ヘッドライン

P「君だけのヌメラ」 【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420382178/

1 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:36:19.02 ID:B7MsO5kzo
ミリマスSSです。
ポケモンのヌメラが出てきますが、本格的なポケモンバトルの要素(読み合い等)はありません。

2 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:37:04.76 ID:B7MsO5kzo
P「お疲れ、エミリー。はい傘」

エミリー「ありがとうございます」

P「次の収録もあるから、早く行こう。あ、その前に靴履き替えるか……砂利道は辛いだろうし」

エミリー「……」

P「エミリー?」

エミリー「仕掛け人さま……桃太郎伝説は、ご存知ですか?」

P「うん?」

エミリー「このような日本の川で流れてきた桃を拾って……という、お伽話だと思っていたのですが」




タマゴ「……」ドンブラコッコー




エミリー「あれは、実在する風習だったのでしょうか……?」

P「え……えええぇ……?」

4 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:39:05.48 ID:B7MsO5kzo
P「はぁ……はぁ……」

タマゴ「……」コロッ

エミリー「すごいです、仕掛け人さま! まるで川蝉のようでした!」

P「ありが……ゲホッ、コフッ」

エミリー「ですが、この卵は一体……」

P「…………これ、保健所に持っていった方がいいかもしれないな」

エミリー「!」

P「捨てられた外来種とかだと面倒だ。よし、後で俺が届けておくよ」

エミリー「……」

P「……あ、そうだ時間だ! 急げエミリー、遅刻は大和撫子的によくない!」

エミリー「え、あっ、はい!」

5 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:41:10.74 ID:B7MsO5kzo
ブロロロロ…


P「意外とスムーズだ……間に合いそうだな」

エミリー「……あの、仕掛け人さま」

P「ん?」

エミリー「先ほどの卵なんですが……」


タマゴ「……」モゾッ モゾッ ピシピシ


エミリー「う、産まれそうです……っ!」

P「ええ!?」

タマゴ「……」パカー






ヌメラ「メラー!」(o・~・o)


6 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:42:26.95 ID:B7MsO5kzo
ヌメラ


なんたいポケモン

たかさ 0.3m
おもさ 2.8kg

いちばん よわい ドラゴンポケモン。ヌメヌメの からだが かわかないように ジメジメした ひかげで くらす。

7 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:44:24.85 ID:B7MsO5kzo
ヌメラ「メラ?」(o・~・o)

エミリー「Oh…so cute…!」

P「出ちゃってる、素が出ちゃってる」

エミリー「ハッ! 私としたことが……」

ヌメラ「メラーーー」ピトッ (o>~<o)

エミリー「はぅ……か、可愛いです」

P「確かに……って、エミリー!」

エミリー「はい?」テカテカ

P「……ヌルヌルになってる」

エミリー「え…………Wow!?」テカテカ

8 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:46:10.72 ID:B7MsO5kzo
エミリー「えっと……その、あまり見ないで……下さい……」テカテカ

P「……後で拭こう。それにしても、見たことない生き物だな」

ヌメラ「ヌ?」(o・~・o)

エミリー「何かの愛玩動物、なのでしょうか」

P「見つけた場所が場所だからな。どっかの金持ちが川に捨てたのか……」

エミリー「……」

10 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:48:12.45 ID:B7MsO5kzo
エミリー「仕掛け人さま」

P「……もしかして、飼いたいのか?」

エミリー「……この子は、捨てられていたのですよね」

ヌメラ「メラー」(o・~・o)

エミリー「そのような命を救うことも……大和撫子となるためには、必要だと思うんです」

P「ふむ……」

エミリー「それに、桃太郎伝説では、桃を拾った夫婦が桃太郎を育てていました」

P「……でも、どう育てたらいいのか見当がつかないぞ。餌とか、環境とか……」

エミリー「それは……そうですが……」

P「……」



P「いや、待てよ? 確か次の現場には――」

12 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:51:06.56 ID:B7MsO5kzo
我那覇響「知らないぞ」

P「やっぱりかー」

エミリー「響さん、本当に何も分からないのですか……?」

響「うっ……い、いや、そんなことないぞ! 自分、完璧だからな!」

エミリー「本当ですかっ?」

ハム蔵「…ヂュ」

響「……な、なぁ、お前はどこから来たんだ?」

ヌメラ「……メラッ」ピトッ (o>~<o)

響「? エミリーが親だって言ってるぞ?」

エミリー「まぁ……!」

P「そのタマゴ、川で拾ったんだ。さっき車で孵った」

響「なんでそれを先に言わないんだー!」

13 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:53:14.13 ID:B7MsO5kzo
エミリー「……うふふっ」ツンツン

ヌメラ「メラァー…」パクッ (o・¬・o)

エミリー「あら、私の指は肉詰め腸ではありませんよ?」


響「さっき孵ったってことは、まだ何も食べてないのか?」

P「あぁ、そうなるな」

響「それって結構マズいんじゃ……なぁ、お前は何が好きなんだ? ミルクか?」ペタッ

ヌメラ「ヌメ…」(o´~`o)

