ヘッドライン

雪歩「私の物にならないなら、いらないです」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:45:57.29 ID:7naDyewp0
小鳥「ごめんなさいっ・・・これ以上は・・・・」

P「そっか・・・まだ怖い?」

小鳥「ちょっと・・・・まだ怖いかな」

P「そっか、小鳥のペースに合わせるから焦ることないよ。」

小鳥「すいません・・・」

-------------------
----------
---

P「それじゃ、今日は帰るよ」

小鳥「泊まっていかないんですか?」

P「帰って資料まとめないと、さ それに毎日一緒に来てたら皆に疑われちゃうでしょ?」

小鳥「そうですね・・・」 シュン

P「それじゃ お邪魔しました~」

小鳥「気を付けて帰ってくださいね!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:51:09.75 ID:7naDyewp0
P「(今日もお預けだったか~)」

P「(勇気を持って告白したらOKをくれたのは良かったけど、)」

P「(まさか男性経験0だとは思わなかったな。)」

P「はぁ~」


雪歩「プロデューサー!」

P「! 雪歩!こんな時間にどうした?」

雪歩「プロデューサーこそ、今まで何してたんですか?」

P「俺は・・・ちょっと買い物に来てたんだよ」

雪歩「へぇ~、そうなんですか」

P「あ、あぁ。 それj  雪歩「嘘ばっかですね、プロデューサー♪」

Pえ」

雪歩「全部知ってるんですよ?」

雪歩「音無さんと付き合ってる事も、今音無さんの家から出てきた事もぜーんぶ」

P「・・・何を言ってるんだ雪歩」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:56:39.25 ID:7naDyewp0
雪歩「いいんですよぉ♪隠さなくったって」

P「隠すも何も俺は・・・」

雪歩「私の最愛の人なんですよ?気づかないワケが無いじゃないですか」

P「雪歩・・・」



   ズンッ


P「くぁっ・・・・」

P「けほっ・・・・けっほ・・・」

雪歩「あれ?おかしいな、真ちゃんが教えてくれた みぞおち ってココじゃなかったのかな?」

P「ちょっと・・・待て! ケッホ・・・」

雪歩「もうちょっと下かな?安心してください!次はちゃんと当てますからッ!」

   

   ズンッ

P「がっ・・・」

P「ゆきっ・・・ほ・・・」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:03:21.59 ID:D9ikxERe0
雪歩「プロデューサー? やったぁ!ちゃんと みぞおち に入った!」

雪歩「どうしよっかなぁ、、さすがに大人一人は重たいかなぁ? フフフッ」


ザッザッザッザッザ

真「夜中のジョギングは乙女のたしなみ~♪ってね!」

真「ん?道の真ん中に・・・人!?」

真「大丈夫ですか!?って、プロデューサー!?」

真「どどどど、どうしよう!?」

prrrrrrrrrrrrrr

小鳥「あ、プロデューサーさん?さkk 真「もしもし!?」

小鳥「え?」

真「小鳥さん!? 大変なんです!!プロデューサーが!」

小鳥「おちついて、真ちゃん! それで、プロデューサーがどうしたの?」

真「倒れてるんです!道の真ん中で!どうしよう!どうしよう!」

小鳥「近くにあたしの家があるから、何とか連れてきて!」

真「わ、わわっわかりました!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:07:50.79 ID:D9ikxERe0
小鳥「私も行った方がいいわね!?場所はどこ!?」

真「大丈夫!プロデューサー意外と軽いからいけますっ!」

小鳥「あら・・・凄いわね・・・」

真「乙女のたしなみです!」

小鳥「そんな乙女は居ないと思うな、私・・・」

真「」グサッ

真「と、とにかくダッシュで行きます! おりゃりゃりゃりゃ!!」




雪歩「真ちゃんすごい、私も真ちゃんくらいの力があればなぁ・・・」

雪歩「でも困るんだなあ、余計な事されると・・・」

雪歩「ま、良っか。 また二人になれますよね?プロデューサー?」

雪歩「ふふっ、ふふふふふ・・・」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:12:44.21 ID:D9ikxERe0
小鳥「ふう・・・」

