ヘッドライン

モバP「櫻井桃華激似嬢のアレなビデオ…!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569845908/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:19:17.60 ID:LDm2yfUm0
(ガチャッ)

桃華「ごきげんようですわ!」

梨沙「あら、オハヨ」

ありす「桃華さん、お疲れ様です」

モバP(以下P)「う"え"ぇ"ぇ"…」ズーン

桃華「…おふたりも、なんだかPちゃまのお元気が無いようですわね?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:19:47.46 ID:LDm2yfUm0
梨沙「あ~…」

ありす「なんだかよく分かりませんが、私達が来た時にはもうこんな感じでしたね」

桃華「おふたりにもわからないのですね…」

梨沙「まぁ、どうせクッソしょ~もない理由じゃないの?」

桃華「まぁ梨沙さん!そんな言葉遣い…はしたないですわよ?」

ありす「そうですよ、バラエティなんかでふとした時に出てしまったらイメージダウンですよ?」

梨沙「う”っ…で、でも少しならアタシ達バラドル枠だし笑いになるじゃない!」

桃華「わたくしはバラドルじゃありません!」

ありす「私だってそうです!」

梨沙「えっ…そうだっけ?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:20:15.57 ID:LDm2yfUm0
ありす「そうです!どこからどう見ても正統派アイドルじゃないですか!」

梨沙「でも…バラエティで大体何かしらカマすのってアンタよね?イチゴパスタとか」

ありす「うぐっ…!」

梨沙「桃華だって…普通の顔してるけどド天然だし」

桃華「…えっ?」

ありす「むっ……これは言い返せません」

桃華「ありすさんまで!?」

梨沙「ホラ、十分バラドルじゃないの」

桃華・ありす「ぐぬぬぬぬ…」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:20:43.84 ID:LDm2yfUm0
P「うぅ…桃華…すまねぇ…」ズズーン

桃華「わたくしが…どうかしましたの?」

P「うわぉぅ!?!?!??!?!?!?!?」ガタッ

桃華「きゃあっ!?」

P「おおおおお、も、桃華か、い、いやなんでもにゃいよ?おはよう!」

桃華「なんでもないようにはとても見えませんが…」

P「い、いやホントになんでもないんだよ、よ~し今日もいっちょ頑張ろ~!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:21:46.17 ID:LDm2yfUm0
桃華「……このあたりでしょうか?」ゴソゴソ

P「ももも桃華さん!?なにをしていらっしゃるんでせうか!?」

梨沙「アンタの視線って分かりやすいから」

ありす「何かある所にすぐ視線が行きますよね」

桃華「そういうことですわ♪」ゴソゴソ

P「だめええええ!桃華にだけは見られちゃだめなのおおおおお!!!」

桃華「どうしてそんなに……っ!?」

梨沙「ナニナニ……あ~あ…」

ありす「Pさん…」

P「終わった…」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:22:36.21 ID:LDm2yfUm0
桃華「『櫻井桃華激似!ロリ系お嬢様風なももこちゃんに癒されたい!』…?」

P「あわわわ…桃華!そんなの読み上げちゃいけません!」

桃華「Pちゃま…これはどういうことですの?」

P「いやこれは…そう!ちょっとした資料として…」

桃華「…この方のどこがわたくし似なんですの!?」

P「え、そこ!?」

梨沙「いや、それはそうでしょ」

ありす「せめて髪の色くらいは似せにいって欲しい所です」

桃華「この『ももこにお任せなのです♪』ってアオリも…せめて口調くらいはチェックしてくださいまし!」

梨沙「ロリって銘打っている割に普通に30代っぽいわよね…身長がちょっと低いだけかしら」

P「ええいやめろやめろ!お前達そんなにしげしげとパッケージを眺めるんじゃない!」バッ

桃華「ああん、もう…折角見ていましたのに…」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:23:15.66 ID:LDm2yfUm0
ありす「桃華さん、タイトルは覚えましたので後で調べられますよ」コソッ

P「橘」

ありす「ありすって呼んでくれないなら本当にやります」

P「くっ…ありす、やめなさい」

ありす「『ラブリーマイエンジェル』が抜けていますよ?」

P「……お前のゲーム実況番組に美波呼ぶからな」

ありす「ちょっ…それはホントにやめてしてください!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:23:48.08 ID:LDm2yfUm0
梨沙「あら、アンタ美波の事結構好きじゃなかったっけ?」

ありす「いや…基本的には良いお姉さんなんですが、ゲームで勝敗が絡むと…」

梨沙「あ~…なるほど、美波が勝つまで終わらないのよね」

ありす「更に絶望的にゲームが下手で…なのに接待プレイには気が付くので…」ハイライトオフ

桃華「ああっ、ありすさんの目から光がっ!」

梨沙「桃華はまだアレを体験したことがないから良いわよね…」

桃華「…そんなにですの?」

梨沙「ある程度負けがこんでくると、幽鬼みたいな目をして『もういっかい…』しか言わなくなるのよ?正直トラウマモノよ」

桃華「あの美波さんが…人は見かけによらないのですわね」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:24:19.42 ID:LDm2yfUm0
ありす「と、いうわけで…桃華さん、調べるのは諦めてください」

桃華「残念ですわ…」

P「残念そうにしない!」

梨沙「てか、なんでそんなのが事務所にあんのよ!」

ありす「そうですよ、何かセクハラまがいの事をしようとしていたんですか?」

桃華「…Pちゃま?」

P「違うんだよ…前のライブのプレゼント箱に入ってた奴なんだよ…これから処分しようとしてたんだよ…」

梨沙「んじゃあファンがやったってこと?」

P「お前達に見せられないようなのもたまに入っているからな、ヤバそうなのは我々裏方の方で弾いておくんだよ」

ありす「それがここにしまってあったわけですか」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:25:08.83 ID:LDm2yfUm0
桃華「その…ごめんなさいPちゃま、まさかこんなものが入っているとは思わず…」

