ヘッドライン

【シャニマス】もりのりんぜ……ぬぎます!

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571452284/

1 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 11:31:24.80 ID:8I6AwJqDO
ワイワイガヤガヤ

杜野凛世「いよいよ……ですね」

園田智代子「そうだね。夏の時にお願いした、凛世ちゃんの甘い恋の物語の薄い本なんだってね」



ハ、ハイ……オサナイデ

ソンナニイッパイ……ムーリィ

オスノハボウケンシンジャアリマセン



智代子「うわぁ……結構並んでるなぁ。樹里ちゃんに果穂も来たがっていたけど、これは……」

凛世「待つのは……慣れてます…」

智代子「じゃあ、並ぼうか」



ソロソロモリクボハコウタイデ

ジャア、ハータチガヤルヨ

オットシゼンニマキコマレテシマイマシタ

ヤヤッ、アンナニタクサンノオトコノアイテヲスルンデスネ。ユーコチャンゴメンナサイ、ナギハヨゴレテシマシタ

ナーッテバ!

2 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 11:36:12.23 ID:8I6AwJqDO
はい、凛世はぴばーということで

【デレマス】むつみ「出陣」由愛「こ、コミック」乃々「マーケット……」凪「96!」

で約束した本が

【ミリオン】新刊セットと薄い本

こんな感じで完成した続きになります……いつものようにオチはありますので気楽にお願いします

3 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 11:45:12.87 ID:8I6AwJqDO
………………
…………
……

アリガトウゴザイマシタ

ア、アノ…カコサンモヒロミサンモアリガトウゴザイマス





智代子「ふぅ……やっと買えたよ……」

凛世「これは……家宝にしないといけませんね……」ペラペラッ

智代子「あぁっ!もう読んでるのっ?!」

凛世「すごく甘く……濃厚で頭がとろけそうな感覚です……」ジュン






凛世「…………いけません……少し、雉を撃ちに行ってまいります…」イソイソ

智代子「待って待って!トイレでナニをするのっ?!しかもそれは男性の表現だよ!!」

凛世「その……私は撃たれる方…………ですから」ポッ

智代子「表現が直接過ぎるよぉぉぉ!!」

4 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 11:48:54.24 ID:8I6AwJqDO
―トイレ待ちです

智代子「……まったくもう」

智代子「お、女の子なんだから……ね」

智代子「もう少し……その……あれ、アレだよ。アレ」シドロモドロ



リトルバード、シンカンデマシター

リンチョコホンデース



智代子「ん……私たちの?……気になるなぁ」

智代子「ちょっとだけなら……大丈夫だよね?」

5 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 11:56:05.85 ID:8I6AwJqDO




凛世「……」フゥ

凛世「お腹の…………下の方の疼きは……治まったみたいですね」

凛世「智代子さんに、少し……淫らな姿を見せてしまいました…」ドキドキ

凛世「智代子さん……怒ってなければいいのですが…………ん?」






智代子「……」シンケン





凛世「何か……読んでらっしゃいます…」

凛世「あんな……真剣な顔で…」

凛世「……気付かれずに……そっと…………」

6 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 22:45:10.10 ID:8I6AwJqDO
~~~~~

283P(以下P)「智代子……」ガバッ

智代子「もうっ!ダメですよ」

―突然、後ろから抱き付く男。だが、女は払いのけることすらせず

P「いいだろ。今は凛世もいないんだし」サワサワ

智代子「あンっ、もう……凛世ちゃんに言い付けちゃいますよ」

―太股から尻。そしてお腹を触られても除けるどころか、腕を触られやすいように浮かせる

―そして

P「大分……揉みごこちがよくなったなぁ」モミモミ

智代子「あ……んっ……プロデューサーが凛世ちゃんがいない時ばかり……くゥっ!」

智代子「昔なんて、触るだけだったのに……今じゃ揉み始めて……今日も最後までするんでしょ?」

―やがて女は制服のボタンを外し始め



―そしてブラとスカートのホックも取り



智代子「じゃあ、気持ち良くなりましょうか」

―それが二人の合図だったようだ



―だが、近づく一人の足音には気がつかず

―ただ、それは





ガラッ

凛世「失礼………………しま……す」

―タイミングを見計らったかのように現れた

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/19(土) 22:50:47.85 ID:8I6AwJqDO
~~~~~~

