ヘッドライン

穂乃果「カロリーオーバー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563709968/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 20:52:48.68 ID:/Gs/Ms9WO
タッタッタッタッタッタッ

雪穂「お姉ちゃーーーーん!!!」

ガチャ

穂乃果「ど、どうしたの?そんなドタバタして…お母さんに怒られるよ?」

雪穂「お姉ちゃん、私のプリン勝手に食べたでしょ?」

穂乃果「え?プリン……あ~あれ雪穂のだったの?名前書いてないから分からなかったよ」

雪穂「それでも…少なくともお姉ちゃんのじゃないのは確かだよね?それなのに食べたんだよね?」

穂乃果「ん~まあ…えへへ」

雪穂「えへへじゃないよ。信じられない。楽しみに取っておいたのに」

穂乃果「いや~…あの…美味しかったよ。流石ユッキー!センスあるなぁ」

雪穂「感想なんて聞いてないよ!返してよ!私のプリン!」

穂乃果「返してって言われても。それが無理な事は分かるでしょ?だってもうお腹の中だし」

カチン

雪穂「お姉ちゃんのバカぁぁぁ」





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 20:58:00.51 ID:/Gs/Ms9WO
カァー カァー

穂乃果「はあ。まさか雪穂があそこまで怒るとは…」

雪穂『もうお姉ちゃんとは口聞かない』

穂乃果『いや、一緒に住んでるんだし色々と支障が生じると思うよ?』

雪穂『どうして…』

穂乃果『へ?』

雪穂『どうして、ごめんねの一言が出てこないの?』

穂乃果『あっ…うん。あの、ごめんね』

雪穂『もう遅いよ!!!バカ!!!アホ!!!!マヌケ!!!スカタン!!!!』


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:02:45.90 ID:/Gs/Ms9WO
穂乃果「…まっ、ちょっとお高めのプリンでも買って謝れば機嫌も直るだろう。うん。そうと決まれば駅前まで~っと」

海未「おや?あれは」

穂乃果「…」

海未「穂乃果~」

穂乃果「ん?」

海未「穂乃果!」

穂乃果「あっ、海未ちゃん!」

海未「ごきげんよう」

穂乃果「うん、ごきげんよう。海未ちゃん…買い物…だよね?」

海未「あっ、これですか?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:06:40.71 ID:/Gs/Ms9WO
穂乃果「うん」

海未「調味料をきらしていまして」

穂乃果「あ~お使いね」

海未「お使いと言うか…少し料理を…」

穂乃果「料理?海未ちゃんが?なんで?」

海未「花嫁修行と言いますか…」

穂乃果「あ~なるほど。花嫁修行ね~………え?何?海未ちゃん結婚するの!!!?」

海未「ち、違います。声が多いです」

穂乃果「いや…だって花嫁修行って…予定もないのにするもんじゃないでしょ?」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:13:39.78 ID:/Gs/Ms9WO
海未「違うんです。あの…将来の為に今からでも少しずつ料理を覚えておいた方が良いとお婆上様が…」

穂乃果「あ~海未ちゃんのおばあちゃんが。なるほど、いや~ビックリしたよ。そりゃあそうだよね。海未ちゃん結婚しちゃうのかと思ったよ」

海未「最後まで話を聞かないから」

穂乃果「いや、でも海未ちゃんの言い方にも問題はあったと思うよ」

海未「まあ」

穂乃果「でも、海未ちゃんって料理出来るでしょ?別に焦らなくてもいいのに…相手が出来る予定もないんだし」

海未「それは分からないじゃないですか!!!」

穂乃果「いや…冗談だって。嬉しいと思うよ?うん!海未ちゃんの将来の旦那さんも!いや~羨ましい!」

海未「全く。所で穂乃果は今暇ですか?」

穂乃果「ん?私?まあ…暇っちゃあ暇だね」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:18:59.15 ID:/Gs/Ms9WO
海未「本当ですか!」

