ヘッドライン

P「サボテン君、ただいま」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:25:37.79 ID:3gqzWlXd0
P「いやー、今日はほんと参ったよ、サボテン君。」

サボテン君「……」

小鳥「プロデューサーさん、お帰りなさい」

P「あ、音無さん。ただいまです」

小鳥「大変だったみたいですけど、どうかなさったんですか?」

P「え?あ、いや。あずささんとはぐれてしまいまして」

小鳥「それで探すのに手間取ったんですか?」

P「まあ、そんなかんじですね」

P「サボテン君はほとんど動かないから、迷ったりしないよなー」

サボテン君「……」



サボテン君「みつからない?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:26:19.49 ID:3gqzWlXd0
あずささんは、うんめいのひとをさがしているんだって。
そんなあずささんを、ぷろでゅーさーはいつもさがしているんだって。
ついでにうんめいのひともさがしてあげればいいのに。
もしかして、ものぐさなひと?だめなおとこ。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:30:14.89 ID:3gqzWlXd0
亜美「聞いてアロエリーナ、ちょっと言いにくいんだけどー♪」

亜美「聞いてアロエリーナ、兄ちゃんがちょっと冷たいー♪」

亜美「きいてくれてあーりがと、アロエリーナ♪」

サボテン君「……」

P「亜美、サボテン君はアロエじゃなくてサボテンだぞ」

亜美「でも兄ちゃん、どっちも触るといたいよ?」

P「そんなこといったら、針葉樹とかどうなるんだよ」

P「なあ、サボテン君?」

サボテン君「……」



サボテン君「きばやし」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:30:51.91 ID:3gqzWlXd0
あみは、まみとふたごだからよくにている。
どっちがあみでどっちがまみなのか、よくわからない。
もしかしたら、まみがあみであみがまみかもしれない。
こうみょうないれかわりとりっく、じけんのかおり?

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:34:50.22 ID:3gqzWlXd0
真美「聞いてアロエ…」

P「それはもうさっき亜美がやった」

真美「なん…だと」

P「そんなこの世の終わりみたいな悲痛な顔されてもな」

真美「兄ちゃん、微妙に空気よめないなー」

亜美「だよねー」

P「アイドルの奇行を諌めるのが俺の仕事だからな」

P「ごめんな、サボテン君。双子そろって同じことやって」

サボテン君「……」



サボテン君「どっちがどっち?」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:36:13.33 ID:3gqzWlXd0
まみとあみは、たんじょうびがおなじなんだって。
ぱらどくすがないてにげだす、さいきょうのふたご。
さるとくもにはごちゅうい。いやん。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:38:10.17 ID:3gqzWlXd0
次の日

P「おはようございまーす」

社長「やあ、おはよう。今日も早いね」

P「そりゃあ、アイドルのみんなよりも早くこないとだめですしね」

P「誰が気まぐれ起こして早朝にやってこないとも限りませんし」

社長「うん。感心感心」

P「サボテン君も、おはよう」

サボテン君「……」



サボテン君「かっとびんぐ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:39:31.57 ID:3gqzWlXd0
しゃちょうは、まえのしゃちょうからひきついでしゃちょうになったらしい。
まえのしゃちょうは、ぜんこくをとびまわってるんだって。
とびまわるってことは、いまはおそらのうえにいるのかな。
じょうくうからなむこぷろをにらんでたりして。かるくほらー?