真「はーっ・・・」

小鳥「普通は私の家じゃなくて、救急車に来てもらうのが先よ?」

真「面目ないです・・・気が動転しちゃって・・」

小鳥「まぁ 連れて来てって言ったのは私なんだけどね。」

真「はい・・・」



P「ぐっ・・・くくっ・・・」

小鳥「気がついたわ!」

真「プロデューサー!? よかった!!気が付いたんですね!!良かったあああ!!」  ギューッ

P「」

小鳥「真ちゃん、まだ起きたばっかだから離してあげて」

真「すいません!ボクったら・・・」

小鳥「それで、どうかしたんですか?」

P「俺は・・・」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:17:00.21 ID:D9ikxERe0
P「イヤ、なんだか突然胸が苦しくなってさ。」

P「大丈夫だろ~ と思って歩いてたら気が遠くなっちゃってさ、参っちゃったなもう」

真「大丈夫なんですか!?」

P「ダイジョーブ!この通り今は元気イッパイ! ま、念のため病院には行くけどね」

真「良かったぁ~ 心配したんですよ!!」

P「それで、何で俺はこと・・・音無さんの家に居るんですか?」

小鳥「ジョギング中に見つけたらしくって、連れて来てくれたんですよ。」

P「そっか、真!助かった!」

真「えへへ・・・」

P「でもどうやってここまで連れてきたんだ?」

真「それは言えません!」

P「言えないのか・・・」

小鳥「それで、どうします?

P「もう少し落ち着いたら帰りますよ」

真「そうですか、ボクはジョギング中なんでそろそろ行きますね! お大事に!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:20:57.22 ID:D9ikxERe0
小鳥「それで?」

P「それで?」

小鳥「何か隠してますよね?」

P「えっ・・・やだなあ・・・何言ってるんですか」

小鳥「わかりますよ。 実際胸なんか苦しくないでしょ?」

P「・・・・小鳥は鋭いですね。」

P「実は・・・」

----------------------------
----------------------
--------
--

小鳥「雪歩ちゃんが・・・」

P「ありえない、雪歩は優しい娘だ・・・きっと俺の思い違いなんだよ・・・」

小鳥「プロデューサーさん、私は信じてますよ」

P「・・すいません、迷惑かけちゃったかもしれません・・・」

小鳥「いいんですよ、今日はとりあえず泊まってってくださいね?」

P「そうします、そうします」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:27:42.45 ID:D9ikxERe0
チュン チュン.......

P「くぁ・・・」

小鳥「おはようございます、Pさん」

P「あぁ、良く寝た・・・小鳥の香りがしますよこのシーツ」

小鳥「何言ってるんですか、寝ぼけてないで用意してください」

P「ふわぁ~い、シャワー借りますよ」

-------------------------------

小鳥「おはよーございますー」

P「おはざーっす」

真「おっはようございます!」

P「やぁ、おはよう真」




「おはようございます、プロデューサー」


P「」ビクッ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:34:43.37 ID:D9ikxERe0
P「や、やぁ雪歩。おはよう」

雪歩「どうかしたんですか?顔色が悪いですぅ~」

P「あ、ああっいやっ・・・寝不足かな?」

雪歩「そうなんですか? 気を付けてくださいぃ~」

P「あ、あぁ。ありがとな・・・」

小鳥「(普通みたいですね?)」 ボソボソ

P「(え、えぇ・・・そうですね)」 ボソボソ

美希「小鳥とヒソヒソ話しちゃ嫌なの!」  ギュッ

P「ぐがっ!?」

小鳥「クスクス、それじゃ私は律子さんと打ち合わせ行ってきますね」

美希「いってらっしゃーい、なの」

美希「今日はダンスのレッスン行くんだよ?覚えてる?」

P「そうだったな。誰と行くんだっけか?」

美希「んーーーーと、真くんと・・・たしか雪歩なの」

P「そっか。じゃあ準備してそろそろ行こうな(雪歩か・・・)」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:42:21.73 ID:D9ikxERe0
~駐車場~
P「よーし、皆準備はいいか?そろそろ出るから車に乗ってくれー」

