ヘッドライン

凛「プロデューサーの結婚観を変える」モバP「独身でいいよ」【モバマスss】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434638576/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:43:06.06 ID:rX7heBvH0
渋谷凛「ただいま」

千川ちひろ「おかえりなさい凛ちゃん。今日は一人のお仕事お疲れ様」

凛「ありがとうちひろさん。共演者の人も優しくて楽しく収録できたよ」

ちひろ「それはよっかたわ。今日はもう予定ないけどどうする?」

凛「プロデューサーに確認したいことあるから待ってるよ。今日はプロデューサー営業だっけ?」

ちひろ「ええ。もうすぐ戻ってくるはずだからテレビでも観て待ってて。コーヒーでいいわよね?」

凛「わかった。ありがとうちひろさん」

ピッ

TV「先日○○県○○川で発見されたアザラシの名前がpちゃんに決まりました。みなさまたくさんの投票ありがとうございました」

凛「かわいい…pちゃんかぁ…」

凛(……Pちゃん)

ちひろ「かわいいわねー。pってプロデューサーさんと同じ名前ね」コト

凛「ありがとうちひろさん。いただきます。……なんでこんな人間らしい名前になったんだろうね。もっとこうタマちゃんとかさぁ…」

ちひろ「pなんて名前そんなに集まらないと思うのに不思議よねー」

凛「同じ人が何通も送ったとか?でもそんなこと「たっだいまー!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:44:20.08 ID:rX7heBvH0
本田未央「レッスン疲れたー!あっしぶりんお仕事終わったんだ。おつかれー!」

凛「未央もおつかれ。卯月は?」

未央「しまむーはトレーナーさんに質問してたから先に戻ってきたんだ。しまむーもすぐ来ると思うよ」

ちひろ「おかえりなさい未央ちゃん。なにか飲む?」

未央「戻ってくる途中でジュース買ったから大丈夫!ありがとうちひろさん!」

ちひろ「いえいえ。それじゃあ私は仕事に戻るわね」

凛 未央「はーい」

未央「あっアザラシじゃん!かわいい!」

凛「名前はpちゃんだってさ」

未央「pちゃんて…なんでまたそんな人間っぽい名前……しかもプロデューサーと同じだし」

凛「多摩川みたいに○○からとればよかったのにね」

未央「全国のpが自分の名前で送ったとか!」

凛「どんな団結それ…」

TV「次のニュースです。婚姻率低下の問題が深刻になっている中、低下の主な原因は男性の結婚意識の低下であることが政府の調べで明らかになりました」

凛「政府なにやってんの……」

未央「まあそれだけ深刻なんじゃないの?」

TV「それではここで結婚適齢期である男性の声をお聞きください」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:45:21.43 ID:rX7heBvH0
男性A(20代)「(結婚は)興味ありませんね。いまどき結婚なんかする意味ないですよ。女性の魅力が減っているのも原因でしょうね」

凛「なんだこいつ」

男性B(30代)「自分の給料を考えると相手を幸せにすることはできないです。1人暮らしでもいっぱいいっぱいなので…」

未央「つらいねー」

ちひろ「大半がこの理由でしょうね。政府はこの問題を何とかするほうが先だと思うけど」

未央「ちひろさんそこからでも観えるの?」

ちひろ「観えるわよ。仕事だいぶ片付いたし私も休憩するわ」

未央(仕事のスピード速すぎでしょ…)

?(20代)「結婚することによって自分の生活が変わってしまうことが怖いですね。」

凛「ん?」

?(20代)「結婚は人生の墓場とも言われていますし」

凛「プロデューサー!?」

未央「えっ嘘!?」

未央「どれどれ…うわっほんとだ!プロデューサーじゃん!」

ちひろ「なんでインタビュー受けてるのよプロデューサーさん……」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:46:20.45 ID:rX7heBvH0
モバP「仕事柄一緒にいられる時間も持てませんし。まあ私みたいにモテないだけということもありますがね」ハハハ

凛「は?」

未央「マジで言ってんのこの人」

ちひろ(鈍感もここまでくると擁護できないわね…ていうか二人の目が怖い…)

P「とにかく結婚に対する魅力は感じませんね」

凛「…鈍感なのは置いとくとしてプロデューサーはまだ帰ってこないの?」

未央「これはちょっとお話しないとね」

凛 未央「プロデューサーの結婚観変えないと(私が)まずいよ」

凛「未央…いろいろ言いたいことはあるけどここは協力しよう」

未央「そうだね。結婚観変えないことには話にならないし」

島村卯月「ただいま戻りました島村卯月です!頑張りm「卯月(しまむー)!」えっえっどうしたんですか凛ちゃん、未央ちゃん」

凛「プロデューサーの改善に協力して!」

未央「急がないと手遅れになるよ!」

卯月「意味が分からないんですけど!?」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:47:44.59 ID:rX7heBvH0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

卯月「そういうことですか…まずいですね」(主に私が)

凛「結婚に魅力感じないなんてプロデューサー失格だよ!」ダンッ

ちひろ(凛ちゃんが壊れてきたわね…)

未央「アザラシのpちゃんで和んでたらこれだよ!同じ名前のくせに届ける感情は真逆か!」

卯月「えっ!アザラシさんの名前pちゃんに決まったんですか!?やったー!」

凛 未央 ちひろ「えっ」

凛「もしかして卯月が投票したの?」

卯月「はい!可愛い名前ですよねpちゃん!」

未央「やっぱりプロデューサーの名前だから?」

卯月「もちろんです!好きな人の名前が可愛い子に付くなんて嬉しいじゃないですか!」

凛 未央「!?」

卯月「あっ…ちっ違うんです!今のはその……///」カァッ

凛(まさか卯月も!?)

未央(これは気づかなかった)

ちひろ(2人とも気づいてなかったのかしら?それにしても卯月ちゃんの名前つけた理由可愛い)

卯月「そ…そんなことよりどうしましょう!プロデューサーさんの結婚観変えるんですよね!?」

凛「え…?あっそうだった」

未央「びっくりしすぎて忘れてたよ…」

ドドドドドドドドドドドドドド

「「「「「「「「「「「「「プロデューサー、P(さん、くん、ちゃん)!!!」」」」」」」」」」」」」

凛 未央 卯月 ちひろ「うわぁ……」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:48:55.36 ID:rX7heBvH0
「プロデューサーどこ!?」「Pくん!」「少しお話してもいいですかぁ?」「わからないわ」「にょわー☆」「P、話があるの」

凛「みんな落ち着いて。プロデューサーは営業で外出てるよ」

ちひろ「一応確認しますがどうしたんですか?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

未央「なんで全員観てるチャンネル同じなの…」

城ヶ崎美嘉「アザラシの名前決まるからに決まってるでしょ」

川島瑞樹「無事にpちゃんって決まって喜んでたらわからないことがあってね」

凛 未央(pちゃんってこいつらの仕業かよ…)

ちひろ(これだけの人数が送ったら採用されるわよね…)

卯月「私もpちゃんって応募しました!よかったですよね!」

未央「そんなことよりみんなはやっぱりそういうことなの?」

凛「……結婚の話題でなだれ込んできたんだからそうでしょ」

高峯のあ「そういうことよ」

諸星きらり「にょわー☆」グシャ

ちひろ「きらりちゃんテレビ壊さないで!!!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:49:56.85 ID:rX7heBvH0
凛「さすがに中学生以下はいないか…」

未央「まだ結婚とか言ってもピンとこないだろうしね」

卯月「それでもたくさんいますね!頑張ります!」

未央「しまむーは元気だねぇ…」

凛「そうだ…みんな!プロデューサの件について話があるんだけど!」

カクガクシカジカ

美嘉「協力ねぇ…」

のあ「たしかにこの人数で畳み掛けたらPの結婚に対するイメージが悪化する恐れがあるわね」

凛「そうなんです。だから協力して1人ずつプロデューサーに話したほうがいいと」

美嘉「でもさ、1人ずつ話しても結果は変わらなくない?それに余計プロデューサーに迷惑掛けると思うけど」

凛「それは……」

ちひろ「それじゃあみんなのお家に1日ずつ泊まらせて新婚気分を味わわせてあげればいいんじゃない?」

全員「!?」

未央「そ、そんなことできるの?それができれば一番だけど…」

凛「プロデューサーにもお家あるし拘束するのは難しいよ」(新婚新婚新婚新婚新婚新婚)

ちひろ「こうすればいいのよ」ピポパ

ちひろ「千川です。いまから言う家の水道管をぶっ壊してください。住所は…」

未央「」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:51:14.10 ID:rX7heBvH0
ちひろ「プロデューサーさんは社宅住みだから融通きくのよ」ピッ

未央「社宅なのにいいの?他の人も住んでるんじゃ…」

ちひろ「はじめはその予定で部屋も分けてたんだけどね、プロデューサーさん1人で全部やっちゃうから新しい人雇う必要なくなったのよ。それで一軒家に改築したの」

未央「プロデューサー超人だからね」

ちひろ「そうそう。それで社長が『こんなに貢献してくれているのだから一軒家にしてあげよう』って」

未央「社長すげー…」

卯月「でも事務所のお金プロデューサーさんが全部稼いでるようなものですしね。私たちだけじゃお仕事も取れませんし」

ちひろ「卯月ちゃんたちもすごいわよ。今はあなたたちがオファーされる側なんだから」

卯月「今はですよ。駆け出しのころにプロデューサーさんが頑張ってくれたから今の私たちがいるんです。全部全部プロデューサーさんのおかげです」

ちひろ「ふふっ。その話プロデューサーさんにしてあげたら喜ぶわよ」

凛「じゃあ順番決めるよ。はやくして」

未央「しぶりん顔怖いよ?」

ちひろ「くじ引き作りましょうか。できました。みんな1つずつ引いてください」

前川みく「え…はやくない?」

未央「みくにゃんいたんだ」

みく「え…ひどくない?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:53:58.11 ID:rX7heBvH0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちひろ「決まったわね。それじゃ…あっプロデューサーさん戻ってきたみたい」