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:44:21.35 ID:3gqzWlXd0
律子「おはようございます、プロデューサー殿」

P「おはよう、律子。今日も暑いな」

律子「午後には30度こえるそうですよ?」

P「あー、それきいたら一気にテンションさがってきた」

律子「ふざけてないで、あの子たちが来る前に書類の整理でもしたらどうですか?」

P「…クーラーつけていい?」

律子「10時にまるまでダメです」

P「くっ」

P「サボテン君はいいよな、暑さに強そうだし」

サボテン君「……」



サボテン君「がねめ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:45:14.32 ID:3gqzWlXd0
りつこは、あいどるだったけどいまはぷろでゅーさーらしい。
あいどるじだいのりつこはしらないけど、どうだったんだろう。
いちぶのはなしによると、ことりさんよりじむいんにむいてるとかむいてないとか。
てきざいてきしょってむずかしい、しゃかいのやみだ。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:49:37.65 ID:3gqzWlXd0
数時間後

やよい「うっうー!おはようございます!」

P「おはよう、やよい。今日は元気がいいな?」

やよい「はい!今日のチラシ見たら、もやしが安くて!」

P「いや、もやしは普段から安いだろ?」

やよい「なんと、普段の半額らしいんです!うっうー!」

P「そ、それはよかったな…。」

やよい「昨日はスーパーいかなくてよかったですー、昨日もやしかってたら大損してました!」

P「あはは、節約するにこしたことはないからな」

P「サボテン君は、もやしとか食べるのか?」

サボテン君「……」



サボテン「びんぼうひまなし?」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:50:13.31 ID:3gqzWlXd0
やよいにはたくさんきょうだいいるらしい。
でも、やよいはたよれるおにいさんみたいなひとがほしいんだって。
そんなことより、きのうはすーぱーでたまごがとくばいでしたよ。
あちゃー。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:53:58.62 ID:3gqzWlXd0
P「千早ー、ちょっといいか?」

千早「なんでしょう?」

P「いや、新しい歌のデモテ届いたんだけど」

P「なんとなく、デモの声が気に入らないから千早で撮りなおそうかなと」

千早「あの、デモテープですし…、別にそういったのは必要ないのでは?」

P「おれのやる気に関わる」

千早「…そ、そうですか…。わかりました、でしたらデモテープと歌詞を後でこちらに」

P「おう、ありがとうな」

P「サボテン君も、千早の歌きいたらきっとよく育つだろうな。情操教育ってやつだ」

サボテン君「……」



サボテン君「ななじゅうに」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:54:42.82 ID:3gqzWlXd0
ちはやは、おむねがちいさいってぷろでゅーさーがいってた。
でも、それもかのじょのみりょくらしい。
ちはやはちはやだから、それでいいんだって。
こういうのを、とーとろじーっていうらしい。
はくがくさぼてん。えへん。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:58:02.88 ID:3gqzWlXd0
伊織「ねえ、ちょっといい?」

P「どうした、伊織」

伊織「このデモテープの声、聞き覚えあるんだけど」

P「千早だからな!」

伊織「なんでデモテープをうちの人間が収録してるのよ!」

P「デモテープの声がなんかいやだったからとり直してもらった」

伊織「アンタそれ、…あっち側にばれたら怒られるじゃすまないわよ!?」

P「なんとかなるって、なあサボテン君」

サボテン君「……」



サボテン君「おでこがきらり」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 22:58:53.62 ID:3gqzWlXd0
いおりは、ちゃれんじゃーらしい。
おかねもちだけど、じぶんでなにかをつかみたいんだって。
おかねでかえないかちがある。ちょっとうさんくさい?

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:02:30.14 ID:3gqzWlXd0
小鳥「あ、プロデューサーさん」

P「どうかしましたか、音無さん」

小鳥「さっき、あずささんから電話があって」

P「また迷ったんですか?」

小鳥「いえ、迷わなかったそうです」

P「 」

小鳥「……あの、そこまで驚くのってあずささんに失礼では」

P「て、天狗じゃ…、天狗の仕業じゃ!」

小鳥(天狗の鼻…プロデューサーさんのお尻…いける!)