穂乃果「うん。どうして?」

海未「私の手料理…穂乃果に味見を」

穂乃果「え?いいの?」

海未「はい!作り過ぎてしまったので食べて貰えると助かります。調味料も買いましたし」

穂乃果「わーい!ラッキー」

海未「ふふっ、では行きましょう」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:27:25.23 ID:/Gs/Ms9WO
園田家

海未「お待たせしました!どうぞ」

穂乃果「うわ~美味しそうな唐翌揚げ!本当にいいの?」

海未「はい!」

穂乃果「それじゃあ、いただきま~す」

海未「はい、召し上がれ」

パクッ

穂乃果「ん~美味しい!海未ちゃん凄く美味しいよ!」

海未「ありがとうございます」

穂乃果「いや~いいなぁ。海未ちゃんと結婚したらこんな美人がこんなに美味しい手料理を毎日作ってくれるんだねぇ。くぅ~羨ましい!」

海未「も~穂乃果ったら。そんなに褒めても何も出ませんよ。あっ!そうだ!そう言えばケーキがあったはず。後で持ってきますね」

穂乃果「やったぁ!海未ちゃん大好き!」

海未「ふふっ、現金なんですから」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:35:24.74 ID:/Gs/Ms9WO
穂乃果「いや~美味しかったなぁ。まさかケーキまでご馳走してくれるとは。いつもは食べるなって言うのに」

凛「あっ、穂乃果ちゃんにゃ!」

花陽「本当だ!」

凛「お~い!穂乃果ちゃ~ん!」

穂乃果「あっ!凛ちゃん!花陽ちゃん!今日は良く知り合いに出くわすなぁ」

凛「穂乃果ちゃんタイミングの良い所に現れてくれたにゃ」

穂乃果「ん?何で?」

花陽「あのね、ラーメン無料券を貰ったんだけど三名まで無料で」

穂乃果「あ~そうなんだ」

凛「真姫ちゃんは用事があるって言ってたしかよちんと二人で行っても良かったんだけどやっぱり勿体無いねって話してた所なんだ。そんな所にタイミングよく穂乃果ちゃんが現れてやっぱり鼻が聞くんだなぁって。一緒に行こうよ」

穂乃果「なるほどね。なんか凛ちゃんの言い方に少しトゲがあるけど…うん。そっか。う~ん…」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:41:13.05 ID:/Gs/Ms9WO
凛「穂乃果ちゃん。もしかして悩んでるの?無料なんだよ?」

穂乃果「いや…そうなんだけどさ」

花陽「もしかして、この後予定があるとか…」

穂乃果「いや全然ないよ。凄い暇」

凛「え~じゃあ行こうよ。そのラーメン屋さん凄い美味しいんだよ」

穂乃果「そうなの?」

凛「うん。かよちんも大好きだよね?」

花陽「うん」

凛「行こうよ、穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ん~…そうだね!行こう!せっかくだしね」

凛「やったーーー!」

穂乃果「まっ、まだ平気でしょ」

花陽「え?」

穂乃果「ううん。何でもないよ。こっちの話」



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:45:28.53 ID:/Gs/Ms9WO
ラーメン屋

ガラガラ

店主「へい、らっしゃい」

花陽「うわ~美味しそうな匂い~」

凛「お腹空いて来たにゃ~。ね?」

穂乃果「え?あっ、うん。そうだね」

凛「注文いいですか~?」

店員「はい」

凛「あの、この券を使いたいんですけど」

店員「はい。その券だと…スペシャルラーメンですね」

凛「はい!」

穂乃果「え?スペシャル?」

凛「え?」

穂乃果「いや…何でもないよ」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 21:49:50.62 ID:/Gs/Ms9WO
凛「にゃ~お腹空いたにゃ~。早く食べたいにゃ~」