ガチャ

P「ただいま戻りまし…ってなんでこんなにいるんだ?」

凛「おかえりプロデューサー。遅かったね」

P「おう、ただいま凛。……みんな目が怖いんだけど。どうしたんだ?」

凛「プロデューサー結婚についてインタビュー受けなかった?」

P「えっ…あーそういえば受けたなぁ。なんで知ってるんだ?」

ちひろ「さっきニュースでばっちり映ってたんですよ」

P「そうだったんですか…。あっもしかして映ったのはまずかったですか!?」

ちひろ「まずいわけではありませんが…。いえ、まずいですね。主に内容が」

P「内容?たしか結婚はしないようなこと言ったと思うのですが…」

凛「うん」

P「なんでそれでみんなが怒るんだ?」

凛「そういうのいいから。プロデューサーは今日から私たちの家に1日ずつ泊まることになったよ」

P「は!?何言ってんだそんなの駄目に決まってるだろ!そもそも社宅に帰るし」

ちひろ「社宅は水道管壊れたのでしばらく出入り禁止です」

P「」

↓1でアイドル安価

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 23:55:24.19 ID:haczoNfDO
ほたる

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 00:25:24.32 ID:PcUB+49p0
P「ふー仕事終わったか。それで最初に泊まるのはほたるのところだな。」

白菊ほたる「は、はい…。よろしくお願いしますプロデューサーさん…」

P「それは俺の言葉だ。ほたるのところに泊めてもらうんだからな!すまないが1日よろしく頼む」ナデナデ

ほたる「…!は、はい。よろしく頼まれました///」

P「ははっなんだそれ」ナデナデ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

車内

P「ほたるは寮だったよな。ちひろさんはああ言っていたが本当に俺が女子寮に入っていいのかな…」

ほたる(プロデューサーさんが私の部屋に…///それに私が1番なんて…こんな幸運あっていいのかな)

P「ほたる?おーいほたる」

ほたる「ひゃい!そ、そうですよね私なんかが1番引くなんてありえないですよね少ない運が全部とられて不幸の塊になっちゃいましたよね!!」

P「おちつけほたる。早口になってるぞ。そもそもほたるの悪い運はおれが全部吹っ飛ばしてやるって約束したd「ブーーー!!!ブッブーーー!!!」

P「うおおおおおお!?車がこっち突っ込んでくる!!!ほたる伏せろ!!!」

ほたる「やっぱり不幸の塊ですぅーーー!!ごめんなさい降ろしてくださいプロデューサーさんに迷惑がーーー!!!」

P「心配するなほたる!プロデューサーのドライビングテクなめるなよ!」ギュンギュンギュン

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 00:42:50.62 ID:h29sh67zO
プロデューサーになるにはドライブテクも必要なのかぁ

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 00:48:01.40 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「ふぅ…。着いたな女子寮。ほたる降りるぞ」

ほたる「は、はい」

ほたる(ハンドルとブレーキの効かなくなった車を避けるどころか柔らかいタッチで止めるなんて…。傷ひとつついてないし…)

P「ごめんなほたる。怖い思いさせちゃったな。」

ほたる「い、いえ!プロデューサーさんのおかげで誰も不幸になりませんでした!本当にありがとうございました」ペコリ

P「約束しただろう?不幸なんか吹っ飛ばすって」ナデナデ

ほたる「あぅ///信じてましたプロデューサーさん///」

P「それじゃあ案内してもらえるかな?ほたるの部屋」

ほたる「はい!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほたるの部屋

ほたる「汚れてるかもしれませんが…お入りください」

P「おじゃまします。すごい綺麗じゃないか。いい匂いもするし」

ほたる「にっにお//////」

P「あー!すまん!デリカシーなかったな俺。本当にすまん」

ほたる「いえっその…嬉しいですプロデューサーさんに言ってもらえて///」

P「かわいい」(かわいい)

ほたる「か、かっかわっ//////」プシュー

P「うわあああああ!ごめんほたる!ほたるーーー!!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 01:13:12.02 ID:PcUB+49p0
P「じゃあ今日は泊めてもらえるお礼に俺が晩御飯作るな。お礼としては小さいかも知れないが」

ほたる「だっ駄目です!私が作るのでプロデューサさんはお風呂に入ってきてください!」

P「そんなことできるわけないだろう。泊めてもらう人間がそんな図々しいマネ…」

ほたる「じゃあ私の後にお風呂入るんですか?私の残り湯に入りたいってことですか?変態さんなんですか?」

P「わっわかった!わかったから!先に入らしてもらうな!」ソソクサ

P<料理は俺が作るから待っててなーー!

ほたる「よ、よかった。なんとかお風呂行ってもらえた…。新婚気分味わってもらうのに料理作らせるわけにはいかないもん」

ほたる「………っ//////」ボンッ

ほたる(わっ私焦って変なこと言っちゃた!///残り湯で変態って!///私のほうが変態だよぉ!!!//////)ワタワタ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

風呂

P「ふぅ…。風呂は生き返るなぁ。」チャポン

P「…まさかほたるがあんなこと言うなんてな」

ほたる『私の残り湯を飲みなさい!この変態!』

P「うっ…。悪くないな……」ゴクゴク

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 01:21:27.57 ID:YK0huEmZ0
飲むなww

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 01:48:14.25 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほたる「ふんふーん♪」トントン

P「ふーさっぱりしたよ。ありがとうほたる……ってなんでご飯作ってるんだ!?俺がやるって言ったろう!?」

ほたる「あっプロデューサーさん。もうすぐできるのでテレビでも観て待っていてください」

P「いやいやいや!泊めてもらえる上に料理までご馳走になるなんて耐えられないよ!お礼もできないなんてプロデューサー失格だ!」

ほたる「そんなこと気にしないでください。私はプロデューサーに泊まってもらえるって思っているんですから。私がご馳走したいんです」

P「ほ…ほたる……」ジーン

P「じゃあ…じゃあ一緒に作ろう!」

ほたる「えっ?」

P「俺はほたるにご馳走したいし、ほたるも俺にご馳走したいと思ってくれている…。一緒に作ればお互いの思いが叶えられるだろ?」

ほたる「そ、そうですけど…」

P「俺はほたると一緒に作りたい。駄目か?」

ほたる「(キュン)駄目じゃないです!私も一緒に作りたいです!」

P「ありがとうほたる」ナデナデ

ほたる「んっ…///はい♪」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「ほたるー。食材切れたぞ」

ほたる「ありがとうございますプロデューサーさん。鍋に入れてもらえますか?」トントン

P「はいよー」ボトボト

P「それにしてもあれだなー。こうして2人で料理作ってると…」

ほたる「?」

P「夫婦みたいだな」

ほたる「!?」ズルッ

P「!?あぶないっ!!」ガシッ

ほたる「あっ…」

P「大丈夫かほたる?もう少しで指切っちゃうところだったぞ」

ほたる「あっあっ…」

P「ほたる?どうした!?まさかどこか怪我を!?」

ほたる「/////////」プシュー

P「ほたる!?しっかりしろ!!ほたるーーー!!!」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 02:17:27.15 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「よし!完成だな!美味しそうだ」

ほたる「は、はいそうですね」(夫婦///)

P「ほたるも怪我ないみたいで安心したよ」

ほたる「し、心配掛けてごめんなさい」

P「気にするな。ほたるが無事ならそれでいい」ナデナデ

ほたる「ありがとうございます//////」

P「それじゃあ食べようか」スッ

ほたる「はいっ」スッ

P ほたる「いただきます」

P「んっ…この肉じゃが美味しいな!」モグモグ

ほたる「プロデューサーさんと一緒に作ったから美味しさ2倍ですね♪」

P「俺なんか食材切って火加減調節しただけだよ。ほたるの味付けが本当に最高だ。こっちのほたるが作ってくれたしょうが焼きなんて絶品だぞ!」モグモグ

ほたる「そんなに褒められると恥ずかしいです///」モグモグ


P ほたる「ごちそうさまでした」

P「いやー食った食った。ありがとうなほたる」

ほたる「い、いえそんな///私もプロデューサーさんと食べられて嬉しかったです。いつもは1人でご飯食べてるので…」

P「俺も1人のときがほとんどだからな…。やっぱり人と一緒に食べると美味しさが倍増するな!また2人でどこか食べに行こう」

ほたる「はい♪」

P「じゃあ片付けは俺が「私もやります」

ほたる「1人より2人のほうが楽しいですから」ニコッ

P「…そうだな!一緒にやろうほたる!」ナデナデ

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 02:40:43.18 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほたる「それじゃあお風呂に入ってきますね。プロデューサーさんはお仕事でお疲れでしょうからお休みになってください」

P「いやほたるがあがるまで待ってるよ。少しだけ書類も残ってるしな」

ほたる「分かりました。無理はしないでくださいね?」

P「ああ。ありがとう」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

風呂

ほたる「プロデューサーさんお仕事お家でもやってるんだ……」チャプン

ほたる「……」

ほたる「プロデューサーさんが私たちのために頑張ってるんだもん。私ももっと頑張らないと」

ほたる(そういえばこのお湯…プロデューサーさんの……///)

ほたる「……」キョロキョロ

ほたる「………だっ駄目だよ私!そんな変態なこと///」



P「風呂が気になって仕事進まん」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 03:28:58.07 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「そろそろ寝ようか」

ほたる「そうですね。それじゃあプロデューサーさんはベッドに」

P「いや、さすがにそれは駄目だ。俺は床に寝るよ」

ほたる「なっ…そんなの駄目です!ベッドで寝てください!」

P「これだけは譲れないんだ。分かってくれほたる」

ほたる「でもそれじゃあ「おやすみ」っ………!」

ほたる「……じゃあ」コソコソ

P「…っ!?なんでほたるまで床に寝てるんだ!!」

ほたる「プロデューサーさんが床で寝るからです」

P「駄目だ!床でなんて寝たら体に悪い!」

ほたる「床で寝ようとしてるプロデューサーさんが言っても説得力ないですよ」クスッ

P「…とにかく駄目だ。心配掛けさせないでくれ」

ほたる「心配してくれるんですか?」

P「あたりまえだろう!大切なアイドルなn「私だって」

ほたる「私だって心配なんです。大切なプロデューサーさんなんですから。」

P「っ………!!」

ほたる「プロデューサーさんが無理することは私にとって不幸なんです」

ほたる「不幸は全部吹っ飛ばしてくれるって言ってくれましたよね?プロデューサーさん」

P「……分かったよ俺の負けだ。ベッドで寝させてもらうな」

ほたる「はい♪」



P「で、なんでほたるも入ってくるんだ?」

ほたる「ベッドがひとつしかないからです」

P「駄目だろう一緒に寝るのは」

ほたる「駄目でしたら私は床で寝ます」

P「それなら俺が床で…って駄目なんだなそれだと」

ほたる「駄目です♪」

P「分かったよ。おいでほたる」ポンポン

ほたる「っ//////」キュン

ほたる「お、おじゃまします」

ほたる(今のすごい///飛び込んじゃうところだった///)

