ヘッドライン

P「五年後の千早」千早「はい?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:38:04.62 ID:AJLbKdDa0
P「ちーちゃん、おはよう」

千早「Pさん、その呼び方はやめてください」

P「ごめん…」

千早「早くご飯食べましょう、冷めてしまいますよ」

P「はい、いただきます」

千早「いただきます」

俺と千早は二年前結婚した
結婚すると同時に俺はプロデューサーをやめ、
千早はアイドルを引退した

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:39:19.93 ID:AJLbKdDa0
今俺は普通の企業の会社員で
千早は専業主婦として家の仕事をしっかりやってくれている

俺の収入では贅沢な暮らしはできないので
二人で慎ましく暮らしている

P「今日は仕事で少し遅くなるかも」

千早「はい、何時頃に帰ってきますか?」

P「うーん、九時くらいかな」

千早「では食事の準備をして待っていますね」

P「じゃあいってきます」

千早「いってらっしゃい、気をつけて」

P「はーい」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:40:00.35 ID:AJLbKdDa0
結婚して二年になるのに
いまだに千早は俺に敬語を使っている
今まで何度か気楽に話していいと言ってみたけど
こっちの方が楽なので、
と軽く流された形になってしまっていた

千早だってそのうちタメ語で話してくるだろう
そう思っていたけれど
このままだとずっとこんな感じかもしれないな
帰ったらもう一度話してみるか
そんな事を考えつつ仕事に向かった

いつものように仕事をし
仕事が終わると家に帰った

P「ただいまー」

千早「おかえりなさい、今日もお疲れ様でした」

P「いやー、千早の笑顔を見ると疲れが吹き飛ぶな!」

千早「そ、そんな…恥ずかしいですよ」

P「本当のことだからな、あはは」

千早「でも、……うれしいです」

そんな事をうつむいて顔を赤らめながら言う千早を見て
思わずこっちまで笑顔になってしまう

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:41:51.19 ID:AJLbKdDa0
千早「今日の夕飯はどうでしたか?」

P「うん、今日もおいしかったぞ」

千早「そうですか、よかったです」

P「千早はすごい料理がうまくなったよなー」

千早「は、初めは全然わからなくて…失敗ばかりでした」

P「いや、いいんだよ、
 俺は毎日千早が作ってくれる料理が楽しみだったんだから」

千早「ふふっ、私はPさんに美味しいもの食べてほしくて頑張ったんですよ」

P「そっか、いつもありがとな千早」

千早「こちらこそ、いつもお仕事お疲れ様です」

千早はちゃんと言葉にしてくれるからとてもうれしい
つい俺も返してしまう

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:42:14.11 ID:AJLbKdDa0
P「なぁ、明日の休みはどうする?」

千早「久しぶりにカラオケに行きたいですね」

P「いいな、じゃあ明日行こうか」

千早「はいっ!」

千早がうれしそうに返事をしてくれる
以前よりも大人びてきた容姿だったが
その顔には確かにまだ少女のあどけなさが残っていた

そんな顔を見ていると言葉遣いとか気にならないから
話しあうのはまた今度でもいいのかなそう思って
今日は眠ることにする

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:42:36.42 ID:AJLbKdDa0
次の日
休みだったので俺は少し遅めに起きると
もう千早は出かける準備をしていた

P「おはよう」

千早「おはようごさいます」

P「ごめん、寝坊しちゃったな」

千早「いえ、気にしないでください」

P「早くご飯食べて仕度するよ」

千早「じゃあ食べましょうか」

P「ああ」

二人で遅めの朝食を取った後
俺は早く仕度をすませ二人で近所のカラオケ屋に向かった

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:43:47.80 ID:AJLbKdDa0
P「なに歌おうかな―」

千早「私先いれてもいいですか?」

P「いいよ」

千早はとても楽しそうな顔をうかべ、マイクを手に取る

ついつい聞き入ってしまう千早の歌
千早の歌を聞くたび歌手になる選択肢も
あったんじゃないかって思ってしまう

千早「Pさん、曲いれないんですか?」

P「あっ、ああ、すまん今入れる」

つい聞き入っていると千早の歌が終わっていた
少しでも長い時間千早の歌を聴きたくて
俺は短めの曲を入れることにした

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:44:52.28 ID:AJLbKdDa0
カラオケを出て家への帰り道
俺は千早に言葉遣いのことを聞いてみる

P「なあ、千早」

千早「はい?」

P「前にも言ったけどさ、もっと気楽に話してくれていいんだぞ」

千早「それは、この言葉遣いのことですか?」

P「うん、まあそんなとこだ」

千早「どうしてもPさんが嫌なら努力してみます」

P「どうしても嫌だってわけじゃ…」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:45:09.81 ID:AJLbKdDa0
千早「そうですか…
   あの私思っていることがあるんですけど
   言っていいですか?」

P「ああ、なんだ?」

千早「私は人との距離に言葉づかいは関係ないと思うんです
   
   Pさんとどれだけ一緒の時間を過ごしても
   私にはこんな言葉遣いが一番あっていると思います
   
   Pさんがこの言葉遣いに壁を感じるっていうなら
   私は努力します
   
   私にとって一番大切な人に
   そんな事で嫌われたくありませんから」

俺が千早のプロデューサーをやっている頃
千早のイメージと言ったら
年齢以上に大人びているクールな歌姫で近づきがたいものだった

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 00:45:31.35 ID:AJLbKdDa0
P「ごめん、千早
 今の言葉で俺がどんなにくだらないこと
 気にしてるかってわかったよ」

千早「じゃあこのままでもいいんですか?」

でも今、俺の前にいる千早はこんなに暖かい

P「ああ、ごめんな変なこと言って」

千早「そ、そんな謝らないでください!」

P「うん、早く帰ろう、お腹すいたよ」

そっと俺は千早の手を握る

千早「はい、私もお腹がすきました」

その手を千早も強く握り返してくれた

千早の言う通り人との距離に
言葉づかいなんて関係ないのかもな

だってこんなに近くに
一番大切な人がいてくれる

終わり



元スレ: P「五年後の千早」千早「はい?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336059484/

アイドルマスター ミリオンライブ! B2タペストリー 如月千早
ギフト(Gift) (2019-10-31)
売り上げランキング: 601,423

[ 2019/09/20 22:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29172-a21f0738