ヘッドライン

千早「めざせ、ぷちもんますたー?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:37:40.81 ID:KE7MA76y0
小鳥「さあ千早ちゃん、今日は旅立ちの日ね!」

千早「…どうしても旅しないと駄目、ですか?」

小鳥「ええ、それがこの世界の掟だもの、仕方ないわ」

千早「(行きたくない…)」

小鳥「で、旅の最終目的だけど…」

小鳥「千早ちゃんには、ぷちもんますたーを目指してもらうわ!」

千早「ぷちもんますたー…ですか……」

小鳥「ぷちもんますたーになれた暁には、どんな願いだって政府が叶えてくれるのよ!」

千早「どんな願いでも…?」

小鳥「ええ、お金で解決できることならなんでもね」

千早「何だか生々しい話ですけど…私の歌を色々な人に聞いてもらいたい、とかそういう願いでも叶えてもらえるんですか?」

小鳥「もちろんよ!」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:40:25.69 ID:KE7MA76y0
小鳥「それで…はい!これが千早ちゃんのパートナーよ」

千早「パートナー?」

小鳥「千早ちゃんも知っての通り、この世界にはぷちっともんすたー、略してぷちもんと呼ばれている不思議な生き物が存在しているわ」

小鳥「まあ説明は面倒だから省いちゃうけど、つまりはこの子と一緒に旅して強くなればいいの」

千早「わかったようなそうでもないような…」

小鳥「習うより慣れろよ、さあボールから早く出してあげて」

千早「わ、わかりました…」

ポンッ

ちひゃー「くっ?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:44:56.35 ID:KE7MA76y0
千早「この子と旅に出るんですか?」

小鳥「そうよ!さ、早速冒険の世界にれっつごー!」

小鳥「…と言いたいところだけど、さすがに覚えている技くらいは知っておかないとね」

ちひゃー「くっ!」

小鳥「この子は、『うたう』と『りんしょう』を覚えているわ」

小鳥「今はまだレベルが低いから二つだけだけれど、成長したらもっと色々覚えるはずよ」

千早「はぁ…」

小鳥「それじゃ、今度こそ冒険の世界にれっつごー!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:49:16.90 ID:KE7MA76y0
--------
千早「取りあえず…最初の事務所がある街に向かえばいいのかしら…」

ちひゃー「く?」テトテト

春香「あれ?千早ちゃん?」

千早「あら、春香、どうしたのこんなところで」

春香「えへへー、実はね今から小鳥さんにぷちもん貰いに行くんだー」

春香「って、まさかその子は…!」

ちひゃー「くっ!(挨拶)」ビシッ

春香「千早ちゃん、もうぷちもん貰っちゃったの!?」

千早「そう…だけれど」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:54:27.09 ID:KE7MA76y0
春香「先越されちゃったかー、でも、先にぷちもんますたーになるのは私だからね!」

春香「じゃあ、またね!」タタタ

千早「あ、走ると危ないわよ!」

春香「ぅえ…?ふあああああ!」どんがらがっしゃーん

ちひゃー「くぅ?」

千早「…放っておいて大丈夫よ、先を急ぎましょう」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 21:58:45.07 ID:KE7MA76y0
---------
やせいの はるかさんが とびだしてきた!

はるかさん「はるかっか!」

千早「野生のぷちもんね…!さあ、初バトルよ、ちひゃー!」

ちひゃー「くっ!」

はるかさん「かっか!」ピョンピョン

やせいの はるかさんの はねる!
…しかし何も起こらなかった

千早「ちひゃー、うたう!」

ちひゃー「くぅぅぅううう!」

はるかさん「はるか…っか…」グゥ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:04:15.75 ID:KE7MA76y0
千早「よし、今よ!りんしょう!」

ちひゃー「くぅぅぅうううううぅぅ♪」

千早「(そもそも、ソロで輪唱って不可能なのだけど…)」

やせいの はるかさんは 倒れた!
…ちひゃーは経験値を貰った

千早「やったわね、ちひゃー!」

ちひゃー「くっ!」ハイターッチ

はるかさん2「はるかっか!」

千早「別のはるかさん…!?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:09:02.37 ID:KE7MA76y0
千早「ちひゃー、りんしょう!」

ちひゃー「くっくぅぅううぅう」

はるかさんはたおれた!
ちひゃーは経験値を貰った
…ちひゃーはEランクぷちもんにレベルアップした!

