ヘッドライン

P・春香「あり得たかもしれない世界」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:09:49.86 ID:OSzIbmN80
「こちらに越してこられたんですか?」

「そうなんです」

「あら~よろしくお願いします」

「こちらこそ」


春香「ねえねえ、お名前なんていうの?」


P「僕の名前はね、Pっていうんだ、君は?」


春香「私の名前は、春香、天海春香だよ」


P「よろしくね、春香ちゃん!」


春香「こちらこそ、Pくん!」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

6 :Pと春香は一般人で幼馴染 2013/03/02(土) 14:15:20.00 ID:OSzIbmN80
【小学校】

P「春香、一緒に帰ろ」


春香「いいよ」


「ヒューヒュー、ラブラブだな」

「きゃー、ラブラブ」


P「違うよ」


春香「そうだよ、そんなのじゃないって」


P「ほら、早く帰ろう」


春香「うん!」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:20:34.07 ID:OSzIbmN80
【中学校】

P「もうすっかり中学生だね」

春香「そうだね」

「「おはよう」」

P「おう、おはよう」

春香「おはよう」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:22:03.77 ID:OSzIbmN80
「また一緒にいるのか」

「もう付き合っちゃえば?」

P「ははっ、なにいってるんだよ」

春香「そうだよ」

P・春香「「もっといい相手が居るって」」

((ああ…こいつら鈍すぎる))

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:25:27.76 ID:OSzIbmN80
春香「話ってなに、P君?」

P「あ、あのさ!春香に言いたい事があるんだ」

春香「どうしたの?」

(よし、もう一歩!)

(がんばれ!)

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:31:44.08 ID:OSzIbmN80
P「好きです…付き合ってください」

(えんだあああああああああ)

(まだだよ!返事は!?)

春香「いいよ///よろしく///」

P「こちらこそよろしく///」

(えんだあああああああああ)

(いやああああああああああ)

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:34:51.07 ID:OSzIbmN80
【大学】

春香「一緒の大学行けて良かったね」

P「ああ、そうだな」

春香「大学いったらもっともっと色んな所にいけるよ」

P「デートも沢山できるぞ」

春香「えへへ、たのしみだな~」

P「春香の誕生日にどっか行くか」

春香「そうしよっか!」

「じゃあ、まずは…」
「ここ行こうよ!」
「こっちも面白そうだな」
「ここも…」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:36:53.44 ID:OSzIbmN80
4月3日
公園

P「誕生日おめでとう、春香」

春香「ありがとう」

P「…大切な話があるんだ」

春香「…」

P「いままで一緒にいてくれてありがとう」

P「春香と一緒にいられて本当に楽しかった」

P「だから…一生一緒にいてくれませんか」

春香「…もちろん。ずっと一緒に暮らそうね」ニコッ

P「ああ!」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:39:45.92 ID:OSzIbmN80
【結婚式場】

「結婚おめでとう、P」

P「ありがとう。これもお前が後押ししたおかげだ」

「なにかしこまった事いってんだよ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「よかったね、春香」

春香「ありがとう。あなたのおかげだよ」

「いや、わたしはアドバイスしただけよ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「お前らも幸せにな!」

春香「あなたたちもお幸せに!」

「おう!」

「ええ!」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:48:15.43 ID:OSzIbmN80
春香「妊娠3ヶ月だって」

P「本当か!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
P「この子が…俺の子供…」

春香「元気な男の子ね」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
P「pももう中学生か」

春香「ええ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
春香「p、大学合格したって!」

P「よし、今日はパーティーだ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春香「pの内定、決まりました」

P「おぉ、良かったな」

春香「それと…一人暮し始めるって」

P「!…そうか」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:52:53.35 ID:OSzIbmN80
P「pも結婚か…」

春香「ええ」

P「色々あったな」

春香「そうですね」

P「春香は…夢とかあったのか?」

春香「どうしたんですか?」

P「いや、なんとなくな」

春香「そうですね、若い頃はありませんでした。でも…」

P「でも?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:53:51.00 ID:OSzIbmN80
春香「最近、自分がアイドルをしている夢をみるんです」

春香「大きなステージの上で、歌って、踊って、沢山のファンがいて」

春香「最初は良く分かりませんでした。なんでこんな夢を見たか。でも、今ははっきりこう言えます。」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 14:57:33.52 ID:OSzIbmN80
春香「これが自分のしたかった事、自分の夢なんだって」

春香「だから、もし、もう一回人生を過ごせたら、アイドルになってみたいですね」

P「そうか…そうしたら俺は春香のファンでもしようかな?」

春香「ふふっ。違いますよ、”プロデューサーさん”」

P「?どうした、いきなり?」

春香「私がアイドルになったら、
あなたは私のプロデューサーですから」

P「そういうものなのか?」

春香「そういうものなんですよ。その時はよろしくお願いします。”プロデューサーさん”」

P「ああ、任せとけ」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 15:02:54.55 ID:OSzIbmN80

ーー
ーーー
ーーーー

「今日はよろしくお願いします」

「よろしくお願いします!」

(あれ…どっかで会ったことある?)

「どうかしましたか?」

「いえ!大丈夫です!」

「では早速。あなたにとって、アイドルとは?」

「夢なんです!小さい頃からの。
いや…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 15:05:14.84 ID:OSzIbmN80
「生まれる前からの!」












END

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 15:06:38.81 ID:OSzIbmN80
ご支援ありがとうございました。
至らない点多々あったと思いますが、大目に見ていただけると幸いです。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02(土) 15:19:34.24 ID:sjgG2DKr0
なんかイイネ



元スレ: P・春香「あり得たかもしれない世界」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362200860/


[ 2019/08/11 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28749-5e798a99