花陽「そうだねぇ」

穂乃果「あのさ」

凛「どうしたの?」

穂乃果「二人はこのお店によく来るの?」

凛「昔から来てるよね?」

花陽「うん。もう常連だよ」

穂乃果「へ~なんかさ…他のお客さんが食べてるのを見てると…結構こってり?」

花陽「ん~そうだね」

穂乃果「そっか。スペシャルってどんなの?」

凛「スペシャルはね~チャーシューと煮卵とネギが沢山乗って…あっ!来たよ!」

穂乃果「本当に…うっ…」

凛「どうしたの?」

穂乃果「いや…別に…」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 22:04:47.67 ID:/Gs/Ms9WO
店員「お待たせしました。スペシャルラーメンです」

穂乃果「おっ、おお…確かにスペシャル…」

凛「わ~美味しそうだにゃ~」

花陽「うん。それじゃあ、いただきま~す」

ズルズル

花陽「ん~美味しいですぅ」

凛「にゃ~ここのお店はいい仕事するにゃ~」

花陽「ふふっ、そうだね。あれ?穂乃果ちゃん食べないの?」

穂乃果「え?あっ、食べるよ!もちろん!いただきます」

ズルズル

凛「ねえ!美味しいでしょ?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 22:12:51.41 ID:/Gs/Ms9WO
穂乃果「うん…。美味しいね」

凛「だよね~」

ズルズル

穂乃果(いやぁ…ラーメン一杯くらいなら食べれるかと思ったけど…結構キツイぞ…これは…)

凛「ん~……あれ?穂乃果ちゃん…全然箸が進んでないけど…」

穂乃果「え?あ~味わってたんだよ」

凛「そうなんだ」

穂乃果「うん。いや~美味しいな~」

ツルツル~

穂乃果(確かに美味しいんだけどね…)

穂乃果「あの…花陽ちゃん…もし良かったら私の分…」

店員「替え玉です」

花陽「ありがとうございま~す」

穂乃果「既に替え玉!!?」

凛「かよちんはここに来るといつも替え玉を頼むんだよ」

花陽「だって美味しいんだもん」

凛「うん。分かるよ。凛は替え玉しないけど…美味しいよね~」

花陽「うん!」

穂乃果「はは…流石、花陽ちゃん…」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 22:29:49.58 ID:/Gs/Ms9WO
穂乃果「うぅ…お腹が…」

虎太郎「あ~」じぃー

穂乃果「あれ?虎太郎君…こんにちは」

虎太郎「こんにちは~」

ここあ「あっ!μ'sのお姉ちゃんだ!!」

こころ「こんにちは

穂乃果「ここあちゃん!こころちゃん!こんにちは~。どうしたの?今日はお出かけ?」

こころ「はい!今日は皆んなでお出かけしてるんです」

穂乃果「へ~皆んなで!」

にこ「あれ…穂乃果じゃない」



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 22:35:20.92 ID:/Gs/Ms9WO
穂乃果「にこちゃんも…って当然か」

にこ「何してんのよ」

穂乃果「私はちょっと買い物に。にこちゃんは皆んなでお出かけなんだってね」

にこ「お出掛けって言っても近所の公園にだけどね。それくらいしか連れて行かないから」

穂乃果「そうなんだ。にこちゃん…なんか…いいお姉ちゃんだね」

にこ「え?…ま、まあ?当然でしょ?なんたって私は…」

穂乃果「天気良いもんね~」

にこ「最後まで聞きなさいよ」

ここあ「あのね!今日はお姉ちゃんがお弁当を作ってくれたんだ!」

こころ「ちょっと遅いですけどこれから公園で皆んなでお昼なんですよ」

穂乃果「お~そうなんだねぇ」

ここあ「うん。お姉ちゃんの作ったお弁当は凄く美味しいんだよ!ね?」

虎太郎「うん~」

穂乃果「にこちゃん料理上手いもんね」

にこ「ま、まあね」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 22:40:21.57 ID:/Gs/Ms9WO
ここあ「あっ!そうだ!穂乃果のお姉ちゃんも公園で一緒に食べようよ」

