ヘッドライン

千早「5回だけ過去に戻れるなら」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:53:43.61 ID:isTA4K3y0
 それは突然のことだった。目の前でサッカーボールのように跳ね飛ばされる弟。今でも夢に出てくる。
如月優、私にとって初めてのファンで、大切な弟。

千早「!!」

 また、夢に出た。

 ゴシップ記事は大げさに書くもの。分かってはいるけど、私が見殺しにしたなんて記事を書かれると、嫌でもショックを受ける。声が出なくなってどれぐらい経ったのだろうか。音のないこの部屋において、足蹴く通う春香の声だけが響く。
微睡の中、不意に携帯電話が光っているのが見えた。765の仲間からの心配のメールに混じって、見たことのないアドレスからメールが来ていた。いつもなら迷惑メールとゴミ箱に入れるところだけど、そのメールを削除することが出来なかった。

『もしも5回だけ過去に戻れたら、あなたはどうしますか?』

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:02:18.55 ID:isTA4K3y0
 意味の分からない、悪戯メールの類だろう。過去に戻る? 都合がよすぎる。
機械に疎い私でもそれぐらい分かる。不愉快なメールをゴミ箱に捨てようとすると、メールの着信が。

『例えば、死ぬ運命の人間を救うとか』

千早「!?」

 まるで私をピンポイントに狙ったかのような内容。心臓の鼓動が早くなる。
あたりを見渡す、当然私以外誰もいない。じゃあ監視カメラでもあるの? 私は怖くなって、部屋着で外に駆け出す。

千早「ハァ……、ハァ……」

 とりあえず外に出ようと、当てもなく走ったため、息も切れ切れだ。そして私はふと気づく。今私が立っている場所は、優が事故にあった道路だと。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:05:35.56 ID:ba69bjkA0
 携帯を見ると着信を知らせる光。

『過去に飛びたければ、メールを返してください』

 ずいぶんご丁寧な送り主だ。どうすればいいかまで教えてくれるなんて。

 どうせ最初から信じていない。ただ悪戯メールに返信するだけだ。

 少しばかりの期待を込めて、悪戯メールに返信する。

千早「!?」

 世界が、変っていく――。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:12:49.26 ID:XhZIlboF0
気づくと、太陽が昇っており、道を行きかう人々。

千早「どういうこと……」

 予想もしていなかった展開に、私は混乱する。ここはどこなんだろう、本当に過去に飛んだのだろうか?

?「ボールが転がっちゃった!」

 私の耳に、とても懐かしい声が聞こえた。小さなころ、ずっと聞いていた声。

??「まってよ、優!」

 私の前を通り過ぎて行った青髪の姉弟。そうだ、あの子たちは……。

千早「優、止まってー!!」

優「え?」

 大きく息を吸い込み、割れんばかりの声で叫ぶ。優と呼ばれる少年はこちらを向いて、転がっていくボールはスピードを出し過ぎている青い車にぶつかり、
シュートが決まったように飛んでいく。

千早「た、助かったの? ゆ……」

 急に眠気が襲ってきて、その名を最後まで呼ぶことが出来なかった

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:16:50.34 ID:ba69bjkA0
――さん、起きて……。

 誰かの声が聞こえる。おかしいわね、私の家には誰もいないはず……。重い瞼を開けると、そこには

?「おはよう、姉さん」

千早「ゆ、優なの……?」

優「どうしたの、僕が優以外に見えるの? ってどうしたの、泣きそうな顔をして……」

千早「優!!」

優「うわっ! どうしたの、姉さん!?」

 抱きしめた優の体温を感じる。そうだ、紛れもない。背も高くなって、声も少し低くなっているけど、目の前にいる彼は、正真正銘如月優だ!

千早「ってあれ?」

 優を抱きしめながら気づく。ここ、私の部屋じゃないわね……。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:24:18.46 ID:isTA4K3y0
 私の部屋じゃない、けれども、クラシックのCDが棚に入っているし、寝巻は昨日のままだ。
もしかして……。

優「母さんが待ってるよ。土曜日曜、姉さんが忙しくないときは、みんなで朝食。忘れたの? 提案したの姉さんでしょ?」

千早「みんなって……」

 寝ぼけた頭が覚めてくるにつれ、事情が読み込めてきた。優が助かったから、両親が喧嘩する理由もなくなったのだ。
こういうのをバタフライエフェクトっていうのかしら? 優が生きていることで、私たち家族が離ればなれになることがなくなったんだ。

 階段を下りると、美味しそうな匂いがしてくる。私一人の部屋にはなかった、家庭の温かみがそこにあった。

千早「そうだっ、携帯は!?」

 過去に戻るメール、携帯電話を見ると、新たな受信が。

『残り4回』

千早「必要ないわよ、そんなに」

 ごみ箱に捨てようかとも思ったけど、このメールのおかげで優は助かったんだ。記念に保護しておく。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:30:14.17 ID:isTA4K3y0
 携帯でもう1つ気づいたこと。それはみんなからの心配のメールがなかった。成程、優がいるだけで、こんなに変わってしまうんだ。

如月家『いただきます』

 家族4人の団欒。もう叶うわけがないと思っていたけど、奇跡は起きたようだ。

優「そうそう、姉さん今度ライブでしょ?」

千早「ライブ? ああ、そうね」

 予定ではライブが何日か後にあったはずだ。そこで思い出す。

 私、歌えるのかしら?

