ヘッドライン

【モバマスSS】シンデレラウーマンです!

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490787613/

1 :オリP 2017/03/29(水) 20:40:13.36 ID:gY14yS1I0
間もなく開幕!
オリックスは開幕3タテ行けるでしょう。
では、のんびりスタートです。


モバP「もりくぼぉ!仕事に行くぞぉ!」


乃々「嫌なんですけどぉ…。もりくぼはお仕事むりくぼぉ…」


モバP「なに、栄養ドリンクのCMみたいな事言ってんだぁ!」


乃々「もっとアイドルのお仕事にぎらぎらした人を連れてってぇ」


モバP「先方がお前を御所望なんだよぉ!大人しく行くぞ!」


乃々「ひえええ~。誰か助けてぇ~。連れていかれるぅ~」


モバP「人さらいみたいに言うな!」


???「待ってください!とおっ!」ビュッ


モバP「お前は――卯月!なんで、全身タイツなんだ?」


卯月?「私はそんな普通のお名前じゃありません!今の私は、シンデレラウーマン!正義の味方です」


モバP「いや、むしろシンデレラで良くね?」

2 :オリP 2017/03/29(水) 21:00:45.41 ID:gY14yS1I0
卯月?「この際、そんなのどーでもいいです!乃々ちゃん!今のあなたにはCPが足りません!」


モバP「CP?アイチャレのパワーか?――明日で最終ラウンドだから、李衣菜Pは頑張れよ」


卯月「違います!シンデレラパワーです!略してCPです!今の、乃々ちゃんにはCPが全くありません!」


乃々「そんなのあるわけありません…。もりくぼは元々シンデレラパワーは皆無ですから…」


卯月「そんな乃々ちゃんでも、CPを溜めることが出来るんです!さぁ~。私の真似をしてください!」


乃々「卯月さんが、いつにもまして強引です…」


卯月「良いですか?プロデューサーさんもですよ!――長座体前屈!そのまま身体を前に倒せるだけ倒しましょう!」


乃々「これ以上は…」プルプル


モバP「むぅ~りぃ~」プルプル


卯月「それでは5数えましょう!――いーち!」ピュー


卯月「にぃー!」ピュー


卯月「さぁーん!」ピュー


卯月「よぉーん!」ピュー


卯月「ごぉー!」ピュードカーン

3 :オリP 2017/03/29(水) 21:02:57.08 ID:gY14yS1I0
卯月「どーですか!お二人のシンデレラパワーが、ここに溜まって来たでしょう!」コシヲユビサシー


乃々「え?意味、がよく分からないんですけど…」ガシッ


モバP「そのまま持っていく!」


乃々「そんな~!おしごとはむ~りぃ~!」


卯月「…これでまた、悩めるアイドルを救えましたね!」

4 :オリP 2017/03/29(水) 21:08:35.64 ID:gY14yS1I0
留美「ふう…。プロデューサー君の補佐も中々大変ね…。でも、秘書の時よりもやりがいがあるわ…」


みく・雪美「」


留美「あら、みくちゃんと雪美ちゃん。それに猫ちゃん!…喋りたいわ。でも、こんな大人が入ってきたら、ビックリされちゃうかも…」


留美「でも…」


卯月「そんな時はお任せください!」


留美「あら、卯月ちゃん」


卯月「私は卯月じゃありません!シンデレラウーマンどえす!」


留美「――何だか一段と面倒なキャラね」


卯月「可愛い猫ちゃんを通じてお話がしたい留美さんの為に、シンデレラパワーを身に付けましょう!」


卯月「まずは、肩幅に立って、そのままつま先を捕まえに行きましょう!」


卯月「その時に、膝を曲げちゃダメですからね!」

5 :オリP 2017/03/29(水) 21:11:23.66 ID:gY14yS1I0
卯月「いいですかー!のびーるのびーる、ストップ!大きな声で数を数えましょう!」


