ヘッドライン

雪歩「お邪魔します、真ちゃん!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:33:31.50 ID:oKiF9AKoO
仕事終わりの土曜日の夕方

ボクの部屋に遊びにきた雪歩は、いつもよりハイテンション

「このヌイグルミ可愛いね!」

「ボクには似合わないんだろうけどね」

「そんなことないよ!」

だと良いけどね

「真ちゃんもとっても可愛いんだから!」

雪歩くらいだよ
そう言ってくれるのは


※ガチ百合を書きます
それ系が苦手な方は回れ右なの!


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:38:36.00 ID:oKiF9AKoO
「テキトーに寛いでてよ。飲み物持ってくるから」

「うん、ありがとう」

「日本茶でいい?」

「日本茶がいい!」

「リョーカイ」

「えへへー」

なんだか寒いと思ったら、外は雪が降り始めてた
積もらないといいけど

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:47:15.98 ID:oKiF9AKoO
テーブルの上のホットミルクと日本茶

そこから立ち昇る湯気と同じくらい白い、雪歩の肌

羨ましいよ、まったく
同じ女としてね

「このお茶美味しいね」

「そう?喜んでくれて良かった」

無邪気な顔でお茶の香りを楽しんでいる雪歩
可愛いなぁ、やっぱり

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:50:17.57 ID:oKiF9AKoO
「最近詩を書いてる?」

「え?う、うん、一応…」

「見せて?」

「ダメ!」

「なんでだよー」

「恥ずかしいからダメ!」

いつも通りのやり取り
まぁ、ホントに見せられたらボクの方が恥ずかしくなりそうだけどね

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:56:01.44 ID:oKiF9AKoO
「最近、詩の感じが変わっちゃったから…」

「そうなの?どんなふうに?」

「えっと…何て言えばいいのかなぁ」

「デスメタルっぽくなったとか?」

「違うよー」

見てみたいけどね
獣の如く死と欲望と憎悪を叫ぶ雪歩を

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:00:49.29 ID:oKiF9AKoO
「うーんと…年頃っぽくなった、かなぁ?」

「何の年頃?」

「そういう年頃、だよ」

ひょっとして恋愛系?
でも、もともとそういう詩ばっか書いてそうだよなぁ

「そうじゃなくて…ちょっとだけ…」

「ちょっとだけ?」

「エッチな感じの詩…」

「…そうなんだ」

えっと…
ボクは何て返せばいいの?

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:05:02.59 ID:oKiF9AKoO
マズい

なんだか微妙な空気だ

雪歩は顔を真っ赤にして俯いてるし

「お、音楽でもかけよっか」

「…うん」

ガツーンと景気のいいロックでも聞いて、空気を変えなきゃ

ボクはCDラックから一枚のアルバムを取り出し、ステレオにセットした

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:10:20.16 ID:oKiF9AKoO
「…なんていう人?」

「Hoobastankってバンド」

「そうなんだ…」

…効果なし

ここはボクの軽妙なトークで!

と思ってはみたものの、ちっとも言葉が出てこない

うーん
まいったな…

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:14:03.71 ID:oKiF9AKoO
「ねぇ、真ちゃん?」

「えっ?ど、どうしたの?」

なぜかテンパるボク

「真ちゃんは…興味ある?」

「何に?」

「だからそのぅ…エッチなことに」

「な、ないよ!ないない!!」

さらにテンパるボク

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:20:11.46 ID:oKiF9AKoO
「真ちゃん、ウソついてる」

「ホントだよ!ってか、なんでそう思うの?」

「顔真っ赤だもん」

やっぱり?
熱くなってるのは分かってたんだよねー

…って、感心してる場合じゃないし!