P「サ、サ、サボ、テン君…、明日はきっと大雨だよ」

サボテン君「……」



サボテン君「おはなし」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:03:04.73 ID:3gqzWlXd0
ことりさんは、よくぼくにはなしをしてくれる。
ことりさんによると、ぷろでゅーさーはすごくただれてるんだって。
なんてひとなんだ、そんなひとがぷろでゅーさーをやっているだなんて
くびにしなさい。
でも、はなしているときのことりさんはしあわせそう。
うーん。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:07:05.63 ID:3gqzWlXd0
真「プ、プロデューサァアアアア!!」

P「おわっ、真。どうしたんだ、そんなテンションあげあげで…」

真「今日ここに来る前、おじいさんに道をきかれたんですけど…」

P「うんうん、それで?」

真「その人、僕に声かけるときに「お嬢さん」っていってくれたんですよ!」

P「あー、そうか」

真「…なんか、リアクション薄くないですか?」

P「まあ、俺の中では真は普通に女の子だし」

真「 」ズキューン

P「そういや、サボテン君ってどっちなんだろ、男かな、女かな?」

サボテン君「……」



サボテン君「にりつはいはん」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:07:42.24 ID:3gqzWlXd0
まことは、おんなのこらしくなりたいんだって。
でも、ふぁんはそういうののぞんでないひともいるから、
そのうち、そのふたつにおしつぶされるかもってぷろでゅーさーがしんぱいしてた。
そしたら、ぺちゃんこになっちゃう?
ちはやはひとりでじゅうぶん。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:10:51.48 ID:3gqzWlXd0
響「はいさーい!」

P「お、響は今日も元気だな。」

響「自分、暑いのには慣れてるからな」

響「サボテン君も、サボテンだから暑いの大丈夫なのかな」

P「響ー、サボテンはゴーヤじゃないぞー」

響「じ、自分…、それくらいはわかるぞ」

P「いってみただけ」

P「…でも、サボテン君って顔があるんだから、ゴーヤとかも食べそうだよな」

サボテン君「……」



サボテン君「どうぶつらんど」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:11:50.86 ID:3gqzWlXd0
ひびきは、たくさんのともだちがいるんだって。
ぼくもそのなかにはいっているのかな。
それより、やよいってひびきのなまえをかけるのかな。
ぼくにはこわくてきけない、えいえんのなぞ。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:13:57.37 ID:3gqzWlXd0
P「…ん、この弁当うまいな」

P「値段も安いし、それなりに量もあるし…」

P「今度からこの弁当にしよう」

P「……はあ、俺も弁当つくってくれる人がいたらなあ」

P「……ッ!?」

P「い、いま、一瞬、ものすごい視線を感じた…」

P「……サボテン君、じゃないよな?」

サボテン君「……」



サボテン君「かげのしはいしゃ」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:14:33.31 ID:3gqzWlXd0
ぷろでゅーさーは、なむこぷろのきゅうせいしゅなんだって。
かれがきて、みんなをぷろでゅーすするようになってから
げきてきにじょうきょうがかわったんだって。
ごつごうしゅぎ、しゅじんこうほせい。きらいじゃない。
うーん。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:14:59.49 ID:MHQQoVY90
このサボテン君貧乳にきびしいな

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:21:24.77 ID:3gqzWlXd0
P「おーい、雪歩ー」

雪歩「は、はいっ…!?」

P「あ、いたいた。ちょっと生ゴミの処理をしたんだけど、穴掘り手伝ってくれないか?」

雪歩「へっ!?あ、はい…いいですけど」

P「いやー、やっぱ穴掘りといえば、雪歩だよな」

雪歩「ぐ~ ま~ ぐま ま?」

P「ぐま♪」

雪歩「ぐま!」

P「サボテン君はアナグマ語しゃべれるんだっけ?」

サボテン君「……」



サボテン君「うえにはうえがいる」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:23:09.52 ID:3gqzWlXd0
ゆきほは、ひんそーでひんにゅーでちんちくりんらしい。
それをいうたびに、きずつくひとがいる
なんていえない、しがないさぼてん。
こまった。

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:25:15.43 ID:3gqzWlXd0
P「さて、ゴミの処理もおわったし…」