P「ん…。それじゃあ寝ようか」

ほたる「プロデューサーさん。結婚生活ちゃんと再現できたのか分からないですけど、どうでしたか?」

P「ああ、すごく楽しかった。結婚ってコスパのことしか考えてなかったけどこういった幸せがちゃんとあるんだな」

ほたる「幸せ…でしたか?私なんかといて」

P「最高に幸せだ。将来ほたるの旦那さんになる人が羨ましいよ」ナデナデ

ほたる「むっ。プロデューサーさんのバカ」クルン

P「あ、あれ?ほたる?」

ほたる「おやすみなさいプロデューサーさん」

P「あ、ああ。おやすみほたる」

ほたる(もっと頑張らないと…私負けませんから)

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 03:32:21.94 ID:PcUB+49p0
寝ます。おやすみ
最後に安価

1↓

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 03:35:46.05 ID:D8aU9h+o0
文香


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 08:41:39.02 ID:U9+nPIL5O
ほたる可愛い最高じゃないですか

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 14:36:20.78 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事務所

ガチャ

P「おはようございまーす」

ちひろ「プロデューサーさん、おはようございます」

P「ちひろさん、これ昨日持ち帰っていた書類です。確認お願いできますか?」スッ

ちひろ「昨日はほたるちゃんでしたよね。ほたるちゃんほっといて仕事やってたんですか?」ジトッ

P「まさか、ほたるが風呂入ってる間にやったんですよ。」

アイドル達「!?」ガタッ

ちひろ「チラッ…。ならいいんですが…ん、問題ありません。お疲れ様でした」

P「ありがとうございます」

ちひろ「それでは昨日のお泊りについて詳しく聞きましょうか」ニヤニヤ

アイドル達「……」

P「えっあっはい。昨日は一緒に晩御飯作って一緒に寝ただけですよ」

アイドル達「!!??」ガタタッ

ちひろ「えっ一緒に寝たって…同じベッドで寝たってことですか?」

P「はい。はじめは床で寝るつもりだったのですが、ほたるが『ベッドで寝ないと私も床で寝る』って聞かなくて…」

アイドル達「」

ちひろ「……一線越えたりしてないでしょうね」

P「なっ…当たり前じゃないですが!大切なアイドルに傷つけるようなことしませんよ!」

ちひろ「あープロデューサーさんはそういう人でしたね。褒めるべきなのかなんなのか…」ブツブツ

アイドル達(大切な【アイドル】ね…)(つまりほたるちゃんは【アイドル】どまり)(ふふっ…勝った……)

P「あっちなみにほたるは今日休みなので寝させておきました。ちひろさんが渡してくれた合鍵が役に立ってよかったですよ」チャリン

ちひろ「えっあーはい。たしかに受け取りました。また使いたくなったら言ってください」

P「さすがにもう行きませんよ。ほたるも男が泊まるのは内心嫌だったろうし。そもそも女子寮ですしね」

ちひろ(この人は本当に…頑張れほたるちゃん……)

P「じゃあ今日もばりばり頑張っていきますか!」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 16:56:26.37 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタッフ<お疲れ様でしたー

鷺沢文香「お疲れ様でした…」ペコリ

P「おつかれ文香!今日もよかったぞ!」

文香「…プロデューサーさん…ありがとうございます」

P「今日は文香の家に厄介になるから2人とも直帰でいいってさ。文香は事務所に何か用事あるか?」

文香「…いえ、特にありません…帰りましょう」

P「じゃあ帰りになにか食ってくか」

文香「……私も…」

P「ん?」

文香「…私もほたるちゃんみたいに…一緒にご飯作りたいです」

P「文香…そうだな!早く帰って一緒にご飯作ろう!」

文香「…はい♪」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「着いたな…2日連続で女子寮に来る事になるとは」

文香「…昨日は女子寮のみんな…すごくピリピリしていました」

P「えっ!?…やっぱりそうだよなぁ。男が女子寮に入っているなんてみんな不安になるよなぁ。アイドルの休養の妨げになるなんてプロデューサーとして……」ブツブツ

文香「……そういうことではなく…お部屋に案内しますので…ついてきてください」

P「やっぱり今からでもちひろさんに…」ブツブツ

文香「………えいっ」ツンッ

P「のわぁっ!!わき腹はやめろって文香!」

文香「…ぼーっとしてるからです…お部屋に案内しますので」

P「あ、ああ…よろしく頼む」

文香「……それと」

P「?」

文香「…だれもプロデューサーさんに不安を抱いたりしていません…私たちは誰よりプロデューサーさんのことを信頼していますから」

P「ふ…文香……」

文香(…ピリピリしてる理由を話しても…プロデューサーさんはきっと分かりませんよね…)

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 19:57:10.78 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

文香「…どうぞ」

P「ああ、おじゃまします…すごいな文香、こんなに本持ってたのか。予想よりはるかに多いよ」

文香「…叔父の書店の本をよく送って貰えるんです…気づいたらこんなに増えちゃって」

P「文香がバイトしていた書店だな。…懐かしいなぁ」

文香「…あのときは…すみませんでした…いきなりのことでスカウトしていただいてるなんて気づかなくて…」

P「ははっ、アイドル雑誌探してると思われたんだっけな。俺の言葉が足りなくて困惑させちゃったんだから謝るのは俺のほうだよ」

文香「…今でも分からないんです」

P「ん?」

文香「…どうして私なんかをスカウトしてくれたのか…あのときのプロデューサーさんの言葉を疑っているわけじゃないのですが…やっぱり分からなくて」

P「……」


P『君は人を魅了する才能がある。俺が君を必ず輝かせる!一緒にアイドルやってみないか?』


P(…うわぁ。思い出したら気持ち悪いな俺)

P「…そうだな。あのときの俺は綺麗事を並べてた」

文香「…綺麗事?」

P「いや、もちろんあの言葉も俺の本心だ。けど本当の理由は……」

文香「…?」

P「一目惚れしたんだ。文香に」

文香「…っ!?」

P「なんて綺麗な娘なんだ。俺はこんな娘を探していた。もっとこの娘と一緒にいたい。この娘がほしいって…それが本当の理由だった」

文香「えっ…えっあ…//////」カアッ

P「だから今こうして文香と一緒にいられて本当に嬉し…って」

文香「」プシュー

P「文香!?どうしたんだ!しっかりしろ!」ユサユサ

<フミカーーーー!!!

アイドル達「」

ちひろ(プロデューサーさんに書類渡しにきたらすごいところに出くわしちゃったわね……何でこの娘たち文香ちゃんの部屋の前で白目剥いて固まってるのよ)

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 20:37:40.38 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「文香が気絶するしちひろさんが来るしで結構ばたついちゃったな」トントン

P「それより扉の前にいたあいつらなんだったんだ…白目剥いてたし……ちひろさんが何とかするって言ってくれたから任せちゃったけど大丈夫かなぁ」カチッカチッボー

P「文香は一緒に作るって言ってくれてたけど貧血で倒れちゃったしな。鉄分の多い食べ物作ってやらないと…」ジュー

P「よしっ完成!」

文香「……んっ…んん」ムクリ

文香「…わ、私なんで…そういえば」

文香「…//////」カアッ

P「おっ文香起きたか。ちょうどご飯できたところだぞ」

文香「!?ひゃぁ///ぷ、ぷろでゅーしゃーしゃん///」

P「大丈夫か文香?貧血で倒れたんだぞ。飯食えるか?」

文香「…えっ?…は、はい食べられます……ってプロデューサーさんご飯作っちゃたんですか!?」ガバッ

P「うおっ!?あ、ああ体調が悪い文香に料理させるわけにはいかないからな。今日は鉄分の多い食べ物作ったからしっかり食べるんだぞ」

文香「…い、一緒に作りたかったのに……それに私…貧血じゃないです」

P「本人が気づかないだけで危ないこともあるんだぞ。それに料理はまた今度一緒に作ろう」

文香「…納得できません……あっ美味しそう」グゥゥ

文香「っ!?///」カァッ

P「ははっ今日は文香収録で疲れてるし、早く食べよう。俺も腹ペコだしな」

文香「…はい///」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 21:31:11.19 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「ふぅ…ごちそうさま」

文香「…ご馳走様でした…すごく美味しかったです」

P「お粗末さまでした。それはよかったよ」

文香「…食器は私が洗うので…お風呂に入ってきてください」

P「いや俺が…ってそうだな。昨日言われたばかりなのにまたやらかすところだった」

文香「…昨日?」

P「ああ、ほたるにな『女の子の後にお風呂入って残り湯飲むなんて変態!』って言われてな」

文香「…飲んだってことですか?」ジトー

P「飲んでない!俺が後に入るって言ったらそう言われたんだよ。だからちゃんとほたるの前に風呂入ったぞ!」

文香「…それならよかったです…あの言い方だと飲んだように聞こえてしまったので」

P「すまん…実際にほたるが言ったことと少し違ったかもしれん」

文香「…ほたるちゃんはあんなこと言わないと思いますからね…それではしっかり疲れを取ってくださいね」

P「ああ、ありがとう文香。お先に入らせてもらうよ」スタスタ

文香「……」

文香(…残り湯……私が後だから…)

文香「…っ//////」ブンブンッ

文香(…何考えてるんだろう…私…///)カァァァ



P「文香のジト目もいいなぁ…」ゴクゴク

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 21:33:49.32 ID:1NESBqyDO
飲むなw

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 22:46:17.49 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「それじゃあ寝ようか」

文香「…は、はい」

P「?どうしたんだ?」

文香「…その…ベッドがひとつしかなくて」

P「俺は床でm「それは駄目です」…ですよねー」

文香「…昨日…ほたるちゃんと一緒に寝たのは本当ですか?」

P「え?あ、ああ」

文香「…私もそうします」

P「は!?いやいや、ほたると文香とでは違いが大きすぎるだろ!ほたるは子供だから大丈夫だったが文香は!」

文香「…大人ですか?」

P「そ、そうだ!だから…」

文香「…おじゃまします」ゴソゴソ

P「ちょ」

文香「…入っちゃえば…こっちのものです」

P「」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 22:47:10.98 ID:PcUB+49p0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