美希「美希は後ろで寝てるのー」

真「ボクは実は寝不足で、後ろで仮眠取りますね~」

雪歩「そしたら私は助手席ですぅ~」

ブオーン ブロロロ

雪歩「(えへへ、プロデューサーの隣・・・)」

雪歩「(あれ?)」 スンスン

雪歩「(音無さんと同じシャンプーの香りがする・・・)」

雪歩「(じゃあ泊まったのかな?一緒に浴びたのかな?私が二人になるチャンス与えちゃったのかな?二人はもっと仲良くなったのかな?どうなのかな?どうなのかな?)」

雪歩「」 フッフッフッフッフッ.....

P「雪歩、どうかしたか?少し息が荒いようだけど」

雪歩「えっ」

P「どうかしたか?」

雪歩「あ、あの ちょっと酔っちゃったかもしれないですぅ、でも大丈夫です~」

P「そっか?もうすぐ着くけど、無理しないですぐ言ってくれよ。」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:47:21.01 ID:D9ikxERe0
~レッスン中~

真「ワン、ツー! 」

美希「あれっ?」

雪歩「わわっ」

真「美希!少しズレてるよ!」

美希「ごめーん、なの。一時間もぶっ続けだから少し疲れたなの」

真「ボクはまだまだ行けるよ!」

美希「真くんは女の子はずれした体力してるからそうなの」

真「」  グサッ

P「とりあえず休憩にしようか!雪歩、皆の分の飲み物を取ってきてくれるか?」

雪歩「わかりました~」

真「ボクの体力は女の子と変わらないよ!」

美希「もー、ジョウダンなの!」

P「まったく、美希!いけないぞ!もっと頑張れ!」

美希「ハニーがなでなでしながら言ってくれたら考えるの~」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:50:51.95 ID:D9ikxERe0
P「まったく、ワガママなお姫さまだな。」 ナデナデ

美希「えへへ~嬉しいの~」

真「あっー!!ズルい!!」




雪歩「(・・・私は撫でてくれないのに、撫でてくれないのに・・・)」

雪歩「(私だって撫でてもらいたいのに・・・・!!)」

雪歩「」 フーッ フーッ フーッ フーッ フーッ フーッ....

真「ゆ、雪歩?」

雪歩「あ・・・」

真「浮かないカオしてるけど、どうかした?」

雪歩「な、なんでもないよ~ちょっと疲れちゃったのかも・・、はい飲み物♪」

真「 疲れたと言えば、美希ったらひどいんだよ、ボクの事ずっと男扱いしてさ・・・」

雪歩「(プロデューサーは私以外ありえない、ありえない、ありえない、ありえない)」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:55:55.55 ID:D9ikxERe0
~事務所~

美希「あふー・・・疲れたなの~・・・」 

真「ただ今戻りました~」

雪歩「ただいまです~」

P「ただいまなさーいっと」

小鳥「お帰りなさい!」

律子「プロデューサー、おはようございます、それとお帰りなさい」

P「おはよう律子。 でももう昼だよ」

P「昼!昼といえば昼食の時間だ!!」

律子「そうですね、そろそろお昼休みですね。」

亜美「コンビニ行く人~」

真美「いくいく~」

真「ボクも行く!雪歩は?」

雪歩「私はお弁当があるから 大丈夫!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:01:30.30 ID:D9ikxERe0
P「音無さん!ご飯ですよ!ご飯!」