響「……! プロデューサー、水持ってる!?」

P「え? ああ、あるけど」

響「よし、もう大丈夫だぞー」チョロチョロ

ヌメラ「メラー♪」(o^~^o)

エミリー「あっ、元気になってます……!」

15 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:55:09.74 ID:B7MsO5kzo
響「うん、やっぱり水が好きみたいだな」

エミリー「すごいです、響さん! どうしてこの子の嗜好が理解できたのですか?」

響「フフン、自分完璧だからな! 長年の経験ってやつさー!」

エミリー「わぁ……! 響さんは職人さまなのですね!」

響「ふ、ふふ、もっと褒めても――

コンコン ガチャッ

「765さん、もうすぐ本番でーす」

響「こほん」

P「そういえば時間無かったな……行くぞ、2人とも」

エミリー「はい! 留守番をお願いしますね、藤色軟泥さま♪」ツン

ヌメラ「メラッ!」(o^~^o)

P「フジイロナンデイ?」



響「……エミリー、収録の後ヒマか?」

エミリー「えっ?」


――――

――

16 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:57:08.82 ID:B7MsO5kzo
響「――よし、こんな感じだな」

ヌメラ「メラ~~♪」パシャパシャ (o^~^o)

ハム蔵「ヂュイ!」パシャパシャ

エミリー「Wow……藤色軟泥さまの住処を造営してしまいました……すごいです、響さん!」

響「そ、そうか?」

エミリー「私だけでは、きっとここまでの飼育環境は整備できませんでした……響さんのお陰です」

ヌメラ「メラ~」モグモグ (o^~^o)

エミリー「この愛玩動物用食料も気に入っているようですし」

響「そうだな。いろいろ買ったけど、水草を食べてくれてよかったぞ」



P「いやいや、待て待て待て」

響「どうしたんだ、プロデューサー?」

P「どうしたっていうか……ここ、俺の家なんだけど……」

17 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/04(日) 23:59:09.84 ID:B7MsO5kzo
エミリー「申し訳ありません仕掛け人さま、まだ私の両親の認可が下りておらず……」

P「いや、まぁ、それはしょうがないとして」

ヌメラ「ヌメ?」(o・~・o)

P「水槽大きくない? 俺の部屋すごい圧迫されてないか?」

響「狭いとストレスになっちゃうからな、それこそしょうがないぞ」

P「そういうものなのか……?」

響「それに、コイツがどう育つかも分からないしな」

ヌメラ「メラ~♪」(o^~^o)

P「どう育つか……か」


響「…………ねぇ、エミリー」

エミリー「はい」

響「本当に最後まで、最期まで面倒を見れるか? ……この先、コイツがどんな姿になったとしても」

18 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 00:01:09.77 ID:lajer0Bqo
P「響……」

エミリー「……はい。義を貫くのが、大和撫子ですから」

響「……そっか」


ヌメラ「ヌメー」モグモグ (o・~・o)

響「よかったな、お前のご主人がエミリーで」ポンポン

ヌメラ「メラ!」(o^~^o)

エミリー「藤色軟泥さまは、とっても滑らかな肌触りですね」ナデナデ

響「滑らか、ってよりヌルヌルだな。ナメクジみたいだぞ」

P「またテカテカになるぞお前ら…………はっ!」ティン

響「? どうかしたのか?」


P「まつり! まつりなら、こいつのことも知ってるんじゃないか?」

19 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 00:03:08.96 ID:lajer0Bqo
ヌメラ「ヌメッ?」キョトン (o・~・o)

響「あー……確かに、ウミウシ絡みで知ってても不思議じゃないな」

エミリー「まつりさんでしたら、明日『永遠の交響曲』の鍋会合でお会いしますよ?」

P「今でも集まったりしてるのか?」

エミリー「時折、皆さまのお家で食事会を開いているんです」

P「へぇ、それなら話が早いな」

エミリー「そうですね……藤色軟泥さまのこと、他の皆さまにも相談してみましょう!」

ヌメラ「メラー♪」(o^~^o)

響「そういえばエミリー、名前は付けないのか? 藤色ナントカじゃあ堅苦しいぞ」

エミリー「名前、ですか……ふふっ、考えておきますね♪」



25 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:05:11.58 ID:lajer0Bqo
――――――――


エミリー「ふぁああ……」

P「おはよう、寝不足か?」

エミリー「はっ、私ったら人前で欠伸を……はしたないです……」

P「はい、例のやつ……うお、やっぱヌルヌルだな」ヒョイ

ヌメラ「ヌメー!」ペロペロ (o^~^o)

エミリー「きゃっ! うふふ、精進していましたか?」

ヌメラ「メラ~」ペロペロ (o^~^o)