千早「フレッ、フレッ、頑張れっ♪ さぁ行こう♪ フレッ、フレッ、頑張れっ♪ 最高♪」

優「ね、姉さん……」

千早「歌える……、私歌えるようになったのね!!」

 高槻さんの曲だからかしら? その後自分の持ち歌、今度のライブで披露する曲を歌い、私は完全に復活したと確信した。

優「姉さんやっぱり上手いね」

 私のファン1号もご満悦だ。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:35:55.22 ID:isTA4K3y0
優「そろそろ行かないとレッスンに間に合わないんじゃない?」

千早「へ? そうかしら?」

優「いや、聞かれても分からないよ。メーリスとか来てるんじゃないの?」

 優に言われて携帯を見ると、レッスンの時間と場所が書かれたメールが、アイドルに一斉に送られていた。竜宮の分は律子が管理しているのだろう。

千早「あれ? 美希には来てないのかしら?」

 メーリングリストを見ると、美希の名前がない。大方、プロデューサーに、

美希『美希は一斉送信嫌なの! ハニーは美希だけに特別なの送ればいいと思うな!』

 とでも言ったんだろう。プロデューサーの苦労が窺える。

千早「それじゃあ行ってくるわ」

優「うん、気をつけて行ってきてね」

 優に見送られ、事務所へと向かう。空は青く澄み渡っている。なんとなく、私の気分もよくなる。

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:41:45.23 ID:XhZIlboF0
千早「おはようございます」

春香「千早ちゃん、おはよう!」

やよい「おはようございます! 千早さんなんかすごく嬉しそうです。いいことありました?」

千早「ええ、とても素晴らしいことがね」

 765プロに着いた私をいつも通りのみんなが迎えてくれる。私たちを長年苦しめていた原因を取り除いたからか、他人からは嬉しそうに見えるみたいだ。

P「よし、みんな集まったな。それじゃあ今日の予定だけど……」

 ぞろぞろとアイドルのみんなも事務所に入ってきて、ミーティングを始める。あれ、伊織はいないのかしら?

P「以上だ。みんな、今日も大変だけど頑張ってくれ」

一同『はいっ!』

 伊織は休みみたいね。後でお見舞いメールでも送ってあげようかしら?

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:45:59.61 ID:XhZIlboF0
 社長からの流行情報を受け、私たちは各々の準備を始める。今日は歌唱レッスン、自ずとテンションも上がる。

律子「じゃあ行きますよ。亜美、あずささん、美希。用意お願いね」

あずさ「はーい」

亜美「らじゃー!」

美希「ハニー、寂しいけど、美希頑張るから!!」

 竜宮組は別行動のようだ――。



千早「へ?」

 どうして美希が竜宮にいるの?

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:51:07.35 ID:vcTcQyyI0
千早「律子、なんで美希が竜宮にいるのよ?」

 おかしいと思った私は律子に尋ねる。

律子「へ? 竜宮? なによそれ」

美希「千早さん、美希は浦島太郎じゃないよ?」

千早「竜宮小町よ! 律子がプロデュースしたんでしょ!? 伊織がリーダーで、亜美とあずささんの水関係の苗字の3人グループよ!」

春香「水関係なら私もなんだけどな……」

真美「真美もだよ」

 一体どんな顔をしていたのだろうか? 律子は少し怯えるが、落ち着いてこう伝えるのだった。

律子「千早、竜宮なんて知らないし、そもそも伊織って子知らないわよ?」

 頭が真っ白になっていく――。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:58:06.89 ID:vcTcQyyI0
律子「えーと、誰かその伊織って子知ってる?」

 律子が尋ねるが、誰も答えない。

律子「千早どうしたのよ? 記憶喪失にでもなった?」

千早「違う! 私は……」

律子「スターフィッシュよ。海と浦、そして星。海の星でヒトデにしたんじゃない。まあ流石にヒトデってアイドルグループはいやだけど……」

 律子の説明によると、私の知っている竜宮から伊織と美希を入れ替えたようだ。じゃあ伊織はどこに……。混乱していると、社長が口をはさむ。

社長「如月君、もしかして伊織というのは、水瀬伊織君のことかね?」

千早「!! そうです! 水瀬伊織! うちの事務所のアイドルよ!!」

 社長は少し驚いた顔を見せると、心苦しそうに告げるのだった。

社長「そうだね……。もし生きていれば、それも叶ったかもしれないね」

千早「生きていればってどういうことですか……」

 震える声で尋ねる。

社長「水瀬伊織君は、小さなときに亡くなっているんだ」

 それは、一番聞きたくなかった言葉だ。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:03:10.49 ID:vcTcQyyI0
 社長の話によると、水瀬伊織は小学校の頃、不審者に殺されたという。取り乱す私を、社長は家へと帰す。

