ヘッドライン

【モバマス】礼「背筋がピンと……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568392053/

1 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:27:33.96 ID:MuBo812A0
・モバPは複数人同事務所にいる設定です




~お昼休憩中の事務所にて~

ちひろ「それにしても」

モバP1(以下ブレッド)「どうしました?」

ちひろ「いえ、ウチの事務所のプロデューサーさん達ってみんな良い姿勢しているなあ……って」

モバP2(以下ダグ) 「……ああ、そりゃそうですよちひろさん。」

モバP3(以下ジェイク)「日頃から心がけてますから。」

モバP4(以下シモンズ)「俺達皆で申し合わせてるんです。アイドルの娘達の為にもね。」

ちひろ「へー、それは知りませんでした。」

ブレッド「まあ、私達の仕事は営業も兼ねてる部分大きいですから。」

ダグ「普段からある程度鍛えておかないと持ちませんよ。いつまでも若いままじゃないですし。」

ジェイク「まあ、足腰なんかは割と歩いてるだけでも鍛えられますし維持もできますが……」

シモンズ「腹回りや上半身、特に肩なんかは気を遣ってやらないと、体にも良くありませんし何よりアイドル達に示しがつきませんから。」

2 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:29:05.46 ID:MuBo812A0
ちひろ「アイドル達に示しが……ですか。」

ブレッド「例えば……」




仁奈「あ!ポルちゃんでごぜーますよ!」

ブレッド「仁奈ちゃん、元気だったかな?」

仁奈「そりゃあもう!ポルちゃんこそいつもムキムキでごぜーます!今日もぶら下がっていいですか?」

ブレッド「ああ、良いとも!(力こぶ)」

仁奈「わーい!(ブラーン)」

ブレッド「お、おおっと!仁奈ちゃん、また大きくなったんじゃないか?」

仁奈「その通りですよ!いつも皆さんの言う通りごはんを残さず食べて、頑張っている成果にちげーねえでごぜーます!」

ブレッド「……そうか……そうだな!よし、今日も一緒に頑張ろうな!」

3 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:30:21.95 ID:MuBo812A0
ブレッド「……スカウトした手前もありますが、あの笑顔を絶対に曇らせない為にも、もっともっと頑張りますよ。」

ダグ「……ああ。流石だなお前は」

ジェイク「ただ、結構疲れるからなああれ。仁奈ちゃん位ならまだしも、小学生位の娘達も意外とやりたがるのが厄介なんだよな。」

シモンズ「かといって断るのも忍びないからなあ……ポル、あまり皆の前ではやるんじゃねえぞ。」

ブレッド「ははは、了解。」

ちひろ「なるほど、ちなみにダグさんの場合は?」

ダグ「俺は……」

4 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:31:49.94 ID:MuBo812A0
ダグ「よーし、いつもお疲れさん!今日も充実したレッスンを送ったようだな!」

ありす「当たり前じゃないですか。私たちを誰だと思っているんですか全く」

桃華「うふふふ、ダグちゃまこそ随分と先日から頑張られていらっしゃるんじゃなくて?」

ダグ「そりゃあな。近々またツアーが始まるんだから、二人に負けないように俺も頑張らないとな。」

ありす「まったく、せいぜい私たちの足を引っ張ったりしないようしっかりやってくださいよ。」

桃華「……ありすさん、そんなこと仰いながらこの前は休憩時間にダグちゃまのことを寝言で……」

ありす「んな!?」

桃華「宜しければこちらの携帯に録音してありますのでぜh「わーわーわー!」

ダグ「はははは。」

桃華「……でも、あまり頑張りすぎるあまりご自身のことをおろそかにしたりなどは、くれぐれもなさらぬよう。
……お腹回り、少々余分な肉がついてきているのではなくて?」

ダグ「んな!?」

5 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:33:20.43 ID:MuBo812A0
ダグ「あいつら油断も隙もありゃしねえというか……別の意味で気が抜けないというか……
嫌でも鍛えて姿勢正しておかないと、ってところですね。」

ジェイク「何だかんだ言いつつ」

シモンズ「愚痴ってるように見えて」

ブレッド「しゃべってるときのお前の顔」

ちひろ「生き生きしてますねえ。」

ダグ「……フン、うっせ。」




ダグ「で、ジェイクはどうなんだよ。」

ジェイク「……この流れは全員が話すパターンですか。」

シモンズ「まあ諦めろ。俺も腹くくった。」

ブレッド「ちなみに休憩時間はまだ大丈夫でしょうか?」

ちひろ「まだ余裕ありますし、面白いので皆さん一通り話し終えちゃいましょう。」

ジェイク「りょーかい。俺の場合は……」

6 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:34:51.00 ID:MuBo812A0
未央「ジェイクさーん!今日も稽古に付き合ってよ!」

ジェイク「また俳優役か……しかしこんな大根で良いのか?」

未央「いーのいーの!ジェイクさんみたいに背も高くて姿勢もしっかりしてる男の人そうそういないし、演技の練習にピッタリ!
これ、台本ね!」

ジェイク「はいよ。……って有香、お前もか?」

有香「えーと、ちょっと稽古を最近付けれてなくて、ジェイクさんが良ければ……その、乱取りに付き合っていただければ、と。」

ジェイク「いつも通り動きに合わせれば良いんだろ?それ位お安いご用だ。」

有香「あ、ありがとうございます!」

ジェイク「……で、茜はジョギングのお誘いか?」

茜「え!?何で分かるんですか!?」

ジェイク「お前のプロデューサー勤めてどれ位経つと思ってるんだよ。目を見ただけで伝わってきたぞ。」

茜「……///」

7 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:36:24.03 ID:MuBo812A0
ジェイク「……時折自分がプロデューサーなのか、それともトレーナーなのか分からなくなることがありますね。
まあ、あいつらの良さを引き出すためにも普段から頑張らなきゃ、とは思ってはいますが。」