P「……タオル持ってけ。あと、響がこれもあると便利だろうって。ペット用のケージ」

エミリー「まぁ! 響さんの気配り、頭が上がりませんね……」

P「完璧だからな。俺を朝3時に叩き起こしてロケに行ったぞ」

26 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:07:42.69 ID:lajer0Bqo
P「そういえば、名前は決まったのか?」

エミリー「……それが、まだ…………」

P「そうか。まぁ、じっくり考えて良いことだと思うよ」

エミリー「はい……大和撫子にふさわしい名前を考えているのですが……」

P(……こいつ、『どっち』なんだろう)

ヌメラ「…ヌ?」(o・~・o)

エミリー「集合の時刻までは余裕はあるので、お散歩しながら考えようと思います」

P「散歩か、いいな」

エミリー「それでは仕掛け人さま、行って参りますね」

ヌメラ「メラー」(o・~・o)

P「ああ、行ってらっしゃい」




P「……結局、俺の家で飼うのだろうか」

27 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:09:21.57 ID:lajer0Bqo
エミリー「『神武』……『いざなぎ』……」ブツブツ

ヌメラ「ヌ、ヌメー…」イソイソ (o・~・;o)

エミリー「ああっ、申し訳ありません! つい歩調を早めてしまいました……」

ヌメラ「ヌー」(o・~・o)


エミリー「響さんは、沢山の動物にどのようなお名前をつけているのでしょうか……」ブツブツ

ヌメラ「…メラッ?」ピタッ (o・~・o)

草「……」

ヌメラ「メラ~!」モシャモシャ (o^~^o)

エミリー「昨日、聞いておけばよか――

ヌメラ「ヌメッ?」モシャモシャ (o・~・o)

エミリー「Oh, my…!」

28 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:11:13.65 ID:lajer0Bqo
エミリー「いいですか、路傍の草を食べてはいけません。危ないですし、はしたないです」

ヌメラ「ヌメ…」(o´~`o)

エミリー「大和撫子の花言葉は可憐、貞節。そんな行動を心掛けて下さいね?」

ヌメラ「メラァ…」(o;~;o)

エミリー「えっ、ああ、泣かないで下さい! 言い過ぎました……」ナデナデ

ヌメラ「メラァァ…」(o´~`o)

エミリー「ほら、見て下さい? 押し花ですけど、撫子の花はこんなに美しいんです」

ヌメラ「ヌメー…!」(o^~^o)

エミリー「だから、私たちもこのように…………はっ!」ティン

ヌメラ「メラ?」(o・~・o)



エミリー「『ナデシコ』! あなたの名前、『ナデシコ』にしましょう!」


29 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:13:21.73 ID:lajer0Bqo
テレビ『7時になりました。ニュースをお伝えします』


如月千早「……」ピッ

テレビ『それでは、北海道から中継が繋がっています! 我那覇さーん!』

千早「……ふふっ」

豊川風花「千早ちゃん、野菜包丁ってあるー?」

千早「あ、いえ、無いです」

ジュリア「心配しすぎだってフーカ、野菜切るだけじゃねーか」

風花「でも、一応……」

ジュリア「一応、あたしだって上達してるんだぜ? 見てろ、ロックに微塵切りだ!」

風花「ジュリアちゃん、別に人参は……って!? ち、千早ちゃん絆創膏!」

千早「ええっ!? は、はい!」

30 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:15:13.43 ID:lajer0Bqo
エミリー「着きましたよ、撫子。ここが千早さんの集合住宅棟です」

ヌメラ「メラー…」(o・~・o)

エミリー「階段は登れませんね……そうだ、金属輿を響さんから戴いていますから、そこで休んでいて下さい」

ヌメラ「ヌメ!」(o^~^o)




エミリー「ええと、千早さんのお部屋は……」

ガチャッ

ジュリア「おっ、エミリーじゃん。いいとこに来たな」

エミリー「ジュリアさん! ……その指は一体?」

ジュリア「あー……そんなことより行くぞ、買い出しだ! シメのうどん!」

エミリー「今からですか!? 私、まだ皆さんに挨拶を」

ジュリア「いいっていいって! ほら、荷物だけ置いてさ」ドサッ ガシッ

エミリー「え、ちょっ、ジュリアさーーーん……」ズルズルズルズル



ヌメラ「…メ? メラ?」キョロキョロ (o・~・;o)

31 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:17:15.63 ID:lajer0Bqo
テレビ『はい、我那覇さんありがとうございました。いやー、やっぱり北海道の海は寒そうですねぇ』


千早「今、エミリーの声がしませんでした?」

風花「エミリーちゃん? ……うーん、気のせいじゃないかな」トントントン


ヌメラ「……」クンクン (o・~・o)


千早「……そうですね。私が手伝えること、何かありますか?」

風花「大丈夫よ、私だけで出来るから。千早ちゃんはお家を使わせてくれてるんだし、ゆっくりしてて」

千早「じゃあ、お言葉に甘えて……ありがとうございます」


ヌメラ「メラ…」ガコン (o・~・o)