P「もうちょっとしたら、昼の予定の時間だな」

P「今日はレッスンか…、みんなが力を合わせれば、きっと何倍もの成果があるはずだ」

P「サボテン君も、みんなのことを応援してやってくれよ?」

サボテン君「……」



サボテン君「みんななかよし」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:26:11.29 ID:3gqzWlXd0
せかいはいめーじだって、だれかがいったんだって。
ぼくがあるとおもうから、なむこぷろがあるらしい。
だったら、ぼくはみんなのえがおをいめーじしよう。
なんてけなげなさぼてんなんだ。えへん。

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:29:57.09 ID:3gqzWlXd0
一方そのころ

翔太「あれ、冬馬くん待ちうけかえたんだ?」

冬馬「ばっ、覗くなよ…!」

北斗「なんだいこれ…サボテン?」

翔太「なにかのマスコットかな?」

北斗「へえ、冬馬にもこんな趣味があったんだね☆」

冬馬「ち、ちげぇよ!」

冬馬(い、いえねえ…、アイツらのところ行ったときにこのサボテンの写メとったなんて…)



サボテン君「つんでれ」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:30:32.76 ID:3gqzWlXd0
じゅぴたーのとうまは、ほんとうはいいひと。
このまえなぜかなむこぷろにきたとき、ぼくにはなしかけてくれた。
ぼくとおはなしするひとに、わるいひとはいない。
なのになんであんなわるぶるんだろ?
おとしごろ?いやん。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:33:33.78 ID:3gqzWlXd0
戻って、765プロ

美希「ハニー、ハニー!」

P「美希ー、この真夏の2時に抱きつくのやめてくれないか」

P「お前が雪女だったら、俺から抱きつくんだけどな」

美希「!…美希、雪女になるの!」

P「いや、ムリだろ。妖怪になるとかむりだからな」

小鳥「雪女ですと…岩手ですね」

P「いや、遠野を勧めるのやめてくれません?」

美希「ハニィ~…」

P「これ以上ベタベタするなら、サボテン君に刺してもらうぞ!」

サボテン君「……」



サボテン君「のびた」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:34:13.19 ID:3gqzWlXd0
みきはよくねているけど
あんなにねてて、だいじょうぶなのかな
きっと、だいじょうぶなんでしょう。ねたからあのさなんでしょう。
ぼくもよく、ことりさんのはなしのとちゅうでねてるけど、
それはばれてないのかなあ。でもあのひとははなせればいいんだろうから、
これでいいとおもう、いねむりばんざい。

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:37:28.17 ID:3gqzWlXd0
春香「プロデューサーさん、レッスン終わりですよ、終わり!」

P(無理やりその言い方せんでも)

P「ああ、お疲れ様。よくがんばったな」

春香「はい、メインヒロインとしての意地がありますから!」

P「そうか、それはよかった」

P(……まあ、でも基本的にメインヒロインって人気投票で1位とれないよな)

春香「どうかしました?」

P「あ、いや。なんでも。ただ、サボテン君って見てて和むなって」

春香「ああ、たしかに。あの顔かわいいですよね」

P(しかし、本当にサボテン君は癒し系だよな)

サボテン君「……」



サボテン君「つくだにみたい」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:38:10.62 ID:3gqzWlXd0
はるかは、めいんひろいんなんだってー!?
しらなかった。ただのどーむですよじゃなかったんだ。
ころんでしまったひょうしに、めいんひろいんのしょうごうをおとさないように。
どんがらがっしゃん。そしてまたころんだ。なにやってんだい。

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:44:19.70 ID:3gqzWlXd0
P「あ、貴音。今度新しいラーメン屋ができるんだって」

