ヘッドライン

あずさ「うふふ、今日はプロデューサーさんとお買いモノ♪」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 19:27:37.75 ID:ZGQ0h3960
あずさ「お疲れさまです~、プロデューサーさぁん」どたぷ~ん

プロデューサー「はい、今日も一日お疲れさまです。あずささん」

あずさ「う~ん。中々お仕事きませんねぇ~。ごめんなさい~私もっとしっかりしなくちゃ、ですね~」

プロデューサー「いえいえあずささんは頑張ってますよ。全部、俺のせいですから」

あずさ「あらあら~そんな落ちこまないでください~、プロデューサーさん」

プロデューサー「ハハ……」

あずさ「……そうだわ、プロデューサーさぁん」 プロデューサー「?」

あずさ「今度の土曜日、デートしてくれま・す・か?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 19:32:24.96 ID:ZGQ0h3960
プロデュサー「えぇ?!デート……ですか」アセアセ

あずさ「はい~、デート、ですね~。カフェにいって、ゆっくりしましょ?」

プロデューサー「俺なんかでよければ……」

あずさ「うふふ、それじゃ楽しみにしてますね♪」

……。

あずさ「明日は、ちょっと緊張しちゃうわね~」

あずさ(いつか、運命の人に、出会えますように……)

あずさ(うふふ。おやすみなさい、プロデューサーさん)

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 19:37:41.43 ID:ZGQ0h3960
そして土曜日……。

あずさ「う~ん、道に迷ってしまったわ」

春香「ズコー!」

あずさ「あら~春香ちゃんじゃないの~偶然ね~」

春香「こんにちはあずささん!も~思わずズッコケちゃいましたよ!何でデートなのに迷子なんですか!」

あずさ「あらー?」

春香「ちゃんと待ち合わせしてください!あそこの路地曲がって!信号3つ目右です!」

あずさ「あらあら~。ありがとうございます~」

春香「それじゃ、私はこれで!」スタスタ

あずさ「はい~」

ポツン……

あずさ「……春香ちゃんに連れていってもらえばよかったわ~」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 19:42:57.72 ID:ZGQ0h3960
あずさ「えっと……ここの路地を……」スタスタ

あずさ「曲がって……」

あずさ「3つ目の信号を、たしか左だったかしら~」どたぷ~ん

あずさ「プロデューサーさんの携帯も圏外だし、困ったわね~」スタスタ

……

あずさ「う~ん……ここはどこかしら~」

男「お姉さんお姉さんちょっといいですか?」

あずさ「あらあら~」

男「どこに行かれるんですか」

あずさ(あら、親切な人もいるのね~)

あずさ「私、カフェ『ジューシーポーリー』に行きたいんです~。だけど迷ってしまって~」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 19:49:24.41 ID:ZGQ0h3960
男「へぇ、それじゃたまの休日はゆっくり過ごしちゃう感じですか?」

あずさ(待ち合わせの時間まで、あと30分ね~)チラッ

あずさ「うふふ、ゆっくりと、楽しい時間を過ごしたいですね~」

あずさ(プロデューサーさんと……)

男「お姉さん、絵画とか興味ありそうですね」

あずさ「えっ」

男「なんか、品がありそうですし、芸術も理解できそう」

あずさ「う~ん、絵ですか~。そうねぇ~、たまに、友達と美術館に行くくらいで~」

男「おぉ!いや~さすがですね!お目が高い」

あずさ「あらー?」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 19:54:50.63 ID:ZGQ0h3960
男「今ですね、すぐそこで有名画家の展示会をやってるんです」

あずさ「そうなんですかぁ」

男「入場無料なんですけれど、中々人が来なくて……」

あずさ「う~ん、大変なんですね~」

男「はい、このままだと企画が失敗してしまって……」

あずさ「……」

男「せっかく、世界各国から集めたんですけどねぇ……」

あずさ「う~ん、とっても見たいんですけれど──」

男「ホントですか?!それじゃこっちです!」ガッ

あずさ「今日は予定が……あらー?!」

男「大丈夫です!入場無料で、すぐに帰れますから!」

あずさ(うぅん、困ったわ~)