卯月「いーち!」ピュー


卯月「にぃー!」ピュー


卯月「さぁーん!」ピュー


卯月「よぉーん!」ピュー


卯月「ごぉー!」ピュードカーン


卯月「どぉーですか!シンデレラパワーが、ここに溜まってきましたよね!」コシニテヲアテー


留美「ええ。何だか行けそうな気がしてきたわ」


卯月「さあ!行きましょう!」

6 :オリP 2017/03/29(水) 21:27:40.50 ID:gY14yS1I0
みく「なにやってるにゃ?二人とも…」


留美「みくちゃん…。雪美ちゃんとねこちゃんは?」


みく「怪しい二人がいたから逃がしたにゃ!卯月ちゃんも、全身タイツなんて芸人しかやらない格好は怪しいにゃ!」


卯月「わたしは怪しい人じゃないです!シンデレラウーマンです!」


みく「その発想がもう変質者にゃ!警察呼ばなかっただけ良いと思えにゃ!」


みく「留美さん…。気持ちはわかるけど、怪しい奴の手は借りない方が身のためにゃ…」


留美「…」


卯月「さあ、次の困っている人を探しましょう!」

7 :オリP 2017/03/29(水) 22:29:33.62 ID:gY14yS1I0
悠貴「うー…」


悠貴「――ネネさんから、フレッシュジュースの作り方を教えてもらいましたが、野菜たっぷりで少し…」


悠貴「――でも飲まなくちゃ」クワッ


悠貴「――でも飲めない!どうしよう…」


卯月「どぅわっーっはっはー!お困りのようですね!」


悠貴「卯月さん!おはようございます!」


卯月「私は卯月なんて名前ではありません。今はシンデレラウーマンです!」


悠貴「は、はあ…」


卯月「悠貴ちゃん。あなたは今、このジュースが飲めなくて苦戦していましたね?それを飲めるようにしてあげましょう」


悠貴「本当ですかっ!」


卯月「本当ですとも!さあ、シンデレラパワーを溜めましょう!」

8 :オリP 2017/03/29(水) 22:35:36.18 ID:gY14yS1I0
卯月「まずは椅子に座りましょう!」


悠貴「はいっ!」


卯月「その後は、右腕を伸ばして、左手で右の手首を掴みます!」


卯月「そのまま身体を左に曲げていきます。この際、体をねじってはいけません!」


悠貴「は、はいっ!」


卯月「いいですかー!のびーるのびーる、ストップ!大きな声で数を数えましょう!」


卯月「いーち!」ピュー


卯月「にぃー!」ピュー


卯月「さぁーん!」ピュー


卯月「よぉーん!」ピュー


卯月「ごぉー!」ピュードカーン


卯月「どぉーですか!シンデレラパワーが、ここに溜まってきましたよね!」コシニテヲアテー

9 :オリP 2017/03/29(水) 22:38:12.97 ID:gY14yS1I0
卯月「さあ!飲みましょう!」


悠貴「――卯月さんが満面の笑みでこちらを見ている…」


悠貴「…」


卯月「まどろっこしい!」ガシッ


悠貴「んぶぶぶーー!!」


卯月「元気があれば、ミックスジュースも一気飲みできる!さあ、のんで、のんで、のーんで♪」


悠貴「っぷあ!」バタリ


卯月「…良い飲みっぷりでしたね。これもシンデレラパワーのおかげです!」

10 :オリP 2017/03/29(水) 22:55:14.91 ID:gY14yS1I0
美優「…プロデューサーさん。来て、ください…」


モバP「入れるぞ、美優…」


美優「あっ…」ビクッ


卯月「きょーしゅくです!シンデレラウーマンです!」


美優「きゃあっ!」


モバP「うおおおっ!卯月か!?」


卯月「お二人とも、シンデレラパワーが足りませんよ!夜はまだまだ長いんですから」


モバP「余計なお世話だ!」


卯月「まず、肩幅ほど足を開いて立ちましょう!」


美優「帰る気は全くないんですね…」


卯月「腕を前に向かって伸ばしましょう!そしてその手をがっちり組みましょう!」


卯月「そのまま上に伸ばします!」


卯月「いいですかー!のびーるのびーる、ストップ!大きな声で数を数えましょう!」


卯月「いーち!」ピュー


卯月「にぃー!」ピュー


卯月「さぁーん!」ピュー


卯月「よぉーん!」ピュー


卯月「ごぉー!」ピュードカーン


卯月「どぉーですか!シンデレラパワーが、ここに溜まってきたでしょう!」カタヲサワリー

11 :オリP 2017/03/29(水) 22:59:15.70 ID:gY14yS1I0
卯月「さあ、シンデレラパワーがたまったところで、引き続きモバP×三船美優 時間無制限エンドレス勝負をお楽しみください」ズズズズ…