こころ「それが良いです」

穂乃果「え?私も?いや~悪いよ~」

ここあ「食べようよ~」

にこ「コラ!あんた達!このお姉ちゃんだって暇に見えて忙しいのよ!無理言っちゃダメよ!」

ここあ「そうなの?」

穂乃果「え?えっと…」

ここあ「忙しくないなら一緒に行こうよ!」

にこ「無理する事ないのよ?けど…もし、穂乃果さえ良ければ…どう?」

穂乃果「あ~…………うん!じゃあ、お言葉に甘えて」

ここあ「やったーーーー!!!」

こころ「じゃあ、早速行きましょう!」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 22:45:08.45 ID:/Gs/Ms9WO
公園

にこ「悪いわね、穂乃果。買い物に行く途中だったのに」

穂乃果「いえいえ。こちらこそ。姉弟水入らずの所をお邪魔しちゃって」

ここあ「穂乃果のお姉ちゃん!うちのお姉ちゃんの卵焼き凄い美味しいんだよ!」

穂乃果「あっ、そうなんだ。でも、お姉ちゃん…」

ここあ「食べて食べて~」

穂乃果「あっ、じゃあ…いただきま~す」

パクっ

ここあ「どう?」

穂乃果「いや~美味しい!にこお姉ちゃんの作る卵焼きは絶品だね!」

ここあ「でしょ!!!」

穂乃果「うん!」

虎太郎「これ~」

穂乃果「えっ………虎太郎君…私にオニギリくれるの?」

虎太郎「うん」

穂乃果「や、優しいね…ありがとう」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 22:53:04.65 ID:/Gs/Ms9WO
虎太郎「…」ジー

穂乃果「あっ、いただきます。ん~美味しい」

にこ「ちょっと穂乃果」

穂乃果「な、何かな?」

にこ「あんた…さっきから何か無理してない?」

穂乃果「え?いや…そんな…」

にこ「もうお昼はとっくに済ましてるんでしょ?一瞬凄い表情してたけど」

穂乃果「あっ、えっと…」

にこ「別に気を遣わなくていいのよ。無理なら無理って言ってくれて構わないからね」

穂乃果「や~…えっと…」

こころ「穂乃果さん。サンドウィッチもありますよ」

穂乃果「……ありがとう!!!わ~美味しそう!」

にこ「ちょっと…本当に大丈夫なの?」

穂乃果「にこちゃん!ありがとう~こんなに沢山ご馳走になっちゃって!!お腹空いてたんだ~」

にこ「え?そうなの?だったらまだ沢山あるけど」

穂乃果「わ、わーーーい!」

にこ「なんか…心配して損したわね…」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 23:08:04.75 ID:/Gs/Ms9WO
穂乃果「うぅ…そろそろ…本格的にやばい…食べ物の匂いも嗅ぎたくないし…」

絵里「穂乃果!」

穂乃果「なんか絵里ちゃんの声も聞こえるし…」

絵里「穂乃果ってば!」

穂乃果「絵里ちゃん!!!」

絵里「も~さっきから何度も呼んでるのに」

穂乃果「ごめん。気が付かなくて」

絵里「も~ボーッと歩いてたら危ないわよ」

穂乃果「あはは…そうだね…」

絵里「ちょっと…大丈夫?」

い~しや~きいも~

絵里「あら?」

穂乃果「うっ…この歌は…」

い~しや~きいも~ おいも~

絵里「ねえ?これって焼き芋の移動販売かしら?」

穂乃果「あっ、うん。そうじゃない?もう秋だしね」

絵里「ハラショー!!焼き芋の移動販売って本当にあるのね!!私初めて見たわ」

穂乃果「え?そうだね。意外と東京でもやってるんだよね」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/21(日) 23:14:28.21 ID:/Gs/Ms9WO
絵里「すいませーん」

穂乃果「あれ?絵里ちゃん?」

穂乃果(な、何してんの?珍しく目をキラキラさせて。もしかして…焼き芋買うの?)