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:00:33.61 ID:ZGQ0h3960
シィン……

あずさ(つい流されて、来てしまったわ~)

あずさ「あの、私20分くらいしかお時間が無いんです」

男「はい、じゃここに記入してくださいね、あ、個人情報は結構ですから」

あずさ「はい~……」

あずさ(三浦あずさ、と)キュッキュッ

あずさ(職業は、う~ん自営業なのかしら?)キュッキュッ

あずさ「これでよろしいですか?」スッ

男「ありがとうございます。それじゃえーっと……あずささんゆっくりしてってくださいね」

あずさ「あの、私時間が……」

男「ここから順路になってますから!ささっ」

あずさ「あらー」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:06:21.57 ID:ZGQ0h3960
コツコツ……

あずさ(う~ん、たしかに私以外いないわね~)

『街はー歪んだラヴィリンスッ!!!!!』

あずさ(ちょっと、BGMが派手かしら。周りの音がよく聞こえないわね~)

男「あずささん、自営業って何やってるんですか?」

あずさ「えっと~……」

あずさ「一応アイドル、です」

男「そうなの?!スッゲーなぁ!」

あずさ「まだまだ駆け出しけれど……」

男「うわー俺アイドルと生で会っちゃったよ~」

あずさ(なんだか急に雰囲気が変わったわ。柔和なお人ね~うふふ)

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:15:34.25 ID:ZGQ0h3960
コツコツ

男「あとでサインもらっていい?」

あずさ「えぇ~もちろんです」

男「よっしゃ!家宝にするわ!」

あずさ「ありがとございます。あの、そろそろカフェに……」

男「あーうんうんここ見終わったら案内してあげるから」

男「大丈夫大丈夫、すぐだよ」

あずさ「……はい~」

男「ところで俺いくつに見える?」

あずさ「うーん25歳くらいですか?」

男「ブブー!実は30歳です!あずささんは随分と若そうだね~ 16歳くらい?」

あずさ「そ、そんな~私は21歳ですから~」

男「へぇー意外だね、成人してるんだ」ニヤリ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:20:13.68 ID:ZGQ0h3960
コツコツ……

『Alice...or...guilty...』

あずさ(うーん、こんなビルの一室じゃ、お客さんも来ないと思うわ~)

あずさ(絵も、コルクボートに張ってあるだけだし……)

あずさ(……プロデューサーさんにプロデュースしてもらえば、もっとステキになりそうね~うふふ)

男「あずささん、絵、どおどお?」

あずさ「えぇ、とっても素敵だと思うけれど、私には前衛的すぎてよくわからないわね~」

男「ふーん、それじゃ気に行った絵教えてくんない?」

あずさ「そうねぇ……」

あずさ「えっと、アレとアレかしら~?」スッ スッ

男「おっ いいセンスしてるねぇ~!」ニヤニヤ

あずさ「あらー」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:26:15.09 ID:ZGQ0h3960
あずさ(あら、絵に説明がちゃんとついてるのね) ジー

『この絵を買って本当に良かったです!一生の思い出です』

『彼氏が出来ました!』

『宝くじに当たりました!』

『胸が大きくなりました』

あずさ「……あら?ここ、展示会じゃ」

男「あぁー買ってくお客さんもいるよ」

あずさ「そうなんですかぁ」

男「あずささんの夢ってなんなの?」

あずさ「うーん……」

あずさ(運命の人に出会うこと……)

あずさ「うふふ、秘密です~(きっと、絵を買うだけじゃダメね)」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:30:46.36 ID:ZGQ0h3960
コツ……

あずさ「ここで終わりですね」

男「あざっした!」

あずさ「それじゃ、私はこれで……」

あずさ(あと10分しか無いわ)

男「あ、ちょっと待って。最後に、このアンケートだけ答えてもらっていいかな」

あずさ「あ、あの、私もう」

男「ごめんねー展示会見てくれる人にはデータ上の関係でどーしても記入してくれちゃなんないの」

あずさ「あらー…」

男「アンケート書いてもらったらもう帰れると思うから!ねっねっ」

あずさ「うぅん、それじゃ、アンケート書くだけ……」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:31:49.22 ID:wa2WGFx10
アカン