風花「……」トントントン

ヌメラ「…」ノッソノッソ (o・~・o)

風花「……ふぅ。千早ちゃ――」

32 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:19:19.04 ID:lajer0Bqo
ガチャッ

ジュリア「ただいまー。エミリーもいる……ぞ……?」

エミリー「ジュリアさん? どうしたので……」



風花「ひゃっ、ちょっ、どこ舐め……あはは!」

ヌメラ「メラーーー!」ペロペロ (o^~^o)

風花「んっ、やめ……ひゃう!?」

千早「……」


ジュリア「フーカがヌルヌルに!? っていうか何だコイツ!?」

エミリー「Oops! いけませんナデシコーっ!」ダッ



ガチャッ

徳川まつり「はいほー! 遅れて登場、お仕事帰りのまつりなのです。みんなも盛り上がって……ほ?」

風花「誰でもいいから助けてーーーーっ!!」



――――

――

33 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:21:15.15 ID:lajer0Bqo
千早「えっと、それでは、改めて」



「「いただきまーす!!」」



エミリー「鍋奉行を務めさせていただきます、エミリースチュアートです。本日は……」

ジュリア「女将か!」

千早「風花さん、ジャージのサイズは大丈夫ですか?」

風花「うん、平気よ……ちょっときついけど……」パツーン

千早「……」

まつり「ほ? この人参さん、なんだかほっそりしてるのです」

ジュリア「おっ、当たり引いたなマツリ」



ヌメラ「メラァ……」(o;~;o)

34 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:23:19.84 ID:lajer0Bqo
風花「エミリーちゃん。この子、もう許してあげても……」

エミリー「ダメですっ。大和撫子として、躾はしっかりしないといけませんから」

風花「じゃれついてただけなんだから、何もご飯抜きまでしなくても……ねぇ?」

ジュリア(ていうか、フーカに行ったってことは男なんじゃねぇか?)

ヌメラ「ヌメー…」(o;~;o)

エミリー「……」

千早「躾と言うなら反対はしないけれど……私も、許してあげた方がいいと思う」

まつり「皆でお鍋を囲んだら、きっとわんだほー! なパーティになるのです。……ね?」

エミリー「皆さま……」

35 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:25:15.14 ID:lajer0Bqo
エミリー「……ナデシコ」

ヌメラ「…ヌメ」(o・~・o)

エミリー「これからはちゃんと大和撫子を目指すと、誓えますか?」

ヌメラ「メラ! メラー!」コクコク (o・~・o)

エミリー「……ふふっ。申し訳ありません、私、また怒りすぎてしまいましたね」

ヌメラ「メラァー!」(o^~^o)



ジュリア「しっかし、フシギなやつだなー。見たことないし、エミリーと意思疎通してるみたいだし」

千早「確かに……何て言う生き物なの?」

エミリー「……いえ、今日はそれを皆さまに伺おうと思っていたんです」

風花「えっ、エミリーちゃんも知らないの?」

まつり「知ってるのです」

エミリー「えっ?」

36 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/05(月) 23:27:22.67 ID:lajer0Bqo
まつり「まつりは、知っているのです。その子のことを」

エミリー「……!」

まつり「ヌメラという名前も。どのように育つのかも」




まつり「本当は、どこにいるべき存在なのかも。……ね?」




44 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:02:20.13 ID:pUnMeRs2o
千早「どこにいるべき、って」

ジュリア「どういうことだよ……?」

まつり「……」


まつり「冗談なのです」


ジュリア「……へ?」

まつり「ヌメラは、ちょっと珍しいだけの生き物なのです。フワフワでカワイイのです」

ジュリア「なんだよ……意味深な感じで言うからビックリしたじゃねーか」

風花「あ、そろそろうどん入れよっか」

千早「分かりました」

ヌメラ「メラ!」(o・~・o)

ジュリア「お前、うどん食えるのか……?」






まつり「……エミリーちゃん、ちょっと」

エミリー「?」


――――

――

45 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:04:15.61 ID:pUnMeRs2o
――――――――

ジュリア「お疲れ様です!」

エミリー「お疲れ様です」



ジュリア「ナデシコのケージ、持つよ。重いだろ?」

エミリー「あっ、ありがとうございます」

ジュリア「……まぁ、失敗は誰にでもあるさ」

エミリー「……」

ジュリア「あたしの料理だってそうだけどさ、失敗ってのは人を強くするんだと思うぜ」

エミリー「ジュリアさん……」

ジュリア「ゴメン、なんかクサかったな……しっかし、遅えなプロデューサー」

46 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:06:16.42 ID:pUnMeRs2o
ジュリア「ナデシコもこの前はごめんな、投げちゃって」ツン

ヌメラ「ヌメ?」(o・~・o)