貴音「その情報(だーてん)はすでに手に入れております」

P「だ、…え、えっ?」

貴音「あなた様、時には聞き流すということを覚えてはいかかでしょうか…」

P「いや、だって俺プロデューサーだし」

貴音「それはさておき、あなた様」

P「ん、なんだい?」

貴音「あなた様さえよろしければ、その…、今度、でーとしていただけないでしょうか?」

P「あー、いいぞ。そのとき、ラーメン屋いこうな」

貴音「は、はいっ」

P「…サボテン君、そのうち君の日記が俺と貴音に支配されるぜ!」

サボテン君「……」



サボテン君「めんよう」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:44:51.67 ID:3gqzWlXd0
たかねは、らーめんがすきで
らーめんはたかねのことはそこまですきじゃないんだって。
かなしいかたおもい。
あれ、ぷろでゅーさーさんかたこってるんですか?
そうなんだよ、かたがおもくて
かたがおもい、かたおもい。
きょうもなむこぷろは、とてもへいわです。

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:47:52.16 ID:3gqzWlXd0
小鳥「プ、プロデューサーさん!」

律子「プロデューサー殿!」

P「どうしたんですか?二人して」

小鳥「あ、あ、あ、あ、あ、あ…あずささんが迷子になっちゃったんです!」

P「えっ!?」

律子「携帯の電池も切れてるみたいで…」

P「は、八方塞じゃないですか!」

サボテン君「……」

サボテン君「……」 ググッ…

トテトテトテ

P「…あ、あれ?サボテン君がいない?」

律子「さっきまで、ここにいたのに…」

小鳥「もしかして…」

P「さっきの話をきいて探しに!?」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:50:00.16 ID:3gqzWlXd0



「サボテン、人をさがす」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:53:36.37 ID:3gqzWlXd0
P「サボテン君、動けるのはしってたけどここまで行動的だなんて…!」

小鳥「サボテン君、小さいから人ごみの中にはいって蹴られたりしたら…」

律子「それより、蹴った人に針が…」

P「くそっ!俺、二人を探してきます!」

小鳥「探すといっても、手がかりは何もないんですよ?ピヨ…。」

P「大丈夫、アイドルを見つけられないようじゃプロデューサーの名が咽び泣くってもんですよ!」

P「それじゃあ、いってきます!」

律子「ほか娘たちにも、手伝ってもらうようにいっておきますから!」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:55:54.44 ID:3gqzWlXd0
サボテン「……」 トテトテ

サボテン「……」

サボテン「……!」 コテッ

サボテン「……」

サボテン「……」 ムクッ

サボテン「…あずささん、みつけないと」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:00:31.72 ID:l05QHcsz0
P「…とはいえ、本当に手がかりがないな」

占い師「ちょいと、お兄さん。困ってるなら占いやっていかない?」

P(…そんなもんに頼ってるヒマは…。いや、いまは藁でもすがっておかないと)

P「や、やります」

占い師「500円だよ。生活かかってんだから、まけらんないよ」

P(あ、ちょっとリーズナブルだ)

占い師「それでは…」

占い師「ビタミン カロチン カリウム ファイバー…」

占い師「ポリフェノォ~~~ルッ!」

占い師「自分の思うとおり行け、ですね」

占い師「迷ってる暇はないってこと?」

P(…くそ、明日は昼飯ぬきだな)

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:03:40.83 ID:l05QHcsz0
P「とはいえ、迷ってるヒマがないっていうのはあたりかもしれない」

P「ありがとう、果物のおねーさん!」

P(……とはいえ、どうしよう…!)

