ヘッドライン

西片「だからお願い俺のそばにいてくれないか」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 06:12:38.855 ID:w5zH9N/F0.net
高尾「西片、お前の彼女、今日学校来ないってよ」



西片「だから彼女じゃないって!…え?そうなの?」



高尾「ああ、多分な」

 

高尾「女子が、『今日は高木ちゃん休みなんだってー』って話してたのを聞いてな」



西片「そ、そっか…」

 

西片(バ、バカなぁ!なんてタイミングの悪さだ!今日こそは高木さんをからかえる完璧な作戦を思い付いたというのに!)



西片(いや、これも計算のうちか!?オレに勝てないことを察してわざと学校を!?)



西片(おそろしい人だ…高木さん)



西片「あああ……」

 

木村「おーい、西片ー?」



高尾「ダメダメ、こいつは彼女に会えないことにショックを受けてる」

2 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 06:13:17.832 ID:w5zH9N/F0.net
≪キーンコーン カーンコーン≫

 

高尾「チャイム鳴ったな」



木村「席戻るかー」



西片「ちょっ、勘違いしないでよ!?」



木村「別に、オレ達にはどうでもいいことだしなー」



高尾「どうでもいいことではないけどな……」



先生「よし、授業始めるぞー」

 

西片「…」



西片(高木さん、休みか…)

4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 06:14:15.510 ID:w5zH9N/F0.net
先生「じゃあ、教科書開いてー」


西片「…」ペラッ


西片「ふわぁ…」


西片(眠い…高木さんがいないからか、久しぶりに真面目に授業に受けてる気分だ…)


西片(しかし隣に高木さんがいないだけで、すごい違和感が…)


西片(待て待て、からかわれないのはオレの望みだったじゃないか!むしろこの日を楽しむべき!)


西片(でも、高木さんにからかわれないのはなんか、こう…ムズムズする…)


西片(…あれ?今日は高木さんにからかわれないから腕立て伏せ無し?)


西片(いきなり筋トレ休むのはどうなんだ?高木さんが休みだからって休んでいいのか?)


西片(いかん、からかわれるがゲシュタルト崩壊してきた…)

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 06:15:11.290 ID:w5zH9N/F0.net
先生「…それじゃここを。西片ー」


西片「は、はいっ!?」


先生「ここ、答えてくれ」


西片「…すいません、分かりません」


先生「おいおい、頼むぞ?



西片「はい…」



西片(恥ずかしい…)


西片(あっ、よく見れば簡単なところじゃん!ますます恥ずかしい!)


西片(授業も聞かずに高木さんのこと考えてるなんて…)


西片(…オレ、何しに学校来てるんだろ…)

14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:04:19.127 ID:w5zH9N/F0.net
≪キーンコーン カーンコーン≫

先生「今日の授業はここまでー」

「きをつけー、れー」

西片「授業終わったし…」


中井「よ、どうしたんだよ西片。調子悪いな」


西片「中井くん。いや、さっきのは…」


中井「そういや、高木さんが休みだな。まさか…」

西片「や、やめてよ!そういうの…」


中井「はは、わりーわりー。あ、そうだ。高木さんいないんなら、いっしょに昼ごはん食べないか?」


西片「え、いいけど…」

真野「……」ジトー

15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:05:27.110 ID:w5zH9N/F0.net
西片「あ、あのさ、真野さんは…?」

中井「真野? 真野なら女子と食べるだろー」


西片「い、一応誘ったりは…」


中井「してないけど?」

西片「そう…」


西片(いやいやいや!それはまずいんじゃないの中井くん!?)


中井「また昼休みなー」ヒラヒラ


西片「わかっ…」


真野「………」ジトー


西片「ひっ…!?」

17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:06:58.182 ID:w5zH9N/F0.net
《昼休み》


中井「ごちそうさまー」

中井「西片、あんまり食ってないけど大丈夫か?」


西片「まあ…大丈夫なんじゃないかな」


中井「??」


中井「ま、午後も頑張ろーぜ」


西片(真野さんの視線が痛い…おかげで弁当の味も中井くんと何を話してたのかも分からなくなったし…)


「真野ちゃん、どうかした?怖い顔してるけど」


真野「べつに…大したことじゃないよ」


真野「ただ、羨ましいなぁって…」

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:08:54.498 ID:w5zH9N/F0.net
西片(こっち見てる!オレか!?オレなのか!?オレのせいなのか!?)


