ヘッドライン

【ミリマスSS】うみみ、閉じ込められる【安価】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573215846/

2 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 21:25:52.60 ID:8RIrPxYZO

海美「ねぇねぇプロデューサー!早く早く!」

P「分かった分かった。今行くから落ち着いてくれ」

海美「だって~!色んなアトラクションを経験してレポートする企画なんて絶対楽しいよ~!うぅー!ムズムズしてきたー!」

P「企画は逃げないから。よしお待たせ、移動するぞ」

海美「よーし!頑張っちゃうよー!」

P「まずは打ち合わせからだけどな」

3 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 21:44:34.58 ID:Z5sKy8+CO

海美「でも劇場の地下で打ち合わせなんて珍しいね?」

P「俺も使うの久しぶりだからなぁ…お、ここだここ」

海美「私は入ったこと無いかも…。うわー!すごく狭い部屋ー!」

P「四人がけのテーブルを置いてギリギリだしな…」

P「おっと電話だ。ごめん一旦出るな」

海美「うん!分かった!」

4 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 21:51:08.57 ID:Z5sKy8+CO

海美「……」

海美「プロデューサーまだかな…」

海美「うーん、一人でいるのも暇だし、私も外に出ちゃおっと!」ガチャ

海美「あれ?」ガチャガチャ

海美「うそ!?ドアが開かない!?なんで!?」ガチャガチャガチャ

海美「そうだ、電話…って、あーっ!圏外だー!」

P「海美!どうした!大丈夫か!」

海美「プロデューサー助けて!ドアが開かなくなっちゃったの!」

5 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 21:59:50.44 ID:7usqcKID0

P(さて、ここでネタ晴らしですが、企画の打ち合わせなんて全くのデタラメでして)

P(これは何もない部屋で暇を持て余した海美を観察するという)

P(非常に趣味の良いドッキリ企画なのです)

P(もちろん監視カメラも仕掛けられてるから中の様子もバッチリ見えるぞ)


6 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:03:16.96 ID:7usqcKID0

P「海美!安心してくれ!このドアはなんやかんやで3時間くらい経てば勝手に開くようになる!」

海美「えー!3時間もこのままなのー!?絶対暇だよー!」

P「安心してほしい。部屋の隅を見てくれ」

海美「え?なにこの光ってるの・・・」

P「律子印の転送装置だ!そこから一定間隔で何らかのモノかヒトが送り込まれる!」

海美「これで外に出られない?」

P「出られない!そういうものだ!」

海美「そっかぁー」

P「なので海美はその送り込まれるもので適当に時間を潰していてくれ!分かったか?」

海美「うーん、よく分からないけど分かった!」

7 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:05:21.08 ID:7usqcKID0
海美のいる部屋に送り込まれるもの安価下。
モノは何でも、ヒトは765ミリオンの51人だけでお願いします。
エロとかあまりにカオスなものは安価下になります。

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/08(金) 22:07:39.37 ID:5XClJdNDO
いちごパスタ

9 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:20:37.58 ID:7usqcKID0

シュワワー

海美「んん!?何か出てきた!」

海美「・・・これは、女子力焼きそば・・・!?」

海美「いや、イチゴが乗ってるから違うかな・・・?これ、食べて良いよってことかな?」

海美「わぁ~。なんかの実も乗っててすごく女子力!って感じ!」

海美「ちょうど騒いだらお腹も空いたし、いっただっきまーす!」

10 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:24:47.26 ID:7usqcKID0

海美「んっ、」

海美「・・・」

海美「・・・ん、これ、パスタといちごって・・・」

11 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:27:37.65 ID:7usqcKID0

海美「おいしー!!なんでか全然わかんないけど美味しい!」

海美「すごーい!これ作った人、絶対女子力高いし天才だよー!」

海美「私もこんな料理作れるようになりたいなー!また美奈子先生に教えてもらわないと!」

海美「うん、美味しい!ドンドン食べれちゃう!」

12 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:30:55.28 ID:7usqcKID0

海美「ごちそうさまでした!美味しかったー!」

海美「食べ終わったお皿どうしよ。またこの装置?に置けばいいのかな」

シュワワー

海美「あ、消えた」

海美「・・・」

海美「あぁっ!もしかして次また何かが来るまでずっとこのまま!?」

海美「そんなの嫌だよー!暇だよー!身体動かしたいよー!」

海美「ハッ!筋トレとか柔軟ならこの狭い部屋でも出来るんじゃない!?」

海美「壁を使って開脚してみたり!ほいっ、ほいっ!」

13 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:32:34.17 ID:7usqcKID0

ギシッギシッ

P(中に一人しかいないハズなのに滅茶苦茶騒がしいな・・・)

次部屋に送り込まれるモノ安価下

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/08(金) 22:43:43.68 ID:XFu8OfqM0