絵里「焼き芋ください」

穂乃果(買う気だ…出来れば近くで食べないで欲しい。匂いも嗅ぎたくない)

絵里「はい。二つ!」

穂乃果「あっ、いや…あの…」

絵里「穂乃果!一つおまけしてくれたわ!ふふっ、美人って特ね!」

穂乃果「…そだね」

絵里「ちょっと…つっこんでくれないと私が驕ってるみたいじゃない…」

穂乃果「あはは…」

絵里「はい。どうぞ」

穂乃果「………ありがとう」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/22(月) 21:44:00.18 ID:WkeTr6ka0
絵里「どういたしまして」

穂乃果「……」

絵里「ハラショー!ねえ、穂乃果!凄く美味しわよ!焼き芋って凄く美味しいのね!」

穂乃果「ああ…うん」

絵里「早く食べてみて。美味しいから!」

穂乃果「じゃあ…頂きます」

パクっ

穂乃果「……」

絵里「どう?美味しいでしょ?」

穂乃果「うん…」

絵里「うふふ。何か良いわね。友達とこうやって買い食いしたり…ね?」

穂乃果「うん…そだね」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/22(月) 21:54:23.64 ID:WkeTr6ka0
穂乃果「うぅ…今日は何なんだ…いったい…。しかし、絵里ちゃん嬉しそうだったなぁ。あんなの断れる訳ないじゃん…って…あれは…」

希「うん…うん…」

穂乃果「希ちゃんだ……声を掛けるのはやめとこう。なんか悪い予感がするし…」

希「どうして!今日は大丈夫って言ったじゃん!!!お肉だって用意しちゃったんだよ?楽しみにしてたのに!お父さんのバカ!!大嫌い!!!!」ガチャ

穂乃果「……」

希「あっ!?」

穂乃果「や、やあ…」

希「やあ…」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/22(月) 21:59:57.48 ID:WkeTr6ka0
希の部屋

希「助かったよ。一人じゃ食べきれないし…」

穂乃果「いえ…こちらこそ…ご馳走して頂いちゃって…」

ジュー ジュー

希「恥ずかしい所を見られちゃったね…」

穂乃果「いや…そんな事ないよ…」

ジュージュー

希「とんだお笑いぐさやろ?普段大人ぶってる癖に親の前ではあんななんて。笑ってくれていいから…」

穂乃果「笑うなんて…そんな…」

ジュージュー

希「穂乃果ちゃん…そこ…焼けてるよ」

穂乃果「え?あっ…本当だ…」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/22(月) 22:10:42.55 ID:WkeTr6ka0
ジュージュー

希「美味しい?」

穂乃果「え?」

ジュージュー

希「美味しいでしょ?」

穂乃果「うん…そうだね」

希「良かった!」

ジュージュー

希「やっぱりご飯は一人で食べるよりも誰かと一緒に食べる方が美味しいね。お父さんと一緒に食べれなかったのは残念やけど。穂乃果ちゃんとこうして一緒にご飯を食べれてるんやから…やっぱりウチは幸せ者なんや」

穂乃果「う、うん」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/22(月) 22:54:26.47 ID:83RTJL0uO
ジュージュー

希「だから…遠慮しないで沢山食べてってな!」

穂乃果「あっ、う、うん。ありがと」

ジュージュー

希「あっ、それも焼けてるな」

穂乃果「そだね。ありがと…」

希「うん」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/22(月) 23:02:46.15 ID:83RTJL0uO
穂乃果「うぇ…人生で初めて焼肉を地獄だと思った。なんでこうも断りづらい場面に出くわすかな。海未ちゃんと凛ちゃん達は断るべきだったよ。はあ…真姫ちゃんとことりちゃんには出会さない様にしなきゃ…なんて言ってるとね…」