「ボ、ボクは…そういうのはあんまり…」

「ううん。真ちゃんも年頃の女の子だもん」

それはそうだけどさ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:23:53.74 ID:oKiF9AKoO
「みんなが通る道だと思うなぁ」

「う、うん…」

「だから、恥ずかしがらなくても大丈夫だよ!」

「あ、ありがと」

なぜか慰めてる雪歩
素直にお礼を言ってるボク

なんだよ!
ボクが何したっていうんだよ!

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:26:55.99 ID:oKiF9AKoO
「…真ちゃん?」

「な、何?」

「隣に座りたいなぁ」

「な、何で?」

「えへへ、何となく」

雪歩の目が潤んでるように見えるのは…

うん!きっと気のせいだ!
そうに決まってる!

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:32:01.90 ID:oKiF9AKoO
「お邪魔しまーす」

まだ何も答えてないのに、ボクの右隣に座り直した雪歩

スカートの裾からは細い脚がチラリと…

って、いやいやいや!
ボクたち女同士だし!

何もヤラシくなんかないじゃないか!

「えへへー、近いね」

何で手を握ってるんだよ雪歩!

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:34:39.93 ID:oKiF9AKoO
「あ、あの…雪歩?」

「なぁに?」

「手?」

「テ?」

「いや、だから…手?」

「誰の手?」

「ボクの手」

「あったかいね、えへへ」

そうじゃない…
そうじゃないんだ雪歩…

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:39:30.07 ID:oKiF9AKoO
「ねぇ、真ちゃん?」

「…今度は何?」

「お顔見せて?」

「…なんで?」

「だって…ずっと向こう向いてるんだもん」

「…持ってるマンガの数を数えてるんだよ」

「125冊だよ?」

「なんで雪歩が知ってんの!?」

「こっち向いたぁ。えへへー、嘘だよー」

小悪魔だよ…
ボクの隣に小悪魔がいるよ…

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:47:59.41 ID:oKiF9AKoO
「髪伸びたね」

「…うん」

ダメだ
雪歩の目を見れない…

「どこまで伸ばすの?」

「まだわかんない」

「真ちゃん、サイドポニーなんかも似合いそう」

「亜美や真美みたいな?」

「もう少し下で束ねる感じかなぁ」

そう言ってボクの髪を手で束ねた雪歩

「ほら!やっぱり可愛いよぅ!」

ボク、馴れてないんだよなぁ…
"可愛い"って言葉に

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:52:13.00 ID:oKiF9AKoO
そんなボクの感情を見透かしたように

「真ちゃん可愛い」

を連呼してる雪歩

誰がどう見ても雪歩の方が可愛いと思うけどなぁ
性格もちゃんと女の子だし

ボクに無いものを全部持ってる感じかな?


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:00:38.12 ID:oKiF9AKoO
流れてくる音楽はバラードに変わった

The reason

ボクは完璧な人間じゃない いろいろな過ちを犯したけれど やっと生きる理由を見つけた
それが君なんだ

って内容の名バラード
普段ならメロディーに浸れるんだろうけど…

いまはこの"妙な雰囲気"を加速させてしまってる

その証拠に…
雪歩を頭をもたれかけてきた
ボクの右肩に

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:04:31.62 ID:oKiF9AKoO
「いい曲だね」

「うん…」

「恋人同士で聴きたい?」

「そりゃあ、いつかはね」

「…ふーん」

なぜ拗ねるんだい、雪歩?

「私は、また真ちゃんと聴きたいなぁ」

「じ、じゃあ今度きたときにもかけるよ」

「…ふーん」

なんでボクが女心について悩まなきゃならないんだよ!

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:08:31.65 ID:oKiF9AKoO
「怒った」

「へ?」

「私が」

「そ、そうなの?」

「うん、怒った。ご立腹だよ」

「ご、ごめん」

「…」

「…」

なんなんだコレ?

