ヘッドライン

ガヴ「怖い夢」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:20:04.844 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ(ハッ…あれ?何で私はエレベーターなんかに乗ってるんだ?まあいいや…)




ガヴ(あれ?他にも人が乗ってるな…あれは…タプリス…?)

ガヴ(声をかけてみるか…)

ガヴ「おい、タプリス…」

タプリス「…アッ、テンマセンパイ…」


ガヴ(…なんか様子がおかしいような…まあいいか…)

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:21:53.055 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ「なんで私はエレベーターに乗ってるかわからないんだが…」

タプリス「それは記憶喪失というやつですか…」

ガヴ「それとは少し違うような…もっとなんか、こう、しっくりこない感じなんだよ」

タプリス「そうですか…」

ガヴ(なんだか無機質で死んでるみたいな反応だな…)

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:22:36.656 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ「お前はこのエレベーターでどこへ向かってるんだ…?」

タプリス「…」

ガヴ「…まあ、答えたくないならそれでいいよ…」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:24:01.328 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
チーン
ガヴ「ついたのか?」

タプリス「では、私はここでおります…」

ガヴ「え、ああ…そうか…」

ドアが閉まります

ガヴ(…タプリスの向かっていった方にサターニャが見えたような…気のせいかな…?)

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:25:32.618 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ(………………全然次の階につかないな…私が目的あってこのエレベーターに乗ってるとしたら、タプリスが降りた後につく階が目的地なはずなんだが…)

ガヴ(あれ?このエレベーター…上に行ったり下に行ったりしてるな…99の次が6になったりしてるから、故障なのか…?)

チーン
ガヴ(着いたのか…?)

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:26:32.378 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ(…とりあえず降りるか…あ、あれはタプリス?…ってことはさっきと同じ階じゃねえか…無駄な時間だったな…タプリスに話を聞くか…)

ガヴ「おい、タプリス…って…!?」

14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:28:21.245 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
タプリス「…ドウカシマシタカ?テンマセンパイ…?」

ガヴ「どうかしたじゃねえよ!お前…血まみれじゃないか…それにそこに倒れてるのは…サターニャ…じゃないのか…?」

タプリス「…」

ガヴ「…おい、サターニャ?無事なんだよな?いつもの悪ふざけだよな…?」

タプリス「その悪魔ならもう…動けませんよ?」ニコッ

ガヴ「え…」

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:31:13.704 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
タプリス「だって、息をしなくなって抵抗しなくなるまで何回も何回も刺したんですから…」

ガヴ「お前が…やったのか…?」

タプリス「そうですよ?…天真先輩を辱める写真を撮りまくって、天真先輩を苦しめる悪魔を殺してあげたんです…後悔はしてません…寧ろ誉めてください…」

ガヴ(目がヤバい…逃げないとやられる気がする…!)ダッ

タプリス「アッ、テンマセンパイ!」


ガヴ(ふぅ…エレベーターに乗ってれば平気だろ…とにかく一階に…!)

17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:33:27.390 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ(1を押してるのに…全然いうことを聞かないぞ…このエレベーター…!殺人犯、いや悪魔だけど…そんな場合じゃなくて!…タプリスから逃げないと…私までやられる…!!神様、助けて!更正しますから!)


ガヴ(…頼むよ…!)

チーン
ガヴ(…何階だ…?)

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:36:11.633 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ(…そっと祈りながら目をあければきっと一階だろ…?信じるものは救われるんだろ…お願い!)


ガヴ「一階だ…」


ラフィ「あら、ガヴちゃん」

ヴィーネ「あら、ガヴ…どうしたの?」

ガヴ「じ、実は…」

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:38:35.255 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ラフィ「…なるほど、にわかには信じがたいですね…タプちゃんが…」

ヴィーネ「…そうね、でもガヴの慌てぶりからして嘘は言ってないんじゃないかしら」

ガヴ「…そうだ、二人ならタプリスを説得できるかもしれない…頼むよ!タプリスを助けてやってくれ!」

ラフィ「…わかりました」

ヴィーネ「…わかったわ…」

20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:41:48.610 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ラフィ「とりあえず、タプちゃんに会わなくちゃいけませんね…」

ヴィーネ「千咲ちゃんはまだその階にいるのよね?」

ガヴ「多分…」

ラフィ「このエレベーター…一階から呼び出ししないとその階につくみたいですから…」

ヴィーネ「私達が説得にいって、五分経っても戻ってこなかったら…」

ガヴ「私が一階に呼び出せばいいんだな?」

ラフィ「はい…」

ガヴ「二人とも無事に帰ってくるよな…?」

ヴィーネ「もちろんよ、安心しなさい、ガヴ…」

ガヴ「ヴィーネ…じゃあ、二人とも頼んだぞ…」

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:43:42.840 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガヴ「…五分経ったな…でも帰ってこないぞ…じゃあ、手筈通りに呼び出すか…」