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:36:53.33 ID:ZGQ0h3960
男「じゃ、この席座って」スッ

あずさ「はい~」アセアセ

あずさ(3つ、椅子が並んでるわ。左の椅子だけ空いてるのね)

女「あ、どうもー。この真ん中の席どうぞー」スッ

あずさ「あ、えっはい~」スッ

あずさ(二人に挟まれる形になってしまったわ~近くて緊張するわね~)

あずさ「えっと……」

『好きな絵と、感想、氏名、住所、電話番号を記入してください』

あずさ「うぅん……」

あずさ「あ、あの……私個人情報はちょっと……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:40:03.81 ID:ZGQ0h3960
男「ほんとに?」

あずさ「はい……」

男「ほんとにほんと?」

あずさ「ごめんなさい~」

男「じゃ、今回だけは特別にいいよ。上には秘密にしとく」ニコッ

あずさ「ほっ……」

あずさ(良い人で助かったわ~)

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:44:16.82 ID:ZGQ0h3960
あずさ「あの、それじゃ私本当に……」アセッ

男「あ、ちょっと待って」タッタッ

あずさ「……まだ何かあるんですか~?」アセアセ

男「さっきの気にいった絵、たしかコレだよね」ドンッ

あずさ「え、えぇ」

男「それと、これかな」ドンッ

あずさ「……はい」

男「でも、これもいいんじゃないかな」ドンッ

あずさ(絵に囲まれる形になってしまったわ~……周りが見えない)

あずさ「……とってもいい絵だと思います~」

男「だよねー実はこの絵1000万円もするんだから」

あずさ「えぇっ!そんなにするんですかっ?!」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:48:25.79 ID:ZGQ0h3960
男「そうそう、だってこの絵のアーティストは海外の巨匠で……」クドクド

あずさ「そ、そうなんですか」

男「うんうん、特別なルートで展示会にもってこれて……」クドクド

あずさ「はい……(うぅん絵に囲まれて、圧迫感があるわ~)」

男「それでー前衛的な作品の中でもトップクラスの……」クドクド

あずさ「……(まだ、お話するのかしら~)」

あずさ「すいません、ちょっと失礼します……(もう約束の時間よね)」スッ

男「……」

あずさ「あらあらー……ここ圏外なんですか?」

男「電波入らないんだよねーここ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:52:49.96 ID:ZGQ0h3960
あずさ「……あ、あの、私人と待ち合わせしてるんです」

男「あ、もうちょっとで説明終わるから」

あずさ「あの、絵を、どけてください」

男「あとちょっとだから……」

あずさ「ほ、ほんとに……ごめんなさい……」

男「もうちょっと待ってよ!」クァッ

あずさ「ひっ」ビクッ

男「ごめんごめん、ついカッとなっちゃった…」

あずさ「……」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 20:56:58.64 ID:ZGQ0h3960
男「ごめんね。でも俺のせいじゃないから。じゃ、本題に入ろうか」

あずさ「本題、ですか……?」

男「この絵さ、あずささんいくら出せる?」

あずさ「えっ」

あずさ(最初に、絵を見るだけって……)

あずさ「あの、私、1000万円なんてお金もってません……」

男「いやいや、さすがに1000万で買ってもらおうなんて思ってないからさ、いくらまでなら出せるの」

あずさ「うぅん……私、絵とか正直よくわからないです……置き場所も無いですし……」

あずさ(困ったわ……)

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:03:21.09 ID:ZGQ0h3960
男「じゃあこうしようよ。例えばの話ね。もし、これ買おうと思ったら1か月の間にどれくらいお金浮くの」

あずさ「えっ」

男「仮に、だからさ。ポンと答えて」

あずさ「……」

男「……」

あずさ「5、いえ……4000円、くらいですかね~……」

男「へー5000円くらいなら毎月出せるんだ」

あずさ「えっ」

男「ちょっと待ってて。交渉してくるから」

あずさ「あ、あの……」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:09:20.89 ID:ZGQ0h3960
男「」タッタッタ

あずさ「……」

あずさ「……あの、まだですか~?」

女「もうしばらくお待ちください」ニコニコ

あずさ「……」パカッ

あずさ(もう30分も待っているのね)