千早「やったわね、ちひゃー。ランクアップよ」

ちひゃー「くっ!」(嬉)

はるかさん3「はるかっか!」

はるかさん4「かっか!」

千早「まさか…近くに水場でもあるのかしら…?」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:15:13.18 ID:KE7MA76y0
千早「いいわ、ちひゃー、ひるまずにりんしょうよ!」

ちひゃー「くぅぅぅううううう!」

------2時間後

はるかさん56は倒れた!
ちひゃーはDランクぷちもんにレベルアップした!

千早「はぁ、はあ…さすがにきつくなってきたわね…大丈夫、ちひゃー」

ちひゃー「くぅ…」クラッ

千早「限界ね、よく頑張ってくれたわ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:20:39.50 ID:KE7MA76y0
-----ぷちもんセンター
千早「この子、お願いします…」

あずさ「あらあら、どうしたの、こんなに傷だらけで」

ちひゃー「シャー!」

千早「いい子だから、ほら、ボールに入って」ポムッ

あずさ「それじゃあ、早速始めるわねえ」

千早「はい、お願いします」

あずさ「はぁい、終わったわよ」

千早「随分と早いんですね…」

ちひゃー「くっ!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:25:29.38 ID:KE7MA76y0
あずさ「そうねぇ、最近の医療はどんどん進化してるから」

千早「そういうものなんでしょうか?」

あずさ「ええ、細かいことは気にしたらダメよ」

千早「それでは、お世話になりました」ペコリ

ちひゃー「くっ!(挨拶)」

あずさ「またね、ちひゃーちゃん」

ちひゃー「シャー!」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:29:51.90 ID:KE7MA76y0
-------
千早「ここが最初の事務所…876事務所ね」

ちひゃー「くぅ?」オロオロ

千早「大丈夫よ、今のあなたなら、敵わない相手なんていないわ」ニコッ

ちひゃー「くっ!」

絵理「挑戦者…?」

千早「あ、はい!…あなたがここの事務リーダー?」

絵理「うん…ずっと前から、ここが私のおうち」

千早「ぷちもんバトル、受けてもらえますか?」

絵理「喜んで、受けて立ちます?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:35:35.12 ID:KE7MA76y0
事務リーダーの絵理が勝負を仕掛けてきた!

絵理「愛ちゃん、がんばって」ポムッ

愛ちゃん「セーブしよー!」

千早「見たことのないぷちもんね…」

千早「頑張って、ちひゃー!」

ちひゃー「くっ!」

絵理「愛ちゃん、ハイパーボイス!」

愛ちゃん「セーブしたよーーーー!」

千早「な…なんて声量…!」

ちひゃー「くっ…!」ジリ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:36:01.03 ID:t/tfJbE20
愛ちゃんぷちもんかよ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:40:36.38 ID:KE7MA76y0
千早「ちひゃー!負けずにりんしょう!」

ちひゃー「くううぅぅううううう!」

愛ちゃん「まなみさーーーーん!!」

ちひゃー「くっ…」

千早「つ、強い…!」

絵理「降参するのがぷちもんの為?」

千早「こ、降参なんて…!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:44:50.48 ID:KE7MA76y0
ちひゃー「…くっ!」グイグイ

千早「何、ちひゃー」

千早「…!あなた、いつの間に…!」

ちひゃー「くっ!」

千早「…わかったわ。ちひゃー、ハイパーボイス!」

ちひゃー「くぅぅぅうううううう!」

絵理「その子も、ハイパーボイス?」

絵理「…愛ちゃん、負けたらだめ?」

愛ちゃん「セーブしよーーーーーー!」

愛ちゃん「セー…ブ…したよ…」

…愛ちゃんは倒れた!

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:49:09.68 ID:KE7MA76y0
千早「やったわ!」

ちひゃー「くっ!」

絵理「私の手持ちは2匹?」

絵理は涼ちんを繰り出した!