シモンズ「何だかんだで、そのおかげかお前のところのアイドル評判良いからなあ。」

ブレッド「俺達のところの皆も負けちゃいないが、みんなシャキッとしてるもんなあ。」

ダグ「疲れててもやりがいを感じるから大丈夫、ってところなのかもしれないが、まあ楽しんでますからね俺達も。」

ちひろ「好きこそものの、って奴ですねえ。」

ジェイク「まあそういうことですよ。で、最後シモンズだな。」

シモンズ「はいよ。俺の場合は俺だけじゃなくて……」

14 : ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 09:11:23.35 ID:MuBo812A0
礼「はいそこ!疲れを姿勢に出さない!シモンズくん、お手本を見せてあげて!」

シモンズ「オーケー。このパートの振り付けは……こうして、こうだな。」

礼「流石ね。見事なバランス、体幹にブレがないのは素晴らしいわね。」

シモンズ「まあ、指導するからには当人が先頭に立って手本を見せられないと不味いからな。こっちこそいつも礼さんにはお世話になりっぱなしだからなあ。」

礼「私も同じ女性目線だけでは見えてこないものもあったりするし、シモンズさんの指導から色々と学ばせてもらっているわよ。」

シモンズ「……ですが、二人揃ってお手本を見せる必要はないのでは?」

礼「そんなことはないわよ。同じ振り付けでも、男女で見え方や見せ方が違ってきたりもするからね。どの辺りを意識すれば良いのかを理解するのには丁度良いわ。」

15 : ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 09:13:38.62 ID:MuBo812A0
シモンズ「そういうもんですかね。ちなみに休憩中の娘達が読んでいるのは……」

礼「ええ、『背筋をピンと』よ。ああいう誰にでも理解できて、且つ楽しめる漫画はインターバルにもイメージの手助けになったりするし、意外と侮れないわよ?」

シモンズ「『背筋をピンと』ですか。『背筋がピンと』ではなくて。」

礼「自発的に背筋を伸ばさなくてどうするの。『背筋が』だとダンスじゃなくて人前でただ緊張して立っているだけじゃないかしら。」

シモンズ「確かにそうですよね。それこそ『背筋が』なんて表現じゃあダンスに関連する要素、全くないですね……言うならば例えば俺たちがちひろさんを前にして……」

礼「シモンズくん、『自然を良く潤すけれど、人が使うとひと言でその人を破滅させちゃうもの』、なーんだ?」

シモンズ「……うっ。危ないところでしたね……ありがとうございます。」

礼「うふふ、答えが分かってくれたなら、ご褒美に今日のレッスンはみんなのためにもう少し付き合ってあげるわね。」




シモンズ「まあ、女性はどうしても胸の分上半身でフラつき易かったりしますからね。そういう時に男の俺が手本見せることで結構劇的な改善もあったりしますし。」

ブレッド「首や肩、あとは腰なんかを、女性の体型を維持しつつ」

ダグ「アイドルとしての活動続ける程度に鍛えるには」

ジェイク「まずは腹回りと、それ以上に背筋・背すじを鍛えることが本当に重要ですからね。」

シモンズ「それが普段からの姿勢の良さ、見え方にも繋がってくるわけです。」

9 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:39:45.96 ID:MuBo812A0
ちひろ「なるほど。私なんかもそれなりに鍛えた方が良いんですかね?」

ブレッド「いや、いきなり変に鍛えようと考える必要は無いと思いますよ。」

ダグ「まあ、維持程度は必要かもしれませんけどね。」

ジェイク「きちんと目的や計画を考え、明確にしてからの方が良いと思いますよ。」

シモンズ「闇雲にやろうとしてもいたずらに筋肉痛起こして気持ちが遠退くのがオチですよ。
まあ片桐さんみたいに二日酔いや運動不足を経験と気合いで補ってしまうやべーのもいますけd「シーモーンーズーくーん?」

10 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:40:57.03 ID:MuBo812A0
ブレッド「……そうです。シモンズは、とっさに体を丸めてしゃがみこんで、背中で早苗さんの猛攻を受け始めたんです。
猛攻に耐えきり、早苗さんの怒りが収まりかけた、とその場にいた誰もが思いました……」




ダグ「……その時でした。丁度早苗さんと同じくシモンズの奴を呼びに来た、礼さんが入って来ちゃって……背中を丸出しにしたシモンズの脊髄の急所を、反射的に且つ的確に抉って……」




ジェイク「痛みで……そう、背筋がピンとして立ち上がってしまったシモンズの目の前で、早苗さんが一言、『許さん』と告げました……

……両の手に執念を宿したまま、シモンズの顔は……」




ちひろ「顔面血だらけにしながらめっちゃ嬉しそうでした」

終わる

11 :  ◆3pHu1p0hUc 2019/09/14(土) 01:42:58.15 ID:MuBo812A0
終わりです。ちひろさんならば体力減らないダブルラリアットを延々と打つことができそうだなと思いました。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 礼「背筋がピンと……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568392053/


[ 2019/09/14 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29108-7c1e4db0