あずさ(プロデューサーさん……きっと怒ってるわね)

男「いやーお待たせお待たせ。ホント上司がね、値段は絶対下げんなってキレてさー」

あずさ「えっ……えっ……なんのことですか……」オロオロ

男「でもね!あずささんのために俺頑張ったよ!毎月6000円でならギリギリOKだってさ」

あずさ「あらー……」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:13:57.01 ID:ZGQ0h3960
あずさ「あの、私……」オドオド

男「なに、大きな声で言ってくれないと。音楽うるさいからさー」

あずさ「か、買わないです……」ジワッ

男「はぁ?」

あずさ「か、買わないですから……!」

男「何で?何でよあずささん」スッ

あずさ「うっ……」

あずさ(また、挟まれてしまったわー……今度はもっと近い……)

あずさ「絵とか、私……ちょっとわからないです……」

男「えーアイドルやってるんなら芸術磨かんとダメだと思わん?」

あずさ「……」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:18:24.31 ID:ZGQ0h3960
あずさ「あ、あの、それは関係無い、と思います~……」

男「いやさ、失礼なこと言うけど、だからあずささんまだ駆け出しなんだよ」

あずさ「……」

男「さっきの説明文見たでしょ?あの絵買って何人も成功してるんだよ」

あずさ「……」

男「あずささんも、この絵買えばガツーン!とトップアイドルいけるよ」

あずさ「……」

男「黙ってないで、なんとか言いなさいよ」

あずさ「あらー……」

男「あらー……じゃないんだよ!こっちはこんなに時間取ってあげて、真剣なんだからさ!」ガァン!

あずさ「ひっ……」ビクッ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:19:35.03 ID:wa2WGFx10
プロデューサー!早く来てくれー!

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:24:50.97 ID:ZGQ0h3960
あずさ「お、おおきな音出さないでください……」ガクガク

あずさ(プロデューサーさん私どうしてこんなことに……)

男「最初さ、たしかに5000円なら買えるって言ったじゃん」トントン

あずさ「そ、それはもしもの話って……」

男「ちょっと待ってよー俺さー上司にあれだけ怒られて終わりなわけ?ひどい話だなー」

あずさ「で、でも……それに毎月6000円……」

男「1000円くらい節約しろよ!アイドルなんだからさ!!」

あずさ「うっ……!」ビクッ

男「休日にカフェ行く金節約して、絵買えよ!おぉ?!」ガンガン

あずさ「お、お願いします……もう帰してください……待ち合わせが……」ブルブル

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:29:11.90 ID:ZGQ0h3960
男「それにさー、今すぐ金出せって言ってるわけじゃいよ、俺達も鬼じゃないから」カチッ

あずさ「……」

男「月末に払ってくれればいいよ、住所書いてくれれば請求書送るからさ」プハー

あずさ「ごほっごほっ(タバコの煙が……)」

男「月末までに6000円くらい用意できるっしょ?!」

あずさ「私、まだ駆け出しで……お給料も少なくて……」

男「ハァ?それはあんたが頑張らないからでしょ。こっちは知らんわ」

あずさ「……!」

──中々お仕事きませんねぇ~。ごめんなさい~私もっとしっかりしなくちゃ、ですね~

あずさ「う……うっ……」ポロポロ

男「あーあーすぐ女は泣けばいいと思ってるんだからなー」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:35:40.12 ID:ZGQ0h3960
男「クーリングオフもあるからさ、さっさとサイン書けよ」

あずさ「わ、わたし……どうしたら……いいんですか……ぐすっ……」

男「だからここに書いてハンコ押せば終わりだって!」

あずさ「うっ……」

男「そしたら今度こそ帰すわ!約束する!」

あずさ「そんな……」

男「何時間あんたに付き合ってると思ってんねん!可愛いからってつけあがりやがって!」ドンッ

あずさ「私、絵を見るだけって……それだけって……」

男「あずささん、あんたも立派な社会人なんだろ?!誠意見せろよオラァ!」ガンガン!