小鳥「ぷっ、どこの春香ちゃんですか」

P「のワの」

小鳥「ぷっ、くくっ!ヘンな顔しないでください!」

P「今日のお弁当は何作ってくれたんですか?」

小鳥「今日は前言ってた チキンライスを作りましたよ」

P「ぃやった!タコさんウインナーが入ってる!!」

小鳥「意外とお子様なんですね、プロデューサー」



雪歩「(・・・ありえないよ、何で音無さんなの・・・ありえないよ・・・)」

雪歩「(音無さんより私のほうがプロデューサーの事詳しいのに・・・ありえない・・・ありえない・・・)」

雪歩「」 ハーッ....ハーッ.....ハーッ....ハーッ.....ハーッ....ハーッ.....ハーッ....ハーッ.....ハーッ....ハーッ.....

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:05:27.48 ID:D9ikxERe0
P「ごちそうさまです」

小鳥「ごちそうさまー」

小鳥「お茶淹れますね」

雪歩「あ、あのっ私お茶淹れました!」

P「雪歩、ありがとう!いただくよ!」

小鳥「雪歩ちゃんって気が利いてるわ、ありがとうね!」

雪歩「」 イラッ

雪歩「え、えへへ、ありがとうございます」 タタタ

小鳥「(いつも通りの雪歩ちゃんですよね?)」  ボソボソ

P「(やっぱり俺はひどいプロデューサーだ、雪歩がそんな事するハズないもんな)」  ボソボソ

P「ズズーッ」

雪歩「(えへ、えへへ・・・飲んだ・・・)」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:06:35.94 ID:uG8o8E3vO
飲んだ!

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:08:55.53 ID:D9ikxERe0
~数分後~

律子「~って事があったんですよ」

小鳥「そうなんですか~」

P「・・・・。」

律子「プロデューサー、さっきから顔色が悪いですよ?」

小鳥「それに物静かだし」

P「ち、ちょっとトイレ行ってきますね・・・」

小鳥「いってらっしゃい(ヘンなの入れたかしら?)」

律子いってらっしゃい」


雪歩「ふふふ・・・」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:11:33.22 ID:D9ikxERe0
P「(結局全部戻してしまった・・・)」

P「(体調は悪くなかったし・・・なんでだろう)」」

P「(昨日のショックだろうか・・・)」

P「いや!何てこた無い!午後もガンバロー!」  




雪歩「プロデューサー・・・あんな女が作ったご飯なんか食べたら、心身腐っちゃいますよ?」

雪歩「待っててくださいね?プロデューサー、今度から私がもっと美味しいものを作ってあげますよ」

雪歩「えへ・・・えっへへええ・・・へへっ・・・・」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:12:03.14 ID:l4sG/75H0
雪歩は可愛いなあ(白目)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:15:01.96 ID:D9ikxERe0
P「午後のノルマ終了!」

小鳥「私もです!」

小鳥&P「「帰ろう」」

春香「おつかれさまでーす」

真「プロデューサー、お疲れ様です~」

亜美真美「みんなでご飯いこーっ」

千早「いい考えね、行きましょう」

真「雪歩、ボク達も行こうよ!」

雪歩「えっ・・・あっ・・・うん・・・(あの女が手を出さないように見てなきゃいけないのに)」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:22:26.21 ID:D9ikxERe0
亜美「ねーねー」

真美「最近のピヨちゃんと兄(C)、ラブラブじゃない?」

雪歩「!」

千早「確かにそうね。最近ちょっとくっつきすぎな感じが・・・」

春香「二人とも仲良くてちょっと羨ましいかも~」

響「ピヨ子と話してる時のプロデューサーは鼻の下が伸びきってて、見てられないぞ」

真美「惚れてるよね」

亜美「絶対惚れてる」

春香「今日 も 一緒に帰ってたしね」

雪歩「・・・!」

亜美「あぁっ、小鳥!好きだよ!」

真美「えぇ、私も大好きよ プロデューサーさん♪」


くすくす

雪歩「・・・・・・よ・・・」

真「雪歩?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:27:14.00 ID:D9ikxERe0
雪歩「ありえないよ!!!!」   ガタンッ