文香「…プロデューサーさん…こっちを向いてください」

P「無理」

文香「……じゃあそのままでいいので…聞いてください」

P「?」

文香「…私はプロデューサーさんにスカウトされて…初めはとても不安でした」

P「……」

文香「…私に人を魅了することができるなんて思えない…人と関わることが苦手な私に人を笑顔にすることなんてできないって」

文香「…それでもプロデューサーさんが私のためにいろんな方に頭を下げて…いろんな方に怒られて…」

文香「やっと取れた始めてのお仕事で…プロデューサーさんがたくさん頑張れって言ってくれて…不安だった気持ちも少しだけ和らいだんです」

文香「…お仕事が終わったときのプロデューサーさんの笑顔を見て…私初めてアイドルになったんだって…人を笑顔にするのってこんなに嬉しいことなんだって思いました」

文香「プロデューサーさん」

文香「私はちゃんとアイドルやれていますか?あなたがあのとき見えた姿に近づけていますか?」

P「…文香」クル

文香「…はい」

P「俺はお前に会ったときからずっと…アイドル鷺沢文香の輝いてる姿を想像していた」

文香「…はい」

P「お前が初めての仕事で成功したとき、俺は文香に出会えたこと、文香が俺についてきてくれた事に改めて幸せを感じたんだ」ギュ

文香「…あ」

P「今の文香はあのとき俺が見えた姿よりずっとずっと輝いてるよ」

文香「…それが聞けただけで…明日からも頑張れます」ギュ

文香「…おやすみなさい…Pさん」

P「ああ、おやすみ文香」

P(また明日から一緒に進んでいこうな…)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「おはようございます!」

文香「…おはようございます」

ちひろ「おはようございますプロデューサーさん、文香ちゃん。お二人で出勤なんて素敵ですね♪」

文香「…あ、その…///」

P「からかわないでくださいよちひろさん。今日はすぐ営業に向かいますね。お昼には戻ってこられると思います」

ちひろ「分かりました。いってらっしゃい」

P「いってきます!文香は今日レッスンだったな。頑張れよ!」

文香「…はい…いってらっしゃいPさん♪」

アイドル達「は?」ガタガタッ

ちひろ(あかん…)

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 23:26:09.79 ID:PcUB+49p0
亀更新すぎて申し訳ない...
1日1~2アイドルで進めていくと思う

次アイドル
1↓

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 23:26:22.42 ID:gvtBz/mDO

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 00:01:56.39 ID:yaPePmlb0
凛(なにこれなんなのどういうことなの)

未央(これ協力とか言ってるけどただの個人戦じゃね?)

凛「ちょっとちひろさん私の順番変えt「くじ引きは絶対です」

凛「」

未央「で、でもさ協力案出したの私としぶりんだしちょっとくr「駄目です」

未央「」

凛(ま、まずい…結婚観変えるとかいう建前でプロデューサーを攻めまくって陥落させる算段だったのに)

未央(私が考えてることなんて当然全員考えてることになんで気づかなかった)

ちひろ「今日は奏ちゃんの番ね」

凛 未央(!?)

凛(奏は駄目だよ!なにしでかすかわかったもんじゃない!)

速水奏「うん、今日のこと想像しただけで大変だったわ…ふふ」

凛「奏、今回の目的ちゃんと分かってるよね?」

奏「ええ、もちろんよ。Pさんの結婚観を修正するんでしょ?」

凛「そ、そうだよ。分かってるならよk」

奏「〝建前上〟は」コソッ

凛「」

奏「ふふっ。それじゃあ仕事に行ってくるわ。私はそのまま直帰だからまた明日ね」

凛「まっ…ちょ待てこらあああああああ」

ちひろ「」ドスッ

凛「ぐへらっ」バタッ

未央「し、しぶりーーーーーん!!!」

ちひろ「そろそろ凛ちゃん縛ったほうがいいかしら」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 00:53:47.89 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちひろ「それではプロデューサーさん、お疲れ様でした。奏ちゃんを迎えに行ったらそのまま2人で直帰してください」

P「分かりました。それであの…」チラッ

凛「……」ボタボタボタ

P「凛は本当に大丈夫なんですか?椅子に縛られている上に血涙まで流していますが…」

ちひろ「はい♪なんでも新しい演技を身に付けたいらしくて練習中なんですよ。血涙も本物ではなくて私特性の目に優しい目薬です」

P「そうだったんですか。さすが凛だな!あんなに迫力のある演技が1日でできるなんて」

P「演技中に話しかけることなんてできませんし、俺は帰りますね。お疲れ様でしたちひろさん」

ちひろ「はい、お疲れ様でした」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「奏はこの辺で待ってるはずなんだが…あっいたいた」ブーーン

キィッ

P「待たせたな奏。仕事お疲れ様」

奏「ありがとうPさん。今日は疲れちゃった」

P「ドラマ撮影も佳境だもんな。本当に頑張ってるよ奏は」

奏「ふふっそれじゃあPさんにご褒美貰わないと」

P「ああ、もちろんだ。何でも言ってくれ」

奏「キスして?」

P「はあ!?うわっわっわ」キキーーー!!

奏「もう…危ないわよPさん」

P「お前が変なこと言うからだろ!!キスって何だキスって!!」

奏「何でもって言ったのはPさんじゃない。まさか嘘だったの?」

P「キスは例外だ例外!駄目に決まってるだろう!」

奏「嘘つき」

P「ぐっ…!わ、分かった!キスみたいなはしたないこと以外なら何でもいいから!」

奏「あらそう?それじゃあ〝マッサージ〟してくれるかしら」

P「マッサージ?」

奏「ええ、まさかマッサージもはしたないってことないでしょ?」

P「そ、そうだな。マッサージなら問題ないぞ」

奏「それじゃあよろしくねPさん♪」

奏(ふふっ最初に無茶なお願いをしたらその後のハードルの下げたお願いが通りやすくなる。心理学の基礎中の基礎)

奏(〝マッサージ〟でもキスに負けないことだってできるのよ、Pさん♪)

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 01:11:57.17 ID:VGNIGq8Xo
これは勃起回避できません

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 01:51:43.91 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガチャ

奏「ここが私の部屋」

P「お邪魔します…あれ?なんかほたると文香の部屋と雰囲気が違うな」

奏「ええ、ちひろさんにお願いしたら壁紙変えること許してくれたのよ」

P「ああそっか壁紙が違うんだな。床の絨毯も壁紙と合っていて大人の部屋って感じだ」

奏「ふふっ。ありがとうPさん。そんなに褒めて貰えるなんて嬉しい」

P「奏のイメージとぴったりあってるよ。自分のことを客観的に見れるのはすごいことだからな」

奏「Pさんが私をいろいろとコーディネートしてくれたおかげよ。Pさんの考えを参考にしたらどんどんおしゃれになれたの」ギュッ

P「お、おい奏?」

奏「もう体が凝ってしょうがないの。マッサージお願いしてもいいかしら?Pさん」

P「あ、ああマッサージだったな。それじゃあそこに横になって…といっても床だと固いか。ベッドだとやりにくいし」

奏「布団があるから大丈夫よ」

P「えっ布団もあるのか」

奏「たまにない?布団で寝たくなること。いつもベッドだと飽きちゃうのよ」

P「すごい分かる」

53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:49:05.95 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「よし、布団も敷いたし準備OKだな」

奏「ええ、それじゃあ横になるわね」

P「ああ、うつ伏せになってくれ」

奏「分かってるわよ、Pさん」クスッ

P「せっかくだから疲れ全部取ってもらいたいし本格的にやるか」

奏「あら、Pさんそんなに上手なの?」

P「さすがに本職には敵わないけどな。プロデューサーになるために勉強したんだ」

奏「それは楽しみね。でもアイドルにマッサージしたなんて話聞いたことないわよ?」

P「マッサージしてなんて言われたことなかったからな。奏にするのが初めてだ」

奏「私が初めて…ふふっ」

P「それじゃあ電子レンジ借りるぞ」

奏「電子レンジ?何するの?」

P「蒸しタオル作るんだよ。簡単にできるから便利なんだぞ。後でやり方教えるから奏も洗顔するときとか使ってみろ」ピッピッ

奏「なんでそんなこと知ってるのよPさん…」

P「プロデューサーだからな」

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:49:56.44 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「それじゃあ蒸しタオル作ってる間に上半身やっていくか」

奏「上半身には蒸しタオル使わないの?」

P「服越しに使っても効果薄いだろう。脱がせるわけにもいかないしな」

奏「あら、私は脱いでもいいのよ?」

P「奏はよくても俺はダメなんだよ。肩からいくぞー」グッ...

奏「っ…んっ…」

P「痛かったら言ってくれよ」グッ...グッ...

奏「んっ…大丈夫、ちょうどいいわ」

P「やっぱり結構凝ってるな。しっかりほぐすからな」グイッグイッ

奏「気持ちいい…すごくいいわPさん」

P「ちょとずつ腰のほうに移動していくぞー」グッ...グッ...

奏「はぁっ…ぅ…んっ」

P(にしても奏、なんでこんな色っぽい声出すんだよ…)ググッ...

奏「…っ……ちょっと…んっ…痛い」

P「やっぱり腰か。ダンスで負担かかるからな」グイッ...グッ...

奏「そう…ねっ…結構凝ってたみたい」

P「ここはちょっと時間掛けるぞ。なるべく痛くないようにするから」グググッ

56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 03:14:54.31 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「腰はこんなもんか…。少しは軽くなったか?」スッスッ

奏「っ…ひゃあ///だいぶ…ひっ…軽くなったわ…んっ」

P「それはよかった。奏さえよければこれからも定期的にマッサージするよ」スッ...スッ...

奏「お願いすr…んひっ…そ、それくすぐった…ひゃっ///」

P「ちょっと我慢してくれ。マッサージした後はさするのがいいんだ…たぶん……よし、肩から腰は終わったぞ」

奏「はぁ///はぁ///たぶんって…勉強したんじゃなかったの?」

P「そんな詳しいことまでは勉強してないよ。さするのは俺のばあちゃんの教えだ」

奏「おばあちゃんの知恵って間違ってること多いわよ?」

P「でも他に知らないし、やって困るものじゃないだろうしな。さするだけだし」

奏「わ、私にはいいけど他の娘にやっちゃダメだからね!」

P「え?お、おう分かった」

奏(なんか気持ちよく感じちゃったじゃない…もう///)カアァァ

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 03:45:34.47 ID:yaPePmlb0
P「それじゃあ次は脚だな…ん、蒸しタオルもちょうどいい温度だ」

奏「Pさん、生脚で興奮しちゃダメよ?♪」

P「そ、そういうこと言うんじゃない!」

奏「ふふっ、焦っちゃって可愛いわね」

P「お前はほんとに…太ももからいくぞ」キュッ

奏「んっ…あったかい♪でも足先からだと思ってたけど違うの?」

P「中心から先端にやっていくと足先から毒素が抜けていくんだぞ」フキフキ

奏「それもおばあちゃんの知恵?」クスッ

P「そうだぞ。ただこれは俺もそうだと思ってる」ギュッ...ギュ...