美優「…な、なんだったんでしょうか?」


モバP「さ、さあ?」


まゆ「Pさぁん…?」


モバP「は、はいいいい!」


まゆ「美優さんを一糸まとわぬ姿にして、何をするつもりだったんですかぁ?」


モバP「プ、プロレスです!卯月も言っていただろう!時間無制限エンドレス勝負だって!」


まゆ「そうですかぁ。だったら、明日はまゆともやりましょうねえ」ニッコリ


モバP「んほーーーー!」





卯月「良いことした後の、コーラはマジ美味いですね!」

13 :オリP 2017/03/30(木) 21:20:20.58 ID:gd39Uw700
心「はぁ~い。2代目シンデレラウーマンだぞ☆」


心「え?初代よりも、初代っぽいって?黙ってろよ☆」


心「今日もお困りのアイドルをこのシュガ~ハ~トが、シンデレラパワーで解決するぞ☆」


心「そこ、(物理的)シンデレラパワーとか言うな☆」


心「さ、解決するぞ~」


菜々「あいたたた…。こ、腰が…」


心「おっ、パイセンじゃ~ん。そこで寝転んで楽しい?」


菜々「好きで寝転んでるわけじゃ…!――いたたっ!…腰が」


心「はは~ん。ぎっくり腰かぁ~。は~とはまだまだ若いから、ぎっくり腰なんてならないぞ☆」


菜々「菜々はリアルJKです!」クワッ


菜々「いったーい!」


心「腰をやってしまった、パイセンのためにもシンデレラパワーを貯めなければいけないね☆」

14 :オリP 2017/03/30(木) 21:41:04.81 ID:gd39Uw700
心「まず、両腕を左右に広げよう!その時、てはパーのままにしておこう!」


菜々「あ~。ストレッチマンですか。菜々も子供の頃はテレビの前で真似してたっけ…」


心「パイセン。そっから歳がばれるんだって☆」


菜々「菜々はリアルJKですからッ!」クワッ


心「必死だなあ…。――そのまま身体を床に沈めていこう!」


心「いいですかー!のびーるのびーる、ストップ!大きな声で数を数えましょう!」


心「いーち!」ピュー


心「にぃー!」ピュー


心「さぁーん!」ピュー


心「よぉーん!」ピュー


心「ごぉー!」ピュードカーン


心「どぉーだぁー!シンデレラパワーが、ここに溜まってきたでしょう!」カタヲサワリー

15 :オリP 2017/03/30(木) 21:54:58.18 ID:gd39Uw700
菜々「おっ?おおおー!菜々の腰が」グキッ


菜々「治ってなかった―!」


心「当たり前だろ☆ストレッチだって言ってるし、そもそも腰関係ないし」


菜々「菜々はどうしたらいいんですか?」


心「逆立ちして歩け☆その為のストレッチだぞ☆」


菜々「やってみます…。――お?おおお!」


心「これがシンデレラパワーだぞ☆」


菜々「これなら、ぎっくり腰も楽勝です!」


心「2日後、パイセンは今度はぎっくり肩で加療2週間になったそうだぞ☆」

16 :オリP 2017/03/30(木) 22:26:11.09 ID:gd39Uw700
千鶴「ふう…。思った通りの書が出来ない…。でも、期日が・・・」


心「困ったときは、はぁとにお任せ☆」


千鶴「出た…」


心「人を化け物のように言うな☆」


千鶴「だって、心さんは神出鬼没ですし。なんですかその全身タイツで頭だけ出して、なんか卑猥」


心「おい☆仮にもアイドルだぞ。口には注意だぞ☆」


千鶴「ここには心さんしかいないからいいんです」


心「言うようになったなー☆はぁとは嬉しいぞ☆」


千鶴「…まあ、私も心さんに心を許せると思ったんでしょうね」


心「今の、楓が聞いたら真似したくなりそうだな」


千鶴「…でしょうね」

17 :オリP 2017/03/30(木) 22:40:08.57 ID:gd39Uw700
心「よーっし!そんなちづちづの為に、はぁとがシンデレラパワーを溜める技を伝授しちゃうぞ☆」