西片(もうやだ…早く帰りたい…)


《放課後》


西片「終わった…」


西片(授業は集中できないし、昼ごはんも落ち着いて食べられなかったし、今日は散々な1日だ…)


西片(高木さんがいないというだけでこれだけ日常に影響があるなんて…)


西片(ま、それも今日だけか。明日になれば高木さんも学校…「おーい、みんな聞いてくれ」  

先生「クラスの友達で、誰か高木の家にお見舞いに行ってくれる人はいるか?」


西片「え?」


先生「もちろん、連絡はこちらでやれるだけはやる。だが、細かい部分や教科ごとの宿題までは把握できてない。その分をお願いしたい」

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:09:56.843 ID:w5zH9N/F0.net
先生「高木は風邪だそうだから、あまり自分の体調がよくないと思う人はやめておいた方がいい。移る可能性もある」
 

西片(お見舞い…)
 

西片『高木さん…』


西片『めちゃくちゃおいしいけど熱が出るジュースと、めちゃくちゃまずいだけのジュース…どっちがいい?』


高木さん『…』


高木さん『もし、おいしい方飲んで熱が出たら、西片はお見舞いに来てくれるの?』


西片『へ?そ…それって何か関係あるの…?』


高木さん『大ありだよ。来てくれないの?』


西片『そ…そりゃ…熱が出たらお見舞いには行く…かも』


高木さん『じゃあ、おいしい方』
 

「高木さん大丈夫かなー?」「どうする?お見舞いに行く?」


西片(ここで手を挙げれば…)

20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:11:18.654 ID:w5zH9N/F0.net
西片(でも、行かないのも悪いよな…)


西片「うーん…」


真野「……」


真野「…はぁ」

 
真野「…あのー、先生」


先生「お、行ってくれるか真野」


真野「あ、その…私じゃなくて」


真野「西片君がいいと思います」

西片「!?」

西片「なっ、ちょっ、真野さん!?」

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:17:52.807 ID:w5zH9N/F0.net
先生「西片か…」


真野「高木ちゃんの隣の席だし…」


先生「みんなはどうだ?」


「西片君ならいいんじゃない?」「いつも仲良しだしね」


先生「…なら西片、行ってくれるか?」


西片「えっと…」


西片「…はい…分かりました…」


先生「そうか!よろしくな、西片」

23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:26:07.299 ID:w5zH9N/F0.net
西片「真野さん!えっと…その…」
 

真野「別に、仕返しじゃないですよ?」


真野「別に、中井君から声かけられていっしょに弁当食べて羨ましいとか」


真野「別に、いつもドンカンなくせに『西片が変なんだよー』って、ずっと中井君を見てた私のことは少しも気にしてなくて悔しいとか」
 

真野「全く!そういうのじゃ!ないですから!!」



西片「…ごめんなさい」


真野「…あっ、こちらこそいきなりすみません…」



真野「んんっ!話がずれたけど…」


真野「とにかく、これは高木ちゃんのためなんだから!」



西片「わ、分かってるよ」



真野「分かってなーい!!」

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:26:40.354 ID:w5zH9N/F0.net
真野「西片君、私が言わなかったらお見舞い行く気なかったでしょ」



西片「それは…で、でも、連絡ぐらいはするつもりだっ「それじゃダメなの!」



真野「高木ちゃんは、西片君にお見舞いに来てほしいんだよ!」



西片「…な、なんで?」



真野「このドンカン共め…」ボソッ



西片「へ?」

 

真野「西片君、まさか恥ずかしいなんて思ってないよね?」



西片「ぎくーっ!」



真野「そういうのいいから、行ってあげなよ!」

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:27:42.115 ID:w5zH9N/F0.net
西片「あ、あの…オレは何をすれば…」