千早「どうなっているのよ……」

優「ただいま、早いね。どうしたの?」

 家に帰った私を、優が迎えてくれる。

千早「ねえ優。あなたパソコン使える?」

優「パソコン? 一応出来るけど、珍しいね。アナログな姉さんがパソコンに興味を示すなんて」

千早「じゃ、じゃあ調べて欲しいことがあるんだけど……」

優「?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:09:44.90 ID:ba69bjkA0
優「水瀬……、伊織っと。これだね、釘宮小で起きた女子殺害事件。被害者が水瀬伊織って言うんだ。あれ? この日は確か……」

千早「そ、そんな!? どうして……」

 ディスプレイには当時の新聞が映っている。水瀬財閥の長女、水瀬伊織。間違いなく、私の知っている彼女本人だ。

優「なんというか因果な話だね」

千早「へ?」

優「ああ、うん。この日ってさ、僕が車に轢かれそうになった日じゃんか。あのお姉さんのおかげで助かったけど。ってそういや姉さんに似てるな……」

 まさか優を助けた代償で、伊織が死んだっていうの!? 私は食い入るように写真を見る。するとあることに気付く。

千早「ね、ねえこの車って……」

 小学校に乗り込んだ不審者の車。この車は、

千早「青い車……?」

優「あっ、ホントだ。あの時の車そっくりだ」

 かつて私の弟を轢き殺した、青い車がそこにあった。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:20:36.66 ID:isTA4K3y0
 優は生き残った。だけど今度は水瀬さんが同じ人間に殺されてしまった。いや、優の場合は事故なんだけど……。

優「この人、水瀬系列の会社で働いていったみたいだね。首になって、奥さんにも逃げられて、借金が残ったって書いてる」

 もしかすると、優が事故に遭ったから、怖くなって水瀬さんを殺さなかったのだろうか? そう考えると、この連鎖に納得がいく。
1人考えていると、不意に携帯が震える。またあのメールかと思ったけど、ただの迷惑メールだった。

千早「そうよ……、あのメールがあるわ! ねえ、優。いくつか調べて欲しいんだけど……」

優「何を?」

千早「えっと、釘宮小学校の電話番号と……」

優「そんなの調べてどうするの? 姉さんにそんな趣味あったっけ?」

千早「何でもいいから! お願い、どうしても必要なの」

優「なんかの映画の真似? まあ良いや。ちょっとまってね……」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:27:03.26 ID:ba69bjkA0
優「はい、これ。って姉さん年齢的に無理なんじゃ……」

千早「好きなのよ。ありがとっ、ちょっと行ってくるわ!」

優「行ってくるって……、どこに?」

千早「ちょっと昔に!」

 過去に飛べるのは残り4回。私は優からもらったものを落とさないように握って、メールへと返信するのだった。

 世界が再び変わっていく――。


千早「さっきと一緒ね……」

 たどり着いた先は、優の事故現場。恐らく……、

?「ボールが転がっちゃった!」

??「まってよ、優!」

 やっぱり。ここからやり直すのね……。

千早「優、止まってー!」

優「え?」

 ボールは車のヘディングを食らう。優の無事確認、次は……。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:32:23.48 ID:XhZIlboF0
千早「携帯は使えないわね」

 過去に飛んだため、その時に発売していないモデルの携帯は使えないようだ。来るのはあのメールぐらいだろう。

千早「確かこの辺に……。あった!」

 幸いにして近くに公衆電話があった。最近は少なくなってきて、少々さびしく思う。私は釘宮小に電話をかける。

先生「はい、もしもし。釘宮小学校ですが……」

千早「すみません! 今すぐ生徒を教室に閉じ込めてもらえませんか?」

先生「は?」

千早「意味が分からないかと思いますが、お願いです。教室に非難させてください」

先生「ちょっと、なんですか? 悪戯ですか!?」

千早「いいえ、こっちは真剣です」

先生「こっちも真剣なの。もう気が済んだ? 切りますよ……」

 やはりそう来るか……。でもこっちにはまだ手があるわ。

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:40:09.77 ID:isTA4K3y0
千早「今すぐテレビをつけて競馬にチャンネルを変えてください!」

先生「はぁ? 競馬?」

千早「このレース、3番のサイレントナナジュウニが1着、6番のナカムラセンセーが2着、1番のユリシーが3着、5番のワカバヤシシンが4着ですから」

先生「何言ってるのよ」

 優に調べてもらった競馬情報。これなら信じてもらえるはず――。

千早「確かめてください! それで正しかったら、子供たちを教室に入れて、警察を呼んでください!」

先生「もう何が何だか……」

千早「どうですか?」

先生「ビンゴよ……。なんなの? あなた競馬予想師?」

千早「いいえ、通りすがりのアイドルです」

先生「別に通り過ぎてないじゃない……。分かったわよ、信じてあげる。その代わりなにもなかったら通報するわよ?」

千早「お好きにどうぞ」

 受話器を置く。これで警察が間に合えば……。気が抜けたのか、また私は意識を失っていく――。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:45:12.41 ID:vcTcQyyI0
――さん、起きて……。