涼ちん「ぎゃおおおおおおおん!」

ちひゃー「くぅ…」

千早「さっきのダメージが残ってるのね…いいわ、速攻でかたをつけましょう」

ちひゃー「くっ!」

絵理「涼ちん、かたくなる?」

涼ちん「ハミデチャウヨオー」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:54:36.27 ID:KE7MA76y0
千早「かわしてりんしょう!」

ちひゃー「くっ!」タッ

ちひゃー「くううっぅぅぅぅうう!」

涼ちん「ぎゃおおおおおおん」ギンギン

千早「そんな…!どれだけ硬いの!?」

絵理「もう終わり」

千早「そんなこと…!ちひゃーだってまだ戦えます!」

ちひゃー「くっ…」フラッ

千早「あ…」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 22:59:24.95 ID:KE7MA76y0
絵理「ぷちもんのこと、思いやってあげないと駄目?」

千早「…くっ」

--------ぷちもんセンター
千早「ごめんね、ちひゃー…」

ちひゃー「くっ?」

千早「私、あなたのこと全然気遣ってあげられなかった…」

ちひゃー「くぅ…」ナデナデ

千早「…慰めてくれるの?」

ちひゃー「くっ!」

千早「あなた、優しいのね…」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:04:18.26 ID:KE7MA76y0
千早「…よし、決めたわ、新しい仲間を探しに行きましょう」

ちひゃー「くっ?」

千早「もちろんあなたを捨てるわけじゃないわ、水谷さんだってぷちもんを2匹使っていたでしょ?」

ちひゃー「くっ!」

あずさ「それなら、南側にある森に行ってみたらどうかしら?」

千早「森…ですか?」

あずさ「はるかさんは沢山湧いているけど…」

あずさ「たまーに可愛いぷちもんも出てくるわよぉ」

千早「可愛いぷちもん、ですか…早速行ってみます!」

ちひゃー「くっ!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:09:42.47 ID:KE7MA76y0
--------
はるかさん72「はるかっかー!」

はるかさん78「かっか!!」

千早「はるかさんだらけね…」

ちひゃー「くっ…」

やよ「うっうー!」

千早ちひゃー「!」

千早「こ、この子は…!」

ちひゃー「くっ?」

千早「か…可愛い…」ポッ

ちひゃー「……」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:15:33.76 ID:KE7MA76y0
千早「ちひゃー、うたう!」

ちひゃー「くぅ…」ジトー

千早「う、うたう!!」

ちひゃー「くううぅぅうぅうう♪」

やよ「うっうー!」タッ

千早「早い…!」

ちひゃー「くっ!」

千早「今度はりんしょ…やっぱり傷つけるのは駄目!」

ちひゃー「く…くっ??」

千早「もう一度うたう!」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:20:17.32 ID:KE7MA76y0
やよ「うっうー!」ダッ

千早「あ…逃げちゃったわ…」

ちひゃー「くっ!」スッ

千早「ん?何拾ってきたの?」

千早「これは…10円玉?」

ちひゃー「くっ!」チャリーン

千早「あ、こら!お金は大切に…」

やよ「うっうーー!!」ズザザー

千早「あ…」

ちひゃー「くっ!」ダキッ

ちひゃーは やよを捕まえた!

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:26:02.36 ID:KE7MA76y0
千早「えと…捕まえちゃっていいのかしら…?」

ちひゃー「くっ!」

------
千早「やよ、出てきて!」ポムッ

やよ「うっうー!」

千早「…」///

ちひゃー「…」ジトー

やよ「うー?」

ちひゃー「くっ!(挨拶)」

やよ「うっうー!」

ちひゃー「くっ?」

やよ「うっうー」

ちひゃー「くっ!」

やよ「うっうっうー!!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:27:49.34 ID:MGGvQnlG0
何このかわいい生き物たち

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:29:16.98 ID:KE7MA76y0
千早「あら?もう仲良くなったの?」

ちひゃー「くっ!」

千早「そう…それはよかったわ」

千早「やよは…一体どんな技を使えるのかしら?」

やよ「うっうー!」ダダッ

千早「あ、こら!待って!…待ちなさい!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:34:05.81 ID:KE7MA76y0
------
やよ「うっうー!」ザザザ

千早「はぁ、はぁ、はぁ…ふぅ…ここは…876事務所?」

絵理「また挑戦?」

千早「あ…水谷さん…」

やよ「うっうー!」タッタッタッ

絵理「新しい子、連れてきた?」

千早「は、はい…」

ちひゃー「くっ」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:39:16.08 ID:KE7MA76y0
絵理「いいよ、バトル、受けて立つ」

絵理「でも、無理させるのは駄目?」

千早「はい…私も水谷さんとのバトルで学びました」

千早「絶対に無理はさせません」

事務リーダーの絵理が勝負を仕掛けてきた!