17 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:49:29.93 ID:7usqcKID0

シュワワー

響「えっ!?あれ!?ここどこ!?」

海美「わっ!響だ!」

響「海美!?な、何が起こったんだ!?自分、家でのんびりしてたのに・・・」

海美「ねぇねぇ、何やってるの?」

響「何って、編み物してたんだけど・・・」

海美「わぁー!さすが響!女子力たかーい!」

響「そ、そう?自分なんでも出来ちゃうからな!」

18 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:52:54.94 ID:7usqcKID0

響「それでここはドコなんだ?自分が急に居なくなって家族も心配してるだろうし・・・」

海美「ここは劇場の地下だよ!出られなくなっちゃった!」

響「えぇっ!?じゃあ自分も海美と一緒に閉じ込められちゃったってことなの!?」

海美「そうかも・・・。でもそのうち開くってプロデューサーが言ってた!」

響「どういうことなんだ・・・?」

海美「ねぇねぇ!暇だから編み物教えてよ!」

響「自分の途中からだけど、お安い御用だぞ!」

19 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:54:59.90 ID:7usqcKID0

響「ここをこう持って」

海美「ふんふん」

響「この先をこっちに」

海美「えいっ!」

響「あぁっ!ゆっくり、ゆっくりでいいから形を崩さないように優しくね」

海美「はい!」

響「そしたら左手をこっちに刺して・・・」

海美「とう!」

響「やさしく!」

海美「はい!」

20 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 22:57:29.75 ID:7usqcKID0

響「そしたらこれを繰り返すだけだぞ」

海美「えっ?繰り返すの?」

響「うん、だんだん出来上がっていくのが楽しいんだ」

海美「そっかぁ~・・・」

響「?」

海美「・・・」

響「うんうん、その調子」

海美「・・・」

響「ん?身体を揺らしてどうしたんだ?」

海美「・・・」

響「随分リズミカルだね」

海美「・・・うあー!」

響「!?」

21 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 23:00:56.01 ID:7usqcKID0

海美「響みたいに綺麗にまっすぐならない!なんでだろう!」

響「均等に力を入れないと・・・」

海美「んー、やっぱり編み物って難しいね!練習しないと!」

響「続けてればそのうち上手くなるぞ・・・ってうわぁっ!!?」

海美「わぁ!響の身体が光ってるよ!?なにそれ!?」

響「自分も全然わからな・・・あっ!」

シュワワー

海美「・・・消えちゃった。転送されたみたい」

海美「・・・」

22 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/08(金) 23:01:59.25 ID:7usqcKID0

海美「・・・一人になると寂しいな。」

P(かわいい)

次うみみの部屋に送り込まれるもの安価下

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/08(金) 23:04:15.99 ID:k5nScCln0
少女漫画

25 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 05:47:50.12 ID:6L1YCbgX0

シュワワー

海美「・・・ん!次はなんだろ!」

海美「漫画・・・?」

海美「あっ!これ少女マンガだ!まつりんが読んでるの見たことある!」

海美「あの時は途中で寝ちゃったけど、今日なら最後まで読めるかな?」

26 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 05:51:58.41 ID:6L1YCbgX0

海美「ふんふん・・・」

海美「何この男~!ムカツクー!」

海美「ひえっ!そんな急に・・・」

海美「わぁ!・・・///」

海美「二人とも良かったね・・・」


海美「思ったより短くて全部読めちゃった!」

27 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 05:56:49.24 ID:6L1YCbgX0

海美「はー、まだ次のものは出てこないなー」

海美「・・・」

海美「・・・」

海美「・・・良い話だったなぁー」

海美「私もそのうち、あんな漫画みたいな・・・///」

海美「・・・///」

海美「・・・うわぁー!なんだか思い出したら恥ずかしくなってきたー!」

海美「走りたい!走りたいけど走れないから・・・えっと、跳ぶ!!」バッ

海美「うりゃあー!」バッバッ

28 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 05:57:45.99 ID:6L1YCbgX0

ドッタンドッタン

P(何の音だ・・・?)

次うみみの部屋に送り込まれるもの安価下

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/09(土) 05:58:43.36 ID:34W2js5sO
こぶん

30 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 06:44:39.55 ID:6L1YCbgX0

シュワワー

ニャー

海美「あっ!こぶんだ!」

海美「やったー!こぶんが居れば暇になんてならないよ!一緒に遊ぼう!」

ニャー

海美「こぶんは今日も可愛いなぁ~。よーしよしよし」

ニャー

海美「あれ?こぶんどうしたの?元気ないの?」

31 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 06:46:59.75 ID:6L1YCbgX0