 私を呼ぶ声。どうやら第一関門は突破したみたいね。

千早「おはよう、優」

優「おはよう姉さん」

 目の前には、弟が笑顔で座っていた。

千早「ねえ、水瀬伊織って知ってる? それと竜宮小町って」

優「水瀬伊織って姉さんの事務所の? 竜宮小町すっごく売れてんじゃん。まぁ姉さんの方が上だけど。ってどうしたの急に」

千早「いいえ、これで全部丸く収まったと思って」

優「変なの」

 水瀬さんは生きていて、竜宮小町も活動している。これで全部上手くいったんだろう。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:49:55.46 ID:isTA4K3y0
千早「思えば回りくどかったわね……」

 結果として救えたからよかったけど、競馬情報って他になかったかしら。不慣れな奴ほど奇をてらう、だったかしら。そんなことを誰かが言ってた気がする。

千早「残り3回ね……」

 3回のチャンス。正直もう戻ることはないと思うけど、そのままにしておく。

千早「行ってくるわ」

優「行ってらっしゃい」

 レッスンスタジオは昨日と変わらず。私は大してメールを確認もせずに外に出る。

 ……この時、きちんと確認しておけば、後に待っている新たなる火種に驚くこともなかったかもしれない。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:54:14.77 ID:isTA4K3y0
千早「おはようございます」

春香「おはよう千早ちゃん!」

伊織「おはよう」

千早「おはよう2人とも」

 事務所に水瀬さんはいた。よし、これですべて上手くいったんだ。そう、全部……。

P「それじゃあミーティングだぞー」

 プロデューサーに集められ、ミーティングを受ける。内容も昨日と同じだ。ただ、違う所があるとすれば……。

律子「竜宮行くわよー」

あずさ「はーい」

伊織「今日の予定は何だったかしら?」

春香「今日はいいともだよ!」

 亜美と真美がいないこと。

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:02:35.34 ID:vcTcQyyI0
千早「ねえ律子。竜宮小町のメンバーの誕生日を教えてくれる?」

律子「へ? 急にどうしたの? 伊織が5月5日、あずささんが7月19日、春香は……、いつだっけ?」

春香「4月3日です!」

律子「冗談よ。それ知ってどうするの? 相性占いでもするわけ?」

千早「じゃあ、双海亜美と双海真美の誕生日は?」

律子「へ? 誰それ」

千早「……クッ」

 二人の姿が見当たらないから、なんとなくそうじゃないかと思っていた。
今度は何がダメだったの!?

社長「如月君、どうして双海姉妹の名前を知っているのかね?」

千早「風の便りです」

社長「良く分からないが、彼女たちも可愛そうな子たちだ。あんなことがなければ……」

律子「あんなこと?」

社長「身代金目的で誘拐されたんだ。双海姉妹は病院の院長の娘で……、どこに行く気だね如月君!」

千早「ごめんなさい、今日はお休みします」

 驚くみんなを背に、私は家へと駆けだす。事故、殺人ときて次は誘拐!? 一体どこでボタンのかけ違いが起きてるのよ……。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:07:17.87 ID:isTA4K3y0
優「ただいま姉さん、早かったね」

千早「優!」

優「はいっ! なんでしょうか?」

千早「パソコン借りるわよ」

優「へ? あっ、どうぞご自由に……。って姉さんパソコン出来たっけ?」

千早「出来ないわよ。だから操作してほしいの」

優「はいはい。何を調べたらいいの?」

千早「双海病院 誘拐 で調べてみて」

優「ちょっと待ってね……」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:17:15.24 ID:isTA4K3y0
優「はい、これだね。双海病院の双子の娘が、近くの公園で誘拐された事件。身代金目的の誘拐で犯人は捕まったんだけど、双子の姉妹は心に深い傷を負ったみたい」

千早「トラウマね……」

 犯人に何をされたかは知らないし、知る術もないけど、二人が生きているということにひとまずホッとする。

優「で、この事件の犯人なんだけど、実は元々近くの小学校に通っている子が目的だったみたいでさ、警察がいたから逃げたんだって。それで次はお金持ちの娘を誘拐して……。ってどうかした?」

千早「近くの小学校って釘宮小のこと……?」

 画面に映る犯人の顔は、水瀬さんを殺した男の顔と同じだった。どうやら、すべての元凶はこいつで間違いなさそうだ。

千早「何の恨みがあるのよ……。優、どこで誘拐されたって?」

優「えっと、公園だよ。僕らも良く遊んだあそこの公園」

千早「分かったわ、ありがとう」

優「どういたしまして。って何を始める気なの? 急に昔の誘拐事件を調べたいとか言って……」

千早「日付よ」

優「日付? あれ、この日って……。姉さん?」

 世界が変わっていく――。

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:22:33.41 ID:XhZIlboF0
千早「優、止まってー!!」

