ヘッドライン

伊織「・・・クリスマスなんて」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:06:05.33 ID:5PsRptpf0
~12月25日~

[事務所]

P「みんなお疲れ!」

全員「お疲れ様でーす」

P「今日のライブもよかったぞ!」

伊織「とーぜんでしょ、スーパーアイドル水瀬伊織ちゃんがいるんだから!!ニヒヒッ!」

亜美「そーだよねー!むしろ失敗なんてありえないっしょ→」

律子「な~に言ってんの!二人とも途中ステップ間違えてたでしょ!明日からみっちりダンスのレッスンだからね!」

伊織・亜美「はーい」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:30:22.54 ID:yGeh2E/20
あずさ「あらあら~」

律子「あずささんもですよ!」

あずさ「え~」

春香「今日もお客さんいっぱいだったね!」

千早「えぇ、でも楽しんでもらえたかしら」

貴音「心配しなくとも、あなたの歌・・・きっとみなの心に届いていますよ」

千早「・・・四条さん///」

のワの「ジーッ!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:34:07.89 ID:yGeh2E/20
やよい「うっうー!とーっても楽しかったですー!」

真美「お客さんと一つになったって感じだったよね→」

美希「美希的には、もうちょっと歌いたかったかなー」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:36:50.73 ID:yGeh2E/20
雪歩「でもやっぱり緊張しましたぁ~」

響「雪歩はもっと自信もっていいぞ!ま、ダンスは自分が一番だけどね!」

真「よく言うよ、ライブ前は歌詞忘れたぁ~ってテンパってたくせにぃ~」

響「う~ぎゃぁぁぁ!それを言うなぁ~」

全員「あはははは」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:38:52.55 ID:yGeh2E/20
P「さて、今日はこれで終わりだけど、クリスマスだからってあんまりはしゃぎすぎないように!明日も仕事だってことを忘れないこと!」

全員「えー」

P「それじゃあ、みんな思い思いのクリスマスを過ごしてくれ!解散~」

全員「はーい!!」

伊織「・・・・」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:41:05.82 ID:yGeh2E/20
ガヤガヤ

P「ん?どーした伊織、元気ないぞ?」

伊織「な、なんでもないわよ!あ、あんたはこれからどーすんのよ」

P「俺か?フフン、聞いて驚くな!俺は、これから家に帰って、ゆうパック列伝!を一人で見るのだ!!」

伊織「一人でって・・・寂しい男ねー。」

P「よ、余計なお世話だ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:43:09.02 ID:yGeh2E/20
伊織「ハァー、つまんないのー。どーせなら、みんなに何かご馳走するとかしなさいよね!ま、あんたの安月給じゃ無理な話だろうけど」

P「安月給で悪かったな」

伊織「そーだ!!やよいと二人でご飯でも食べにいこうかしら!!」

やよい「お先に失礼しまーす!」

伊織「あれ?やよい、もう帰るの?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:45:58.22 ID:yGeh2E/20
やよい「はい!!今日はクリスマスだから家族みんなでパーティーするんですー!」

伊織「そ、そうなの・・・楽しんでらっしゃい!!ニヒヒッ!」

やよい「はい!!また明日ね、伊織ちゃん!!」

タッタッタッ

伊織「・・・家族・・・か」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:51:44.39 ID:yGeh2E/20
貴音「響、ラーメンを食べにいきましょう」

響「いいぞ!でもクリスマスにラーメンって・・・」

貴音「先ほどから気になっていたのですが、くりすますとはいったいなんですか?」

響「貴音はクリスマスもしらないのか!?クリスマスって言うのは、赤い服をきた顔もみたことないオジサンが世界中の子供達の所へやってくる日の事だぞ!!」

貴音「今日という日は面妖な日なのですね・・・」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:53:51.70 ID:yGeh2E/20
美希「響、それはちょっと違うの。美希ね、渋谷にあるとーっても美味しいラーメン屋さんを知ってるの!!一緒にどーお?」