チーン
ガヴ「帰ってきたか?」

ラフィ・ヴィーネ「…」ユラユラ

ガヴ「…なんだかフラフラしてるけどお前ら大丈夫…か?」

ラフィ「…ヘイキデスヨ…?」

ヴィーネ「…ソウヨ、ガヴハシンパイシスギナノヨ…」

22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:46:07.271 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ「いや、どうみても大丈夫じゃないんだが…なにがあったんだ?タプリスは?」

ラフィ「フフフッ…ガヴチャンハホントウニシンパイショウナンデスネ」

ヴィーネ「…ソウイウトコロガカワイインジャナイ…?」

ガヴ「…話をそらすなよ!タプリスはどうなったんだ!?」

ラフィ「…タプチャンナラソコニイマスヨ…?」

ガヴ「それは…説得に成功したということなのか…?」

ヴィーネ「…セットク?ナニヲイッテルノ…?ガヴ…」

ガヴ「え」

23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:47:37.045 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ラフィ「タプチャンハガヴチャンノタメニ…サターニャサンヲコロシタンデスヨ?」

ヴィーネ「…セットクスルコトナンテナニモナイジャナイノ…?」

ガヴ「じゃあ、タプリスは…」

タプ「イヤダナ…テンマセンパイ…チャント…ここなにいるじゃないですか…?」

ガヴ「えっ」

25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:51:49.018 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
タプ「ほら、ここに……!!!」

ガヴ(…制服が真っ赤になるほど血まみれで…顔なんてよくわからないこの得体の知れない怪物が…タプリス…?そんな訳ないよな…嘘だよな…?)

タプ「嘘じゃありませんよ…」

ガヴ「え…」

タプ「後輩の顔を忘れるなんて酷いですね…先輩…」

ラフィ「…全くですよ…」

ヴィーネ「そうよ…」

ガヴ「どうしたんだ…お前らまで…」

ガヴ(…よくみたらラフィもヴィーネも…タプリスと同じで血まみれ…)

ラフィ「ガヴちゃん…?」

ガヴ「な、なんだ…?」

ラフィ「ガヴちゃんも、こっちの世界に来ましょう?」

ヴィーネ「来ましょう?」


ガヴ「え、いや…」

ラフィ「じゃあ、無理矢理連れて行くしかありませんね…」

ガヴ「え…」



うわあああああああああぁぁぁぁ………………………!!!!

26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:53:57.855 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
ガヴ「ハッ…!」ガバッ

ガヴ(…夢…?)ハアハア…

タプリス「大丈夫ですか?天真先輩…うなされていましたが…」

ガヴ(ヒッ…いや、このタプリスはいつものタプリスだよな…血まみれじゃないし…)

タプリス「どうかしましたか?天真先輩…?」

ガヴ「いや、お前は何しにきたんだ?」

タプリス「そんなの決まってるじゃないですか…!」

ガヴ(ま…まさか…)

27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:55:51.267 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
タプリス「いつものように遊びにきたんですよー」

ガヴ(…………ホッ)

タプリス「寧ろそれ以外なにがあるんですか…」

ガヴ「いや、実はさ…」

28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:58:20.197 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
タプリス「…へえ、それは恐ろしい夢ですね…」

ガヴ「だろ?」

タプリス「…話し込んでたらもうこんな時間ですね…」

ガヴ「…そうだな、そろそろ帰った方がいいんじゃないか?」

タプリス「そうします」

ガヴ「じゃあ、出口まで送るよ…」

タプリス「いいですよ、そんな子供でもありませんから…」

ガヴ「そうか…?」

29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 19:59:23.917 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
タプリス「では、さようなら」

ガヴ「おう、またな」

ガチャン

タプリス「さて、エレベーターホール…と」

タプリス「…呼び出しボタンを押せばいいんですよね?」

30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 20:00:52.360 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
チーン
タプリス「…来ましたね、さて一階へ…あれ?このエレベーター言うこと聞いてないじゃないですか!」


チーン
タプリス「結局、よくわからない階についてしまいました…」ハワワワ…

タプリス「…ん?あれは白羽先輩では…声をかけてみましょう!」

タプリス「すみませーん、白羽先輩…」

おわり

31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 20:13:16.493 ID:Qu+A3+/Y0NIKU.net
おつ

33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 20:17:40.913 ID:7WqxD+mR0NIKU.net
世にも奇妙な物語

36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/29(土) 20:30:41.706 ID:W6jTXpRz0NIKU.net
まあ俺の見た夢改変しただけだけどな



元スレ: ガヴ「怖い夢」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1493461204/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29530-d51066e4