真野「今日出された宿題と手紙を渡す!ノートなら私の持っていってもいいから!」


西片「はい!」



真野「両親へのご挨拶も忘れずに!」



西片「はい!」



真野「あ、後は…高木ちゃんと…その…えへへ…」


西片「…真野さん?」



真野「…もう!西片君、GO!!」

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:29:41.778 ID:w5zH9N/F0.net
西片「はい!ありがとうございましたぁ!」


西片「いってきまーーす!」

 

真野「…いってらっしゃーい…」


真野「…まったく、世話のかかる…」



中井「真野ー」



真野「はっ!?」



真野「な、中井くん…」



中井「見てたぜ、今の」



真野「!」



中井「オレがちょっと話しただけなのに、あんなにアドバイスしてくれるなんて思わなかったよ」



中井「お見舞いの件も、真野が後押ししたおかげだしな」



中井「やっぱり優しくて、いいやつだな、真野は」



中井「オレ、真野と仲良くなれてよかったよ」



真野「~~!!」

27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:35:18.574 ID:w5zH9N/F0.net
中井「そーだ、今日はいっしょに帰ろうぜ」


真野「ずるい…」ボソッ

 

真野「ずるいよ…中井君は」



中井「へ?なにが?」



真野「なんでもない!」



《高木さん家》



西片「…買い物もしたし、持っていく物も準備オッケーだな…」



西片「よし、行くか!待ってろ高木さん!」

 

西片(…というやり取りが、これで七回目である)

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:42:40.375 ID:w5zH9N/F0.net
西片「恥ずかしくない、これは頼まれたことなんだから…」


西片「でも、なんと声をかければいいのか…」

 
真野『高木ちゃんが待ってるから、早く行ってあげなさい!』


西片「はい!今行きます!」


≪ピンポーン≫



[はーい]




西片「えっと…西片です」



西片「高木さんの、お見舞いに来たんですけど…」



[西片くん? 今、出るね]



高木さん母「こんにちは、西片くん」



西片「こ、こんにちは」



高木さん母「ありがとね、お見舞い来てくれて。忙しかったでしょ?」



西片「い、いえ…はい」



西片(どっちだよ!)

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:49:46.258 ID:w5zH9N/F0.net
高木さん母「でもごめんなさい、あの子疲れて寝てるかもしれないわ」



西片「あっ、なら帰りま…「ちょっと待ってね」

 

西片「わざわざ起こさなくても…」



高木さん母「ふふ、その大荷物で言われても説得力ないよ?」



西片「…」



高木さん母「あの子のために色々してくれるわけだし、上がっていって?」



西片(そこまで言われたら…)



西片「…お邪魔します」



高木さん母「ん、いらっしゃい」

31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:54:20.611 ID:w5zH9N/F0.net
《高木さんの部屋》


高木さん母「おーい…」コンコン



高木さん母「返事がない…うーん」


高木さん母「…ごめん、やっぱり寝てるかもしれないけど、中に入ってもらえるかな。起きてたら学校の話でもしてあげて」



西片「分かりました」



高木さん母「じゃ、ごゆっくり」



西片「…あの、お母さんは?」



高木さん母「あら、お義母さんなんて…気が早すぎるよ」



西片「多分想像してる文字が違うと思うんですけど!?…オレ一人でいいんですか?」



高木さん母「いいんですか?って、西片くん何かするつもり?」



西片「な、なにもしませんよ!」

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:57:13.053 ID:w5zH9N/F0.net
高木さん母「なら、心配することないでしょう?」



高木さん母「よろしくね、西片くん」



西片「…はい」

 

西片「はいって言ったけど、ごゆっくりって…」



西片「…まあいいか。寝てるなら、すぐに帰ればいい話だ」



西片「高木さーん?入るよぉ…?」ガチャ



西片「高木さん…?」



高木さん「すぅ…」



西片「た、高木さん?起きてるなら返事して?」



高木さん「…すぅ…」



西片「うん、間違いない。寝てる」

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 07:57:54.032 ID:w5zH9N/F0.net
西片(…高木さんの寝顔、初めて見たな。授業もきちんと受けてるからか…というか、オレをからかってるから寝ないのか?)