絵理「涼ちん、がんばって?」

涼ちん「ぎゃおおおおおおおおおん」

やよ「うっうー!」タタタ

千早「あ、こら!また勝手に…」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:45:07.97 ID:KE7MA76y0
絵理「涼ちん、みだれつき?」

涼ちん「ぎゃおおおおん!」ヘコヘコ

やよ「うっうー!」タタタッ

絵理「早い…」

やよ「うっうーーー!」ダンッ

やよのとっしん!

涼ちん「ぎゃああああおおおおおん!」

涼ちんは倒れた!

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:51:04.31 ID:KE7MA76y0
千早「や、やよ!?」

やよ「うっうー!!」ピョンピョン

絵理「早くて攻撃力もある?」

千早「やよ!けがは!?けがはしてない!?」ソワソワ

やよ「うっうー!」

千早「だめよ…無理しちゃ…」ギュ

絵理「無理させないのと過保護は違う…?」

千早「よく頑張ってくれたわね、次はあなたの番よ、ちひゃー!」ポムッ

ちひゃー「くっ!」

愛ちゃん「セーブしよーーーーー!」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/26(土) 23:56:32.23 ID:KE7MA76y0
絵理「愛ちゃん!」

千早「ちひゃー!」

ちはえり「「ハイパーボイス!」」

愛ちゃん「セーブしたよーーーーーー!!」

ちひゃー「くぅぅうううぅぅぅうううう!!」

愛ちゃん「まなみ…さん……」バタッ

ちひゃー「くっ…」バタン

千早「引き分け…?」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:00:10.47 ID:ogo4AWrO0
絵理「ううん違う、私の負け?」

絵理「やよちゃん、まだ残ってる」

千早「あ…」

やよ「うっうー!!」

絵理「これ、私に勝った人に渡す決まり?」

千早「これは…バッジ?」

絵理「うん、それ集めると、何かが起こる?」

千早「あ、ありがとうございます!」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:04:17.35 ID:ogo4AWrO0
--------ぷちもんセンター
あずさ「はぁい、ちひゃーちゃん達元気になったわよぉ」

ちひゃー「くっ!」

千早「毎回すみません…」

あずさ「ふふ、いいのよ、それが私のお仕事だから」

やよ「うっうー!!」タタタ

千早「あ、こら!どこ行くの!…もう」

あずさ「ところで千早ちゃん、次の目的地はもう決まっているの?」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:07:32.59 ID:ogo4AWrO0
千早「いえ…どこに行ったらいいのかよくわからなくて…」

あずさ「それなら、この街の東側にある洞窟を抜けてみたらどうかしら?」

千早「洞窟ですか?」

あずさ「ええ、あそこなら強いぷちもんトレーナーさんもいるだろうし、抜けたら違う街に出られるわ」

千早「そうなんですか、ありがとうございます。じゃあ、少し休憩したら行ってみますね」

あずさ「ええ、頑張ってね」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:13:18.83 ID:ogo4AWrO0
-------
ちひゃー「くっ?」キョロキョロ

千早「やよならボールの中よ、あの子、すぐ1匹でどこかへ行ってしまうから…」

ちひゃー「くぅ?」

伊織「ちょっと、そこのアンタ!」

千早「え?私…ですか?」

伊織「そうよ!アンタよ、アンタ!」

千早「えと…あなたは…?」

伊織「聞いて驚きなさい!」

伊織「私はね、今をときめくスーパーぷちもんトレーナーの水瀬伊織ちゃんよ!にひひっ」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:18:44.37 ID:ogo4AWrO0
千早「そうですか…」

伊織「何よ、反応薄いわね」

ちひゃー「くっ」クイクイ

千早「そうね、もう行かないとね」

千早「あの、私たち先を急ぐので…」

ちひゃー「くっ!(挨拶)」

伊織「ま、待ちなさいよ!トレーナー同士、目があったらバトルするのが常識でしょう!」

千早「そんなこと初めて聞いたのですが…」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:23:56.50 ID:ogo4AWrO0
伊織「あーもうっ!埒が明かないわ!いいからバトルよ、バトル!」

伊織「行きなさい!あふぅ!」ポムッ

あふぅ「ナノー!」

千早「水瀬さんもぷちもんトレーナーだったの?」

伊織「だから!さっきからそういってるじゃない!」

伊織「あふぅ!あくびよ!」

あふぅ「あふぅ…」

ちひゃー「くっ?」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:28:33.60 ID:ogo4AWrO0
千早「仕方ないわ…ちひゃー、うたう!」

ちひゃー「くぅぅううぅう!」

あふぅは ねむってしまった!