ジュリア「おお、やっぱヌルヌルなんだな」

エミリー「……」

ジュリア「…………エミリー、何かあったのか? もしかして、あたしの切った人参で腹を……」

エミリー「ええっ!? いえ、そんなことは――」


P「ごめん、2人とも! 遅くなった」

エミリー「仕掛け人さま」

ジュリア「何やってんだよ、寒空の下にアイドル待たせてさ」

P「それからジュリア、ごめん。お前は電車で帰ってくれ」

ジュリア「ん、分かっ……はぁ!!?」

47 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:08:49.82 ID:pUnMeRs2o
――――――――

ブロロロロ…


響「ふぁああ……」

P「ジュリアに悪いことしたな……1人で帰れるだろうか」

響「……自分も帰りたかったぞ」

ハム蔵「ヂュイ…」ウトウト

まつり「響ちゃん、お疲れなのです? 向こうでタウリンを飲んだら、フワフワでぱわほー! になれるのです」

響「それ、大丈夫な薬なのか?」

P「というか、俺も仕事残ってたんだけどな……」

まつり「プロデューサーさんのお仕事は、みんなのボディガードなのです」



ヌメラ「…」ウトウト (o-~-o)

エミリー「……」

48 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:10:11.34 ID:pUnMeRs2o



エミリー『あの、まつりさん……話というのは』

まつり『……そのヌメラは、人前に出てはいけない生き物なのです』

エミリー『!』

まつり『本来、エミリーちゃんや、みんなは……知ってはいけない』

エミリー『知っては……いけない』

まつり『でも、エミリーちゃんが心配する必要はないのです』

エミリー『……』

まつり『まつりは、ヌメラの住んでいるところも知っているのです。だから――』




49 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:12:08.75 ID:pUnMeRs2o
エミリー「……元いた場所に、帰す」

ヌメラ「…メラ?」パチクリ (o・~・o)



まつり「プロデューサーさん、車を止めるのです」

P「分かった。…………あれ、ここって」

響「どうかしたのか?」

P「……タマゴを拾った川だ」

まつり「ここからが長いのです。気合いを入れて、帽子を逆に被った方がいいのです……ね?」

P「なんだそりゃ」

響「行くぞ、エミリー! エミリー!」

エミリー「……はっ! はい、ただいま!」

50 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:14:12.13 ID:pUnMeRs2o
P「――雨、降ってきたな」ガサガサ

ヌメラ「メラーーー!」パシャパシャ (o^~^o)

エミリー「先に行ったら危ないですよ、ナデシコ」

ヌメラ「ヌメ…」(o´~`o)


響「まつりー、ホントにこっちで合ってるのか? どんどん山道進んでるけど……」ガサガサ

まつり「はい、大丈夫なのです」

響「そうは言ってもな……あっ!」

P「どうした?」

響「道だ! 道があるぞ!」

まつり「!! 止まって!!」

響「えっ――」ガサッ



アーボ「「キシャァアアアーーーッ!!」」



響「へ、ヘビの群れ!? それにデカいぞ!」

まつり「みんなを守るのです! トリトドン!」バシュン

トリトドン(紅)「ポワグーチョ」

51 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:15:12.00 ID:pUnMeRs2o
アーボ


へびポケモン

たかさ 2.0m
おもさ 6.9kg

そだつほどに どんどん ながくなる。そして よなかは きのえだに グルグルと からまって やすむ。



トリトドン


ウミウシポケモン

たかさ 0.9m
おもさ 29.9kg

ホネがなく グニャグニャの からだ。からだの いちぶが ちぎれても すぐに さいせいされて もとどおり。


52 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:16:11.77 ID:pUnMeRs2o
エミリー「ナデシコ、こちらに!」

ヌメラ「ヌ、ヌメ…!」ピョン (o・~・;o)

P「なんだ、何がどうなってる……!」


まつり「プロデューサーさん、響ちゃんを頼むのです」

P「え!?」

まつり「トリトドン、だくりゅう!」

トリトドン(紅)「ポワーオ」ザッパァアアアア

アーボ「「キシャァァァ………」」

響「わっ、今度は波!?」

P「ッ……つかまれ響!」



響「はぁ……はぁ……」

まつり「よくやったのです、トリトドン」バシュン

P「まつり、今のは一体……」

53 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:18:18.24 ID:pUnMeRs2o
まつり「ポケットモンスター、縮めてポケモン」

まつり「この世界に住む、フワフワでフシギな生き物なのです」

響「ポ、ポケモン?」

まつり「響ちゃんが知らないだけで、世界にはたくさんのポケモンがいるのですよ?」

P「……どうして、まつりがそのポケモンを持ってるんだ?」

まつり「……ポケモンは、危険な生き物なのです」

まつり「だから、まつりたちポケモントレーナーは、その存在を隠してきた」

P「…………り、理解が追いつかん」

まつり「さっき見たはずなのです。アーボの大きさ、トリトドンの力強さ……ね?」



エミリー「……まつりさん」

まつり「ほ?」

54 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:20:13.36 ID:pUnMeRs2o
エミリー「昨日、おっしゃっていましたよね。ナデシコがどう育つかも、知っていると」