P「いや、簡単に手が届く場所に置いておいたこっちも悪いからな、今度はもっと手の届かない場所に置いておくよ」

桃華「ええ、是非そうしてくださいまし」

梨沙「そんじゃ、この話はここまでかしら?」

ありす「そういえば…結局Pさんはなんであんなに沈み込んでいたんですか?」

P「い、いやぁ…ちょっと仕事で失敗しただけだよ、うん」

ありす「……このあたりですか」

P「視線追うのやめてええええええ!!!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:25:39.55 ID:LDm2yfUm0
ありす「デッキの中に…先ほどのパッケージの中身が入っていますね」

梨沙「見たの?」

桃華「見ましたの?」

ありす「見たんですね?」

P「……ハイ」

梨沙「使ったの?」

ありす「使ったんですか?」

桃華「使い…ましたの?」

P「ななな、何を根拠にそんなことを!」

梨沙「根拠は無いけど…」

ありす「さっきからPさん、桃華さんの目を頑なに見ようとしませんし」

桃華「何か後ろめたいことでも?」

P「ううっ…」

ももぺあべりー「「「どうなの!?」」」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:26:14.74 ID:LDm2yfUm0
P「違うんだ!ここ最近忙しくてロクに家に帰れてなかったのが悪いんだよ!俺は悪くねえ!俺は悪くねえ!」

梨沙「つまり?」

P「…黙秘します」

ありす「ちひろさんを呼んだ方が良いですか?」

P「やめてくださいしんでしまいます」

桃華「…Pちゃま?」

P「うっ…その…本当に資料として見るつもりだったんだ…」

梨沙「で?」

P「そうしたら…疲れからか股間がキラキラわちゃわちゃにぎやかに…」

ありす「で?」

P「使ってしまいましたあああああ!申し訳ございませんでしたあああああ!!!」ドゲザー

桃華「まぁ…」

梨沙「それでその後自己嫌悪でずっと唸ってたわけね」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:27:39.04 ID:LDm2yfUm0
P「うぅ…すまない桃華…」

桃華「…ときにありすさん、ちょっと良いですか?」

ありす「…何です?」

桃華「その…『使う』って、どういうことですの?」

ありす「はい、皆さんこの話はおしまいです!」

桃華「えっ?」

梨沙「よし!これちゃんと処分しときなさいよね!」

桃華「あ、あの…」

P「おう!俺は二度と失敗を繰り返さない男だからな!」

桃華「皆さん?」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:28:08.32 ID:LDm2yfUm0
ありす「出来れば一回目の失敗もしないようにして欲しいですね」

桃華「聞いてますの?」

P「こいつぁ手厳しいや!はっはっは!」

桃華「ちょっと!」

梨沙「あっはっはっは!いやぁこれにて一件落着ね!レッスン行きましょ!」

P「おう、頑張ってこいよ!」

ありす「それでは桃華さん、行きましょうか」

桃華「その前に使うって…」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:28:34.77 ID:LDm2yfUm0
梨沙「二人とも~!早くしなさいよね!」

P「戻ってきたらおやつ用意しとくからな~」

桃華「ですからわたくしの質問を」

ありす「桃華さん知らないでいいんです!」グイグイ

桃華「あっ…ありすさん引っ張らないで…プ、Pちゃま行ってまいりますわ!」

P「頑張ってな~」フリフリ

(バタン)

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:30:06.53 ID:LDm2yfUm0
P「はぁ~…危なかった」

???「何が危なかったんですか?」

P「…げぇっ!?ちひろ…さん!?」

ちひろ「はい、それで…何が危なかったんですか?」

P「いや別になんでも…(マズい人に見つかったな…)」

ちひろ「マズい人…ですか、私の事ですか?」

P(えっ…口に出してた!?)

ちひろ「何がマズいんでしょう?教えてください、Pさん」

P「いやいや、大したことじゃないんですよ、ホントに」

ちひろ「時に、このAVのパッケージなんですが…3人に見せてお愉しみでしたね?」

P「べ、別に愉しんでなんか…」

ちひろ「…」ギロリ

P「ヒイッ」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:30:37.66 ID:LDm2yfUm0
ちひろ「私の言ったことを否定するんですか?」

P「めめめめっそうもない!」

ちひろ「私の言う事は常に正しい…ですよね?」

P「ははははい!まさにその通りです!」

ちひろ「…最後に、何か言い残す事はありますか?」

P「……った」

ちひろ「…なんです?」

P「…AVのパッケージを見て羞恥に歪む3人の顔が見れて楽しかったぁ~///」

ちひろ「…クズが」

ギヤァァァァァァァァァ!!!!!

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/30(月) 21:32:20.75 ID:LDm2yfUm0
おわりです、お付き合いありがとうございました。

※実際のちひろさんは天使のような美しさと女神のような慈愛を兼ね備えた素晴らしい女性です(ごますり)



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「櫻井桃華激似嬢のアレなビデオ…!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569845908/

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER  for the NEXT! 01 TRUE COLORS
歌:城ヶ崎美嘉、高森藍子、アナスタシア、藤原肇、乙倉悠貴、黒埼ちとせ、白雪千夜、久川颯、久川凪
日本コロムビア (2019-10-23)
売り上げランキング: 173

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29278-5712a8d7