伊織「んなっ!」

千早「今よ!ハイパーボイス!」

ちひゃー「…くぅ」

千早「…ちひゃー?」

伊織「あふぅのあくびが効いてきたようね!にひひっ」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:32:56.81 ID:ogo4AWrO0
千早「ちひゃー、戻って!…頑張って、やよ!」ポンッ

やよ「うっうー!」

伊織「2匹使うなんて卑怯よ!」

千早「6匹まで使っていいっていうのは、常識だと思ったのだけれど」

伊織「ああもう!私の負けよ、負け!」

千早「ほっ…」

伊織「とでも言うと思ったのかしら!行きなさい、いお!」

いお「キー!」

千早「猿ぷちもん…?」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:38:07.09 ID:ogo4AWrO0
伊織「きーっ!ほんっとムカつくわね!いお、ソーラービームよ!」

いお「もっ!」ジジジ

千早「やよ、でんこうせっか!」

やよ「うっうー!!」タタタッ

いお「もっ…!」ドンッ

いおは 倒れた!

伊織「ああ…いお…」

千早「今度こそ勝負あり…かしら?」

伊織「うぅ…お、覚えてなさい!」ダッ

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:45:39.72 ID:ogo4AWrO0
千早「あ、待っ…行っちゃった」

ちひゃー「…くっ?」キョロキョロ

千早「あら、目が覚めたの?」

ちひゃー「くっ!くっ!」ハタハタ

千早「水瀬さんなら、ついさっき走り去って行っちゃったわ…」

ちひゃー「くっ?」

千早「さ、早めに洞窟抜けちゃいましょう」

ちひゃー「くっ!」

やよ「うっうー!」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:50:13.00 ID:ogo4AWrO0
-------
千早「ちひゃーはりんしょう、やよはでんこうせっかよ!」

ちひゃー「くぅうううぅううう!」

やよ「うっうー!」ダダダッ

はるかさん961「かっかぁ!」

はるかさん876「はるかっかぁ!」ばたんきゅー

はるかさんは 倒れた!
やよはAランクぷちもんにレベルアップした!

千早「やよ…あなた一体どれだけレベル高かったの…」

やよ「うー?」ピョンピョン

はるかさん997「はるかっか!!」

はるかさん999「かっか!!」

千早「きりがないわ…」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:55:04.97 ID:ogo4AWrO0
-------
ちひゃー「くっ!くっ!」クイクイ

千早「どうしたの、ちひゃー…あ!出口ね!」

やよ「うっうー!」タタタッ

千早「あ、こら!…もう」

ちひゃー「くっ!」

千早「そうね、街についたら取りあえずぷちもんセンターで休憩にしましょうか」

ちひゃー「くっ!」(喜)

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 00:59:09.18 ID:ogo4AWrO0
-------ぷちもんセンター
あずさ「あらあら、早かったわね」

千早「ど、どうしてあずささんがここにも!?」

みうらさん「あらぁ」

千早「この子は確か…」

あずさ「みうらさんよ、この子、超能力が使えるから一瞬でぷちもんセンターを行き来できるの」

千早「何かすごいですね…」

あずさ「そんなことよりも、ぷちもんたちの回復が先ね」

千早「あ、はい!お願いします」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:02:35.57 ID:ogo4AWrO0
やよ「うっうー!」

ちひゃー「シャー!!」

あずさ「うふふ、二人とも元気いっぱいね」

千早「ありがとうございました」

あずさ「千早ちゃん、もうすぐに事務所にバトル申し込むの?」

千早「いえ、洞窟でちひゃーたちも疲れたと思いますし…」

千早「少しの間、観光でもしてみようと思います」

あずさ「あらあら、それはいいわねぇ」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:07:34.81 ID:ogo4AWrO0
-------
千早「とは言ったものの…」

やよ「うっうー!!」タタタ

ちひゃー「くっ!」タタッ

千早「ここ、何もないわね…」

美希「ねえねえ、そこの人、何か困ったことでもあるの?」

千早「え?あの…困っているというほどでもないのですが…」

千早「(この人、どこかで見たような…)」

美希「ふーん、よくわかんないけど、暇なら美希がこの街案内してあげるの!」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:12:28.95 ID:ogo4AWrO0
美希「えっとね、あそこがぷちもんセンターで、あそこがこの辺で唯一まともにお買いものができるコンビニ」