優「え?」

 3度目となると慣れたものだ。優の事故を防ぎ、公衆電話へと急ぐ。

先生「もしもし、釘宮小学校ですけど……」

千早「すみません、釘宮小学校に爆弾を仕掛けちゃいました」

先生「は?」

千早「爆弾です。ドカンと一発行けますよ」

先生「なんですか!? 悪戯ですか!?」

千早「本気です。早く警察を呼んで爆弾を探した方が賢明かと」

先生「要求は何よ!!」

千早「じゃあ子供たちをまだ帰宅させないでください。1人でも校門を出たら、ドカンと行きますから」

先生「け、警察に電話をー!」

千早「ふぅ、競馬より早く行ったわね」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:31:06.83 ID:vcTcQyyI0
千早「次は……、公園ね」

 誘拐される前に、亜美と真美のもとへと走り出す。

亜美「ねぇねぇ真美、うちってお金持ちなんだってね」

真美「そ→そ→、だから誘拐されちゃうかもね!」

 公園で能天気に遊ぶ若かりし亜美真美。真美は思春期真っ盛りだけど、亜美は今とあまり変わらない気がする。

千早「ねえあなた達、少し聞きたいんだけど……」

真美「ん? 真美たちになんか用?」

千早「ええ、少し道を聞きたいんだけど……」

 誘拐犯はここを通るらしい。来る前に何とかしないと……。

真美「だってさ、亜美」

亜美「亜美たち知らない人に付いてっちゃダメって言われてるんだ」

 そうよね、私も知らない人にカウントされるわよね。名前を……。

千早「クリス、牧瀬紅莉栖よ」

 でっち上げちゃいました。

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:35:42.30 ID:vcTcQyyI0
真美「クリスってがいこくじん?」

亜美「スッパイみたいな名前だね!」

 恐らくスパイと言いたいのだろう。

千早「そうよ! 私はスパイなの! ある任務でこの町に来たんだけど、道に迷っちゃって……。そこで二人に聞いたの」

真美「スパイなのに道がわからないってむのーだね」

亜美「むのーむのー!」

千早「クッ……、だから教えて欲しいの。場所はそうね……、カラオケなんだけど」

亜美「じゃんからかな?」

真美「かもねー」

千早「そうそう! ジャンから! 悪いんだけど私を助けると思って道教えてくれないかしら?」

真美「いーよ!」

亜美「亜美たちもつれてけー!」

 時間つぶしにはなるかしら? 誘拐犯が来る前に、公園を後にする。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:42:09.91 ID:vcTcQyyI0
亜美「~♪」

真美「~♪」

千早「誰かとカラオケって久しぶりね……」

 優が死んでから、私は1人を好むようになった。今では1人カラオケも珍しくはないけど、初めの内は奇妙な目で見られてたっけ。

亜美「ねぇねぇ、クリスお姉ちゃんも歌おうよ~」

真美「スッパイの歌声聞かせて!」

 亜美真美にマイクを渡される。と言っても子供が喜ぶ曲なんて知らないわよ? 高槻さんの曲もないし……。

千早「適当に入れるか……」

 履歴からそれっぽい曲を選ぶ。

 想い出がいっぱい。また古い曲ね。合唱で歌ったっけ?

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:51:37.53 ID:vcTcQyyI0
亜美「すげー」

真美「スッパイすげー」

 亜美と真美は眼を点にする。

千早「こんなものかしら」

 歌い終わると、終了10分前のコール。延長する理由もないし、亜美真美をいつまでも連れ回すわけにもいかない。
双海総合病院に2人を送り届ける。

真美「ねえクリス姉ちゃん、また会えるかなぁ?」

亜美「また遊ぼうよ~」

 亜美と真美は寂しそうに私の服をつかむ。

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:54:33.05 ID:ba69bjkA0
千早「ええ、また遊べるわ。私みたいに歌の上手なアイドルになってみなさい、そしたらいつか会えるから」

亜美「アイドル?」

真美「なにそれ」

千早「ごめんなさいね、私はスパイじゃないの。アイドルなの。歌を歌って、ダンスを踊ってみんなを楽しませる仕事よ」

亜美「すごそう!」

真美「真美たち、絶対クリスお姉ちゃんみたいなアイドルになるかんね!」

千早「ええ、楽しみに待ってるわ……」

 最後まで言うことなく、私は現在へと戻る。これで、誘拐はなくなったはずだ。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:58:00.64 ID:XhZIlboF0
千早「おはよう、優」

優「あっ、起きてたんだ」

千早「ねえ、うちの事務所に双子の姉妹がいること知ってる?」

優「うん、亜美と真美でしょ?」

千早「じゃあ竜宮のリーダーは?」

優「伊織さん?」

千早「正解よ」

 今回は私も正解したみたいだ。これで全部上手くいくはず――。

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:05:21.02 ID:7cJ7WgX00
千早「おはようございま……、あれ?」

 事務所のドアを開けると、見慣れない青髪の双子がいた。

亜美「あっ、クリ、千早お姉ちゃん!!」

真美「おはよう!!」

千早「ぐふっ……」

 扉を開けるや否や、亜美と真美が抱き着いてきた。きれいに入ったわよ……。

春香「もう、亜美真美はしゃぎ過ぎだよ?」

伊織「そうよ。その憧れのアイドルが千早にどれだけ似てるのか知らないけど、別人なんだから」

千早「ははは……」

 成程、そう来ましたか。確か亜美と真美はriolaってアイドルグループに憧れてたはずだけど、私が介入したせいで変ってしまったんだ。
私をまねたような青髪がまさにそれだろう。riolaには悪いことをしてしまったかしら?

