ヘッドライン

桃「シャミ子って強引にされるのすきだよね」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:03:44.609 ID:PHs8D4T30.net
桃「ふふふ、顔真っ赤にしちゃってかわいい…」

リリス「も、桃よ…もうやめにしないか?」

リリス「シャミ子の体を使ってこんなこと…」ドキドキ 

シャミ子「でもリリスさん、口ではそんなこと言っても尻尾は正直ですよ?」

リリス「……っ」ドキッ

リリス(うそっ…余の体すごく火照ってる…!?)

リリス(そんなはずない…!余は光の一族から生き血を奪い、再び世に君臨する始祖たるまぞくなのに…!)

リリス(こんな……こんな……っ)



桃「ちゅっ……」クニクニ

リリス「ああああ~っ♡メソポタアクメきちゃう…っ♡」ビクンビクン











シャミ子「ごせんぞ遅いし封印空間暇です、一体何をしてるんでしょうか…?」

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:11:35.165 ID:PHs8D4T30.net
桃「良かったよシャミ子」ナデナデ

リリス「…むぅ、その名で呼ぶな」

リリス「体は我が子孫の物であるが余は…」

桃「シャミ子はそんなこと言わない」

リリス「えっ」

桃「自分の立場をわかってるのかな、リリスさん」

桃「これは取引なんだよ」

桃「はじめに依り代ちゃんチケット欲しさに私に体を許したのはリリスさんだよね?」

リリス「ぐっ……しかし余は…」

桃「愛する子孫の体を使って自分の欲しいものを手に入れるなんて最低だよね、おかしいよね」

桃「シャミ子に本当の事を言ったらどうなるのかな?リリスさんはこれからきっと押入れの中で未来永劫ホコリを被り続けることになると思うけど…」

リリス「そ、それだけは嫌だ!余はもう真っ暗は嫌だ!一人ぼっちはいやなのだ…っ!」グスッ

桃「……じゃあ、わかるよね?シャミ子」

リリス「……もんも」

10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:20:30.131 ID:jhuQ21yA0.net
知らない間に体開発されるシャミ子

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:23:27.690 ID:PHs8D4T30.net



シャミ子「昨日はごせんぞ遅かったです、桃と一緒にいたんですよね?」

桃「うん」

シャミ子「最近なんだかごせんぞから体を返してもらったあと体の調子がいいんですよね」

シャミ子「心なしが身体能力も向上しているような…」ピョンピョン

桃「……っ!」



桃(…すこし私の理解が足りていなかったのかもしれない)

桃(まさか魔族と交わったり体液を交換すると魔力を付与する事になってしまうなんて)

桃(このままシャミ子やリリスさんの魔力が向上して広範囲での感知が可能になってしまうと非常にまずい)

桃(何か対策を練らなくては……)




シャミ子「これもきっと桃のトレーニングのおかげです」

シャミ子「桃にはとても感謝していますよ!」ニコッ

桃「…っ」ドキッ



桃(一番手っ取り早い話、私がシャミ子に告白して堂々とそういう関係になれば…)

桃(そうすればリリスさんはもう必要ない!これからは私が本物のシャミ子とするんだ!)

15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:29:14.562 ID:PHs8D4T30.net
桃「シャミ子」

シャミ子「はい?」

桃「シャミ子は私のことどう思ってる?」

シャミ子「えっと……」

シャミ子「な、なんですかそのこっぱずな質問は!どういう意味ですか!?」

桃「深い意味は無いんだ、今私に対して抱いている感情を直球で伝えて欲しい」

シャミ子「そ、そうは言われましても…」

桃「……ちなみに私は」

桃「…わ、わたしはシャミ子の事を…」ドキドキ

桃「……」ゴクリ


桃(言う…!言って成し遂げる!)

桃(私はシャミ子に堂々と、胸を張っていられる関係でいたい!)

桃(後ろめたい事なんてなにもない!シャミ子と一緒になりたいんだ!)