あずさ(もうイヤ……怖い……帰りたいです~…プロデューサーさぁん…)

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:40:41.02 ID:GReCoING0
プロデューサー…春香さん…
誰か…助けてあげてよぉ…

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:40:48.65 ID:ZGQ0h3960
男「はい!ここに住所!名前!生年月日!電話番号!書いて!」

あずさ「う……」ブルブル

男「あと身分証明書」

あずさ「きょ、今日は持ってないです……」

男「ふーん、ホントに?」ジッ

あずさ「……は、はい……」

男「大の大人が保険証も何も持ってないでデートすんの?」

あずさ「……」

あずさ「……も、持ってます」

男「何で今嘘ついたん?態度おかしない?」

あずさ「ご、ごめんなさい……」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:46:26.68 ID:ZGQ0h3960
男「ハァ……ホントあんたさ、アイドルとして、いや人として嘘ついちゃダメだと思わん」

あずさ「ごめんなさい……」

男「ほんと笑っちゃうわハハハ」

あずさ「……あらあら~」

男「あらあら~じゃねぇんだよ!ふざけてんの!」ガンッ

あずさ「……っ!」ポロポロ

あずさ「み、三浦……あずさ……(ペンが震えて……)」ブルブル

あずさ(私、カフェで楽しくプロデューサーさんとデートするハズだったのに……)

あずさ「O……型……」ブルブル

あずさ(765プロの皆に……こんなに情けないお姉さんでごめんなさいしないといけないわね……)

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:51:37.66 ID:ZGQ0h3960
男「払わなかったら職場に連絡いくから」

あずさ「……それだけは、許してください~」

男「ちゃんと毎月支払えば問題ねぇよ。ローン組んだからさ」スパー

あずさ「……東京都……(プロデューサーさん、ごめんなさい。私怖くて……)」

……。

???「えぇー!ホントにここで絵画展やってるんですかー!わっほい!」

あずさ「あ、あの声は……」

???「タダで見れちゃうんですか!凄いですねー!ヴァい!」

あずさ「春香ちゃん……」

春香「えっ……ってあずささん何やってるんですか?!」

あずさ「は、春香ちゃん……!」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:54:45.70 ID:ZGQ0h3960
男「何、知り合い?」

あずさ「……(春香ちゃんを、守らないと)」キッ

男「なんやねんその目は」

あずさ「私、絶対に払いません。帰ります」ダッ

男「おい、ちょっと待てやコラ!」

あずさ「いきましょ!春香ちゃん」

春香「わわっ」

男「待てや!このアバズレがぁ!」ダダッ

……。

あずさ「はぁ……はぁ……」

春香「あずささ……」

あずさ「こ、怖かった……怖かったわ……」ポロポロ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:56:49.97 ID:uZLwVSls0
さすが!

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:58:08.54 ID:816+/vyR0
あずささんいいお姉さんだな

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:58:40.01 ID:ZGQ0h3960
プロデューサー「あずささーん!」

あずさ「プロデューサーさん!」

プロデューサー「どこに行ってたんですか?!探しましたよ」

あずさ「プロデューサーさ……」ブワッ

プロデューサー「あずささん、どうしたんですか」

あずさ「何でもないです……嬉し涙、ですから」

あずさ(私、絵なんか買わなくても、ちゃんと夢叶えました~。)

あずさ(運命の人は……)









あずさ(春香ちゃんね)ポッ

プロデューサー「ズコー」


おわり

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 21:59:55.26 ID:RExIQ4Y30
ヽ(・ω・)/ズコー

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 22:00:01.48 ID:ZGQ0h3960
閉店です!

みんな!気さくなお兄さんに話しかけられても絶対についていかないようにしよう!
もしついていっても、どんなに脅迫されても出口まで逃げれれば大丈夫だよ!

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/27(木) 22:02:40.76 ID:816+/vyR0
もう気さくなお兄さんに付いて行ったりしないよ!



元スレ: あずさ「うふふ、今日はプロデューサーさんとお買いモノ♪」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1319711257/

アイドルマスター ミリオンライブ! B2タペストリー 三浦あずさ
ギフト(Gift) (2019-10-31)
売り上げランキング: 252,772

[ 2019/10/03 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29297-741e4230