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:12:54.45 ID:oKiF9AKoO
「えっと…どうすればいいのかな?」

「自分で考えて下さい」

「…」

「…チュー」

「へ?」

「早く考えて下さい」

「あ、うん…」

「…」

「…」

チューって言ったよね?
いや、きっとボクの聞き間違いだよ
アハハ

ハハ…

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:15:24.30 ID:oKiF9AKoO
「チュー?」

「…」

「チューすればいい?」

「…」

「チューする?」

「…」

「チューします!」

「そ、そんなの恥ずかしいよぅ!」

ヒドい!
これはヒドい!

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:21:23.32 ID:oKiF9AKoO
「じゃあ…えっと…おでこに」

「…ふーん」

またかよっ!
ってか、雪歩ってこういうタイプだったんだね…

「ほっぺ?」

「…アーヒルーのれーんしゅー」

…歌い始めちゃったし

「く、くちび…る?」

「きゃー!私、どうしよう!」

ボクもどうしよう…

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:25:08.76 ID:oKiF9AKoO
「雪歩…したことあるの?」

「…ないよ」

「えっと…いいの?」

「…うん。真ちゃん?」

「だって…雪歩怒ってるみたいだし」

「ホントに嫌だったら、無理しなくていいよ?」

「嫌じゃない…かな?」

「うん」

そしてボクらは…
お互いの唇の柔らかさを知った

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:30:37.53 ID:oKiF9AKoO
「何の味がした?」

「え?日本茶?」

「真ちゃんムード無さすぎだよぅ!」

「えぇ!だってさぁ…」

「怒った。今度は割と本気で」

またぁ?
雪歩って意外と尻に敷くタイプなのかな?

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:35:20.70 ID:oKiF9AKoO
「今度は何すればいい?」

「…今度は私からしてもいい?」

「何を?」

「…さっきの」

「…」

「嫌…かな?」

「もう怒んない?」

「うん」

「絶対?」

「うん。絶対」

なんかボクの方が甘えてるみたいになってきたんだけど

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:39:44.53 ID:oKiF9AKoO
「じゃあ…えっと、目を閉じて?」

「うん…」

雪歩に言われるがまま

うん、分かってたよ
押しに弱いんだよね、ボク

そして、再び重なる唇
さっきは一瞬だったけど…

長くないか、雪歩?
ってか、長いよね?

なんかチカラ入らなくなってきたんだけど…

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:43:34.46 ID:oKiF9AKoO
「真ちゃん、舌出して?」

囁く雪歩

「へ?へ?」

「ベロ」

また言われるがままのボク

「もっと」

「ひゃい…」

はい、って言ったつもり
自分では

その舌を吸い始めた雪歩

なんかおかしいよね?
これ、絶対おかしいよね!?

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:48:05.24 ID:oKiF9AKoO
おかしいと分かっているのに、抵抗できないボク
まったくチカラが入らない
手にも足にも

いや、瞼にはチカラが入ってるかな?
だって、目を開けたら恥ずかしいじゃん?
だから必死になって閉じてた

「…ん」

声帯にもチカラを込めてたんだけどなぁ
どうやら無駄な抵抗だったみたい

出ちゃったもん、声

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:54:17.66 ID:oKiF9AKoO
いつの間にかボクの口の中に入ってた雪歩の舌
柔らかいんだよね、これが

ボクの髪を撫でながらキスを続けている雪歩
小さな手がゆっくりとボクの頭を上下する

なんか、考えるチカラも無くなってきちゃったよ


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:59:46.15 ID:oKiF9AKoO
どれくらいの時間そうしていただろ?

やっと唇を離した雪歩

ゆっくり目を開けたボク

視界がぼやけていて、雪歩がどんな表示なのかよくわからない

「真ちゃん、目が潤んでる」

あぁ、そういうことか

「えへへ、可愛い」

今度は抱きしめられた
雪歩の鼻が首筋に当たってくすぐったい

…くすぐったいだけだからね?

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:04:02.79 ID:oKiF9AKoO
「真ちゃん?」

「何?」

耳元で囁く声がスゴく甘かった
返事をしたボクの声も、たぶん…

「もうやめる?」

「…わかんない。頭がボーっとしてるから」

「…良かった?」

「何が?」

「チュー」

「…うん」

このときボクは、何を期待して頷いたんだろう?