真姫「あら?穂乃果じゃない」

穂乃果「今は心を鬼にして…」

真姫「穂乃果!」

穂乃果「…」

真姫「穂乃果ってば!何で無視するのよ!目があったでしょ!」

穂乃果「あ~真姫ちゃん…。やっぱりね」

真姫「は?」

穂乃果「真姫ちゃん。気持ちは嬉しいんだけど…」

真姫「何もしてないんだけど」

穂乃果「これからするでしょ?」

真姫「はあ?意味わからない。悪いけど私忙しいから行くわよ?」

穂乃果「え?本当に?」

真姫「何で嬉しそうなのよ。感じ悪いわね」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/23(火) 02:38:25.68 ID:gdd9eiyHO
穂乃果「そんな事は…ないよ」

真姫「あっそ。変な人」

真姫ママ「真姫ちゃ~ん」

穂乃果「あっ、真姫ちゃんのお母さん…」

真姫ママ「あら!こんにちは」

穂乃果「こんにちは」

真姫「ママ…じゃなくてお母さん…買い物終わったの?」

真姫ママ「ええ。真姫ちゃんはもういいの?パパも車で待ってるわ」

真姫「そう」

穂乃果「あっ、家族で買い物だったんだ…」

真姫「まあね」

穂乃果「仲が良いんだね」

真姫「別に」

穂乃果「そこは否定しなくても…」

真姫ママ「ふふっ。あっ、そうだ!この後、私達ディナーに行くのだけど…良かったら一緒にどうかしら?」

穂乃果「え?」

真姫「え?」

真姫ママ「ほら!学校でのこの子な話とか聞きたいし」

穂乃果「いや…でも…家族水入らずの時間を邪魔しちゃ…」

真姫ママ「気にしなくていいのよ。ね?」

穂乃果「でも…ねえ?真姫ちゃんだって」



29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/23(火) 02:43:13.00 ID:gdd9eiyHO
真姫ママ「そんな事ないわよね?」

真姫「いや…でも…」

真姫ママ「でも?」

真姫「何でもない。別に構わないわよ。穂乃果さえ良ければ」

真姫ママ「じゃあ、決まりね」

穂乃果「あっ…」

真姫「穂乃果」

穂乃果「何でしょう?」

真姫「変な事言わないでね」

穂乃果「うん…」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/23(火) 04:02:58.99 ID:RF6Aqz2L0
穂乃果「あの…真姫ちゃん…ここは?」

真姫「何が?」

穂乃果「いや…なんか…お寿司屋さんって言うのは分かるんだけど…メニューとか…」

真姫「無いわよ。そんなの」

穂乃果「え?それって…」

真姫ママ「何か苦手な食べ物はある?」

穂乃果「いえ、ピーマン以外ならなんでも大好きです!はい!」

真姫ママ「そう。じゃあ、沢山食べてね」

穂乃果「あ、ありがとうございます。あの…真姫ちゃん」コソコソ

真姫「何?」

穂乃果「あの~…ここって物凄くお高いお寿司さんだよね…」

真姫「さあ?」

穂乃果「さあって…なんか喉を通りそうに無いんだけど。二つの意味で…」

真姫「どう言う事よ」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/23(火) 04:10:55.49 ID:RF6Aqz2L0
大将「へい、おまち」

穂乃果「わっ、来た」

真姫ママ「いつ来ても美味しそうね」

真姫「そうね。パパ、お醤油取って」

穂乃果「いや~…凄く美味しいそうなのに…くぅぅ…今日じゃなければ…いや、待てよ…」

穂乃果(発想の転換だ!例えばスイーツならお腹いっぱいでも別腹と言う事で食べれると言うし。このお寿司だってもう高級過ぎてもうスイーツみたいなもんだよ!うん。別腹だ!)

