッ!


P「うわあ!いぬ美が腰に巻いていたタオルを!」

響「ブタ太!?そんな、押さないで」

P「うわぁ!足元にヘビが!」

P響「「うわぁああああ」」



ドスーン



P「」

響(当たってる!当たってるよぉ!)






ハム蔵(ペットはクールに去るぜ)

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:07:09.46 ID:yk2e/NGA0
P(響が俺の上に乗っかって、胸が!脚が!)

響「…も、もう我慢できないぞ…」

P「響!?」

響「入れていいよね、プロデューサー」

P「ダメだ!それだけは!」

響「じゃ、じゃあ真とやってた、って奴!それならいいでしょ!」

P「」





響「んっ………はぁあああ…」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:17:12.42 ID:yk2e/NGA0
P「ぐっ……」

響「…プロデューサーが悪いんだぞ…」ヌリュッヌリュッ

響「洗って、って言っただけなのにあんなにキモチよくするから…」ヌリュッリュッ

響「んっ、ふぁぁああぁあああ」ビクビクッビクッ




P(よ、よし、これで…)

響「も、もっと…」ヌリュ...

P「」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:19:20.93 ID:wltiU9JJP
それ、もう入ってません?

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:31:06.29 ID:yk2e/NGA0
響「んはぁっ、はっ、はぁっ」ヌリュヌリュン

P「…響、もう出る」

響「じ、自分も、もう…」ヌリュンヌリュン

P「くっ……」






響「あっはぁぁぁあああああああん」ビクンビクン

P「」ビュクッビュクッ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:44:08.12 ID:yk2e/NGA0
響「はぁー…はぁー…はぁー……」

P「………ふぅ」

響「プロデューサー、もう少しこのままで…」

P「……ああ」







響「昨日はごめんね、プロデューサー」

P「…大丈夫、じゃないけど大丈夫だぞ、うん」

響「みんなが自分のために頑張ってくれたみたいで…あの後スポンジも見つかったぞ」

P(あいつら…)



小鳥「ふふっ、響ちゃんは素股して貰ったのよね」

P響「「!!??」」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:47:51.40 ID:pVPeOYIpO
あくまで素股してあげたのはPなのかww

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 03:51:20.94 ID:yk2e/NGA0
小鳥「あ、いけない!私ったらプロデューサーさんの前で!」

P「どういうことですか小鳥さん!?」

響「ぴよ子!自分聞いてないぞ!?」




小鳥「えぁー…その、盗聴器を…」

P「あなたいい加減に警察に突き出しますよ!?」

小鳥「そんなこと言ったらプロデューサーさんだって完全にアウトじゃないですか!!」

P「」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:04:38.46 ID:yk2e/NGA0
P「いや、その、俺の方からは一度も、し、してないですよ?」

小鳥「その言い訳が警察に通じると思いますか?」

P「」

小鳥「真ちゃんとキスした時からもう完全にアウトですよ?」

P「」

小鳥「そうねぇ…あの頃が少し懐かしいですね…」

P「俺が全て悪かったです…」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:10:09.62 ID:yk2e/NGA0
雪歩「ぷ、プロデューサー」

P「!!!」

雪歩「きょ、今日、『ご褒美』お願いしていいですか?」





P(やばい)

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:14:37.58 ID:yk2e/NGA0
P(雪歩とはあの時から何もしていない…)

P(抱っこやなでなですらもだ)

P(あの時もポイント消費も0だろう)

P(それに雪歩は一度決心をしたら決して曲げない子だ)

P(雪歩の頼みは断れない…!)

P「な、なんだ?」

雪歩「今日、家に誰もいないので来ていただけませんか…?」

P「」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:34:08.52 ID:yk2e/NGA0
 萩 原
 ド  ン !



P(なんだこれ…なんだこの家…)

雪歩「お、お茶入れてきます!」

P(前に普通の家って言ってた気がするのになんだこの家は…)

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:39:39.51 ID:yk2e/NGA0
雪歩「お、お茶どうぞ~」

P「ああ、ありがとう」




雪歩「…」モジモジ

P「…」

雪歩「…」チラッ

P「…」

雪歩「…」ソワソワ

P(お茶飲んで終わりにしてくれないかな…)

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:43:04.64 ID:yk2e/NGA0
雪歩「あ、あの!」

P「!」


P「なんだ?」

雪歩「わ、私の!」





雪歩「は、初めてを貰ってください///」

P「」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:52:49.93 ID:yk2e/NGA0
P「それは!」

雪歩「ち、違うんです!あれでじゃなくてもいいんです!」


雪歩「最初は、仕事で一番関わってる男の人だからだと思ってました」

雪歩「でも違うんです、私は本当に…」

雪歩「こんな気持ちになれる人、プロデューサー以外には一生ないと思うから…」

雪歩「やよいちゃんに教えてもらいました、手で、し、して貰ったって」

雪歩「指でいいんです、私の初めてを貰って欲しくて」

雪歩「これからポイント貰えなくてもいいんです!」

雪歩「本当に、本当にお願いします!」

P「…」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 04:55:45.71 ID:G6Bu7nBH0
指で破くとか悲しい話はヤメテェ!