青年「おい」

P「え、あ…はい?」

青年「人を探しているんだが、白いドレスをきた女の子をみなかったか?」

P「あ、みてません」

青年「そうか、じゃましたな…。クソッ!」

P「あ、あの…俺も人をさがしてるんですが…、胸の大きい女性をみませんでしたか?」

青年「…それだけじゃ、わからないな。すまない」

P「そうですよね…」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:06:40.49 ID:l05QHcsz0
P(今日は迷子の多い日なのかな…)

prrrr

P「もしもし?」

千早「あ、プロデューサー、どうですか?」

P「全然だめだ、そっちはどうだ?」

千早「こちらもさっぱりです、春香たちにも連絡をとってみたんですが…」

P「わかった、ありがとう。千早はどのあたりにいるんだ?」

千早「事務所から少し西のあたりをさがしています」

P(俺は東に出てるから、真逆か…、いいかんじにバラけてるかもな」

P「千早、携帯の電池に気をつけろよ、それじゃっ」

ピッ

P(さて、もうひと踏ん張りだな)

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:08:40.47 ID:l05QHcsz0
男「ねー、彼女ー、暇してるなら俺とお茶しない?」

あずさ「あ、あの…」

男「いいじゃん、いいじゃん、ね?」

あずさ「その…」

男「ひゅーっ!かわいい、ぜってー持って帰るぞこれ」

サボテン君「……あ」

サボテン君「あずささん、みーつけた」

あずさ「サ、サボテンちゃん?」

男「あ、なんだあれ?」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:13:32.17 ID:l05QHcsz0
男「なに、このサボテン。君の?」

あずさ「はい。私の大切なお友達です。」

あずさ「そういうわけなので、ごめんなさい」

男「さ、サボテンにまけたっ…!?」

男「ショックだ、…もう今日は家に帰ろう…」

男「じゃーね、またヒマな時にあったらよろしくね」

サボテン君「あずささん、むかえにきた」

あずさ「あらあら、私のこと迎えにきてくれたのね?」

サボテン君「あ」

サボテン君「…かえりかた、わからないや」

あずさ「 」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:17:00.54 ID:l05QHcsz0
あずさ「どうしましょう…」

P「あずささぁーん!」

サボテン「あ」

あずさ「プロデューサーさん…!」

P「や、やっと見つけた…、ゼー、ハー、ゼー、ハー…」

P(あの占い、捨てたモンじゃないな…、勘で走ってたらみつかったぞ)

P「は、は…サボテン君もいたんだ…、あずささん探してくれたんだな」

P「偉いぞ」 ナデナデ

グサッ

P「 」

あずさ「あらあら…」

あずさ「それじゃ、プロデューサーさん。手当てもしなくちゃいけませんし、かえりましょうか」

P「は、はい…」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:19:52.71 ID:l05QHcsz0
765プロ

春香「あずささん!」

やよい「うっうー!」

伊織「もう、何やってるのよ…」

響「でも、みつかってよかったぞ!」

美希「くー…、くー…」

真(寝てる…)

雪歩「やっぱり、穴の中にはいなかったです…」

P「雪歩」

雪歩「は、はい」

P「ぐげ」

雪歩「 」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:22:26.89 ID:l05QHcsz0
社長「いやー、でも無事みつかってよかった、よかった」

P「本当ですよ、今回のMVPはサボテン君ですね」

小鳥「そうなんですか?」

P「だって、俺より先にあずささんを見つけたんですから」

P「ね、あずささん?」

あずさ「はい、そうですね」

貴音「それは、よきことですね」

亜美真美「さすがアロエリーナ!」

P「だから違うって!」

P「ほんと、今日はありがとうな、サボテン君」

サボテン君「……」



サボテン君「えっへん」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:22:58.91 ID:l05QHcsz0
まいごになった、あずささんをさがして
あずささんをみつけて、ぼくもまいごになった。
ぷろでゅーさーがみつけてくれなかったら、
ちょっとしたぼうけんになってたかも?
さぼてんげんさく、すぺくたくるだいちょうへん!
べすとせらーのよかん?いやん。

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:25:21.91 ID:l05QHcsz0
あずさ「あ、あのプロデューサーさん」

P「はい?」

あずさ「今日は、ありがとうございました」

P「ああ、いいですよ、大丈夫です」

あずさ「プロデューサーさんが、私たちを見つけてくれたとき」

あずさ「すごく、うれしかったんです」

P「ははは、そいつはよかった」

あずさ(なによりも、あなたが探してくれたことが…)

P(…GPSつきの携帯もたせようかな?)