ザワザワ・・・・

真「ゆ・・・雪歩?どうしたの?」

雪歩「あ・・・私・・・ごめん・・・」

雪歩「ごめん、今日は私帰ります・・・」 タタッ

真「ちょっと雪歩!」

千早「どうかしたのかしら・・・萩原さん」

真美「三角関係だね、亜美」

亜美「トライアングラーだね、真美」  ニヤニヤ

真「二人とも!」

真「(どうしたんだろ・・・ヘンだよ雪歩・・・)」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:30:53.60 ID:D9ikxERe0
雪歩「(プロデューサーが惚れてる?おにあい?好きだよ?)」

雪歩「(そんなのありえない、プロデューサーは私だけに誓ったんだ、トップアイドルにさせてくれるって)」

雪歩「(アイドルでもない人に浮気するワケがない・・・)」

雪歩「(私だけの、私だけの・・・プロデューサーなんだから・・・!)」

雪歩「」ハッ  

雪歩「そっかぁ、私への気持ちを、直接聞きに行けばいいんだ。」

雪歩「待っててくださいね?今行きますからね?大切な私のプロデューサー。」

雪歩「きっといい返事が聴ける。聴けないワケないもん。聴けなかったら・・・」

雪歩「(埋めちゃうかもしれませんよ?)」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:33:03.73 ID:D9ikxERe0
~Pの家~

P「小鳥、今夜こそは・・・」

小鳥「はい・・・」

小鳥「やさしく、やさしくですよ?」

P「もちろん」



(描写は経験不足の為割愛)

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:34:02.51 ID:uG8o8E3vO
こらこら

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:37:13.90 ID:D9ikxERe0
P「ふぅ・・・」

小鳥「はぁ・・・」

P & 小鳥「「((しちゃったんだなぁ・・・))」」

小鳥「そ、そろそろ帰りますね?」

P「あ、送りますよ?」

~外~

小鳥「おまたが痛い・・・」

P「すいません・・・下手糞で・・・」

小鳥「やさしくって言ったじゃないですか・・・」

P「すいません・・・その・・・あんまりにも小鳥が・・・かわいいから・・・」

小鳥「ピヨッ」

小鳥「・・・そういうのズルいですよ」

P「すいません、小鳥さん・・・」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:40:29.70 ID:D9ikxERe0
P「でも俺、今日の事で踏ん切りがつきましたよ」

小鳥「はい?」

P「小鳥、結婚しよう」

小鳥「えっ!?」

P「絶対に幸せにする、誓って幸せにする。」

小鳥「・・・・・。」

P「俺と結婚してほしい・・・」

小鳥「もうっ・・・やだっ・・・」

P「(イヤなのか・・・)」

小鳥「ノリでこんな事言って、ズルいですよ、もう!」 グスッ

P「すいません・・・」

小鳥「ここまできたら、幸せにしないと絶対に許しませんからね?」

P「え・・・それじゃあ・・・」

小鳥「はい、よろしくおねがいしますね♪」

P「こ、小鳥ぃ・・・」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:41:13.15 ID:D9ikxERe0
雪歩「 あ     ー    、    そ    ー   な   ん   だ   ぁ    ー   。     」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:45:32.56 ID:D9ikxERe0
P&小鳥「!?」

雪歩「ふふふっ・・・・せっかく走ってまでこっちきたのに・・・」

雪歩「なんだか損しちゃいましたねえ? ねえ?プロデューサー?」

雪歩「音無さんがいいんですか?いいんですね?結婚するんですね?」

雪歩「私にたいしてはウソだったんですね?そうですよね?」

雪歩「あはっ!!折角お弁当も吸収しないように吐かせたのにおそかったのかなー!?」

P「そうか・・・あれは・・・」

小鳥「雪歩ちゃん、あなt  雪歩「黙っててくださーい」

雪歩「もう 中身まで全部全部ぜーーーーんぶ侵されちゃったんですね?音無小鳥に!」

P「お前・・・」

雪歩「わかりました!もうプロデューサーは音無さんを選びました!」

雪歩「もう 音無さんのモノになったプロデューサーなんていりません♪」  キラッ

P「(・・・ドスだ・・・)」

小鳥「雪歩ちゃん・・あなた・・」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:49:42.96 ID:D9ikxERe0
P「小鳥」