美希「それで、あれが美希がリーダーやってる事務所なの!」

千早「え?あなた、事務リーダーだったの?」

美希「なの!」

千早「またあとで挑戦しても大丈夫かしら?」

美希「うん、もちろん!…で、お姉さん、名前は?」

千早「如月千早です」

美希「千早さん…いい名前なの!じゃあ、事務所でまってるね!バイバイ」

千早「突然来て突然去ってったわね…」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:13:56.23 ID:LKmbwe2C0
コンビニ以外まともじゃないのかよ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:14:29.86 ID:ogo4AWrO0
-----
千早「二人とも、準備はいい?」

ちひゃー「くっ!」

やよ「うっうー!」クルクル

千早「それじゃあ、行きましょうか」

美希「あ!千早さん!961事務所にようこそなの!」

千早「早速だけど…挑戦、お願いできるかしら?」

美希「うん!」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:17:49.72 ID:ogo4AWrO0
事務リーダーの美希が勝負を仕掛けてきた!

美希「ちびき!いってくるの!」ポムッ

ちびき「だぞっ!」

千早「頑張って、やよ!」ポンッ

やよ「うっうー!」

千早「元気そうなぷちもんね」

美希「えへへ、千早さんのだって!」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:25:11.09 ID:ogo4AWrO0
美希「ちびき!うそなき!」

ちびき「ぅう…」グスッ

千早「(なにこれ、可愛い//)」

ちびき「びえええええええええん!」

美希「続けてバトンタッチ!」

ちびき「…だぞ……」ポムッ

スペパププ「ギャアアアアアアアアアアス!」

千早「それ…ぷちもんじゃないわよね…」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:28:24.12 ID:ogo4AWrO0
美希「うーん…わかんないの!」

千早「…」

千早「やよ、無理だけはしないでね?」

やよ「うっうー!!」ダダッ

スペパププ「ギャオオオオオオオオオオ」

千早「やよ、でんこうせっか!」

やよ「うっうー!」スッ

スペパププ「ギャアアアア!」

千早「そんな…!やよのでんこうせっかで倒れないなんて!」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:32:12.36 ID:ogo4AWrO0
美希「そんな攻撃じゃ、この子は倒れないの!ギガインパクト!」

スペパププ「ガアアアアアアアア!」

千早「やよ!かわして!」

やよ「うっうー!」タタタッ

美希「は、早い…!」

千早「そのまま後ろに回り込んででんこうせっか!」

やよ「うっうーーー!」ドンッ

スペパププ「ギャアアアアアアアアアアア」

…スペパププは倒れた!

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:36:34.46 ID:ogo4AWrO0
美希「美希のちびきを倒すなんて…千早さん、なかなかやるの!」

千早「そもそもちびきは戦ったのかしら…」

美希「じゃあ、今度はたかにゃ、頑張るの!」ポムッ

たかにゃ『登場』

千早「半紙…?」

美希「よくわかんないけど、たかにゃとの会話は大体紙だよ?」

千早「そ、そう…」

千早「やよ、一旦戻って!…今度はちひゃー、いってきて!」ポン

ちひゃー「くっ!」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:42:22.30 ID:ogo4AWrO0
たかにゃ『面妖』

千早「ちひゃー!ハイパーボイス!」

ちひゃー「くぅうううぅううう!」

美希「たかにゃ!ねんりき!」

たかにゃ『披露』ククク

ちひゃー「…くっ!?」フワフワ

美希「そのまま壁に投げつけるの!」

千早「ちひゃー!投げられる前にうたうよ!」

ちひゃー「くぅううぅううう!」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:48:46.06 ID:ogo4AWrO0
たかにゃ『睡魔』グゥ

千早「ちひゃー、りんしょう!」

ちひゃー「くぅぅぅぅうううううう!」

たかにゃは倒れた!

美希「あ…」

千早「やったわね!ちひゃー!」

ちひゃー「くっ!!」

美希「久しぶりに負けちゃったの…」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 01:53:16.13 ID:ogo4AWrO0
美希「千早さん、961の事務バッジなの!受け取って」

千早「ええ、ありがとう」

美希「千早さん!」

千早「な、何かしら?」

美希「千早さんには、絶対ぷちもんますたーになってほしいの」

美希「だからね、これ…」

千早「それは…?」

美希「この街、なーんにもないように見えるでしょ?」

千早「え、ええ…」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:00:21.47 ID:ogo4AWrO0
美希「実はね、この街の下に、最後の事務所…765事務所があるの」