ニャー

海美「そっかぁー。お腹空いてるのかぁー」

海美「ご飯の前だったのかな?急に呼び出されちゃって大変だね」

海美「でもここは食べ物も無いし・・・」

ニャー

海美「寂しいけど、そこの光る装置に乗ってね?」

ニャー

海美「うぅ・・・こぶん・・・」

シュワワー

海美「こぶん・・・」

32 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 06:49:39.35 ID:6L1YCbgX0

海美「寂しいなぁ・・・」

海美「・・・」

海美「・・・ニャー」

海美「あれ!?今の鳴き真似、すごく似てなかった!?」

海美「・・・ナー」

海美「さっきとなんか違う!ニャァー、ナー、ニャー、んん!?」

海美「ニャー!ニャー!」

海美「・・・何やってるんだろ私」

33 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 06:50:28.05 ID:6L1YCbgX0

P(うみみキャット、・・・有りだな!)

次うみみの部屋に送り込まれるもの安価下

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/09(土) 07:12:34.50 ID:rApGEteu0
誰かの宿題

35 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 07:32:27.11 ID:iS70YIryO

シュワワー

海美「ん?なんだろうこれ。ノートと教科書?」

海美「…春日未来? 未来のノートだこれ!」

海美「教科書に付箋が貼ってある…。『12時までにここまで終わらせて私に見せること! 静香』 って…」

海美「えぇー! 12時まであと1時間も無いじゃん!大変、大変だよ!」

海美「ノートをみると後10問くらいかな?…なら私が!」

36 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 07:38:21.23 ID:iS70YIryO

海美「流石に中学生の数学くらい出来るもんね!」

海美「…外角? 外角ってなんだっけ…」

海美「あれ、数が合わない…」

海美「……」

海美「…ノートに『ごめんね 海美』って書いて送り返しちゃお」

シュワワー

37 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 07:41:13.56 ID:iS70YIryO

海美「あ!思い出した!うー、でももう送り返しちゃった…」

海美「ごめんねみらいっち、頑張ってね」

海美「…あ!」

海美「私も宿題残ってるんだった!ヤバいよ!こんなことしてる場合じゃないよ!」

海美「うわーん!たすけてー!プロデューサー!」

38 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 07:42:33.07 ID:iS70YIryO

P(そろそろ限界か…?)

次うみみの部屋に送り込まれるもの安価下
少し更新が不定期になります。予めご了承下さい。

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/09(土) 07:47:51.08 ID:2VYIZocto
着替え中のうみみの盗撮写真の束

40 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 10:52:36.24 ID:6L1YCbgX0

シュワワー

海美「ん?ありりん?」

亜利沙「ハッ!?ここはどこ・・・あっ!海美ちゃん!?」

海美「あっ!カメラだ!何見てるの?・・・あれ?」

亜利沙「いえ、これは、NGな写真をカットしようと」

海美「あー!私の着替えてるとこの写真だー!ありりんダメなんだー!」

亜利沙「いやいや!ありさはNGな写真はちゃんと処分しますから!これは昨日更衣室で盗撮した・・・ハッ!」

海美「ありりん、この前律子に怒られたばっかりなのに・・・」

亜利沙「えー、えーっとですね、これはですね・・・」

41 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 10:56:24.65 ID:6L1YCbgX0

亜利沙「ありさエスケーーーーープ!!」シュワワー

海美「あっ!待って!」

亜利沙「エスケーーーープ!」

亜利沙「え、エスケーーーーープ!」

海美「・・・?」

亜利沙「アレェ!?全然転送されませんよぉ!」

海美「ありりん、ちょっと一緒に柔軟しよっか?」

亜利沙「いやぁー、ありさは海美ちゃんと違って身体が固いので・・・」

海美「固いから柔軟するんだよ?」

亜利沙「加減を!神の語慈悲を!」

ギャーーーー

42 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 10:58:58.31 ID:6L1YCbgX0

亜利沙「うぅ・・・ありさ燃え尽きました・・・。真っ白ですぅ・・・」

シュワワー

海美「あれ?ありりんの身体が・・・」

亜利沙「身体が軽い・・・天国に行くってこういう気持ちなんですね・・・」シュワワー

海美「・・・消えた。」

海美「ハッ!もしかしてすっごく疲れたら転送されるんじゃない!?」

海美「そうと決まれば疲れよう!えーっと、えーっと、バービージャンプでいいかな!?」

海美「ふっ!ふっ!」バッバッ

43 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 10:59:44.20 ID:6L1YCbgX0

バッバッ

P(亜利沙の声が騒がしいと思ったらまた運動始めたみたいだな・・・)

次うみみの部屋に送り込まれるもの安価下

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/09(土) 11:08:35.58 ID:ZrwXNbveo
まだ出されていない差出人不明のうみみへのラブレター(住所特定済み)

45 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 14:20:00.33 ID:6L1YCbgX0