まつり「はい」

エミリー「ナデシコにも……先ほどのウミウシさまのような力があるのですか?」

まつり「……あんなものでは無いのです」

P「えっ?」

まつり「ヌメラはドラゴンポケモン。今は小さいですが、最後まで育てばニンゲンなんて簡単に…………ね?」

響「人間なんて……って、そんな言い方……!」

ヌメラ「メ? メラッ?」(o・~・;o)

まつり「……エミリーちゃんが、タマゴのうちに見つけてくれてよかったのです」

エミリー「……」

まつり「この奥に、ヌメルゴンの巣があります。穏やかな方ですから……ね?」



――――

――

55 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:22:21.90 ID:pUnMeRs2o
トリトドン(紅)「ポワーオ」ザブザブ

P「……響は、ポケモンの言葉も分かるのか?」

響「……揺れませんか、だって」

P「優しいんだな……」



トリトドン(青)「……」ザブザブ

エミリー「色の違うウミウシさまもいるんですね」

まつり「色んなポケモンがいるのです。確か全部で、えーと……700種類?」

エミリー「ななひゃく!」

まつり「でもまつりは、もっとたくさんいると思うのです。氷山の一角、なのです」

エミリー「す、凄い世界です……」

ヌメラ「メラー…」(o・~・o)

56 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:24:18.89 ID:pUnMeRs2o
響「揺れないのはいいけど……やっぱり、ヌルヌルだな」

P「……まぁ、なんだ。そういう響もいいと思うぞ?」

響「うぎゃー! 離れろ変態プロデューサー!」

P「わっ、待て立つな! 揺らすな!」

トリトドン(紅)「ポワー!」グニャグニャ

響「え、ちょ、わぁあああああああ!!?」ポーン

P「響ーーッ!」

まつり「! あれは……!!」

響「ぁあああああああ――――」ポスッ




響「――って、あれ?」




ヌメルゴン「……」ズ ズ ズ ズ ズ

57 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:25:08.93 ID:pUnMeRs2o
ヌメルゴン


ドラゴンポケモン

たかさ 2.0m
おもさ 150.5kg

のびちぢみする ツノでこうげき。プロボクサー 100にんぶんの パンチに ひってきする いりょく。

58 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:26:22.43 ID:pUnMeRs2o
エミリー「あれが……ヌメルゴン……!」

ヌメラ「メラァ……!」(o・~・;o)

まつり「響ちゃん、通訳を頼むのです」

響「……それで呼ばれたんだな、自分」


ヌメルゴン「キュォオオオ……」


響「『久方ぶりですね、マツリ』……知り合いなのか?」

まつり「……その節は、お世話になったのです」

ヌメルゴン「……」

まつり「今日は、このヌメラを返しに来たのです」

ヌメラ「ヌメ…」(o・~・o)

まつり「こちらのエミリーちゃんが、この川の下流でタマゴを拾ったそうです。あなたの巣のものですか?」

ヌメルゴン「キュォォ…ウ」

響「『先の雨で、タマゴが1つ流されました。間違い無いでしょう』」

エミリー「……」

59 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:28:15.37 ID:pUnMeRs2o
まつり「私が見つけることができて、良かったのです。間違いがあってはいけませんから」

響「……」

まつり「さ、エミリーちゃん。ヌメラを渡すのです」

エミリー「……」

ヌメラ「メラ…?」(o・~・o)

まつり「エミリーちゃん?」


エミリー「……私にも、ヌメルゴンさまとお話をさせて下さい」


まつり「!」

P「……エミリー」

60 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:30:24.84 ID:pUnMeRs2o
エミリー「……ずっと、考えていました」

エミリー「大和撫子として、私はどうするべきなのか。私に何ができるのか」

響「エミリー……」

エミリー「はしたないのですが……きっと、こうする他にないと思います」スッ

まつり「え、エミリーちゃん?」

エミリー「ヌメルゴンさま」

P(靴を脱いで正座……いや、あれは)




エミリー「ナデシコを、娘さんを……私に下さい」




P(ど、土下座…………!!)