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:02:58.00 ID:yk2e/NGA0
P「…これに答えないのはプロd、いや男じゃないな」

P「わかったよ、雪歩」

雪歩「!!!」




雪歩「よかった…グスッ…よかったぁ…グスッ」

P「ほらほら、せっかくの美人が台無しだぞ?」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:14:55.27 ID:yk2e/NGA0
P「シャワーはどっちから入る?」

雪歩「グスッ…あ、あの、私、お布団の準備とかしたいので、プロデューサーお先に、お願いします」

P「ああ、じゃあ案内してくれ」





シャャアアアアアアア

P「これは雪歩の言うとおり指ですべきなのだろうか…」



↓7レスの多数決で

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:15:58.62 ID:wltiU9JJP
あかん

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:16:17.93 ID:i60cMoaB0
PのPで破るべきだろ、男なら

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:16:20.68 ID:GNaLHXI/0
ダメ

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:16:38.49 ID:lCoNCZCd0
指はあかんやろ…

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:16:44.29 ID:G6Bu7nBH0
男根

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:16:56.62 ID:HPfEAjQG0
初めてが指とかありえん

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:17:43.16 ID:kXntM1si0
チンコしかないだろ

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:17:57.42 ID:yk2e/NGA0
いいの?後の子たち歯止め効かなくなっちゃうよ?

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:18:21.54 ID:Q2ydRd8r0
やってまえやってまえ

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:18:47.10 ID:lCoNCZCd0
致し方なし

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:41:11.52 ID:yk2e/NGA0
雪歩「お、お待たせしました」



P(流石にバスタオルでは来ないか、ちゃんと服を着てきている)

P「それで雪歩、考えたんだが、男としてお前の初めてはちゃんと貰ってやろうと思う」

雪歩「え、ええっ!?」

P「でも本当にそういうことはする気がなくて、ゴムはないんだ」

雪歩「…///」プシュウ

P「中には出さないから、いいか?」

雪歩「は、はひぃ///」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:42:39.37 ID:i60cMoaB0
これは既成事実フラグ

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 05:52:13.78 ID:yk2e/NGA0
P「じゃあ雪歩、行くぞ」

雪歩「はい…お願いします…」



ちゅっ



雪歩「んっ…」

P「」ちゅー

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 06:13:55.16 ID:yk2e/NGA0
雪歩「んっ…」

P「」チュルンッ

雪歩「んんっ!?」

P「」チュルロ...ルロ...

雪歩「んむ……」

P「」ジュル

雪歩「んぅ…」

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 06:34:40.82 ID:yk2e/NGA0
雪歩「……ぷぁあ」

P「…はぁ……はぁ…」



P「どうだ?雪歩」

雪歩「プロデューサー、もっと…」

P「ああ、今夜はいくらでもしてやるさ」チュッ

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 06:54:51.70 ID:yk2e/NGA0
P「よし…雪歩、服脱がすぞ…」

雪歩「は、はい…」



シュルッ    パサッ



雪歩「うぅ……こんなひんそーでひんにゅーでちんちくりんな私なんて…」

P「そんなことない、凄くきれいで、魅力的だ…」

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 07:14:36.01 ID:yk2e/NGA0
P「胸、触るぞ」

雪歩「…………はい///」



ふにょん



雪歩「んっ…」

P「」ムニュ

雪歩「はぁ……」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 07:21:53.09 ID:yk2e/NGA0
P「…これでひんそーでひんゆーだって?」ムニュン

雪歩「ふぁっ……」

P「千早に聞かせたらどんな顔するだろうな」ムニュニュ

雪歩「んんっ」フルフル




P「…乳首が立ってきたな」

雪歩「!!!」

P「きもちいいか?」モニュ

雪歩「…は、はい」

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 07:38:03.59 ID:yk2e/NGA0
P「」ツンッ