千早「えっ…」

美希「そこには、とーっても怖い事務リーダーさんがいて…」

美希「並み大抵の人では挑戦すらも許されてないの」

千早「いまいち話が読めないのだけど…」

美希「えっとね、つまり、ミキすら倒せないトレーナーさんじゃその人には勝てっこないの」

美希「ミキのちびきですら足元にも及ばないくらいだし…」

千早「あの猛獣ですら…?」

美希「なの…」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:06:59.88 ID:ogo4AWrO0
美希「だからね、ミキに勝って、尚且つちょっとでも勝てる見込みがある可能性があるトレーナーさん…」

美希「つまり、千早さんにはその挑戦する権利があるの!」

千早「それで、この鍵は…?」

美希「あのコンビニの後ろに、よくわかんない建物あるでしょ?」

千早「え、ええ、あの倉庫みたいな建物よね…?」

美希「なの。あそこが765への入り口なの!」

千早「話が突飛し過ぎててよくわからないのだけれど…」

千早「つまり、次の事務へ行くには、あの建物に入る必要があるわけね」

美希「なの!」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:12:47.62 ID:ogo4AWrO0
------ぷちもんセンター
あずさ「あらあら、ミキちゃんに勝っちゃったの?」

千早「はい…」

ちひゃー「くっ!」

やよ「うっうー!」

あずさ「それはすごいわね、765事務所の鍵はもらった?」

千早「はい…ですが、どうも信じられないんです」

千早「こんな辺鄙な街の地下に巨大事務所があるだなんて…」

あずさ「うふふ、それは大人の事情ってやつね、前にも言ったけど、細かいことは気にしちゃだめよ?」

千早「はい…」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:16:47.52 ID:GvkXhC3j0
765プロの事務リーダーはダレカナー(棒)

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:19:33.62 ID:ogo4AWrO0
-----
やよ「うっうー!」タタッ

ちひゃー「くっ!」タタタ

やよ「うっうううー!!」ダダッ

ちひゃー「くっ!!」タッ

千早「大丈夫かしら…」

ちひゃー「く?」

千早「なんにせよ、水谷さんの言っていたように、無理だけはさせないわ…」

やよ「うっうー!」

千早「さ、行きましょう、765事務所へ!」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:24:17.33 ID:ogo4AWrO0
------
千早「ここが765…?」

ちひゃー「くぅ…」

千早「広いわね…」

やよ「うっうー!」タタタッ

千早「あ!…もう……ふふ、あなたは相変わらずね」

ちひゃー「くっ!」クイクイ

千早「ん…?あ、あそこね」

ちひゃー「くっ!!」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:28:05.75 ID:ogo4AWrO0
千早「あのお…すみません」

律子「あら、お客さん?珍しいわね、いらっしゃい」

千早「事務リーダーさんに挑戦したいのですが、今日はご不在ですか?」

律子「あー…一応目の前に座ってるんだけど…」

千早「え!あなたが765の事務リーダー!?怖い人だって聞いていたので…」

律子「美希ね…」ボソッ

千早「はい?」

律子「なんでもないわ、さ、やるならとっとと始めましょ」

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:33:01.79 ID:ogo4AWrO0
事務リーダーの律子が勝負をしかけてきた!

律子「この事務所では、ダブルバトルが基本よ!さあ、出てきなさい、こあみ!こまみ!」

こあみ「とかー!」

こまみ「ちー!」

千早「ダブルバトル…ですか、じゃあ、行ってきて、ちひゃー!やよ!」ポムッ

ちひゃー「くっ!」

やよ「うっうー!」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:40:46.11 ID:ogo4AWrO0
律子「こあみはちひゃーにおどろかす!こまみはやよにいばる!」

こあみ「とかー!」ドンッ

ちひゃー「くっ!?」ビクッ

千早「ちひゃーはこまみにうたう!やよはこあみにでんこうせっか!」

ちひゃーは怯んで技が出せない!

千早「…くっ」

やよ「うっうー!!」ダッ

こあみ「とかーーー!」

こあみは倒れた!