響「お!それいいな!貴音、美希のいうお店に・・・」

貴音「・・・二人とも何をしているのです。早くしぶやへと向かいましょう」

響「あ!?貴音がもうあんな所に!!待ってくれ~」

美希「待ってなのー」

伊織「あの三人にはついていける気がしないわ・・・・」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:56:11.88 ID:yGeh2E/20
春香「ちーはーやーちゃん!」

千早「どうしたの春香?」

春香「今日、家いっていいかなぁ!?また一緒にご飯つくろー」

千早「私なんかとクリスマスを過ごしても・・・」

春香「千早ちゃんとがいいのー」

千早「・・・春香///」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 00:58:30.04 ID:yGeh2E/20
雪歩「ま、真ちゃん、今日・・・良かったら・・・ご飯食べにいかない?」

真「やーりぃ!ちょうど外食したいと思ってたんだ!じゃあ行こっか!」

雪歩「うん!///」

伊織「・・・あの二組はダメね・・・」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:01:52.33 ID:yGeh2E/20
亜美「ウンフッフッ~、今年はどこでイタズラしようかなぁ→」

真美「渋谷で今話題のラーメン屋に・・・」

P「お前ら警察のお世話になることだけはするなよ」

亜真美「はいは~い!」

P「聞いてねぇな・・・」

伊織「・・・危険ね」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:05:35.50 ID:yGeh2E/20
亜真美「いおりんも一緒にイタズラしようよぉ~」

伊織「わ、私!?ご、ごめんなさ~い!今晩は水瀬財閥が総力をあげてクリスマスを祝うのよ」

真美「いいなぁ→」

亜美「やっぱり渋谷のラーメン屋に」

P「人の話を聞けー!」

亜真美「兄(c)が追っかけてきた~!逃げろ→」

伊織「・・・・」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:08:14.29 ID:yGeh2E/20
小鳥「ハァー、今年も浮いた話一つなかったな・・・どうせ私は一生一人でクリスマスを過ごすんだわぁぁぁぁぁぁ」

律子「お、落ち着いてください、小鳥さん!」

あずさ「あらあら~。私達も一人ですよ~。」

小鳥「二人はまだ若いから・・・」グスン

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:10:26.74 ID:yGeh2E/20
律子「あずささんカバーになってません!そ、そうだご飯いきましょう!ご飯!なんでも話ききますよ!!」

小鳥「うぅ~、ありがとう」

あずさ「どこにいきましょうか~?」

伊織「あの二人は今晩、家に帰れないわね・・・」

伊織「・・・・帰ろ」

P「・・・・・」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:13:27.08 ID:yGeh2E/20
[街中]

コツ コツ コツ

伊織「・・・・・」

クリスマスはいつも一人・・・

赤い帽子の男「メリークリスマス!」

伊織「・・・・・」

サンタクロース・・・昔は信じてたな・・・

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:16:22.61 ID:yGeh2E/20


新堂「いおりお嬢様、今年は何をサンタさんにお願いしたのですか?」

(幼)伊織「あたちのお願いはサンタしゃんにしかおちえちゃいけないの!だから秘密!」

新堂「さようでございますか。ではサンタさんは、どうやっていおりお嬢様のお願いを知ることができるのでしょう?」

(幼)伊織「それは、ちんぱいないわ。お手紙書いたから!ニヒヒッ!」

新堂「さようでございますか・・・」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:18:29.64 ID:yGeh2E/20


サンタさんへ

クリスマスをかぞくみんなですごさせてください

いおり

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:18:38.62 ID:IUdQY68I0
ロリいおりん可愛い

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:20:41.20 ID:yGeh2E/20
結局願いは叶わずじまいで、大泣きして・・・サンタクロースを信じなくなったっけ・・・