西片(…じっくり見ると、正直…高木さんって…かわ「わっ!」

 

西片「うわあああああ!!?」

 

高木さん「あはははは!びっくりしたー?」



西片「お、おどかさないでよ!完全に寝てたと思ってたのに!」



高木さん「んー…だって…」



高木さん「西片が、私の顔をじーっと見つめてたから。あれ以上見られたら、私も恥ずかしいや」



西片「じ、じーっとは見てないよ!」



高木さん「あはは…けほっ、けほっ」



西片「! だ、大丈夫?」



高木さん「へーきだよ、熱はもう下がってるし」

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:00:29.045 ID:w5zH9N/F0.net
高木さん「ちょっと、せきが出る…ぐらい、こほっ」



西片「だめだよ無理しちゃ!ほら、寝てなよ」



高木さん「うん…」

 

西片「えっと、今日の学校はね…」



高木さん「へー…」



西片(それからオレは今日の学校であったことや、授業について高木さんに話した)



西片(高木さんはいつものようにからかう気力がないのか、それともオレの話をただ聞きたいのか、相槌を打つだけだった)

 

高木さん「真野ちゃんが…そうなんだ」



西片「そうそう、恥ずかしがらないで高木さんのお見舞いに行ってやれーって」



西片「オレも、真野さんのアドバイスには助かったんだけど…」



高木さん「そっか…」

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:02:21.335 ID:w5zH9N/F0.net
高木さん「後で、いっしょにお礼言わないとね」



西片「うん、オレも…え、いっしょに?どうしてさ?」



高木さん「…気にしないでいいよ」

 

高木さん「そういえば、西片」



高木さん「私のいない学校、どうだった?」



西片「ど、どうだったって…」



西片(高木さんがいなくてあまり授業に集中できてませんでした。なんて言えないよな…)



西片「べ、別に。普通だよ」



高木さん「…私は、さびしかったな」



高木さん「学校休んだら、西片に会えないし」



西片「……へ?」



高木さん「ん?」

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:05:18.965 ID:w5zH9N/F0.net
西片「いやぁ、さびしかったって…」



高木さん「ウソじゃないよ?」



西片「…ほんとに…?」



高木さん「…西片をからかえないからね」



西片(ですよねー!)



高木さん「西片をからかうのは、私の日課だから」



西片「うぐ…」



高木さん「まさか今日もその照れた西片の顔が見れるなんて、真野ちゃんに感謝だね!」



西片「どういう感謝!?」



西片(いつもよりテンション高いな、高木さん…)

37 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:06:32.394 ID:w5zH9N/F0.net
西片「…そろそろ寝るかい?高木さん」



高木さん「あはは、まだまだ……へっくち!」



高木さん「…さむい…」



西片「ああもう、布団を出るから!寝ててって言ってるでしょ!」



高木さん「ん…みず…」



西片「ほら、水!」



高木さん「ありがと…」

 

西片「他に、何かいるものある?」



高木さん「んーん、だいじょーぶだよ」



西片「そう。じゃあもう寝なよ、明日も学校もあるだろ」



高木さん「…西片は、優しいね」



西片「そうかな?」



高木さん「そーだよ。だって、私のお見舞いに来てくれたじゃん」

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:07:23.899 ID:w5zH9N/F0.net
西片「それは、真野さんに念押しされたのもあるから…」



高木さん「でも、決めたのは西片だよね?」



西片「まあ…そうだけど」



高木さん「私ね、西片にはお見舞いに来てほしい気持ちもあったけど…」



高木さん「風邪を移しちゃうかもしれないから、来ないでもいいって思ってた」



高木さん「それでも西片は、自分から来てくれた。そのことが、本当にうれしいんだ」



西片「あ…はは…そーかー……」



西片(何も、言えない…)



高木さん「顔、赤いよ?」



西片「…高木さんこそ」



高木さん「私はほら、風邪だから」



西片「ずるいなぁ…」



高木さん「ずるくなんてない…こほっ、こほっ」

42 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:26:05.215 ID:ovEVLei5r.net
西片「高木さん!」


高木さん「はは…それじゃ、言われた通り、もう寝ようかな」


西片「目、つぶって」


高木さん「ん…」


高木さん「…もしかして、キスするつもり?」


西片「しないわ!」



西片「…おやすみ、高木さん」



高木さん「おやすみ~…」


西片(見るからにきつそうなのに、オレをからかう元気はどこにあるんだ!高木さんめ!)