P「よーし、ミーティング始めるぞー」

 プロデューサーがミーティングの合図をする。見渡すと、うん。13人いる。ようやく、悪夢のループから逃れることが出来たようだ。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:12:08.42 ID:hB7FSO420
青髪→千早色で

 それから、ライブは無事にとりおこなわれた。961プロの姑息な妨害があったみたいだけど、そんなのにへこたれる私達じゃない。
そしてクリスマス、春香やプロデューサーが調整したおかげで、クリスマスパーティ&萩原さんの誕生日パーティーが決行されることとなった。

社長「ふむ……、なかなか時間がかかっているようだね」

 予定時刻は過ぎているが、どうやら美希とプロデューサーはまだ戻って来ていないようだ。

春香「渋滞に捕まったのかな?」

 クリスマスだから仕方ないかもしれないわね。美希のことだから、

美希『ハニーと長くいたいの!』

P『ちょ、やめろって!』

 って感じでやってるんじゃないかしら?

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:19:02.69 ID:Q9X6ZQ7O0
 まだかまだかと待ちわびていると、事務所に電話が鳴り響く。

小鳥「はい、765プロです! え? 警察の方ですか? ええ、はい……」

 音無さんが対応するが、どんどんと顔色が悪くなっていく。

小鳥「はい、分かりました。ありがとうございます……」

春香「小鳥さん、どうしたの?」

 ただならぬ様子の音無さんは、目に涙を浮かべながら、

小鳥「プ、プロデューサーさんと……、美希ちゃんが……」

小鳥「事故に遭ったって……」

千早「!?」

 天災は忘れたころにやってくる、人災もまた然り。

小鳥「それで美希ちゃんが……、足が動かなくなったって……」

 小鳥さんはそういうとその場に泣き崩れた。

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:26:42.25 ID:Q9X6ZQ7O0
 小鳥さんが言うには、プロデューサーも美希も重体、とりわけ美希は酷く、最悪足を切断しなければいけないと。

春香「どうして……、どうしてなの……」

 楽しいはずのクリスマスパーティーは、一本の電話によってぶち壊されてしまった。


千早「美希!?」

美希「あっ、千早さん。来てくれたんだ」

 数日後、私は意識を取り戻した美希のもとへ見舞いに行っていた。プロデューサーは美希よりはマシだったらしく、リハビリに励んでいる。
しかし美希は……。

美希「ねえ千早さん。車いすって難しいのかな?」

千早「美希……」

美希「ううん、良いの。足を切っちゃうよりはマシだと思うから……」

 寂しそうな目で私を見る。

美希「美希ね、もうアイドル出来ないんだよね……。車いすの人を馬鹿にするわけじゃないよ? でもファンのみんなは、それを望むのかな?」

千早「それは……」

美希「もう十分楽しんだし、輝き過ぎちゃったんだと思う。だから美希悲しくなんてないよ? 悲しくなんてないんだから……」

 美希の涙を、私は止めることが出来なかった。

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:33:08.53 ID:hB7FSO420
優「姉さん……」

千早「あっ、優。ゴメンね。少し良いかしら?」

優「ううん。どうしたの?」

千早「美希の事故のこと、少し調べようと思って」

優「美希さんの事故? あれはトラックが突っ込んできたって聞いたけど」

 単純な話だ。酒気帯び運転のトラックが突っ込んできた。幸い死者は出なかったが、美希とプロデューサーは深い傷を負った。
それだけの話。だけど癖になったのかしら? 事故の起きた背景を調べたくなるってのは。今回は優も伊織も亜美真美も関係ない、別の事件なのに……。

優「これだね。容疑者も自認しているし、そんな映画みたいに陰謀があるわけ……」

千早「そうよね」

 もちろんだけど、運転手は私たちを散々苦しめたあの男とは別人だ。だからこの事故は、優が死んだとしても、起きた事故なはずだ。

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:40:03.97 ID:Q9X6ZQ7O0
優「でもこれは酷いよね。ネットはやっぱ怖いや」

千早「どうしたの急に」

優「ん? この事故関係のスレッドだけどさ、姉さんは見ない方がいいよ。気分を害すると思うから」

千早「そこまで弱くないわよ。何が書いてるの?」

優「うん、この運転手の人って、本当ならずっと前に死んでいたんだって」

千早「へ? どういうこと?」

優「うん。自称看護師の書き込みだけどさ、この運転手は何年か前に死にかけて、骨髄移植を受けたんだって

千早「生きながらえたんだけど、今度はこうやって事故を起こした。ってこと?」

優「そうだね。だから美希さんが事故った原因は、骨髄移植のドナーが悪いってさ」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:45:50.58 ID:Q9X6ZQ7O0
千早「そんなの言いがかりもいいとこじゃない!」