小鳥「はい?」

P「逃げて」

小鳥「え!?」

P「早く帰ってください、彼女本気です」

小鳥「で、でも・・・警察に電話しないと・・」

P「ダメです!」

小鳥「」 ビク

P「雪歩をこんな形で失いたくない・・・」


雪歩「今頃そんな事いっても遅いですよ~?」


P「必ず雪歩の意識を戻して帰るから、今は逃げてくれ・・・」

小鳥「・・・絶対ですよ!約束ですよ!?」

P「はい」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:52:47.03 ID:D9ikxERe0
雪歩「えへー、紳士なんですねプロデューサー♪」

P「雪歩・・・戻ってきてくれ・・・優しい思いやりのある雪歩に・・・」

雪歩「こうしたのはぜーんぶあなたです、あなたが私を台無しにしました」

P「・・・。」

雪歩「でも安心してください。私の理想のプロデューサーを今から作ります」

雪歩「それで いーーっぱい 手を尽くしてあげますよ プロデューサー」

雪歩「二人で夢の世界へ行きましょう、トップアイドルになって・・・二人で・・・ね?」

雪歩「ね? プ  ロ  デ  ュ  ー  サ  ーさああああん!!」   ダッ


-----------------------------------

--------------

------

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:01:10.55 ID:D9ikxERe0
そのあと、すぐには二人は帰って来なかった。
妊娠が発覚した私は、双海家の計らいで入院生活を送っている。
半年以上たった今だけど、私はいつか・・・

いつか二人は帰ってくると思う。

~病室~

小鳥「・・・。」

律子「そんな事が・・・」

真「ボクに相談もしないで・・・ボクがもっと早くに気づいてたら・・・」

律子「私こそ問題があったわ・・・二人の異変にもっと早く・・・」

亜美「私たちがあんな話しなければ・・・」

千早「でも・・・なんで萩原さんが・・・」

春香「優しいけど、気が弱い雪歩ちゃんが・・・」


貴音「愛ゆえ、でしょう」

貴音「男性恐怖症でも、唯一心置きなく話せるぷろでゅうさあ殿を深く愛していました」

貴音「小鳥嬢との関係を見て、萩原雪歩の理性を超えて、そういった行動をとらせたのでしょう・・・」

小鳥「私が・・・悪いのかな」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:06:08.93 ID:D9ikxERe0
貴音「誰も悪くないのです、人間という物は愛を求めてさまよう種族なのですから・・・」

小鳥「二人とも・・・」


グスッ・・・・ エグッ・・・


伊織「はーい、しんみりしてるところ失礼するわね?」

小鳥「伊織ちゃん・・・」

伊織「まずは報告ね。」

伊織「あいつ・・・ いやプロデューサーと雪歩が見つかったわ」

小鳥「!」

一同「!!」

小鳥「あ、あの人は生きてるの?」

律子「ダメです、小鳥さん動いちゃダメですよ」

真「ねえ伊織!教えて!雪歩は・・・雪歩はいったいどうしてるの・・・?」

伊織「それについては本人から聞いた方が早いわね」

伊織「どーぞ、プロデューサー」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:09:21.12 ID:D9ikxERe0
P「や、やあ皆」

小鳥「・・・うぅ・・・バカ・・・戻ってくるって言ったじゃないですか・・・」 グスッ・・・

小鳥「グスッ・・・・クッ・・・」

P「ごめんな、小鳥・・・」

P「みんなも、心配かけてすまないな。」

律子「ほんと、バカですよ貴方は」

春香「心配したんですからね!!もう!」

亜美真美「兄Cが戻ってきた!」

律子「それで、説明してくれますか?この半年間の事」

P「あぁ・・・」

-------------------------------
---------------------
------

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:15:35.65 ID:D9ikxERe0
P「あの後、俺は雪歩に切られたんだ。」