クリスマスなんて大嫌い・・・こんな風習なくなってしまえばいいのに・・・

赤い帽子の男「メリークリスマス!」

伊織「(しつこいわね)はいはい、メリークリスマス」

赤い帽子の男「せっかくのクリスマスなのにお一人なんですか?」

伊織「ムッカー!失礼ね!私が誰か知って」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:22:48.12 ID:yGeh2E/20
赤い帽子の男「よっ!」

伊織「プ、プロデューサー!?」

P「一回で気づいてくれよぉ・・・二回目はさすがに恥ずかしかったぞ」

伊織「普通気づかないわよ!あんた、そんな帽子かぶってなにしてんのよ?」

P「だって今日はクリスマスだろ、クリスマスと言えばサンタ帽子かぶってハシャぐもんだ!ハハハッ!」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:25:03.45 ID:yGeh2E/20
伊織「理由になってないわよ!・・・ところでなんか用?ゆうパック列伝!みるんじゃなかったの?」

P「いやー、あれ一人で見ても悲しくなるだけだからさー。そこでなんだが・・・」

P「ゴホンッ!今宵のクリスマス、ワタクシと一緒にお時間をすごしていただけませんか?」

伊織「・・・・」

P「・・・・」

伊織「ハァー!?あんたよくそんなこと平気で言えるわね!」

P「ハハハッ!さすがにキツいか」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:27:41.32 ID:yGeh2E/20
伊織「・・・・オレンジジュースはあるんでしょうね」

P「ご用意しております」

伊織「100%?」

P「もちろん」

伊織「いい加減その喋り方やめてよね!」

P「えー、気に入ってたのにー」

伊織「しょーじき、ひくから」

P「突き刺さる言葉をどうも」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:29:48.26 ID:yGeh2E/20
P「と、その前に・・・ウチになんもないからどっかで飯すませてくか」

伊織「ホンット、あんたはノープランね」

P「わ、悪かったな。・・・そーだな、寒いしラーメンでも食いにいくか!!」

伊織「なんで私がそんな庶民が食べる料理を・・・と言いたいところだけど、一度食べてみたかったらいいわよ♪」

P「お!ノリがいいねー、ちょーどあそこに一軒あるからあそこにしよう」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:32:10.37 ID:yGeh2E/20
ガラガラッ

ガヤガヤ

店員「いらっしゃいませ!」

P「混んでるなぁ・・・って」

?「プロデューサー!?」

P「春香、千早。雪歩、真。響に貴音に美希、あずささんや律子、小鳥さんまで・・・そろいもそろってどーしたんだ?」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:34:25.90 ID:yGeh2E/20
春香「私達は、千早ちゃんの家でご飯を作ろうと思ってたんですが・・・」

千早「もうスーパーに食材があまり置いてなくて・・・」

真「そこで、お店を探してる僕と雪歩にあって、寒いしラーメンを食べにいこうってなったんです!ねっ雪歩!」

雪歩「うん///」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:36:44.88 ID:yGeh2E/20
律子「私と小鳥さんはあずささんに任せてお店を探してたら、散々道に迷ったあげくここにたどりつきました・・・」

あずさ「あらあら~、みんなのいるお店についたわけだし結果お~らいじゃな~い」

小鳥「私は一人なんだぁぁぁぁぁぁあ」 グス

P「・・・酔ってる?」

律子「かなり」

P「やれやれ・・・」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:39:04.27 ID:yGeh2E/20
貴音「私達は最初からここを目指しておりました」ズルズル

響「貴音なんて、これでもう三杯目だぞ!」

P「だ、大丈夫なのか?」

貴音「問題ありません」

美希「それより、ハニー。なんでデコちゃんと一緒なの?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:41:10.36 ID:yGeh2E/20
伊織「そ・・・それは///・・・ってデコちゃん言うな!!」