奏「たしかにその理屈、妙な説得感あるわね…んー気持ちいい」

P「蒸しタオルの効果は知ってるか?」ギュッ

奏「ええ、血行がよくなるんじゃなかったかしら」

P「ああ、それでマッサージの効果もあがるんだ」ギュッ...ギュ...

奏「それじゃあ上半身にもやってほしいわ」

P「それはできないって。他のアイドルに蒸しタオルやってもらってからのマッサージならいいけどな」ギュッ...

奏「Pさんじゃないとやだ」フフ

P「それなら諦めなさい。…ふくらはぎもこのくらいでいいか。足先行くぞ」ギュゥ...フキフキ

奏「んっ…気持ちいい♪足先冷え性だからすごくいい…」

P「そうか。足先は重点的にやるな」ギュッギュッ

59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 04:10:28.30 ID:yaPePmlb0
P「蒸しタオルはこのくらいでいいか。なあ奏、マッサージオイルってあるか?」

奏「ええ、よく顔のマッサージするからあるわよ。そこの引き出しの中」

P「少し借りるな。…引き出し開けてもいいのか?」

奏「いいにきまってるじゃない。私とPさんの仲なんだからそんな遠慮しないでよ」

P「いや、女の子の多い職場だとこういうことに敏感になってな…」ガララ

奏「ふふっ…そういうところでも苦労してるのねPさん」

P「初めのころは気遣いだけで疲労困憊だったよ…」

奏「そんな思いさせてたなんてごめんなさいね、Pさん」

P「ははっ、あのとき頑張ったおかげでこうしてお前たちと仲良くできてるところもあるだろうから気にするな。布団汚せないから少量だけ使うぞ」クチュクチュ

奏「だから気なんて使わなくていいのに」クスッ

P「さっきのように太ももから行くぞ」サスサス

奏「…っひぅ!」

P「つ、冷たかったか?」

奏「う、ううん///大丈夫」

奏(直で触られるとこんなになの?///わ、私ってこんなに敏感だったっけ…///)

奏(……私、耐えられるのかな…これ)

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 05:05:37.71 ID:yaPePmlb0
P「脚は痛く感じる人多いから我慢するなよ」ヌリヌリ

奏「んんっ…わかっ…た」

P「脚は自分を支える部位だから余計疲労が溜まるんだ」モミモミ

奏「っ…はぁぅ…あっ」ハァハァ

P「女の子はよく自分で脚のマッサージやってると思うが、やっぱり人にやってもらうのが一番気持ちいいし効果もありそうだしな」グッ...グッ...

奏「そう…ね……ぅ…こんなに違うなんて」

P「太ももとふくらはぎはあんまり強く揉みすぎると痛めちゃうからな。少しくすぐったいときがあるかもしれないが大丈夫か?」スッ...スッ...

奏「ひっ…クぅ…大丈夫…くひっ」

P「ふくらはぎのほうに下げていくぞ」ヌリヌリ...サスサス...

奏「んひっ…んん」

奏(よ、よかった…ふくらはぎはそうでもない…太ももに比べたらってだけだけど)

奏(私…変な声出してなかったかな///我慢するのに夢中でそんなこと気にしてられなかった…///)

P「ふくらはぎは俺があんまり揉まれるの好きじゃなかったから…弱すぎるかもしれないな。物足りなかったら言ってな」スッ...スッ...

奏「ええ…んっ…分かったわ」

奏(そんなこと気にしてる場合じゃないのよ!耐えるだけで精一杯なんだから!)

P(太もももそうだったが、ふくらはぎもすごい柔らかいな…それにすべすべだし……っまずい、余計なこと考えるな俺!pがムズムズしてきた…平常心平常心)サスサス

奏「はぁっ…あっんぅ…」

P(なんでさっきからそういう声出してんのおおおおおお!?やばいって今その声聞くと……あっ)

P「」ギンギン

P(終わった…俺のプロデューサー人生ももう終わるんだ。ははっ楽しかったなぁ。みんなで笑って、泣いて、外もたくさん走ったっけ…)

P(ん?でも待てよ…ようはこのpが奏にばれなければいいだけなんじゃないのか?…そうだっ、奏に見つからなければ俺のpもこんなことになったなんて事実消えるんだ!よしっよしっ諦めるなP!お前はプロデューサーだ!こんなこと楽勝だろ!)

62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 05:36:22.89 ID:yaPePmlb0
奏(まずいよ…まずいって…なんかもう自分で分かるぐらい濡れちゃってる……いっつもキスとか生意気なこと言ってるけど、さすがにこれは冗談ですまない)

奏(ここまで濡れちゃうなんて…もしかしてわたしの性感帯って脚なの?意味わかんないよそんなの!)

奏(こんなになっちゃってるのPさんに知られたら……無理無理!もうアイドルなんてできないよっ…なんでこんなときにスカートなんて…いままでので少しずつ捲れてきてるし)

奏(さっきからばれないように直してるけど少しずつしか直せないからほとんど位置変わらない…絶対もう動かない!我慢する我慢!)

P「最後に足の裏だな。足の裏は神経が集まってるから念入りにやるぞ。さっき奏も冷え性って言っていたしな」

奏(…え?神経って……!?ちょ、ちょっと待って…私の本当の性感帯ってもしかして……)

奏「ちょ、ちょっとPさん!ま、まっまっt」

ヌルッ

奏「~~~~っ!!??…ハァッッ」ビクン

奏「っひゃぁああああぁああああぁああぁーーーーーーーーっっっっ!!!!!」ビクビクッッ

67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 06:18:36.37 ID:yaPePmlb0
奏「あ゛っ!?!!ひぁ…?!ーーーー~~~っっ!!!」ビクンッ

奏(だめっ、だめっ、だめえぇ!そこは無理!無理だってぇっ!!!!なんで!!?なんでこんなっ…!!!!こんな気持ちいいのぉ!!!??!)

P(やめろよ奏ぇ!!!何でそんな声出すんだよおおおおお!!何でさっきより激しいんだああああ!!??…はっ、もしかしてこいつ俺のpに気づいて逃げようと!?まずい!もうしそうだったら俺はどうすればいい!?どうすれば正解だ!!??)

P(…っ!!!そうだ!ここで奏の逃げる意思を尊重したらそれこそ駄目なんじゃないか!?自分で勃ってることを認めるようなもんだもんな!)

P(すまん奏!俺は認めるわけにはいかないんだ!!お前を逃がすことはできない!!)

P「奏、危ないからあまり暴れるな。下手したら爪が刺さってしまう」ニュルニュル

P「指の間にもオイル塗るから少し開かせるぞ」クパァ

奏「!???…P、Pさん!!ダメ!!そこはほんとにやば」

ズリュゥクチュクチュ

奏「がっ……あ、ぁああ゛っ!!!!っ、はぁぁあああぁああ゛あぁ゛ーーーー~~!!!!!!!」ビクビクッッッビックン

68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 06:47:53.72 ID:yaPePmlb0
P「指の間もいろいろなツボがあってな。どこだったか忘れたが、どこかの指の間には冷え性に聞くツボがあるんだぞ」クチュクチュクチュ

奏「ぁぁ゛あ゛ああぁあ゛!!ふあぁぁぁ゛ああ゛ぁっ゛!!!ダメっ!!ダメェぇぇ!!!」ビクッビクッ

P「冷え性のツボだからしっかり押しておきたいんだ。痛いと思うが少しだけ耐えてくれ」グチュグチュズリュ

奏「もうっっっっ!!!!も゛ぅほんど゛に!!!!!ダメダメダメダメ!!!」

グチュグチュスリスリヌチュッズリュウゥッッ

奏「っっっ゛!!!!??もぅっ゛む゛りぃいいぃぃいいい!!!!ぎ、イく゛…っ、っ゛!!!イクぅゥぅうううううぅぅ゛ぅう!!!!!」

ビクッッビクンビクンビクッビクッッッッッッッ

奏(ヒャ……ひゃひこれぇぇぇ…気持ひよふぎぃ…………//////)

69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 06:53:41.32 ID:yaPePmlb0
マッサージ終わったので寝ます
奏パートはもうちょい続きますが安価取っておきます

書いたアイドル

白菊ほたる、鷺沢文香、速水奏


次のアイドル
1↓

70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 06:55:08.86 ID:1p+XRbslo
菜々

73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 07:05:50.11 ID:sL7+QZcXo
女子寮に響き渡る喘ぎ声

83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 19:23:19.92 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「すみませんでした」ドゲザ

奏「………」プイッ

P「まさかそんなに痛がるとは思わなかったんだ…。さっきは夢中で気づかなかったが、奏もやめてって言っていた気がするのに…本当にすまなかった」ドゲザー

奏「…もう立てない」

P「え?」

奏「…足が痛くて立てないからベッドまで運んで」

P「っ!?あ、ああ!すぐ運ぶからな!」ヒョイ

奏「っんん…///」ビク

奏(か、体中敏感になってる…///ちょっと触られただけで反応しちゃう///)カァァァ

P「よ…っと、ベッド着いたぞ。どうする?少し休むか?」

奏「ええ、そうするわ。Pさんもきて?」

P「い、いやそれは…」

奏「痛めつけられたことちひろさんに「お邪魔します」…ふふっ」

P「今日はごめんな奏。余計疲れさせちゃったよな…」

奏「…ねぇ、Pさん」ギュゥ

P「か、奏?」

奏「本当はね、足痛くないの」

P「えっ…?じゃあなんであんな…」

奏「わ、私に言わせる気?///」ギュウゥゥ

P「???す、すまない」

奏「Pさん…私もう普通じゃ満足できないようになっちゃった」

P「そ、そうか」(なんのことだ?)

奏「私のことこんなにして…。もちろん責任取ってくれるわよね?」

P「あたりまえだろう!俺は初めからそのつもりだ!」

奏「…っ、そ、そんな力強く言わなくても//////ご、ご飯は明日食べるね!おやすみなさい!」(やった///ついにPさんと…っ///)

P「ああ、おやすみ…奏」ナデナデ

P(責任…か。任せろ奏!絶対にお前をトップアイドルにしてやるからな!)