優「だから言ったんだって。ご丁寧に顔写真まで載せてさ……。これじゃあドナーの人も可哀想だよ」

千早「え? どうして?」

 私は目を疑った。悪意ある書き込みに張られた写真には、知っている顔が写っていた。

千早「どうしてこうなるのよ……」

 それは、青い車で優を轢き、水瀬さんを殺し、亜美真美を誘拐した、これ以上なく迷惑な男の顔だった。

千早「どうすればいいのよ……」

 ネットの書き込みと同じだ。もし彼がドナー登録しなかったら、いやドナー登録者なんて何万人もいる。
その誰かの与えた命のバトンが、もし渡らなかったら? 美希は今も輝く舞台にいただろうし、プロデューサーも怪我することがなかった。

千早「今度は殺せって言いたいの……?」

 携帯電話が、着信を知らせた。

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:52:04.40 ID:hB7FSO420
美希「あっ、千早さん。また来てくれたんだ」

 ベッドに寝たきりの美希が、笑顔で私を迎えてくれる。

千早「ねえ美希、一つ聞いていいかしら?」

美希「なに?」

千早「もし傷つけてしまったらごめんなさい、美希はまだ、アイドルを続けたい?」

美希「うーん、美希ね、今の方がハニーが付き合ってくれるから、このままでいいかなって思ってたりするの」

美希「でもね、ハニーにはこんな美希じゃなくて、キラキラ輝いている美希を見て欲しかったかな……。無理だけどね」

千早「いや……、まだ行けるかもしれないわ」

美希「千早さん?」

千早「私なら変えることが出来る、それだけよ」

美希「変な千早さん」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:53:45.83 ID:FGtdvF5N0
この男かわいそうすぎるわなぁ
少年が飛び出してきたおかげで人殺しになったかと思えば、会社首になるだの奥さんに逃げられるだの借金があるだの

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 00:57:29.97 ID:+9aAY8YN0
運命の収束力は凄いのぉ……

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:02:04.98 ID:7cJ7WgX00
 変で結構。誰かに話しても信じてもらえるわけじゃない、だけど良い方向に変わるなら。

千早「残りは2回。これで終わるはずよ……」

 メールに返信、またもや風景が変わっていく――。

亜美「アイドルすげー」

真美「リオラっていうんだあのお姉ちゃんたち!」

 公園で遊んでいた亜美と真美を、デパートの屋上へ連れて行く。
黒髪ロングの2人も可愛らしかったけど、全部丸く収めるんだから、元に戻しておく。

亜美「クリスお姉ちゃん行っちゃうの?」

真美「また会えるよね?」

千早「ええ、会えるわよ。あのお姉さんたちみたいに頑張っていればね!」

 先輩アイドルに後輩を託し、私は例の男を探す。公園付近にまだいるはずだ。

千早「ビンゴね」

 公園のブランコに乗って、俯いているうだつの上がらない男。車は小学校で乗り捨ててきたのだろうか、見当たらない。
亜美真美は知らない人に付いていったんだろうか? 名前を名乗れば付いてくるか。

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:08:00.94 ID:7cJ7WgX00
千早「隣良いですか?」

男「え?」

千早「いや、昔はこうして弟と一緒にブランコに乗ったなぁと思いまして」

男「昔ですか……。信じて貰えないかもしれないですけど、これでも私大企業で重役だったんです」

千早「水瀬とかですか?」

男「凄い……、どうして分かったんですか?」

千早「……勘ですよ」

 新聞で見ましたなんか言えない。会社を首になり、借金を背負い、家族に逃げられた。
不運の見本市のような人で、同情したくもなるけど、水瀬の娘を殺そうとするわ、大病院の娘を攫うわ、碌なことをしていない。
そんな気力があるならハローワークにでも行けばいいのにと心の中で思ってしまう。
 そんな彼でも、死の間際役に立とうとドナーに登録した。結果として、それが事故につながったのだけど。

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:11:24.08 ID:EjYa4HXli
かわいそうだな

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:17:45.09 ID:hB7FSO420
男「それにね、私今日最低なことをしようとしたんです。私をクビにしたのは水瀬です、でも娘さんに罪はない。それに気づいたのは、学校に着いてからでした」

千早「そうですか。でも思いとどまって良かったじゃないですか」

男「ふらふら~と公園に来たら、なんかブランコが懐かしくなって、それでこんな昼間っから漕いでるんですよ。うちのチビと一緒に漕いだなぁって」

千早「お子さんがいるんですか?」

男「ええ、まだはなたれ小僧ですが。かみさんが連れて逃げちゃいましたけどね。もうすぐ再婚するみたいです」

千早「それは複雑ですね」

男「良いんですよ。私みたいな男より、ずっといい男ですよ。それにね、私長くないんですよ」

千早「えっ……」

男「ははっ、心労が祟ったんでしょうね。もう私には何も残されていないんです、だから最後ぐらいは人の役に立ちたいですね」

千早「例えば?」

男「そうですね。骨髄ドナーなんてどうでしょうか?」

千早「それはとても素晴らしいと思いますよ。でも」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:24:21.37 ID:ehzls+Wr0
男「でも?」