桃(だからここでシャミ子に……告白する!!)

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:30:17.123 ID:qOPdBuhB0.net
せ…っ….おせっ……!!おせっ……!!!おせっくすだぞ!!!桃さん!!!

17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:30:21.496 ID:YxTjMh1LM.net
もう十分後ろめたいことしてる…

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:35:54.014 ID:PHs8D4T30.net
………








リリス「で、結局告白できなかったのか」

桃「……何度言えばわかるのかな」

リリス「…あっ」

桃「言葉遣いだよ、シャミ子の中にいるときは自分を殺して」

リリス「ご、ごめんなさい桃……」

桃「シャミ子はそんな風にビクビク謝らない、もっと不服そうに不安そうに、相手の心中を察して思いやるような口ごもった謝罪をする」

桃「それと尻尾の再現度も低いよ?本当にやる気あるのかな!?それでよりチケ貰えると思ってるの?クソ雑魚魔族が!!」ドン

リリス「…ご、ごめんなさい!!気をつけるから…!!」

リリス「余が悪かった…っ…これからもっと頑張るから怒らないで……ぐすっ」

桃「……ごめんなさい、泣かせるつもりは無かった」

桃「すこし上手くいかなくてムシャクシャしてたんだ、リリスさんは悪く無いよ」

20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 00:46:02.800 ID:PHs8D4T30.net
桃「ごめんね……私が悪いんだ……」

桃「今日は一日リリスさんでいいから、私と少しお話ししよう」ナデナデ

リリス「……桃」

桃「リリスさんの言う通りだよ、私はシャミ子に告白する事ができなかった」

桃「臆病で積極的になれなくて、それに…私はシャミ子にとっての宿敵だから」

桃「シャミ子に拒絶されるのが怖かったんだ…」

リリス「……桃よ、きっとシャミ子はお主に好意を抱いている」

桃「本当ですか?」

リリス「余が数千年続く魔族の歴史に誓って断言するぞ、ここは二人手を取り愛し合い、長きに渡る神話の争いに終止符を打つが良い」

桃「わかりました」

桃「……リリスさんがそこまで言うなら」

桃「明日私は勇気を出してシャミ子に告白します」

リリス「……」






リリス(もしもシャミ子と桃が結ばれたとしたら、余はもう桃にとっては不要の存在になるのだろうか…)

リリス(だとしたら余は…)

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 01:00:29.713 ID:PHs8D4T30.net
………





桃「私はシャミ子が好き」

桃「この感情は友達としてじゃない、シャミ子を一人の女の子として愛してるんだ」

桃「だからもし、もしもシャミ子さえよければなんだけど……」

桃「これからは私だけのモノになって欲しい……マ、マイシャドウミストレス……」ドキドキ

シャミ子「…私も」

シャミ子「私も桃が好きです」

桃「…!」

シャミ子「本当はずっと私から言おうと思っていたのですが、いつも突っかかってばかりの身ですからなんだか気恥ずかしくて…///」

シャミ子「…こんな私ですが、桃と一緒にいられたら幸せです」

桃「……シャミ子」ギュッ

シャミ子「~っ!」ドキッ

桃「ふふっ、なんだか今日は尻尾の動きがいつもと違うね」

桃「緊張してるのかな?」クスッ

シャミ子「………っ」

桃「これからは二人で手を取り合ってこの街を守って行こうね、シャミ子」









24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 01:07:53.773 ID:jv5/fl6h0.net
これご先祖か…ええやん

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 01:10:18.533 ID:th+/EA+hd.net
最後は本物なのかそれとも…

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 01:11:21.993 ID:nXIvvdovd.net
まちカドまぞくSSの終わりでナレーターが無いのってなんか怖い

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/26(土) 01:43:46.250 ID:g7RPWjdqd.net
ご先祖×桃いいね…



元スレ: 桃「シャミ子って強引にされるのすきだよね」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1572015824/


[ 2019/10/27 09:55 ] まちカドまぞく | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29557-cc169ec5