雪歩「んふっ……」

P「」クリッ

雪歩「んっ!」ビクンッ

P「」クリクリ

雪歩「んんんっ!」





P「…よし、下、脱がすぞ」

雪歩「…………はぃ///」

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 07:44:50.72 ID:yk2e/NGA0
スルルッ     パサッ




P「さわるぞ」

雪歩「///」コクン

P「」クチュッ

雪歩「んんっ!」ビクンッ

P「………濡れてる?」

雪歩「い、いわないでください///」

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 07:53:52.90 ID:yk2e/NGA0
P「」クニュッ

雪歩「んぁう!」ビクン

P「」クニクニ

雪歩「んあっ!」ビクンッ

P「」クリッ

雪歩「んはぁああああああ!!!」ビクッビクッ




P「すまん雪歩、もう余裕がない…」

雪歩「はぁ………はぁ……はいぃ…」

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:06:20.90 ID:yk2e/NGA0
P「雪歩、触ってみてくれ」スルッ

雪歩「わっ、わわっ」ギュッ

P「今からこれを雪歩に入れる、いいな?」

雪歩「…///」コクン

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:10:48.46 ID:yk2e/NGA0
雪歩「プロデューサー」

P「ん?」

雪歩「一気に、入れてください…」

P「…いいのか?」

雪歩「…はい、長くやるともっと怖くなっちゃいそうで…」

P「…わかった」

雪歩「あと、手を繋いで欲しいです…」

P「ああ」ギュッ

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:13:41.63 ID:yk2e/NGA0
P「行くぞ…」

雪歩「はい、プロデューサー」



ミリリ…



雪歩「愛してます」







ズンッ

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:19:59.80 ID:yk2e/NGA0
雪歩「!!!!!!!!」





P「…大丈夫か?」

雪歩「………グスッ」

P「雪歩?」

雪歩「ご、ごめんなさい…私、嬉しくて……グスッ」

P「ああ、よく頑張ったな」ナデナデ

雪歩「キス…キスしてください……」

P「ああ」チュッ

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:32:54.07 ID:yk2e/NGA0
P「すまん、もう…」

雪歩「はい、プロデューサーの好きに動いてください…」

P「すまん…」

雪歩「この痛みもしっかり覚えておきたいんです…」ニコッ




P「」ヌプッ...ズポッ...

雪歩「んんっ!!」

P「ふっ…」ズプッ...ズボッ

雪歩「んはあぁっ!!」

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:44:29.21 ID:yk2e/NGA0
P「っ………!」ジュプッ...ジュポッ...

雪歩「ぷ、プロデューサー…」

P「な、なんだ?」ジュップ...ジュッポ...

雪歩「な、名前を…」

P「ああ、雪歩」ズプン...ジュボッ...

雪歩「ふぁあぁああ…」ビクビクッッ

P「雪歩、雪歩、雪歩」ジュプッ...ジュッポ...

雪歩「ぷろでゅーさー、ぷろでゅーさぁぁぁ」

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:48:45.90 ID:yk2e/NGA0
P「…!雪歩、もう…!」ズュップ...ジュポ...

雪歩「ぷろでゅぅさあ、ぷろでゅぅさあ…」ギュウウウウ

P「脚を、雪歩、出るから…!」ジュッポ...ジュップ...

雪歩「ぷろでゅぅさあ、ぷろでゅぅさあ、ぷろでゅぅさあ」ギュウウウウ

P「………っ!!」





ドクン!





雪歩「あぁああああああああ!!」

P「!!!!!」

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:49:21.75 ID:M83oh2fg0
やーっちまったぁぁぁぁあああああ

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:51:07.11 ID:ujxtXUiY0
ふぅ…

やっぱり雪歩はだいしゅきホールドが似合うね

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:51:47.85 ID:U93a2cvG0
これは責任問題

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:53:13.46 ID:yk2e/NGA0
P「………はぁ…はぁ」

雪歩「はっ…はっ……はぁっ…」

P「……………雪歩、中に……」

雪歩「ご、ゲホッ………ごめんなさぁい……」





P「仕方ない、一緒に風呂入るか?」

雪歩「む、無理ですうううううう///」ブンブン

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:56:40.85 ID:yk2e/NGA0
雪歩編完

続き書くのは夜になると思います
雪歩完全にヤっちゃったし最後の3人どうするかな

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 08:58:54.31 ID:dwI9sG5kO

一発なら誤射かもしれない



元スレ: P「気付いたらアイドルのスキンシップが危機的な状況になってた」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346254834/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29909-5262b924