84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 19:57:42.36 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

朝・事務所

凛「……………」ブツブツブツブツ

まゆ「………………」

神崎蘭子「…ぅ……ぁ…」ビクビク

未央「なにあれ怖い」

ちひろ「蘭子ちゃんがソファでお絵かきしてたら、凛ちゃんとまゆちゃんが両隣に座っちゃってね…。助けたいけどあの2人に近づきたくないの」

蘭子「ぅぅ…グス……ヒック」ポロポロ

未央「泣いちゃったよ…」

ちひろ「ごめんなさい……ごめんなさい蘭子ちゃん…」

ガチャ

P「おはようございまーす」

奏「おはようございます」

ちひろ「やっときた!プロデューサーさん!」

P「えっどうしたんですか?遅刻ではないですよ」

ちひろ「蘭子ちゃんを助けてあげてください!」ビシィッ

P「ん?ら、蘭子!?何で泣いているんだ!!!??」

奏「うわぁ…あれは可哀想だね」

蘭子「ヒグッ…グス……っ、ぷ、ぷろ…」

ヒョイ

P「大丈夫か!?どこか痛いのか!?」ダッコ

蘭子「…ふぇ…グス……ぷろでゅーさあああああ………っっっ」ギュウウウゥゥゥ

P「よしよし、もう大丈夫だぞ。仮眠室で横になろうな」スタスタ

凛「…………」

奏(あっ、なんか変なこと考えてる目だあれ)

86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 20:30:59.97 ID:yaPePmlb0
P「ふぅ…今日は菜々さんと一緒にロケですね。菜々さん、準備はできていますか?」

安部菜々「はいっ、ナナはいつでも出発できます!キャハッ☆」

P「今日は温泉ロケですから気合が違いますね!肩こりや腰痛に効く温泉もあるらしいですよ!」

菜々「えへへ、そうなんです!最近主に腰が……ナ、ナナは17歳なので肩も腰も痛くありません!痛くありませんから!!」

P「はいはい分かってますよ。それじゃあ行きましょう…ん?」

P(扉の前で凛が泣いてる)

P(あ、そうか!昨日も血涙流して演技の練習していたし、今日は涙を流す演技の練習なんだな!声掛けるわけにはいかない…頑張れよ凛!俺も頑張るから!)

凛「…グスッ…ヒックヒック」ポロポロチラッ

P「いってきまーす」バタン

凛「」

奏「……っっ」プルプル

87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 20:39:00.75 ID:E2nLef/qo
無慈悲www

91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 22:15:43.28 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ロケ地

菜々「うわあぁ……」キラキラ

P「すごいですねこの温泉街。まるでジ○リの世界ですよ」カシャッ

菜々「そうですよね!!ナナ達が○ブリの世界に迷い込んだみたい…!」キラキラ

P「ははっ、菜々さんも楽しくロケができそうでなにより…っあ菜々さん止まって!」

菜々「え?」クルッ

カシャッ

P「すみませんいきなり撮ってしまって。いい写真撮れましたよ」ス...

菜々「もうっ、びっくりしたじゃないですかぁ!どれどれ……えっ、すごい綺麗…これが本当にナナ……?」

P「何言ってるんですか。菜々さんはいつも綺麗じゃないですか」ハハハ

菜々「っ!?ふぇっ?…な、なにを」

P「菜々さんはいつも可愛らしいし綺麗ですよ。だからこの写真に驚くことないですよ」

菜々「…っっ、そ、そ、しょんな///いきなり///」カアァァァ

P「菜々さん?」

菜々「!!…そ、そろそろロケの準備しないとですね!ナナ頑張っちゃいますよー!」タタタッ

P「あ、ちょっと菜々さん!どうしたんだ急に…」

92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:12:08.41 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

菜々「次に行くのはこちら!この温泉は肩こり・腰痛・神経痛などに絶大な効果があると話題でリピーターの多さが業界トップレベルなんです!さっそく行きましょう!さぁはやく!!」

共演者「菜々ちゃん、そのまえにご飯行こう。ご飯」

菜々「温泉の後にしましょうよ!ナナはこの温泉に入るのがずっと楽しみで楽しみで…!!」

共演者「なになに?菜々ちゃん腰とか痛いの?」

菜々「そうなんです!もうつらくてつr…ってナナは17歳ですから痛くありません!」

<ハハハハ

P(やっぱり菜々さんは安定しているな。見ていて不安になることがない)

P(今日は菜々さんの家に泊まることだし、ロケのご褒美でも買っておくかな)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「菜々さん、今日はお疲れ様でした。温泉で少しは疲れ取れましたか?」

菜々「ありがとうございますPさん♪もう元気満タンですよ!Pさんにも入ってもらいたかったなぁ…。」

P「菜々さんの疲れが少しでも減るならそれでいいんですよ」

菜々「……Pさんっ、今度また一緒に来ませんか?ナナやっぱりPさんにも温泉入ってもらいたいです!」

P「菜々さん…。はいっ、また来ましょう。今度はプライベートでゆっくりと」

菜々「はいっ♪」ニコッ

93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:52:40.53 ID:yaPePmlb0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕方・事務所

凛「」

未央「お~い、しぶりーん」フリフリ

奏「あれは…フフフ…面白かった…クヒ…」プルプル

未央「もうプロデューサーと過ごした奏さんにしぶりんの気持ちは分からないよっ!!!」

奏「気持ちなんて分からないわよ。私は彼と…フフフ」

未央(!?な、なんだ今の意味深な言葉…まさか)

凛「がああ゛あぁああぁ゛あ!!!!」ガバァッ

未央「しぶりん!?か、奏さん避けt「戻りましたー」

奏「あ、おかえりなさいあ・な・た♪」ギュゥ

事務所「」

94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 23:53:26.23 ID:KgxOSqcZO
修羅場不可避

95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 00:09:34.13 ID:7OXQRtQo0
P「か、奏?どうしたんだ?」

奏「ふふっ、寂しかったんだからいいじゃない♪」ギュゥ

未央「」

菜々「えっ、えっ、あ、あな、あな…た?」

凛「…ゴハァァアァ」ブシャアァァァァァ

未央「し、しぶりーーーーーー~~~~ん!!!!!???!!」

P「なんで急にそんな呼び方を…」

奏「ふふふ、なんとなくよ。気にしないで」

P「そ、そうか…。びっくりしたよ」ハハハ

菜々「冗談かぁ。びっくりしちゃったじゃないですかもー!…よ、よかった(ボソッ)」

未央「プロデューサー!!しぶりんが血吐いてるのになんでのんきにしゃべってるのさぁぁあああぁあ!?」

P「ん?おお、凛!その調子だ!!」グッ

凛「」

未央「この人でなしいいぃぃぃいいぃいいい!!!」

ちひろ「なんですかこの地獄絵図」

120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 17:53:39.59 ID:TWAVB7a20
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「それでは菜々のこと送って俺もそのまま泊まりますね。明日は一緒に出勤してきますので」

ちひろ「はい、お疲れ様でした」

P「お疲れ様でした。菜々、帰るぞー」

菜々「はーい!ちひろさん、お疲れ様でした!」

ちひろ「お疲れ様でした」

バタン

ちひろ「……さてと」チラッ

ほたる「プロデューサーとご飯一緒に作って…。あとなでなでしてくれて」

文香「…わ、私は…ギュってしてもらいました」

奏「私はとってもエッチなマッサージしてもらってね。それに責任取ってくれるって…ふふふ♪」

アイドル達「………」ギリギリギリ

ちひろ(怒りの矛先が私に向かないといいけど…)ハァ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「菜々さんの家までは1時間ほど掛かるんでしたよね?」

菜々「そうですよー。ウサミン星は遠いんです!」

P「よく毎日千葉から通ってくれていると思いますよ。疲れるでしょう?」

菜々「千葉じゃありません!ウサミン星ですってば!」

P「あーはいはい。ウサミン星の茂原星でしたっけ?」

菜々「惑星の中に惑星はありませんから!!それにナナの住所は内緒です!」

P(今から行くんだけどなぁ…)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 17:57:37.86 ID:TWAVB7a20
ウサミン星

菜々「どうぞあがって下さいPさん♪お茶の用意しますね!」

P「おじゃまします。あっ菜々さん、ありがとうございます」

P(和室にちゃぶ台…。おばあちゃんの家思い出すなぁ)

菜々「お待たせしましたPさん。どうかしましたか?」コトッ

P「いえ、いただきます菜々さん」ズズ

菜々「落花生もたくさん食べてくださいね♪」

P「あっこの落花生、菜々さんがよく事務所に持ってきてくれるやつですよね。大好きなんですよこれ」

菜々「なんと言っても千葉県の落花生ですからね!」エヘン

P「千葉県のだったんですか?てっきりウサミン星のものだと」

菜々「え゛。そ、そうですよ!千葉県の落花生にも負けない美味しさという意味です!」

P「そういうことでしたか。でも本当に美味しいですよこれ」ポリポリ

菜々「で、ですよねー」アハハ

菜々(危なかったー…)

P「あっそうでした。菜々さん」

菜々「はい?」

P「今日の温泉街で買ってきたものなんですが…。菜々さんにプレゼントしようと」ガサゴソ

菜々「プレゼントですか!?」

P「はい。菜々さん、いつもがんばって下さっているので…。これです」スッ

菜々「ありがとうございます!…耳かきセット?」

P「あの温泉街に耳かき専門店がありまして…そこの特製品らしいです。時間がない人でもすぐに綺麗になるんですって」

菜々「あ…ありがとうございます」シュン

P「?…もしかしてお気に召しませんでしたか?」

菜々「ち、違うんです!!Pさんからのプレゼントなんてとても嬉しいです!……でもナナは…その」

P「?」

菜々「ひ、ひとりで耳かき…出来なくて」

P「えっ」

菜々「自分じゃ耳の中見えないから…どこまで入れればいいのか分からなくて……」

P「そうでしたか…そうだ、菜々さん」

菜々「?」

P「俺がやりますよ。菜々さんの耳かき」

菜々「え゛」

123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 18:37:17.35 ID:TWAVB7a20
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「じゃあここに横になってください」

菜々「ほ、ほんとにやるんですか?…というか膝枕!?」

P「遠慮しないでください」

菜々「遠慮というか…その……お、お願いします」コテン

菜々(どどどどどうしよう!Pさんに耳の中見られるとか恥ずかしいんですけど!…あっ、Pさんの膝枕気持ちいい…///)

P「ちょっと中見ますね…。思ったより綺麗ですね」

菜々「と、時々耳かき屋さんに行ってますから」

P「そうだったんですか…ちょっと残念です」

菜々(残念!?も、もしかしてPさんって汚い娘好きなんですか!?)