シュワワー

海美「ん?なんだろうこれ、手紙?」

海美「って、私の名前が書いてある!なんで!?ファンレター?」

海美「読んで良いのかな・・・、私宛てだし読んで良いよね・・・?」


海美ちゃんへ

昨日、劇場にお弁当箱を忘れていきましたね。
洗っておきました。お弁当は食べたら洗わないとお母さんが大変だからこれから一緒に洗おうね。
この前一緒にデュオ組んだ時も、海美ちゃん結構劇場に忘れ物をしていっていたみたいだから、
海美ちゃん用の忘れ物チェックシートを作ってみました。これからレッスンルームの入り口に掛けておきます。
また一緒にユニット組めるといいな。


海美「え?お弁当・・・?あ!そういえば忘れたかも!」

海美「あちゃー、また琴葉に迷惑かけちゃった。ってあれ、これ名前書いてないや」

46 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 14:27:18.18 ID:6L1YCbgX0

海美「琴葉みたいに私もしっかりしないと!」

海美「でもチェックシートなんて、なんか怒られてるみたいで恥ずかしいなぁ・・・」

海美「琴葉ってなんだか、お母さんみたい?」

海美「いやいや、歳も近いんだから私もお母さんみたいに思われるようにならなきゃ!」

海美「一番年が離れてるから育りんのお母さんかな?でも育りんって私よりしっかりしてるかも・・・」

海美「あれ?もしかして私って精神年齢低い・・・?」

海美「うーん・・・」

47 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 14:28:02.20 ID:6L1YCbgX0

P(なんか静かだな。そろそろ出してあげようか)

次うみみの部屋に送り込まれるもの安価下

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/09(土) 14:29:52.82 ID:ywRYybwAo
とじこめられて かわいそう
むかえにいくからね

と血文字で書かれた手紙と誰かの髪の毛と閉じ込められてるうみみの姿を隠し撮りした写真

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/09(土) 23:15:45.61 ID:OPGeoeV7o
春香

50 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 23:20:18.81 ID:6L1YCbgX0

シュワワー

麗花「海美ちゃん、やっほー!」

海美「麗花!?」

麗花「海美ちゃん閉じ込められてかわいそうだから、迎えにきたよ!」

海美「え!知ってたの!?」

麗花「ほらほら、そこにカメラが」

海美「あれ!ほんとだ!なにこれ、ドッキリ!?」

麗花「ふふーん♪」

51 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 23:24:42.20 ID:6L1YCbgX0

海美「って麗花、なんか血ついてない!?怪我してるの!?」

麗花「さっき山の中で猟師さんに会ってね!たくさんお肉もらっちゃった♪」

海美「おにく・・・?」グゥ

麗花「まだ沢山あるよ。海美ちゃんにもあげるね」

海美「ありがとう!でもフライパンも無いし・・・」

麗花「じゃあ焼いてから渡すね♪ちょっとそっち向いててもらっても良い?」

海美「え?いいけど」

麗花「はいっ、焼けましたー♪」

海美「わーい!麗花ありがとー!」

52 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 23:28:11.05 ID:6L1YCbgX0

海美「お肉おいしー♪」

麗花「うんうん、じゃあ海美ちゃん、そろそろ出よっか」

海美「え、出れるの!?」

麗花「うん、鍵デューサーさんは入り口のところにいるけど、天井の空調を外せば、ほら」カパッ

海美「ほんとだー!麗花あったまいー!」

麗花「私が先に抜けるね。はい、海美ちゃん。手につかまって」

海美「うん!ありがとう麗花!」

53 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 23:36:39.02 ID:6L1YCbgX0

P「・・・ん?いやいやオイオイ」

P「ちょいちょい、麗花はずるい」ガチャ

海美「あ!プロデューサー!」

麗花「じゃあ私と海美ちゃんは上から抜けますね!プロデューサーさんも頑張って脱出してくださいね♪」

P「え?」

ガチャ

P「ちょ」

海美「プロデューサー、手ぇ届く?」

P「ちょっと届かない」

海美「うーん、じゃあ誰か呼んでくるね!待ってて!」

P「と言っても鍵は俺が持ってて俺は部屋の中なんだが・・・って、行ってしまった」

54 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 23:39:29.25 ID:6L1YCbgX0

シュワワー

P「ん?」

チュパカブラ「チュパー」

P「ん?」

シュワワワー

チュパカブラA「チュパパ」
チュパカブラB「チュパー」
チュパカブラC「チュパカブラ」

P「え?おいやめ近づくなやめ・・・」

グワーーーーーーーーーーー



おわり

56 : ◆ivbWs9E0to 2019/11/09(土) 23:40:01.24 ID:6L1YCbgX0
おわりです。HTML依頼出してきます。
ろくに安価消化できてなくて申し訳ない。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【ミリマスSS】うみみ、閉じ込められる【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573215846/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29708-d028b519