P「でもキズは浅かったんだよ。ホラ」  グイ

律子「結構大きいじゃないですか・・・」

P「血が大量に出たよ。俺も驚いたくらいだよ」

P「話をつづけるよ」

P「さっき言った通り、血が大量に出たショックで俺は気絶しちゃったんだ。」

P「目を覚ますと、雪歩が俺を介抱してくれてたんだ・・・・」

P「俺が死んだと思って、たぶん間違いに気づいてくれたんだろうな・・・」

律子「それで、雪歩は!?」

P「雪歩は・・・実際に見てくれた方がいい・・・俺の家に何人か来てくれ・・・」

真「雪歩に会いたいからボクが行きます!」

律子「私も行くわ!」

千早「私、行きます」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:23:45.31 ID:D9ikxERe0
~Pの家~

P「雪歩、ただいま」

雪歩「」ブツブツ・・・・

真「ゆ、雪歩・・・雪歩おおおおぉぉ!!会いたかった!会いたかったよ!」

雪歩「・・・・真ちゃん?苦しい・・・」

雪歩「ほら、プロデューサーも真ちゃんに挨拶してください」

P「何でだろうな、俺を俺と認識してくれないで、俺の血がベッタリついたジャケットを俺と思い込んでるんだ」

律子「・・・雪歩・・・」

律子「どうして黙ってたんですか・・・」

P「俺のせいでこうなった」

P「俺のせいで雪歩は壊れた」

P「俺に出来る償いはこれしかないと思った」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:30:20.34 ID:D9ikxERe0
律子「・・・。」

社長「私も最初は戸惑ったよ」

P「社長」

社長「彼が強く皆に言わないでくれ、というから私もみんなに黙ってたんだ。」

P「社長だけには言っておいたんだよ。社長の計らいでこのアパートを用意してくれたんだ。」

P「・・・ごめん・・・」

律子「うぅっ・・・雪歩・・・雪歩・・・」

雪歩「痛いですよ・・・律子さん・・・」

律子「もう・・・平気よ・・・」

小鳥「なるほどね~」

P「小鳥!」

P「寝てなくて平気なのか?」

小鳥「先生方にはちゃんと許可取ったからダイジョーブ!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:36:34.39 ID:D9ikxERe0
小鳥「雪歩ちゃん」

雪歩「あ・・・音無さん・・・」

雪歩「私…・私…ぐすっ・・・ごめんなさい・・・ごめんなさいぃ・・・

小鳥「よしよし、もう大丈夫よ・・・」

雪歩「うえええっ・・・・・」

雪歩「お腹・・・・ヒック大きいんですね・・・」

小鳥「あの人との子供よ」

雪歩「うっ・・・・ひっ・・・良かった・・・良かったですね・・・」 グスッ

P「小鳥、そろそろ戻ろう・・・」

小鳥「はい、雪歩ちゃん、またね」

雪歩「うっ・・・うぅっ・・・さようなら・・・さようならです・・・」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:42:54.10 ID:D9ikxERe0
雪歩は、伊織の所に引き取られた。 
子育て生活は想像してたより大変だし、小鳥さんが居なくなった分その仕事が俺と律子にのしかかってるけど、
どーにかこーにかやって行ってる・・・と思う。
そして・・・・




「  プロデューサー、ただいま戻りました!   」



P「あぁ・・・お帰り雪歩!」



終わり



元スレ: 雪歩「私の物にならないなら、いらないです」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377528357/


コメント
12953: 2019/10/18(金) 15:44
くそじゃん
12954: 2019/10/18(金) 17:46
これ書いたやつは何がしたかったんだろうな?途中で飽きたんか
12956: 2019/10/19(土) 12:59
ゆきぽ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29456-25588ecf