千鶴「ちづちづとか言わないでください」


心「まず、肩幅ほどに足を開いて立つんだぞ☆」


千鶴「無視ですか…」


心「そのまま右手を右足に触るように曲げていくんだぞ☆でも、膝を曲げるのはNGな☆」


千鶴「くっ…。結構きついかも…」


心「のびーるのびーる、ストップ!大きな声で数を数えるぞ☆」


心「いーち!」ピュー


心「にぃー!」ピュー


心「さぁーん!」ピュー


心「よぉーん!」ピュー


心「ごぉー!」ピュードカーン


心「どぉーだぁー!シンデレラパワーが、ここに溜まってきたでしょう!」コシヲサワリー

18 :オリP 2017/04/02(日) 17:20:54.98 ID:8TW57HWw0
柚「…」


ありす「」ソワソワ


柚「――拝啓。母上様。私、喜多見柚は最大の危機に立っております…」


柚「ありすちゃんが作ってくれた、イチゴソースのカルボナーラが最高にヤバイ匂いをしております…」


柚「ほろ酔い状態だった、友紀さんは一口食べて、ノックアウトしました…」


柚「私はこれから、どうしたらいいんでしょうか?」


心「そんな時は、シンデレラウーマンにお任せだぞ☆」


柚「あれ?心サン?どうしてここに?」


心「心じゃねーよ。はぁと。それにはぁとは今、シンデレラウーマンなの」


ありす「ちょっと佐藤さん!今は収録中です!部外者は出て行ってください!」


心「もぅー。ありすちゃん。そんなに怒った顔してたら、カワイイお顔がだ無しだぞ☆」


ありす「だったら、早く立ち去ってください。そうしたら少しはマシになります」

19 :オリP 2017/04/02(日) 18:02:27.90 ID:8TW57HWw0
心「全く、ありすちゃんはせっかちだな。はぁとが、美味しく食べられるようにシンデレラパワーを2人に授けるから少しだけ付き合え☆」


柚「――そこは食べてくれないんだ…」


心「まず、椅子に座って両腕を前に伸ばそう!そして両手を組んで掌をグルンと前に出すんだぞ☆」


ありす「ちょっと!勝手にはじめないでください!」


心「そしてそのまま、手を上に伸ばして行こう!その時に背中をのけぞらしちゃダメだぞ☆」


ありす「――喜多見さんも一緒にやってる」


心「ほら、ありすちゃんも一緒に☆――さあ、のびーるのびーる、ストップ!そのまま大きな声で数を数えてみよう!」


心「いーち!」ピュー


柚「にぃー!」ピュー


ありす「さぁーん!」ピュー


柚「よぉーん!」ピュー


心「ごぉー!」ピュードカーン

20 :オリP 2017/04/02(日) 18:07:59.55 ID:8TW57HWw0
心「どぅわぁーはっはっは!シンデレラパワーが、ここに溜まって来ただろ☆」コシヲサスリー


ありす「――正義のヒーローというより、悪役っぽいですね」


柚「うん!何だか行けそうな気がしてきた!」


心「よし、じゃあ行け☆」


柚「いっただきまーす!」モグモグ


――おそれいりますが しばらくそのままで おまちください


心「世の中、ガッツや気合いじゃだめなこともあるってことだな☆次の困っている人の所に行くか☆」

21 :オリP 2017/04/02(日) 18:36:50.91 ID:8TW57HWw0
――上空3000メートル


幸子「ほ、本当に飛ぶんですか!?代わりに飛んでもいいんですよ!」


モバP「俺が飛んでどうする?ファンは幸子のカワイイ姿が空から降りてくるのを待っているんだぞ!」


幸子「だからと言って、スカイダイビングは無いんじゃないんですか!いってもスタジアムの上からでも」


モバP「それは会場側がノーだったんだ。演出としてはこれが一番『安全』で『確実』なんだ」


幸子「だからと言って、14歳で飛ばせようとさせないでくださいよ!」


モバP「幸子の言い分も分かる。だから、プロの方を呼んだ」


幸子「へ?プロの方はもう後ろにいますが?」


心「どぅわぁーはっはっは!シュガーはぁと改め、シンデレラウーマンだぞ☆」


幸子「うわぁ…。心さんも大変ですね。こんな寒い中全身タイツなんて…」


心「おい☆やめろ☆ここで傷の抉りあいとか面白くねーから☆」

22 :オリP 2017/04/02(日) 19:38:02.50 ID:8TW57HWw0
モバP「シンデレラウーマン!シンデレラパワーが足りない幸子にシンデレラパワーを!」