千早「カードを添えてあげてください。飲んだら乗るな、飲むなら乗るなって」

男「?」

千早「誰かの未来を救える、魔法の言葉ですよ」

男「不思議な言葉ですね……」

千早「ええ、こんなんでも救えちゃうんですよ。少なくとも、私の大切な人たちは」

男「じゃあそうさせてもらいましょうかね。なんかあなたと話してたら、気分が楽になりました。えっと、お名前は……」

千早「如月、如月千早です」

男「如月さん、ありがとうございます。あなたのおかげで、もう少し頑張ってみようと思えました。さようなら……」

千早「あれ、何か落としましたよ。名刺?」

男「あっ、まだ名刺なんか持ってたんだ。すみません、こんなの持ってても仕方ないのに」

千早「そうですか。それじゃあありがたく貰っておきますね、天ヶ瀬さん」

天ヶ瀬「ええ、それでは……」

 世界が変わっていく――。

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:33:08.57 ID:hB7FSO420
――さん、起きて……。

優「おはよう、姉さん」

千早「おはよう、優」

 新しい朝が、今日も始まる。

亜美「千早お姉ちゃんおはよう!」

真美「おっはー!」

千早「おはよう、亜美、真美」

 黒髪ロングの亜美真美……、やっぱりこの子たちは元の方が似合ってるわね。

伊織「おはよう千早」

千早「おはよう、水瀬さん」

美希「千早さん、でこちゃんおはようなの!」

千早「おはよう、美希」

伊織「でこちゃん言うなー!!」

 あのころと変わったこと、優がいて、家族みんながいる。そのせいで色々大変な目にあったけど、これでよかったんだと思う。
誰も死なない、最高にハッピーな終わり方。

千早「あと1回か……」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:38:55.66 ID:hB7FSO420
 5回だけって言うけど、5回も有れば十分すぎるわよね。4回で何とかなったし。
残り1回を使う日が来ないことを、心から願っておく。人の人生に介入するってのは、勘弁願いたい。

P「それじゃあ今日もミーティングだ!」

 アイドル、プロデューサー、事務員、社長、全員揃って1日が始まる。スターフィッシュも、春香の竜宮入りもない。

 ライブはもちろん大盛況、黒井社長がなんやかんやしてたみたいだけど、そんなものにうちの団結が負けるものですか。
おととい来なさい!


一同『メリークリスマス&雪歩、誕生日おめでとう!!』

雪歩「あ、ありがとうございますぅ!」

優「ねえ姉さん、僕もここにいていいの?」

千早「良いわよ。なんせ今日この日が無事に過ごせるのは、優のおかげと言っても過言ではないわ」

優「どういうこと?」

千早「教えてあげない」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:46:33.68 ID:ehzls+Wr0
P「遅くなってすみません!」

美希「なのー!」

 渋滞に捕まっていたプロデューサーと美希も合流。これで全部上手くいった。
大きなどんでん返しとかは無いかもしれないけど、それでも私は十分だ。これ以上天ヶ瀬さんに振り回されるのもごめんだしね。


冬馬『俺の親父はダメな奴でしたけど、親父のバトンが苦しんでいる人を救いました。
怖いかもしれません、でも命のバトンは繋がっていきます。骨髄ドナーに御登録を』

P「天ヶ瀬君もなかなか大変な家だったみたいだな」

伊織「直接は関係ないけど、申し訳なく感じるわね」

 天ヶ瀬さん、あなたの息子は立派に育っています。少し口が悪いけど、根は悪い子ではありません。

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 01:53:54.36 ID:hB7FSO420
 年が明けて――。

春香「きゃっ!」

P「春香!!」

春香「プロデューサーさ……」

P「のわっ! なんだ? ネット?」

スタッフA「おい、こんなの用意したか?」

スタッフB「知らないぞ? おーい、あんた大丈夫か!?」

P「ええ、ネットのおかげで何とか……。ホント、どこから出てきたんだ?」




千早「それは秘密です」

お終い


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 02:00:45.01 ID:ehzls+Wr0
これで終わりです。
最初から最後までミスが多かったですが、自分なりに最良の終わり方が出来たんじゃないかなと。

最初は3週目後 美希が不審者に殺される→ロリ美希に知らない人と話しちゃダメと忠告する

4週目後 理解者のいない不審者自殺→息子が伊織を殺そうとするが、優が盾になり優が死ぬ

5週目は水瀬パパに連絡して、クビを防いだからハッピーエンド、プロデューサー怪我で今度は春香が……、
で終わる感じでしたが、書いてる途中で変わってきました。

最後まで付き合ってくださった方、ありがとうございました。落ちが弱くてゴメンナサイ。

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 02:04:50.01 ID:LtwFRS5L0
面白かった

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 02:05:09.15 ID:aE+qhKqZ0

ハッピーエンドが一番

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 02:05:17.53 ID:38ZaR/7S0
使い切ったってことか。乙

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/01(火) 02:05:31.14 ID:y1s5/Chbi

最後の願いの使い方は良いな



元スレ: 千早「5回だけ過去に戻れるなら」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335786823/

アイドルマスター ミリオンライブ! B2タペストリー 如月千早
ギフト(Gift) (2019-10-31)
売り上げランキング: 601,423

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29186-38c53c37