穂乃果「それじゃあ、頂きます」


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/23(火) 04:19:56.45 ID:RF6Aqz2L0
穂乃果「ゲフッ…うぅ…私はいったい何をやっているんだろう。きっともう二度とあんな高級なお寿司屋さんに行く事なんてないだろうに…別のタイミングで行きたかった…」

ことり「あれ?穂乃果ちゃん!」

穂乃果「はあ…ちょっとプリンを買いに行くつもりがすっかりこんな時間だし…もう誰かに出くわす前に帰らなきゃ」

ことり「穂乃果ちゃ~ん!!!」

穂乃果「ふっ、どうしよう。走って逃げようか…多分走ったら…歩くのもキツイのに…」

ことり「穂乃果ちゃん?おーい!!」

穂乃果「よしっ!腹を括ろう」

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/24(水) 20:46:29.57 ID:uwC164sAO
ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ことりちゃん、こんな所で会うなんて奇遇だね」

ことり「だって私の家そこだよ?穂乃果ちゃん知ってるよね?」

穂乃果「あ~そうだね。自分から近づいてたよ…」

ことり「え?」

穂乃果「いや…なんでもない…」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/24(水) 20:51:14.01 ID:uwC164sAO
ことり「そ、そう?」

穂乃果「うん。あのね、ことりちゃん。私、今凄くお腹いっぱいでね。もう何も食べれないの。本当だよ。よしっ、ハッキリ伝えたぞ」

ことり「そうなんだ。実はケーキを焼いたからこれから穂乃果ちゃん家に届けに行こうとしてたんだけど」

穂乃果「え?そうなの?でも…」

ことり「うん。お腹が空いてきたら食べてね」

穂乃果「あっ…そっか!その手があったか!その発想はなかった」

ことり「ええ…」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/24(水) 20:59:48.23 ID:uwC164sAO
穂乃果「ありがとう、ことりちゃん」

ことり「あの…所で穂乃果ちゃん、何かあったの?」

穂乃果「実はね…かくかくしかじかで…」

ことり「え~そんな事が…」

穂乃果「うん。本当…明日から食べなくてもいいかなって…一生分食べた感じだよ。ダイエット出来るかも」

ことり「えっと…出来るといいね」

穂乃果「そだね」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/24(水) 21:02:32.62 ID:uwC164sAO
高坂家

穂乃果「ただいま…」

穂乃果母「お帰り。遅かったわね。あんたどこ行ってたの?先にご飯食べちゃったわよ」

穂乃果「あっ…ごめんなさい。私、ご飯いらないかも」

穂乃果母「はあ?いらないなら先に連絡しなさい!!作っちゃったわよ」

穂乃果「えぇ…ごめんなさい」

穂乃果母「全く」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/24(水) 21:05:58.56 ID:uwC164sAO
雪穂「お姉ちゃん…お帰り」

穂乃果「あっ、雪穂。あの…ケーキをさ貰ったから」

雪穂「お姉ちゃんごめん」

穂乃果「え?」

雪穂「流石にちょっと言い過ぎだったよ」

穂乃果「いや…その…私の方こそ…勝手に食べてごめん」

雪穂「うん。じゃあさ、仲直りの印と言うか…駅前でプリン買って来たから、一緒に食べよう!」

穂乃果「え?」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/24(水) 21:08:57.08 ID:uwC164sAO
結局、私は断る事は出来ず雪穂と一緒にプリンを食べるのだった。
とても苦しい一日だったけど次の日から別の苦しみが待っている事にこの時の私は気づいていなかった。

次回、ラブライブ

「なんとかしなきゃ」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/24(水) 21:09:28.30 ID:uwC164sAO

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/25(木) 00:47:19.97 ID:mi4N44PtO
そこに繋がるかw乙でした

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/25(木) 01:51:27.29 ID:qsBp1KJc0

これはいい幕間劇



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 穂乃果「カロリーオーバー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563709968/


[ 2019/08/12 18:55 ] ラブライブ!SS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28778-7d6a1153