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:10:01.05 ID:oKiF9AKoO
ボクから身体を離した雪歩と思いっきり目が合った

それも当たり前か
あれだけジーッと見つめられれば

また目が潤んだきたのが自分でも分かった
だからまた目を閉じた

何かを期待したわけじゃなかった…ハズ

だけど…
もう一度唇の柔らかさを感じたとき、ボクはハッキリと嬉しかったんだ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:17:55.41 ID:oKiF9AKoO
雪歩の手が、また上下に動く
今度はさっきよりもゆっくり、小さく

頭ではなく、胸の辺りで

何かを我慢するために、雪歩のトレーナーの背中を握りしめた

雪歩の唇はボクの唇から離れ、頬を伝い首筋へと移った

くすぐったくないワケじゃない
だけどそれ以上に…

…いや、やっぱり内緒

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:22:50.07 ID:oKiF9AKoO
「手、入れるね?」

どこに?
なんてムードの無いことは言わずに、黙って頷いた

シャツの裾をから入り込んだ手が、上に登ってくる

嫌だなぁ
雪歩は自分のことを

ひんそーでちんちくりん

とか言うけど、ボクの方がだいぶ小さいんだよなぁ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:28:17.17 ID:oKiF9AKoO
「…可愛い」

「…小さいって言いたいんだろ?」

「あ、ゴメン」

…否定しないんだね
まぁ、否定のしようがないんだろうけどさ

「あのさ、真ちゃん?」

「どうしたの?」

「触りづらい、かなぁ?」

「…うん?」

「脱いで貰えると…その…」

助かる?
そう言われて素直に脱げるワケがない

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:32:53.28 ID:oKiF9AKoO
「自分で脱げる?」

「…無理」

「じゃあ…脱がすね?」

「…無理」

「真ちゃん、ワガママだよぅ!」

え?
ボクが悪いの?

だとしたら世の中間違ってるよ!

「脱がします!」

突っ走る雪歩
こんなアグレッシブな雪歩は初めてだよ…

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:37:57.07 ID:oKiF9AKoO
言うまでもなく無抵抗なボク

あっと言う間にブラ一枚になった上半身

「いいのかなぁ?」

「…良くないって言ったら?」

「…」

…聞いたボクがバカだったよ

背中に手を回し、ホックを外す雪歩
そしてブラを脱がせ、こう言った

「真ちゃん、手どけて」

どけたら見えちゃうだろ!

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:42:43.93 ID:oKiF9AKoO
「見たいから言ってるんだよぅ!」

…こんな分かり易い逆ギレは初めてだよ

「…じゃあ、こうする」

そう言うと背中に回り、後ろから抱きしめられた

「これなら恥ずかしくないよね?」

「…少しは」

「じゃあ、手どけて?」

観念したボクは、ゆっくりと手を下ろした


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:48:48.10 ID:oKiF9AKoO
「…触るね?」

「…うん」

雪歩の指が突起に触れた
しかも両方の

ビクッ、と反応してしまった自分の身体が恥ずかしかった

手の甲を口にあてがい、漏れそうになる声を押しとどめた

雪歩は背中に唇と舌を這わせながら、指使いを続けてる

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 05:56:32.35 ID:oKiF9AKoO
不意に身体が後ろに倒れて行くのを感じた
驚いて目を開けると、そこには天井

どうやら、雪歩に寝ころばされたみたい

ボクが抗議の声を上げる前に、唇は塞がれていた
その間も、指は動き続けてる

雪歩の唇は顎へ、そして首筋へと位置をずらしていって…

胸の辺りで止まった

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:02:46.64 ID:oKiF9AKoO
「…あ…ン」