心「オッケー☆後ろのアシスタントの人もオッケー?」


アシスタント「」グッ


心「よーし☆まず両腕を左右に開こう!そしてそのまま左手を左足にくっつけるように身体を倒していくぞ☆」


心「その時、膝は曲がらないように注意な☆」


心「それじゃ、身体を曲げていくぞ☆」


心「のびーる、のびーるストップ!大きな声で数を数えるぞ☆」


心「いーち!」ピュー


モバP「にぃー!」ピュー


幸子「さぁーん!」ピュー


心「よぉーん!」ピュー


アシスタント「ごぉー!」ピュードカーン

23 :オリP 2017/04/02(日) 20:20:04.31 ID:8TW57HWw0
心「どぅわぁーはっはっは!シンデレラパワーが、ここに溜まって来ただろ☆」カタヲサスリー


モバP「そうだな。少し肩が軽くなったんじゃないか?」


幸子「そ、そうですか?――ここで肩が軽くなったと言ったら、即飛ばされますからね…。少しでも時間を稼いで…」


アシスタント「肩が軽くなってきました!」


幸子「!?」


モバP「それじゃ、アシスタントさん。お願いします!」


アシスタント「了解しました!――幸子ちゃん。行くよ!」


幸子「い、いや。まだボクの心の準備が、――聞いてくださいぃぃぃ!」


心「…はぁとは、悪くないぞ。はぁとはサッチーにシンデレラパワーを授けるために来たんだからな…」


モバP「さてと、俺も飛んでくるか!」シュバッ


心「…プロデューサーってさ、元軍人とかそういう系の人間だったのかな?」

24 :オリP 2017/04/02(日) 20:45:08.48 ID:8TW57HWw0
ちひろ「うーん。困りましたね…」


心「困った人がいるときは、シンデレラウーマン参上☆どうしたちひろさん?」


ちひろ「少し悩み事がありまして…」


心「悩み事?もしかして恋バナか?そうだろ?そうなんだろ☆」


ちひろ「違いますよ~」


心「なら、シンデレラパワーを授けるからさ、そのなやみ、はぁとに言っちゃえよ☆もしかしたら協力できるかも☆」


ちひろ「全く仕方がないですね~」


心「決まりだな☆」


心「椅子に座って、肩幅くらいに足を開いて両手をくっつけよう☆そしてそのまま身体を下に倒していく☆」


心「のびーる、のびーる、ストップ!大きな声で数を数えよう!」

25 :オリP 2017/04/02(日) 20:48:24.21 ID:8TW57HWw0
心「いーち!」ピュー


ちひろ「にぃー!」ピュー


心「さぁーん!」ピュー


ちひろ「よぉーん!」ピュー


心「ごぉー!」ピュードカーン


心「どぅわぁーはっはっは!シンデレラパワーが、ここに溜まって来ただろ☆」コシヲサスリー


心「それで、何に悩んでいたの☆」


ちひろ「次のガチャですよ。どうしたらプロデューサーさんたちが買ってくれるかなって考えていたんです」


心「そっかーそれはたいへんだなー(棒)」


ちひろ「そうですよ。この売り上げも事務所運営には大事なお金ですからね」


心「――それって、かなりあくどい商売なんじゃないか☆というのは、黙っておくぞ☆はぁとはまだこのギョーカイで生きたいからね☆」

26 :オリP 2017/04/02(日) 20:54:22.07 ID:8TW57HWw0
――今日もどこかで呼んでいる。


――アイドルたちが困っている。


――そんな時はシンデレラウーマンにお任せ!


――東に困ったアイドルいれば、ストレッチで助けます!


――西に困ったプロデューサーがいれば、はぁとが聞くぞと言ってやるぞ☆


――南に困った事務員がいれば、程々にしておけ☆と言い。


――北にも困ったアイドルがいれば、私たちが助けます!


卯月「はぁとさん!行きましょう!」


心「はぁとじゃねえよ☆2代目シンデレラウーマンだぞ☆」


――頑張れ!シンデレラウーマン!今日もアイドルたちの未来は明るいぞ!


劇終!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマスSS】シンデレラウーマンです!
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490787613/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28899-6fb8d73f