P「ハハハッ!さっきそこでばったりあってな!寒いしラーメンでもって思ってさ」

伊織「そ、そうなの!この安月給がご馳走してくれるっていうから、ついてきたのよ!みんなにもご馳走してくれるみたいよ!」

P「おいおい全員分かよ・・・」

伊織「けちくさいこと言わないの!ニヒヒッ!」

P「わかったよ!・・・今日だけだぞぉ」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:43:48.48 ID:yGeh2E/20
春香「やったぁ」

千早「なんだか悪い気が・・・」

真「やーりぃ、じゃあ僕チャーシュー麺!」

雪歩「真ちゃん、あんまり贅沢言うとプロデューサーのお給料が・・・」

P「千早も雪歩も遠慮なんてしなくていいんだぞー」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:46:38.22 ID:yGeh2E/20
響「じゃあ自分、餃子追加でー」

貴音「響、わたくしの分もお願いします。すみません、ラーメン特盛り麺固めを追加で」

美希「美希はアイスをお願いなのー」

P「・・・・・」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:49:43.36 ID:yGeh2E/20
小鳥「瓶ビール2本ついくぅわ~」

店員「お客様、少し飲みすぎでは・・・?」

小鳥「飲まなきゃやってらんないわぁよぉ」

あずさ「あらあら~」

律子「プロデューサー、後で泣きついても知りませんからね!」

P「・・・俺の給料がぁ」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:52:19.29 ID:yGeh2E/20
ガラガラッ

店員「いらっしゃいませー」

かすみ「あ!いおりお姉ちゃんだぁ!」

伊織「かすみじゃない!?ってことは・・・」

やよい「伊織ちゃーん」

伊織「やよい!?どーしたの?今日は家でクリスマスパーティなんじゃ?」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:54:53.05 ID:yGeh2E/20
やよい「うっうー!お父さんの仕事でボーナスがでたからどこかに外食へいこうって言ってくれたんですよー」

伊織「そうなの!良かったじゃない!」

やよい「伊織ちゃんやみんなともクリスマスを過ごしたかったから、とーっても嬉しいですー」

伊織「やよい・・・///まぁ、でもあの双子二人はいないんだけどね・・・」

やよい「ふぇっ?亜美と真美ならそこに・・・」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 01:58:20.66 ID:yGeh2E/20
店員「ヘイ!お待ちー」

P「お!うまそうだ!いただきまーす」パクッ

P「ゲホッゲホッ!か、かかかかからーいぃ!!水!水くれぇ!」

?「わーい!ひっかかった、ひっかかった→!」

P「この声はまさか・・・」

亜美「ウンフッフッ~!やっぱりイタズラするなら兄(c)っしょ→」

真美「いや~、兄(c)は相変わらずリアクションがいいですな→」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:00:21.35 ID:yGeh2E/20
P「亜美、真美!やっぱりお前達だったのか!」

亜真美「今宵のイタズラ大成功→」

P「お前ら~!」

亜美「兄(c)が怒った→!」
真美「逃げろ→」

タッ タッ タッ

P「だ~、店の中を走り回るな~!」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:02:57.44 ID:yGeh2E/20
ガタッ

春香「二人とも危ないよー」

ツルッ!

春香「ウワァッ!」

ドンガラガッシャーン☆

千早「春香!・・大丈夫!?」

春香「イテテテ」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:05:02.30 ID:yGeh2E/20
真「ラーメン屋は床が滑りやすいから気をつけないと」

雪歩「真ちゃんは、なんでも知ってるんだね」キラキラ

真「いや~、そんなことないよ~」テレテレ

春香「二人とも私の心配は~!?」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:07:48.60 ID:yGeh2E/20
タッ タッ タッ

亜真美「アハハハハッ」

ドン

響「のわぁ!」

ポチャン

響「う~ぎゃぁぁぁ!!ハム蔵がラーメンに落っこちた~」

美希「アハッ!ハム蔵ラーメンなの!」

響「ウ~、笑い事じゃないぞ~」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:09:52.98 ID:yGeh2E/20
貴音「・・・・」

シャパッ!