61 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:32:09.92 ID:pUnMeRs2o
ヌメルゴン「……」

ヌメラ「メラー……」(o・~・o)

まつり「エミリーちゃん、一体何を……」

エミリー「このナデシコは、本来貴方の子供です。卵を拾っただけの私が育てようというのは、おこがましい話です」

まつり「っ……だったら」

エミリー「それでも! それでも……ナデシコの親は、私です」


エミリー「私が最後まで育てると、最期まで連れ添うと……そう、誓ったのです……!」


まつり「エミリーちゃん……」

ヌメルゴン「…キュオオゥ」

響「……『顔を、上げて下さい』」

エミリー「!」

62 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:34:10.96 ID:pUnMeRs2o
ヌメルゴン「キュォオオオ、オオ…キュウン」

響「『そのヌメラを育てるということが、ポケモントレーナーになるということが、どういうことか分かりますか?』」

エミリー「……」

ヌメルゴン「キュオオオ……ゥ」

響「『そこのマツリだって、最初は――

まつり「響ちゃん、ちょっと」

響「え?」


エミリー「……平らな道でないことは、分かっています」

エミリー「まつりさんはおっしゃっていました。ポケモンは危険な生き物だと」

まつり「……」

エミリー「私も今日、それを実感しました。ポケモンは、恐ろしいほどの力を持っています」

ヌメルゴン「……」

エミリー「ですが! 私は、このナデシコを、人を傷付けるような子には育てません」



エミリー「…………大和撫子として」


63 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:36:08.10 ID:pUnMeRs2o
ヌメルゴン「…………キュオオオ…ウ」

響「『かわいい子には旅をさせよ、ですね』」

P「……それ、本当に言ってるのか?」

響「ホントだぞ!?」


ヌメルゴン「……」ススーッ

ヌメラ「メラー…」(o・~・o)

ヌメルゴン「キュォオオ……ウ」

響「……『この子のことを、頼みますよ』」

エミリー「っ…………はいっ!」

ヌメルゴン「キュオオオオォ」

響「『マツリ。あなたも――

まつり「大丈夫なのです。分かっていますから」

響「……そっか」

64 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/06(火) 23:38:13.07 ID:pUnMeRs2o
P「エミリー」

エミリー「仕掛け人さま……」

P「いい啖呵だったな。最高に大和撫子ってやつだ」

エミリー「私……私…………っ!!」

ヌメラ「メラ、メラー…?」(o・~・;o)

P「泣くな泣くな、ナデシコも困ってるぞ」

響「それに、立ったらアレだぞ」

ハム蔵「ヂュイ」

エミリー「え?」


トリトドン(青)「ポワー!」グニャグニャ

エミリー「え、きゃ、eeeeeeeek!!!」ポーン

まつり「エミリーちゃん!?」


70 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:42:13.92 ID:onEWwbeHo
――――――――


千早「えっと、それじゃあ、改めて」


パーン!

「「エミリー、誕生日おめでとう!!!」」



エミリー「皆さま……ありがとうございますっ!」


響「……なぁ、自分もエタハモに混ざってよかったのか?」

千早「大丈夫よ、気にしないで」

エミリー「はい、響さんは私の恩人ですから♪」


P「……なぁ、なんでまた会場が俺の家なんだ?」

ジュリア「大丈夫だよ、気にすんなって」

風花「ナデシコちゃんのお家もありますから……」

ヌメラ「メラー!」(o^~^o)

71 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:44:20.08 ID:onEWwbeHo
P「それはそうだけど……ほら、まつりが使ってたボール! あれは使わないのか?」

まつり「ほ? モンスターボールのことですか?」

P「まつりのポケモンは、普段その中なんだろ? だったら……」

エミリー「……それが、ナデシコがボールに入りたがらなくて……」

まつり「どこぞの電気鼠さんみたいなのです」

ヌメラ「ヌメ?」(o・~・o)

響「まぁ、最初の環境に慣れちゃうとどうしてもなー」ナデナデ

P「ぐぐぐ……」


チーン


風花「あ! ジュリアちゃん、焼けたんじゃない?」

ジュリア「おっ! ついに完成か!」

P「……あっちも心配だな」

72 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:46:12.43 ID:onEWwbeHo
ジュリア「……ど、どうだ?」



響「……うん、美味しいぞ! ちょっとビターなところとか」

エミリー「はい! 洋風褐色焼き菓子も美味しいです!」

ジュリア「そうか…………元々、抹茶のつもりだったんだけどな……」

P「逆になんでそうなるんだ……?」

千早「ほら、ジュリアはスイーツを作るのは初めてですから……」

ヌメラ「メラ~♪」モグモグ (o^~^o)

まつり「ポフレとしてはおいしいみたいなのです」

ジュリア「あたしは人間向けに作ったんだけど……」



風花「プロデューサーさん、一杯どうですか?」

P「いえ、俺は運転するので……」

風花「えー」

73 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:48:10.36 ID:onEWwbeHo
――――

――



風花「誕生日か~……はぁ、歳はとりたくないなぁ……」

P「風花さん、酔ってます?」

風花「そんなワケないですよぉ~~~」バシン

P「痛っ! ……千早、ジュリア、後は頼んだぞ」

千早「プロデューサーが送るべきでは? 車もありますし」

P「いや、俺は」

まつり「プロデューサーさんは、まつりとエミリーちゃんの運転手さんなのです。……ね?」

響「エミリー? ……って、まさか」

エミリー「はい、修行のお時間です」

ジュリア「修行? なんだそりゃ」

74 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:50:08.37 ID:onEWwbeHo
エミリー「立派なポケモントレーナーとなるための修行を、まつりさんにつけてもらっているんです」