智代子「うわ……わわわっ」

智代子「ど、どうなるんだ……あ、また次回なの?」

智代子「ふぅ……続きが楽しみだよ」

凛世「そう……ですね…凛世も…………知りたいです」

智代子「え゛?」イツノマニ









凛世「で、智代子さんはプロデューサー様とどこまでいってらっしゃるのですか?」

智代子「り、り、り、り、凛世ちゃんっ!?」

凛世「はい、杜野凛世ですよ」

智代子「ち、ちょ、喋り方が……い、いつもと違うよよよっ!!」

凛世「おっと失敬……」





凛世「これで……よろしいでしょうか?」

智代子「あわわわわ……」ガクガクブルブル

凛世「さぁ……」

智代子「」チーン

8 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 22:52:51.91 ID:8I6AwJqDO
凛世「少し……やり過ぎたみたいです…」

凛世「しかしながら……あの反応は…」







凛世「少し問い詰めないといけないようですね……」

凛世「うふふふっ」

凛世「ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」

9 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 23:02:44.71 ID:8I6AwJqDO
……………………
………………
…………
……



智代子「……うーん」

智代子「……ハッ」

智代子「ここは…………どこ?」キョロキョロ





凛世「……凛世の……自室です…」ゴゴゴゴ

智代子「あ……あは、あははは。ゆ、夢じゃなかったんだね……」ペタリ

凛世「さぁ、洗いざらい……お話しましょう……」





凛世「別にしゃべりたくないのであればいいですけど……」

凛世「なぜか、儀式を始めた途端に皆さん話始めるんです……」

凛世「どうしてでしょうか……」

智代子「り、凛世ちゃんのく、口調が……」



智代子(アタシ、ダメかも……さようなら、まだ見ぬ新作チョコさん……)

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/19(土) 23:06:45.85 ID:8I6AwJqDO
―その夜、一人の少女がすべての尊厳を失い……代償に命を永ら得た



―後に少女は言う



?「天然とツッコミ以外の放クラって、あんなアーセナル(弾薬庫)なのね……」

11 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 23:12:20.42 ID:8I6AwJqDO
―その頃

ホンジツハシュウリョウシマシタ

「んー、今日のりんちよ本、結構さばけたわね」

「小鳥さん、お疲れ様です」

「未来ちゃんもね……じゃあ、そろそろ帰りましょうか」

「はい」ガシッ



「へ?」



「みーらーいー」

「あらあらあら~」

「小鳥さん、ちょっと相談がありますのでお時間を」



「「あわあわあわあわ」」

「あ、あずささんに律子さんっ?!……き、奇遇ですねっ?」ガタガタ

「や、やだなぁ……静香ちゃんまで大袈裟だよぉ」ブルブル



「うふふ……奇遇ついでに付き合いましょうか」

「……今夜は長くなりそうですね」

「未来は私が付き合ってあげるかなね」





「ピヨーっ!」
「うわーんっ!」


―その後すぐ、あまりにも残酷な夜はスタートした。いつ終わるかは本人達は知らない……

12 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 23:19:12.95 ID:8I6AwJqDO
おまけ



ペラッ

?「おや、これは?」

?「あらあらっ、これが薄い本ってのかな?魔法使いさんも変わってることを学生にやらせるわね」

?「まぁ、浅はかな知恵かと思いますが」

?「どれどれ」

ペラペラ



?「……」ゴゴゴゴゴ

?(これは……ぐっ……あの…力が……解放されるというのか……)



カッ



?「……我が僕よ、汝に新たな命を与えん」

?「……御意」



続く

13 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/19(土) 23:24:06.30 ID:8I6AwJqDO
寝てしまっていたのですまんです。凛世のカワイサは当方じゃ出しきれないです。すまんよ

とりま、二回目の誕生日おめでとう



そして占い凛世カワイイ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【シャニマス】もりのりんぜ……ぬぎます!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571452284/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29479-d9eccf11