P(ごっそり取れたら面白そうだったんだけどなぁ)

P「それでも所々ありますね。奥のほうにも溜まっていますし」

菜々「あ、あんまり言わないでください」カアァァァ

P「まずは蒸しタオルで拭いていきますね」

菜々「なんで蒸しタオルなんてあるんですか!?」

P「耳かき店の方が、水筒みたいなものも勧めてくれて。蒸しタオルをここに入れておくと持ち運べるらしいです…おー、ほんとに温度変わらない。いいなこれ」

P「それじゃあ失礼しますね」ピト

菜々「んっ…。あ゛ぁ゛~~、温かいですねぇ~~」

125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 19:34:46.77 ID:TWAVB7a20
P「蒸しタオル使うと耳垢が剝がれ易くなりますからね。リラックス効果もありますし」フキフキ

菜々「んんっ」ビクッ

P「同時に耳のマッサージもやっていきますね」フキフキ...ギュッギュッ

菜々「ふあぁ…。気持ちいいです」

P「耳には200もツボがあるらしいですからね。耳ツボダイエットなんて言葉もあるみたいですよ」ギュッギュッ

菜々「そんなに…んっ……あるんですか」ビクッ...ビクッ...

P「耳の裏は洗うの忘れがちになりますが、意外と汚れが溜まりますからね。念入りに拭きます」フキフキ

菜々「たしかにあまり洗ってないかもしれないです…」

P「蒸しタオルはこのくらいにしましょうか。さーて、どれから使おうかなー♪」

菜々「楽しそうですねPさん」クスッ

P「だってこんなに種類あるんですよ?見たことないものもありますし」ワクワク

菜々「その綿棒みたいな鉄のやつは何ですか?」

P「これはえーっと…ワイヤー綿棒ですって。使う順番とかよく分からないので全部使ってみましょう」

菜々「ナナは実験体の気分です…」

P「ソンナコトナイデスヨ」

菜々「なんでカタコトなんですか!!」

126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 20:07:51.62 ID:TWAVB7a20
P「まずは一般的な耳かき棒を使いますね」スッ

P「耳かきはあまり奥までやると危ないので慎重にいきますね」

コリコリ

菜々「ひぅ…!」ビクン

P「あまり動かないでください。危ないですから」コリコリ

菜々「ご、ごめんなさい」ピク...ピク...

コリ...コリ...コリコリ

菜々「んっ…んん…」

P「耳垢が出来るのは、耳の入り口から1cm以内だそうです。ですのであまり奥までやる意味はないと教わりました」

コリ...カリカリ

菜々「そ…そうなんですか…んっ」

P「はい、なので菜々さんも怖がることないですよ」

カリカリカリカリカリ

P(菜々さん…こんなに震えるなんて本当に耳かき怖いんだな)

コリコリ...カリ...

P(今日で少しでも恐怖心なくなってもらいたいな)

菜々「ひぅ…あっ……んんっ」プルプル

128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 21:38:49.97 ID:TWAVB7a20
コリ...コリ...カリ...カリ...コリコリ...カリ

P「…ん、こんなもんでしょうね。次はさっきのワイヤー綿棒使って外に出していきましょうか」スッ

菜々「ハァ…ハァ…は、はい」ピクピク

P「怖がらなくて大丈夫ですよ。大切な菜々さんを傷つけることなんて絶対にしませんから」

菜々「えっ…///そ、その、ナナは///」カアァァ

クリクリ

菜々「はひぃっ…!」

菜々(さ、さっきのと全然違う…!)

P「ステンレスですから冷たかったですか?」クリクリ

菜々「だ、大丈夫です///」(変な声出ちゃいました///)

クリ...クリ...スーッ...クリ...クリ...スーッ

菜々「ハんっ…んっ…」

P「すごい、こんなに巻き込めましたよ」ヒョイ

菜々「え?…えっ///ちょっと見せないでください!というか見ないでください!!///」カアァァ

P「恥ずかしがることないですよ。耳糞なんて誰でもあるんですから」ハハハ

菜々「糞とか言わないでくださいよ!!///」バシバシ

129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:02:29.76 ID:TWAVB7a20
P「ははっすみません。もうちょっとだけこれで取っていきますね」

クリクリ...クリクリ...スッスー...スー...ガリ

菜々「あひゃぁ!!」

P「おおっ!大きいの張り付いてたんですね。それじゃあこのピンセットで…」

菜々(また変な声出た///もう恥ずかしくて死にそうです…)カアァッ

P「菜々さん…」

菜々「は、はい!?」(こ、声のことばれた!?///)

P「耳垢を剥がすときってすごい気持ちいいんですよね。もう耳が自分のものじゃないってくらい敏感になって…」

菜々「へ?P、Pさん…?」

P「菜々さん……」

P「壊れないでくださいね?」(他の娘には言えないけど、菜々さん相手だとこういう冗談言いやすいんだよなぁ)

菜々「え?こ、こわ……」

ペリ

菜々「っっっ゛!!!!??ひゃっ…!」

ペリペリペリペリペリペリペリペリッ

菜々「っひゃぁああぁーーーーーーーーっっっっ!!!!!」ビクビクッ

130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:29:36.58 ID:TWAVB7a20
P「おお!菜々さん、見てくださいよ!これすごいですよ!」スッ

菜々「……っ」ビクンビクン

P「菜々さん?」

菜々「…だ、だから……見せないでください…」ペシ...ペシ...

P「だ、大丈夫ですか?」

菜々「だ、大丈夫です…もう大分綺麗になりましたよね?」

P「え?あっはい…もう仕上げですね」

菜々(よ、よかったああぁ…これ以上やられたらナナ…)

P「それではこの梵天で細かいの取っていきましょう」スッ

ボソッ...クシュクシュ

菜々「…っ!!??!ひひゃぁ!!あっ…あっ」ビクン

クリクリ...クシュ...クシュクシュ...シュッ...シュッ...

菜々「んひ…っ……P、Pさん…くすぐった…!」

クシュクシュクシュクシュ

菜々「んはぁ…あっ…あひ…んんんっ」ビクッビクッ

クシュ...シュッシュッ...ツツー

菜々「んひひ…あっあっ…あひ……」ビクビクッ

P「よし、終わり」

フウウゥゥゥ

菜々「っひゃぁああああぁああああぁああぁーーーーーーーーっっっっ!!!!!」ビクビクッッ

131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:46:07.47 ID:TWAVB7a20
P「はい、菜々さん右は終わりましたので次は左です」

菜々「あひ…あひ…」ピクピク

P「菜々さん?ひっくり返しますよ」

ゴロン

菜々「はぁ…はぁ……っっっ…!!!???」

菜々(えっえっ…?これじゃあ…これじゃあPさんの…目の前に…//////)カアァァァァ

菜々「P、Pさん!!ナナ移動しま…っ」

P「じゃあこっちも蒸しタオルで」

キュッキュッ

菜々「はぁっ…んんっ…」ビクッ

菜々(ど、どどどうしよう…!Pさんこの状態気づいてないし!…気にしてないだけ…?)

菜々(…それだとちょっと……悲しいな)シュン

ギュッ...ギュッ...

P(さっきは向こう向いてたから気づかなかったけど…)

菜々「んっ…んあっ…」ビクン

P(なんか菜々さんの顔火照ってるような…それに目もトロンとしてるし…)

P(……エロい)

132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:46:39.28 ID:q7UbI5rjO
あ……

133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:50:33.67 ID:t25S2DO5o
勃起待った無しやな!

136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:11:30.56 ID:TWAVB7a20
ギュッ...ギュッ...キュッキュッ

菜々「はぁっ…んっ…」ピクッピクッ

P「そ、それではまた耳掃除やっていきますね」

菜々「ハァ…ハァ…は、はい…」

P(平常心…平常心…)

カリ...カリ...

菜々「はぅっ…!ハァー、ハァー…んんっ」ビクン

P「な、菜々さん?危ないですからあまり…」

ハァ...ハァ...モゾ...モゾ...

P(ああああああああ!!!なんなんだよぉぉおお!!!息が…菜々さんの息が股間に…!モゾモゾするからときとぎ顔が当たってくるし…!!)

P(今回は奏のときみたいには行かねーぞ!目の前でとか誤魔化しようがない…!)

ピク...ピク...

P(!?!!?は、反応するんじゃねーよp!!ぶった切るぞ!!)

P(起きたら切る…起きたら切る…起きたら切る…)

シュン...

P(よしよしいい子だ)

菜々「…ナナ…動かないように…んっ…頑張ってます……」ウルウル

P「」キュン

P(もう無理かもしれない)

138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:49:36.15 ID:TWAVB7a20
カリ...カリ...コリコリ...コリ...

菜々「あっ…あっ…んん……んっ…」ビクッビクッ

菜々(Pさん…あんまり喋らなくなった……)

菜々(怒ってるのかな…ナナが動いちゃうから…)グスッ

菜々(でも…でも…)

菜々「気持ちよすぎて動いちゃうよおおぉ…」ポロポロ

P「っ!?な、菜々…さん?」

菜々「えっ……あっ」

菜々(もしかしてナナ…声に出しちゃった……?)カアァァァ

菜々「あっ、あっ…そ、その…その…//////」

ピク...ピク...

菜々「ナナは…その……え?」

ビク...ビク...

菜々「こ…これ……」

P「あ……あ…」

P(終わった…)ギンギン

139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:50:36.69 ID:TWAVB7a20
菜々「P…さん……」

P「…すみません……すみません…菜々さん…」

P「アイドルに対してこんなことじゃ…もう…俺…プロデューサーなんて…」

ギュッ...

P「っっ!!???な、菜々さん!何を…」

菜々「ナナ…Pさんに頭の向き変えられたとき…私のことなんて…女の子として見てないんじゃないかなって……思ったけど」

シコ...シコ...

P「んあっ…菜々さん……ダメです…菜々さん…」

菜々「とっても嬉しいです…Pさんはナナの耳の中綺麗にしてくれたから…」

ジジーー

P「!?こ、これ以上はほんとに…!!!」

菜々「ナナも…Pさんの…綺麗にしますね…」ニコッ

P「」プツン

P「菜々さん…!!!」ガバッ

菜々「Pさん…!!」

ピンポーン

P 菜々「」ビクゥッ

<宅配便でーす

ドンドン

菜々「あっあっ…はーい//////」カアァァ

トテトテ

P「……あ、あ」

P(あっぶねーーー!!!)