ジュリア「へぇー……」

響「でも、今日ぐらい休んでもいいんじゃないか?」

エミリー「そういう訳にはいきません! ね、ナデシコ」

ヌメラ「メラ!」キリッ (o・~・o)

まつり「エミリーちゃんは、まだまだですから。お休みしているヒマはないのです」

ジュリア「よく分かんねーけど……大変なんだな、トレーナーって」

千早「……プロデューサー」

P「ん?」


千早「その修行……私たちも、立ち会っていいですか?」


響「『たち』?」

75 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:52:11.43 ID:onEWwbeHo



風花「ん……むにゃ……」


風花「…………あれ?」

千早「……」カチッ カチッ カチッ

風花「千早ちゃん、何やってるの?」

千早「あ……風花さん、暖房の付け方って分かりますか? 私、車には疎くて」

風花「ええ? とりあえずエンジンかけて……って、プロデューサーさんは?」

千早「外です」

風花「ええっ? 待って、ここはどこなの?」

千早「川です」

風花「えええ!?」

76 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:54:32.36 ID:onEWwbeHo
風花「ちょっと、一体なんで……」ガチャッ

千早「あ、外に出るときは気を――

ドォン!

風花「きゃあっ!」


エミリー「ナデシコ、躱して下さい!」

ヌメラ「ヌメ……!」ピョン (o;・~・o)

まつり「トリトドン、もう1発だいちのちから!」

トリトドン(紅)「ポワーオ」


ドォン!

千早「……気をつけて下さい」

風花「も、もうちょっと早く言ってよ……」

77 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:56:18.19 ID:onEWwbeHo
風花「エミリーちゃんたち、いつもあんなことを?」

千早「そうみたいです」

風花「すごいなぁ……」

千早「……風花さん」

風花「なに?」

千早「少し、私の話を聞いてもらってもいいですか?」

風花「…………うん。暖房、付けよっか」

78 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/07(水) 23:58:20.23 ID:onEWwbeHo
ドォン! ドォン!

ヌメラ「メラーーーッ!」(o>~<o)

エミリー「ナデシコ!」

ヌメラ「ヌメ…」ドサッ (o@~@o)

まつり「……そこまでなのです」



千早「私……なんだか、寂しかったんです」

風花「!」

千早「徳川さんや、エミリーが……どこか私の知らない世界に行ってしまうような気がして」

風花「うん」

千早「……でも、杞憂でした」

79 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/08(木) 00:00:10.40 ID:vQmwK8nco
エミリー「まつりさん、私はまだ……!」

まつり「エミリーちゃん。修行は大切ですが、休むこともまた大切なのです」

まつり「それに、ナデシコちゃんもお疲れなのです。……ね?」

ヌメラ「ヌメー…」(o´~`o)

エミリー「ナデシコ……はい、分かりました」



千早「ポケモンで戦うエミリーはひたむきで、一生懸命で……私の知っている彼女と、何も変わらなかった」

風花「……ふふっ、そうね」

ガチャッ

P「あれ? なんでエンジンが……あ、風花さん。起きましたか」

風花「はいっ♪」

80 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/08(木) 00:02:11.85 ID:vQmwK8nco
ジュリア「やっべーな! 迫力満点だったぜ!」

響「自分、なんかもう慣れてきたぞ……」

ジュリア「それはそれですげーな」

響「あ、千早ー、外で見なくてよかったのか?」

千早「ええ。ここからでも、十分伝わったから」

響「そっか」

まつり「プロデューサーさん、マシュマロはあるのです?」

P「はは、まつりもお疲れ様。……おーい、エミリー! 帰るぞー!」

81 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/08(木) 00:04:23.77 ID:vQmwK8nco
エミリー「はーい! ただいまー!」


エミリー「……ナデシコ」

ヌメラ「ヌメ?」(o・~・o)

エミリー「私、まだまだ未熟者ですが……ついて来てくれますか?」ポン

ヌメラ「メラッ!」(o^~^o)

エミリー「ふふっ、これからもよろしくお願いしますね……あら」

ヌメラ「……」ジーッ (o・~・o)

エミリー「川の上流……ヌメルゴンさまのことが、気になりますか?」

ヌメラ「メラー…」(o・~・o)

エミリー「……ナデシコ、帰りますよ」

82 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/08(木) 00:06:24.68 ID:vQmwK8nco




エミリー「今は、私だけのヌメラ……なんですから♪」







83 : ◆ZOoDvoOZFs 2015/01/08(木) 00:07:36.23 ID:vQmwK8nco
以上で終わりです。最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。


エミリー、誕生日おめでとう!
それから今日のアニポケにはヌメラが出るからみんな見よう!

84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 00:09:09.73 ID:D0rbuwJI0
乙、エミリー誕生日おめでとう!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: P「君だけのヌメラ」 【ミリマス】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420382178/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29840-dbd19767