貴音「・・・・」モグモグ

美希「あれぇ?美希のアイスがなくなってるの!・・・貴音?」チラッ

貴音「はて、なんのことでしょう」モグモグ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:12:01.41 ID:yGeh2E/20
小鳥「寂しいよぉぉぉお」グス

あずさ「その気持ちわかりますぅぅぅ」グス

律子「・・・・地獄だ」

「ワーワー」

「キャーキャー」

「ニンッ!!」

伊織「・・・・・・」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:14:16.46 ID:yGeh2E/20
やよい「どーしたのぉ、伊織ちゃん?早く食べないと伸びちゃうよぉ」

伊織「な、なんでもないわ。いただきま~す!」パクッ

伊織「・・・・」

やよい「お味はどうですかぁ?」

伊織「か、か、かから~い!あんの双子、私のにも何か入れたわねー!!ちょっと待ちなさーい!!」

亜真美「うわ→!いおりんも怒った→」

伊織「まーてー!」

・・・クリスマスも悪くない・・・

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:17:27.42 ID:yGeh2E/20
店員「ありがとうございました~!」

ガラガラッ

全員「ご馳走様でしたプロデューサー!!」

P「今月の給料とんだ・・・」

春香「おいしかったねー」

千早「そうね、みんなで食べるご飯もいいものね」

真「お腹一杯だよー」

雪歩「またこようね、真ちゃん」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:20:00.11 ID:yGeh2E/20
響「大丈夫かぁ、ハム蔵・・・」

亜真美「ゴメンなさ~い」ショボン

響「なんくるないさー!ハム蔵も元気そうだし」

ハム蔵「・・・(解せぬ)」

美希「美希のアイス、絶対貴音が食べたでしょ!?」

貴音「人には一つや二つ、秘密があるものです」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:22:29.43 ID:yGeh2E/20
小鳥「二人ともぉ、もう一軒いきましょぉ!」

あずさ「あらぁ~、いいですねぇぇ。いきましょ~」

律子「・・・・助けて」

やよい「おいしかったねー!」

伊織「えぇ!悪くはなかったわね!」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:24:40.63 ID:yGeh2E/20
やよい父「あの・・・私達の分まで本当に良かったのでしょうか?」

P「何いってるんですか!普段やよいに頑張って貰ってるんです!!少しはお礼をさせてください!」

やよい父「・・・ありがとうございます」グス

P「アハハハッ!これからもやよいには頑張ってもらいますよ!」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:29:26.07 ID:yGeh2E/20
伊織「・・・ちょっと」

P「どうした伊織?」

伊織「・・・今日は帰るわ」
P「・・・そっか、その方がいい。明日も仕事だしな!ラーメンも食えたし!」

伊織「散々だったけどね」
P「ハハハッ!まぁな。」

P「でも・・・こんなクリスマスも悪くないだろ?」

伊織「ま、まぁまぁね!!」

P「厳しいなぁ~」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:31:56.60 ID:yGeh2E/20
伊織「・・・・・ありがと」ボソッ

P「ん?」

伊織「なんでもないわよ!!」

シャンシャンシャンシャン

伊織「!?」

この音・・・・・まさか・・・

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:36:21.52 ID:yGeh2E/20
P「さーて、俺は帰ってゆうパック列伝でもみますかね!」

伊織「ちょっ、ちょっとあんた・・・」

P「なんだ?」

伊織「メ、メリークリスマス///」

P「・・・・メリークリスマス」

・・・ありがとう・・・サンタさん


end

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:48:10.57 ID:y3DZHjVt0
おつー!

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 02:51:00.22 ID:RTTshjZX0
幸せなアイマスSSはいいですね



元スレ: 伊織「・・・クリスマスなんて」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324739165/

朝焼けは黄金色 THE IDOLM@STER (3) (3) (REXコミックス)
まな
一迅社 (2019-08-27)
売り上げランキング: 935

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28858-d92f6998