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:27:00.78 ID:l05QHcsz0
数ヵ月後


サボテン君「……」

真「で、その時にプロデューサーが転んじゃって」

真「もう、ボクすごく笑っちゃって」

真「そうしたら、プロデューサーが鬼の形相でボクをにらんで」

真「それで必死で逃げたら、社長とぶつかっちゃって…」

サボテン君「……」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:29:35.07 ID:l05QHcsz0
P「あずささん、今日は営業ですね」

あずさ「そうですね…」

P「あれ、どうかしたんですか?」

あずさ「いえ、また迷ってみんなに迷惑かけちゃわないかと思うと不安で…」

P「大丈夫ですよ、その時は俺が─俺とサボテン君が、また見つけてあげます!」

P「それこそ、たとえブラジルにいたって!」

P「なっ、サボテン君」

サボテン君「……」



サボテン君「ですてぃにー」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:30:28.82 ID:l05QHcsz0
いろいろとあったけど、
ぼくはものすごいものをみつけてしまった。
だれかにいいたいけど、これはひみつ。
さぼてんもみすてりあすなほうがいいとおもう。

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:31:57.07 ID:l05QHcsz0
サボテン君「……」

サボテン君「……」

サボテン君「おしあわせに」


「サボテン、人をさがす」



                おわり

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:32:28.60 ID:l05QHcsz0
また数ヶ月後

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:36:35.08 ID:l05QHcsz0
P「うーん、やっぱり夏とちがって、冬は仕事がはかどるなー」

真「プロデューサー、もうすぐクリスマスですね」

P「そうだな、みんなでパーティでもしようか」

やよい「うっうー!いいですね」

P「もちろん、やよいの弟たちもつれてきていいからな」

やよい「きっとみんなよろこびます!」

P「それじゃ、クリスマスはみんなで楽しくパーティだな!」

サボテン君「……」



サボテン君「ひつようふかけつ」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:38:15.53 ID:l05QHcsz0
ぷろでゅーさーは、なくてはならないそんざいらしい。
いろいろないみで、あいどるたちにひつようなんだって。
なんだか、うさんくさいので、しんようできないけど。
なんだかんだで、じっかいしてしまったのがこまりもの。
うーん。めぇ。

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:39:17.93 ID:l05QHcsz0
サボテン君「……」

サボテン君「……」

サボテン君「おわり」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:41:06.80 ID:l05QHcsz0
ぷろでゅーさーは、まだじぶんのしめいにきづかないんだって。
むのうめ。はやくしないと、ぼくのとげでちくちくするぞ。
そんなさぼてんらいふ、きょうもなむこぷろはへいわです




fin

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:45:13.99 ID:l05QHcsz0
というわけで、終わり。
ちなみにゆきぽのアナグマ語はぐ~ ま~ ぐま ま?で「あなたは私が好きですか」。文法あってるかはわからんけど。
ゆきぽはこんなこと言わないと思うけど、アナグマ語ではぐらかせばギリありかなとか思った。

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:39:27.53 ID:tTXIrAcKi
今さらなんだが元ネタなに?

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:44:17.60 ID:H5kumU5tP
聖剣伝説 LEGEND OF MANA
初代PSの名作ゲーム
雰囲気ゲーだよ
やるならとりあえず聖剣(ラスダン)のために自宅の一つ隣は開けとけ

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:54:52.93 ID:9f9zFHSK0
アルティマニアが手元にないから分からぬ…っ悔しいビクンビクン

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 01:03:36.14 ID:AOTWeSKR0


サボテン君かわいいよなー一家に一個欲しいよなー

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 01:06:14.92 ID:kG4fL74F0

可愛い



元スレ: P「サボテン君、ただいま」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345555537/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28992-b1e5eef9