西片(でもなんだろう…少し、心が楽になった気がする。なんとなくだけど)

43 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:27:33.186 ID:ovEVLei5r.net
高木さん「ねえ、西片」


西片「な、何?」


高木さん「なんか、イマイチ眠れなくて…」


高木さん「西片に、お願いしたいことがあるんだ」


西片「なんだい高木さん?水かい?食べ物かい?それとも…」


高木さん「んーん、違うよ…」
 

高木さん「あのさ、私が眠る前に…」

 
高木さん「ぎゅーってしてほしいんだけど」
 

西片「は!?」
 

西片「な、なぜ!?」


高木さん「なぜって…」
 

高木さん「汗とかでびしょびしょだから、気持ちよくしてほしいなって」

44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:28:28.871 ID:ovEVLei5r.net
西片「はああああ!!?」

西片「な、何を言っているんだ高木さん!!」


高木さん「してくれないの?」


西片「できるわけないだろぉ!!」
 

高木さん「ふーん、できないんだ」


西片「いやいや!じゃ、高木さんはいいの!?」

 
高木さん「だって、このままの方が気持ち悪いし」
 

西片「どういうことぉ!?」


高木さん「西片は優しいから、してくれるって信じててたのに」
 

西片「いやいやいやいや!こういうのは、その…優しいとかじゃなくて…」


西片「もう少し…よく考えてですね…」


西片「行動…するべき……」


西片「…え?何それ?」

45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:29:29.780 ID:ovEVLei5r.net
高木さん「…西片」

 
高木さん「タオルだよ?」
 

西片「…タオル…」
 

高木さん「あれ?なんだと思ったのかなー?」
 

高木さん「もしかして西片、私とハグしたかったの?」
 

西片「ぐ…ぐぬぬ…」
 

西片「紛らわしいんだよ高木さん!タオル替えてとか、タオルしぼってとか言ってくれたらいいのにさぁ!!」
 

高木さん「あははははは!よかったー、最後に西片からかえて!」


高木さん「じゃあ今度こそおやすみ、西片」


西片「…」


高木さん「…すぅ…すぅ…」


西片「…」

46 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:30:50.701 ID:ovEVLei5r.net
西片「寝るの早いなぁ。疲れたんだよな、きっと。オレをからかうためにずっと起きてたからな」

 

西片「…ふぅ」





西片(高木さんめえええええええええ!!)

47 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:31:12.355 ID:ovEVLei5r.net
おしまい

スレタイは適当です

48 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:36:06.767 ID:ovEVLei5r.net
《おまけ》


高木さん「ふわぁ…」


高木さん母「あ、起きたんだ。おはよー」


高木さん「おはよー…って、夜でしょ」


高木さん母「どう調子は?熱は下がったみたいだけど」


高木さん「うん、明日には学校に行けるよ」


高木さん母「ごはんはどうする?」


高木さん「…いらない。まだ食べれないと思う」


高木さん母「了解。なら、せっかくだし、西片くんが買ってきてくれたお菓子食べよっか」


高木さん「…そんなの買っててくれたんだ。何も言ってなかったけど」



高木さん母「…ふーん」

49 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/10(火) 08:37:00.882 ID:ovEVLei5r.net
高木さん母「ゼリー、プリン、バナナもあるけど…どれにする?」


高木さん「プリン」


高木さん母「はい、どーぞ」


高木さん「…なーに、これ?メモ用紙?」


高木さん母「なんかねー、荷物といっしょにひっついてたよ?読んでみたらー?」


高木さん「なんだろ…」ペラ


高木さん「…」


高木さん「!」



高木さんへ



<これ食べて、早く元気になってね。学校で待ってるから。口に合わなかったらごめん…>



西片



高木さん「…ふふ」



高木さん母「ん?顔赤いよ?熱は下がったんじゃなかったっけ?」


高木さん「…少し、暑いだけだよ」







元スレ: 西片「だからお願い俺のそばにいてくれないか」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1568063558/


[ 2019/09/10 17:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/29068-d30d7e57