自分にそんな声が出せるだなんて、ちょっと意外だったなぁ

胸から全身に広がっていく波を感じながら、ボクはもう抵抗を諦めていた

それくらい…
その…あれだよ…

良かった
気持ちが


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:09:48.11 ID:oKiF9AKoO
だから

「ジーンズ、いい?」

って言われたときも、すぐに頷いてた
もっと良くなれる気がしたから

ホントは寒いハズなのに、全然寒くない
それぐらい身体が熱くなってたんだろうな、きっと

雪歩の顔が胸の辺りに戻ってきた
舌で乳首を転がしながら、右手は下へ下へと…

「触るよ?」

少しだけ間を置いてから頷いた
考えるフリをしたから

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:15:40.59 ID:oKiF9AKoO
固く閉じた脚の隙間に、雪歩の手が入り込んできた
そして最後の一枚越しに、その部分に触れた

反射的にさらに固く脚を閉じる
だけど雪歩はお構いなしで、指を動かし続けてる

「あ…ん…くぅ…」

勝手にチカラが抜けていく脚
そして、勝手に開いていく脚

これじゃあ

「もっと…」

って言ってるみたいじゃん!

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:19:32.37 ID:oKiF9AKoO
いや、

「じゃあ止める?」

って聞かれたら、たぶん首を横に振ってたんだろうけどさ

漏れる声を隠す気も無くなったボクは、押し寄せてくる波に身を任せきっていた

そして、それを与えてくれる雪歩に


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:25:38.90 ID:oKiF9AKoO
下着の中に入ってきた雪歩の手は、冷たかった
というより、ボクの身体が熱くなっていた
特に、その部分が…

「すごい濡れてる」

「…言わなくていいよ」

「あ、ごめんね」

そこで濡れた雪歩の指が、その…

恥ずかしくて言えないけど、たぶん一番気持ちいいであろう突起に触れた

…実際、気持ち良かった
恥ずかしくけどさ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:30:31.96 ID:oKiF9AKoO
雪歩の手が動くたびに、あまり聞きたくない音がする

どんな音かは言わないけどね?
いや、言えない、の間違いか

動きが速くなるにつれ、何かが弾けそうになっていく
脚は勝手に大きく開かれていて、なぜか腰も勝手に動いている

何なの、これ?
スケベな人みたいじゃん、ボク!

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:35:36.39 ID:oKiF9AKoO
自分がどんな言葉を発してるかも分からなくなってきた

だけど、雪歩の息づかいは聞こえた
左腕でボクを抱きしめながら、荒く息づく雪歩

ボクを気持ちよくしようとしてくれてるんだね?
そう思うと、愛おしいてたまらなくなった
泣きそうになるくらいに

だからボクも、ギュッと抱きしめた
ひょっとしたら痛かったかな?

雪歩が何も言わなかったから、分かんないや

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:43:53.81 ID:oKiF9AKoO
大きくなっていく波

全身に広がっていく波

「ハァ…ん…アァ…雪…歩…雪歩!」

その波が弾けたとき…

身体が浮かんでるような気がしたんだ
プカプカ、プカプカって

そのあとから、音楽が聞こえた
メロディーもリズムも無いけど、あれは確かに音楽だった

それさえも消えたとき、残っていたのは…

愛、なのかな?

ボクにはまだ分からないや

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 06:55:35.14 ID:oKiF9AKoO
全身を包んで何かが弱くなったから、目を開けてみた
見慣れた天井があった

顔を右に向けてみた
雪歩の笑顔があった

「えへへ…」

ボクよりも疲れてそうな雪歩の頭を、できる限り優しく撫でた

窓の外はもう暗くなっていたけど、ボクらはずっと抱きしめあっていた

ひょっとしたら雪が積もってるかもしれない
白い雪が、ボクらの外側に

だけどボクらは温かかった
横にある笑顔も、そう言っていた




お し ま い



元スレ: 雪歩「お邪魔します、真ちゃん!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1328895211/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29370-dd81674e