こまみ「ちーーー」ジー

やよ「うー?」

やよにはこうかがないようだ…

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:44:40.59 ID:ogo4AWrO0
律子「へえ、少しはできるようね」

律子「でも、本番はここからよ!戻りなさい、こあみ、こまみ!」ポムッ

千早「…?」

律子「さあ、ちっちゃん、ぴよぴよ!格の違いを見せてあげなさい!」ポンッ

ぴよぴよ「ぴー」パタパタ

ちっちゃん「めっ!」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:49:40.14 ID:ogo4AWrO0
千早「ちひゃーはちっちゃんにハイパーボイス!やよはぴよぴよにでんこうせっか!」

律子「ぴよぴよはそらをとぶ!ちっちゃんははたくよ!」

千早「は、はたく?」

ちっちゃん「めっ!!」バシッ

ちひゃー「くっ!?」

千早「なんて威力…ちひゃー、大丈夫?」

ちひゃー「くぅ…」

やよ「うー!」ピョンピョン

千早「あー、そらをとんでいる相手にでんこうせっかはあたらないわ!」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 02:52:30.02 ID:ogo4AWrO0
ちひゃー「くぅううううぅうぅぅぅう!」

ちっちゃん「めっ!」ウルサイ

ちひゃー「く、くぅ…」

ぴよぴよ「ぴー」パタパタ

千早「やよ、かわして!」

やよ「うっうー!」サササッ

律子「へえ、そのやよって子、相当のランクのようね」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 03:00:09.97 ID:ogo4AWrO0
千早「え、Aランクですから!」

ちっちゃん「Aって…そうそうなれるようなもんじゃないわよ…」

千早「やよはちっちゃんにでんこうせっか!ちひゃーはちっちゃんにりんしょう!」

律子「ちっちゃん、にらみつける、ぴよぴよはやよにフリーフォール!」

ちっちゃん「…」キッ

ちひゃー「!」ビクッ

やよ「うー…」オロオロ

千早「や、やよ!上よ!」

ぴよぴよ「ぴー!」グィ

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 03:03:04.81 ID:ogo4AWrO0
やよ「う…?」

ぴよぴよ「ぴー!」パタパタ

やよ「うぅ…」タカイ…

やよ「うわああああああああああああああん!こわいですうううううううううううううううう!!」

やよのハイパーボイス!
ぴよぴよは倒れた!ちっちゃんは倒れた!ちひゃーは倒れた!

律子「…は?」

千早「えと…」

145 :>>140今気づいたwww 訂正:ちっちゃん→律子 2012/05/27(日) 03:10:25.70 ID:ogo4AWrO0
千早「か、勝った…のかしら?というか、やよ、あなた喋れたの?」

やよ「うっうー!」

律子「すごい技ね…私にまでダメージきたわよ…」

千早「わ、私もびっくりです」

律子「なんか釈然としないけれど…はい、これ、765のバッジよ」

千早「あ、ありがとうございます!」

律子「これで事務バッジが3つ揃ったのかしら?」

千早「あ、はい!」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 03:17:09.03 ID:ogo4AWrO0
千早「ということは、これでぷちもんますたーになれたってことですか?」キラキラ

律子「えーっと、期待を裏切るようでほんっとうに申し訳ないんだけど、ぷちもんますたーにはまだまだ遠いわね…」

千早「そう…ですか」

律子「でも、あなたとあなたのぷちもんなら、きっとなれるわ、ぷちもんますたー!」

律子「応援してるわね!」

千早「はい!ありがとうございます!」

千早「ところで、一つだけ聞いてもいいですか?」

律子「何かしら?」

千早「ちびきの出す、スペパププが足元にも及ばないって話を聞いたのですが、どうしても信じられなくて…」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 03:22:35.76 ID:ogo4AWrO0
律子「はぁ?あんなのと私のぷちたちを戦わせたら、食べられちゃうじゃない」

千早「え…」

律子「え?何?もしかして、あの子またスペパププ使ってたの!?」

千早「そう…ですけど」

律子「あの子は…」ピキッ

千早「…」ビクッ

千早「もしかして、美希の言っていたアレですら足元に及ばないのって律k…」ボソッ

律子「何?」

千早「何でもないです…」

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 03:27:16.10 ID:ogo4AWrO0
千早「(こうして、私とぷちたちとの冒険が始まった)」

千早「(まだまだぷちもんますたーへの道は険しいけれど…)」

千早「(きっといつかは成れる日が来るわよね…)」

ちひゃー「くっ?」

やよ「うっうー!」タッ

千早「あ、こら!まだ毛繕い終わってないからじっとしてて!」

千早「(この子たちといっしょなら)」


おわる

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 03:30:23.64 ID:ozWVfsWZ0



元スレ: 千早「めざせ、ぷちもんますたー?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338035860/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29147-ee992056