144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:13:55.15 ID:RNbBTtZi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「な、菜々さん」

菜々「な、なんですかPさん?」

P「あっその…風呂かご飯にしましょうか…」

菜々「そ、そうですね!!ナナお風呂入ってきていいですか!?」

P「え?…いやでも先は…」

菜々「Pさんはゆっくりしていてください!冷蔵庫にビールもあるので!」

タタタタッ

P「な、菜々さん!それだと…!」

P「俺が後風呂になっちゃうんだよなぁ…」



菜々「…はあぁぁぁ」

菜々(勢いであんなことして…Pさんの顔まともに見れない…///)

菜々(でも…こんなになっちゃった…)クチュクチュ

菜々「んんっ・・・//////」ビクンッ

菜々(と、とにかくお風呂で・・・///)



P「なんでビールあるんですかねぇ…」ゴクゴク

145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:20:39.98 ID:n5aHuszeo
ウサミン星では17から成人なんたウサ

147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:26:47.72 ID:kTiWyX3yO
子供ビールに違いない!

148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 00:54:25.89 ID:RNbBTtZi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

菜々「Pさん、お風呂上がりました。…ってもうこんな時間!?ご、ごめんなさい、ナナこんなに長く…!!」

P「気にしないでください菜々さん。ちょうどよかったです。ご飯出来ましたよ」

菜々「え゛…。ご、ご飯はナナが用意するつもりだったのに!」

P「泊めてもらうんですから、これくらいさせてくださいよ」

菜々(こ、こんなことじゃ…あれ?……ナナ何の目的でPさんに泊ってもらってるんでしたっけ…)

P「菜々さん、どうしたんですか?冷めないうちに食べちゃいましょう」

菜々「へ?あっはい。いただきます」

P「はい、どうぞ召し上がってください」イタダキマス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「ふぅ、食った食った。ちょっと作りすぎちゃいましたかね」

菜々「いえ!とっても美味しいんでぱくぱく食べれました!」

菜々(ほんとに美味しかった…ナナが作らなくてよかったかも……っていうかPさん、こんなに完璧なのに結婚とか必要なんでしょうか…結婚?)

菜々(っああ!!そうだった!結婚!結婚観変えるんでした!!)

P「それでは俺もお風呂お借りしますね」

菜々「え?あっはいどうぞ…………あ゛」

菜々(お風呂のこと忘れてたああああああ!!!)

菜々「P、Pさん!あの!」

P「?なんですか?」

菜々「あっ…えと、その…」カアァァァ

P「先に汗流してきてもいいですか?時間は掛けませんので」

菜々「あっ…あっ……///」

菜々(ど、どどどど、どうしよおおおおお///ナナ湯船であんなことして///Pさん後に入るなんて考えてなかった…!!!)

菜々(な、なにか、なにか阻止する方法は……)キョロキョロ

菜々(!!!こ、これだ!!)

149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:17:21.77 ID:+HamcmDAO
ナニしたんですかね

150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 01:19:13.08 ID:RNbBTtZi0
チャポン

P「ふいぃ~~~。温まるわ~~~」

P(…この風呂……菜々さんが入ったんだよな…)チャプ...

P(…あ、あほ!なに飲もうとしてんだ!!本当の変態になっちまう!!)

P(で、でも体浸かってるだけでも充分……)ギンギン

P(そうかp…お前は直に感じてるんだもんな……しょうがないさ)

P(………)キョロキョロ

P(や、やっぱり…いいよね?一口くらい)ソー

菜々「P、Pさん!お背中お流しします!!」ガララッ

P 菜々「」

P 菜々「あああああぁぁあああぁあぁぁあああああ!!!!!」

P(な、なな、なんで菜々さん入ってきたんだ!?まずい!まずいぞ今の状態は!)ギンギン

菜々(お、遅かったあああああああ)カアァァァ

菜々「お、お、お背中流そうかと思ったんですが…水着着るのに手間取って…」

P「そ、そそ、そうだったんですか。す、すみません。もう洗い終わってしまって」

菜々「せ、せっかく水着着たし…ナナも一緒に」

P「だ、ダメです!!ダメに決まっているでしょう!!(pのことを)考えてください!!!」

菜々「むっ…。そんなに拒否されるとナナ悲しいです。無理やりでも入ります」トテトテ

P「ちょ、ちょと待って。ま、ちょ待てよ!!!!」

チャポン

菜々「お、お邪魔します…なんて」カアァァァ

P(ああああああああああああ)

151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 02:17:37.56 ID:RNbBTtZi0
P「」

菜々「……………///」モジモジ

P(な、なんとかpをふとももに挟んだからばれないで済んだ…ばれてないよね?)

P(すまんp…窮屈だろうが少し我慢してくれ…)

菜々「な、なんかすごい恥ずかしいですね///自分で入ってきて言うのもあれですけど…」

P「そ、そうですね…」

菜々(Pさんが…ナナのが混じったお湯に…///)カアァァ

P「そ、そろそろ上がりましょうか。菜々さんからお先にどうぞ」

菜々「っ……ごめんなさい、Pさん」

P「な、菜々さん?」

菜々「迷惑ですよね…こんなの……ナナ、Pさんが泊まってくれるって舞い上がって…」

菜々「ナナなんかと一緒にお風呂入っても…嫌ですよね……」グスッ

P「そんなわけないでしょう!!!」バシャァ

菜々「きゃあっ!P、Pさ……あ」

P「あ」

ギンギン

152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 02:18:53.74 ID:RNbBTtZi0
菜々「Pさん…」

P「あ、こ、これは…その……」

ギュッ...

P「ちょ…な、菜々さ

菜々「…さっきの続き…しませんか?」

シコシコ

P「あぐっ…な、菜々さん…それは」

菜々「座ってください。Pさん」

シコシコ...

P「……は、はい」チャポン

菜々「Pさんの…とってもおっきくて…熱い…」

シュコシュコ...クイックイッ

P「あっ…な、菜々さん…」ビクッ

菜々「……Pさん」シュル

P「っ!?な、なにを!!?」

グイッ

菜々「触ってください…ナナの…」

クチュ...

153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 03:29:31.39 ID:RNbBTtZi0
P「っ…!?」

菜々「ナナ…こんなになってるんです……お風呂の中でも分かっちゃうくらい」

クチュクチュ...

菜々「あっ…んんっ…Pさん…」ビクッビクッ

P「な、菜々さ…

菜々「〝菜々〟って呼んで…」

P「え?」

菜々「ナナのこと…〝菜々〟って呼んでください」

P「い、いいんですか?そんな…」

菜々「敬語も…んっ…やめてください……」

菜々「ナナは…Pさんに敬語で話されるの…つらかったんです」ウルッ

P「っ!?」

そう言った菜々さんの目は、濡れた体と相まってとても扇情的で…俺は〝理性〟なんて言葉を忘れてしまった。俺に残された選択肢は…本能のまま〝菜々〟に飛び込むことだけだった。

P「菜々!!!」ギュッ

菜々「っ…!!!あ、あ、P…さん」ポロポロ

抱きしめたその小さな体は小刻みに震えていて、このまま離したら壊れてしまうのではないか、いなくなってしまうのではないか。そんな錯覚を抱いた。

154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 03:31:16.89 ID:RNbBTtZi0
P「菜々!ごめんな!ごめんな!もうつらい思いなんてさせない!お前を泣かせることなんてしない!!」

菜々「うぁ…ヒック…Pさん…この涙は…もっと出させてくれていいんですよ?…だって…今のナナは…」

ギュウッ

菜々「嬉し泣きですから」ポロポロ

そう言って菜々は手の動きを速めた。思わず腰が砕けそうになるその感覚に耐え、菜々の小さな割れ目に指を這わす。
クチュ...クチュ...。そんな音が水中から聞こえてくるのではないかというほど菜々の割れ目からは濃い粘液が溢れ出て…

P「菜々!菜々!!」

菜々「Pさん!好き!Pさん!!」

ぎこちない指先で一心不乱に俺のものを扱う菜々に小さく笑みを浮かべる。
ぎこちなさで言えば俺も負けていないが、次第に大きくなる菜々の震えが、ちゃんと感じてくれているんだと俺を安心させた。

グチュグチュグチュ

シコシコシコシコシコ

…そろそろ限界だ。熱いものが体からこみ上げてくる。それは菜々も同じようで

菜々「アッ…アッ…Pさん、Pさん!!ナナ、ナナ……」ビクッビクン

P「菜々!俺…俺、もう…」

菜々「ナナも…!!ナナももうっ…一緒に…Pさんと…一緒に!!!」ビクッビクッ

P「ああ、菜々!一緒に…」ビクッ

グチュグチュグチュグチュグチュグチュ

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

P「…っ!!で、出る!!!」ビクッッ

菜々「あっ…んんっ…っ!!!ナナも…ナナも!!イクうううぅうぅうぅぅ」ビクンッッ

P 菜々「ああああぁあぁぁぁあああぁぁあああぁあああ!!!!!」ビクビクッビクッッ

155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 03:38:19.14 ID:n4aM5+mc0
これはもう菜々さんEND待ったなし

157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 03:57:12.97 ID:RNbBTtZi0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「のぼせちゃったな」ハハハ

菜々「そ、そうですね…///そ、そろそろ寝ましょうか?」

P「そ、そうするか!ちょっと疲れちゃったしな!」

菜々「Pさん!ナ、ナナと一緒に寝てもらえませんか?」カアァァァ

P「菜々…そうだな、一緒に寝ようか」

菜々「っ!はい!!♪」



菜々「……Pさん」

P「ん?」

菜々「ナナは…ナナはPさんが好きです」

P「…ああ」

菜々「だけどまだ…答えはいりません」

P「え?…」

菜々「ナナはアイドルです。アイドルは恋人なんて作ってはいけませんから……というのは建前で振られるのが怖いだけですけど」アハハ

P「菜々…俺は…」

菜々「分かっています。Pさんはプロデューサー……アイドルと恋愛なんて絶対に出来ません」

P「……」

菜々「もし…もし今Pさんがナナの気持ちにこたえてくれてくれたとしても……ナナは嬉しくありません。むしろ怒っちゃいます」

P「そう…だな……」

菜々「ナナがPさんに本当の意味で気持ちを伝えるのは…」

菜々「トップアイドルになってからです」

P「っ!!」

菜々「誰よりも早くトップアイドルになって…誰よりも早くPさんに告白します」

菜々「そしたら…Pさんの気持ちも聞かせてください」

P「…ああ!約束するよ、菜々!」

菜々「えへへ……菜々、誰にも負けませんから♪見ていて下さいね!Pさん♪」



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 凛「プロデューサーの結婚観を変える」モバP「独身でいいよ」【モバマスss】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434638576/


コメント
13062: 2019/11/22(金) 13:25
渋谷ェ・・・
渋谷ェ・・・
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29459-7e2bf696